Cisco Unified CallManager Bulk Administration ガイド Release 5.1(3)
リージョン マトリクスの更新
リージョン マトリクスの更新
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

リージョン マトリクスの更新

リージョン マトリクスの実装および実装解除

リージョン マトリクスの更新

リージョン テーブルには物理的な場所が定義されているのに対し、リージョン マトリクス テーブルにはリージョン内(intra)およびリージョン間(inter)で使用可能な帯域幅が定義されています。 BAT の[リージョンマトリクス]メニューを使用して、リージョン マトリクスを実装または実装解除します。

リージョン マトリクスの実装および実装解除

リージョン マトリクスのデータを実装または実装解除するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 [Bulk Administration]>[リージョンマトリクス]>[リージョンマトリクスの実装/実装解除]の順に選択します。[リージョンマトリクス設定]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [リージョンマトリクスオプション]セクションで、実行する操作に応じて[リージョンマトリクスの実装]または[リージョンマトリクスの実装解除]を選択します。

ステップ 3 [ジョブ情報(Job Information)]セクションに、ジョブの名前を入力します。 この名前で実行するジョブを識別できます。

ステップ 4 ジョブを実行する時期に応じて、[今すぐ実行]または[後で実行]を選択します。

ステップ 5 [送信]ボタンをクリックします。

ステップ 6 [ジョブスケジューラ(Job Scheduler)]ウィンドウを表示して、送信したジョブのステータスを確認します。 このウィンドウでは、必要に応じてジョブのスケジュールを変更できます。


) 他の BAT プロセスとは異なり、リージョン マトリクスの実装または実装解除ジョブの進行状況は、レコードが通過したか、失敗したか、または処理済みかに関しては測定できません。 結果は、プロセス全体が完了した後にのみ確認できます。



) レコード数の基準は、このトランザクションには適用されません。



 

管理者は、リージョン帯域幅のデフォルト値を変更できますが、BAT メニューから実行することはできません。


) リージョン帯域幅のデフォルト値にアクセスするには、Cisco Unified CallManager で[システム]>[サービスパラメータ]を選択します。 パラメータ タイプに Cisco CallManager を指定します。対象の 4 つのパラメータは、[Clusterwide Parameters (System - Location and Region)]セクション内にあります。



) その他の BAT 機能の詳細については、『Cisco Unified CallManager Bulk Administration ガイド 5.0(4)』を参照してください。