Cisco Unified CallManager Bulk Administration ガイド Release 5.1(3)
シスコのゲートウェイの削除
シスコのゲートウェイの削除
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

シスコのゲートウェイの削除

シスコのゲートウェイの削除

関連項目

シスコのゲートウェイの削除

削除するレコードを探すには、クエリー フィルタを定義する必要があります。Cisco Unified CallManager データベースからゲートウェイのグループを削除する手順は、次のとおりです。

[ゲートウェイの削除(Delete Gateways Configuration)]ウィンドウでは、Cisco VG200 ゲートウェイと Cisco Catalyst 6000 ゲートウェイのみを削除できます。

シスコのゲートウェイの削除

Cisco Unified CallManager からゲートウェイを削除する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 [Bulk Administration]>[ゲートウェイ]>[ゲートウェイの削除] の順に選択します。

[ゲートウェイの削除(Delete Gateways Configuration)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [検索条件]ドロップダウン リスト ボックスから、次のいずれかのオプションを選択します。

[名前(Name)]

[説明(Description)]

[DN/ルートパターン(DN/Route Pattern)]

[コーリングサーチスペース(Calling Search Space)]

[デバイスプール(Device Pool)]

[デバイスタイプ(Device Type)]

ステップ 3 2 番目の[検索条件]ドロップダウン リスト ボックスで、次のいずれかの検索条件を選択します。

[が次の文字列で始まる]

[が次の文字列を含む]

[が次の文字列と等しい]

[が次の文字列で終わる]

[が空である]

[が空ではない]

ステップ 4 3 番目のドロップダウン リスト ボックスで、 [表示] を選択して関連のエンドポイントを表示します。

ステップ 5 必要に応じて、適切な検索テキストを指定します。


ヒント データベースに登録されたすべてのゲートウェイを検索するには、検索テキストを入力せずに[検索]をクリックします。

ステップ 6 複数のフィルタを追加するには、 [AND] または [OR] をクリックします。クエリーをさらに定義するには、ステップ 2 5 を繰り返します。

ステップ 7 [検索] をクリックします。

検索されたテンプレートのリストが、次の項目別に表示されます。

[デバイス名(Device Name)]

[説明(Description)]

[デバイスプール(Device Pool)]

[ステータス(Status)]

[IPアドレス(IP Address)]

ステップ 8 [ジョブ情報(Job Information)]領域に、ジョブの説明を入力します。

ステップ 9 [今すぐ実行]オプション ボタンをクリックしてゲートウェイを即座に削除するか、[後で実行]をクリックして後で削除します。

ステップ 10 [送信] をクリックして、ゲートウェイ レコードを削除するジョブを作成します。

ステップ 11 Bulk Administration メイン メニューの[ジョブスケジューラ]オプションを使用して、このジョブのスケジュールやアクティブ化を行います。

ジョブの詳細については、 「ジョブのスケジュール」 を参照してください。

ログ ファイルの詳細については、「BAT ログ ファイル」を参照してください。


注意 クエリー テキストボックスに情報を何も入力しないと、すべてのゲートウェイ レコードが削除されます。削除は最終的な操作なので、削除したレコードは復元できません。

その他の項目

詳細については、「関連項目」を参照してください。