Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration ガイド Release 7.0(1)
インポート ファイルの検証
インポート ファイルの検証
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

インポート ファイルの検証

ログ ファイル

関連項目

インポート ファイルの検証

BAT の[インポート ファイルの検証(Validate Import File)]ページを使用して、インポート .tar ファイルを検証できます。この機能を使用すると、次のことを検証できます。

.tar ファイルには、ヘッダー ファイルが含まれている。

ヘッダー ファイルに示されているすべてのファイルが、実際に .tar ファイルに含まれている。

.tar ファイル内のすべてのファイルがヘッダー ファイルに示されている。

ファイル名は[インポート/エクスポート(Import/Export)]で入力したとおりで正しい。

.tar ファイル内の CSV ファイルのファイル フォーマットは正しい。


) この機能には、有効な文字、文字列の長さなどのフィールド レベルでの確認は含まれていません。


手順


ステップ 1 [一括管理(Bulk Administration)]>[インポート/エクスポート(Import/Export)]>[インポート ファイルの検証(Validate Import File)] の順に選択します。

[インポート ファイルの検証(Validate Import File)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [Tarファイル名(Tar File Name)]フィールドで .tar ファイル名を選択し、[送信(Submit)]をクリックします。


) [ファイル名(File Name)]ドロップダウン リスト ボックスに、アップロードした .tar ファイルがすべて表示されます。.tar ファイルのアップロードについては、第2章「ファイルのアップロード」を参照してください。


[ステータス(Status)]セクションのメッセージで、ジョブが正常に送信されたことが示されます。

ステップ 3 このジョブのスケジュールやアクティブ化を行うには、[一括管理(Bulk Administration)]メイン メニューの[ジョブスケジューラ(Job Scheduler)]オプションを使用します。


 

ログ ファイル

1 つのインポート ファイルの検証で複数のログ ファイルが作成されます。トランザクション全体に関して 1 つ、インポートするために選択した各項目に 1 つずつ、ログ ファイルが作成されます。ログ ファイル名の先頭に項目名が追加されるため、ログの識別は容易です。

これらのファイルには、[ジョブスケジューラ(Job Scheduler)]ページからアクセスできます。

検証中に問題が発生した場合は、ログ ファイルに示されます。


) 検証作業は、前述の項目に対してのみ行われます。