Cisco Unified CallManager アドミニストレーション ガイド Release 5.1(3)
サーバの設定
サーバの設定
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

目次

サーバの設定

サーバの検索

サーバの設定

サーバの削除

サーバの設定値

関連項目

サーバの設定

サーバの設定では、Cisco Unified CallManager がインストールされるサーバのアドレスを指定します。ご使用のネットワークでドメイン ネーム システム(DNS)サービスを使用している場合、サーバのホスト名を指定することができます。ネットワークで DNS サービスを使用していない場合は、サーバのインターネット プロトコル(IP)アドレスを使用する必要があります。


) 適切な Cisco Unified CallManager 名とアドレス情報で、まず DNS サーバを更新した後、その情報を使用して、Cisco Unified CallManager サーバを設定する必要があります。


Cisco Unified CallManager データベースでサーバ アドレスを追加、更新、または削除する方法については、「関連項目」を参照してください。

サーバの検索

ネットワーク内にはいくつかのサーバが存在することがあるので、Cisco Unified CallManager では、固有の条件を指定して、特定のサーバを見つけることができます。サーバを見つける手順は、次のとおりです。


) ブラウザ セッションでの作業中は、検索/リストの検索設定がクライアント マシンの cookie に保存されます。他のメニュー項目に移動してからこのメニュー項目に戻ってくる場合や、ブラウザを閉じてから再び新しくブラウザ ウィンドウを開いた場合でも、検索に変更を加えない限り、Cisco Unified CallManager の検索設定は保持されます。


手順


ステップ 1 [システム] >[サーバ] の順に選択します。

[サーバの検索と一覧表示(Find and List Servers)]ウィンドウが表示されます。2 つのドロップダウン リスト ボックスを使用して、サーバを検索します。

ステップ 2 [サーバの検索と一覧表示(Find and List Servers)]ウィンドウの最初のドロップダウン リスト ボックスから、次の条件のいずれかを選択します。

[ホスト名/IPアドレス]

[説明]

[サーバの検索と一覧表示(Find and List Servers)]ウィンドウの 2 番目のドロップダウン リスト ボックスから、次の条件のいずれかを選択します。

[が次の文字列で始まる]

[が次の文字列を含む]

[が次の文字列と等しい]

[が次の文字列で終わる]

[が空である]

[が空ではない]

ステップ 3 必要に応じて適切な検索テキストを指定し、 [検索] をクリックします。


ヒント データベースに登録されているサーバをすべて検索するには、検索テキストを入力せずに[検索]をクリックします。

検出されたサーバのリストが、次の項目別に表示されます。

[ホスト名/IPアドレス(Host Name/IP Address)]

[説明(Description)]

[サーバの検索と一覧表示(Find and List Servers)]ウィンドウでは、ページごとに表示する項目の数も指定できます。


) 該当するサーバの横にあるチェックボックスをオンにして[選択項目の削除]をクリックすると、[サーバの検索と一覧表示(Find and List Servers)]ウィンドウから複数のサーバを削除できます。検索結果表示のタイトルバーにあるチェックボックスをオンにして[選択項目の削除]をクリックすると、ウィンドウ内のすべてのサーバを削除できます。

サーバを削除する前に、「サーバの削除」に示す考慮事項を確認してください。


ステップ 4 レコードのリストから、検索条件と一致するサーバ名をクリックします。

選択したサーバがウィンドウに表示されます。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

サーバの設定

Cisco Unified CallManager データベースにサーバ アドレスを追加する手順、およびデータベース内のサーバ アドレスを更新する手順は、次のとおりです。

始める前に

サーバを追加する場合は、次のガイドラインに従ってください。

各サーバは、[サーバの設定(Server Configuration)]ウィンドウで一度だけ追加するようにしてください。ホスト名を使用してサーバを追加し、その後同じサーバを IP アドレスを使用して追加すると、Cisco Unified CallManager は、アップグレード後にサーバのコンポーネント バージョンを正しく判別できません。[Cisco Unified CallManagerの管理]に同じサーバのエントリが 2 つある場合は、アップグレードする前にエントリのどちらかを削除します(「サーバの削除」を参照)。

手順


ステップ 1 次の作業のいずれかを実行します。

サーバを追加するには、 [システム] > [サーバ] を選択し、 [新規追加] をクリックします。

サーバを更新するには、「サーバの検索」の手順を使用してサーバを検索します。

[サーバの設定(Server Configuration)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 適切な設定値を入力します( 表2-1 を参照)。

ステップ 3 ウィンドウ左上のツールバーに表示されている [保存] アイコンをクリックして(または、ウィンドウの一番下に表示されている [保存] ボタンをクリックして)、データを保存し、サーバをデータベースに追加します。

サーバの設定の変更を有効にするには、Cisco Unified CallManager を再起動します。Cisco Unified CallManager サービスの再起動については、『 Cisco Unified CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド 』を参照してください。


 


) Cisco Unified CallManager の新規インストールを実行する場合は、2 番目以降の各サーバ(ノード)上に Cisco Unified CallManager ソフトウェアをインストールする前に、[Cisco Unified CallManagerの管理]の[サーバの設定(Server Configuration)]ウィンドウで、それらの各サーバを定義する必要があります。2 番目以降のノードを定義するには、[新規追加]をクリックし(ステップ 1 を参照)、サーバを設定します。2 番目以降のサーバを追加したら、そのサーバに Cisco Unified CallManager ソフトウェアをインストールすることができます。


追加情報

「関連項目」を参照してください。

サーバの削除

Cisco Unified CallManager データベースからサーバを削除する手順は、次のとおりです。

始める前に

サーバを削除する前に、次の情報を考慮してください。

Cisco Unified CallManager の管理ページでは、クラスタ内の最初のノードは削除できませんが、2 番目以降のノードは削除できます。

Cisco Unified CallManager が動作しているノードは、そのノードに電話機などのデバイスが登録されている場合は特に、削除しないことをお勧めします。

2 番目以降のノードに対して依存関係レコードが存在する場合でも、依存関係レコードによってノードの削除が妨げられることはありません。サーバを使用している Cisco Unified CallManager を検索するには、[サーバの設定(Server Configuration)]ウィンドウの[関連リンク]ドロップダウン リスト ボックスから [依存関係レコード] を選択し、 [移動] をクリックします。

削除しようとしているノード上の Cisco Unified CallManager にコール パーク番号が設定されている場合、削除は失敗します。ノードを削除する前に、Cisco Unified CallManager の管理ページでコール パーク番号を削除する必要があります。

サーバを削除すると、MOH サーバなど一部のデバイスが自動的に削除されます。

ノードを削除する前に、2番目以降のノード上でアクティブになっているサービスを非アクティブにすることをお勧めします。この作業を実行すると、ノードの削除後にサービスが機能するようになります。

サーバを削除してからクラスタに再追加するには、「Cisco Unified CallManager の管理ページでのサーバの削除と再追加」を参照してください。

手順


ステップ 1 [サーバの検索と一覧表示(Find and List Servers)]ウィンドウからサーバを削除するには、「サーバの検索」の手順を使用してサーバを検索します。

[サーバの検索と一覧表示(Find and List Servers)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 一致するレコードのリストから、削除するサーバを選択します。

ステップ 3 ウィンドウ左上のツールバーに表示されている [選択項目の削除] アイコンをクリックして(または、ウィンドウの一番下に表示されている [選択項目の削除] ボタンをクリックして)、サーバを削除します。

ステップ 4 Cisco Unified CallManager の管理ページに、「1つ以上のサーバを完全に削除しようとしています。この操作を取り消すことはできません。続行しますか?」というメッセージが表示されます。 [OK] をクリックすると、サーバが Cisco Unified CallManager データベースから削除され、使用できなくなります。


ヒント [サーバの設定(Server Configuration)]ウィンドウに特定のサーバが表示されている場合、[削除]をクリックしてサーバを削除できます。Cisco Unified CallManager の管理ページに、「このサーバを完全に削除しようとしています。この操作を取り消すことはできません。続行しますか?」というメッセージが表示されます。[OK]をクリックすると、サーバが Cisco Unified CallManager データベースから削除され、使用できなくなります。

ステップ 5 クラスタ内のサーバを再起動します。


 


ヒント 2 番目以降のサーバを削除し、その後でクラスタに再追加する場合は、「Cisco Unified CallManager の管理ページでのサーバの削除と再追加」を参照してください。


Cisco Unified CallManager の管理ページでのサーバの削除と再追加


ステップ 1 Cisco Unified CallManager の管理ページで、削除したサーバを追加します(「サーバの設定」を参照してください)。

ステップ 2 2 番目以降のノードを Cisco Unified CallManager の管理ページに追加したら、ソフトウェア キットで提供された 5.X ディスクを使用して、そのノード上に Cisco Unified CallManager をインストールする必要があります。

5.1(3) ディスクがある場合は、ノード上で 5.1(3) インストールを実行します。それ以前のバージョンの 5.X ディスク(5.0(1)、5.0(4)、5.1(1)、5.1(2) など)がある場合は、5.X ディスクを使用して、2 番目以降のノードに Cisco Unified CallManager をインストールします。インストール中に複数のオプションが表示されたら、 Upgrade During Install オプションを選択します。


ヒント 2 番目以降のノードにインストールするバージョンは、クラスタ内の最初のノード(パブリッシャ)で動作しているバージョンと一致させます。

たとえば、クラスタ内の最初のノードで 5.1(3) および Service Release(または Engineering Special)が動作している場合、5.X インストールでいくつかのインストール オプションが表示されたら[Upgrade During Install]オプションを選択する必要があります。このオプションを選択する前に、DVD またはリモート サーバ上の Service Release(または Engineering Special)イメージにアクセスできることを確認してください。インストール実行方法の詳細については、『Cisco Unified CallManager 5.1(3) インストレーション ガイド』を参照してください。

ステップ 3 Cisco Unified Communications Manager をインストールした後は、後続のノードを設定します(『 Cisco Unified CallManager 5.1(3) インストレーション ガイド 』を参照してください)。


 

追加情報

「関連項目」を参照してください。

サーバの設定値

表2-1 では、サーバの設定値について説明します。関連する手順については、「関連項目」を参照してください。

 

表2-1 サーバ設定値

[サーバ情報(Server Information)]フィールド
説明

[ホスト名/IP アドレス]

ネットワークで DNS サービスを使用している場合、Cisco Unified CallManager サーバのホスト名を入力します。DNS サービスを使用していない場合は、サーバの完全な IP アドレスを入力する必要があります。


) 適切な Cisco Unified CallManager 名とアドレス情報で、まず DNS サーバを更新した後、この設定をする必要があります。


[MACアドレス]

このエントリはオプションです。

Cisco Unified CallManager サーバにあるネットワーク インターフェイス カード(NIC)のメディア アクセス制御(MAC)アドレスを入力します。MAC アドレスは、NIC のパーマネント ハードウェア アドレスを示します。

ヒント サーバをネットワーク上の別の場所に移動させることが多い場合は、MAC アドレスを入力して、そのサーバをネットワーク上の他のデバイスが常に識別できるようにする必要があります。サーバを移動する予定がない場合は、MAC アドレスは入力してもしなくてもかまいません。

[説明]

このエントリはオプションです。

サーバの説明を入力します。