Cisco Unified CDR Analysis and Reporting アドミニストレーション ガイド
迷惑コール詳細システム レポートの設定
迷惑コール詳細システム レポートの設定
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2010/02/22 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

迷惑コール詳細システム レポートの設定

迷惑コール詳細レポートの設定

関連資料

その他のシスコ製品マニュアル

迷惑コール詳細システム レポートの設定

CAR では、次の 3 レベルのユーザ向けにレポート機能が用意されています。

管理者:ロード バランシング、システム パフォーマンス、トラブルシューティングの参考にできるシステム レポートが生成されます。

マネージャ:予算管理またはセキュリティ目的でコールをモニタリングする場合や、コールの音声品質を判定する場合に参考にできる、ユーザ、部門、および QoS のレポートが生成されます。

個別ユーザ:ユーザごとにコールの請求レポートが生成されます。

この章の構成は、次のとおりです。

「迷惑コール詳細レポートの設定」

「関連資料」

「その他のシスコ製品マニュアル」


) ジョブの機能により、ユーザは、この章で説明している各レポートにアクセスできない場合があります。


迷惑コール詳細レポートの設定

CAR 管理者だけが、迷惑コール詳細レポートを生成します。レポートでは、特定の日付範囲に発生した迷惑コールについて、発信時刻、停止時刻、接続時間(秒単位)、発信元(発信番号)、宛先(着信番号)、宛先デバイス、コール分類の各詳細が表示されます。

この項では、迷惑コール詳細レポートを生成する方法、参照する方法、または、メール送信する方法について説明します。

手順


ステップ 1 [System Reports] > [Malicious Call Details] を選択します。

[Malicious Call Details] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [From Date] ドロップダウン リスト ボックスで、迷惑コールの詳細を必要とする開始月、日、年を選択します。

ステップ 3 [To Date] ドロップダウン リスト ボックスで、迷惑コールの詳細を必要とする終了月、日、年を選択します。

ステップ 4 CSV 形式のレポートがほしい場合は、[Report Format] 領域で、CSV(カンマ区切り形式)を選択します。CSV 形式のレポートには、20,000 レコードまでという制限があります。PDF 形式のレポートがほしい場合は、[Report Format] 領域で PDF(Portable Document Format)を選択します。PDF 形式のレポートには、5000 レコードまでという制限があります。

ステップ 5 レポートを表示する場合は、[View Report] をクリックします。

レポートが表示されます

ステップ 6 電子メール受信者にレポートを送信する場合は、「レポートのメールでの送信」を参照してください。


 

追加情報

「関連資料」を参照してください。

その他のシスコ製品マニュアル

『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』

『Cisco Unified Serviceability Administration Guide

Cisco Unified Communications Manager Call Detail Records Administration Guide

『Cisco Unified Communications Manager Features and Services Guide