Cisco Unified CallManager アドミニストレーション ガイド Release 5.1(3)
依存関係レコード
依存関係レコード
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

目次

依存関係レコード

依存関係レコードの使用可能化

依存関係レコードの使用不可

依存関係レコードへのアクセス

依存関係レコードのボタン

依存関係レコード

この付録では、[Cisco Unified CallManager の管理] 内の依存関係レコードのウィンドウについて説明します。このウィンドウを使用すると、データベース内のどのレコードが特定のレコードを使用するかを判別できます。たとえば、どのデバイス(CTI ルート ポイントや電話機など)が特定のコーリング サーチ スペースを使用するかを判別できます。

Cisco Unified CallManager からレコードを削除する必要がある場合、依存関係レコードを使用すると、削除するレコードと関連付けられたレコードを表示することができます。次に、関連付けられたレコードを、別のレコードと関連付けるように再設定できます。

この付録は、次の項で構成されています。

「依存関係レコードの使用可能化」

「依存関係レコードの使用不可」

「依存関係レコードへのアクセス」

「依存関係レコードのボタン」

依存関係レコードの使用可能化

依存関係レコードにアクセスするには、まず依存関係レコードを使用可能にする必要があります。システムでは、依存関係レコードはデフォルトで使用不可になっています。依存関係レコードを使用可能にする手順は、次のとおりです。


注意 依存関係レコード機能を使用可能にすると、CPU 使用率が高くなります。このタスクは、通常よりも低い優先度で実行され、ダイヤル プランの規模や複雑さ、CPU 速度、他のアプリケーションでの CPU 要求により、完了するまでに時間がかかる場合があります。

手順


ステップ 1 [システム] >[エンタープライズパラメータ] の順に選択します。

ステップ 2 ウィンドウの[CCMAdmin Parameters] 領域にスクロールします。

ステップ 3 [Enable Dependency Records] ドロップダウン リスト ボックスから、[True] を選択します。

依存関係レコードを使用可能にした場合の影響について説明するメッセージが、ダイアログボックスに表示されます。[OK] をクリックする前に、この情報をよく読んでください。

ステップ 4 [OK] をクリックします。

フィールドに[True] が表示されます。

ステップ 5 [保存] をクリックします。


 

依存関係レコードの使用不可

依存関係レコードを使用可能にした後に、システムで CPU 使用率の問題が発生している場合には、依存関係レコードを使用不可にすることができます(システムでは、依存関係レコードはデフォルトで使用不可になっています)。依存関係レコードを使用不可にする手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 [システム] >[エンタープライズパラメータ] の順に選択します。

ステップ 2 ウィンドウの[CCMAdmin Parameters] 領域にスクロールします。

ステップ 3 [Enable Dependency Records] ドロップダウン リスト ボックスから、[False] を選択します。

依存関係レコードに関するメッセージが、ダイアログボックスに表示されます。[OK] をクリックする前に、この情報をよく読んでください。

ステップ 4 [OK] をクリックします。

フィールドに[False] が表示されます。

ステップ 5 [保存] をクリックします。


 

依存関係レコードへのアクセス

Cisco Unified CallManager の設定ウィンドウから依存関係レコードにアクセスするには、[関連リンク] ボックスから [依存関係レコード] を選択し、 [移動] をクリックします。[依存関係レコード要約(Dependency Records Summary)] ウィンドウが表示されます。このウィンドウには、Cisco Unified CallManager の設定ウィンドウに表示されたレコードを使用するレコードの数とタイプが表示されます。


) 依存関係レコードが有効になっていない場合は、[依存関係レコード要約(Dependency Records - Summary)] ウィンドウにメッセージが表示されます(レコードに関する情報は表示されません)。依存関係レコードを使用可能にするには、「依存関係レコードの使用可能化」を参照してください。


たとえば、[デバイスプール設定(Device Pool Configuration)] ウィンドウに Default デバイス プールが表示されている場合、[依存関係レコード] リンクをクリックすると、[依存関係レコード要約(Dependency Records Summary)] ウィンドウに、そのデバイス プールを使用するレコードがすべて表示されます(図A-1 を参照)。

図A-1 [依存関係レコード要約(Dependency Records Summary)] の例

 

依存関係レコードの詳細情報を表示するには、表示対象のレコードをクリックします(たとえば、トランク レコードをクリックします)。[依存関係レコード詳細(Dependency Records Detail)] ウィンドウが表示されます(図A-2 を参照)。元の設定ウィンドウに戻る場合は、[関連リンク] リスト ボックスから[要約に戻る] を選択して [移動] をクリックします。その後、[次に戻る: <設定ウィンドウ名>] を選択して [移動] をクリックするか、または [閉じて戻る] ボタンをクリックします。

図A-2 [依存関係レコード詳細(Dependency Records Detail)] の例

 

[依存関係レコード詳細(Dependency Records Detail)] ウィンドウに表示されているレコードの設定ウィンドウを表示するには、レコードをクリックします。そのレコードの設定ウィンドウが表示されます。たとえば、図A-2 に示されている h225trunk レコードをクリックすると、[トランクの設定(Trunk Configuration)] ウィンドウに、h225trunk に関する情報が表示されます。

依存関係レコードのボタン

[依存関係レコード要約(Dependency Records Summary)] ウィンドウには、次の 3 つのボタンが表示されます。

[リフレッシュ]:ウィンドウを現在の情報で更新する。

[閉じる]:ウィンドウを閉じる。ただし、[依存関係レコード] リンクをクリックした Cisco Unified CallManager の設定ウィンドウには戻らない。

[閉じて戻る]:ウィンドウを閉じ、[依存関係レコード] リンクをクリックした Cisco Unified CallManager の設定ウィンドウに戻る。