Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド リリース3.3(2)
Cisco ボイスメール パイロット の設定
Cisco ボイスメール パイロットの設定
発行日;2012/01/07 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco ボイスメール パイロットの設定

ボイスメール パイロット番号の設定

ボイスメール パイロット番号の削除

ボイスメール パイロットの設定値

Cisco ボイスメール パイロットの設定

ボイスメール パイロット番号は、ユーザが本人のボイスメール メッセージにアクセスするときにダイヤルする電話番号を指定します。Cisco CallManager は、ユーザが電話機上の Messages ボタンを押すと自動的にこの音声メッセージング番号にダイヤルします。各ボイスメールパイロット番号は、異なったボイスメール メッセージング システムに属することができます。

次のトピックでは、ボイスメール パイロットの設定について説明します。

「ボイスメール パイロット番号の設定」

「ボイスメール パイロットの設定値」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「ボイスメールの Cisco CallManager への接続性」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco uOne 設定チェックリスト」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco Unity 設定チェックリスト」

ボイスメール パイロット番号の設定

ボイスメール パイロット番号を設定する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 Feature > Voice Mail > Voice Mail Pilot の順に選択します。

Voice Mail Pilot Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Cisco voice-mail pilot number を選択するか、 Add a New Voice Mail Pilot Number のリンクをクリックします。

ステップ 3 該当する設定値を更新します( 表 40-1 を参照)。

ステップ 4 新規ボイスメール パイロット番号を追加するには、 Insert をクリックします。既存のボイスメール パイロット番号の設定を更新するには、 Update をクリックします。


 

関連トピック

「ボイスメール パイロットの設定値」

「メッセージ受信の設定」

「ボイスメール プロファイルの設定」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「ボイスメールの Cisco CallManager への接続性」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco uOne 設定チェックリスト」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco Unity 設定チェックリスト」

ボイスメール パイロット番号の削除

ボイスメール パイロット番号を設定する手順は、次のとおりです。デフォルトまたは No Voice Mail のパイロット番号は削除できません。また、ボイスメール プロファイルが使用しているボイスメール パイロット番号も削除できません。

手順


ステップ 1 Feature > Voice Mail > Voice Mail Pilot の順に選択します。

Voice Mail Pilot Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 削除するボイスメール パイロット番号を選択します。

ステップ 3 Delete をクリックします。

確認のウィンドウが表示されます。


) デフォルトまたは No Voice Mail のパイロット番号を選択した場合、Delete ボタンは表示されません。


ステップ 4 ボイスメール パイロットを削除するには、 OK をクリックします。削除操作を取り消すには、 Cancel をクリックします。

ボイスメール プロファイルがこのボイスメール パイロット番号を使用している場合は、このボイスメール パイロット番号を使用しているボイスメール プロファイルの番号を示すメッセージが表示されます。


 

関連トピック

「ボイスメール パイロット番号の設定」

「メッセージ受信の設定」

「ボイスメール プロファイルの設定」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「ボイスメールの Cisco CallManager への接続性」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco uOne 設定チェックリスト」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco Unity 設定チェックリスト」

ボイスメール パイロットの設定値

表 40-1 では、ボイスメール パイロットの設定値について説明します。

 

表 40-1 ボイスメール パイロットの設定値

フィールド
説明

Voice Mail Pilot Number

ボイスメール パイロット番号を識別する番号を入力する。

Description

パイロット番号の説明を記述する。

Calling Search Space

適切なコール検索スペースを選択する。コール検索スペースは、このパイロット番号からコールされる番号を見付けるために検索されるパーティションの集合から構成されます。

Make this the default Voice Mail Pilot for the system

チェックボックスをオンにして、このパイロット番号を そのシステムの Voice Mail Pilot のデフォルトにする。


) Default ボックスをオンにすると、このボイスメール パイロット番号は、現在のデフォルト パイロット番号を置き換えます。


関連トピック

「ボイスメール パイロット番号の設定」

「メッセージ受信の設定」

「ボイスメール プロファイルの設定」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「ボイスメールの Cisco CallManager への接続性」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco uOne 設定チェックリスト」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Cisco Unity 設定チェックリスト」