Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド Release 7.0(1)
アプリケーション サーバの設定
アプリケーション サーバの設定
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 9MB) | フィードバック

目次

アプリケーション サーバの設定

アプリケーション サーバの検索

アプリケーション サーバの設定

アプリケーション サーバの設定値

アプリケーション サーバの削除

関連項目

アプリケーション サーバの設定

Cisco Unified Communications Manager の管理ページの[アプリケーションサーバの設定(Application Server Configuration)]ウィンドウを使用すると、Cisco Unified Communications Manager とクラスタ外の外部アプリケーション、たとえば Cisco Unity Connection や Cisco Unified Presence などとの関連付けを管理し、Cisco Unified Communications Manager システムとその他のアプリケーションを同期することができます。

次のトピックでは、Cisco Unified Communications Manager の管理ページにおけるアプリケーション サーバに関する作業と設定について説明しています。

「アプリケーション サーバの検索」

「アプリケーション サーバの設定」

「アプリケーション サーバの削除」

「アプリケーション サーバの設定値」

追加情報

「関連項目」を参照してください。

アプリケーション サーバの検索

アプリケーション サーバを検索して表示する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 [システム(System)] >[アプリケーションサーバ(Application Server)] の順に選択します。

[アプリケーションサーバの検索と一覧表示(Find and List Application Servers)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 データベース内のすべてのレコードを検索するには、ダイアログボックスが空であることを確認し、ステップ 3 に進んでください。

レコードをフィルタリングまたは検索する手順は、次のとおりです。

最初のドロップダウン リスト ボックスから、検索パラメータを選択します。

2 番目のドロップダウン リスト ボックスから、検索パターンを選択します。

必要に応じて、適切な検索テキストを指定します。


) 検索条件を追加するには、[+]ボタンをクリックします。条件を追加すると、指定したすべての条件に一致するレコードが検索されます。条件を削除するには、[-]ボタンをクリックして最後に追加した条件を削除するか、[フィルタのクリア(Clear Filter)]ボタンをクリックして、追加したすべての検索条件を削除してください。


ステップ 3 [検索(Find)] をクリックします。

すべてのレコード、または一致したレコードが表示されます。[ページあたりの行数(Rows per Page)]ドロップダウン リスト ボックスから別の値を選択して、各ページに表示する項目の数を変更できます。


) 該当するレコードの横にあるチェックボックスをオンにして[選択項目の削除(Delete Selected)]をクリックすると、複数のレコードをデータベースから削除できます。[すべてを選択(Select All)]をクリックして[選択項目の削除(Delete Selected)]をクリックすると、この選択対象として設定可能なすべてのレコードを削除できます。


ステップ 4 表示されたレコードのリストで、表示するレコードのリンクをクリックします。


) リストのヘッダーに上矢印または下矢印がある場合、その矢印をクリックして、ソート順序を逆にします。


選択した項目がウィンドウに表示されます。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

アプリケーション サーバの設定

Cisco Unified Communications Manager の管理ページでアプリケーション サーバを設定する手順は、次のとおりです。

始める前に

Cisco Unified Communications Manager の管理ページでアプリケーション サーバを設定できるのは、Cisco Unified Communications Manager サーバおよびその他のアプリケーション サーバを両方ともセットアップして完全に動作可能な状態にし、有効な設定を使用して実行した後です。


) Cisco Unity および Cisco Unity Connection については、Cisco Unity サーバおよび Cisco Unity Connection サーバと通信するように設定された Cisco Unified Communications Manager サーバ上で、AXL が動作していることを確認してください。


手順


ステップ 1 [システム(System)] >[アプリケーションサーバ(Application Server)] の順に選択します。

[アプリケーションサーバの検索と一覧表示(Find and List Application Servers)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 次のいずれかの作業を行います。

既存のアプリケーション サーバをコピーするには、コピーするサーバを見つけて(「アプリケーション サーバの検索」を参照)、サーバ名をクリックします。[アプリケーションサーバの設定(Application Server Configuration)]ウィンドウが表示されます。 [コピー(Copy)] ボタンをクリックし、ステップ 4 に進みます。

新しいアプリケーション サーバを追加するには、 [新規追加(Add New)] ボタンをクリックし、ステップ 3 に進みます。

既存のアプリケーション サーバを更新するには、対象となるサーバを見つけて(「アプリケーション サーバの検索」を参照)、ステップ 4 に進みます。

ステップ 3 [アプリケーションサーバタイプ(Application Server Type)]ドロップダウン リスト ボックスから、該当するサーバ タイプを選択し、 [次へ(Next)] をクリックします。アプリケーション サーバ タイプの選択後にそのタイプを変更することはできません。

ステップ 4 適切な設定値を入力します( 表28-1 を参照)。

ステップ 5 [保存(Save)] をクリックします。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

アプリケーション サーバの設定値

表28-1 では、[アプリケーションサーバの設定(Application Server Configuration)]ウィンドウ内で使用可能な設定値について説明します。関連する手順については、「関連項目」を参照してください。


ヒント アプリケーション サーバの設定では、Cisco Unity Connection 2.x はサポートされていません。Cisco Unity Connection 2.x 用の有効なユーザ テンプレートのリストを Cisco Unified Communications Manager にプッシュするには、Cisco Unity Connection 2.x 経由の AXL 接続を作成します(『Cisco Unity Connection システム アドミニストレーション ガイド』を参照)。


 

表28-1 アプリケーション サーバの設定値

フィールド
説明
[アプリケーションサーバ情報(Application Server Information)]

[アプリケーションサーバタイプ(Application Server Type)]

接続するアプリケーションの種類に適したアプリケーション サーバを選択します(たとえば、プレゼンス アプリケーション サーバに接続するには、[Cisco Unified Presence Server]を選択します)。

[名前(Name)]

設定するアプリケーション サーバを識別するための名前を入力します。

[IPアドレス(IP Address)]

設定するサーバの IP アドレスを入力します。


) IP アドレスは、1 ~ 255 の数値パターンを使用した数値(10.255.172.57 など)にしてください。



ヒント Cisco Unity および Cisco Unity Connection では、Cisco Unity および Cisco Unity Connection の管理で定義したものと同じ管理者のユーザ名とパスワードを使用する必要があります。このユーザ ID によって、
Cisco Unity(または Cisco Unity Connection)と Cisco Unified Communications Manager の管理ページの間で認証が実行されます。

[URL]

アプリケーション サーバの URL を入力します。

[エンドユーザURL(End User URL)]

このアプリケーション サーバに関連付けられたエンド ユーザの URL を入力します。

[使用可能なアプリケーションユーザ(Available Application Users)]

このペインには、このアプリケーション サーバとの関連付けに使用できるアプリケーション ユーザが表示されます。

このアプリケーション サーバにアプリケーション ユーザを関連付けるには、アプリケーション ユーザ(たとえば、
CCMAdministrator、CCMSysUser、UnityConnection など)を選択し、このペインの下にある下矢印をクリックします。

[選択されたアプリケーションユーザ(Selected Application Users)]

このペインには、アプリケーション サーバに関連付けられたアプリケーション ユーザが表示されます。アプリケーション ユーザを削除するには、アプリケーション ユーザを選択し、このペインの上にある上矢印をクリックします。アプリケーション ユーザを追加するには、[使用可能なアプリケーションユーザ(Available Application Users)]ペインでアプリケーション ユーザを選択し、下矢印をクリックします。

追加情報

「関連項目」を参照してください。

アプリケーション サーバの削除

Cisco Unified Communications Manager の管理ページを使用してアプリケーション サーバを削除する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 [システム(System)] >[アプリケーションサーバ(Application Server)] の順に選択します。

[アプリケーションサーバの検索と一覧表示(Find and List Application Servers)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 特定のアプリケーション サーバを見つけるには、検索条件を入力し、 [検索(Find)] をクリックします。

検索条件と一致するアプリケーション サーバのリストが表示されます。

ステップ 3 次のアクションのいずれかを実行します。

削除するアプリケーション サーバの横にあるチェックボックスをオンにし、 [選択項目の削除(Delete Selected)] をクリックします。

[すべてを選択(Select All)] をクリックして [選択項目の削除(Delete Selected)] をクリックし、ウィンドウ内のすべてのアプリケーション サーバを削除します。

削除するアプリケーション サーバの名前をリストから選択して、現在の設定値を表示し、 [削除(Delete)] をクリックします。

確認ダイアログが表示されます。

ステップ 4 [OK] をクリックします。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

関連項目

Cisco Unified Communications Manager システム ガイド 』の「Cisco Unity メッセージングの連動」

「アプリケーション ユーザの設定」