Cisco Unified CallManager 新規および変更情報ガイド Release 5.1(1)
拡張された即時転送機能
拡張された即時転送機能
発行日;2012/01/16 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

拡張された即時転送機能

拡張された即時転送機能

Cisco Unified CallManager 5.1 では、ユーザが着信コールを自分のボイス メッセージ システムまたは元の着信側のボイス メッセージ システムに直接転送できるようになり、[即転送]キーの機能が拡張されています。この機能を Cisco Unified CallManager の管理ページで設定する方法については、このマニュアルの「Cisco Unified CallManager 機能およびサービス ガイド」のパートにある「即時転送」の章を参照してください。

電話機ユーザがボイス メッセージ システムにコールを発信する方法

ユーザは[即転送]を使用して、アクティブなコール、呼び出し中のコール、または保留中のコールを自分のボイス メッセージ システムに送信できます。コールのタイプとユーザの電話機の設定によっては、[即転送]を使用して別のユーザのボイス メッセージ システムにコールを発信することもできます。

コールが最初は別のユーザの電話機に発信された場合、ユーザは[即転送]を使用して、自分のボイス メッセージ システムまたは元の着信側のボイス メッセージ システムにコールを転送できます。システム管理者は、このオプションを有効にしておく必要があります。

コールがユーザに直接発信された場合(転送または自動転送ではない場合)、またはユーザの電話機が前述のオプションをサポートしない場合は、[即転送]を使用して、コールをユーザ自身のボイス メッセージ システムに転送します。

拡張された即時転送機能をサポートする電話機

Cisco Unified IP Phone 7906G および 7911G(SCCP および SIP)

Cisco Unified IP Phone 7961G/GE および 7941G/GE(SCCP および SIP)

Cisco Unified IP Phone 7970G/7971G-GE(SCCP および SIP)

Cisco Unified IP Phone 7905G および 7912G(SCCP のみ)

Cisco Unified IP Phone 7960G および 7940G(SCCP のみ)