Cisco Unified CDR Analysis and Reporting アドミニストレーション ガイド
CAR ユーザ レポートについて
CAR ユーザ レポートについて
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2010/02/22 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

CAR ユーザ レポートについて

ユーザ レポートの要約の説明

レポートのメールでの送信

CSV レポートの参照

ユーザの検索

関連資料

その他のシスコ製品マニュアル

CAR ユーザ レポートについて

CAR では、次の 3 レベルのユーザ向けにレポート機能が用意されています。

管理者:ロード バランシング、システム パフォーマンス、トラブルシューティングの参考にできるシステム レポートが生成されます。

マネージャ:予算管理またはセキュリティ目的でコールをモニタリングする場合や、コールの音声品質を判定する場合に参考にできる、ユーザ、部門、および QoS のレポートが生成されます。

個別ユーザ:コールの請求レポートが生成されます。

この章の構成は、次のとおりです。

「ユーザ レポートの要約の説明」

「レポートのメールでの送信」

「CSV レポートの参照」

「ユーザの検索」

「関連資料」

「その他のシスコ製品マニュアル」


) ジョブの機能により、ユーザは、この章で説明している各レポートにアクセスできない場合があります。


ユーザ レポートの要約の説明

ユーザ、マネージャ、および CAR 管理者は、ユーザ レポートを生成できます。CAR には、次のユーザ レポートが含まれています。

請求

個人用:ユーザ、マネージャ、および CAR 管理者が使用できます。個人用課金情報では、指定した日付範囲でのコール情報が示されます。ユーザは、ユーザ自身の通話の請求についての要約情報または詳細情報を生成、参照、またはメールで送信することができます。アプリケーション ユーザも兼ねている CAR 管理者は、このレポートは取得できません。

部門用:マネージャおよび CAR 管理者が使用できます。部門用課金情報では、コール情報および Quality Of Service レーティングが示されます。マネージャの場合、マネージャの部下であるすべてのユーザによって実行されたか、または、マネージャが選択したユーザだけの、コールの要約レポートまたは詳細レポートを生成できます。CAR 管理者の場合、システムで作成された一部またはすべてのユーザのコールの要約レポートまたは詳細レポートを生成できます。このレポートは、システム全体でユーザ レベルでのすべてのコールを追跡する場合に参考にできます。

Top N

課金情報ごと:マネージャおよび CAR 管理者が使用できます。課金情報による上位 N レポートでは、指定した期間中のコールのうち、発生した課金が最大の上位ユーザのリストが表示されます。宛先ごとに生成されたレポートでは、発生した課金が最大の宛先のリストが表示されます。すべてのコールについて生成されたレポートでは、発生した課金が最大のコールのリストが表示されます。マネージャの場合、レポートには、指定された期間中にマネージャの部下であるユーザによって行われたすべてのコールのうち、課金情報が上位の情報が含まれます。CAR 管理者の場合、レポートには、指定された期間中にシステム上のすべてのユーザによって行われたすべてのコールのうち、課金情報が上位の情報が含まれます。

接続時間ごと:マネージャおよび CAR 管理者が使用できます。接続時間ごとの上位 N レポートでは、指定した期間中のコールのうち、コールの接続時間が最大の上位ユーザのリストが表示されます。宛先ごとに生成されたレポートでは、発生した接続時間が最大の宛先のリストが表示されます。すべてのコールごとに生成されたレポートでは、発生した接続時間が最大のコールのリストが表示されます。マネージャの場合、指定された日付範囲中にマネージャの部下であるユーザによって行われたすべてのコールのうち、接続時間が最も長いユーザから、上位のユーザのリストが表示されます。CAR 管理者の場合、指定された日付範囲中に行われたすべてのコールのうち、接続時間が最も長いユーザから、上位のユーザのリストが表示されます。

コール数ごと:マネージャおよび CAR 管理者が使用できます。コール数による上位 N レポートでは、発生したコール数が最大のユーザのリストが表示されます。内線番号ごとに生成されたレポートでは、指定した期間中のコールのうち、実行または受信したコール数が最大の内線番号のリストが表示されます。マネージャの場合、指定された日付範囲で、マネージャの部下であるユーザのうち、ユーザまたは内線番号によるコール数が上位のリストが表示されます。CAR 管理者の場合、システム上の各ユーザまたは各内線番号のコール数のうち、コール数が上位のリストが表示されます。個別ユーザごとに生成されたレポートでは、発生したコール数が最大のユーザのリストが表示されます。内線番号ごとに生成されたレポートでは、グループ(マネージャ用)またはシステム(CAR 管理者用)で、実行または受信したコール数が最大の内線番号のリストが表示されます。

Cisco Unified Communications Manager Assistant

マネージャによるコールの使用状況:CAR 管理者が使用できます。Cisco Unified Communications Manager Assistant(IPMA)の要約レポートまたは詳細レポートでは、IPMA マネージャの完了コール使用状況の詳細が示されます。マネージャ レポートには、マネージャ自身のためにマネージャが処理するコールのみ、マネージャのためにアシスタントが処理するコールのみ、および、マネージャのためにマネージャ自身およびアシスタントの両方が処理するコールを含めることができます。

アシスタントによるコールの使用状況:CAR 管理者が使用できます。Cisco IPMA の要約レポートまたは詳細レポートでは、IPMA アシスタントの完了コール使用状況の詳細が示されます。アシスタント レポートには、アシスタント自身のためにアシスタントが処理するコールのみ、マネージャのためにアシスタントが処理するコールのみ、および、アシスタント自身およびマネージャのためにアシスタントが処理するコールを含めることができます。

Cisco IP Phone Services:CAR 管理者が使用できます。Cisco IP Phone Services レポートでは、選択された Cisco IP Phone サービス、選択された各サービスに加入しているユーザの数、および、選択された各サービスの利用率が示されます。広範囲なビジネス目的および娯楽目的での使用について、サービスを作成できます。広告など、サービスに密接に関連する収入がある場合、このレポートを使用して、サービスに加入したユーザの数を特定できます。また、このレポートは、選択されたサービスの人気度を示すこともできます。

追加情報

「関連資料」を参照してください。

レポートのメールでの送信

CAR では、すべてのレポートを電子メールで送信できます。CAR では、いずれのレポート ウィンドウからも、メールによってレポートを送信できます。レポートをまず参照し、送信することもできます。

始める前に

レポートを電子メールで送信するには、まず、有効なメール パラメータを設定します。メール パラメータを使用すると、CAR では、システムにある電子メール サーバを使用して電子メールを送信できます。詳細については、「メール サーバ パラメータの設定」を参照してください。また、生成するレポートの詳細も設定します。

次の手順では、CAR レポートを電子メールで送信する方法について説明します。

手順


ステップ 1 [CAR Reports] ウィンドウ内で、または、レポートの参照後、[Send Report] ボタンをクリックします。

[Mail To] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 レポートの宛先のユーザの電子メール ID を入力します。

ステップ 3 [To] ボタンをクリックすると、ユーザを検索できます。

[User Search] ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 [First Name] フィールドおよび [Last Name] フィールドに、ユーザの名または姓の文字を入力し、[Search] ボタンをクリックします。

同じページに [User Search Results] ウィンドウが表示され、入力した検索基準に一致するすべてのユーザのリストが表示されます。

ステップ 5 レポートの宛先のユーザの行で、[Select] リンクをクリックします。

選択したユーザが、[Mail To] ウィンドウの [To] フィールドに追加されます。このレポートの電子メールでの宛先となるユーザのリストに、さらにユーザを追加する場合は、この手順を繰り返します。

ステップ 6 すべてのユーザを追加したら、[User Search] ウィンドウで [Close] ボタンをクリックします。

[Search Users] ウィンドウに表示されているユーザが、[Mail To] ウィンドウの [To] フィールドにコピーされます。

ステップ 7 [Cc] フィールドにユーザを追加する場合は、[Cc] ボタンをクリックし、ステップ 4 からステップ 6 で説明されている手順と同じ手順に従います。

ステップ 8 [Subject] フィールドに、メッセージのタイトルを入力します(任意)。

ステップ 9 [Message] 領域に、メッセージを入力します(任意)。

ステップ 10 レポートを送信する場合は、[Send] ボタンをクリックします。


 

追加情報

「関連資料」を参照してください。

CSV レポートの参照

CSV レポートのデータは、見やすい状態で適切に表示されていない場合があります。データを整然と表記して正しい形式でレポートを参照するには、次の手順を実行します。

手順


ステップ 1 Web ブラウザで CSV レポートを開きます。

ステップ 2 レポート上の任意の場所で右クリックし、[View Source] を選択します。

テキスト ファイルとしてレポートが開かれます。

ステップ 3 ファイル拡張し CSV でテキスト ファイルを保存します。

ステップ 4 CSV ファイルを開きます。

正しい形式でデータが表示されます。


 

追加情報

「関連資料」を参照してください。

ユーザの検索

CAR の多くのレポートでは、検索機能が用意されているため、ユーザを検索できます。部門用課金情報レポート、個人用課金情報レポート、課金情報による上位 N レポート、接続時間による上位 N レポート、コール数による上位 N レポート、Cisco Unified Communications Manager Assistant レポート、Cisco Unified IP Phone レポートの、各 CAR ユーザ レポートでは、ユーザによる検索がサポートされています。[Send Report] ボタンを使用すると、生成可能なすべてのレポートを電子メールで送信できます。

始める前に

ユーザを検索できるようにするには、[User Reports] にあるウィンドウを使用する必要があります。

この項では、ユーザを検索する方法について説明します。

手順


ステップ 1 [Search Users] リンクをクリックします。

[User Search] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [First Name] フィールドおよび [Last Name] フィールドに、ユーザの名または姓の文字を入力し、[Search] ボタンをクリックします。

同じウィンドウに [User Search Results] ウィンドウが表示され、入力した検索基準に一致するすべてのユーザのリストが表示されます。

ステップ 3 必要なユーザの行で、[Select] リンクをクリックします。

選択したユーザが、[User Search] ウィンドウの [List of Users] に追加されます。さらにユーザを追加する場合は、このステップを繰り返します。

ステップ 4 すべてのユーザを追加したら、[User Search] ウィンドウで [Close] ボタンをクリックします。


 

追加情報

「関連資料」を参照してください。

その他のシスコ製品マニュアル

『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』

『Cisco Unified Serviceability Administration Guide

Cisco Unified Communications Manager Call Detail Records Administration Guide