Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド Release 4.0(1)
Cisco CallManager Attendant Console の設定
Cisco CallManager Attendant Console の設定
発行日;2012/01/16 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco CallManager Attendant Console の設定

Cisco CallManager Attendant Console 設定チェックリスト

Cisco CallManager Attendant Console ユーザの設定

Attendant Console ユーザの検索

Attendant Console ユーザの追加

Attendant Console ユーザの更新または削除

Cisco CallManager Attendant Console ユーザの設定値

ac ユーザの設定

パイロット ポイントの設定

パイロット ポイントの検索

パイロット ポイントの追加

パイロット ポイントの更新または削除

パイロット ポイントのリセット

パイロット ポイントの設定値

デバイスおよびパイロット ポイントと ac ユーザの関連付け

ハント グループの設定

ハント グループ メンバの追加

リンクされたハント グループの設定

ハント グループ メンバの更新または削除

ハント グループの設定値

Cisco Telephony Call Dispatcher サービスのアクティブ化

CTIManager サービスのアクティブ化

Cisco CallManager Attendant Console Server の設定

Cisco CallManager Attendant Console パフォーマンス モニタの表示

Cisco CallManager Attendant Console のダイヤル規則の作成

アテンダント PC へのプラグインのインストール

Cisco CallManager Attendant Console の設定

Attendant Console の設定値

Cisco CallManager Attendant Console のシステム ファイルの設定

保留アイコン タイマーの設定

Attendant ConsoleConfigurationツールの使用方法

Attendant Console Configuration ツールの設定値

Cisco CallManager Attendant Console の設定

Cisco CallManager Attendant Console は、クライアント サーバ型のアプリケーションです。これを使用すると、Cisco IP Phone を Attendant Console としてセットアップできます。Attendant Console では、GUI が採用されており、短縮ダイヤル ボタンとクイック ディレクトリ アクセスを使用して、電話番号の検索、回線状況の監視、およびコールの送信が実行できます。Attendant Console を使用すると、受付や庶務担当の方が担当部門または全社のコールを処理でき、また社員が自分の通話を管理することもできます。

Attendant Console は、Cisco CallManager システムへ IP 接続している PC にインストールされます。Attendant Console は、Cisco CallManager システムに登録されている Cisco IP Phone と連携して動作します。複数の Attendant Console が、1 つの Cisco CallManager システムに接続できます。

このアプリケーションは、Cisco Telephony Call Dispatcher(TCD)サービスに登録され、そのサービスからコール ディスパッチ サービス、ログイン サービス、およびディレクトリ サービスを受けます。

この章では、Cisco CallManager Attendant Console を設定する手順を説明します。

「Cisco CallManager Attendant Console ユーザの設定」

「ac ユーザの設定」

「パイロット ポイントの設定」

「デバイスおよびパイロット ポイントと ac ユーザの関連付け」

「ハント グループの設定」

「Cisco Telephony Call Dispatcher サービスのアクティブ化」

「CTIManager サービスのアクティブ化」

「Cisco CallManager Attendant Console Server の設定」

「Cisco CallManager Attendant Console パフォーマンス モニタの表示」

「Cisco CallManager Attendant Console のダイヤル規則の作成」

「アテンダント PC へのプラグインのインストール」

「Cisco CallManager Attendant Console の設定」

「Cisco CallManager Attendant Console のシステム ファイルの設定」

Cisco CallManager Attendant Console 設定チェックリスト

Attendant Console をセットアップする手順は、次のとおりです。

1. Cisco CallManager Administration で、Attendant Console ユーザを追加します。

2. Cisco CallManager Administration で、パイロット ポイントとハント グループを設定します。

3. ac ユーザを作成し、すべてのパイロット ポイントおよび Attendant Console デバイスをユーザに関連付けます。

4. Cisco Telephony Call Dispatcher(TCD)がアクティブで、Cisco CallManager サービスを実行しているサーバすべての上で動作していることを確認します。

5. クラスタ内のいずれかのサーバ上で CTIManager サービスが動作していることを確認します。

6. 各アテンダント Cisco IP Phone が、Attendant Console 用に正しくセットアップされていることを確認します。

7. Attendant Console PC が、Attendant Console 用に正しくセットアップされていることを確認します。

8. 各 Attendant Console ユーザ PC に Attendant Console をインストールし、設定します。

関連項目

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco CallManager Attendant Console 設定チェックリスト

Cisco CallManager Attendant Console ユーザの設定

ここでは、次の内容について説明します。

「Attendant Console ユーザの検索」

「Attendant Console ユーザの追加」

「Attendant Console ユーザの更新または削除」

「ac ユーザの設定」

Attendant Console ユーザの検索

手順


ステップ 1 Service > Cisco CM Attendant Console > Cisco CM Attendant Console User の順に選択します。

Find and List ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 ドロップダウン リスト ボックスから、次の基準のいずれかを選択します。

begins with(前方一致)

contains(中間一致)

ends with(後方一致)

is exactly(完全一致)

is not empty(非空白)

is empty(空白)

ステップ 3 必要に応じて適切な検索テキストを指定し、 Find をクリックします。また、ページごとに表示する項目の数も指定できます。


ヒント データベースに登録されている Attendant Console ユーザをすべて検索するには、検索テキストを入力せずに Find をクリックします。

Attendant Console ユーザのリストが、Name 別に表示されます。


 

関連項目

「Attendant Console ユーザの追加」

「Attendant Console ユーザの更新または削除」

「ac ユーザの設定」

Attendant Console ユーザの追加

Attendant Console ユーザを追加する手順は、次のとおりです。ユーザが Attendant Console にログインできるようにするには、まず Cisco CallManager Administration の Cisco CallManager Attendant Console User Configuration ウィンドウでユーザを追加する必要があります。


) Attendant Console のユーザ ID とパスワードは、Cisco CallManager の User 領域に入力されている Directory ユーザとパスワードとは異なることに注意してください。


手順


ステップ 1 Service > Cisco CM Attendant Console > Cisco CM Attendant Console User の順に選択します。

ステップ 2 ウィンドウの右上にある Add a New Cisco CallManager Attendant Console User リンクをクリックします。

Cisco CallManager Attendant Console User Configuration ウィンドウが表示されます(図 26-1を参照)。

図 26-1 Cisco CallManager Attendant Console User Configuration ウィンドウ

 

ステップ 3 適切な設定値を入力します( 表 26-1 を参照)。

ステップ 4 Insert をクリックして、新規ユーザを追加します。Cisco CallManager Attendant
Console User Configuration ウィンドウがリフレッシュされ、このウィンドウの左側に新規 User ID が表示されます。

ステップ 5 さらにユーザを追加するには、ステップ 3 およびステップ 4 を繰り返します。


 

関連項目

「Attendant Console ユーザの検索」

「Attendant Console ユーザの更新または削除」

「ac ユーザの設定」

Cisco CallManager システム ガイド 』の 「Cisco CallManager Attendant Console」

Attendant Console ユーザの更新または削除

Cisco Attendant Console ユーザを表示、更新、または削除する手順は、次のとおりです。

始める前に

Attendant Console を使用しているハント グループを検索するには、Cisco
CallManager Attendant Console User Configuration ウィンドウの Dependency
Records
リンクをクリックします。Dependency Records がシステムで使用可能でない場合、Dependency Records - Summary ウィンドウにメッセージが表示されます。Dependency Records の詳細については、「Dependency Records へのアクセス」を参照してください。使用されている Attendant Console ユーザを削除しようとすると、Cisco CallManager はエラー メッセージを表示します。現在使用されている Attendant Console ユーザを削除する場合は、事前に、次の作業のどちらか一方または両方を実行しておく必要があります。

削除する Attendant Console ユーザを使用しているハント グループすべてに、別の Attendant Console ユーザを割り当てる。「ハント グループ メンバの更新または削除」を参照してください。

Attendant Console ユーザを使用しているハント グループを削除する。
「ハント グループ メンバの更新または削除」を参照してください。

手順


ステップ 1 「Attendant Console ユーザの検索」の手順を使用して、ユーザを見つけます。

ステップ 2 変更または削除するユーザの名前をクリックします。

ステップ 3 Delete をクリックして、そのユーザを削除します。


ヒント 該当するユーザの横にあるチェックボックスをオンにして、Delete
Selected
をクリックすると、Find and List ウィンドウから複数のユーザを削除できます。Cisco CallManager Attendant Console User タイトルの横にあるチェックボックスをオンにして Delete Selected をクリックすると、ウィンドウ内のすべてのユーザを削除できます。

ステップ 4 ユーザの設定値を変更するには、 表 26-1 を参照してください。 Update をクリックして、変更内容を保存します。


 

関連項目

「Attendant Console ユーザの検索」

「Attendant Console ユーザの追加」

「ac ユーザの設定」

「Cisco CallManager Attendant Console ユーザの設定値」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco CallManager Attendant Console ユーザの概要

Cisco CallManager Attendant Console ユーザの設定値

表 26-1 では、Cisco CallManager Attendant Console ユーザの設定値について説明します。

 

表 26-1 Attendant Console ユーザの設定値

フィールド
説明

User ID

Attendant Console ユーザのログイン名を入力する。最長 50 文字までの英数字を入力してください。

Password

パスワードを入力する。最長 50 文字までの英数字を入力してください。

Confirm

確認のため同じパスワードをもう一度入力する。

関連項目

「Attendant Console ユーザの検索」

「Attendant Console ユーザの追加」

「Attendant Console ユーザの更新または削除」

ac ユーザの設定

「ac」というユーザを 1 人設置し、そのユーザをアテンダント電話機およびパイロット ポイントに関連付ける必要があります。このユーザを設定しないと、Attendant Console は CTIManager と対話することができず、アテンダントはコールを受信できません。

ac ユーザを設定する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration で、 User > Add a New User の順に選択します。

[ユーザの設定]ウィンドウが表示されます(図 26-2 を参照)。

図 26-2 [ユーザの設定]ウィンドウ

 

ステップ 2 [名]フィールドと[姓]フィールドに、 ac または覚えやすい別の名前を入力します。

ステップ 3 [ユーザ ID]フィールドに、 ac と入力します。

ステップ 4 [ユーザのパスワード]フィールドに、 12345 と入力します。

ステップ 5 [パスワードの確認]フィールドに、 12345 と入力します。

ステップ 6 PIN および電話番号を入力します。

ステップ 7 [CTI アプリケーションの使用を有効にする] チェックボックスをオンにします。このチェックボックスは、Attendant Console と CTIManager が対話できるようにするためにオンにする必要があります。

ステップ 8 [コールパーク取得を許可する] チェックボックスをオンにします。

このチェックボックスをオンにしないと、アテンダントがアテンダント PC にログインしようとしたときにエラー メッセージが表示されます。

ステップ 9 [挿入] をクリックします。

ステップ 10 「デバイスおよびパイロット ポイントと ac ユーザの関連付け」の手順を実行して、各デバイスを関連付けてください。


 

関連項目

「新規ユーザの追加」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 ユーザ ディレクトリ情報の管理」

パイロット ポイントの設定

Cisco Telephony Call Dispatcher(TCD)がコールをルート指定する前に、Cisco
CallManager Administration を使用して、パイロット ポイントとハント グループを設定しておく必要があります。


) パイロット ポイントの設定後、ac ユーザを設定して、すべてのパイロット ポイントを ac ユーザに関連付けてください。


ここでは、次の内容について説明します。

「パイロット ポイントの検索」

「パイロット ポイントの追加」

「パイロット ポイントの更新または削除」

「パイロット ポイントのリセット」

「パイロット ポイントの設定値」

「デバイスおよびパイロット ポイントと ac ユーザの関連付け」

パイロット ポイントの検索

パイロット ポイントを検索する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 Service > Cisco CM Attendant Console > Pilot Point の順に選択します。

Find and List ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 ドロップダウン リスト ボックスから、次の基準のいずれかを選択します。

begins with(前方一致)

contains(中間一致)

ends with(後方一致)

is exactly(完全一致)

exists(存在)

does not exist(不在)

ステップ 3 必要に応じて適切な検索テキストを指定し、 Find をクリックします。また、ページごとに表示する項目の数も指定できます。


ヒント データベースに登録されているパイロット ポイントをすべて検索するには、検索テキストを入力せずに Find をクリックします。

パイロット ポイントのリストが表示されます。


 

関連項目

「パイロット ポイントの追加」

「パイロット ポイントの更新または削除」

「パイロット ポイントのリセット」

「パイロット ポイントの設定値」

「ac ユーザの設定」

「デバイスおよびパイロット ポイントと ac ユーザの関連付け」

「ハント グループの設定」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 パイロット ポイントおよびハント グループの概要

パイロット ポイントの追加

パイロット ポイントを追加する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 Service > Cisco CM Attendant Console > Pilot Point の順に選択します。

ステップ 2 適切な設定値を入力します( 表 26-2 を参照)。

ステップ 3 Insert をクリックします。

これでパイロット ポイントが作成されました。Pilot Point Configuration ウィンドウの内容が更新され、左側のリストに新しいパイロット ポイントの名前が表示されます。新しいパイロット ポイントとその設定値が表示されます。

パイロット ポイントの作成後、ハント グループを設定して、そのパイロット ポイントに着信するコールをリダイレクトする方法を指定する必要があります。


ヒント パイロット ポイントの設定後、ac ユーザを設定して、デバイスおよびパイロット ポイントを ac ユーザに関連付けてください。詳細については、「ac ユーザの設定」および「デバイスおよびパイロット ポイントと ac ユーザの関連付け」を参照してください。


 

関連項目

「パイロット ポイントの検索」

「パイロット ポイントの更新または削除」

「パイロット ポイントのリセット」

「パイロット ポイントの設定値」

「ac ユーザの設定」

「デバイスおよびパイロット ポイントと ac ユーザの関連付け」

「ハント グループの設定」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 パイロット ポイントおよびハント グループの概要

パイロット ポイントの更新または削除

パイロット ポイントを表示、更新、または削除する手順は、次のとおりです。

始める前に

パイロット ポイントを使用している仮想電話番号を検索するには、Pilot Point
Configuration ウィンドウの Dependency Records リンクをクリックします。
Dependency Records がシステムで使用可能でない場合、Dependency Records - Summary ウィンドウにメッセージが表示されます。Dependency Records の詳細については、「Dependency Records へのアクセス」を参照してください。使用されているパイロット ポイントを削除しようとすると、Cisco CallManager はエラー メッセージを表示します。現在使用されているパイロット ポイントを削除するには、パイロット ポイントを使用している仮想電話番号を削除する必要があります。ステップ 4 を参照してください。


) パイロット ポイントの削除後、その削除を有効にするために Cisco TCD または Cisco CallManager を再起動する必要はありません。


手順


ステップ 1 「パイロット ポイントの検索」の手順を使用して、パイロット ポイントを見つけます。

ステップ 2 変更または削除するパイロット ポイントの名前をクリックします。ウィンドウがリフレッシュされ、選択したパイロット ポイントの情報が表示されます。

ステップ 3 Delete をクリックして、そのパイロット ポイントを削除します。

パイロット ポイントの削除後、約 10 分以内に、Cisco TCD は、そのパイロット ポイントに関連するハント グループ メンバすべてに対するコールの送信を停止します。


ヒント 該当するパイロット ポイントの横にあるチェックボックスをオンに
して、Delete Selected をクリックすると、Find and List ウィンドウから複数のパイロット ポイントを削除できます。Cisco CallManager
Attendant Console Pilot Point タイトルの横にあるチェックボックスをオンにして Delete Selected をクリックすると、ウィンドウ内のすべてのパイロット ポイントを削除できます。

ステップ 4 パイロット ポイントの設定値を変更するには、 表 26-2 を参照してください。

ステップ 5 Update をクリックして、変更内容を保存します。


 

関連項目

「パイロット ポイントの検索」

「パイロット ポイントの追加」

「パイロット ポイントのリセット」

「ac ユーザの設定」

「デバイスおよびパイロット ポイントと ac ユーザの関連付け」

「パイロット ポイントの設定値」

「ハント グループの設定」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 パイロット ポイントおよびハント グループの概要

パイロット ポイントのリセット

パイロット ポイント設定値の更新後、パイロット ポイントをリセットする必要があります。パイロット ポイントをリセットした場合、Cisco CallManager サービスは動作を継続し、コール処理も引き続き行われます。パイロット ポイントをリセットする手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 Service > Cisco CM Attendant Console > Pilot Point の順に選択します。

Pilot Point Configuration ウィンドウが表示され、ウィンドウの左側に、現在設定されているすべてのパイロット ポイントが表示されます。

ステップ 2 変更または削除するパイロット ポイントの名前をクリックします。ウィンドウがリフレッシュされ、選択したパイロット ポイントの情報が表示されます。

ステップ 3 必要に応じて、設定を変更します。パイロット ポイントの設定値については、
表 26-2 を参照してください。

ステップ 4 Update をクリックします。

ステップ 5 Reset Selected をクリックします。

Reset ウィンドウが表示されます。

ステップ 6 次のいずれかのボタンをクリックします。

Restart :パイロット ポイント用に選択されたデバイスをシャットダウンせずに、再起動する(電話機を Cisco CallManager に再登録する)。

Reset :パイロット ポイント用に選択されたデバイスをシャットダウンした後、再度立ち上げる(電話機の完全なシャットダウンと再初期化を実行する)。

Close :選択されたデバイスの再起動やリセットを実行せずに、前のウィンドウに戻る。


 

関連項目

「パイロット ポイントの検索」

「パイロット ポイントの追加」

「パイロット ポイントの更新または削除」

「ac ユーザの設定」

「デバイスおよびパイロット ポイントと ac ユーザの関連付け」

「パイロット ポイントの設定値」

「ハント グループの設定」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 パイロット ポイントおよびハント グループの概要

パイロット ポイントの設定値

表 26-2 では、パイロット ポイントの設定値について説明します。

 

表 26-2 パイロット ポイントの設定値

フィールド
説明

Pilot Name

パイロット ポイントの内容を表す名前を指定する。スペースを含めて、最長 50 文字の英数字を入力します。

Device Pool

デバイス プールは、優先順位をつけた複数の Cisco
CallManager のグループで構成される。リストの最初の Cisco CallManager は、そのパイロット ポイントのプライマリ Cisco CallManager です。

Partition

このパイロット ポイントが属するパーティションを選択する。Directory Number フィールドに入力するパイロット ポイントが、選択したパーティション内で固有のものであることを確認してください。パイロット番号へのアクセスを制限しない場合は、パーティションに <None> を選択する。

Max List Box Items エンタープライズ パラメータで設定された数よりもパーティションの数が多い場合、省略記号ボタン(...)がドロップダウン リスト ボックスの横に表示されます。... ボタンをクリックすると、Select Partition ウィンドウが表示されます。 List items where Name
contains
フィールドにパーティション名の一部を入力します。 Select item to use ボックスに表示されるパーティションのリストで希望するパーティション名をクリックし、 OK をクリックします。

Calling Search Space

コールをルーティングしようとするときにパイロット ポイントが検索するパーティションを指定するには、ドロップダウン リストからコール検索スペースを選択する。

Pilot Number(DirN)

このパイロット ポイントの電話番号を指定する。

この番号が、システム全体で固有のものであることを確認してください(つまり、この番号を共用の回線アピアランスにすることはできません)。

Route Calls To

ハント グループの中で最初に使用可能なメンバに着信コールをルート指定するには、ドロップダウン リストから First Available Hunt Group Member オプションを選択する。

各電話番号または回線がアイドル状態になっている時間に基づいてメンバの順位を決定するには、ドロップダウン リストから、 Longest Idle Hunt Group Member オプションを選択します。

ボイスメール番号がそのグループの最長のアイドル メンバである場合、Cisco TCD はそのグループの他のメンバを最初にチェックすることなく、コールをボイスメールに転送します。

Circular Hunting または Broadcast Hunting ルーティング オプションを使用する場合、Attendant Console Configuration ツールを使用します(「Attendant Console Configuration ツールの使用方法」 を参照)。

関連項目

「パイロット ポイントの追加」

「パイロット ポイントの更新または削除」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 パイロット ポイントおよびハント グループの概要

デバイスおよびパイロット ポイントと ac ユーザの関連付け

アテンダントが Attendant Console を使用する前に、Attendant Console 電話機およびパイロット ポイントを ac ユーザに関連付ける必要があります。次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 ac ユーザ情報が[ユーザの設定]ウィンドウに表示されることを確認します。表示されない場合は、ユーザの検索を実行します。この作業の実行方法の詳細については、「Global Directory の検索」を参照してください。

ステップ 2 [ユーザの設定]ウィンドウの[アプリケーション プロファイル]カラムで、 [デバイスの割り当て] をクリックします。

ステップ 3 次のタスクのいずれかを実行します。

a. すべてのデバイスを表示するには、 [デバイスの選択] をクリックし、ステップ 4 へ進みます。

b. 使用可能なデバイスのリストを特定の選択項目に限定する場合は、次の方法で、検索する基準を入力します。

デバイスの名前、説明、または電話番号を選択する。

比較演算子を選択する。

テキストまたは番号項目を入力する。

[デバイスの選択] をクリックし、ステップ 4 に進む。

ステップ 4 ユーザに関連付ける必要のある Attendant Console 電話機およびパイロット ポイントのチェックボックスをオンにします。

ステップ 5 [選択の更新] をクリックして、電話機およびパイロット ポイントを ac ユーザに割り当てます。


 

関連項目

「ac ユーザの設定」

「新規ユーザの追加」

 

ハント グループの設定

パイロット ポイントを設定した後、ハント グループを設定する必要があります。ハント グループは、コールをリダイレクトする順位を決定する宛先(電話番号か、Attendant Console ユーザまたは回線番号)のリストから構成されます。

ここでは、次の内容について説明します。

「ハント グループ メンバの追加」

「リンクされたハント グループの設定」

「ハント グループ メンバの更新または削除」

「ハント グループの設定値」

ハント グループ メンバの追加

ハント グループのメンバを追加する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 Service > Cisco CM Attendant Console > Hunt Group の順に選択します。

Hunt Group Configuration ウィンドウが表示されます。

図 26-3 は、Hunt Group Configuration ウィンドウの例です。

図 26-3 Hunt Group Configuration ウィンドウ

 

ステップ 2 ハント グループ メンバを追加するパイロット ポイントをクリックします。Hunt
Group Configuration ウィンドウの左側に、使用可能なパイロット ポイントが表示されます。

ステップ 3 Add Member をクリックします。Hunt Group Members には、最初、 <<Not Configured>> と表示されます。

ステップ 4 追加するハント グループ メンバが電話番号(デバイス メンバ)であるか、ユーザと回線番号(ユーザ メンバ)であるかを決定します。

電話番号を指定する場合、Cisco TCD は、常に、コールをその番号にルート指定しようとする。


) Cisco TCD は、複数の Attendant Console またはボイスメール番号にコールをルーティングして、オーバーフロー状態を処理します。Hunt Group Configuration ウィンドウで、Always Route Member チェックボックスをオンにし、ボイスメール番号が複数のコールを同時に受信するように設定します。


Attendant Console ユーザと回線番号を指定する場合、Cisco TCD は、まず、その Attendant Console ユーザが Attendant Console にログインし、オンラインであるかどうかをチェックした後、コールをルーティングしようとします。ユーザと回線番号を指定すると、そのユーザは Attendant Console によって制御されるクラスタ内の任意の Cisco IP Phone にログインし、コールを受信できます。

ステップ 5 新規ハント グループ メンバに適切な設定値を入力します( 表 26-3 を参照)。

ハント グループ メンバが電話番号である場合、 Device Member Information セクションの Partition フィールドと Directory Number フィールドだけを指定する。オプションの Always Route Member チェックボックスは、電話番号だけに適用されます。

ハント グループ メンバがユーザと回線番号である場合、 User Member
Information
セクションの User Name フィールドと Line Number フィールドだけを指定する。


) ここで指定する User Name は、Attendant Console ユーザを示します。このユーザは、Cisco CallManager Administration の Cisco CallManager User 領域で追加された User ID とは異なります。


選択を行うと、Hunt Group Members リスト ボックスに、選択された情報が反映されます。Hunt Group Members リストには、デバイスの電話番号、または Attendant Console ユーザ名と回線番号が表示されます。たとえば、次のとおりです。

#1 Call directory number 35201(電話番号の例)

#2 Direct Call to Mary Brown, Line 1(ユーザと回線番号の例)

ステップ 6 続けて他のハント グループ メンバをこのパイロット ポイントに追加するには、ステップ 4 およびステップ 5 を繰り返します。


ヒント ハント グループ リストを並べ替えるには、順番を変更するメンバをリストから選択します。上矢印と下矢印を使用して、リスト内の別の位置にそのメンバを移動します。

ステップ 7 Update をクリックして、ハント グループ メンバの情報を保存し、ハント グループの設定を完了します。


 

関連項目

「ハント グループ メンバの更新または削除」

「リンクされたハント グループの設定」

「ハント グループの設定値」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 パイロット ポイントおよびハント グループの概要

リンクされたハント グループの設定

リンクされたハント グループを設定する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 チェーン内のハント グループそれぞれに、次の情報を使用して、「ハント グループ メンバの追加」ステップ 1ステップ 5 を実行します。

チェーン内の最後のハント グループ以外のすべてのハント グループに対して、ハント グループの最後のメンバが、次のハント グループのパイロット ポイントであることを確認する。


注意 他のパイロット ポイント番号(最後のメンバ以外)をハント グループに組み込まないようにシスコは強くお勧めします。他のパイロット ポイント番号をハント グループに組み込むと、連続したルート ループが生じる場合があります。

各ハント グループの最後のメンバだけに対して、 Always Route Member チェックボックスをオンにする。

オーバーフロー状態を処理するために、チェーン内で最後にリンクされるハント グループの最後のメンバとして、ボイスメールまたは自動代表番号を選択する。ボイスメールが複数の同時コールを処理できるように、 Always Route Member チェックボックスをオンにしてください。

ステップ 2 各ハント グループを設定した後、 Update をクリックして、情報を保存します。


注意 最後のハント グループを最初のハント グループにリンクしないように強くお勧めします。

ステップ 3 上記のステップで入力した情報を見直して、リンクされているハント グループの設定を確認します。


 

関連項目

「ハント グループ メンバの追加」

「ハント グループ メンバの更新または削除」

「ハント グループの設定値」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 パイロット ポイントおよびハント グループの概要

Cisco CallManager システム ガイド 』の 「リンクしたハント グループの概要」

ハント グループ メンバの更新または削除

ハント グループのメンバを表示、更新、または削除する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 Service > Cisco CM Attendant Console > Hunt Group の順に選択します。

Hunt Group Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 メンバを表示、変更または削除するハント グループに関連したパイロット ポイントの名前をクリックします。

Hunt Group Configuration ウィンドウに、選択したパイロット ポイントの情報が表示されます。

ステップ 3 必要に応じて、設定を変更します。ハント グループの設定値については、 表 26-3 を参照してください。

ハント グループ メンバの設定値を更新するには、リストからメンバ名を選択し、必要に応じて設定値を変更し、 Update をクリックして変更内容を保存する。

ハント グループ メンバの順番を変更するには、メンバの名を選択し、矢印ボタンをクリックしてリスト内の別の位置にそのメンバを移動する。

ハント グループ メンバを削除するには、リストからメンバ名を強調表示し、 Delete Member をクリックする。

変更した設定値を元に戻すには、 Update ボタンをクリックする前に、 Cancel Changes をクリックする。

ステップ 4 Update をクリックして、変更内容を保存します。


 

関連項目

「ハント グループ メンバの追加」

「リンクされたハント グループの設定」

「ハント グループの設定値」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 パイロット ポイントおよびハント グループの概要

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 リンクしたハント グループの概要

ハント グループの設定値

表 26-3 では、ハント グループの設定値について説明します。

 

表 26-3 ハント グループの設定値

フィールド
説明

Partition

ハント グループ メンバが電話番号である場合、Device
Member Information セクションの Partition フィールドと
Directory Number
フィールドに入力する。

このフィールドは、この電話番号が属するルート パーティションを示します。

このハント グループ メンバの電話番号がパーティション内にある場合は、ドロップダウン リストからパーティションを選択する。

電話番号がパーティション内にない場合は、None を選択する。

Directory Number

ハント グループ メンバ デバイスの電話番号を入力する。

指定されたパーティションに電話番号がない場合、エラー ダイアログボックスが表示されます。

Always Route Member

オプションの Always Route Member チェックボックスは、電話番号だけに適用されます。

このチェックボックスがオンである場合、Cisco Telephony Call Dispatcher(TCD)は常に、このハント グループ メンバ(使用中であるかどうかにかかわらず)にコールをルート指定します。

このチェックボックスがオンである場合、Cisco TCD は、コールをルート指定する前に回線が使用可能かどうか確認しません。

オーバーフロー状態を処理するために、ボイスメール番号または自動代表番号が複数の同時コールを処理するように、このチェックボックスをオンにします。

リンクされたハント グループの場合、各ハント グループの最後のメンバを設定するときにのみ、 Always Route
Member
チェックボックスをオンにします。

User Name

ハント グループ メンバがユーザと回線番号である場合、
User Member Information セクションの User Name フィールドと Line Number フィールドのみを指定する。

ドロップダウン リストから、ハント グループ メンバの役割を果たす Attendant Console ユーザを選択します。

このリストには、Cisco CallManager Attendant Console User Configuration ウィンドウで追加された Attendant Console ユーザのみが表示されます。

Line Number

ドロップダウン リストから、ハント グループの適切な回線番号を選択する。


) 単一のハント グループ内で、同一ユーザを同一回線に 1 回に限り追加することができます。たとえば、そのハント グループの中で Mary Brown を回線 1 に一回しか追加できません。


 

関連項目

「ハント グループ メンバの追加」

「ハント グループ メンバの更新または削除」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 パイロット ポイントおよびハント グループの概要

Cisco Telephony Call Dispatcher サービスのアクティブ化

Cisco CallManager サービスを実行しているクラスタ内の各サーバで Cisco TCD サービスをアクティブにする手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 Application > Cisco CallManager Serviceability の順に選択します。

ステップ 2 Tools > Service Activation の順に選択します。

ステップ 3 ウィンドウの左側にあるサーバ リストから、Cisco CallManager サービスを実行しているサーバを選択します。

ウィンドウの内容が更新されます。

ステップ 4 Cisco Telephony Call Dispatcher チェックボックスをオンにします。

ステップ 5 Update をクリックします。

サービスがアクティブになり、サーバ上で自動的に開始されます。

ステップ 6 Cisco CallManager サービスを実行しているクラスタ内の全サーバでこの手順を実行します。


 

関連項目

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco Telephony Call Dispatcher の概要

Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド

CTIManager サービスのアクティブ化

ハント グループと Attendant Console を正しく機能させるため、クラスタ内のいずれかのサーバで CTIManager サービスが動作していることを確認してください。サービスがアクティブになっていない場合にアクティブにする手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 Application > Cisco CallManager Serviceability の順に選択します。

ステップ 2 Tools > Control Center の順に選択します。

ステップ 3 ウィンドウの左側にあるサーバ リストからサーバを選択します。

ウィンドウの内容が更新されます。

Service Name に、このサーバ上で設定されているすべてのサービスが表示されます。

ステップ 4 Cisco CTIManager チェックボックスをオンにします。

ステップ 5 Update をクリックします。

サービスがアクティブになり、サーバ上で自動的に開始されます。


 

関連項目

Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 サービス

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 コンピュータ テレフォニー統合

Cisco CallManager Attendant Console Server の設定

Cisco CallManager Attendant Console Server Configuration ウィンドウには、サービス パラメータが表示されます。このウィンドウを使用して、Cisco Telephony Call Dispatcher(TCD)用のトレース パラメータを設定できます。Cisco CallManager Attendant Console Server Configuration ウィンドウの右上にある「i」ボタン ヘルプ アイコンをクリックして、パラメータに関する情報を取得します。


注意 Cisco Technical Assistance Center のエンジニアの許可がある場合を除いて、サービス パラメータを変更しないでください。このサービス パラメータを変更すると、システムに障害を起こす原因となることがあります。

Cisco TCD トレース パラメータを更新する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 Service > Cisco CM Attendant Console > Cisco CM Attendant Console Server の順に選択します。

Cisco CallManager Attendant Console Server Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Cisco CallManager Attendant Console Servers リストからサーバを選択します。


) サーバ上で Cisco CallManager Attendant Console サービスをアクティブにしてからでないと、そのサーバは Cisco CallManager Attendant Console Servers リストに表示されません。サービスのアクティブ化の詳細については、『Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド』を参照してください。


ウィンドウがリフレッシュされ、Cisco TCD 用に設定されたサービス パラメータが表示されます。図 26-4 は、Cisco CallManager Attendant Console Server
Configuration ウィンドウの例です。

図 26-4 Cisco CallManager Attendant Console Server Configuration ウィンドウ

 


) サーバを挿入した後、または Cisco CallManager Attendant Console Server Configuration ウィンドウからサーバを選択した後、トレース パラメータを設定するには、Cisco CallManager Attendant Console Server Configuration ウィンドウの Trace Configuration をクリックします。詳細については、『Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド』および『Cisco CallManager Serviceability System Guide』を参照してください。



 

関連項目

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco CallManager Attendant Console サービス パラメータの概要

Cisco CallManager Attendant Console パフォーマンス モニタの表示

Cisco TCD と Attendant Console の CCMLineLinkState およびその他のパフォーマンス モニタ情報を表示する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager サーバにログインします。

ステップ 2 Start > Programs > Administrative Tools > Performance の順に選択します。

ステップ 3 View report data アイコンをクリックします。

ステップ 4 +(Add counter)アイコンをクリックします。

ステップ 5 System Monitor を選択し、 All Counters を使用可能にし、Object ドロップダウン リスト ボックスから Cisco CallManager Attendant Console を選択します。

ステップ 6 Add をクリックします。


 

関連項目

「Cisco CallManager Attendant Console の設定」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco CallManager Attendant Console

Cisco CallManager Attendant Console のダイヤル規則の作成

電話番号と発信者 ID を変換するために、Cisco CallManager Attendant Console 用にダイヤル規則およびディレクトリ ルックアップ規則を作成できます。ダイヤル規則は、電話番号を変換してダイヤルできるパターンを作成します。ディレクトリ ルックアップ規則は、発信者 ID をディレクトリで検索できる番号に変換します。


ステップ 1 Cisco CallManager Attendant Console サーバでは、
C:\Program Files\Cisco\CallManagerAttendant\etc ディレクトリにある
DialRuleExamples.xml ファイルを開きます。

ステップ 2 DialRuleExamples.xml ファイルを編集して、必要なダイヤル規則およびディレクトリ ルックアップ規則を作成します。

次の例は、ダイヤル規則およびディレクトリ ルックアップ規則に適切な形式を示します。

<DialRules>
<DialRule BeginsWith="408525" NumDigits="10" DigitsToRemove="5" PrefixWith="89"/>
</DialRules>
<DirectoryLookupRules>
<DirectoryLookupRule BeginsWith="5" NumDigits="5" DigitsToRemove="" PrefixWith="40852"/>
</DirectoryLookupRules>
 

ダイヤル規則およびディレクトリ ルックアップ規則パラメータの詳細については、『 Cisco CallManager システム ガイド 』の 「Cisco CallManager Attendant Console のダイヤル規則」 を参照してください。

ステップ 3 DialRuleExamples.xml ファイルの名前を DialRules.xml に変更します。

ステップ 4 DialRules.xml ファイルをクラスタ内のすべての Cisco CallManager サーバにコピーします。


 

関連項目

「Cisco CallManager Attendant Console Server の設定」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco CallManager Attendant Console のダイヤル規則」

アテンダント PC へのプラグインのインストール

ユーザの PC に Attendant Console をインストールする手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 Attendant Console に関連付ける Attendant Console ユーザおよび電話機を Cisco
CallManager データベースにまだ追加していない場合は、追加します。

ステップ 2 各 Cisco CallManager Attendant Console PC から、Cisco CallManager Administration を実行しているサーバを参照し、管理特権でログインします。


ヒント サーバを参照するには、Web ブラウザのアドレスバーに
http://<CM-server-name>/CCMAdmin/main.asp と入力します。
<CM-server-name> は、サーバの名前です。

ステップ 3 Cisco CallManager Administration から、 Application > Install Plugins の順に選択します。

ステップ 4 Cisco CallManager Attendant Console のアイコンをクリックします。

Cisco CallManager Attendant Console インストレーション ウィザードが起動します。

ステップ 5 インストレーションを確認するために、 Yes をクリックします。

ステップ 6 最初のインストレーション ウィザード ウィンドウで、 Next をクリックします。

ステップ 7 Attendant Console はデフォルトの保存場所にインストールすることもできますし、Browse ボタンを使用して別の保存場所を指定することもできます。保存場所を決めたら、 Next をクリックします。

ステップ 8 Ready to Install ウィンドウで、 Next をクリックします。

ステップ 9 ファイルのインストレーションが終了したら、コンピュータをただちに再起動するか、後で再起動するかを選択します。次に、 Finish をクリックします。

ステップ 10 プロンプトが表示されたら、コンピュータを再起動します。

アプリケーションのインストレーションの完了後にも、インストレーション時に設定しなかった Attendant Console 設定値を設定または更新できます。


 

関連項目

「Cisco CallManager Attendant Console の設定」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco CallManager Attendant Console のインストールと設定

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco CallManager Attendant Console

Cisco CallManager Attendant Console の設定

次の基準に適合するように、各 Attendant Console を設定します。

Attendant Console ユーザ名とパスワードを提供する。

アテンダントが Attendant Console で使用する Cisco IP Phone 用の適切な Cisco CallManager TCD および電話番号に接続する。

Attendant Console のインストール後、ユーザがコンソールにログインする前に、
Attendant Console を設定しておく必要があります。インストール時に指定しなかった設定値の設定、現在の設定値の表示、または Attendant Console 設定の更新を行うには、この項の手順を実行してください。

設定が完了しても、指定された設定値をアドミニストレータが実際に変更するまで、Attendant Console では指定された設定値が使用されます。

手順


ステップ 1 Attendant Console がインストールされている PC で、 Start > Programs > Cisco
CallManager
> Cisco CallManager Attendant Console の順に選択するか、またはデスクトップの Cisco CallManager Attendant Console アイコンをクリックします。次に、 Yes をクリックして、Attendant Console を起動します。

ステップ 2 Settings をクリックします。

ステップ 3 適切な設定値を入力します( 表 26-4 を参照)。

ステップ 4 Save をクリックします。これで、Attendant Console の設定が完了し、コール配送アクティビティに使用できるようになります。


 

関連項目

「Cisco CallManager Attendant Console Server の設定」

「Attendant Console の設定値」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco CallManager Attendant Console

Attendant Console の設定値

表 26-4 に、Cisco CallManager Attendant Console の設定値を示します。

 

表 26-4 Settings ダイアログボックス

フィールド/チェックボックス
説明
Basic タブ(フィールドに適切な情報を入力してください)

Attendant Server Host Name or IP Address

ローカルホストの IP アドレスを入力する。

Directory Number of Your Phone

アテンダントが Attendant Console で使用する
Cisco IP Phone の電話番号を確認または入力する。

複数のデバイスに表示されている電話番号を入力した場合、 Save をクリックすると、Device
Selector ダイアログボックスが表示されます。Attendant Console で使用するデバイスをドロップダウン リスト ボックスから選択し、OK をクリックします。

Advanced タブ(これらはオプションのフィールドです。情報を入力して、デフォルト設定を変更することができます)

Path of Local Directory File

ディレクトリ情報を指定するユーザ リスト ファイルのパスを入力する。

Directory Reload Interval(in seconds)

Cisco CallManager Attendant Console の Directory ウィンドウに表示されるユーザ リストをリロードするまでに、Cisco CallManager Attendant
Console サーバが待つ時間(秒)を入力する。

Call Processing Server Host Name or IP Address

ローカルホストの IP アドレスを入力する。

Local Host IP Address(for line state)

ローカルホストの IP アドレスを入力する。


) アテンダント PC にネットワーク インターフェイス カード(NIC)が 2 つある場合は、回線状態の更新を受信する IP アドレスを指定してください。


 

Enable Trace

このチェックボックスをオンにすると、
Attendant Console に関連する問題をトラブルシューティングできる。

Audible Alerting Ring Setting

このボタンをクリックすると、「beep」というリング設定を選択できる。beep は、PC のサウンド カードとスピーカを通して、アテンダントにコールを知らせます。

関連項目

「Cisco CallManager Attendant Console の設定」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco CallManager Attendant Console

Cisco CallManager Attendant Console のシステム ファイルの設定

Cisco CallManager Attendant Console の設定手順には、サーキュラー ハント グループの設定をはじめ、様々なシステム ファイルの編集が必要なものがあります。

ここでは、次の内容について説明します。

「保留アイコン タイマーの設定」

「Attendant Console Configuration ツールの使用方法」

保留アイコン タイマーの設定

Attendant Console の保留アイコンの色は、コールが保留される時間を示します。保留アイコンの色を変更した後で時間を設定するには、次の手順を実行します。


) 保留アイコン タイマーのデフォルト値を変更しないことをお勧めします。


手順


ステップ 1 アテンダント PC の ..\Program Files\Cisco\CallManager Attendant Console\etc ディレクトリにある GlobalUI.properties ファイルを開きます。

ステップ 2 保留アイコンが黄色に変わる前に時間を変更するには、WaitTimeMedium パラメータを編集します。

ステップ 3 保留アイコンが赤に変わる前に時間を変更するには、WaitTimeLong パラメータを編集します。

ステップ 4 GlobalUI.properties ファイルを保存して閉じます。


 

関連項目

「Cisco CallManager Attendant Console のシステム ファイルの設定」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco CallManager Attendant Console

Attendant Console Configuration ツールの使用方法

Attendant Console Configuration ツールを使用する手順は、次の通りです。Attendant Console Configuration ツールを使用すると、次の作業を実行することができます。

JTAPI ユーザ名とパスワードを設定する。

ディレクトリの値を設定する。

パイロット ポイントにコール キューイングを使用可能にする。

サーキュラー ハント グループとブロードキャスト ハント グループを設定する。

始める前に

サーキュラー ハント グループまたはブロードキャスト ハント グループを作成する前に、パイロット ポイントを作成します(「パイロット ポイントの設定」 を参照)。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Attendant Console サーバの
C:\Program Files\Cisco\CallManagerAttendant\bin ディレクトリにある acconfig.bat ファイルを開きます。

ステップ 2 適切な値を入力します( 表 26-5 を参照)。

ステップ 3 Save and Close をクリックします。


 

関連項目

「Attendant Console の設定値」

Cisco CallManager システム ガイド 』の 「パイロット ポイントおよびハント グループの概要」

Cisco CallManager システム ガイド 』の 「コール キューイングの概要」

Attendant Console Configuration ツールの設定値

表 26-5 に、Attendant Console Configuration ツールの設定値を示します。Basic タブを使用して、JTAPI 情報およびディレクトリ情報を入力します。Advanced タブのフィールドを使用して、コール キューイングを使用可能にし、サーキュラー ハント グループとブロードキャスト ハント グループを設定します。

 

表 26-5 Attendant Console Configuration ツール

フィールド
説明
Basic タブ

JTAPI Username

Cisco CallManager Attendant Console アプリケーションの JTAPI ユーザ名を入力する。

デフォルトは、ac です。アプリケーションのセキュリティを最大限にするには、デフォルト値を変更します。

JTAPI Password

Cisco CallManager Attendant Console アプリケーションの JTAPI パスワードを入力する。

デフォルトは、12345 です。アプリケーションのセキュリティを最大限にするには、デフォルト値を変更します。

Department Attribute

ディレクトリが部署の情報を保存するために使用する属性を入力する。DC-Directory および Netscape ディレクトリのデフォルトは、departmentNumber です。
Active Directory のデフォルトは、department です。

異なる社内ディレクトリを使用する場合、このフィールドに適切な部署の属性を入力します。

LDAP Paging Size

ユーザ リストが生成されるときに、Cisco CallManager Attendant 用のページング サイズを入力する。デフォルトは、500 です。Active Directory 用のデフォルトの検索結果のサイズ制限値は、1000 です。

500 以内のページング サイズで Cisco CallManager と社内ディレクトリを連動する場合、LDAP Paging Size フィールドに 500 以内の値を入力します。

Advanced タブ

Pilot Points

設定するパイロット ポイントを選択する。

Enable Queuing

Cisco TCD がコールをキューに送信する場合でハント グループのすべてのアテンダントが使用中のとき、
Enable Queuing
チェックボックスをオンにする。コール キューイングを設定するには、Queue Size フィールドと Hold Time(in Seconds)フィールドに値を入力します。

Routing Algorithm

Pilot Points ドロップダウン リスト ボックスで選択するパイロット ポイントに使用するルーティング オプションを選択する。使用できるオプションは次のとおりです。

Circular Hunting

Broadcast Hunting


) パイロット ポイントを設定するときに選択するルーティング オプションの、Longest Idle または First Available もドロップダウン リスト ボックスに表示されます。


 

Queue Size

このフィールドはキューに送信可能なコールの数を指定する。キューがいっぱいの場合、Cisco TCD はコールを Hunt Group Configuration ウィンドウで指定した「always route」ハント グループ メンバに転送します。「always route」メンバを指定していない場合、キュー サイズの制限値に達すると Cisco TCD はコールを終了します。

デフォルトは、32 です。

Hold Time(in Seconds)

このフィールドには、Cisco TCD がコールをキューに入れておく時間の最大値(秒)を指定します。

コールがこのフィールドで入力した秒数の間保留になっていて「always route」を設定した場合、Cisco TCD は、Hunt Group Configuration ウィンドウで指定されている「always route」メンバにコールを転送します。「always route」メンバを設定しない場合、アテンダントが使用可能になるまでコールはキューに入ったままです。

アテンダントが使用可能になるまでキューにコールを入れておくには、このフィールドに 0 を入力します。

デフォルトは、0 です。