Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド Release 6.1(1)
アプリケーションユーザ CAPF プロ ファイルの設定
アプリケーションユーザ CAPF プロファイルの設定
発行日;2012/01/16 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

目次

アプリケーションユーザ CAPF プロファイルの設定

アプリケーションユーザ CAPF プロファイルの設定

Cisco Unified Communications Manager の管理ページの[アプリケーションユーザCAPFプロファイルの設定(Application User CAPF Profile Configuration)]ウィンドウを使用すると、セキュアなアプリケーション ユーザにローカルで有効な証明書を発行できます。証明書を発行し、他のセキュリティ関連の作業を行った後、CTIManager サービスと、サーバ上でアクティブになっているアプリケーションとの間で TLS 接続が行われます。

1 つのアプリケーション ユーザ CAPF プロファイルは、サーバ上のアプリケーションの単一のインスタンスに対応します。たとえば、クラスタ内の 2 台のサーバ上で、あるアプリケーションをアクティブにする場合は、サーバごとに 1 つずつ、2 つのアプリケーション ユーザ CAPF プロファイルを設定する必要があります。同じサーバ上で 2 つの異なるアプリケーションをアクティブにする場合は、サーバ上のアプリケーションごとに 1 つずつ、2 つのアプリケーション ユーザ CAPF プロファイルを設定する必要があります。

アプリケーション ユーザ CAPF プロファイルの設定方法については、『 Cisco Unified Communications Manager セキュリティ ガイド 』を参照してください。