Cisco Unified CallManager アドミニストレーション ガイド Release 5.1(3)
Cisco ボイスメール パイロットの設定
Cisco ボイスメール パイロットの設定
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

目次

Cisco ボイスメール パイロットの設定

Cisco ボイスメール パイロットの検索

ボイスメール パイロット番号の設定

ボイスメール パイロットの設定値

ボイスメール パイロット番号の削除

関連項目

Cisco ボイスメール パイロットの設定

ボイスメール パイロット番号は、ユーザが本人のボイス メッセージにアクセスするときにダイヤルする電話番号を指定します。Cisco Unified CallManager は、ユーザが電話機上の[メッセージ]ボタンを押すと自動的にこのボイス メッセージ番号にダイヤルします。各ボイスメール パイロット番号は、異なったボイス メッセージ システムに属することができます。

次のトピックでは、ボイスメール パイロットの設定について説明します。

「Cisco ボイスメール パイロットの検索」

「ボイスメール パイロット番号の設定」

「ボイスメール パイロットの設定値」

「ボイスメール パイロット番号の削除」

Cisco Unified CallManager システム ガイド 』の「ボイスメールの Cisco Unified CallManager への接続性」

Cisco Unified CallManager システム ガイド 』の「Cisco Unity 設定チェックリスト」

Cisco ボイスメール パイロットの検索

ネットワーク内にはいくつかの Cisco ボイスメール パイロットが存在することがあるので、Cisco Unified CallManager では、固有の条件を指定して、特定の Cisco ボイスメール パイロットを見つけることができます。Cisco ボイスメール パイロットを見つける手順は、次のとおりです。


) Cisco Unified CallManager の管理ページでは、ブラウザ セッションでの作業中は、Cisco ボイスメール パイロットの検索設定が保持されます。別のメニュー項目に移動してからこのメニュー項目に戻ってくる場合でも、検索に変更を加えたり、ブラウザを閉じたりしない限り、Cisco ボイスメール パイロットの検索設定は保持されます。


手順


ステップ 1 [ボイスメール] >[ボイスメールパイロット] の順に選択します。

[ボイスメールパイロットの検索と一覧表示(Find and List Voice Mail Pilots)]ウィンドウが表示されます。2 つのドロップダウン リスト ボックスを使用して、Cisco ボイスメール パイロットを検索します。

ステップ 2 最初の[検索対象: ボイスメールパイロット、検索条件:]ドロップダウン リスト ボックスから、次の条件のいずれかを選択します。

[ボイスメールパイロット番号]

[説明]

[コーリングサーチスペース名]


) このドロップダウン リスト ボックスで選択する条件によって、検索時に生成される Cisco ボイスメール パイロット リストのソート方法が決まります。たとえば、[コーリングサーチスペース名]を選択すると、[コーリングサーチスペース(Calling Search Space)]列が結果リストの左側の列に表示されます。


2 番目の[検索対象: ボイスメールパイロット、検索条件:]ドロップダウン リスト ボックスから、次の条件のいずれかを選択します。

[が次の文字列で始まる]

[が次の文字列を含む]

[が次の文字列と等しい]

[が次の文字列で終わる]

[が空である]

[が空ではない]

ステップ 3 必要に応じて適切な検索テキストを指定し、 [検索] をクリックします。また、ページごとに表示する項目の数も指定できます。


ヒント データベースに登録されている Cisco ボイスメール パイロットをすべて検索するには、検索テキストを入力せずに[検索]をクリックします。

検出された Cisco ボイスメール パイロットのリストが、次の項目別に表示されます。

[説明(Description)]

[パイロット番号(Pilot Number)]

[コーリングサーチスペース(Calling Search Space)]


) 該当する Cisco ボイスメール パイロットの横にあるチェックボックスをオンにして[選択項目の削除]をクリックすると、[ボイスメールパイロットの検索と一覧表示(Find and List Voice Mail Pilots)]ウィンドウから複数の Cisco ボイスメール パイロットを削除できます。検索結果表示のタイトルバーにあるチェックボックスをオンにして[選択項目の削除]をクリックすると、ウィンドウ内のすべての Cisco ボイスメール パイロットを削除できます。


ステップ 4 レコードのリストから、検索条件と一致する ボイスメールパイロットのアイコン、デバイス名、説明、または関連するデバイスプールをクリックします。

選択した Cisco ボイスメール パイロットがウィンドウに表示されます。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

ボイスメール パイロット番号の設定

ボイスメール パイロット番号を設定する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 [ボイスメール] >[ボイスメールパイロット] の順に選択します。

ステップ 2 [新規追加] リンクをクリックします。

ステップ 3 適切な設定値を設定します( 表66-1 を参照)。

ステップ 4 新規ボイスメール パイロット番号を追加する場合や、既存のボイスメール パイロット番号の設定を更新する場合は、 [保存] をクリックします。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

ボイスメール パイロットの設定値

表66-1 では、ボイスメール パイロットの設定値について説明します。

 

表66-1 ボイスメール パイロットの設定値

フィールド
説明

[ボイスメールパイロット番号(Voice Mail Pilot Number)]

ボイスメール パイロット番号を識別する番号を入力します。

[コーリングサーチスペース(Calling Search Space)]

ドロップダウン リスト ボックスから、適切なコーリング サーチ スペースを選択します。コーリング サーチ スペースは、このパイロット番号からコールされる番号を見つけるために検索されるパーティションの集合から構成されます。

Max List Box Items エンタープライズ パラメータを使用して、このドロップダウン リスト ボックスで表示するコーリング サーチ スペースの数を設定できます。Max List Box Items エンタープライズ パラメータで指定した数よりも多くのコーリング サーチ スペースが存在する場合、ドロップダウン リスト ボックスの横に [検索] ボタンが表示されます。 [検索] ボタンをクリックして、[コーリング サーチ スペースの検索と一覧表示(Find and List Calling Search Spaces)]ウィンドウを表示します。コーリング サーチ スペースの検索条件のフィールドで、検索条件を選択し、コーリング サーチ スペース名の一部を入力します。表示されたコーリング サーチ スペースのリストで、指定したいコーリング サーチ スペースの横にあるチェックボックスをオンにし、 [選択項目の追加] をクリックします。


) リスト ボックスの最大項目を設定するには、[システム] >[エンタープライズパラメータ]の順に選択し、
[CCMAdmin Parameters]を選択します。


[説明(Description)]

パイロット番号の説明を記述します。

[システムのデフォルトボイスメールパイロットに設定(Make this the default Voice Mail Pilot for the system)]

チェックボックスをオンにして、このパイロット番号をそのシステムのボイスメール パイロットのデフォルトにします。


) [システムのデフォルトボイスメールパイロットに設定(Make this the default Voice Mail Pilot for the system)]ボックスをオンにすると、このボイスメール パイロット番号は、現在のデフォルト パイロット番号を置き換えます。


追加情報

「関連項目」を参照してください。

ボイスメール パイロット番号の削除

ボイスメール パイロット番号を削除する手順は、次のとおりです。[Default]または[No Voice Mail]のプロファイル番号は、削除できません。

始める前に

ボイスメール プロファイルが使用するボイスメール パイロット番号は、削除できません。ボイスメール パイロットを使用しているボイスメール プロファイルを検索するには、[ボイスメールパイロットの設定(Voice Mail Pilot Configuration)]ウィンドウの[関連リンク]ドロップダウン リスト ボックスから [依存関係レコード] を選択し、 [移動] をクリックします。依存関係レコードがシステムで使用可能になっていない場合、[依存関係レコード要約(Dependency Records Summary)]ウィンドウにメッセージが表示されます。依存関係レコードの詳細については、「依存関係レコードへのアクセス」を参照してください。使用されているボイスメール パイロットを削除しようとすると、Cisco Unified CallManager はメッセージを表示します。現在使用されているボイスメール パイロットを削除する場合は、事前に、次の作業のどちらか一方または両方を実行しておく必要があります。

削除するボイスメール パイロットを使用しているボイスメール プロファイルすべてに、別のボイスメール パイロットを割り当てる。「ボイスメール プロファイルの設定」を参照してください。

削除するボイスメール パイロットを使用しているボイスメール プロファイルを削除する。「ボイスメール プロファイルの削除」を参照してください。

手順


ステップ 1 [ボイスメール] >[ボイスメールパイロット] の順に選択します。

ステップ 2 削除する Cisco ボイスメール パイロットをクリックします。

ステップ 3 [削除] をクリックします。

確認ウィンドウが表示されます。


) [Default]または[No Voice Mail]のパイロット番号を選択した場合、[削除]ボタンは表示されません。


ステップ 4 ボイスメール パイロットを削除するには、 [OK] をクリックします。削除操作を取り消すには、 [キャンセル] をクリックします。

ボイスメール プロファイルがこのボイスメール パイロット番号を使用している場合は、このボイスメール パイロット番号を使用しているボイスメール プロファイルの番号を示すメッセージが表示されます。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

関連項目

「Cisco ボイスメール パイロットの検索」

「ボイスメール パイロット番号の設定」

「ボイスメール パイロットの設定値」

「ボイスメール パイロット番号の削除」

Cisco Unified CallManager システム ガイド 』の「ボイスメールの Cisco Unified CallManager への接続性」

Cisco Unified CallManager システム ガイド 』の「Cisco Unity 設定チェックリスト」

「メッセージ受信の設定」

「ボイスメール プロファイルの設定」