Cisco Unified CDR Analysis and Reporting アドミニストレーション ガイド
ルート パターンとハント パイロットのデバイ ス レポートの設定
ルート パターンとハント パイロットのデバイス レポートの設定
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2010/02/22 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

ルート パターンとハント パイロットのデバイス レポートの設定

ルートおよび回線グループ使用状況レポートの設定

ルート/ハント リスト使用状況レポートの設定

ルート パターンまたはハント パイロット使用状況レポートの設定

ハント パイロット要約レポートの設定

ハント パイロット詳細レポートの設定

関連資料

その他のシスコ製品マニュアル

ルート パターンとハント パイロットのデバイス レポートの設定

CAR は、管理者、マネージャ、個々のユーザの 3 つのレベルのユーザのためのレポート機能を提供します。ルート パターンとハント パイロットのデバイス レポートを生成できるのは、管理者だけです。

デバイス レポートは、会議ブリッジ、ボイス メッセージ サーバ、ゲートウェイなどのCisco Unified Communications Manager 関連のデバイスの負荷とパフォーマンスを追跡します。

この章の構成は、次のとおりです。

「ルートおよび回線グループ使用状況レポートの設定」

「ルート/ハント リスト使用状況レポートの設定」

「ルート パターンまたはハント パイロット使用状況レポートの設定」

「ハント パイロット要約レポートの設定」

「ハント パイロット詳細レポートの設定」

「関連資料」

「その他のシスコ製品マニュアル」

ルートおよび回線グループ使用状況レポートの設定

ルートおよび回線グループ使用状況レポートを生成できるのは、CAR 管理者だけです。このレポートは、ルートおよび回線グループの一定期間の最大使用度(そのルートおよび回線グループの下のすべてのゲートウェイの累積使用度)(%)の推定値を提供します。正確な使用度ではありません。この使用度はゲートウェイ使用状況の場合と同じ方法で計算されますが、この計算は、そのルート グループの下のすべてのゲートウェイおよびその回線グループの下のすべての回線の累積使用度を算出します。使用度は、1 日の各時間について、または各週か各月の指定された日数に基づいて調べることができます。選択したルートおよび回線グループについてレポートが生成されます。

システムにより自動生成されたレポートを表示することも、新しいレポートを生成することもできます。レポートの自動生成をスケジューリングできるのは、CAR 管理者だけです。詳細については、「CAR システム パラメータの設定」を参照してください。

ここでは、ルートおよび回線グループ使用状況レポートを生成し、表示したり、メールで送信したりする方法を説明します。

手順


ステップ 1 [Device Reports] > [Route Patterns/Hunt Pilots] > [Route and Line Group Utilization] を選択します。

[Route and Line Group Utilization] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [Generate Reports] フィールドで、 表 20-1 の説明どおりに時間を選択します。

 

表 20-1 [Generate Report] フィールド

パラメータ
説明

Hour of Day

ステップ 8 で指定した期間について、24 時間の期間内の各時間の累積使用度を表示します。

Day of Week

ステップ 8 で指定した期間内に発生した、指定した曜日の累積使用度を表示します。

Day of Month

ステップ 8 で指定した期間内に発生した、指定した日付の累積使用度を表示します。

ステップ 3 [Available Reports] フィールドで、自動生成されたレポートを選択して(ある場合)ステップ 10 に進むか、デフォルト設定の [Generate New Report] を使用してステップ 4 に進みます。

ステップ 4 特定のルート パターンを使用するルートおよび回線グループだけを選択するには、ウィンドウの左側のカラムの [Route Patterns/Hunt Pilots] を選択します。

ツリー構造が展開されて、選択できるルート パターン/ハント リストが表示されます。


) ウィンドウの左側のカラムの [Route Patterns/Hunt Pilots] ボックスにルート パターン/ハント リストの名前の一部を入力することにより、特定のルート パターン/ハント リストを検索できます。CAR が、検索文字列に一致するルート パターン/ハント リストを検索します。


ステップ 5 リストからルート パターン/ハント リストを選択します。

そのルート パターン/ハント リストのルートおよび回線グループが、[List of Route/Line Groups] ボックスに表示されます。


) [List of Route/Line Groups] ボックスには、最大 200 個のルート グループが表示されます。


ステップ 6 [List of Route/Line Groups] ボックスで、レポートに含めるルート/回線グループを選択します。


) 一度に最大 5 つのルート/回線グループのレポートを生成できます。


ステップ 7 選択したゲートウェイを [Selected Route/Line Groups] ボックスのリストに移動するには、下向きの矢印をクリックします。

選択したルート/回線グループが [Selected Route Groups] ボックスに表示されます。

ステップ 8 [Generate New Report] を選択した場合は、コール情報を見たい期間の日付範囲を入力します。


) 日付と時刻の範囲が 1 ヶ月を超えないようにしてください。


ステップ 9 CSV 形式のレポートがほしい場合は、[Report Format] 領域で、 CSV (カンマ区切り形式)を選択します。PDF 形式のレポートがほしい場合は、[Report Format] 領域で PDF (Portable Document Format)を選択します。

ステップ 10 [View Report] ボタンをクリックします。

レポートが表示されます

ステップ 11 レポートをメールで送信する場合は、[Send Report] ボタンをクリックします。レポートを送信するには、「レポートのメールでの送信」で説明されている手順を実行します。


 

追加情報

「関連資料」を参照してください。

ルート/ハント リスト使用状況レポートの設定

ルート/ハント リスト使用状況レポートを生成できるのは、CAR 管理者だけです。ルート/ハント リスト使用状況レポートは、一定期間のルート/ハント リストの最大使用度(そのルート/ハント リストの下のすべてのゲートウェイの累積使用度)(%)の推定値を提供します。正確な使用度ではありません。そのルート リストの下のすべてのゲートウェイおよびそのハント リストの下のすべての回線の累積使用度が計算されます。

使用度は、1 日の各時間について、または各週か各月の指定された日数に基づいて調べることができます。選択したルート/ハント リストのそれぞれについてレポートが生成されます。

システムにより自動生成されたレポートを表示することも、新しいレポートを生成することもできます。レポートの自動生成をスケジューリングできるのは、CAR 管理者だけです。詳細については、「CAR System Scheduler の設定」を参照してください。

ここでは、ルート/ハント リスト使用状況レポートを生成し、表示したり、メールで送信したりする方法を説明します。

手順


ステップ 1 [Device Reports] > [Route Patterns/Hunt Pilots] > [Route/Hunt List Utilization] を選択します。

[Route/Hunt List Utilization] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [Generate Report] フィールドで、 表 20-2 の説明どおりに時間を選択します。

 

表 20-2 [Generate Report] フィールド

パラメータ
説明

Hour of Day

ステップ 8 で指定した期間について、24 時間の期間内の各時間の累積使用度を表示します。

Day of Week

ステップ 8 で指定した期間内に発生した、指定した曜日の累積使用度を表示します。

Day of Month

ステップ 8 で指定した期間内に発生した、指定した日付の累積使用度を表示します。

ステップ 3 [Available Reports] フィールドで、自動生成されたレポートを選択して(ある場合)ステップ 10 に進むか、デフォルト設定の [Generate New Report] を使用してステップ 4 に進みます。

ステップ 4 レポートに含めるルート/ハント リストを選択するには、ウィンドウの左側のカラムの [Route Patterns/Hunt Pilots] をクリックします。ツリー構造が展開されて、選択できるルート パターン/ハント パイロットが表示されます。


) ウィンドウの左側のカラムの [Route Patterns/Hunt Pilots] ボックスにルート パターン/ハント リストの名前の一部を入力することにより、特定のルート パターン/ハント リストを検索できます。CAR が、検索文字列に一致するルート パターン/ハント リストを検索します。


ステップ 5 リストからルート/ハント パイロットを選択します。

そのルート パターン/ハント リストの名前が、[List of Route/Hunt Lists] ボックスに表示されます。


) [List of Route/Hunt Lists] ボックスには、最大 200 個のルート/ハント リストが表示されます。


ステップ 6 [List of Route/Hunt Lists] ボックスで、レポートに含めるルート/ハント リストを選択します。


) 一度に最大 5 つのルート/ハント リストのレポートを生成できます。


ステップ 7 選択したルート/ハント リストを [Selected Route/Hunt Lists] ボックスのリストに移動するには、下向きの矢印をクリックします。

選択したルート/ハント リストが [Selected Route/Hunt Lists] ボックスに表示されます。

ステップ 8 [Generate New Report] を選択した場合は、コール情報を見たい期間の日付範囲を入力します。


) 日付と時刻の範囲が 1 ヶ月を超えないようにしてください。


ステップ 9 CSV 形式のレポートがほしい場合は、[Report Format] 領域で、 CSV (カンマ区切り形式)を選択します。PDF 形式のレポートがほしい場合は、[Report Format] 領域で PDF (Portable Document Format)を選択します。

ステップ 10 [View Report] ボタンをクリックします。

レポートが表示されます

ステップ 11 レポートをメールで送信する場合は、[Send Report] ボタンをクリックします。レポートを送信するには、「レポートのメールでの送信」で説明されている手順を実行します。


 

追加情報

「関連資料」を参照してください。

ルート パターンまたはハント パイロット使用状況レポートの設定

ルート パターンまたはハント パイロット使用状況レポートを生成できるのは、CAR 管理者だけです。このレポートは、一定期間のルート パターン/ハント パイロットの最大使用度(そのルート パターン/ハント パイロットの下のすべてのゲートウェイの累積使用度)(%)の推定値を提供します。正確な使用度ではありません。そのルート パターンの下のすべてのゲートウェイおよびそのハント パイロットの下のすべての回線の累積使用度が計算されます。使用度は、1 日の各時間について、または各週か各月の指定された日数に基づいて調べることができます。選択したルート パターン/ハント パイロットのそれぞれについてレポートが生成されます。

システムにより自動生成されたレポートを表示することも、新しいレポートを生成することもできます。レポートの自動生成をスケジューリングできるのは、CAR 管理者だけです。詳細については、「CAR System Scheduler の設定」を参照してください。

ここでは、ルート パターンまたはハント パイロット使用状況レポートを生成し、表示したり、メールで送信したりする方法を説明します。

手順


ステップ 1 [Device Reports] > [Route Pattern/Hunt Pilots] > [Route Pattern/Hunt Pilot Utilization] を選択します。

[Route Pattern/Hunt Pilot Utilization] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [Generate Report] フィールドで、 表 20-3 の説明どおりに時間を選択します。

 

表 20-3 [Generate Report] フィールド

パラメータ
説明

Hour of Day

ステップ 8 で指定した期間について、24 時間の期間内の各時間の累積使用度を表示します。

Day of Week

ステップ 8 で指定した期間内に発生した、指定した曜日の累積使用度を表示します。

Day of Month

ステップ 8 で指定した期間内に発生した、指定した日付の累積使用度を表示します。

ステップ 3 [Available Reports] フィールドで、自動生成されたレポートを選択して(ある場合)ステップ 10 に進むか、デフォルトの [Generate New Report] を使用してステップ 4 に進みます。

ステップ 4 レポートに含めるルート パターン/ハント リストを選択するには、ウィンドウの左側のカラムの [Route Patterns/Hunt Pilots] をクリックします。

ツリー構造が展開されて、選択できるルート パターン/ハント リストが表示されます。


) ウィンドウの左側のカラムの [Route Patterns] ボックスにルート パターン/ハント リストの名前の一部を入力することにより、特定のルート パターン/ハント リストを検索できます。CAR が、検索文字列に一致するルート パターン/ハント リストを検索します。


ステップ 5 リストからルート パターン/ハント パイロットを選択します。

そのルート パターン/ハント パイロットの名前が、[List of Route Patterns/Hunt Pilots] ボックスに表示されます。


) [List of Route Patterns/Hunt Pilots] ボックスには、最大 200 個のルート パターン/ハント リストが表示されます。


ステップ 6 [List of Route Patterns/Hunt Pilots] ボックスで、レポートに含めるルート パターン/ハント リストを選択します。


) 一度に最大 5 つのルート パターン/ハント パイロットのレポートを生成できます。


ステップ 7 選択したルート パターン/ハント パイロットを [Selected Route Patterns/Hunt Pilots] ボックスのリストに移動するには、下向きの矢印をクリックします。

選択したルート パターン/ハント パイロットが [Selected Route Patterns/Hunt Pilots] ボックスに表示されます。

ステップ 8 [Generate New Report] を選択した場合は、コール情報を見たい期間の日付範囲を入力します。


) 日付と時刻の範囲が 1 ヶ月を超えないようにしてください。


ステップ 9 CSV 形式のレポートがほしい場合は、[Report Format] 領域で、 CSV (カンマ区切り形式)を選択します。PDF 形式のレポートがほしい場合は、[Report Format] 領域で PDF (Portable Document Format)を選択します。

ステップ 10 [View Report] ボタンをクリックします。

レポートが表示されます

ステップ 11 レポートをメールで送信する場合は、[Send Report] ボタンをクリックします。レポートを送信するには、「レポートのメールでの送信」で説明されている手順を実行します。


 

追加情報

「関連資料」を参照してください。

ハント パイロット要約レポートの設定

ハント パイロット要約レポートを生成できるのは、CAR 管理者だけです。CDR ハント パイロット コール要約レポートは、指定されたハント パイロットのコール詳細情報を表示します。このレポートは、ハント パイロットのコールの概要を表示するだけで、ハント メンバー情報は含まれません。CAR 管理者は、最大 5 つのハント パイロット DN のレポートを生成できます。

ここでは、ハント パイロット要約レポートを生成し、表示したり、メールで送信したりする方法を説明します。

手順


ステップ 1 [Device Reports] > [Route Pattern/Hunt Pilots] > [Hunt Pilot Summary] を選択します。

[Hunt Pilot Detail Summary] が表示されます。

ステップ 2 [Hunt Pilots] テキスト ボックスにハント パイロット番号を入力し、Enter キーを押します。

ハント パイロット番号が、テキスト ボックスの下に表示されます。または、アイコンをクリックして、選択できるすべてのハント パイロット番号を表示することもできます。

ステップ 3 必要なハント パイロット番号をクリックすると、それが [List of Hunt Pilots] にリストされます。

ステップ 4 [Generate Reports] ドロップダウン リストから、次のいずれかを選択します。

[Hour of the day]:ステップ 7 で指定した期間について、24 時間の期間内の各時間のコール詳細情報を表示します。

[Day of the Week]:ステップ 7 で指定した期間内に発生した、指定した曜日のコール詳細情報を表示します。

[Day of the Month]:ステップ 7 で指定した期間内に発生した、指定した日付のコール詳細情報を表示します。

ステップ 5 [Available Reports] ドロップダウン リストから選択可能なリストのいずれかを選択するか、または [Generate New Report] オプションを選択します。

ステップ 6 選択可能なハント パイロットのリストから、必要なハント パイロットを選択し、下向きの矢印をクリックします。

選択したハント パイロットが [Selected Hunt Pilots] リストに表示されます。

ステップ 7 表示されているドロップダウン リストから [From Date] と [To Date] を選択します。

ステップ 8 必要なレポート形式を選択します。

[CSV] または [PDF] を選択できます。PDF が、デフォルトのレポート オプションです。

ステップ 9 [View Report] をクリックして、レポートを表示します。

レポートの結果を表示する方法については、「ハント パイロット要約レポートの概要」 を参照してください。

ステップ 10 レポートをメールで送信する場合は、[Send Report] をクリックします。

レポートを送信するには、「レポートのメールでの送信」で説明されている手順を実行します。


 

追加情報

「関連資料」を参照してください。

ハント パイロット詳細レポートの設定

ハント パイロット詳細コールレポートを生成できるのは、CAR 管理者だけです。このレポートは、ハント パイロット番号またはハント メンバー DN のコール詳細情報を表示します。

ここでは、ハント パイロット詳細レポートを生成し、表示したり、メールで送信したりする方法を説明します。

手順


ステップ 1 [Device Reports] > [Route Pattern/Hunt Pilots] > [Hunt Pilot Detail] を選択します。

[Hunt Pilot Detail] ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 レポート生成に、[HuntPilot] または [MemberDn] を選択します。

ステップ 3 [Hunt Pilots] テキスト ボックスにハント パイロット番号を入力し、Enter キーを押します。

ハント パイロット番号が、テキスト ボックスの下に表示されます。または、アイコンをクリックして、ハント パイロット番号を表示することもできます。

ステップ 4 ハント パイロット オプションを選択した場合は、必要なハント パイロット番号をクリックします。すると、それが [SelectedHuntPilot/MemberDn] リスト ボックスにリストされます。ステップ 7 に進みます。

ステップ 5 メンバー DN オプションを選択した場合は、必要なハント パイロット番号をクリックして、その中のメンバー DN 番号をリストします。

ステップ 6 メンバー DN のリストから必要な DN をクリックすると、それらが [SelectedHuntPilot/MemberDn] リスト ボックスにリストされます。

ステップ 7 [Available Reports] ドロップダウン リストから選択可能なリストのいずれかを選択するか、または [Generate New Report] オプションを選択します。

ステップ 8 表示されているドロップダウン リストから [From Date] と [To Date] を選択します。

ステップ 9 必要なレポート形式を選択します。

[CSV] または [PDF] を選択できます。PDF が、デフォルトのレポート オプションです。

ステップ 10 [View Report] をクリックして、レポートを表示します。

レポートの結果を表示する方法については、「ハント パイロット詳細レポートの概要」 を参照してください。

ステップ 11 レポートをメールで送信する場合は、[Send Report] をクリックします。

レポートを送信するには、「レポートのメールでの送信」で説明されている手順を実行します。


 

追加情報

「関連資料」を参照してください。

その他のシスコ製品マニュアル

『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』

『Cisco Unified Serviceability Administration Guide

Cisco Unified Communications Manager Call Detail Records Administration Guide