Cisco CallManager システム ガイド リリース 3.3(2)
Cisco uOne ボイス メッセージ ングの統合
Cisco uOne ボイス メッセージングの統合
発行日;2012/01/09 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco uOne ボイス メッセージングの統合

Cisco ボイスメール用の Cisco CallManager サービス パラメータの設定

Cisco uOne 設定チェックリスト

参考情報

Cisco uOne ボイス メッセージングの統合

オプションのソフトウェアである Cisco Unified Open Network Exchange(uOne)は、Cisco IP テレフォニー ソリューションの一部として提供されています。uOne ソフトウェアは、ユーザに対して、コールに応答できないときにボイスメール機能を提供します。この章では、Cisco CallManager を Cisco uOne Messaging に統合する際に、Cisco CallManager Administration 内で実行する必要がある手順について、その概要を説明します。

Cisco uOne を Cisco CallManager に接続するには、次の作業が必要になります。

Cisco uOne ボイスメール デバイスからメッセージを取得するには、すべてのユーザとその電話番号を Cisco CallManager Administration に入力する。

Cisco uOne ポートを Cisco CallManager に追加する。

メッセージ受信のインディケータ(MWI)デバイスを設定する。

メッセージ ウェイティングの設定

ボイスメール パイロット番号を設定する。

ボイスメール プロファイルを設定する。

ボイスメールにアクセスする Cisco IP Phone に対して、Forward Busy と Forward No Answer を設定する。

Cisco uOne に関連した Cisco CallManager サービス パラメータの値を設定する。

この章の構成は、次のとおりです。

「Cisco ボイスメール用の Cisco CallManager サービス パラメータの設定」

「Cisco uOne 設定チェックリスト」

「参考情報」

Cisco ボイスメール用の Cisco CallManager サービス パラメータの設定

Cisco CallManager を Cisco uOne と連携して動作するように設定する場合、次に示すクラスタ全体の Cisco CallManager サービス パラメータをセットアップする必要があります。

Message Waiting Lamp Policy:always light message waiting lamp、light message waiting lamp for primary line appearance only、および never light message waiting lamp の値を指定します。デフォルトは、light message waiting lamp for primary line appearance only です。


) Cisco IP Phone のモデル 12 SP+ とモデル 30 VIP の場合、この機能を使用するには、ユーザの電話機の電話ボタン テンプレートがメッセージ通知用に設定されているボタンが必要です。


Forward No Answer Timer:転送の前に No Answer 状態で待機する時間を秒単位で指定します。推奨値は、12 です。

Forward Maximum Hop Count:転送されるコールを内線に配信する最大試行回数を指定します。推奨値は、15 です。

Cisco uOne 設定チェックリスト

表 25-1 に、Cisco CallManager を Cisco uOne ボイスメールに統合する手順の概要を示します。

 

表 25-1 Cisco uOne 設定チェックリスト

設定ステップ
関連する手順とトピック

ステップ 1

ボイスメール パイロット番号とそれに続く番号が使用可能であることを確認する。

Cisco uOne ウィザードには、Cisco uOne ポート用の一連の連続した電話番号が必要です。

Cisco uOne サーバにアクセスするためのボイスメール パイロット番号を設定する。

ボイスメール パイロット番号は、Cisco uOne サーバにアクセスするためにコールする番号を指定します。この番号は、Cisco uOne DialMap.ini ファイルに設定されている Cisco ボイスメール パイロット電話番号です。

Cisco uOne に付属のインストレーションとコンフィギュレーションの資料

ステップ 2

Cisco uOne サーバとポートを、Cisco CallManager データベースに追加する。

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の 「Cisco ボイスメール ポートの設定」

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の 「Cisco ボイスメール ポート ウィザード」

ステップ 3

Cisco CallManager のサービス パラメータ値を設定する。

「Cisco ボイスメール用の Cisco CallManager サービス パラメータの設定」

Cisco uOne に付属のインストレーション マニュアルとコンフィギュレーション マニュアル

ステップ 4

ボイスメール ポートを追加し、MWI デバイスとして使用する。

ボイスメール システムだけが、MWI デバイスの電話番号を使用してメッセージ インジケータをオンにします。Cisco CallManager はコールの受信に MWI デバイスを使用しないため、Display、Forward All、Forward Busy、および Forward No Answer フィールドは使用されません。

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「 Cisco ボイスメール ポートの設定」

Cisco uOne に付属のインストレーション マニュアルとコンフィギュレーション マニュアル

ステップ 5

メッセージ ウェイティングの設定

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の 「メッセージ受信の設定」

Cisco uOne に付属のインストレーション マニュアルとコンフィギュレーション マニュアル

ステップ 6

ボイスメール パイロット番号を設定する。

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の 「Cisco ボイスメール パイロットの設定」

ステップ 7

ボイスメール プロファイルを設定する。

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の 「ボイスメール プロファイルの設定」

ステップ 8

電話番号を設定し、ボイスメール プロファイルを選択するか、または電話番号にボイスメール プロファイルを割り当てる。

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の 「電話番号の設定」

ステップ 9

Cisco uOne と組み合せて使用される Cisco IP Phone すべてに対して、Call Forward No Answer と Call Forward Busy をセットアップする。

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の 「Cisco IP Phone の設定」

参考情報

参考資料

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の 「Cisco ボイスメール ポートの設定」

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の 「Cisco ボイスメール パイロットの設定」

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の 「メッセージ受信の設定」

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の 「ボイスメール プロファイルの設定」

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の 「Cisco ボイスメール ポート ウィザード」

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の 「サービス パラメータの設定」