Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration ガイド Release 6.1(1)
ユーザ デバイス プロファイルの ファイル形式の追加
ユーザ デバイス プロファイルのファイル形式の追加
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

ユーザ デバイス プロファイルのファイル形式の追加

ファイル形式の追加

関連項目

ユーザ デバイス プロファイルのファイル形式の追加

ファイル形式が指定した順序でテキストベースの CSV データ ファイルにすべての値を入力したら、そのテキストベースの CSV データ ファイルを Cisco Unified Communications Manager の最初のノードにアップロードする必要があります。ファイルのアップロードの詳細については、「ファイルのアップロード」を参照してください。次にファイル形式をテキストベースの CSV データ ファイルに関連付ける必要があります。

ファイル形式の追加

テキストベースの CSV データ ファイルとファイル形式を関連付ける手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 [一括管理]>[ユーザデバイスプロファイル]>[UDPファイル形式]>[ファイル形式の追加] の順に選択します。[ファイル形式の追加(Add File Format Configuration)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [ファイル名(File Name)]フィールドで、このバルク トランザクション用に作成した CSV データ ファイルを選択します。

ステップ 3 [形式ファイル名(Format File Name)]フィールドで、このタイプのバルク トランザクション用に作成したファイル形式を選択します。

ステップ 4 一致するファイル形式を CSV データ ファイルに追加するには、[送信]をクリックします。

ジョブが、[一括管理]メニューの[ジョブスケジューラ]オプションに作成されます。ジョブ スケジュールを変更するには、[ジョブスケジューラ(Job Scheduler)]ウィンドウを使用します。

ジョブの詳細については、「ジョブのスケジュール」を参照してください。

ログ ファイルの詳細については、「BAT ログ ファイル」を参照してください。