Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド Release 7.0(1)
ライセンス ユニット レポート
ライセンス ユニット レポート
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 9MB) | フィードバック

目次

ライセンス ユニット レポート

ライセンス ユニット レポートの生成

関連項目

ライセンス ユニット レポート

ライセンス ユニット レポートは、使用可能なライセンスの合計数、および使用中のライセンスの数を表示するために使用します。このツールを実行すると、使用可能なライセンスの合計数を示したレポートが生成されます。ライセンス ユニット レポートには、Cisco Unified Communications Manager サーバにインストールされたソフトウェア ライセンス バージョンも表示されます。


) ライセンスの要求の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』を参照してください。


ライセンス ユニット レポートの生成

ユニット ライセンスとは、各電話機タイプに対応した一定数のデバイス ライセンス ユニットのことです。たとえば、Cisco Unified IP Wireless 7920 の場合は 4 デバイス ライセンス ユニット、Cisco Unified IP Phone 7970 の場合は 5 デバイス ライセンス ユニットが必要です。4 台の 7920 電話機と 4 台の 7970 電話機をプロビジョニングする場合は、36 の電話機ライセンス ユニットが必要です。

ライセンス ファイルに含まれているライセンス取得済みユニットの数は、購入したすべての電話機タイプのユニット ライセンスの数に対応しています。


) 各デバイスで必要となるライセンス ユニットの数を調べるには、[システム(System)] >[ライセンス(Licensing)] >[ライセンスユニット計算(License Unit Calculator)]の順に選択します。このウィンドウには、各デバイス タイプで必要となるライセンス ユニットの数が表示されます。


使用可能なライセンスの数についてレポートを生成する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 [システム(System)] >[ライセンス(Licensing)] >[ライセンスユニットレポート(License Unit Report)] の順に選択します。

ステップ 2 [ライセンスユニットレポート(License Unit Report)]ウィンドウが表示されます。このウィンドウには、電話機ライセンスとノード ライセンスの数、およびソフトウェア ライセンスのバージョンが表示されます。使用可能な電話機ライセンスとノード ライセンスは、次の項目別に表示されます。

[認証済ユニット数(Units Authorized)]

[使用済ユニット数(Units Used)]

[残りユニット数(Units Remaining)]

ソフトウェア ライセンス バージョンには、次の項目が表示されます。

[ライセンスサーバ(License Server)]

[SWバージョン(SW Version)]


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。