Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration ガイド Release 6.1(1)
電話機とユーザの検証
電話機とユーザの検証
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

電話機とユーザの検証

電話機レコードとユーザ レコードの検証

関連項目

電話機とユーザの検証

Cisco Unified Communications Manager 一括管理(BAT)を使用すると、Cisco Unified Communications Manager サーバ上にユーザのグループとその電話機を 1 回のバルク トランザクションで追加できます。電話機用の CSV データ ファイルを作成するには、次の 2 つのオプションがあります。

BAT スプレッドシート(BAT.xlt)を使用し、データを CSV 形式にエクスポートする。

テキスト エディタを使用して、CSV 形式のテキスト ファイルを作成する(経験豊富なユーザ向け)。

[ユーザ付きの電話の挿入]オプションにアクセスするには、Cisco Unified Communications Manager の管理ページのメイン メニューから [一括管理]>[電話とユーザ] を選択します。

始める前に

1. カンマ区切り値(CSV)データ ファイルを作成して、検証する電話機およびユーザごとに個々の値を定義します。

詳細については、「電話機レコードとユーザ レコードの検証」を参照してください。

テキストベースの CSV ファイルについては、「電話機とユーザの組み合せのファイル形式」を参照してください。

2. ファイル形式と CSV データ ファイルを関連付けます。

詳細については、「ファイル形式と CSV データ ファイルの関連付け」を参照してください。

電話機レコードとユーザ レコードの検証

[電話/ユーザの確認]を選択すると、システムが検証ルーチンを実行して、CSV データ ファイルおよび BAT 電話機テンプレートで、デバイス プールやロケーションなどのすべての必須フィールドが指定されているかどうかをチェックします。この検証によってチェックされるのは、デバイス フィールドとそのデバイス フィールドが依存するフィールドだけです。ユーザ フィールドは検証されません。

始める前に

追加するデバイスの BAT 電話機テンプレートが必要です。単一回線または複数回線を持つ電話機を追加するには、複数回線を持つマスター電話機テンプレートを使用できます。詳細については、「マスター電話機テンプレート」を参照してください。

次のオプションのいずれかによって作成された CSV データ ファイルが必要です。

「電話機レコードとユーザ レコードの検証」

「電話機とユーザの組み合せのファイル形式」で、テキストベースの CSV ファイルを作成

CSV データ ファイルのレコードを検証する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 [一括管理]>[電話とユーザ]>[電話/ユーザの確認] の順に選択します。[電話/ユーザの確認(Validate Phones/Users Configuration)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [ファイル名(File Name)]フィールドで、この特定のバルク トランザクション用に作成した CSV データ ファイルを選択します。

ステップ 3 [電話テンプレート名(Phone Template Name)]フィールドで、このバルク トランザクション用に作成した BAT 電話機テンプレートを選択します。

ステップ 4 [送信] をクリックして、ユーザと電話機を検証するジョブを作成します。

ステップ 5 [一括管理]メイン メニューの[ジョブスケジューラ]オプションを使用して、このジョブのスケジュールやアクティブ化を行います。

ジョブの詳細については、「ジョブのスケジュール」を参照してください。

ログ ファイルの詳細については、「BAT ログ ファイル」を参照してください。


 

その他の項目

詳細については、「関連項目」を参照してください。