Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド Release 6.1(1)
ルート グループの設定
ルート グループの設定
発行日;2012/01/16 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

目次

ルート グループの設定

ルート グループの検索

ルート グループの設定

ルート グループの設定値

ルート グループへのデバイスの追加

ルート グループからのデバイスの削除

ルート グループの削除

関連項目

ルート グループの設定

ルート グループの設定では、ゲートウェイおよびトランクが選択される順序を指定します。ルート グループにより、発信トランク選択用のゲートウェイとポートのリストに優先順位を付けることができます。

たとえば、2 つの長距離通信事業者を使用している場合、通話料の安い通信事業者の長距離コールを優先させるように、ルート グループを追加できます。最初のトランクが使用不能の場合に限り、コールは、通話料の高い通信事業者の方にルート指定されます。

ルート グループの追加または削除、ルート グループへのデバイスの追加、ルート グループからのデバイスの削除については、次のトピックを参照してください。

「ルート グループの検索」

「ルート グループの設定」

「ルート グループの設定値」

「ルート グループへのデバイスの追加」

「ルート グループからのデバイスの削除」

「ルート グループの削除」

ルート グループの検索

ネットワーク内にはいくつかのルート グループが存在することがあるので、Cisco Unified Communications Manager では、固有の条件を指定して、特定のルート グループを見つけることができます。ルート グループを見つける手順は、次のとおりです。


) Cisco Unified Communications Manager の管理ページでは、ブラウザ セッションでの作業中は、ルート グループの検索設定が保持されます。別のメニュー項目に移動してからこのメニュー項目に戻ってくる場合でも、検索に変更を加えたり、ブラウザを閉じたりしない限り、ルート グループの検索設定は保持されます。


手順


ステップ 1 [コールルーティング] >[ルート/ハント] >[ルートグループ] の順に選択します。

[ルートグループの検索と一覧表示(Find and List Route Groups)]ウィンドウが表示されます。アクティブな(前回の)クエリーのレコードも、ウィンドウに表示されることがあります。

ステップ 2 データベース内のすべてのレコードを検索するには、ダイアログボックスが空であることを確認し、ステップ 3 に進んでください。

レコードをフィルタリングまたは検索する手順は、次のとおりです。

ドロップダウン リスト ボックスから、検索パターンを選択します。

必要に応じて、適切な検索テキストを指定します。


) 検索条件を追加するには、[+]ボタンをクリックします。条件を追加すると、指定したすべての条件に一致するレコードが検索されます。条件を削除するには、[-]ボタンをクリックして最後に追加した条件を削除するか、[フィルタのクリア]ボタンをクリックして、追加したすべての検索条件を削除してください。


ステップ 3 [検索] をクリックします。

一致するすべてのレコードが表示されます。[ページあたりの行数]ドロップダウン リスト ボックスから別の値を選択して、各ページに表示する項目の数を変更できます。


) 該当するレコードの横にあるチェックボックスをオンにして[選択項目の削除]をクリックすると、複数のレコードをデータベースから削除できます。[すべてを選択]をクリックして[選択項目の削除]をクリックすると、この選択対象として設定可能なすべてのレコードを削除できます。


ステップ 4 表示されたレコードのリストで、表示するレコードのリンクをクリックします。


) リストのヘッダーに上矢印または下矢印がある場合、その矢印をクリックして、ソート順序を逆にします。


選択した項目がウィンドウに表示されます。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

ルート グループの設定

ルート グループを設定する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 [コールルーティング] >[ルート/ハント] >[ルートグループ] の順に選択します。

ステップ 2 次のいずれかの作業を行います。

既存のルート グループをコピーするには、対象となるルート グループを見つけて(「ルート グループの検索」を参照)、コピーするルート グループの横にある [コピー] ボタンをクリックし、ステップ 3 に進みます。

新しいルート グループを追加するには、 [新規追加] ボタンをクリックし、ステップ 3 に進みます。

既存のルート グループを更新するには、対象となるルート グループを見つけて(「ルート グループの検索」を参照)、ステップ 3 に進みます。

ステップ 3 表示される[ルートグループの設定(Route Group Configuration)]ウィンドウで、[ルートグループ名]フィールドに名前を入力します。この名前には、最長 50 文字の英数字を指定することができ、スペース、ピリオド(.)、ハイフン(-)、および下線文字(_)を任意に組み合せて使用することが可能です。各ルート グループ名が、そのルート プランに固有の名前であることを確認してください。


ワンポイント・アドバイス ルート グループには、内容を簡潔に表す名前を使用してください。通常、CompanynameLocationGroup の形式が、内容を簡潔に表し、ルート グループをすばやくかつ簡単に識別できる方式です。たとえば、「CiscoDallasAA1」は、Dallas の Cisco オフィス用の Cisco Access Analog ルート グループを特定します。


ステップ 4 適切な設定値を選択します( 表36-1 を参照)。


) 新しいルート グループを追加する前に、新しいルート グループに対して少なくとも 1 つのデバイスを選択しておく必要があります。


ステップ 5 [保存] をクリックして、このルート グループを追加または更新します。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

ルート グループの設定値

表36-1 では、ルート グループの設定値について説明します。

 

表36-1 ルート グループの設定値

フィールド
説明
[ルートグループ情報(Route Group Information)]

[ルートグループ名]

このルート グループの名前を入力します。この名前には、最長 50 文字の英数字を指定することができ、スペース、ピリオド(.)、ハイフン(-)、および下線文字(_)を任意に組み合せて使用することが可能です。各ルート グループ名が、そのルート プランに固有の名前であることを確認してください。

[分配アルゴリズム(Distribution Algorithm)]

ドロップダウン リスト ボックスで、次の分配アルゴリズムのオプションを選択します。

[優先度順]:この分配アルゴリズムを選択すると、ルート グループでアイドルまたは対応可能状態にある最初のメンバーから最後のメンバーまで、Cisco Unified Communications Manager がメンバーに対してコールを分配します。

[ラウンドロビン]:この分配アルゴリズムを選択すると、Cisco Unified Communications Manager は、アイドルまたは対応可能状態のメンバーに対するコールの分配を、ルート グループの( n +1)番目のメンバーから開始します。 n 番目のメンバーは、Cisco Unified Communications Manager が最後にコールを延長したメンバーです。 n 番目のメンバーが、ルート グループの最後のメンバーの場合、Cisco Unified Communications Manager はルート グループの先頭からコールの分配を開始します。

デフォルト値は[ラウンドロビン]です。

[ルートグループメンバ情報(Route Group Member Information)]
[ルートグループに追加するデバイスの検索(Find Devices to Add to Route Group)]

[デバイス名に含まれる(Device Name contains)]

検索するデバイス名に含まれる文字を入力し、 [検索] ボタンをクリックします。入力した文字と一致するデバイス名が[使用可能なデバイス(Available Devices)]ボックスに表示されます。


) 使用可能なデバイスをすべて検索するには、テキストボックスをブランクのままにして、[検索]ボタンをクリックします。


[使用可能なデバイス(Available Devices)]

[使用可能なデバイス(Available Devices)]リスト ボックスでデバイスを選択し、 [ルートグループに追加] をクリックして、そのデバイスを[選択されたデバイス(Selected Devices)]リスト ボックスに追加します。

QSIG プロトコルを使用するゲートウェイがルート グループに含まれている場合は、QSIG プロトコルを使用するゲートウェイのみがリストに表示されます。非 QSIG プロトコルを使用するゲートウェイがルート グループに含まれている場合は、QSIG プロトコルを使用し、制御クラスタ間トランクを使用するゲートウェイはリストに表示されません。

QSIG ゲートウェイを含むルート リストにルート グループを追加した場合、H.323 ゲートウェイはリストには表示されません。

[ポート(Port)]

このデバイスが個々に設定可能なポートをサポートしている場合、そのポートを選択します(個々のポートの選択が可能なデバイスとして、Cisco Access Analog ゲートウェイ、Cisco MGCP Analog ゲートウェイ、T1 CAS があります)。サポートしていない場合は、デフォルト値(選択したデバイスによって、[すべて]または[選択不能])を選択します。使用可能なポートがないデバイスの場合([選択不能])、そのデバイスはすでにルート グループに追加されているか、またはルート グループに追加できない可能性があります。

[現在のルートグループメンバ(Current Route Group Members)]

[選択されたデバイス(Selected Devices)]

デバイスの優先順位を変更するには、[選択されたデバイス(Selected Devices)]リスト ボックス内のデバイス名を選択します。そのリスト ボックスの右側にある矢印をクリックして、リスト内でそのデバイスを上下に移動させてください。

[選択されたデバイス(Selected Devices)]リスト ボックス内のデバイスの優先順位を逆転するには、 [選択されたデバイスの順番を逆にする] をクリックします。

ルート グループ内のデバイスの順序の詳細については、『 Cisco Unified Communications Manager システム ガイド 』の「ルート プランの概要」を参照してください。

[削除されたデバイス(Removed Devices)]

[選択されたデバイス(Selected Devices)]リスト ボックスでデバイスを選択し、そのデバイスを[削除されたデバイス(Removed Devices)]リスト ボックスに追加します。これには、この 2 つのリスト ボックス間にある下矢印ボタンをクリックします。


) ルート グループには、少なくとも 1 つのデバイスを入れる必要があります。


[ルートグループメンバ(Route Group Members)]

(デバイスのリスト)

このペインには、このルート グループに追加されたデバイスへのリンクが表示されます。いずれかのデバイス名をクリックして、その特定のデバイスの設定ウィンドウに移動します。


) 新しいルート グループを追加する場合は、そのルート グループを保存するまでこのリストは表示されません。


追加情報

「関連項目」を参照してください。

ルート グループへのデバイスの追加

新規のルート グループまたは既存のルート グループに、デバイスを追加することができます。複数のルート グループにゲートウェイを追加できます。ルート グループにゲートウェイを追加すると、そのゲートウェイは[ルートパターンの設定(Route Pattern Configuration)]ウィンドウに表示されません。既存のルート グループにデバイスを追加する手順は、次のとおりです。

始める前に

この手順を実行する場合は、事前に少なくとも 1 つのゲートウェイおよびトランクのデバイスを指定しておく必要があります。デバイスが常駐できるのは 1 つのルート グループ内のみです。

手順


ステップ 1 [コールルーティング] >[ルート/ハント] >[ルートグループ] の順に選択します。

ステップ 2 デバイスを追加する先のルート グループを特定します。「ルート グループの検索」を参照してください。

ステップ 3 [使用可能なデバイス(Available Devices)]リスト ボックスで追加するデバイスを選択し、 [ルートグループに追加] をクリックして、デバイスを[選択されたデバイス(Selected Devices)]リスト ボックスへ移動します。このルート グループへ追加する各デバイスに対して、この手順を繰り返します。

ステップ 4 [選択されたデバイス(Selected Devices)]リスト ボックスで、新しいデバイスがこのルート グループ内でアクセスされる順序を選択します。順序を変更するには、デバイスをクリックしてから、リスト ボックスの右側にある上矢印または下矢印を使用して、デバイスを移動します。

ステップ 5 [保存] をクリックして、新しいデバイスを追加し、このルート グループのデバイス順序を更新します。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

ルート グループからのデバイスの削除

新規のルート グループまたは既存のルート グループから、デバイスを削除することができます。既存のルート グループからデバイスを削除する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 [コールルーティング] >[ルート/ハント] >[ルートグループ] の順に選択します。

ステップ 2 削除するデバイスが入っているルート グループを特定します。「ルート グループの検索」を参照してください。

ステップ 3 [選択されたデバイス(Selected Devices)]リスト ボックスで削除するデバイスを選択し、[選択されたデバイス(Selected Devices)]リスト ボックスの下にある下矢印をクリックして、デバイスを[削除されたデバイス(Removed Devices)]リスト ボックスへ移動します。このルート グループから削除する各デバイスに対して、このステップを繰り返します。


) ルート グループには、少なくとも 1 つのデバイスを入れる必要があります。


ステップ 4 デバイスを削除するには、 [保存] をクリックします。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

ルート グループの削除

ルート グループを削除する手順は、次のとおりです。

始める前に

ルート/ハント リストが参照するルート グループは削除できません。ルート グループを使用しているルート リストを検索するには、[ルートグループの設定(Route Group Configuration)]ウィンドウの[関連リンク]ドロップダウン リスト ボックスにある [依存関係レコード] を選択し、 [移動] をクリックします。依存関係レコードがシステムで使用可能でない場合、[依存関係レコード要約(Dependency Records Summary)]ウィンドウにメッセージが表示されます。依存関係レコードの詳細については、「依存関係レコードへのアクセス」を参照してください。使用中のルート グループを削除しようとすると、エラー メッセージが表示されます。現在使用中のルート グループを削除する場合は、事前に、次の作業を実行しておく必要があります。

ルート グループを削除する前に、そのルート グループが属しているすべてのルート リストから、そのルート グループを削除します。「ルート リストからのルート グループの削除」を参照してください。


ヒント ルート グループとルート パターンを削除するには、まずルート パターンを削除し、次にルート リストを削除して、最後にルート グループを削除します。


手順


ステップ 1 [コールルーティング] >[ルート/ハント] >[ルートグループ] の順に選択します。

ステップ 2 削除するルート グループを特定します。「ルート グループの検索」を参照してください。

ステップ 3 削除するルート グループの横にあるチェックボックスをオンにして、 [選択項目の削除] をクリックします。

ルート グループを削除すると取り消せないことを警告するダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 ルート グループを削除するには、 [OK] をクリックします。削除操作を取り消すには、 [キャンセル] をクリックします。 [OK] をクリックした場合は、Cisco Unified Communications Manager は、そのルート グループをルート グループ リストから削除します。


) 該当するルート グループの横にあるチェックボックスをオンにして、[選択項目の削除]をクリックすると、[ルートグループの検索と一覧表示(Find and List Route Groups)]ウィンドウから複数のルート グループを削除できます。[すべてを選択]をクリックして[選択項目の削除]をクリックすると、ウィンドウ内のすべてのルート グループを削除できます。



 

追加情報

「関連項目」を参照してください。