Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド リリース3.3(2)
Meet-Me Number/Pattern の設 定
Meet-Me Number/Pattern の設定
発行日;2012/01/07 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Meet-Me Number/Pattern の設定

Meet-Me Number/Pattern の追加

Meet-Me Number/Pattern の更新

Meet-Me Number/Pattern の削除

Meet-Me Number/Pattern の設定値

Meet-Me Number/Pattern の設定

Meet-Me 会議では、電話番号の割り当てが必要です。Cisco CallManager Administration は、ユーザがこの機能を利用できるように、一連の Meet-Me 会議電話番号をユーザに通知しておく必要があります。

ここでは、次の内容について説明します。

「Meet-Me Number/Pattern の追加」

「Meet-Me Number/Pattern の更新」

「Meet-Me Number/Pattern の削除」

「Meet-Me Number/Pattern の設定値」

Meet-Me Number/Pattern の追加

Meet-Me Number/Pattern を追加する手順は、次のとおりです。

始める前に

次の条件を満たしていることを確認してから手順に進んでください。

サーバが設定済みであること「サーバの設定」を参照してください。

デバイス プールが設定済みであること「デバイス プールの設定」を参照してください。

手順


ステップ 1 Feature > Meet-Me Number/Pattern の順に選択します。

Meet-Me Number/Pattern Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Meet-Me Number/Patterns リストから、 Add a New Directory Number/Pattern をクリックします。

ステップ 3 適切な設定値を入力します( 表 36-1 を参照)。

ステップ 4 Insert をクリックします。

ウィンドウの内容が更新され、ウィンドウの左側に新規 Meet-Me Number/Pattern が表示されます。


 

関連トピック

「Meet-Me Number/Pattern の更新」

「Meet-Me Number/Pattern の削除」

「ソフトウェア コンファレンス デバイスの追加」

「ハードウェア コンファレンス デバイスの追加」

「Cisco IOS Conference Bridge デバイスの追加」

「コンファレンス デバイスの更新」

「コンファレンス デバイスの削除」

「Conference Bridge のパラメータの更新」

「パーティションの設定」

Cisco CallManager システム ガイド 「Conference Bridges」

Meet-Me Number/Pattern の更新

Meet-Me Number/Pattern を更新する手順は、次のとおりです。

始める前に

次の条件を満たしていることを確認してから手順に進んでください。

サーバが設定済みであること。「サーバの設定」を参照してください。

デバイス プールが設定済みであること。「デバイス プールの設定」を参照してください。

Meet-Me Number/Pattern が設定済みであること。「Meet-Me Number/Pattern の追加」を参照してください。

手順


ステップ 1 Feature > Meet-Me Number/Pattern の順に選択します。

Meet-Me Number/Pattern Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Meet-Me Numbers/Patterns リストから、更新する Meet-Me Number/Pattern を選択します。

選択したパターンが Directory Number or Pattern フィールドに表示されます。

ステップ 3 該当する設定値を更新します( 表 36-1 を参照)。


) 必要に応じて、番号またはパターンを変更することができます(たとえば、5000 を 500X に変更できます)。


ステップ 4 Update をクリックします。

ウィンドウがリフレッシュされ、パターンが更新されます。


 

関連トピック

「ソフトウェア コンファレンス デバイスの追加」

「ハードウェア コンファレンス デバイスの追加」

「Cisco IOS Conference Bridge デバイスの追加」

「コンファレンス デバイスの更新」

「コンファレンス デバイスの削除」

「Conference Bridge のパラメータの更新」

「Meet-Me Number/Pattern の追加」

「Meet-Me Number/Pattern の削除」

「パーティションの設定」

Cisco CallManager システム ガイド 』の 「Conference Bridges」

Meet-Me Number/Pattern の削除

Meet-Me Number/Pattern を削除する手順は、次のとおりです。

始める前に

次の条件を満たしていることを確認してから手順に進んでください。

サーバが設定済みであること

デバイス プールが設定済みであること

Meet-Me Number/Pattern が設定済みであること

手順


ステップ 1 Feature > Meet-Me Number/Pattern の順に選択します。

Meet-Me Number/Pattern Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Meet-Me Numbers/Patterns リストから、削除する Meet-Me Number/Pattern を選択します。

ステップ 3 Delete をクリックします。


 

関連トピック

「ソフトウェア コンファレンス デバイスの追加」

「ハードウェア コンファレンス デバイスの追加」

「Cisco IOS Conference Bridge デバイスの追加」

「コンファレンス デバイスの更新」

「コンファレンス デバイスの削除」

「Conference Bridge のパラメータの更新」

「Meet-Me Number/Pattern の追加」

「Meet-Me Number/Pattern の更新」

Cisco CallManager システム ガイド 』の 「Conference Bridges」

Meet-Me Number/Pattern の設定値

表 36-1 では、Meet-Me Number/Pattern の設定値について説明します。

 

表 36-1 Meet-Me Number/Pattern の設定値

フィールド
説明

Directory Number or Pattern

Meet-Me のディレクトリ番号または番号の範囲(たとえば、8000 ~8009)を入力する。

Partition

パーティションを使用して Meet-Me Number/Pattern へのアクセスを制限する場合は、ドロップダウン リスト ボックスから適切なパーティションを選択する。

Meet-Me Number/Pattern へのアクセスを制限しない場合は、パーティションに <None> を選択する。詳細については、「パーティションの設定」を参照してください。

パーティションの数が 250 より多い場合は、ドロップダウン リスト ボックスの横に省略記号( ... )ボタンが表示されます。 ... ボタンをクリックすると、Select Partition ウィンドウが表示されます。 List items where Name contains フィールドにパーティション名の一部を入力します。 Select item to use ボックスに表示されるパーティションのリストで希望するパーティション名をクリックし、 OK をクリックします。


) Meet-Me Number/Pattern とパーティションの組み合わせが、Cisco CallManager クラスタ内で固有であることを確認してください。


関連トピック

「Meet-Me Number/Pattern の追加」

「Meet-Me Number/Pattern の更新」