Cisco Unified CDR Analysis and Reporting アドミニストレーション ガイド
CDR/ CMR レコードのエクスポートの設定
CDR/CMR レコードのエクスポートの設定
発行日;2012/02/02 | 英語版ドキュメント(2010/02/22 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

CDR/CMR レコードのエクスポートの設定

CDR/CMR レコードのエクスポート

エクスポートした CDR/CMR レコード結果の表示

関連資料

その他のシスコ製品マニュアル

CDR/CMR レコードのエクスポートの設定

この章では、CDR/CMR レポートをエクスポートする方法と、エクスポートしたレポートを表示する方法を説明します。

Cisco Unified Communications Manager CDR Analysis and Reporting で [CDR] メニューの [Export CDR/CMR] を使用して、CDR/CMR ダンプ情報をコンピュータ上の選択した場所にエクスポートします。CDR/CMR ダンプは、CSV 形式です。エクスポートされたレコードのダンプを表示することもできます。

この章の構成は、次のとおりです。

「CDR/CMR レコードのエクスポート」

「エクスポートした CDR/CMR レコード結果の表示」

「関連資料」

「その他のシスコ製品マニュアル」

CDR/CMR レコードのエクスポート

次の手順で、CDR/CMR レコードの結果をエクスポートする方法を説明します。

手順


ステップ 1 CDR Analysis and Reporting から [CDR] > [Export CDR/CMR] を選択します。

[Export CDR/CMR records] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [From Date] ドロップダウン リスト ボックスと [To Date] ドロップダウン リスト ボックスで、CDR/CMR ダンプの日付範囲を選択します。

ステップ 3 [Select records] で、CDR レコードと CMR レコードのチェックボックスをオンにします。

ステップ 4 [Export to File] をクリックします。

[Export CDR/CMR records Result] ウィンドウが表示されます。「エクスポートした CDR/CMR レコード結果の表示」を参照してください。


 

追加情報

「関連資料」を参照してください。

エクスポートした CDR/CMR レコード結果の表示

次の手順で、エクスポートした CDR/CMR レコード結果を表示する方法を説明します。

始める前に

次の手順を開始する前に、「CDR/CMR レコードのエクスポート」 のすべての手順を実行してください。

手順


ステップ 1 [Export CDR/CMR Record Results] ウィンドウで、[CDR Dump] リンクまたは [CMR Dump] リンクを右クリックします。

次のオプションを含むポップアップ ウィンドウが表示されます。

[Open]:このオプションは、CDR/CMR ダンプを含むウィンドウを同じウィンドウ内に開きます。

[Open in a New Window]:このオプションは、CDR/CMR ダンプを含むウィンドウを新しいウィンドウとして開きます。

[Save Target As...]:このオプションでは、CDR/CMR ダンプをコンピュータ上の指定した場所に保存できます。

[Print Target]:このオプションでは、CDR/CMR ダンプ情報を印刷できます。

[Copy Shortcut]:このオプションは、ウィンドウ ショートカットを他のファイルにペーストできるようにコピーします。

[Add to Favorites]:このオプションは、CDR/CMR ダンプを [Favorites] フォルダに追加します。

[Properties]:このオプションは、CDR/CMR ダンプ ファイルのプロパティを提供します。

ステップ 2 ポップアップ ウィンドウから、オプションの 1 つを選択します。

ステップ 3 CDR/CMR ダンプをコンピュータに保存するように選択した場合は、ダンプを保存する場所を選択し、[Save] をクリックします。ダウンロードが完了したら、ダウンロードした場所でファイルを見つけて、開くことができます。

ステップ 4 CDR ダンプまたは CMR ダンプを削除するには、[Delete File] チェックボックスをオンにし、[Back] または [Close] をクリックします。

ファイルが削除されます。


) [Delete File] チェックボックスをオンにしない(たとえば、CDR ダンプ ファイルまたは CMR ダンプ ファイルが削除されないまま残される)場合、日々行われるバックグラウンド処理でファイルが削除されます。CDR ダンプ ファイルと CMR ダンプ ファイルはサイズが大きいため、シスコでは、サーバ側のディスク使用を避けるために、ファイルをローカル ディスクにダウンロードして、サーバからは削除することを推奨しています。



 

追加情報

「関連資料」を参照してください。

その他のシスコ製品マニュアル

『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』

『Cisco Unified Serviceability Administration Guide

Cisco Unified Communications Manager Call Detail Records Administration Guide