Cisco Unified CallManager アドミニストレーション ガイド Release 5.1(3)
ライセンス機能割り当ての設定
ライセンス機能割り当ての設定
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

目次

ライセンス機能割り当ての設定

ライセンス機能割り当ての検索

1 人のユーザに対する機能割り当ての設定

複数ユーザに対する機能割り当ての設定

ライセンス機能割り当ての設定値

関連項目

ライセンス機能割り当ての設定

機能割り当てによって、システム管理者はユーザに対して Cisco Unified Presence Server(CUPS)および Cisco Unified Personal Communicator(CUPC)機能を有効にできます。CUPS および CUPC のライセンスが利用可能であることを確認する必要があります。

ライセンス機能割り当ては、既存のユーザに対して行います。開始する前に、 [ユーザ管理]>[エンドユーザ] の順に選択し、 [検索] をクリックして、システムにそのユーザが存在することを確認してください。

ユーザに対する機能割り当ての設定を開始する前に、 [ライセンス] >[ライセンスユニット計算] を選択して、システムに必要な CUPS(サーバおよびクライアント)ライセンスと CUPC ライセンスの数を決定します。 [ライセンス]>[ライセンスファイルのアップロード] を使用して、必要なライセンスを取得します。 [ライセンス]>[ライセンスユニットレポート] を使用して、合計ライセンスを確認してください。

ライセンス機能割り当てを追加または更新するには、次のトピックを参照してください。

「ライセンス機能割り当ての検索」

「1 人のユーザに対する機能割り当ての設定」

「複数ユーザに対する機能割り当ての設定」

「ライセンス機能割り当ての設定値」

「関連項目」

ライセンス機能割り当ての検索

ネットワーク内にはユーザに対していくつかのライセンス機能割り当てが存在することがあるので、Cisco Unified CallManager の管理ページでは、固有の条件を指定して、特定の機能割り当てを見つけることができます。機能割り当てを検索する手順は、次のとおりです。


) Cisco Unified CallManager の管理ページでは、ブラウザ セッションでの作業中は、機能割り当ての検索設定が保持されます。別のメニュー項目に移動してからこのメニュー項目に戻ってくる場合でも、検索に変更を加えたり、ブラウザを閉じたりしない限り、機能割り当ての検索設定は保持されます。


手順


ステップ 1 [システム] >[ライセンス] >[機能割り当て] の順に選択します。

[機能割り当ての検索と一覧表示(Find and List Capabilities Assignment)]ウィンドウが表示されます。2 つのドロップダウン リスト ボックスを使用して、機能割り当てを検索します。

ステップ 2 最初の[検索対象: 機能割り当て、検索条件:]ドロップダウン リスト ボックスから、次の条件のいずれかを選択します。

[ユーザID]

[姓]

[マネージャ]

[部署名]

2 番目の[検索対象: 機能割り当て、検索条件:]ドロップダウン リスト ボックスから、次の条件のいずれかを選択します。

[が次の文字列で始まる]

[が次の文字列を含む]

[が次の文字列で終わる]

[が次の文字列と等しい]

[が空である]

[が空ではない]

ステップ 3 必要に応じて適切な検索テキストを指定し、 [検索] をクリックします。また、ページごとに表示する項目の数も指定できます。


ヒント データベースに登録されている機能割り当てをすべて検索するには、検索テキストを入力せずに[検索]をクリックします。

検出された機能割り当てのリストが、次の項目別に表示されます。

[ユーザID(User ID)]

[姓(Last Name)]

[マネージャ(Manager)]

[部署名(Department)]

[UPS有効(UPS Enabled)]

[UPC有効(UPC Enabled)]

ステップ 4 レコードのリストから、機能割り当てを行う対象のユーザ名をクリックします。

[機能割り当ての設定(Capabilities Assignments Configuration)]ウィンドウが表示されます。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

1 人のユーザに対する機能割り当ての設定

Cisco Unified CallManager データベースに 1 人のユーザの機能割り当てを追加する手順、およびデータベース内の機能割り当てを更新する手順は、次のとおりです。

始める前に

機能割り当てを設定する前に、[システム]メニューの[ライセンスファイルのアップロード]を使用して、シスコシステムズからライセンスを取得する必要があります。

手順


ステップ 1 [システム] > [ライセンス] >[機能割り当て] の順に選択します。

[機能割り当ての検索と一覧表示(Find and List Capabilities Assignment)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 新しい機能割り当てを追加するか、既存の機能割り当てを更新する場合は、該当する機能割り当てを見つけて(「ライセンス機能割り当ての検索」を参照)、ステップ 3 に進みます。

[機能割り当ての設定(Capabilities Assignments Configuration)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 適切なチェックボックスをオンにします( 表26-1 を参照)。

ステップ 4 [保存] をクリックして、機能割り当て情報をデータベースに保存します。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

複数ユーザに対する機能割り当ての設定

Cisco Unified CallManager データベースに複数ユーザの機能割り当てを追加する手順、およびデータベース内の機能割り当てを更新する手順は、次のとおりです。

始める前に

機能割り当てを設定する前に、[システム]メニューの[ライセンスファイルのアップロード]を使用して、シスコシステムズからライセンスを取得する必要があります。


) 一括割り当て機能を使用すると、最大 250 ユーザに対してライセンスを割り当てることができます。


手順


ステップ 1 [システム] > [ライセンス] >[機能割り当て] の順に選択します。

[機能割り当ての検索と一覧表示(Find and List Capabilities Assignment)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 新しい機能割り当てを追加するか、既存の機能割り当てを更新する場合は、該当する機能割り当てを見つけて(「ライセンス機能割り当ての検索」を参照)、ステップ 3 に進みます。

ステップ 3 複数ユーザに対して新しい機能割り当てを有効にするか、既存の機能割り当てを更新するには、そのユーザの横にあるチェックボックスをオンにするか、 [すべてを選択] ボタンをクリックします。

ステップ 4 [一括割り当て] ボタンをクリックします。

[機能割り当ての設定(Capabilities Assignment Configuration)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 5 適切なチェックボックスをオンにします( 表26-1 を参照)。

ステップ 6 [保存] をクリックして、機能割り当て情報をデータベースに保存します。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

ライセンス機能割り当ての設定値

表26-1 では、ライセンス機能割り当ての設定値について説明します。関連する手順については、「関連項目」を参照してください。

 

表26-1 ライセンス機能割り当ての設定値

フィールド
説明
[ユーザ情報(User Information)]

[ユーザID(User ID)]

機能割り当てを有効にするユーザの名前を表示します。

[機能割り当て情報(Capabilities Assignment Information)]

[UPS(Unified Presence Server)を有効にする(Enable UPS)]

このユーザに対して CUPS を有効にするには、[UPS(Unified Presence Server)を有効にする(Enable UPS)]チェックボックスをオンにします。

[UPC(Unified Personal Communicator)を有効にする(Enable UPC)]

このユーザに対して CUPC を有効にするには、[UPC(Unified Personal Communicator)を有効にする(Enable UPC)]チェックボックスをオンにします。CUPS と CUPC の両方を有効にできますが、CUPC が必要な場合は、CUPS も有効にする必要があります。