Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド リリース3.3(2)
Media Termination Point の設 定
Media Termination Point の設定
発行日;2012/01/07 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Media Termination Point の設定

Media Termination Point の追加

Media Termination Point の更新

Media Termination Point の削除

Media Termination Point の設定値

Media Termination Point の設定

Media Termination Point(MTP)ソフトウェア デバイスによって、Cisco CallManager は、保留や転送などの補助サービスを、H.323 エンドポイントや H.323 ゲートウェイ経由でルーティングされるコールにまで拡張します。

MTP は、ソフトウェアのインストレーション中にサーバにインストールされる Cisco ソフトウェア アプリケーションです。MTP デバイスを設定するサーバ上で Cisco IP Voice Media Streaming App サービスをアクティブにして開始する必要があります。サービスのアクティブ化と開始については、『 Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド 』を参照してください。

データベースに定義されている各 MTP デバイスは、Media Resource Manager(MRM)に登録されます。MRM は、システム内で使用可能な MTP デバイスの総数、および使用可能なリソースがあるデバイスを把握しています。

リソースの予約時に、MRM はリソース数を決定し、メディア タイプ(この場合は MTP)および登録済み MTP デバイスのロケーションを特定します。MRM は、登録情報を使用して共有リソース テーブルを更新し、クラスタ内の他の Cisco CallManager に登録情報を伝搬します。

MTP とトランスコーダは同一の Cisco CallManager に登録できます。詳細については、「トランスコーダの設定」を参照してください。

各 MTP は、登録先の Cisco CallManager を、優先順に並べたリストを受け取ります。各 MTP は、一度に 1 つの Cisco CallManager にしか登録できません。

MTP を追加、更新、および削除するには、次のトピックを参照してください。

「Media Termination Point の追加」

「Media Termination Point の更新」

「Media Termination Point の削除」

「Media Termination Point の設定値」

Media Termination Point の追加

Media Termination Point(MTP)を追加する手順は、次のとおりです。


) この手順を実行するには、Cisco CallManager Serviceability を使用して Cisco IP Voice Media Streaming App サービスをアクティブにする必要があります。サービスのアクティブ化については、『Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド』を参照してください。


始める前に

次の条件を満たしていることを確認してから手順に進んでください。

サーバが設定済みであること。

デバイス プールが設定済みであること。


) MTP アプリケーションごとに、1 つの Media Termination Point(MTP)デバイスだけを追加してください。


手順


ステップ 1 Service > Media Resource > Media Termination Point の順に選択します。

Media Termination Point Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 適切な設定値を入力します( 表 28-1 を参照)。

ステップ 3 Insert をクリックします。

変更を有効にするには、MTP デバイスをリセットする必要があることを確認するメッセージが表示されます。

ステップ 4 OK をクリックします。


 

関連トピック

「Media Termination Point の設定」

「トランスコーダの設定」

「トランスコーダの設定」

「Media Termination Point の更新」

「Media Termination Point の削除」

「Media Termination Point の設定値」

Media Termination Point の更新

Media Termination Point(MTP)を更新する手順は、次のとおりです。


) この手順を実行するには、Cisco CallManager Serviceability を使用して Cisco IP Voice Media Streaming App サービスをアクティブにする必要があります。サービスのアクティブ化については、『Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド』を参照してください。


始める前に

次の条件を満たしていることを確認してから手順に進んでください。

サーバが設定済みであること。

デバイス プールが設定済みであること。

メディアの停止ポイントが設定済みであること。

手順


ステップ 1 Service > Media Resource > Media Termination Point の順に選択します。

Media Termination Point Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Media Termination Points リストから、更新する MTP を選択します。

ウィンドウがリフレッシュされ、選択したデバイスが表示されます。

ステップ 3 該当する設定値を更新します( 表 28-1 を参照)。

ステップ 4 Update をクリックします。

デバイスへのストリーミングがアイドル状態であるときに、変更内容が有効になることを確認するメッセージが表示されます。

ステップ 5 OK をクリックします。

ステップ 6 Reset ボタンをクリックします。

Reset Device ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 7 MTP デバイスをシャットダウンしないで再起動するには、 Restart ボタンをクリックします。MTP デバイスをシャットダウンしてから起動するには、 Reset ボタンをクリックします。


 

関連トピック

「Media Termination Point の設定」

「トランスコーダの設定」

「Media Termination Point の追加」

「Media Termination Point の削除」

「Media Termination Point の設定値」

Media Termination Point の削除

Media Termination Point(MTP)を削除する手順は、次のとおりです。


) デバイスが Media Resource Manager(MRM)に割り当てられている場合、そのデバイスは削除できません。


始める前に

次の条件を満たしていることを確認してから手順に進んでください。

サーバが設定済みであること。

デバイス プールが設定済みであること。

メディアの停止ポイントが設定済みであること。

手順


ステップ 1 Service > Media Resource > Media Termination Point の順に選択します。

Media Termination Point Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Media Termination Points リストから、削除する MTP を選択します。

ステップ 3 Delete をクリックします。

警告メッセージが表示されます。

ステップ 4 OK をクリックして、MTP を削除します。


 

関連トピック

「Media Termination Point の設定」

「トランスコーダの設定」

「Media Termination Point の追加」

「Media Termination Point の更新」

Media Termination Point の設定値

表 28-1 では、Media Termination Point の設定値について説明します。

 

表 28-1 Media Termination Point の設定値

フィールド
説明

Host Server

MTP を実行するサーバを選択する。

Media Termination Point Name

MTP の名前を、15 文字以下の英数字で入力する。

Description

MTP の説明を入力する。

Device Pool

使用している Cisco CallManager グループの中で一番高い優先度をもつデバイス プールを選択するか、または Default を選択する。

関連トピック

「Media Termination Point の追加」

「Media Termination Point の更新」