Cisco Unified Communications Manager Bulk Administration ガイド Release 6.0(1)
ライン アピアランス
ライン アピアランス
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

ライン アピアランス

ライン アピアランスのエクスポート

ライン アピアランスの更新

関連項目

ライン アピアランス

ライン アピアランスとは、デバイスに対する回線のつながりを意味します。現在のエンド ユーザは、回線ではなくむしろライン アピアランスにリンクされていると言えます。

以前は、シェアドラインなどの関係について詳細なプレゼンス情報が CUP に提供されなかったため、プレゼンスの状態が不正確または不完全になっていました。ライン アピアランス機能を使うと、1 人のユーザに複数のライン アピアランスが関連付けられている場合、詳細な情報を提供できます。

BAT の[ラインアピアランス]メニューを使用して、ライン アピアランスをエクスポートおよび更新できます。

ライン アピアランスのエクスポート

ライン アピアランスの更新

ライン アピアランスのエクスポート

複数のレコードに対応できるように、Cisco Unified Communications Manager では、固有の検索条件に基づいて特定のレコードを探し出すことができます。レコードを見つける手順は、次のとおりです。


) ブラウザ セッションの作業中、検索/一覧表示の検索プリファレンスはクライアント マシンのクッキーに格納されます。別のメニュー項目に移動してからこのメニュー項目に戻った場合、またはブラウザを閉じてから新しいブラウザ ウィンドウを再度開いた場合、検索を変更するまで Cisco Unified Communications Manager 検索プリファレンスが維持されます。


ライン アピアランスをエクスポートする手順は、次のとおりです。

始める前に

1. エクスポートするライン アピアランスの詳細が記載されたテキスト ファイルを作成します。

2. カスタム ファイルを Cisco Unified Communications Manager の最初のノードにアップロードします。詳細については、「ファイルのアップロード」を参照してください。

手順


ステップ 1 [一括管理]>[ユーザ]>[ラインアピアランス] >[ラインアピアランスのエクスポート]の順に選択します。

[ユーザエクスポートのクエリー]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 データベース内のすべてのレコードを検索するには、ダイアログボックスが空であることを確認して、ステップ 3 に進みます。

レコードをフィルタまたは検索する手順は、次のとおりです。

最初のドロップダウン リスト ボックスから、検索パラメータを選択します。

2 番目のドロップダウン リスト ボックスから、検索パターンを選択します。

必要に応じて、適切な検索テキストを指定します。


) 他の検索条件を追加するには、[+]ボタンをクリックします。検索条件を追加した場合、指定したすべての検索条件に一致するレコードが検索されます。検索条件を削除するには、[-]ボタンをクリックして、最後に追加した条件を削除するか、[フィルタのクリア]ボタンをクリックして、追加した検索条件をすべて削除します。


ステップ 3 [検索] をクリックします。

すべてのレコードまたは一致するレコードが表示されます。各ページに表示される項目の数は、[ページあたりの行数]ドロップダウン リスト ボックスで異なる値を選択して変更できます。


) 複数のレコードをデータベースから削除するには、該当するレコードの横のチェックボックスをオンにし、[選択項目の削除]をクリックします。[すべてを選択]をクリックして[選択項目の削除]をクリックすると、この選択内容の設定可能なすべてのレコードを削除できます。


ステップ 4 表示されたレコードのリストで、表示するレコードのリンクをクリックします。


) ソート順序を逆にするには、リスト ヘッダーの上向き矢印または下向き矢印をクリックします(ある場合)。


選択した項目がウィンドウに表示されます。

ステップ 5 [次へ]をクリックします。[ラインアピアランスのエクスポートの設定(Export Line Appearance Configuration)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 6 [ファイル名(File Name)]フィールドにカスタム ファイルのファイル名を入力します。

ステップ 7 [ファイル形式(File Format)]ドロップダウン リスト ボックスでファイル形式を選択します。デフォルトでは、「Line Appearance Format」が選択されています。

ステップ 8 次のチェックボックスの 1 つ以上をオンにします。

[CUPユ―ザのラインアピアランスのみエクスポート(Export line appearances for CUP Users only)]:CUP ユーザに対してのみエクスポート操作を実行します。

[すべてのプライマリ内線のラインアピアランスのエクスポート(Export line appearances for all the primary extensions)]:ユーザが関連付けられた回線を共有するすべてのデバイスのライン アピアランスをエクスポートします。

[関連付けられているデバイスのラインアピアランスのエクスポート(Export line appearances for the devices associated)]:ユーザが関連付けられたデバイスを共有するすべての回線のライン アピアランスをエクスポートします。

ステップ 9 [ジョブ情報(Job Information)]領域に、ジョブの説明を入力します。

ステップ 10 [今すぐ実行]オプション ボタンをクリックしてパスワードまたは PIN を即座に変更するか、[後で実行]をクリックして後で変更します。

ステップ 11 [送信] をクリックして、ライン アピアランスをエクスポートするジョブを作成します。

ステップ 12 [一括管理]メイン メニューの[ジョブスケジューラ]オプションを使用して、このジョブのスケジュールやアクティブ化を行います。

ジョブの詳細については、 「ジョブのスケジュール」 を参照してください。

ステップ 13 ログ ファイルの詳細については、「BAT ログ ファイル」を参照してください。ログ ファイルには、更新されたユーザ数と失敗したレコード数(エラー コードを含む)が示されます。


 

その他の項目

詳細については、「関連項目」を参照してください。

ライン アピアランスの更新

始める前に

1. 更新するライン アピアランスについて次の詳細を記載するテキスト ファイルを作成します。

ユーザ ID

デバイス

電話番号

パーティション(オプション)

2. テキスト ファイルで 1 行に 1 項目ずつ配置します。

3. カスタム ファイルを Cisco Unified Communications Manager サーバにアップロードします。ファイルのアップロードの詳細については、「ファイルのアップロード」を参照してください。

カスタム ファイルに記載されているライン アピアランスを更新する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 [一括管理]>[ユーザ]>[ラインアピアランス]>[ラインアピアランスの更新] の順に選択します。

[ラインアピアランスの更新の設定(Update Line Appearance Configuration)]ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 [ファイル名]ドロップダウン リスト ボックスから、カスタム ファイル名を選択します。

ステップ 3 CUP ユーザのライン アピアランスのみを更新する場合は、[CUPユーザのラインアピアランスのみ更新(Update line appearance for CUP users only)]チェックボックスをオンにします。

ステップ 4 [ジョブ情報(Job Information)]領域に、ジョブの説明を入力します。

ステップ 5 [今すぐ実行]オプション ボタンをクリックして電話機レコードを即座に削除するか、[後で実行]をクリックして電話機レコードを後で削除します。

ステップ 6 [送信] をクリックして、電話機レコードを削除するジョブを作成します。

ステップ 7 [ジョブスケジューラ(Job Scheduler)]ウィンドウで、このジョブのスケジュールやアクティブ化を行います。

ジョブの詳細については、 「ジョブのスケジュール」 を参照してください。

ログ ファイルの詳細については、「BAT ログ ファイル」を参照してください。


 

その他の項目

詳細については、「関連項目」を参照してください。