Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド リリース3.3(2)
ロケーションの設定
ロケーションの設定
発行日;2012/01/07 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

ロケーションの設定

ロケーションの追加

ロケーションの更新

ロケーションの削除

ロケーションの設定値

ロケーションの設定

ロケーションでは、コール アドミッション制御を中央集中型コール処理システムに実装する際に使用します。コール アドミッション制御では、ロケーション間のリンクを経由する際に使用する帯域幅を制限することにより、コールの音声品質を調整できます。詳細は、『 Cisco CallManager システム ガイド 』の 「コール アドミッション制御」 を参照してください。


) コール アドミッション制御を使用して IP WAN リンク上の音声帯域幅を制限しない場合は、コール数の制限がなくなり、そのリンク上でコールが同時にアクティブになる可能性があります。この状態が発生すると、そのリンクがオーバーサブスクライブになるので、各コールの音声品質が低下する場合があります。


中央集中型コール処理システムでは、1 つの Cisco CallManager クラスタが、IP テレフォニー ネットワーク上のすべてのロケーションにコール処理を提供します。その Cisco CallManager クラスタは、通常、電話機やゲートウェイなどの他のデバイスと共に、メイン(つまり中央)ロケーションに置かれています。リモート ロケーションには、追加のデバイスが置かれていますが、Cisco CallManager はありません。IP WAN リンクが、リモート ロケーションとメイン ロケーションとを接続します。

次のトピックでは、ロケーションについて詳しく説明しています。

「ロケーションの追加」

「ロケーションの更新」

「ロケーションの削除」

「ロケーションの設定値」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「ロケーション」

ロケーションの追加

新規のロケーションを Cisco CallManager データベースに追加する手順は、次のとおりです。

始める前に

ロケーションを設定する場合は、事前にクラスタを構成する Cisco CallManager を設定しておく必要があります。詳細については、「Cisco CallManager の追加」を参照してください。

手順


ステップ 1 System > Location の順に選択します。

ステップ 2 設定する新規ロケーションとほぼ同じ設定値を持つロケーションが存在する場合は、その既存のロケーションをクリックして、その設定値を表示します。既存のロケーションのコピーを使用して新規ロケーションを設定する場合は、 Copy をクリックしてください。

ステップ 3 適切な設定値を入力します( 表 11-1 を参照)。

ステップ 4 Insert をクリックして、ロケーション情報をデータベースに保存します。


 

次の手順

データベースに新規ロケーションを追加した後、そのロケーションにデバイスを割り当てることができます。たとえば、次の項を参照してください。

「ゲートウェイの設定」

「Cisco IP Phone の設定」

関連トピック

「ロケーションの更新」

「ロケーションの削除」

「ロケーションの設定値」

ロケーションの更新

ロケーションの設定を変更する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 System > Location の順に選択します。

ステップ 2 Locations リストから、更新するロケーションを選択します。

ステップ 3 該当する設定値を更新します( 表 11-1 を参照)。

ステップ 4 Update をクリックして、変更内容をデータベースに保存します。


 

関連トピック

「ロケーションの追加」

「ロケーションの削除」

「ロケーションの設定値」

ロケーションの削除

Cisco CallManager データベースからロケーションを削除する手順は、次のとおりです。

始める前に

デバイスが割り当てられているロケーションを削除することはできません。使用されているロケーションを削除しようとすると、Cisco CallManager はエラー メッセージを表示します。現在使用されているロケーションを削除する場合は、事前に、次の作業のどちらか一方または両方を実行しておく必要があります。

デバイスを更新して、別のロケーションに割り当てる。

削除するロケーションに割り当てられているデバイスを削除する。


) ロケーションを削除すると、そのロケーションに接続されているリンクに帯域幅が無制限に割り当てられ、それらのリンク上のコール数も制限がなくなります。このためロケーションを削除すると、リンク上の音声品質が低下する原因になります。


手順


ステップ 1 System > Location の順に選択します。

ステップ 2 Locations リストから、削除するロケーションを選択します。

ステップ 3 Delete をクリックします。

ステップ 4 削除操作を確認するように求められたら、 OK をクリックして削除を確認します。削除操作を取り消す場合は、 Cancel をクリックしてください。


 

関連トピック

「ロケーションの追加」

「ロケーションの更新」

「ロケーションの設定値」

ロケーションの設定値

表 11-1 では、ロケーションの設定値について説明します。

 

表 11-1 ロケーションの設定値

フィールド
説明

Location Name

作成する新規ロケーションの名前を入力する。

Bandwidth

このロケーションと他のロケーション間のリンク上ですべてのコールに使用可能な音声帯域幅の最大値(kbps 単位)を入力する。

ロケーションの帯域幅の計算だけのために、各コール ストリームは次の帯域幅を使用するものと想定します。

G.711 コールは 80 kbps を使用

G.723 コールは 24 kbps を使用

G.729 コールは 24 kbps を使用

GSM コールは 29 kbps を使用

Wideband コールは 272 kbps を使用


) 各コールは、2 つのコール ストリームから構成されています。音声品質を向上させるには、帯域幅設定値を下げて、このロケーションとのリンク上で許可されるアクティブ コール数を減らします。値 0 を入力すると、帯域幅が無制限に割り当てられ、リンク上のコール数が制限されなくなります。


関連トピック

「ロケーションの追加」

「ロケーションの更新」

「ロケーションの削除」