Cisco Unified CallManager CDR Analysis and Reporting アドミニストレーション ガイド Release 5.1(3)
CAR レポートの結果
CAR レポートの結果
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

CAR レポートの結果

課金情報の要約レポートの結果

課金情報の詳細レポートの結果

料金別または接続時間別上位 N 件レポートの結果

コール数別上位 N 件レポートの結果

アシスタントのコールの使用状況:詳細レポートの結果

アシスタントのコールの使用状況:要約レポートの結果

マネージャのコールの使用状況:詳細レポートの結果

マネージャのコールの使用状況:要約レポートの結果

Cisco IP Phone サービス レポートの結果

QoS 詳細レポートの結果

QoS 要約レポートの結果

ゲートウェイ別 QoS レポートの結果

コール タイプ別 QoS レポートの結果

トラフィック要約レポートの結果

許可コード名のコール詳細レポートの結果

認証レベルのコール詳細レポートの結果

クライアント証明書コード詳細レポートの結果

迷惑呼詳細レポートの結果

優先コール要約レポートの結果

システム概要レポートの結果

CDR エラー レポートの結果

ゲートウェイ詳細レポートの結果

ゲートウェイ要約レポートの結果

ゲートウェイおよびルート使用状況レポートの結果

会議コール詳細レポートの結果

会議ブリッジ使用状況レポートの結果

ボイス メッセージング使用状況レポートの結果

CDR の検索の結果について

CDR の検索の結果について

メディア情報

CDR および CMR のダンプ テーブル

CAR レポートの結果


ヒント ログインした Cisco Extension Mobility ユーザがコールを発信する場合、CAR は、Cisco Extension Mobility ユーザに設定された ユーザ ID を、これを表示するすべてのレポートで使用します。Cisco Extension Mobility 以外のユーザがコールを発信する場合(または Cisco Extension Mobility ユーザがログアウトした場合)、あるいは、設定済みの Owner User ID のないデバイスからコールを発信する場合は CAR はデフォルトの ユーザ ID である _unspecifieduser をレポートで使用します。


この章では、CAR レポートに出力される情報について、レポートのタイプごとに説明します。

「課金情報の要約レポートの結果」

「課金情報の詳細レポートの結果」

「料金別または接続時間別上位 N 件レポートの結果」

「コール数別上位 N 件レポートの結果」

「アシスタントのコールの使用状況:詳細レポートの結果」

「アシスタントのコールの使用状況:要約レポートの結果」

「マネージャのコールの使用状況:詳細レポートの結果」

「マネージャのコールの使用状況:要約レポートの結果」

「Cisco IP Phone サービス レポートの結果」

「QoS 詳細レポートの結果」

「QoS 要約レポートの結果」

「ゲートウェイ別 QoS レポートの結果」

「コール タイプ別 QoS レポートの結果」

「トラフィック要約レポートの結果」

「許可コード名のコール詳細レポートの結果」

「認証レベルのコール詳細レポートの結果」

「クライアント証明書コード詳細レポートの結果」

「迷惑呼詳細レポートの結果」

「優先コール要約レポートの結果」

「システム概要レポートの結果」

「CDR エラー レポートの結果」

「ゲートウェイ詳細レポートの結果」

「ゲートウェイ要約レポートの結果」

「ゲートウェイおよびルート使用状況レポートの結果」

「会議コール詳細レポートの結果」

「会議ブリッジ使用状況レポートの結果」

「ボイス メッセージング使用状況レポートの結果」

「CDR の検索の結果について」

課金情報の要約レポートの結果

レポートでは、情報をユーザ名別に分類し昇順でリストします。要約レポートには次のフィールドがあります( 表10-1 を参照)。

 

表10-1 要約レポートのフィールド

フィールド
説明

コールの分類:コール カテゴリによってクラスが決まります。

On Net

1 つの Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され、トランク経由で送出されて、別の Cisco Unified CallManager ネットワークで終端する発信コール。CAR を生成する目的で、発信コールが[CAR dial plan configuration]ウィンドウでそのように設定されている場合はすべて On Net コールに分類できます。「ダイヤル プランの設定」 を参照してください。

Internal

Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され、同じ Cisco Unified CallManager ネットワーク内で終端する(ゲートウェイまたはトランクを使用しない)クラスタ内コール

Local

Public Switched Telephone Network(PSTN; 公衆電話交換網)を経由して、市外局番を付けずに指定した番号や、ローカル エリア コードのいずれかを含む番号にルーティングされる市内電話

Long Distance

Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され PSTN 経由で送出される長距離電話

International

Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され PSTN 経由で送出される国際電話

Others

フリーダイヤル番号や 911 などの緊急呼び出しを含むその他のすべての発信コール

QOS:Quality of Service(QoS; サービス品質)カテゴリごとのコール数。QoS カテゴリごとに CAR 管理者が設定するパラメータがあります。「QoS 値の定義」および「ゲートウェイ別 QoS レポートの設定」を参照してください。

Good

これらのコールの QoS は、可能な範囲で最高の品質を示します。

Acceptable

これらのコールの QoS は、多少低下しているが、まだ許容範囲内に含まれます。

Fair

これらのコールの QoS は、低下しているが、まだ使用可能範囲内に含まれます。

Poor

これらのコールの QoS は、十分とは言えませんでした。

NA

これらのコールは、既定の QoS カテゴリのどの基準にも一致しません。

Calls:コール分類ごとのコールの数を示します。

Charge:各コールに関連付けられた料金を示します。CAR 管理者が CAR 評価エンジンに提供するコール料金情報が、料金の基準となります。「評価エンジンの設定」を参照してください。

課金情報の詳細レポートの結果

レポートでは、情報をユーザ名別に分類し昇順でリストします。詳細レポートには次のフィールドがあります( 表10-2 を参照)。

 

表10-2 詳細レポートのフィールド

フィールド
説明

Date and Orig. Time

コールが発信された日付と時刻

Orig.

コールの発信元番号

Dest.

コールが転送された送信先番号

コールの分類:コール カテゴリによってクラスが決まります。

On Net

1 つの Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され、トランク経由で送出されて、別の Cisco Unified CallManager ネットワークで終端する発信コール。CAR を生成する目的で、発信コールが[CAR dial plan configuration]ウィンドウでそのように設定されている場合はすべて On Net コールに分類できます。「ダイヤル プランの設定」 を参照してください。

Internal

Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され、同じ Cisco Unified CallManager ネットワーク内で終端する(ゲートウェイを使用しない)クラスタ内コール

Local

Public Switched Telephone Network(PSTN; 公衆電話交換網)を経由して、市外局番を付けずに指定した番号や、ローカル エリア コードのいずれかを含む番号にルーティングされる市内電話

Long Distance

Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され PSTN 経由で送出される長距離電話

International

Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され PSTN 経由で送出される国際電話

Others

フリーダイヤル番号や 911 などの緊急呼び出しを含むその他のすべての発信コール

QOS:Quality of Service(QoS; サービス品質)カテゴリごとのコール数。QoS カテゴリごとに CAR 管理者が設定するパラメータがあります。「QoS 値の定義」および「ゲートウェイ別 QoS レポートの設定」を参照してください。

Good

これらのコールの QoS は、可能な範囲で最高の品質を示します。

Acceptable

多少低下しているが、まだ許容範囲内に含まれるコールの QoS。

Fair

低下しているが、まだ使用可能範囲内に含まれるコールの QoS。

Poor

品質が十分とは言えないコールの QoS。

NA

既定の QoS カテゴリのどの基準にも一致しなかったコール。

Duration(s)

コールの接続時間(秒単位)

Charge

各コールに関連付けられた料金。CAR 管理者が CAR 評価エンジンに提供したコール料金情報が、料金の基準となります。「評価エンジンの設定」を参照してください。

料金別または接続時間別上位 N 件レポートの結果

料金別の上位 N 件、および接続時間別の上位 N 件のフィールドは、レポートのタイプによって異なります。これらのレポートは、発信コールのみ示します。 表10-3 を参照してください。

 

表10-3 料金別または接続時間別上位 N 件レポートのフィールド

フィールド
説明

By Individual Users

User

ユーザ名

Calls

コールの合計数

Duration(s)

コールの接続時間(秒単位)

Charge

各コールに関連付けられた料金。CAR 管理者が CAR 評価エンジンに提供したコール料金情報が、料金の基準となります。「評価エンジンの設定」を参照してください。

By Destinations

Dest

コールの宛先

Call Classification

コール分類ごとのコールの合計数

Calls

コールの合計数

Duration

コールの接続時間(秒単位)

Charge

各コールに関連付けられた料金。CAR 管理者が CAR 評価エンジンに提供したコール料金情報が、料金の基準となります。「評価エンジンの設定」を参照してください。

By Number of Calls

User

ユーザ名

Date

コールの発生日

Orig Time

コールの発信時刻

Orig

コールの発信元

Dest

コールの送信先

Call Classification

コール分類ごとのコールの合計数

Duration

コールの接続時間(秒単位)

Charge

各コールに関連付けられた料金。CAR 管理者が CAR 評価エンジンに提供したコール料金情報が、料金の基準となります。「評価エンジンの設定」を参照してください。

コール数別上位 N 件レポートの結果

コール数別上位 N 件レポートのフィールドは、レポートのタイプによって異なります。このレポートは、着信コールと発信コールの両方を示します。 表10-4 を参照してください。

 

表10-4 コール数別上位 N 件レポートのフィールド

フィールド
説明

By Individual Users

Users

ユーザ名

Duration(s)

コールの接続時間(秒単位)

Charge

該当ユーザの全コールの課金総額。CAR 管理者が CAR 評価エンジンに提供したコール料金情報が、料金の基準となります。「評価エンジンの設定」を参照してください。

Calls Made

ユーザが発信したコールの合計数

Calls Received

ユーザが受信したコールの合計数

Total Calls

着信コールおよび発信コールの合計数

By Extensions

Extension No

コールを発信および受信した内線

Charge

該当ユーザの全コールの課金総額。CAR 管理者が CAR 評価エンジンに提供したコール料金情報が、料金の基準となります。「評価エンジンの設定」を参照してください。

Duration

コールの接続時間(秒単位)

Calls Made

ユーザが発信したコールの合計数

Calls Received

ユーザが受信したコールの合計数

Total Calls

着信コールおよび発信コールの合計数

アシスタントのコールの使用状況:詳細レポートの結果

このレポートは、Cisco Unified CallManager Assistant をサポートし、アシスタントが自分で処理したコールの数、アシスタントが各マネージャの代理で処理したコールの数、およびアシスタントが処理したコールの合計数を示します。レポートでは、アシスタントが処理したコール、およびアシスタントがマネージャの代理で処理したコールに関する情報は、グループ化されています。詳細レポートには次のフィールドがあります( 表10-5 を参照)。

 

表10-5 詳細レポートのフィールド

フィールド
説明

Date

コールの発信日

Orig.Time

コールの発信時刻

Orig.

コールの発信元番号

Dest.

コールが転送された送信先番号

Call Classification

コールのタイプ(internal、incoming など)

Duration (sec)

コールの接続時間(秒単位)

アシスタントのコールの使用状況:要約レポートの結果

このレポートは、Cisco Unified CallManager Assistant をサポートし、アシスタントが自分で処理したコール、およびアシスタントがマネージャの代理で処理したコールに関する情報を示します。レポートでは、コールの情報はアテンダントの名前別にグループ化されています。要約レポートには次のフィールドがあります( 表10-6 を参照)。

 

表10-6 要約レポートのフィールド

フィールド
説明

Assistant-Extn/Manager

アシスタント名と電話番号を示します。アシスタントがマネージャの代理でコールを処理した場合は、マネージャ名が表示されます。

コールの分類:コール カテゴリによってクラスが決まります。

Internal

Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され、同じ Cisco Unified CallManager ネットワーク内で終端する(ゲートウェイまたはトランクを使用しない)クラスタ内コール

Local

Public Switched Telephone Network(PSTN; 公衆電話交換網)を経由して、市外局番を付けずに指定した番号や、ローカル エリア コードのいずれかを含む番号にルーティングされる市内電話

Long Distance

Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され PSTN 経由で送出される長距離電話

International

Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され PSTN 経由で送出される国際電話

Incoming

Cisco Unified CallManager ネットワークの外部で発信され、ゲートウェイを経由して Cisco Unified CallManager ネットワークに入ってきた着信コール

On Net

1 つの Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され、トランク経由で送出されて、別の Cisco Unified CallManager ネットワークで終端する発信コール。CAR を生成する目的で、発信コールが[CAR dial plan configuration]ウィンドウでそのように設定されている場合はすべて On Net コールに分類できます。「ダイヤル プランの設定」 を参照してください。

Others

フリーダイヤル番号や 911 などの緊急呼び出しを含むその他のすべての発信コール

Calls

アシスタントが処理したコール、またはアシスタントがマネージャの代理で処理したコールの数

Duration (sec)

特定のコール分類の全コールの期間の合計

マネージャのコールの使用状況:詳細レポートの結果

このレポートは、Cisco Unified CallManager Assistant をサポートし、マネージャが自分で処理したコール、およびアシスタントがマネージャの代理で処理したコールに関する情報を示します。レポートでは、情報はアシスタント名別にまとめられ、マネージャが処理したコールとアシスタントがマネージャの代理で処理したコールの合計数が示されます。詳細レポートには次のフィールドがあります( 表10-7 を参照)。

 

表10-7 詳細レポートのフィールド

フィールド
説明

Date

コールの発信日

Orig.Time

コールの発信時刻

Orig.

コールの発信元番号

Dest.

コールが転送された送信先番号

Call Classification

コールのタイプ(internal、incoming など)

Duration (sec)

コールの接続時間(秒単位)

マネージャのコールの使用状況:要約レポートの結果

このレポートは、Cisco Unified CallManager Assitant をサポートし、マネージャが自分で処理したコール、およびアシスタントがマネージャの代理で処理したコールに関する情報を示します。レポートでは、情報はマネージャ名別にまとめられ、各マネージャの処理されたコールの合計数が示されます。このレポートには次のフィールドがあります( 表10-8 を参照)。

 

表10-8 要約レポートのフィールド

フィールド
説明

Manager-Extn/Assistant

マネージャ名と電話番号を示します。アシスタントがマネージャの代理でコールを処理した場合は、アシスタント名が表示されます。

コールの分類:コール カテゴリによってクラスが決まります。

Internal

Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され、同じ Cisco Unified CallManager ネットワーク内で終端する(ゲートウェイまたはトランクを使用しない)クラスタ内コール

Local

Public Switched Telephone Network(PSTN; 公衆電話交換網)を経由して、市外局番を付けずに指定した番号や、ローカル エリア コードのいずれかを含む番号にルーティングされる市内電話

Long Distance

Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され PSTN 経由で送出される長距離電話

International

Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され PSTN 経由で送出される国際電話

Incoming

Cisco Unified CallManager ネットワークの外部で発信され、ゲートウェイを経由して Cisco Unified CallManager ネットワークに入ってきた着信コール

On Net

1 つの Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され、トランク経由で送出されて、別の Cisco Unified CallManager ネットワークで終端する発信コール。CAR を生成する目的で、発信コールが[CAR dial plan configuration]ウィンドウでそのように設定されている場合はすべて On Net コールに分類できます。「ダイヤル プランの設定」 を参照してください。

Others

フリーダイヤル番号や 911 などの緊急呼び出しを含むその他のすべての発信コール

Calls

アシスタントまたはマネージャが処理したコールの数

Duration

特定のコール分類の全コールの期間の合計

Cisco IP Phone サービス レポートの結果

Cisco Unified IP Phone サービス レポートには、次のフィールドがあります。 表10-9 を参照してください。

 

表10-9 Cisco Unified IP Phone サービス レポートのフィールド

フィールド
説明

Cisco IP Phone Services

選択したサービスの名前

Number of Subscribers

所定のサービスの加入者の合計数

% Subscription

すべてのサービスの合計登録者数の中で、所定のサービスに登録しているユーザの割合

QoS 詳細レポートの結果

QoS 詳細レポートには次のフィールドがあります。 表10-10 を参照してください。

 

表10-10 QoS 詳細レポートのフィールド

フィールド
説明

Orig.Time

コールの発信時刻(時、分、秒。24 時間制)

Term.Time

コールの切断時刻(時、分、秒。24 時間制)

Duration(s)

コールの接続時間(秒単位)

Orig.

コールの発信元番号

Dest.

コールが転送された送信先番号

コールの分類:コール カテゴリによってクラスが決まります。

Internal

Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され、同じ Cisco Unified CallManager ネットワーク内で終端する(ゲートウェイまたはトランクを使用しない)クラスタ内コール

Local

Public Switched Telephone Network(PSTN; 公衆電話交換網)を経由して、市外局番を付けずに指定した番号や、ローカル エリア コードのいずれかを含む番号にルーティングされる市内電話

Long Distance

Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され PSTN 経由で送出される長距離電話

International

Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され PSTN 経由で送出される国際電話

On Net

1 つの Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され、トランク経由で送出されて、別の Cisco Unified CallManager ネットワークで終端する発信コール。CAR を生成する目的で、発信コールが[CAR dial plan configuration]ウィンドウでそのように設定されている場合はすべて On Net コールに分類できます。「ダイヤル プランの設定」 を参照してください。

Incoming

Cisco Unified CallManager ネットワークの外部で発信され、ゲートウェイを経由して Cisco Unified CallManager ネットワークに入ってきた着信コール

Tandem

Cisco Unified CallManager ネットワークの外部で発信され、ゲートウェイを経由して Cisco Unified CallManager ネットワークに入り、さらに Cisco Unified CallManager ネットワークから発信されゲートウェイ経由で転送された発信コール

Others

フリーダイヤル番号や 911 などの緊急呼び出しを含むその他のすべての発信コール

Orig.Codec

発信側デバイスが使用しているコーデック

Dest.Codec

送信先デバイスが使用しているコーデック

Orig.Device

コールを発信したデバイスの名前

Dest.Device

コールを受信したデバイスの名前

Orig.QoS

コールを発信したデバイスにおける音声品質

Dest.QoS

コールを受信したデバイスにおける音声品質

QoS 要約レポートの結果

QoS 要約レポートには次のフィールドがあります。 表10-11 を参照してください。

 

表10-11 QoS 要約レポートのフィールド

フィールド
説明

Quality of Service(QoS; サービス品質)

コールの QoS

Call Legs

QOS フィールドに示されている QoS を持ったコール レッグの数

ゲートウェイ別 QoS レポートの結果

ゲートウェイ別 QoS レポートは、次の情報を提供します。 表10-12 を参照してください。

 

表10-12 ゲートウェイ別 QoS レポートのフィールド

フィールド
説明

Time/Day

選択した日付範囲の該当日の時間数、該当週の日数、または該当月の日数の累計を示します。

% of Call Legs

選択した日付範囲の該当日の時間数、該当週の日数、または該当月の日数の間の各ゲートウェイのコール数の割合(%)を表示します。

コール タイプ別 QoS レポートの結果

コール タイプ別 QoS レポートは、次の情報を提供します。 表10-13 を参照してください。

 

表10-13 コール タイプ別 QoS レポートのフィールド

フィールド
説明

Time/Day

選択した日付範囲の該当日の時間数、該当週の日数、または該当月の日数の累計

% of Call Legs

選択した日付範囲の該当日の時間数、該当週の日数、または該当月の日数の間の各ゲートウェイのコール数の割合(%)

Internal

Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され、同じ Cisco Unified CallManager ネットワーク内で終端する(ゲートウェイまたはトランクを使用しない)クラスタ内コール

Local

Public Switched Telephone Network(PSTN; 公衆電話交換網)を経由して、市外局番を付けずに指定した番号や、ローカル エリア コードのいずれかを含む番号にルーティングされる市内電話

Long Distance

Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され PSTN 経由で送出される長距離電話

International

Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され PSTN 経由で送出される国際電話

On Net

1 つの Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され、トランク経由で送出されて、別の Cisco Unified CallManager ネットワークで終端する発信コール。CAR を生成する目的で、発信コールが[CAR dial plan configuration]ウィンドウでそのように設定されている場合はすべて On Net コールに分類できます。「ダイヤル プランの設定」 を参照してください。

Incoming

Cisco Unified CallManager ネットワークの外部で発信され、ゲートウェイを経由して Cisco Unified CallManager ネットワークに入ってきた着信コール

Tandem

Cisco Unified CallManager ネットワークの外部で発信され、ゲートウェイを経由して Cisco Unified CallManager ネットワークに入り、さらに Cisco Unified CallManager ネットワークから発信されゲートウェイ経由で転送された発信コール

Others

フリーダイヤル番号や 911 などの緊急呼び出しを含むその他のすべての発信コール

トラフィック要約レポートの結果

トラフィック要約レポートと内線別トラフィック要約レポートには、同じ情報が含まれており、次のフィールドの一部または全部が含まれています。 表10-14 を参照してください。

 

表10-14 トラフィック要約レポートのフィールド

フィールド
説明

Time/Day

選択した日付範囲の該当日の時間数、該当週の日数、または該当月の日数の累計

Average Number of Calls

選択した日付範囲の該当日の時間数、該当週の日数、または該当月の日数の間の各ゲートウェイのコール数の割合(%)

Internal

Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され、同じ Cisco Unified CallManager ネットワーク内で終端する(ゲートウェイまたはトランクを使用しない)クラスタ内コール

Local

Public Switched Telephone Network(PSTN; 公衆電話交換網)を経由して、市外局番を付けずに指定した番号や、ローカル エリア コードのいずれかを含む番号にルーティングされる市内電話

Long Distance

Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され PSTN 経由で送出される長距離電話

International

Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され PSTN 経由で送出される国際電話

On Net

1 つの Cisco Unified CallManager ネットワークで発信され、トランク経由で送出されて、別の Cisco Unified CallManager ネットワークで終端する発信コール。CAR を生成する目的で、発信コールが[CAR dial plan configuration]ウィンドウでそのように設定されている場合はすべて On Net コールに分類できます。「ダイヤル プランの設定」 を参照してください。

Incoming

Cisco Unified CallManager ネットワークの外部で発信され、ゲートウェイを経由して Cisco Unified CallManager ネットワークに入ってきた着信コール

Tandem

Cisco Unified CallManager ネットワークの外部で発信され、ゲートウェイを経由して Cisco Unified CallManager ネットワークに入り、さらに Cisco Unified CallManager ネットワークから発信されゲートウェイ経由で転送された発信コール

Others

フリーダイヤル番号や 911 などの緊急呼び出しを含むその他のすべての発信コール

Total

時間または日ごとのコールの合計数

許可コード名のコール詳細レポートの結果

このレポートは、特定の許可コード名の使用状況を示します。セキュリティを確保するため、許可コード名(説明)は表示されますが、許可コードは表示されません。詳細レポートには次のフィールドがあります( 表10-15 を参照)。

 

表10-15 詳細レポートのフィールド

フィールド
説明

Orig.

コールの発信元番号

Dest.

コールが転送された送信先番号

Orig.Date Time

コールが発信された日付と時刻

Duration (sec)

コールの接続時間(秒単位)

Call Classification

コールのタイプ(internal、incoming など)

Authorization Level

選択した各許可コード名のコールに対する認証レベル

認証レベルのコール詳細レポートの結果

このレポートは、特定の認証レベルの使用状況を示します。詳細レポートには次のフィールドがあります( 表10-16 を参照)。

 

表10-16 詳細レポートのフィールド

フィールド
説明

Orig.

コールの発信元番号

Dest.

コールが転送された送信先番号

Orig.Date Time

コールが発信された日付と時刻

Duration (sec)

コールの接続時間(秒単位)

Call Classification

コールのタイプ(internal、incoming など)

Authorization Code Name

選択した各認証レベルの許可コード名

クライアント証明書コード詳細レポートの結果

このレポートは、特定のクライアント証明書コードの使用状況を示します。詳細レポートには次のフィールドがあります( 表10-17 を参照)。

 

表10-17 詳細レポートのフィールド

フィールド
説明

Orig.

コールの発信元番号

Dest.

コールが転送された送信先番号

Orig.Date Time

コールが発信された日付と時刻

Duration (sec)

コールの接続時間(秒単位)

Call Classification

コールのタイプ(internal、incoming など)

迷惑呼詳細レポートの結果

迷惑呼の詳細レポートは、迷惑呼に関する情報を提供します。レポートには次のフィールドがあります。 表10-18 を参照してください。

 

表10-18 迷惑呼の詳細レポートのフィールド

フィールド
説明

Orig.Time

迷惑呼の発信時刻

Term.Time

迷惑呼の終了時刻

Duration

迷惑呼の合計時間(秒単位)

Orig.

発信側の DN

Dest.

送信先の DN

Orig.Device

発信側デバイスの名前

Dest.Device

送信先デバイスの名前

Call Classification

迷惑呼の分類

優先コール要約レポートの結果

優先コールの要約レポートは、優先レベルを基準として、コールに関する情報を提供します。このレポートには、優先順位値を基準としたコール要約が、Hour of Day、Day of Week、または Day of Month で区分され、選択した優先レベルごとに棒グラフ形式で表示されます。レポートには、2 つの表が表示されます。1 つは棒グラフを反映したもので、もう 1 つは、選択した優先レベルごとのコール数と割合(%)をリストしたものです。 表10-19 を参照してください。

 

表10-19 優先コールの要約レポートのフィールド

フィールド
説明

Time/Day

選択した日付範囲の該当日の時間数、該当週の日数、または該当月の日数の累計を示します。

Call Legs

時間、曜日、または日付別の、優先レベルごとのコール数

Precedence Level

コールの優先レベル値

No. of Call Legs

優先レベルごとのコール レッグの数

Percentage

優先レベルごとのコール レッグの割合(%)

システム概要レポートの結果

システム概要は、Cisco Unified CallManager ネットワークのすべての部分に関する情報を提供します。レポートには次の項があります。 表10-20 を参照してください。

 

表10-20 システム概要レポート

フィールド
説明

Top 5 Users based on Charge

指定した日付範囲に発生したコールに関して、課金が多かった上位 5 人のユーザの詳細を示します。システム概要レポートのこの項の詳細については、「料金別または接続時間別上位 N 件レポートの結果」を参照してください。

Top 5 Destinations based on Charge

指定した日付範囲に発生したコールに関して、課金が多かった上位 5 件の着信番号の詳細を示します。システム概要レポートのこの項の詳細については、「料金別または接続時間別上位 N 件レポートの結果」を参照してください。

Top 5 Calls based on Charge

指定した日付範囲に発生したコールに関して、課金が多かった上位 5 件のコールの詳細を示します。システム概要レポートのこの項の詳細については、「料金別または接続時間別上位 N 件レポートの結果」を参照してください。

Top 5 Users based on Duration

指定した日付範囲に発生したコールに関して、接続時間が長かった上位 5 人のユーザの詳細を示します。システム概要レポートのこの項の詳細については、「料金別または接続時間別上位 N 件レポートの結果」を参照してください。

Top 5 Destinations based on Duration

指定した日付範囲に発生したコールに関して、接続時間が長かった上位 5 件の着信番号の詳細を示します。システム概要レポートのこの項の詳細については、「料金別または接続時間別上位 N 件レポートの結果」を参照してください。

Top 5 Calls based on Duration

指定した日付範囲において、接続時間が長かった上位 5 件の詳細を示します。システム概要レポートのこの項の詳細については、「料金別または接続時間別上位 N 件レポートの結果」を参照してください。

Traffic Summary Report - Hour of Day

時間を基準として、指定した日付範囲におけるコールの量を示します。システム概要レポートのこの項の詳細については、「トラフィック要約レポートの結果」を参照してください。

Traffic Summary Report - Day of Week

曜日を基準として、指定した日付範囲におけるコールの量を示します。システム概要レポートのこの項の詳細については、「トラフィック要約レポートの結果」を参照してください。

Traffic Summary Report - Day of Month

日付を基準として、指定した日付範囲におけるコールの量を示します。システム概要レポートのこの項の詳細については、「トラフィック要約レポートの結果」を参照してください。

Quality of Service Report - Summary

指定した日付範囲において、各音声品質カテゴリに該当するコールの数を示します。システム概要レポートのこの項の詳細については、「QoS 要約レポートの結果」を参照してください。

Gateway Summary Report

指定した日付範囲における各ゲートウェイのコール分類の要約を、ゲートウェイのそれぞれの分類の QoS、コール数、および接続時間とともに示します。システム概要レポートのこの項の詳細については、「ゲートウェイ別 QoS レポートの結果」を参照してください。

CDR エラー レポートの結果

CDR エラー レポートは、次の情報を提供します。 表10-21 を参照してください。

 

表10-21 CDR エラー レポートのフィールド

フィールド
説明

Time

指定した日におけるエラー発生時刻

No of Error CDRs

CAR へのロード中に、エラーのため処理されなかった CDR データ レコードの合計数

No of Valid CDRs

CAR へ正常にロードされた CDR データ レコードの合計数

% of Error CDRs

ロードされたすべての CDR データ レコードの中で、エラーを含む CDR データ レコードの割合(%)

Error Description

システムが CDR データ レコードをロードしようとしたときに発生したエラー

% of Error CDRs

対応するエラー説明が原因で、エラーになった CDR データ レコードの割合(%)

ゲートウェイ詳細レポートの結果

ゲートウェイ詳細レポートには次のフィールドがあります。 表10-22 を参照してください。

 

表10-22 ゲートウェイ詳細レポートのフィールド

フィールド
説明

Date

コールがゲートウェイを通過した日付。

Orig.Time

コールがゲートウェイを通過した時刻。

Term.Time

コールの終了時刻。

Duration(s)

コールの接続時間(秒単位)。この接続時間は、Dest Connect と Dest Disconnect の時刻の差です。

Orig

コールの発信元番号。

Dest

コールの送信先番号。コールが転送されていない場合、この電話番号は Final Destination の番号と一致します。コールが転送されている場合、このフィールドには、コール転送前の元の送信先番号が含まれています。

Orig.Codec

コール発信者がこのコール中に送信側で使用した、コーデック コード(圧縮またはペイロードのコード)。このコードは、受信側で使用されたコーデック コードとは異なる場合があります。

Dest.Codec

送信先がこのコール中に送信時に使用した、コーデック コード(圧縮またはペイロードのコード)。このコードは、受信側で使用されたコーデック コードとは異なる場合があります。

Orig.Device

コールを発信したデバイスの名前。着信コールおよびタンデム コールの場合、このフィールドはゲートウェイのデバイス名を示します。

Dest Device

コールを受信したデバイスの名前。発信コールおよびタンデム コールの場合、このフィールドはゲートウェイのデバイス名を示します。会議コールの場合、このフィールドは会議ブリッジのデバイス名を示します。

Orig QoS

QoS は、コールで達成された音声品質のグレードを示します。

Dest QoS

コール受信者における QoS カテゴリ。

ゲートウェイ要約レポートの結果

ゲートウェイ要約レポートには次のフィールドがあります。 表10-23 を参照してください。


) ゲートウェイ要約レポートは、ユーザの選択するコール分類ごとにコールを区別し、QoS タイプに基づいてコールを区分します。


 

表10-23 ゲートウェイ要約レポートのフィールド

フィールド
説明

Call Classification

コールのタイプ(internal、incoming、および tandem)を示します。

Quality of Service
(QoS; サービス品質)

音声品質カテゴリごとのコール数を示して、さまざまなゲートウェイのパフォーマンスの要約を示します。「QoS 値の定義」で設定するパラメータが、すべての音声品質カテゴリの基準になります。

Good:これらのコールの QoS は、可能な範囲で最高の品質を示します。

Acceptable:これらのコールの QoS は、多少低下しているが、まだ許容範囲内に含まれます。

Fair:これらのコールの QoS は、低下しているが、まだ使用可能範囲内に含まれます。

Poor:これらのコールの QoS は、十分とは言えませんでした。

NA:これらのコールは、既定の QoS カテゴリのどの基準にも一致しませんでした。

Calls

特定のコール分類のコール合計数を示します。

Duration(s)

特定のコール分類の全コールの期間の合計を示します。

ゲートウェイおよびルート使用状況レポートの結果

ゲートウェイ、ルート グループ、ルート リスト、およびルート パターン使用状況レポートが提供する出力は、互いに類似しています。これらのレポートを CSV 形式で生成した場合、レポートは表を表示します。PDF を選択した場合、レポートは使用率を棒グラフで表示します。グラフは、選択したゲートウェイまたはルート グループごとに表示されます。 表10-24 を参照してください。

 

表10-24 ゲートウェイおよびルート使用状況レポートのフィールド

フィールド
説明

Time/Day

Hourly を選択した場合は 1 時間単位、weekly または monthly を選択した場合は 1 日単位の時間。この結果は、開始日および終了日で示されている期間全体における、1 時間ごとまたは 1 日ごとの使用状況を示します。

%

ゲートウェイ、ルート グループ、ルート、リスト、またはルート パターンの使用率。このフィールドは、すべてのゲートウェイを合せて一度にサポートできるコール合計数と対照したときの、ゲートウェイ、ルート グループ、ルート リスト、またはルート パターンの概算使用率を示します。

会議コール詳細レポートの結果

会議コールの情報については、要約または詳細レポートのどちらで生成するかを選択できます。このレポートは、CSV 形式と PDF 形式のどちらで生成するように選択しても、コールの詳細を表形式で表示します。次の表に、会議コール詳細レポートと要約レポートのフィールドを示します。 表10-25 および 表10-26 を参照してください。


) レポートの基準には、会議のタイプ(アドホックと Meet-Me のいずれかまたは両方)、および From と To の日付範囲があります。


 

表10-25 会議コール詳細レポートと要約レポートのフィールド

フィールド
説明

Orig.Time

最初の参加者が会議に入室した時刻

Term.Time

最後の参加者が会議を退席した時刻

No. of Participants

会議の参加者数

Duration

会議の個々の参加者の接続時間の合計(秒単位)

Device Name

使用された会議機器の名前

 

表10-26 会議コール詳細レポートのフィールド

フィールド
説明

Conference Start Time

会議の開始時刻

Conference End Time

会議の終了時刻

Connect Time

会議参加者が会議に接続した時刻

Disconnect Time

会議参加者が会議から切断された時刻

Duration

会議の合計時間

Directory Number

参加者の電話番号

Call Classification

会議のコールのタイプ(internal、incoming など)

Device Name

使用された会議機器の名前

QoS

Quality of Service(QoS; サービス品質)

会議ブリッジ使用状況レポートの結果

レポートには次のフィールドがあります。PDF を選択した場合、レポートは使用率を棒グラフで表示します。 表10-27 を参照してください。

 

表10-27 会議ブリッジ使用状況レポートのフィールド

フィールド
説明

Time/Day

Hourly を選択した場合は 1 時間単位、曜日または毎日を選択した場合は 1 日単位の時間

% Usage

会議ブリッジの使用率

Conf. Bridge

会議コールの維持に使用された会議ブリッジ デバイス

Type

ハードウェアまたはソフトウェアの会議ブリッジ

Max Streams

一度に開催可能な会議の数、および 1 会議あたりの参加者数

ボイス メッセージング使用状況レポートの結果

レポートには次のフィールドがあります。CSV 出力を選択した場合、レポートは使用率を表形式で表示します。PDF を選択した場合、レポートは使用率を棒グラフで表示します。 表10-28 を参照してください。

 

表10-28 ボイス メッセージング使用状況レポートのフィールド

フィールド
説明

Time/Day

Hourly を選択した場合は 1 時間単位、曜日または毎日を選択した場合は 1 日単位の時間

% Usage

ボイス メッセージングの使用率

Voice Messaging Ports

Octel ボイス メッセージング システム用に設定されたルート パターンのすべてのゲートウェイの最大ポート数、および Cisco Unified CallManager の Device テーブルで Class タイプが 8 になっているエントリの合計

Voice Messaging Gateways

Octel システム用に設定されたルート パターンに含まれる、発信側または着信側のゲートウェイのデバイス名

Number of Ports

ボイス メッセージング ゲートウェイがサポートするポートの数

CDR の検索の結果について

次の各項では、CDR の検索結果について説明します。

「CDR の検索の結果について」

「メディア情報」

「CDR および CMR のダンプ テーブル」

CDR の検索の結果について

CDR の検索を使用すると、「CDR および CMR のダンプ テーブル」で説明している CDR と CMR のフィールドを表示できます。CDR の検索では、CAR データベースの tbl_billing_data テーブルと tbl_billing_error テーブルから CDR/CMR ファイルを取得します。

表10-29 を参照してください。

 

表10-29 CDR の検索の結果

フィールド
説明

Sl No

このフィールドは、シリアル番号またはレコード番号を示します。

Call Type

このフィールドは、コールのタイプ(シンプル、転送、自動転送、ピックアップ、会議、参照、置換、またはリダイレクト)を示します。

GCID_CMId
GCID_CallId

このフィールドは、コール全体のすべてのフィールドに関連付けられている、コールの識別子を示します。

Orig Node Id
Dest Node Id

このフィールドは、コールの発信者または送信先がコール時に登録された、Cisco Unified CallManager クラスタ内のノードを示します。

Orig Leg Id
Dest Leg Id

このフィールドは、コールの発信レッグまたは着信レッグの(クラスタ内における)一意識別子を示します。

Calling No
Calling Partition

発信番号は、コール発信元の電話番号を示します。発信パーティションは、発信側に関連付けられているパーティションを示します。

Called No
Called Partition

着信番号は、コールが最初に発信された時点での電話番号を示し、コールが転送または自動転送されていない場合は、Dest No と同じです。着信パーティションは、着信側に関連付けられているパーティションを示します。

Dest No
Dest No Partition

送信先番号は、コールが最終的に終端した場所の電話番号を示し、コールが転送または自動転送されていない場合は、着信番号と同じです。送信先番号のパーティションは、送信先番号に関連付けられているパーティションを示します。

Last Rd. No
Last Rd. No Partition

最後のリダイレクト番号は、コールの最後のリダイレクト元となった場所の電話番号を示します。最後のリダイレクト番号のパーティションは、最後のリダイレクト番号に関連付けられているパーティションを示します。

Media Info
Orig Pkts Rcd Dest Pkts Rcd
Orig Pkts Lost Dest Pkts Lost

このフィールドは、コールの発信レッグと着信レッグで受信されたか失われたパケットを示し、メディア情報へのリンクを提供します。CDR および CMR のダンプ テーブルについては、「CDR および CMR のダンプ テーブル」を参照してください。

CDR - CMR Dump

このフィールドは、CDR および CMR のダンプ テーブルへのリンクを提供します。このリンクを使用すると、CDR や CMR のフィールドの値を表示できます。CDR および CMR のダンプ テーブルについては、「CDR および CMR のダンプ テーブル」を参照してください。

メディア情報

メディア情報の表は、次の情報を提供します。 表10-30 を参照してください。

 

表10-30 CDR のメディア情報

フィールド
説明

Origination Leg

コールの発信レッグの(クラスタ内における)一意識別子

Destination Leg

コールの着信レッグの(クラスタ内における)一意識別子

Parameter

メディア パラメータ(MediaTransportAdd_IP、PayLoadCapability、MediaCap_g723BitRate、Packets Sent、Octets Sent、Packets Received、Octets Received、Packets Lost、Jitter、Latency、QoS、VideoCap_Codec、VideoCap_Bandwidth、VideoCap_Resolution、VideoTransportAddress_IP、およびVideoTransportAddress_Port)

Origination

コールの発信レッグに関する、上のすべてのパラメータの値

Destination

コールの着信レッグに関する、上のすべてのパラメータの値

CDR および CMR のダンプ テーブル

CDR と CMR のダンプ テーブルは、次の情報を提供します。 表10-31 を参照してください。


) 音声品質メトリック フィールド[var VQMetrics]の内容は、[Origination CMR]フィールドおよび[Destination CMR]フィールドで閲覧できます。


 

表10-31 CDR および CMR のダンプ テーブル

フィールド
説明

CDR

このフィールドは、呼詳細レコードのフィールドを示します。

Origination CMR

発信元フィールドと送信先フィールドが 1 セットだけ存在します。レッグ ID を使用して発信元 CMR および送信先 CMR を検索できます。CMR のレッグ ID が CDR の Orig/Dest レッグ ID に一致する場合、それ以降のレコードは Orig/Dest CMR を表しています。

Destination CMR

発信元フィールドと送信先フィールドが 1 セットだけ存在します。レッグ ID を使用して発信元 CMR および送信先 CMR を検索できます。CMR のレッグ ID が CDR の Orig/Dest レッグ ID に一致する場合、それ以降のレコードは Orig/Dest CMR を表しています。

次に、CDR ダンプ ファイルの出力例を示します。

CDR ダンプ ファイル出力例

cdrRecordType,globalCallID_callManagerId,globalCallID_callId,orignodeId,destnodeId,origle

gcallIdentifier,destlegidentifier,orignumberPacketsSent,orignumberOctetsSent,orignumberPa

cketsReceived,orignumberOctetsReceived,orignumberPacketsLost,destnumberPacketsSent,destnu

mberOctetsSent,destnumberPacketsReceived,destnumberOctetsReceived,destnumberPacketsLost,

origjitter,destjitter,origlatency,destlatency,pkid,origdeviceName,destdeviceName,origvar

VQMetrics,destvarVQMetrics,globalCallId_ClusterID,callingPartyNumber,finalCalledPartyNum

ber,callingPartyNumberPartition,finalCalledPartyNumberPartition

1,1,233,1,1,31565399,31565400,2159941,371509852,2158009,371177548,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,102

0e21e-111d-4171-b778-fd7e54c2283d,SEP001955098750,9.9.1.95,MLQK=4.5000;MLQKav=4.4270;MLQK

mn=3.6833;MLQKmx=4.5000;MLQKvr=0.95;CCR=0.0018;ICR=0.0000;ICRmx=0.0668;CS=3000;SCS=441,,

StandAloneCluster,1006,1002,,

1,1,234,1,1,31565401,31565402,2159930,371507960,2158063,371186836,2,0,0,0,0,0,0,0,0,0,16b

af132-4c6a-4ad9-bf4b-ac560d2a4cf1,SEP00192F74C18F,9.9.1.95,MLQK=4.4438;MLQKav=4.4274;MLQK

mn=3.7094;MLQKmx=4.5000;MLQKvr=0.95;CCR=0.0018;ICR=0.0000;ICRmx=0.0697;CS=2943;SCS=436,,S

tandAloneCluster,1005,1003,,