Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド リリース3.3(2)
デバイス プールの設定
デバイス プールの設定
発行日;2012/01/07 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

デバイス プールの設定

デバイス プールの追加

デバイス プールの更新

デバイス プールの削除

デバイス プールの設定値

デバイス プールの設定

デバイス プールの設定では、複数のデバイスに共通の特性をまとめて指定します。デバイス プールには、次のデバイス特性を指定することができます。

Cisco CallManager グループ

Date/time グループ

Region

SRST リファレンス

メディア リソース グループ リスト

Music On Hold(MOH)オーディオ ソース

ユーザ ロケールおよびネットワーク ロケール

自動登録用のコール検索スペース

ソフトキー テンプレート

デバイス プールを追加、更新、または削除するには、次のトピックを参照してください。

「デバイス プールの追加」

「デバイス プールの更新」

「デバイス プールの削除」

「デバイス プールの設定値」

デバイス プール、およびデバイス プールを通じて割り当てられるデバイス設定値の詳細については、『 Cisco CallManager システム ガイド 』の「システム レベルのコンフィギュレーション設定値」を参照してください。

デバイス プールの追加

この項では、新しいデバイス プールを Cisco CallManager データベースに追加する方法を説明します。新しいデバイス プールをデータベースに追加した後、そのデバイス プールを使用して、Cisco IP Phone、ゲートウェイ、Conference Bridge、トランスコーダ、メディア終端点、ボイスメール ポート、CTI ルート ポイントなどのデバイスを設定できます。

始める前に

デバイス プールに対して次の項目を選択する場合は、デバイス プールを設定するとき、事前に、その項目を設定しておく必要があります。

Cisco CallManager グループ(必須)。を参照してください。

Date/time グループ(必須)。を参照してください。

リージョン(必須)。を参照してください。

SRST リファレンス(オプション)。を参照してください。

メディア リソース グループ リスト(オプション)。を参照してください。

MOH オーディオ ソース(オプション)。『 Cisco CallManager Features and Services Guide 』の 「Configuring Music On Hold Audio Sources」 の項を参照してください。

自動登録用のコール検索スペース(オプション)。を参照してください。

ソフトキー テンプレート(Cisco CallManager に付属している標準ソフトキー テンプレートを使用しない場合)(オプション)。を参照してください。

手順


ステップ 1 System > Device Pool の順に選択します。

ステップ 2 設定するデバイス プールとほぼ同じ設定値を持つ既存のデバイス プールを利用して、デバイス プールを作成するには、その既存のデバイス プールを選択し、 Copy をクリックします。

ステップ 3 該当するフィールドを編集または入力します(「デバイス プールの設定値」を参照)。

ステップ 4 Insert をクリックして、デバイス プール情報をデータベースに保存します。


 

関連トピック

「デバイス プールの更新」

「デバイス プールの削除」

「デバイス プールの設定値」

デバイス プールの更新

既存のデバイス プールの設定を変更する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 System > Device Pool の順に選択します。

ステップ 2 Device Pools リストで、更新するデバイス プールを選択します。

ステップ 3 該当する設定値を更新します( 表 8-1 を参照)。

ステップ 4 Update をクリックして、変更内容をデータベースに保存します。

ステップ 5 デバイスを再始動して、変更内容を適用します。選択されたデバイス プール内のデバイスすべてを再始動するには、 Restart Devices をクリックします。


ヒント Restart Devices ボタンは、デバイスを再起動するのに便利です。このボタンを使用すると、選択されたデバイス プール内のデバイスすべてが再始動します。



注意 デバイスを再起動すると、再起動するデバイスのコールが欠落することがあります。


 

関連トピック

「デバイス プールの追加」

「デバイス プールの削除」

「デバイス プールの設定値」

デバイス プールの削除

Cisco CallManager データベースからデバイス プールを削除する手順は、次のとおりです。

始める前に

現在、使用されているデバイス プールを削除することはできません。デバイスが割り当てられているデバイス プール、Device Defaults 設定に使用されるデバイス プール、またはデータベース内の唯一のデバイス プールなどは、そのまま、削除できません。使用中のデバイス プールを削除しようとすると、エラー メッセージが表示されます。現在使用中のデバイス プールを削除する場合は、事前に、次のどちらかまたは両方の作業を実行しておく必要があります。

デバイスを更新して別のデバイス プールに割り当てる。を参照してください。

削除するデバイス プールに割り当てられているデバイスを削除する。を参照してください。

手順


ステップ 1 System > Device Pool の順に選択します。

ステップ 2 Device Pools リストで、削除するデバイス プールを選択します。

ステップ 3 Delete をクリックします。

ステップ 4 削除操作を確認するように求められたら、 OK をクリックして削除します。削除操作を取り消すには、 Cancel をクリックします。


 

関連トピック

「デバイス プールの追加」

「デバイス プールの更新」

「デバイス プールの設定値」

デバイス プールの設定値

表 8-1 では、デバイス プールの設定値を一覧表示し、説明します。

 

表 8-1 デバイス プールの設定値

フィールド名
説明

Device Pool Name

作成する新規デバイス プールの名前を入力する。

Cisco CallManager Group

このデバイス プール内のデバイスに割り当てる Cisco CallManager グループを選択する。1 つの Cisco CallManager グループでは、最高 3 つの Cisco CallManager の優先順位をリストで指定しています。リスト内の最初の Cisco CallManager が、そのグループのプライマリ Cisco CallManager となり、残りは、冗長性を確保するためのバックアップ Cisco CallManager になります。

Date/Time Group

このデバイス プール内のデバイスに割り当てる Date/Time Group を選択する。Date/Time Group は、時間帯、および日付と時刻の表示形式を指定します。

Region

このデバイス プール内のデバイスに割り当てる Cisco CallManager リージョンを選択する。Cisco CallManager リージョンの設定値は、リージョン内および他のリージョン間でコールに使用できる音声コーデックを指定します。

SRST Refernce

ドロップダウン リスト ボックスから、このデバイス プール内のデバイスに割り当てる Survivable Remote Site Telephony(SRST)リファレンスを選択します。次のオプションが使用できます。

Disable :このオプションを選択すると、このデバイス プール内のデバイスは SRST リファレンス ゲートウェイを使用できなくなります。

Use Default Gateway :このオプションを選択すると、このデバイス プール内のデバイスはデフォルトの SRST ゲートウェイを使用します。

Existing SRST references :ドロップダウン リストから SRST リファレンスを選択すると、このデバイス プール内のデバイスはこの SRST リファレンス ゲートウェイを使用します。

Media Resource Group List

ドロップダウン リスト ボックスから、メディア リソース グループ リストを選択する。メディア リソース グループ リストは、優先順位順に並べられたメディア リソース グループのリストを指定します。アプリケーションは、メディア リソース グループ リストに定義されている優先順位にしたがって、使用可能なメディア リソース グループから、必要なメディア リソース(たとえば、music on hold サーバ、トランスコーダ、Conference Bridge)を選択します。

User Hold MOH Audio Source

ユーザが保留操作を開始するときに、music on hold(MOH)に使用するオーディオ ソースを選択する。

Network Hold MOH Audio Source

ネットワークが保留操作を開始するときに、music on hold(MOH)に使用するオーディオ ソースを選択する。

User Locale

ドロップダウン リスト ボックスから、デバイス プールの中の電話機とゲートウェイに関連するロケールを選択する。そのユーザ ロケールは、言語とフォントを含んだ、ユーザをサポートする一連の詳細情報を識別します。


) ユーザがユーザ ロケールを選択しない場合は、Cisco CallManager clusterwide パラメータでデフォルト ユーザ ロケールとして指定されたロケールが適用されます。


Network Locale

ドロップダウン リスト ボックスから、その電話機に関連したロケールを選択する。そのネットワーク ロケールは、特定地域にあるデバイス プールの電話機とゲートウェイが使用するトーンおよび断続周期の定義を含んでいます。


) ユーザがネットワーク ロケールを選択しない場合は、Cisco CallManager clusterwide パラメータでデフォルト ネットワーク ロケールとして指定されたロケールが適用されます。



) 関連するデバイスによってサポートされているインストール済みのネットワーク ロケールのみを選択してください。このリストにはこの設定に使用できるネットワーク ロケールがすべて示されていますが、そのすべてがインストールされているわけではありません。デバイスは、ファームウェアにおいてサポートしていないネットワーク ロケールと関連付けられると、起動に失敗します。


Calling Search Space for Auto-registration

Cisco CallManager に自動登録されるこのデバイス プール内のデバイスに割り当てる、コール検索スペースを選択する。コール検索スペースは、コールを完了しようとするときにデバイスが検索できるパーティションを指定します。

Softkey Template

ドロップダウン リスト ボックスから、デバイス プール内のデバイスに関連付けられているソフトキー テンプレートを選択する。

関連トピック

「デバイス プールの追加」

「デバイス プールの更新」

「デバイス プールの削除」