Cisco Unified CDR Analysis and Reporting アドミニストレーション ガイド
CDR エラー システム レポートの設定
CDR エラー システム レポートの設定
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2010/02/22 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

CDR エラー システム レポートの設定

CDR エラー レポートの設定

関連資料

その他のシスコ製品マニュアル

CDR エラー システム レポートの設定

CAR では、次の 3 レベルのユーザ向けにレポート機能が用意されています。

管理者:ロード バランシング、システム パフォーマンス、トラブルシューティングの参考にできるシステム レポートが生成されます。

マネージャ:予算管理またはセキュリティ目的でコールをモニタリングする場合や、コールの音声品質を判定する場合に参考にできる、ユーザ、部門、および QoS のレポートが生成されます。

個別ユーザ:ユーザごとにコールの請求レポートが生成されます。

この章の構成は、次のとおりです。

「CDR エラー レポートの設定」

「関連資料」

「その他のシスコ製品マニュアル」


) ジョブの機能により、ユーザは、この章で説明している各レポートにアクセスできない場合があります。


CDR エラー レポートの設定

CAR 管理者だけが、CDR エラー レポートを生成します。レポートには、特定の時間の間に CAR Billing Error(tbl_billing_error)テーブルで発生したエラー レコード数の統計が示されます。

エラー レコードが CDR Load に失敗した原因を特定するには、tbl_error_id_map テーブルにある情報を見直す必要があります。

表 16-1 に、CDR エラー コードとエラーの定義のリストを示します。

 

表 16-1 CDR エラー コード

エラー コード
定義

CDR

31101

CDR globalCallID_callManagerId <= 0

31102

CDR globalCallID_callId <= 0

31103

CDR origLegCallIdentifier <= 0

31105

CDR dateTimeOrigination <= 0

31108

CDR destLegIdentifier <= 0

31110

CDR dateTimeConnect <= 0

31111

CDR dateTimeDisconnect <= 0

31119

CDR originalCalledPartyNumber は空である

31120

CDR finalCalledPartyNumber は空である

31122

CDR duration < 0

31137

UserID または ManagerID の 取得中に CDR LDAP エラーが発生

31139

CDR callingPartyNumber は空である

31147

CDR origDeviceName は空である

31148

CDR destDeviceName は空である

31151

CDR origCallTerminationOnBehalfOf < 0

31152

CDR destCallTerminationOnBehalfOf < 0

31153

CDR lastRedirectRedirectOnBehalfOf < 0

31155

CDR destConversationId < 0

31156

CDR globalCallId_ClusterID は空である

Orig CMR

31123

Orig CMR globalCallID_callManagerId <= 0

31124

Orig CMR globalCallID_callId <= 0

31125

Orig CMR numberPacketsSent < 0

31126

Orig CMR numberPacketsReceived < 0

31127

Orig CMR jitter < 0

31129

Orig CMR callIdentifier <= 0

31149

Orig CMR deviceName は空である

31157

Orig CMR globalCallId_ClusterID は空である

Dest CMR

31140

Dest CMR globalCallID_callManagerId <= 0

31141

Dest CMR globalCallID_callId <= 0

31142

Dest CMR numberPacketsSent < 0

31143

Dest CMR numberPacketsReceived < 0

31144

Dest CMR jitter < 0

31145

Dest CMR callIdentifier <= 0

31150

Dest CMR deviceName は空である

31158

Dest CMR globalCallId_ClusterID は空である

この項では、CDR エラー レポートに関する情報を生成する方法、参照する方法、または、メール送信する方法について説明します。

手順


ステップ 1 [System Reports] > [CDR Error] を選択します。

[CDR Error] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 レポートを生成する期間の日付範囲を選択します。

ステップ 3 CSV 形式のレポートがほしい場合は、[Report Format] 領域で、CSV(カンマ区切り形式)を選択します。PDF 形式のレポートがほしい場合は、[Report Format] 領域で PDF(Portable Document Format)を選択します。

ステップ 4 [View Report] ボタンをクリックします。

レポートが表示されます

ステップ 5 レポートをメールで送信する場合は、[Send Report] ボタンをクリックします。レポートを送信するには、「レポートのメールでの送信」で説明されている手順を実行します。


 

追加情報

「関連資料」を参照してください。

その他のシスコ製品マニュアル

『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』

『Cisco Unified Serviceability Administration Guide

Cisco Unified Communications Manager Call Detail Records Administration Guide