Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド リリース3.3(2)
サービス パラメータの設定
サービス パラメータの設定
発行日;2012/01/07 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

サーバ上のサービスに対するサービス パラメータの設定

サービス用のパラメータの表示

サービス パラメータの設定

Cisco CallManager のサービス パラメータは、選択したサーバ上で複数の異なるサービスの設定ができます。パラメータのリストと説明を表示するには、Service Parameters Configuration ウィンドウの右上にある i ボタンをクリックします。画面の上部にある特定のパラメータをクリックするとそのリストを表示することができます。

Cisco CallManager Serviceability を使用してサービスを非アクティブにした場合、Cisco CallManager は更新されたサービス パラメータ値をすべて保持します。サービスを再開すると、Cisco CallManager はサービス パラメータを変更後の値に設定します。


) サービス パラメータの値として Service Parameters Configuration ウィンドウに表示されている推奨値を設定すると、今後の Cisco CallManager リリースで推奨値が変更された場合、そのリリースにアップグレードしたとき、そのパラメータ値は自動的に更新された推奨値に変更されます。推奨値以外の値にサービス パラメータを設定した場合は、アップグレード時にパラメータ値が新しい推奨値に変更されることはありません。


始める前に

次の条件を満たしていることを確認してから手順に進んでください。

サーバが設定済みであること。詳細については、「サーバの設定」を参照してください。

サービスがアクティブであること。詳細については、『 Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド 』を参照してください。


注意 サービス パラメータに変更を加えると、システムに障害を起こす原因となることがあります。変更する機能を熟知している場合、またはシスコ代理店から特別の指示がある場合を除いて、サービス パラメータを変更しないようにシスコはお勧めします。

サービス パラメータを設定または表示するには、次のトピックを参照してください。

「サーバ上のサービスに対するサービス パラメータの設定」

「サービス用のパラメータの表示」

サーバ上のサービスに対するサービス パラメータの設定

特定のサーバ上の特定のサービスに対してサービス パラメータを設定する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 Service > Service Parameters の順に選択します。

ステップ 2 Server ドロップダウン リスト ボックスから、サーバを選択します。

ステップ 3 Service ドロップダウン リスト ボックスから、更新するパラメータが含まれているサービスを選択します。


) 設定したいサービスがドロップダウン リスト ボックスに表示されない場合は、Cisco CallManager Serviceability を使用してサーバ上でサービスをアクティブにする必要があります。


Service Parameters Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 適切なパラメータ値を更新します。サービスのこのインスタンスのサービス パラメータをすべてデフォルト値に設定するには、 Set to Default ボタンをクリックします。

パラメータとその説明を表示するには、図 32-1 に表示されているウィンドウの右上にある i ボタンをクリックします。画面の上部にある特定のパラメータを表示するには、Service Parameter Configuration ウィンドウ内でそのパラメータをクリックします。

図 32-1 Service Parameter Configuration ウィンドウ

 


) 一部のサービスに含まれているサービス パラメータは、通常、変更する必要がありません。Service Parameter Configuration ウィンドウにアクセスするときに、これらのパラメータは自動的に表示されません。すべてのパラメータを表示するには、Advanced をクリックします。すべてのパラメータが表示された後に、基本的なパラメータをもう一度表示するには、Condensed をクリックします。Advanced ボタンが使用不可になっている場合は、そのサービスのすべてのパラメータがデフォルトで表示されています。


ステップ 5 Update をクリックします。

ウィンドウの内容が更新され、指定された変更内容でサービス パラメータが更新されます。


 

関連トピック

「サービス用のパラメータの表示」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「サービス」

サービス用のパラメータの表示

場合によっては、クラスタ内の全サーバ上で特定のサービスに属するサービス パラメータをすべて比較する必要があります。また、同期していないパラメータ(サーバによって値が異なるサービス パラメータ)または推奨値から変更したパラメータのみを表示しなければならない場合もあります。

クラスタ内の全サーバ上の特定のサービスのサービス パラメータを表示する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 Service > Service Parameters の順に選択します。

ステップ 2 Server ドロップダウン リスト ボックスから、サーバを選択します。

ステップ 3 Service ドロップダウン リスト ボックスから、クラスタ内の全サーバ上のサービス パラメータを表示するサービスを選択します。


) 設定するサービスがドロップダウン リスト ボックスに表示されない場合は、Cisco CallManager Serviceability を使用してサーバ上でサービスをアクティブにする必要があります。


ステップ 4 表示される Service Parameters Configuration ウィンドウで、 Parameters for all servers をクリックします。

All Parameters ウィンドウが表示されます。現在のサービスの全パラメータがアルファベット順に一覧表示されます。パラメータ名の横には、各パラメータの推奨値が表示されます。パラメータ名の下には、そのパラメータが組み込まれているサーバのリストが表示されます。各サーバ名の横には、そのサーバにおけるパラメータの現在の値が表示されます。

あるパラメータのサーバ名または現在のパラメータ値をクリックすると、対応するサービス パラメータ ページにリンクして、値を変更することができます。ページ間を移動するには、 Previous および Next をクリックします。

ステップ 5 同期していないサービス パラメータを表示するには、All Parameters ウィンドウの右上にある Out of Sync Parameters をクリックします。

Out of Sync Parameters ウィンドウが表示されます。現在のサービスについて、サーバによって異なる値を持つサービス パラメータがアルファベット順に表示されます。パラメータ名の横には、各パラメータの推奨値が表示されます。パラメータ名の下には、そのパラメータが組み込まれているサーバのリストが表示されます。各サーバ名の横には、そのサーバにおけるパラメータの現在の値が表示されます。

あるパラメータのサーバ名または現在のパラメータ値をクリックすると、対応するサービス パラメータ ページにリンクして、値を変更することができます。ページ間を移動するには、 Previous および Next をクリックします。

ステップ 6 推奨値から変更したサービス パラメータを表示するには、ウィンドウの右上にある Modified from Suggested をクリックします。

Modified from Suggested ウィンドウが表示されます。現在のサービスについて、推奨値とは異なる値を持つサービス パラメータがアルファベット順に表示されます。パラメータ名の横には、各パラメータの推奨値が表示されます。パラメータ名の下には、推奨値とは異なる値を持つサーバのリストが表示されます。各サーバ名の横には、そのサーバにおけるパラメータの現在の値が表示されます。

あるパラメータのサーバ名または現在のパラメータ値をクリックすると、対応するサービス パラメータ ページにリンクして、値を変更することができます。ページ間を移動するには、 Previous および Next をクリックします。


 

関連トピック

「サーバ上のサービスに対するサービス パラメータの設定」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「サービス」