Cisco Unified CDR Analysis and Reporting アドミニストレーション ガイド
上位 N ユーザ レポートの設定
上位 N ユーザ レポートの設定
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2010/02/22 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

上位 N ユーザ レポートの設定

上位 N レポートの設定

課金情報による上位 N レポートの設定

接続時間による上位 N レポートの設定

コール数による上位 N レポートの設定

関連資料

その他のシスコ製品マニュアル

上位 N ユーザ レポートの設定

CAR では、次の 3 レベルのユーザ向けにレポート機能が用意されています。

管理者:ロード バランシング、システム パフォーマンス、トラブルシューティングの参考にできるシステム レポートが生成されます。

マネージャ:予算管理またはセキュリティ目的でコールをモニタリングする場合や、コールの音声品質を判定する場合に参考にできる、ユーザ、部門、および QoS のレポートが生成されます。

個別ユーザ:コールの請求レポートが生成されます。

この章の構成は、次のとおりです。

「上位 N レポートの設定」

「関連資料」

「その他のシスコ製品マニュアル」


) ジョブの機能により、ユーザは、この章で説明している各レポートにアクセスできない場合があります。


上位 N レポートの設定

上位 N 課金情報レポートでは、指定された日付範囲での課金情報が最大のユーザがレポートされます。マネージャの場合、レポートには、指定された期間中にマネージャの部下であるユーザによって行われたすべてのコールのうち、課金情報が上位の情報が含まれます。CAR 管理者の場合、レポートには、指定された期間中にシステム上のすべてのユーザによって行われたすべてのコールのうち、課金情報が上位の情報が含まれます。各上位 N 課金情報レポートは、個別ユーザ、宛先、またはすべてのコールごとの情報を示すオプション付きで、生成できます。

上位 N 接続時間レポートでは、指定した期間中のコールのうち、コールの接続時間が最大の上位ユーザのリストが表示されます。マネージャの場合、指定された日付範囲中にマネージャの部下であるユーザによって行われたすべてのコールのうち、接続時間が最も長いユーザから、上位のユーザのリストが表示されます。CAR 管理者の場合、指定された日付範囲中に行われたすべてのコールのうち、接続時間が最も長いユーザから、上位のユーザのリストが表示されます。各上位 N 接続時間レポートは、個別ユーザごと、宛先ごと、またはすべてのコールごとの情報を示すオプション付きで、生成できます。

上位 N コール数レポートでは、指定した期間中に、ユーザによって発信または受信されたコール数のうち、上位のコール数のリストが表示されます。マネージャの場合、指定された日付範囲で、マネージャの部下であるユーザのうち、ユーザによるコール数が上位のリストが表示されます。CAR 管理者の場合、システム上の各ユーザのコール数のうち、コール数が上位のリストが表示されます。各上位 N コール数レポートは、個別ユーザまたは内線番号ごとの情報を示すオプション付きで、生成できます。

この項では、次のトピックについて説明します。

「課金情報による上位 N レポートの設定」

「接続時間による上位 N レポートの設定」

「コール数による上位 N レポートの設定」

課金情報による上位 N レポートの設定

この項では、コストによって分類する場合に、上位コールに関するレポートを生成する方法、参照する方法、または、メール送信する方法について説明します。

手順


ステップ 1 次のいずれかの作業を実行します。

マネージャの場合、[Top N] > [By Charge] を選択します。

CAR 管理者の場合、[User Reports] > [Top N] > [By Charge] を選択します。

[Top N Charge] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [Select Call Types] 領域で、レポートに含めるコール タイプのチェックボックスをオンにします。ステップ 4 で説明されているように、[Available Reports] ドロップダウン リスト ボックスから [Generate New Report] を選択した場合にのみ、これらのボックスが表示されます。 表 5-1 で、コール タイプについて説明します。


ヒント すべてのチェックボックスをオンにするには [Select All] をクリックし、チェックボックスをオフにするには [Clear All] をクリックします。


 

表 5-1 課金情報による上位 N コール タイプ

コール タイプ
説明

On Net

1 つの Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、トランクを通過して出て行き、別の Cisco Unified Communications Manager ネットワークで終端した発信コール。CAR の目的として、コールが CAR ダイヤル プラン設定ウィンドウでそのように設定されていれば、どの発信コールもネット電話コールに分類される可能性があることを認識しておいてください。「ダイヤル プランの設定」 を参照してください。

Internal

Cisco Unified Communications Manager ネットワーク内で発信され、同じ Cisco Unified Communications Manager ネットワーク内で完了した(ゲートウェイもトランクも使用されなかった)コール。クラスタ内コールも含まれます。

Local

エリア コードがないか、またはローカル エリア コードのいずれかを含む番号へ公衆電話交換網(PSTN)を介してルーティングされた市内電話。

Long Distance

Cisco Unified Communications Manager ネットワーク内で発信され、PSTN を介して出て行った長距離電話。

International

Cisco Unified Communications Manager ネットワーク内で発信され、PSTN を介して出て行った国際電話。

Incoming

Cisco Unified Communications Manager ネットワーク外で発信され、ゲートウェイを介して Cisco Unified Communications Manager ネットワークに入ってきた着信コール。

Tandem

Cisco Unified Communications Manager ネットワーク外で発信され、ゲートウェイを介して Cisco Unified Communications Manager ネットワークに入り、ゲートウェイを介して Cisco Unified Communications Manager ネットワークから転送されて出て行った着信コール。

Others

フリー ダイヤル番号、911 などの緊急コールといった、その他の発信コールすべて。

ステップ 3 [Report Type] フィールドで、 表 5-2 で説明されているレポート タイプを選択します。

 

表 5-2 課金情報による上位 N レポート タイプ

レポート タイプ
説明

個別ユーザごと

このレポートでは、発生した課金が最大のユーザのリストが表示されます。

宛先ごと

このレポートでは、発生した課金が最大の宛先のリストが表示されます。

すべてのコール

このデフォルト レポートでは、発生した課金が最大のコールのリストが表示されます。


) 課金情報による上位 N 宛先レポートでは、発生した課金に基づいて、上位の宛先が表示されます。同じ宛先番号が異なるコール分類(たとえば、一部が [Internal]、一部が [Incoming])に含まれている場合、これらのレポートでは、これらの番号は別々に処理されて、リストに表示されます。


ステップ 4 [Available Reports] フィールドで、自動生成されるレポート(使用可能な場合)を選択し、ステップ 8 に進むか、または、デフォルト設定 [Generate New Report] を使用し、ステップ 5 に進みます。


) CAR 管理者としてログインする場合、自動生成レポートだけを選択できます。マネージャとしてログインする場合、自動生成レポートは、ドロップダウン リスト ボックスには、表示されません。


ステップ 5 [No of Records] フィールドに、レポートに表示するレコード数(n)を入力します。デフォルトでは 5 に設定されます。

ステップ 6 レポートを生成する期間の日付範囲を選択します。

ステップ 7 CSV 形式のレポートがほしい場合は、[Report Format] 領域で、CSV(カンマ区切り形式)を選択します。CSV 形式のレポートには、20,000 レコードまでという制限があります。PDF 形式のレポートがほしい場合は、[Report Format] 領域で PDF(Portable Document Format)を選択します。PDF 形式のレポートには、5000 レコードまでという制限があります。

ステップ 8 [View Report] ボタンをクリックします。

レポートが表示されます

ステップ 9 レポートをメールで送信する場合は、[Send Report] ボタンをクリックします。レポートを送信するには、「レポートのメールでの送信」で説明されている手順を実行します。


 

追加情報

「関連資料」を参照してください。

接続時間による上位 N レポートの設定

この項では、接続時間によって分類されている場合に、上位コールに関するレポートを生成する方法、参照する方法、または、メール送信する方法について説明します。

手順


ステップ 1 次のいずれかの作業を実行します。

マネージャの場合、[Top N] > [By Duration] を選択します。

CAR 管理者の場合、[User Reports] > [Top N] > [Duration] を選択します。

[Top N by Duration] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [Select Call Types] 領域で、レポートに含めるコール タイプのチェックボックスをオンにします。ステップ 4 で説明されているように、[Available Reports] ドロップダウン リスト ボックスから [Generate New Report] を選択した場合にのみ、これらのボックスが表示されます。 表 5-3 で、コール タイプについて説明します。

 

表 5-3 接続時間による上位 N コール タイプ

コール タイプ
説明

On Net

1 つの Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、トランクを通過して出て行き、別の Cisco Unified Communications Manager ネットワークで終端した発信コール。CAR の目的として、コールが CAR ダイヤル プラン設定ウィンドウでそのように設定されていれば、どの発信コールもネット電話コールに分類される可能性があることを認識しておいてください。「ダイヤル プランの設定」 を参照してください。

Internal

Cisco Unified Communications Manager ネットワーク内で発信され、同じ Cisco Unified Communications Manager ネットワーク内で完了した(ゲートウェイもトランクも使用されなかった)コール。クラスタ内コールも含まれます。

Local

エリア コードがないか、またはローカル エリア コードのいずれかを含む番号へ公衆電話交換網(PSTN)を介してルーティングされた市内電話。

Long Distance

Cisco Unified Communications Manager ネットワーク内で発信され、PSTN を介して出て行った長距離電話。

International

Cisco Unified Communications Manager ネットワーク内で発信され、PSTN を介して出て行った国際電話。

Incoming

Cisco Unified Communications Manager ネットワーク外で発信され、ゲートウェイを介して Cisco Unified Communications Manager ネットワークに入ってきた着信コール。

Tandem

Cisco Unified Communications Manager ネットワーク外で発信され、ゲートウェイを介して Cisco Unified Communications Manager ネットワークに入り、ゲートウェイを介して Cisco Unified Communications Manager ネットワークから転送されて出て行った着信コール。

Others

フリー ダイヤル番号、911 などの緊急コールといった、その他の発信コールすべて。

ステップ 3 [Report Type] フィールドで、 表 5-4 で説明されているレポート タイプを選択します。

 

表 5-4 接続時間による上位 N レポート タイプ

レポート タイプ
説明

個別ユーザごと

このレポートでは、発生した接続時間が最大のユーザのリストが表示されます。

宛先ごと

このレポートでは、発生した接続時間が最大の宛先のリストが表示されます。

すべてのコール

このレポートでは、発生した接続時間が最大のコールのリストが表示されます。


) 接続時間による上位 N 宛先レポートでは、コールの接続時間に基づいて、上位の宛先が表示されます。同じ宛先番号が異なるコール分類(たとえば、一部が [Internal]、一部が [Incoming])に含まれている場合、これらのレポートでは、これらの番号は別々に処理されて、リストに表示されます。


ステップ 4 [Available Reports] フィールドで、自動生成されるレポート(使用可能な場合)を選択し、ステップ 8 に進むか、または、デフォルト設定 [Generate New Report] を使用し、ステップ 5 に進みます。


) CAR 管理者としてログインする場合、自動生成レポートだけを選択できます。マネージャとしてログインする場合、自動生成レポートは、ドロップダウン リスト ボックスには、表示されません。


ステップ 5 [No of Records] フィールドに、レポートに表示するレコード数(n)を入力します。デフォルトでは 5 に設定されます。

ステップ 6 レポートを生成する期間の日付範囲を選択します。

ステップ 7 CSV 形式のレポートがほしい場合は、[Report Format] 領域で、CSV(カンマ区切り形式)を選択します。CSV 形式のレポートには、20,000 レコードまでという制限があります。PDF 形式のレポートがほしい場合は、[Report Format] 領域で PDF(Portable Document Format)を選択します。PDF 形式のレポートには、5000 レコードまでという制限があります。

ステップ 8 [View Report] ボタンをクリックします。

レポートが表示されます

ステップ 9 レポートをメールで送信する場合は、[Send Report] ボタンをクリックします。レポートを送信するには、「レポートのメールでの送信」で説明されている手順を実行します。


 

追加情報

「関連資料」を参照してください。

コール数による上位 N レポートの設定

この項では、数量によって分類する場合に、上位コールに関するレポートを生成する方法、参照する方法、または、メール送信する方法について説明します。

手順


ステップ 1 次のいずれかの作業を実行します。

マネージャの場合、[Top N] > [By Number of Calls] を選択します。

CAR 管理者の場合、[User Reports] > [Top N] > [By Number of Calls] を選択します。

[Top N by Number of Calls] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [Select Call Types] 領域で、レポートに含めるコール タイプのチェックボックスをオンにします。ステップ 4 で説明されているように、[Available Reports] ドロップダウン リスト ボックスから [Generate New Report] を選択した場合にのみ、これらのボックスが表示されます。 表 5-5 で、コール タイプについて説明します。

 

表 5-5 コール数による上位 N コール タイプ

コール タイプ
説明

On Net

1 つの Cisco Unified Communications Manager ネットワークから発信され、トランクを通過して出て行き、別の Cisco Unified Communications Manager ネットワークで終端した発信コール。CAR の目的として、コールが CAR ダイヤル プラン設定ウィンドウでそのように設定されていれば、どの発信コールもネット電話コールに分類される可能性があることを認識しておいてください。「ダイヤル プランの設定」 を参照してください。

Internal

Cisco Unified Communications Manager ネットワーク内で発信され、同じ Cisco Unified Communications Manager ネットワーク内で完了した(ゲートウェイもトランクも使用されなかった)コール。クラスタ内コールも含まれます。

Local

エリア コードがないか、またはローカル エリア コードのいずれかを含む番号へ公衆電話交換網(PSTN)を介してルーティングされた市内電話。

Long Distance

Cisco Unified Communications Manager ネットワーク内で発信され、PSTN を介して出て行った長距離電話。

International

Cisco Unified Communications Manager ネットワーク内で発信され、PSTN を介して出て行った国際電話。

Incoming

Cisco Unified Communications Manager ネットワーク外で発信され、ゲートウェイを介して Cisco Unified Communications Manager ネットワークに入ってきた着信コール。

Tandem

Cisco Unified Communications Manager ネットワーク外で発信され、ゲートウェイを介して Cisco Unified Communications Manager ネットワークに入り、ゲートウェイを介して Cisco Unified Communications Manager ネットワークから転送されて出て行った着信コール。

Others

フリー ダイヤル番号、911 などの緊急コールといった、その他の発信コールすべて。

ステップ 3 [Report Type] フィールドで、 表 5-6 で説明されているレポート タイプを選択します。

 

表 5-6 コール数による上位 N レポート タイプ

レポート タイプ
説明

個別ユーザごと

このレポートでは、発生したコール数が最大のユーザのリストが表示されます。

内線番号ごと

このレポートでは、グループ(マネージャ用)またはシステム(CAR 管理者用)で、実行または受信したコール数が最大の内線番号のリストが表示されます。

ステップ 4 [Available Reports] フィールドで、自動生成されるレポート(使用可能な場合)を選択し、ステップ 8 に進むか、または、デフォルト設定 [Generate New Report] を使用し、ステップ 5 に進みます。


) CAR 管理者としてログインする場合、自動生成レポートだけを選択できます。マネージャとしてログインする場合、自動生成レポートは、ドロップダウン リスト ボックスには、表示されません。


ステップ 5 [No of Records] フィールドに、レポートに表示するレコード数(n)を入力します。デフォルトでは 5 に設定されます。

ステップ 6 レポートを生成する期間の日付範囲を選択します。

ステップ 7 CSV 形式のレポートがほしい場合は、[Report Format] 領域で、CSV(カンマ区切り形式)を選択します。CSV 形式のレポートには、20,000 レコードまでという制限があります。PDF 形式のレポートがほしい場合は、[Report Format] 領域で PDF(Portable Document Format)を選択します。PDF 形式のレポートには、5000 レコードまでという制限があります。

ステップ 8 [View Report] ボタンをクリックします。

レポートが表示されます

ステップ 9 レポートをメールで送信する場合は、[Send Report] ボタンをクリックします。レポートを送信するには、「レポートのメールでの送信」で説明されている手順を実行します。


 

追加情報

「関連資料」を参照してください。

その他のシスコ製品マニュアル

『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』

『Cisco Unified Serviceability Administration Guide

Cisco Unified Communications Manager Call Detail Records Administration Guide