Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド リリース3.3(2)
ボイスメール プロファイル の 設定
ボイスメール プロファイルの設定
発行日;2012/01/07 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

ボイスメール プロファイルの設定

ボイスメール プロファイルの検索

ボイスメール プロファイルのコピー

ボイスメール プロファイルの削除

ボイスメール プロファイルの設定

ボイスメール プロファイルの設定値

ボイスメール プロファイルの設定

Cisco CallManager Administration の Voice Mail Profile Configuration ウィンドウでは、デバイスではなく、電話番号に関連付けられている回線に関するボイスメールについてあらゆる情報を定義できます。


) ボイスメール プロファイルは、デバイスではなく電話番号に割り当てられます。


次のトピックでは、ボイスメール プロファイルについて説明します。

「ボイスメール プロファイルの検索」

「ボイスメール プロファイルのコピー」

「ボイスメール プロファイルの削除」

「ボイスメール プロファイルの設定」

「ボイスメール プロファイルの設定値」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「ボイスメールの Cisco CallManager への接続性」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco uOne 設定チェックリスト」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco Unity 設定チェックリスト」

ボイスメール プロファイルの検索

ボイスメール プロファイル名の検索手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 Feature > Voice Mail > Voice Mail Profile の順に選択します。

Find and List Voice Mail Profiles ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 ボイスメール プロファイルの検索基準を選択し、 Find をクリックします。利用可能なボイスメール プロファイルをすべて一覧表示するには、 検索基準を空白のまま にして、 Find をクリックします。


 

関連トピック

「ボイスメール プロファイルのコピー」

「ボイスメール プロファイルの削除」

「ボイスメール プロファイルの設定」

「ボイスメール プロファイルの設定値」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「ボイスメールの Cisco CallManager への接続性」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco uOne 設定チェックリスト」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco Unity 設定チェックリスト」

ボイスメール プロファイルのコピー

既存のボイスメール プロファイルをコピーする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 「ボイスメール プロファイルの検索」 の手順に従って、コピーするボイスメール プロファイルを見つけます。

ステップ 2 コピーするプロファイルの横にあるコピー アイコンをクリックします。

ステップ 3 ボイスメール プロファイルの設定値を更新する場合は、 表 41-1 を参照してください。

ステップ 4 Insert をクリックします。


 

関連トピック

「ボイスメール プロファイルの検索」

「ボイスメール プロファイルの削除」

「ボイスメール プロファイルの設定」

「ボイスメール プロファイルの設定値」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「ボイスメールの Cisco CallManager への接続性」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco uOne 設定チェックリスト」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco Unity 設定チェックリスト」

ボイスメール プロファイルの削除

ボイスメール プロファイルを削除する手順は、次のとおりです。デフォルト プロファイルまたは No Voice Mail プロファイルは削除できません。また、デバイスが使用しているボイスメール プロファイルも削除できません。


ステップ 1 「ボイスメール プロファイルの検索」の手順に従って、削除するボイスメール プロファイルを見つけます。

ステップ 2 削除するボイスメール プロファイルの横にあるチェックボックスをオンにします。ウィンドウ上のボイスメール プロファイルをすべて選択するには、Matching records タイトルバーにあるチェックボックスをオンにします。

ステップ 3 Delete Selected をクリックします。


 

関連トピック

「ボイスメール プロファイルの検索」

「ボイスメール プロファイルのコピー」

「ボイスメール プロファイルの設定」

「ボイスメール プロファイルの設定値」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「ボイスメールの Cisco CallManager への接続性」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco uOne 設定チェックリスト」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco Unity 設定チェックリスト」

ボイスメール プロファイルの設定

電話番号に対してボイスメール プロファイルを設定する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 ボイスメール プロファイルを選択するか、 Add a New Voice Mail Profile リンクをクリックします。

ステップ 2 該当する設定値を更新します( 表 41-1 を参照)。

ステップ 3 新規ボイスメール プロファイルを追加するには、 Insert をクリックします。既存のボイスメール プロファイルの設定を更新するには、 Update をクリックします。


 

関連トピック

「ボイスメール プロファイルの検索」

「ボイスメール プロファイルのコピー」

「ボイスメール プロファイルの削除」

「ボイスメール プロファイルの設定値」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「ボイスメールの Cisco CallManager への接続性」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco uOne 設定チェックリスト」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco Unity 設定チェックリスト」

ボイスメール プロファイルの設定値

表 41-1 では、ボイスメール プロファイルの設定値について説明します。

 

表 41-1 ボイスメール プロファイルの設定値

フィールド
説明

Voice Mail Profile Name

Cisco ボイスメール プロファイルを識別する名前を入力する。

Description

プロファイルの説明を記述する。

Voice Mail Pilot

Voice Mail Pilot Configuration 内で指定された適切なボイスメール パイロット番号か、 Use Default Setting を選択する。

Voice Mail Box Mask

自動登録された電話機用のボイスメール ボックス番号をフォーマットするのに使用するマスクを指定する。自動登録された電話機のディレクトリ回線から、コールをボイスメールに転送する場合、Cisco CallManager は、そのディレクトリ回線の Voice Mail Box フィールドに設定されている番号に、このマスクを適用します。

たとえば、マスク 972813XXXX を指定すると、電話番号 7253 のボイスメール ボックス番号は 9728137253 になります。マスクを入力しない場合、ボイスメール ボックス番号は、電話番号と同じ(この例では、7253)になります。

デフォルトでは、Cisco CallManager は、ボイスメール ボックス番号を電話番号と同じ値に設定します。電話番号を設定するときに、ボイスメール ボックス番号を変更できます。詳細については、「電話番号の設定」を参照してください。

Default

このチェックボックスをオンにして、このプロファイルをデフォルトにする。


) Default ボックスをオンにすると、このボイスメール プロファイルは、現在のデフォルト プロファイルを置き換えます。


関連トピック

「ボイスメール プロファイルの検索」

「ボイスメール プロファイルのコピー」

「ボイスメール プロファイルの削除」

「ボイスメール プロファイルの設定」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「ボイスメールの Cisco CallManager への接続性」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco uOne 設定チェックリスト」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco Unity 設定チェックリスト」