Cisco Unified CDR Analysis and Reporting アドミニストレーション ガイド
CDR 検索結果の確認
CDR 検索結果の確認
発行日;2012/02/02 | 英語版ドキュメント(2010/02/22 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

CDR 検索結果の確認

CDR 検索の結果の概要

メディア情報

CDR および CMR ダンプ テーブル

関連資料

その他のシスコ製品マニュアル

CDR 検索結果の確認

この章では、CDR 検索結果について説明します。この章の構成は、次のとおりです。

「CDR 検索の結果の概要」

「メディア情報」

「CDR および CMR ダンプ テーブル」

「関連資料」

「その他のシスコ製品マニュアル」

CDR 検索の結果の概要

CDR 検索では、ユーザは、「CDR および CMR ダンプ テーブル」 の説明どおりに CDR/CMR フィールドを表示できます。CDR 検索は、CAR データベースの tbl_billing_data テーブルおよび tbl_billing_error テーブルから CDR/CMR ファイルを取得します。

表 27-1 を参照してください。

 

表 27-1 CDR 検索結果

フィールド
説明

Sl No

このフィールドは、シリアル番号またはレコード番号を示します。

Call Type

このフィールドは、コールの種類を示します。Simple、Transfer、Forward、Pickup、Conference、Refer、Replaces、Redirection があります。

GCID_CMId
GCID_CallId

このフィールドは、コール全体のすべてのレコードに関連付けられているコール ID を示します。

Orig Node Id
Dest Node Id

このフィールドは、コール時にコールの発信元/宛先が登録されたサーバを示します。

Orig Leg Id
Dest Leg Id

このフィールドは、コールの発信元/宛先レッグの一意の ID を示します。

Calling No
Calling No Partition

Calling No は、コールの発信元の電話番号(発信番号)を示します。Calling No Partition は、発信側に関連付けられているパーティションを示します。

Called No
Called No Partition

Called No は、最初にコールがかけられた電話番号(着信番号)を示します。これは、コールが転送もフォワーディングもされなかった場合は Dest No と同じです。Called No Partition は、着信側に関連付けられているパーティションを示します。

Dest No
Dest No Partition

Dest No は、コールが最終的に終端した電話番号を示します。これは、コールが転送もフォワーディングもされなかった場合は Called No と同じです。Dest No Partition は、宛先番号に関連付けられているパーティションを示します。

Last Rd No
Last Rd No Partition

Last Rd No は、コールの最終的なリダイレクトのリダイレクト元を示します。Last Rd No Partition は、Last Rd No に関連付けられているパーティションを示します。

Media Info
Orig Pkts Rcd Dest Pkts Rcd
Orig Pkts Lost Dest Pkts Lost

このフィールドは、受信されたパケット、コールの発信元レッグまたは宛先レッグで失われたパケット、およびメディア情報へのリンクを示します。CDR および CMR ダンプ テーブルの詳細については、「CDR および CMR ダンプ テーブル」 を参照してください。

CDR - CMR Dump

このフィールドは、CDR および CDR ダンプ テーブルへのリンクを示します。ユーザは、このリンクから CDR/CMR の各フィールドの値を表示できます。CDR および CMR ダンプ テーブルの詳細については、「CDR および CMR ダンプ テーブル」 を参照してください。

メディア情報

メディア情報テーブルは、次の情報を提供します。 表 27-2 を参照してください。

 

表 27-2 CDR メディア情報

フィールド
説明

Origination Leg

コールの発信元レッグの一意の ID。

Destination Leg

コールの宛先レッグの一意の ID。

Parameter

メディア パラメータ MediaTransportAdd_Ip、PayLoadCapability、MediaCap_g723BitRate、Packets Sent、Octets Sent、Packets Received、Octets Received、Packets Lost、Jitter、Latency、QoS、VideoCap_Codec、VideoCap_Bandwidth、VideoCap_Resolution、VideoTransportAddress_IP、VideoTransportAddress_Port。

Origination

コールの発信元レッグの、前に示された全パラメータの値。

Destination

コールの宛先レッグの、前に示された全パラメータの値。

CDR および CMR ダンプ テーブル

CDR および CMR ダンプ テーブルは、次の情報を提供します。 表 27-3 を参照してください。


) 発信元 CMR および宛先 CMR のフィールド内の音声品質メトリックス フィールド varVQMetrics の内容を表示できます。


 

表 27-3 CDR および CMR ダンプ テーブル

フィールド
説明

CDR

このフィールドは、コールの詳細記録フィールドを示します。

Origination CMR

存在する発信元および宛先の単一セットのフィールドのみ。発信元または宛先の CMR は、レッグ ID を使用して見つけられます。CMR のレッグ ID が CDR の Orig/Dest Leg ID と一致する場合、次のレコードが Orig/Dest CMR を表します。

Destination CMR

存在する発信元および宛先の単一セットのフィールドのみ。発信元または宛先の CMR は、レッグ ID を使用して見つけられます。CMR のレッグ ID が CDR の Orig/Dest Leg ID と一致する場合、次のレコードが Orig/Dest CMR を表します。

次に、CDR ダンプ ファイルの出力の例を示します。

CDR ダンプ ファイルのサンプル出力

cdrRecordType, globalCallID_callManagerId, globalCallID_callId, origLegCallIdentifier, dateTimeOrigination, origNodeId, origSpan, origIpAddr, callingPartyNumber, callingPartyUnicodeLoginUserID, origCause_location, origCause_value, origPrecedenceLevel, origMediaTransportAddress_IP, origMediaTransportAddress_Port, origMediaCap_payloadCapability, origMediaCap_maxFramesPerPacket, origMediaCap_g723BitRate, origVideoCap_Codec, origVideoCap_Bandwidth, origVideoCap_Resolution, origVideoTransportAddress_IP, origVideoTransportAddress_Port, origRSVPAudioStat, origRSVPVideoStat, destLegIdentifier, destNodeId, destSpan, destIpAddr, originalCalledPartyNumber, finalCalledPartyNumber, finalCalledPartyUnicodeLoginUserID, destCause_location, destCause_value, destPrecedenceLevel, destMediaTransportAddress_IP, destMediaTransportAddress_Port, destMediaCap_payloadCapability, destMediaCap_maxFramesPerPacket, destMediaCap_g723BitRate, destVideoCap_Codec, destVideoCap_Bandwidth, destVideoCap_Resolution, destVideoTransportAddress_IP, destVideoTransportAddress_Port, destRSVPAudioStat, destRSVPVideoStat, dateTimeConnect, dateTimeDisconnect, lastRedirectDn, pkid, originalCalledPartyNumberPartition, callingPartyNumberPartition, finalCalledPartyNumberPartition, lastRedirectDnPartition, duration, origDeviceName, destDeviceName, origCallTerminationOnBehalfOf, destCallTerminationOnBehalfOf, origCalledPartyRedirectOnBehalfOf, lastRedirectRedirectOnBehalfOf, origCalledPartyRedirectReason, lastRedirectRedirectReason, destConversationId, globalCallId_ClusterID, joinOnBehalfOf, comment, authCodeDescription, authorizationLevel, clientMatterCode, origDTMFMethod, destDTMFMethod, callSecuredStatus, origConversationId, origMediaCap_Bandwidth, destMediaCap_Bandwidth, authorizationCodeValue, outpulsedCallingPartyNumber, outpulsedCalledPartyNumber, origIpv4v6Addr, destIpv4v6Addr, origVideoCap_Codec_Channel2, origVideoCap_Bandwidth_Channel2, origVideoCap_Resolution_Channel2, origVideoTransportAddress_IP_Channel2, origVideoTransportAddress_Port_Channel2, origVideoChannel_Role_Channel2, destVideoCap_Codec_Channel2, destVideoCap_Bandwidth_Channel2, destVideoCap_Resolution_Channel2, destVideoTransportAddress_IP_Channel2, destVideoTransportAddress_Port_Channel2, destVideoChannel_Role_Channel2, IncomingProtocolID, IncomingProtocolCallRef, OutgoingProtocolID, OutgoingProtocolCallRef, currentRoutingReason, origRoutingReason, lastRedirectingRoutingReason, huntPilotPartition, huntPilotDN

INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, VARCHAR(50), VARCHAR(128), INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, VARCHAR(64), VARCHAR(64), INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, VARCHAR(50), VARCHAR(50), VARCHAR(128), INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, VARCHAR(64), VARCHAR(64), INTEGER, INTEGER, VARCHAR(50), UNIQUEIDENTIFIER, VARCHAR(50), VARCHAR(50), VARCHAR(50), VARCHAR(50), INTEGER, VARCHAR(129), VARCHAR(129), INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, VARCHAR(50), INTEGER, VARCHAR(2048), VARCHAR(50), INTEGER, VARCHAR(32), INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, VARCHAR(32), VARCHAR(50), VARCHAR(50), VARCHAR(64), VARCHAR(64), INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, INTEGER, VARCHAR(32), INTEGER, VARCHAR(32), INTEGER, INTEGER, INTEGER, VARCHAR(50), VARCHAR(50)

1, 1, 37, 29654625, 1258090294, 1, 0, 136269066, 1001, caruser2, 0, 16, 4, 136269066, 16790, 4, 20, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 29654626, 1, 0, 85937418, 5555, 1002, caruser1, 0, 0, 4, 85937418, 30844, 4, 20, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 1258090296, 1258090383, 5555, dcf0b5c9-7d57-475b-b166-d207a6617f34, , , , , 87, SEP003094C3CCB0, SEP0002FD3BA528, 12, 0, 0, 0, 0, 0, 0, StandAloneCluster, 0, , , 0, , 3, 3, 0, 0, 64, 64, , , , 10.77.31.8, 10.77.31.5, 101,0,5,0,0,1,100,0,3,0,0,1,3,0000000000000108012BB4AE00000002,3,0000000000000108012BB4B200000000,2,5,7,1000, 5555

その他のシスコ製品マニュアル

『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』

『Cisco Unified Serviceability Administration Guide

Cisco Unified Communications Manager Call Detail Records Administration Guide