Cisco CallManager システム ガイド リリース 3.3(2)
管理アカウントとパスワード
管理アカウントとパスワード
発行日;2012/01/09 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

管理アカウントとパスワード

Administrator アカウント

BackAdmin アカウント

CCMCDR アカウント

CCMEML アカウント

CCMService アカウント

CCMServiceRW アカウント

CCMUser

SQLSvc アカウント

SQL Server 管理(sa)アカウント

参考情報

管理アカウントとパスワード

この章では、Cisco CallManager システムの管理アカウント、およびパスワードについての説明とガイドラインを記述します。この章の構成は、次のとおりです。

「Administrator アカウント」

「BackAdmin アカウント」

「CCMCDR アカウント」

「CCMEML アカウント」

「CCMService アカウント」

「CCMServiceRW アカウント」

「SQLSvc アカウント」

「SQL Server 管理(sa)アカウント」

「参考情報」

Administrator アカウント

Administrator アカウントは、Windows NT のデフォルトの管理アカウントです。Cisco CallManager は、このパスワードを使用しません。このパスワードを Cisco CallManager Administration または Cisco CallManager Serviceability へのアクセスに使用する場合、Cisco CallManager サーバ上のパスワードは同一になります。

BackAdmin アカウント

BackAdmin アカウントは、Cisco CallManager システム上の Backup サービスをサポートします。

CCMCDR アカウント

CCMCDR アカウントは、Cisco CDR Insert サービス、Cisco Tomcat サービス、および CAR ツールをサポートします。

CCMEML アカウント

CCMEML アカウントは、Cisco CallManager Extension Mobility Logout サービスをサポートします。

CCMService アカウント

CCMService アカウントは、Cisco Extended Functions サービスと Cisco RIS Data Collector サービスをサポートします。

CCMServiceRW アカウント

CCMServiceRW アカウントは、Cisco CallManager サービスと Cisco CTIManager サービスをサポートします。

CCMUser

CCMUser アカウントは、Cisco CallManager Web サイトへの匿名アクセスに使用します。このアカウントを使用すると、NT にログインせずに Cisco CallManager Web ページにアクセスできます。

SQLSvc アカウント

SQLSvc アカウントは、Cisco CallManager システム内でサーバ間の対話に使用するコア アカウントとして動作します。このアカウントは Cisco Database Layer Monitor サービスをサポートします。データベース複製が正常に機能するためには、クラスタ内のすべてのマシン上でこのアカウントが同じである必要があります。

パブリッシャ上の SQLsvc パスワードがインストール時のデフォルトから変更される場合、新規サブスクライバを追加すると、パブリッシャ データベースの複製は失敗します。

複製が失敗する場合、パブリッシャ上の SQLsvc パスワードと一致するように、新規サブスクライバの SQLsvc サービス パスワードを変更すると、複製は正常に実行されます。

SQL Server 管理(sa)アカウント

このアカウントは、SQL Server のデフォルト管理アカウントです。sa パスワードの使用は、インストール時および移行時に限定されます。システムの大部分では、このアカウントは使用されません。

参考情報

関連トピック

「Cisco CallManager グループ」

「コール アドミッション制御」

「サービス」

参考資料

『Cisco CallManager Release 3.3 インストレーション ガイド』

Cisco CallManager Release 3.3 のアップグレード』

『Cisco CallManager Release Backup and Restore』

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の 「サービス パラメータの設定」

『Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド

Cisco CallManager Serviceability System Guide』