Cisco CallManager 機能およびサービス ガイド Release 3.3(3)
Cisco IP Manager Assistant
Cisco IP Manager Assistant
発行日;2012/02/26 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco IP Manager Assistant

CiscoIPMA の概要

CiscoIPMA アーキテクチャの概要

CiscoIPMA サービス

デスクトップ インターフェイス

CiscoIP Phone のインターフェイス

Cisco IPMA のデータベースおよびディレクトリ アクセス アーキテクチャ

マネージャのインターフェイス

アシスタントのインターフェイス

ソフトキー

マネージャおよびアシスタント管理用のインターフェイス

Cisco IPMA のシステム要件

インタラクションおよび制限事項

インタラクション

Bulk Administration Tool

エクステンション モビリティ

レポート ツール

制限事項

CiscoIPMA のインストールと有効化

CiscoIPMA の設定

CiscoIPMA の設定チェックリスト

システムの設定

CiscoIPMA Configuration Wizard

コール検索スペースとパーティション

CiscoIPMA ルート ポイント

CiscoIPMA 変換パターン

CiscoIPMA のサービス パラメータの設定

CiscoTomcat サービスの開始

CiscoIP Phone サービス設定

マネージャおよびアシスタントの電話機の設定

マネージャの電話機

アシスタントの電話機

マネージャおよびアシスタント以外のユーザの電話機

マネージャおよびアシスタントの設定

マネージャの設定とアシスタントの割り当て

マネージャの設定の変更

アシスタントのプロキシ回線と着信インターコム回線を設定する

アシスタントの設定の変更

ダイヤル規則の設定

ダイヤル規則設定の設計

ダイヤル規則設定のエラー チェック

ダイヤル規則の追加

ダイヤル規則の変更

社内ディレクトリを使用するための LDAPConfig.ini ファイルの設定

CiscoIPMA のマネージャおよびアシスタントへの情報提供

Assistant Console アプリケーションのインストール

スクリプト ファイルのパラメータ

マネージャの設定

CiscoIPMA のトラブルシューティング

その他の情報

Cisco IP Manager Assistant

Cisco IP Manager Assistant(Cisco IPMA)の機能を利用すると、マネージャとアシスタントが一層効果的に連携できるようになります。

IPMA の機能は、コール ルーティング サービス、マネージャ用の電話機機能拡張、および、主にアシスタントが使用するデスクトップ インターフェイスで構成されます。

コール ルーティング サービスは、マネージャ宛のコールを代行受信し、事前設定済みのコール フィルタに基づいて、特定のアシスタント、マネージャ、またはその他の宛先にルーティングします。コール ルーティングは、マネージャが動的に変更できます。たとえば、電話機のソフトキーを押すことによって、すべてのコールをアシスタント宛にルーティングしたり、コールのステータスを受信したりできます。

Cisco CallManager のユーザは、マネージャとアシスタントで構成されます。マネージャ宛のコールは、コール ルーティング サービスによって代行受信され、適切な宛先にルーティングされます。アシスタント ユーザは、マネージャに代わってコールを処理します。Cisco IPMA は、マネージャ用の機能とアシスタント用の機能で構成されています。

この章では、Cisco IPMA に関する次の情報を提供します。

「Cisco IPMA の概要」

「Cisco IPMA のシステム要件」

「インタラクションおよび制限事項」

「Cisco IPMA のインストールと有効化」

「Cisco IPMA の設定」

「社内ディレクトリを使用するための LDAPConfig.ini ファイルの設定」

「Cisco IPMA のマネージャおよびアシスタントへの情報提供」

「Cisco IPMA のトラブルシューティング」

「その他の情報」

Cisco IPMA の概要

次の項では、Cisco IPMA の機能について説明します。

「Cisco IPMA アーキテクチャの概要」

「Cisco IPMA のデータベースおよびディレクトリ アクセス アーキテクチャ」

「マネージャのインターフェイス」

「アシスタントのインターフェイス」

「ソフトキー」

「マネージャおよびアシスタント管理用のインターフェイス」

Cisco IPMA アーキテクチャの概要

Cisco IPMA の機能アーキテクチャは、Cisco IPMA サービス、デスクトップ インターフェイス、および Cisco IP Phone インターフェイスで構成されています。図 2-1 を参照してください。

Cisco IPMA サービスは、Cisco IP Manager Assistant サービス パラメータで定義済みの CTI ルート ポイントに到着したコールをルーティングします。「Cisco IPMA のサービス パラメータの設定」を参照してください。ルート ポイントが何らかの理由で利用不能になっている場合、Cisco IPMA は変換パターンを使用してコールをルーティングします。「Cisco IPMA ルート ポイント」を参照してください。

関連項目

「Cisco IPMA サービス」

「デスクトップ インターフェイス」

「Cisco IP Phone のインターフェイス」

図 2-1 Cisco IPMA のアーキテクチャ

 

Cisco IPMA サービス

Cisco IPMA サービス(サーブレット)は、Cisco Tomcat がロードします。Cisco Tomcat は、Cisco CallManager のインストール時にインストールされる NT サービスです。

Cisco IPMA サービスは、クラスタ内のすべての Cisco CallManager サーバにインストールされます。IPMA サービスは、サービス パラメータ内に定義されているサーバに対して、サービス全体に適用されるサービス パラメータである Primary MA Server IP Addresss が設定されているかどうかを起動時に確認します。設定されている場合、IPMA サービスはアクティブな Cisco IPMA サービスになろうとします。現時点では、Cisco CallManager クラスタがサポートできるアクティブな Cisco IPMA サービスは 1 つだけです。

Cisco IPMA サービスは、次のタスクを実行します。

アシスタントおよびマネージャの電話機で実行される HTTP サービスをホストする。

設定ページに加えて、アシスタントおよびマネージャがコール制御に使用する Web ページをホストする。

マネージャ宛の着信コールにフィルタを適用するための、ルーティング ロジックを保持する。図 2-2 を参照してください。

サードパーティ コール制御用の Cisco CTIManager を通じて、
Cisco CallManager クラスタと通信する。Cisco CallManager が必要とする CTI 接続は、クラスタ内の全ユーザに対して 1 つだけです。

データベースおよびディレクトリのデータにアクセスする。

図 2-2 Cisco IPMA のルーティング ロジック

 

Cisco CallManager は、Cisco IPMA サービスの冗長化をサポートしています。冗長化を実現するには、同じクラスタ内に 2 番目の Cisco IPMA サービスを設定する必要があります。

IPMA の冗長化を実装する際は、アクティブ/スタンバイ サーバ モデルを利用します。常にアクティブのままで、すべてのデスクトップ アプリケーションと電話機にサービスを提供する IPMA サーバは 1 台だけです。ほかのサーバはスタンバイ モードになり、アクティブなサーバの障害を検出します。障害を検出した場合は、バックアップ サーバが機能を引き継ぎ、アクティブなサーバになります。障害発生時にアクティブになっていた接続は、すべて新しいサーバ上に復元されるため、ユーザに対するサービスは中断することなく続行されます。

アクティブなサーバに障害が発生した場合、Assistant Console アプリケーションは、バックアップ サーバに自動的にフェールオーバーします。アプリケーションが障害を検出する間隔は、ハートビート間隔サービス パラメータ(「Cisco IPMA のサービス パラメータの設定」を参照)によって決まります。ハートビート間隔を小さくすると、フェールオーバーまでの時間が短くなります。図 2-3 を参照してください。

図 2-3 Cisco IPMA の冗長化

 

Cisco IPMA サービスには、サービスに対する不正アクセスを防止するための組み込みセキュリティが含まれています。デスクトップで収集されたユーザ ID とパスワードは、ネットワークを通じて送信される前に暗号化されます。アシスタントを装う不正ユーザは、Assistant Console によってブロックされます。

デスクトップ インターフェイス

Cisco IPMA は、次のマネージャ用およびアシスタント用デスクトップ インターフェイスをサポートしています。

Assistant Console(コール制御アプリケーション、ログオン、アシスタントの初期設定、マネージャ宛コール アクティビティの監視、キーボード ショートカットに使用される)

Manager Configuration(インターコム転送先、すべてのコールの転送先、即時転送先、およびフィルタの設定に使用される)

管理者は、Cisco CallManager Administration の[ユーザの設定]ウィンドウを使用して、マネージャ用およびアシスタント用の Cisco IPMA パラメータを設定します。「マネージャおよびアシスタント管理用のインターフェイス」を参照してください。

Cisco CallManager により、Cisco IPMA のすべてのマネージャ用機能が Cisco IP Phone を通じて利用できるようになります。ただし、Manager Configuration はデスクトップ ブラウザを使用して実行します。アシスタントは、Cisco IP Phone とデスクトップ アプリケーションを使用します。「マネージャのインターフェイス」および 「アシスタントのインターフェイス」を参照してください。

Cisco IPMA のデスクトップ機能を使用する方法の詳細については、『 Cisco IP Manager Assistant ユーザ ガイド 』を参照してください。

Cisco IP Phone のインターフェイス

アシスタントはソフトキーを使用して、またマネージャはソフトキーおよび Cisco IP Phone Services ボタンを使用して、Cisco IPMA の機能にアクセスします。Cisco IPMA Phone の機能を使用する方法の詳細については、『 Cisco IP Manager Assistant ユーザ ガイド 』を参照してください。

「マネージャのインターフェイス」および 「アシスタントのインターフェイス」を参照してください。

Cisco IPMA のデータベースおよびディレクトリ アクセス アーキテクチャ

動的なデータ(コールの状態、ログインの状態、選択されているアシスタントなど)は、すべてデータベースに保存されます。動的なデータをデータベースに保存しておくことで、アクティブなサーバが非アクティブになった場合に、スタンバイ モードになっているバックアップ サービスが状態情報にアクセスし、障害発生前の状態で電話機にサービスを提供できるようになります。静的なデータ(マネージャおよびアシスタントの設定情報、転送先、言語など)は、ディレクトリに保存されます。

マネージャまたはアシスタントがログインすると、IPMA サービスは、そのマネージャまたはアシスタントに関する全データをディレクトリとデータベースから取得し、メモリに保存します。

マネージャのインターフェイス

マネージャの電話機からは、Manager Configuration を除くすべてのマネージャ用機能を利用できます。マネージャが Cisco IP Phone 上のサービスを起動すると、Cisco IPMA がマネージャを IPMA サービスに自動的にログインさせます。

マネージャは、選択済みのアシスタントを Cisco IP Phone Services ボタンを使用して変更できます。

マネージャは、Cisco IP Phone のソフトキーを使用して、Cisco IPMA 機能の[モニター]、[サイレント]、[ソクテンソウ]、[キャッチ]、および[VM テンソウ]にアクセスします。

[モニター]、[サイレント]、[アシスタント]、およびフィルタリングの状態は、Cisco IP Phone の Status Window に表示されます。

フィルタリングをイネーブルにし、フィルタ モードを選択するには、Cisco IP Phone Services ボタンを使用します。フィルタを設定するには、Manager Configuration を使用します。デスクトップ上で Manager Configuration にアクセスするには、Web ブラウザを使用します(「マネージャの設定」を参照してください)。

詳細については、『 Cisco IP Manager Assistant ユーザ ガイド 』を参照してください。

アシスタントのインターフェイス

アシスタントは、Assistant Console アプリケーションと Cisco IP Phone を使用して Cisco IPMA の機能にアクセスします。デスクトップ アプリケーションである Assistant Console は、応答、即時転送、転送、保留などのコール制御機能を提供します。アシスタントは、Assistant Console を使用して、ログオンとログオフ、アシスタントの初期設定、およびマネージャの初期設定に使用する Manager Configuration ウィンドウの表示を行います。

Assistant Console はアシスタントの回線およびマネージャのプロキシ回線を表示します。プロキシ回線には、アシスタントの Cisco IP Phone に表示される電話回線を指定します。アシスタントはプロキシ回線を使用して、マネージャ宛のコールを管理します。プロキシ回線の設定については、「アシスタントのプロキシ回線と着信インターコム回線を設定する」を参照してください。

インターコムと鳴り分けには、Cisco IP Phone でアクセスできます。アシスタントが Assistant Console からログインすると、プロキシ回線の[ソクテンソウ]ソフトキーと[VM テンソウ]ソフトキーがアクティブになります。詳細については、『 Cisco IP Manager Assistant ユーザ ガイド 』を参照してください。

ソフトキー

Cisco IPMA 機能では、さまざまなソフトキーをサポートしています。たとえば、Cisco IP Phone 上で着信したコールに対する[ソクテンソウ]、[キャッチ]、[モニター]、[VMテンソウ]、[サイレント]、[アシスタント]などです。ソフトキーは、コールの状態に基づいて表示されます。たとえば、[VM テンソウ]は、アクティブなコールが存在しない場合には表示されません。

Cisco IPMA は、Standard IPMA Manager と Standard IPMA Assistant という 2 つのソフトキー テンプレートをサポートしています。さらに、Standard User テンプレートを使用すると、保留やダイヤルなどのコール処理ソフトキーを利用できるようになります。管理者は、マネージャやアシスタントが使用するデバイスに対して、適切なソフトキー テンプレートを設定してください。


) デフォルト プロセスでは、デバイスに対してコール処理ソフトキー テンプレートが割り当てられます。


管理者は、Cisco CallManager に含まれている標準のソフトキー テンプレートを使用するほかに、カスタム ソフトキー テンプレートを作成することもできます。ソフトキー テンプレートを Cisco IPMA デバイスに関連付ける場合や、カスタム ソフトキー テンプレートを作成する場合は、Cisco CallManager Administration の Softkey Template 設定を使用します。『 Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「ソフトキー テンプレートの設定」を参照してください。

マネージャおよびアシスタント管理用のインターフェイス

管理者は、Cisco CallManager Administration の User メニューにあるオプションを使用して、マネージャおよびアシスタントを設定します。また、マネージャ用およびアシスタント用デバイスの選択、マネージャ用およびアシスタント用着信インターコム回線の選択、およびアシスタントの電話機上のマネージャ用にプロキシ回線の割り当てを行います。

「マネージャおよびアシスタントの設定」を参照してください。

Cisco IPMA のシステム要件

Cisco IPMA が動作するには、次のソフトウェア コンポーネントが必要です。

Cisco CallManager 3.3 以降

Microsoft Windows 2000

Microsoft Internet Explorer または Netscape Navigator:

Cisco CallManager Administration を使用した Cisco IPMA 管理では、Netscape 4.7 および Internet Explorer 5.5 以降をサポートしています。

Assistant Console アプリケーションのインストール プログラムでは、Netscape 4.7 と Netscape 6.7、および Internet Explorer 5.5 と Internet Explorer 6 をサポートしています。詳細については、「インタラクションおよび制限事項」を参照してください。

Assistant Console デスクトップ アプリケーションでは、Microsoft Windows 98 Second Edition、Windows Millenium Edition、Windows 2000 Professional、Windows XP Home Edition、Windows XP Professional、および Windows NT 4.0 Service Pack 3 をサポートしています。

Manager Configuration アプリケーションでは、Internet Explorer 5.5 以降をサポートしています。

Bulk Administration Tool(BAT)(Cisco IPMA Configuration Wizard を使用している場合)

Cisco IPMA をサポートしている電話機は、次のとおりです。

Cisco IP Phone Model 7960


) Cisco IPMA を実行する Cisco IP Phone Model 7960 には、Model 7914 拡張モジュールが備えられています。


Cisco IPMA は Cisco CallManager と同じサーバに自動的にインストールされるため、サーバを別途用意する必要はありません。

インタラクションおよび制限事項

次の項では、Cisco IPMA におけるインタラクションおよび制限事項について説明します。

「インタラクション」

「制限事項」

インタラクション

次の項では、Cisco IPMA が Cisco CallManager アプリケーションと通信する方法について説明します。

「Bulk Administration Tool」

「エクステンション モビリティ」

「レポート ツール」

Bulk Administration Tool

Bulk Administration Tool(BAT)を使用すると、管理者は多数のユーザ(マネージャとアシスタント)を一度に追加できます。ユーザを 1 人ずつ追加する必要はありません。詳細については、『 Cisco CallManager Bulk Administration Tool ユーザ ガイド 』を参照してください。

関連項目

「Cisco IPMA Configuration Wizard」

「マネージャおよびアシスタント以外のユーザの電話機」

「Cisco IP Phone サービス設定」

エクステンション モビリティ

Cisco CallManager エクステンション モビリティの機能を使用するマネージャは、同時に Cisco IPMA も使用できます。マネージャは、エクステンション モビリティを使用して Cisco IP Phone にログインし、Cisco IPMA サービスを選択します。IPMA サービスが起動すると、マネージャはアシスタントおよびすべての IPMA 機能(コール フィルタリングおよびサイレントなど)にアクセスできます。

IPMA とともに Cisco CallManager エクステンション モビリティにアクセスするには、管理者が Cisco CallManager Administration の[ユーザ設定 の Cisco IPMA の設定]ウィンドウで、Mobile Manager チェックボックスをオンにし、デバイス プロファイルを選択します。「マネージャの設定とアシスタントの割り当て」を参照してください。デバイス プロファイルの設定の詳細については、『 Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「新規ユーザ デバイス プロファイルの追加」を参照してください。Cisco CallManager エクステンション モビリティの詳細については、「Cisco CallManager エクステンション モビリティ」を参照してください。

レポート ツール

Cisco IPMA は、静的な情報を CDR Analysis and Reporting(CAR)ツールで提供し、設定に対する変更の要約を変更ログで提供します。ここでは、次のレポート ツールについて説明します。

CDR Analysis and Reporting

Cisco IPMA は、マネージャとアシスタントのコール完了統計、およびマネージャとアシスタントのインベントリ レポートをサポートしています。コール完了統計は、CDR Analysis and Reporting(CAR)ツールでサポートされます。インベントリ レポートは、Cisco CallManager Serviceability でサポートされます。詳細については、『 Cisco CallManager Serviceability System Guide 』および『 Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド 』を参照してください。

ConfigChange*.log

管理者は、Manager Configuration または Assistant Configuration に対する変更の要約を確認できます。マネージャは、URL を参照して Manager Configuration にアクセスすることで、デフォルト値を設定できます。

アシスタントは、Assistant Console から Manager Configuration にアクセスすることで、マネージャのデフォルト値を変更できます。


) URL および Manager Configuration については、『Cisco CallManager システム ガイド』および『Cisco IP Manager Assistant ユーザ ガイド』を参照してください。


設定値が変更されると、その情報が ConfigChange*.log というログ ファイルに送信されます。このログ ファイルは、IPMA サービスを実行するサーバ上にあります。ログ ファイルのパス名は次のとおりです。

C:\Program Files\Cisco\Trace\MA\ConfigChange*.log

このログ ファイルには、次のフィールドが含まれています。

LineNumber:ログ ファイル内に変更情報がある回線。

TimeStamp:設定値が変更された時刻。

for Manager/Assistant:変更が、マネージャまたはアシスタントのどちらに対するものであるかを示す。

for Userid:変更対象となったマネージャまたはアシスタントのユーザ ID。

by Manager/Assistant:変更が、マネージャまたはアシスタントのどちらによって実施されたかを示す。

by Userid:変更を実施したマネージャまたはアシスタントのユーザ ID。

Parameter Name:変更された項目(転送先電話番号など)。

Old Value:変更前の設定値。

New Value:変更後の設定値。

ログ ファイル内の情報はコンマで区切られているため、管理者は、Microsoft Excel などのスプレッドシート アプリケーションを使用してログ ファイルを開くことができます。ログ ファイルの内容を Microsoft Excel アプリケーションで保存するには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 Microsoft Excel アプリケーションを起動します。

ステップ 2 File > Open を選択して、ConfigChange*.log ファイルを開きます。

ステップ 3 Original data type を選択し、ファイルの種類を Delimited にして、 Next をクリックします。

ステップ 4 Delimiters として Comma を選択し、 Next をクリックします。

ステップ 5 上の操作が完了したら、 Finish をクリックします。


 

制限事項

Cisco IPMA には、次の制限事項があります。

1 人のアシスタントが同時にサポートできるマネージャは、5 人までです。

1 人のマネージャを支援できるアシスタントは、一度に 1 人だけです。

Cisco IPMA は、マネージャとアシスタント間での共有回線をサポートしていません。

Cisco IPMA は、ハント グループ/キューをサポートしていません。

Cisco IPMA は、レコードおよびモニタリングをサポートしていません。

Microsoft Internet Explorer バージョン 6 を実行する Windows XP コンピュータに Assistant Console アプリケーションをインストールするには、事前に Windows XP Service Pack 1 とともに Microsoft Java Virtual Machine(JVM)をインストールしておく必要があります。詳細については、「機能とサービスのトラブルシューティング」を参照してください。

Cisco IPMA のインストールと有効化

Cisco IPMA(サーブレット)は、Cisco Tomcat がロードします。Cisco Tomcat は、Cisco CallManager のインストール時にインストールおよび起動される NT サービスです。詳細については、「Cisco IPMA サービス」を参照してください。

Cisco IPMA をシステムで利用できるようにするには、インストール後に管理者が 3 つの作業を実施します。

1. Tools メニューの下にある Cisco CallManager Serviceability Service Activation を使用して、Cisco IP Manager Assistant サービスを有効にします。『 Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド』を参照してください。

2. Cisco IP Manager Assistant サービス用の必要なサービス パラメータを設定します。「Cisco IPMA のサービス パラメータの設定」を参照してください。

3. Microsoft Windows の Administrative Tools の Services を使用して、Cisco Tomcat Web Server を再起動します。「Cisco Tomcat サービスの開始」を参照してください。


) Cisco IPMA 機能を英語以外の言語でマネージャまたはアシスタントの電話機とデスクトップに表示する必要がある場合は、Cisco IPMA を設定する前に、Locale Installer がインストールされていることを確認してください。Cisco IP Telephony Locale Installer のマニュアルを参照してください。


Cisco IPMA の設定

Cisco IPMA を正しくインストールするには、設定チェックリストに示す手順を確認して、システムを実行し、ユーザとデバイスの設定要件を確認し、マネージャとアシスタントを設定します。次の項で、構成に関する情報を提供します。

「Cisco IPMA の設定チェックリスト」

「システムの設定」

「Cisco IPMA のサービス パラメータの設定」

「Cisco Tomcat サービスの開始」

「Cisco IP Phone サービス設定」

「マネージャおよびアシスタントの電話機の設定」

「マネージャおよびアシスタントの設定」

Cisco IPMA の設定チェックリスト

表 2-1 に、Cisco CallManager の Cisco IP Manager Assistant 機能を設定する論理的な手順を示します。

 

表 2-1 Cisco IP Manager Assistant の設定チェックリスト

設定手順
関連手順と関連項目

ステップ 1

Cisco CallManager Serviceability ツールの Service Activation を使用して、Cisco IP Manager Assistant サービスを有効にします。

Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド

ステップ 2

システム管理パラメータを設定します。

3 つのパーティションを追加する。

2 つのコール検索スペースを追加する。

IPMA 用の CTI ルート ポイントを追加する。ルート ポイントは、サーバあたり 1 つのみ追加できます。

変換パターンを追加する。

IPMA サービス パラメータを設定する。


ヒント システム管理パラメータを自動設定するには、Cisco IPMA Configuration Wizard を使用します。詳細については、「Cisco IPMA Configuration Wizard」を参照してください。

「コール検索スペースとパーティション」

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド』の「パーティションの追加」

『Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド』の「コール検索スペースの追加」

「Cisco IPMA ルート ポイント」

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド』の「CTI ルート ポイントの追加」

「Cisco IPMA 変換パターン」

『Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド』の「変換パターンの追加」

「Cisco IPMA Configuration Wizard」

「Cisco IPMA のサービス パラメータの設定」

『Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド』の「サービス パラメータの設定」

ステップ 3

Microsoft Windows の Administrative Tools の Services を使用して、Cisco Tomcat サービスを停止し、もう一度開始します。

「Cisco Tomcat サービスの開始」

Microsoft のオンライン ヘルプ

ステップ 4

電話機のパラメータを設定します。

IPMA サービスを Cisco IP Phone サービスとして追加する。

少なくとも 5 回線の Cisco IP Phone Model 7914 テンプレートを追加する。

「Cisco IP Phone サービス設定」

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「Cisco IP Phone サービスの追加」

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「電話ボタン テンプレートの追加」

ステップ 5

マネージャとアシスタントの Cisco IP Phone パラメータを設定します。

マネージャの電話機を設定する。

アシスタントの電話機を設定する。

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「Cisco IP Phone の設定」

ステップ 6

マネージャの電話機について、次の設定を行います。

ソフトキー テンプレートを割り当てる。

プライマリ回線を追加する。

プライマリ回線のボイスメールプロファイルを設定する。

着信インターコム回線を追加する。

インターコム発信先の短縮ダイヤルを追加する。

Cisco IP Phone Service および Cisco IPMA に登録する。

ユーザ ロケールを設定する。

電話機をリセットする。


ヒント マネージャの電話設定を自動設定するには、マネージャを設定するときに[ユーザの設定]ウィンドウで[自動設定]チェックボックスを選択します。詳細については、「マネージャの電話機」を参照してください。

「マネージャおよびアシスタントの電話機の設定」

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「電話機の検索」

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「電話機の更新」

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「電話番号の追加」

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「電話番号の更新」

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「短縮ダイヤル ボタンの設定」

「Cisco IP Phone サービス設定」

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「Cisco IP Phone サービスの設定」

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「電話機のリセット」

ステップ 7

アシスタントの電話機について、次の設定を行います。

ソフトキー テンプレートを割り当てる。

シスコ製 14 ボタン拡張モジュール(7914)を追加する。

プライマリ回線を追加する。

設定済みの各マネージャ用のプロキシ回線を追加する。

着信インターコム回線を追加する。

設定済みの各マネージャの着信インターコム回線に対する短縮ダイヤルを追加する。

ユーザ ロケールを設定する。

電話機をリセットする。


ヒント アシスタントの電話設定を自動設定するには、アシスタントを設定するときに[ユーザの設定]ウィンドウで[自動設定]チェックボックスを選択します。詳細については、「アシスタントの電話機」を参照してください。

「マネージャおよびアシスタントの電話機の設定」

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「電話機の検索」

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「電話機の更新」

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「電話番号の追加」

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「短縮ダイヤル ボタンの設定」

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「電話機のリセット」

ステップ 8

Cisco IP Manager Assistant アプリケーションを設定します。

新しいマネージャを作成する。

マネージャ用の回線を設定する。

マネージャにアシスタントを割り当てる。

アシスタント用の回線を設定する。

「マネージャの設定とアシスタントの割り当て」

「マネージャの設定の変更」

「アシスタントのプロキシ回線と着信インターコム回線を設定する」

ステップ 9

アシスタント用のダイヤル規則を設定します。

「ダイヤル規則の設定」

ステップ 10

アシスタントがコール発信に社内ディレクトリを利用する場合は、LDAPConfig.ini ファイルを設定します。

「社内ディレクトリを使用するための LDAPConfig.ini ファイルの設定」

ステップ 11

Assistant Console アプリケーションをインストールします。

「Assistant Console アプリケーションのインストール」

ステップ 12

マネージャとアシスタントのデスクトップ アプリケーションを設定します。

『Cisco IP Manager Assistant ユーザ ガイド』

システムの設定

Cisco IPMA サービスは、マネージャ宛のコールを代行受信します。このため、パーティション、コール検索スペース、ルート ポイント、および変換パターンを設定する必要があります。Cisco IPMA の設定については、「Cisco IPMA の設定チェックリスト」を参照してください。

Cisco IPMA 用のデバイスとユーザを設定する前に、次の設定作業を実施する必要があります。

「コール検索スペースとパーティション」

「Cisco IPMA ルート ポイント」

「Cisco IPMA 変換パターン」

Cisco IPMA には、パーティション、コール検索スペース、ルート ポイント、変換パターン、および IPMA Phone Service の管理者による設定作業を支援するために、1 回だけ使用できる設定ウィザードが用意されています。また、Cisco IPMA Configuration Wizard は、IPMA Device Configuration Defaults セクションで Cisco IP Manager Assistant サービス パラメータを作成します。 Cisco IPMA Configuration Wizard の詳細については、「Cisco IPMA Configuration Wizard」を参照してください。


) このマニュアルでは、IPMA の設定に関する特定の情報について説明します。
コール検索スペース、パーティション、CTI ルート ポイント、および変換パターンの設定については、『Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド』を参照してください。


Cisco IPMA Configuration Wizard

Cisco IPMA Configuration Wizard を使用すると、IPMA を少ない時間で誤りなく設定できます。管理者がこの設定ウィザードを正しく実行して完了すると、パーティション、コール検索スペース、ルート ポイント、および変換パターンが自動的に作成されます。また、IPMA マネージャ電話機用、IPMA アシスタント電話機用、およびその他すべてのユーザ電話機用の BAT テンプレートも作成されます。管理者は、この BAT テンプレートを使用して、マネージャ、アシスタント、およびその他すべてのユーザを設定します。『 Bulk Administration Tool ユーザ ガイド 』を参照してください。


) Cisco IPMA Configuration Wizard は Service Parameters Configuration ウィンドウの IPMA Device Configuration Defaults セクションで Cisco IP Manager Assistant サービス パラメータのみを作成します。残りのサービス パラメータは手動で入力する必要があります。サービス パラメータの詳細については、「Cisco IPMA のサービス パラメータの設定」を参照してください。


Cisco IPMA Configuration Wizard では、設定パラメータごとにウィンドウが表示されます。これらのウィンドウには、情報があらかじめ設定されています。設定情報(パーティション名など)にほかの値を使用する場合は、事前設定済みの情報を適切な情報に変更できます。

Cisco IPMA Configuration Wizard を使用して Cisco IPMA のシステム パラメータを設定するには、次の手順に従います。

始める前に

設定ウィザードは、Bulk Administration Tool(BAT)と同じサーバから実行する必要があります。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration ウィンドウで、 Service > Cisco IPMA Configuration Wizard の順に選択します。

Cisco IPMA Configuration Wizard の最初のウィンドウが表示され、設定ウィザードでのプロセスに関する説明が表示されます。


) Cisco CallManager クラスタの設定で Cisco IPMA Configuration Wizard を使用できるのは、1 回だけです。ウィザード機能によって、設定ウィザードが実行された回数(0 または 1)が確認されます。設定ウィザードが 1 回実行されていた場合は、要約ウィンドウが自動的に表示されます。この要約ウィンドウには、前回実行された設定ウィザードの詳細およびステータスが表示されます。設定作業が 1 回も実行されていない場合は、設定プロセスが続行されます。


ステップ 2 IPMA ウィザードのプロセスを開始するには、 Next ボタンをクリックします。

Partition for Managers ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Partition name フィールドに名前を入力し、説明を入力します。または、デフォルトのパーティション名と説明を使用します。

ステップ 4 Next ボタンをクリックします。

Partition for IPMA ウィンドウが表示されます。

ステップ 5 Partition name フィールドに名前を入力し、説明を入力します。または、デフォルトのパーティション名と説明を使用します。

ステップ 6 Next ボタンをクリックします。

Partition for All Users ウィンドウが表示されます。

ステップ 7 Partition name フィールドに名前を入力し、説明を入力します。または、デフォルトのパーティション名と説明を使用します。

ステップ 8 Next ボタンをクリックします。

Manager Calling Search Space ウィンドウが表示されます。

ステップ 9 Calling search space name フィールドに名前を入力し、説明を入力します。または、デフォルトのコール検索スペース名と説明を使用します。

Available Route Partitions for This Calling Search Space の下の Available Partitions ボックスと Selected Partitions ボックスに、Partitions for the Manager Calling Search Space が自動的に表示されます。表示されるデフォルト値が不適切な場合、管理者は適切なパーティションを Available Partitions ボックスから選択できます。パーティションを 2 つのボックス間で移動するには、上矢印と下矢印を使用します。

ステップ 10 Next ボタンをクリックします。

IPMA Calling Search Space ウィンドウが表示されます。

ステップ 11 Calling search space name フィールドに名前を入力し、説明を入力します。または、デフォルトのコール検索スペース名と説明を使用します。

Additional Route Partitions for This Calling Search Space の下の Available Partitions ボックスと Selected Partitions ボックスに、Partitions for the IPMA Calling Search Space が自動的に表示されます。表示されるデフォルト値が不適切な場合、管理者は適切なパーティションを Available Partitions ボックスから選択できます。パーティションを 2 つのボックス間で移動するには、上矢印と下矢印を使用します。

ステップ 12 Next ボタンをクリックします。

Cisco IPMA を既存の Cisco CallManager システムに対するアップグレードとして設定する場合は、Existing Calling Search Spaces ウィンドウが表示されます。新しい Cisco CallManager システムを設定する場合には、Existing Calling Search Spaces ウィンドウは表示されません。ステップ 13 に進んでください。

Cisco IPMA では、既存のコール検索スペースに対して、Generated_IPMA と Generated_IPMA_Everyone というプレフィックスを持つパーティションを追加する必要があります。これらのパーティションは、Calling Search Spaces Configured with IPMA Partitions の下の Available Partitions ボックスと Selected Partitions ボックスに自動的に表示されます。パーティションを 2 つのボックス間で移動するには、上矢印と下矢印を使用します。


) ステップ 5 とステップ 7 で管理者がパーティション名を変更した場合は、既存のコール検索スペースに追加されるプレフィックスも変更されます。


ステップ 13 Next ボタンをクリックします。

IPMA CTI Route Point and Translation Pattern ウィンドウが表示されます。

ステップ 14 CTI route point name フィールドに名前を入力します。または、デフォルトの CTI ルート ポイント名を使用します。

ステップ 15 ドロップダウン選択リスト ボックスから、適切なデバイス プールを選択します。

ステップ 16 ルート ポイントの電話番号と変換パターンを入力します。または、デフォルトのルート ポイントの電話番号と変換パターンを使用します。

ステップ 17 ドロップダウン選択リスト ボックスから、変数パターン用の番号付け計画を選択します。

ステップ 18 Next ボタンをクリックします。

IPMA Phone Service ウィンドウが表示されます。

ステップ 19 IPMA Phone Service 名を入力します。または、デフォルトの IPMA Phone Service 名を使用します。

ステップ 20 ドロップダウン選択リスト ボックスから、プライマリ IPMA サーバを選択します。または、Enter Server Name/IP Address フィールドにサーバ名または IP アドレスを入力します。

ステップ 21 Next ボタンをクリックします。

Cisco IPMA Configuration Wizard の要約ページが表示されます。このページには、管理者が設定ウィザードで選択した情報がすべて表示されます。この情報が誤っている場合、管理者は設定プロセスをキャンセルすることも、前の設定ウィンドウに戻ることもできます。

ステップ 22 設定プロセスを実行するには、 Submit ボタンをクリックします。設定プロセスをキャンセルするには、 Cancel ボタンをクリックします。

設定プロセスが正常に完了すると、最終的なステータスを示すウィンドウが表示されます。ウィンドウにはウィザードの各設定の成功または失敗が表示されます。

設定ウィザードで生成されたエラーは、すべて IPMAConfigWizard<西暦年><月><日><時><分><秒>.txt ファイル(例:IPMAConfigWizard20020826095412.txt)に送信されます。

設定ウィザードは、設定ウィンドウで収集したデータを使用して、パーティション、コール検索スペース、ルート ポイント、変換パターン、および Cisco IPMA Phone サービスを自動的に作成します。設定ウィザードは Service Parameters Configuration ウィンドウの IPMA Device Configuration Defaults セクションで Cisco IP Manager Assistant サービス パラメータを読み込みます。設定ウィザードは 6 回線の 7914 テンプレートを作成します。さらに、IPMA マネージャ電話機用テンプレート、IPMA アシスタント電話機用テンプレート、および BAT で使用される Everyone 電話機用のテンプレートも作成して、Cisco IPMA で使用する電話機を設定します。 マネージャおよびアシスタントのデバイスの設定については、『 Bulk Administration Tool ユーザ ガイド 』を参照してください。


 

コール検索スペースとパーティション

Cisco IPMA ルート ポイントは、マネージャ宛のコールを代行受信し、ルーティング先を決定します。このため、マネージャ宛のコールは、すべて最初にルート ポイントを通過します。

このコール フローを達成するために、Cisco IPMA ではコール検索スペースを使用します。Cisco IPMA サービスでルーティングまたは対応する必要のある回線からのコールには、ルート ポイント パーティション(このパーティションは IPMA パーティションと呼ばれます)がプライマリ パーティションとして設定されたコール検索スペースが必要です。セカンダリのパーティションは、Everyone パーティションと呼ばれます。次の例を参照してください。

Everyone パーティション内のユーザが、Manager パーティション内のマネージャのプライマリ回線に発信します。この発信コールのパーティションには、マネージャのプライマリ回線が含まれていません。このため、マネージャの回線番号がコール検索スペースから検索されます。検索の順序は、コール検索スペース内にあるパーティションの優先順位によって決まります。ユーザの回線のコール検索スペースは、IPMA パーティションと Everyone パーティションで構成されています。このため、マネージャのプライマリ回線の検索は、IPMA パーティションから開始されます。Cisco IPMA ルート ポイントとマネージャのプライマリ回線番号が一致したため、コールがルート ポイントに送信されます。ルート ポイントを監視している Cisco IPMA サービスがコールを取得し、マネージャの設定を使用してコールをルーティングします。

ルート ポイントを経由する必要のあるコールが発生するすべての回線には、IPMA および Everyone と呼ばれるコール検索スペースが必要です。このコール検索スペース設定を必要とする回線の例としては、マネージャのプライマリ回線、アシスタントのプライマリ回線、およびその他すべてのユーザの回線があります。

ルーティング ロジックが適用されず、マネージャに直接送信されるコールが発生するすべての回線には、Manager および Everyone と呼ばれるコール検索スペースが必要です。このコール検索スペース設定を必要とする回線の例としては、Cisco IPMA ルート ポイント、Cisco IPMA 変換パターン、およびアシスタントのプロキシ回線があります。

コール検索スペースおよびパーティションの設定例については、図 2-4 を参照してください。

図 2-4 Cisco IPMA のコール検索スペースおよびパーティションの設定例

 

設定のヒント

Cisco IPMA、Manager、および Everyone と呼ばれる 3 つのパーティションを作成する。

CSS-M-E と呼ばれるコール検索スペースを作成する。このコール検索スペースには、Manager パーティションと Everyone パーティションを含めます。

CSS-I-E と呼ばれるコール検索スペースを作成する。このコール検索スペースには、Cisco IPMA パーティションと Everyone パーティションを含めます。

Manager と呼ばれるパーティション内に、マネージャのプライマリ電話番号(DN)を設定する。

Everyone と呼ばれるパーティション内に、すべてのアシスタントの回線、その他のユーザの回線、および Cisco IPMA 変換パターンを設定する。

Cisco IPMA と呼ばれるパーティション内に、Cisco IPMA ルート ポイントを設定する。

Cisco IPMA ルート ポイント

Cisco IPMA ルート ポイントは、サーバあたり 1 つだけです。Cisco IPMA ルート ポイントの電話番号は、マネージャのプライマリ電話番号と一致している必要があります。一致していない場合は、Cisco IPMA サービスがコールを正しくルーティングしません。この条件を満たすには、ワイルドカードの使用をお勧めします。

設定のヒント

IPMA_RP と呼ばれるルート ポイントを作成する。

マネージャのプライマリ電話番号と一致するようにルート ポイントの電話番号を設定する。たとえば、プライマリ電話番号が 1000-1999 であるマネージャには、ルート ポイント電話番号を回線 1 に 1xxx として作成し、プライマリ電話番号が 2000-2999 であるマネージャ用には、ルート ポイント電話番号を回線 2 に 2xxx として作成します。コール検索スペース CSS-M-E を持つ Cisco IPMA パーティション内に、この電話番号を設定します。

Cisco IPMA 変換パターン

変換パターンは、IPMA サービスが利用不能になっている場合に、コールをマネージャに直接ルーティングします。変換パターンは、Cisco IPMA のルート ポイントと同じ電話番号を使用して作成する必要があります。変換パターンの範囲がルート ポイントの範囲よりも狭いと、コールがルート ポイントに送信されず、Cisco IPMA サービスによって処理されません。

たとえば、ルート ポイントの電話番号が 1XXX、変換パターンの電話番号が 10XX、マネージャのプライマリ電話番号が 1001 である場合、Cisco IPMA サービスはコールをこのマネージャに送信しません。これは、変換パターンがコールを代行受信し、ルート ポイントに送信しないためです。

設定のヒント

Cisco IPMA ルート ポイントの電話番号ごとに、変換パターンを作成する。変換パターンは、ルート ポイントの電話番号(1xxx など)と同じ電話番号を使用して設定します。

Everyone パーティションを使用する。

コール検索スペース CSS-M-E を使用する。

Cisco IPMA のサービス パラメータの設定

Cisco IPMA サービスのサービス パラメータには、汎用と汎クラスタの 2 つのカテゴリがあります。汎クラスタ パラメータは、すべての Cisco IPMA サービス用に 1 回指定します。汎用パラメータは、インストールされている各 Cisco IPMA サービスに対して指定します。

Cisco IPMA サービス パラメータを設定するには、Cisco CallManager Administration を使用してサービス パラメータにアクセスします。 Service > Service Parameters を選択します。Cisco IPMA アプリケーションが配置されているサーバを選択し、Cisco IP Manager Assistant サービスを選択します。

Cisco IPMA には、次に示す設定必須のサービス パラメータがあります。

汎クラスタ

Cisco IPMA Server (Primary) IP Address:デフォルト値なし。この IP アドレスは、管理者が手動で入力する必要があります。

Cisco IPMA Server (Backup) IP Address:デフォルト値なし。この IP アドレスは、管理者が手動で入力する必要があります。

Cisco IPMA RNA (ring no answer) Forwarding Flag:デフォルト値は False。パラメータを True に設定した場合は、アシスタント電話機が応答しないときに、コールがほかのアシスタント電話機に転送されます。

Cisco IPMA RNA Timeout:デフォルト値は 10 秒。RNA タイムアウトは、コールをほかのアシスタント電話機に転送するまでに、アシスタント電話機が無応答でいる時間を指定します。Call Forward No Answer(CFNA)と RNA タイムアウトを両方とも設定する場合は、最初にタイムアウトする値が優先されます。

Desktop Heartbeat Interval:デフォルト値は 30 秒。この間隔タイマーは、アシスタントまたはマネージャのデスクトップでフェールオーバーが発生するまでの時間を指定します。

Desktop Request Timeout:デフォルト値は 30 秒。

Cisco IPMA Server Port:デフォルト値はポート 2912。

汎用

CTI Manager (Primary) IP Address:デフォルト値なし。Cisco IPMA サービスがインストールされている Cisco CallManager の IP アドレスを入力します。この IP アドレスには、アクティブな Cisco CTIManager が存在するクラスタの任意の Cisco CallManager を指定することもできます。

CTI Manager (Secondary) IP Address:デフォルト値なし。この IP アドレスは、管理者が手動で入力する必要があります。

Route Point Device Name:デフォルト値なし。Cisco IPMA ルート ポイント デバイス名を選択します。このデバイス名は、 Device > CTI Route Point を使用して設定します。

Trace Level:デフォルト値は error レベル。


) Cisco CallManager Serviceability Trace Configuration では、Cisco IPMA をサポートしていません。トレースの設定値を設定するには、Cisco IPMA サービス パラメータ設定のトレース パラメータを使用します。


Trace File Max Size:デフォルト値は 102,400 バイト。

Trace Num Files:デフォルト値は 10 ファイル。

マネージャおよびアシスタントの IPMA 自動設定を使用する場合、Cisco IPMA には、次に示す設定必須の汎クラスタ パラメータが含まれます。

ソフトキー テンプレート

Assistant Softkey Template:デフォルトでは、Standard IPMA Assistant ソフトキー テンプレートが指定されています。このパラメータは IPMA アシスタントの自動設定の間、アシスタントのデバイスに割り当てられたソフトキー テンプレートを指定します。

Manager Softkey Template:デフォルトでは、Standard IPMA Manager ソフトキー テンプレートが指定されています。このパラメータは IPMA マネージャの自動設定の間、マネージャのデバイスに割り当てられたソフトキー テンプレートを指定します。

IPMA Device Configuration Defaults

Manager Partition:デフォルト値なし。このパラメータは、IPMA がマネージャのデバイス上で処理するマネージャ回線に対して IPMA 自動設定が割り当てるパーティションを指定します。システムに存在するパーティションを入力します。Cisco IPMA Configuration Wizard を実行する場合、ウィザードはこの値を読み込みます。

All User Partition:デフォルト値なし。このパラメータは、マネージャのデバイス上のインターコム回線と同様に、IPMA 自動設定がアシスタントのデバイス上のプロキシ回線とインターコム回線に対して割り当てるパーティションを指定します。システムに存在するパーティションを入力します。Cisco IPMA Configuration Wizard を実行する場合、ウィザードはこの値を読み込みます。

IPMA Calling Search Space:デフォルト値なし。このパラメータは、アシスタントのデバイス上のアシスタント インターコム回線と同様に、IPMA が処理するマネージャ回線およびマネージャのデバイス上のインターコム回線に対して IPMA 自動設定が割り当てるコール検索スペースを指定します。システムに存在するコール検索スペースを入力します。Cisco IPMA Configuration Wizard を実行する場合、ウィザードはこの値を読み込みます。

Manager Calling Search Space:デフォルト値なし。このパラメータは、アシスタントのデバイス上のプロキシ回線に対して IPMA 自動設定が割り当てるコール検索スペースを指定します。 システムに存在するコール検索スペースを入力します。Cisco IPMA Configuration Wizard を実行する場合、ウィザードはこの値を読み込みます。

IPMA Phone Service:デフォルト値なし。このパラメータは、マネージャのデバイスに対して IPMA 自動設定が割り当てる IPMA Phone サービスを指定します。Cisco IPMA Configuration Wizard を実行する場合、ウィザードはこの値を読み込みます。

Proxy Directory Number Range

Starting Directory Number:デフォルト値なし。Starting Directory Number パラメータおよび Ending Directory Number パラメータは、IPMA Assistant Configuration で利用可能なプロキシの番号の範囲を提供します。Starting Directory Number パラメータに、その範囲で最初の番号を指定します。アシスタントを設定すると、その範囲で 2 番目に利用可能な番号が、[ユーザの設定]ウィンドウの[プロキシ回線]フィールドに表示されます。

Ending Directory Number:デフォルト値なし。Starting Directory Number パラメータおよび Ending Directory Number パラメータは、IPMA Assistant Configuration で利用可能なプロキシの番号の範囲を提供します。Ending Directory Number パラメータに、その範囲で最後の番号を指定します。Ending Directory Number フィールドに Starting Directory Number フィールドに入力した値よりも小さい値を入力した場合、アシスタントの IPMA 設定にアクセスするとき、User Configuration ウィンドウにエラーが表示されます。

Proxy Directory Number Prefix

Number of Characters to be Stripped from Manager Directory Number:デフォルト値は 0。このパラメータには、プロキシの電話番号を生成するプロセスで Cisco CallManager がマネージャの IPMA の電話番号(DN)から除去する文字数を指定します。Prefix for Manager Directory Number パラメータとともに、このパラメータを使用してプロキシの電話番号を生成できます。 たとえば、2002 のマネージャの電話番号から 2 桁を削除して、30 のプレフィックスを追加した場合(Prefix for Manager Directory Number サービス パラメータで指定)、Cisco CallManager は 3002 のプロキシの電話番号を生成して、0 から 24 桁の文字を除去できます。

Prefix for Manager Directory Number:デフォルト値なし。このパラメータには、プロキシの電話番号を生成するプロセスで、Cisco CallManager がマネージャの電話番号に追加するプレフィックスを指定します。たとえば、マネージャの電話番号が 1001、削除される文字数が 0、プレフィックスが * の場合、Cisco CallManager は *1001 のプロキシの電話番号を生成します。最大プレフィックス長は 24 です。

Cisco Tomcat サービスの開始

Cisco IPMA サービスは、Cisco Tomcat という名前の NT サービスとして管理できます。Cisco IPMA サービスを開始または停止するには、 Start > Programs > Administrative Tools > Services を選択して、Cisco Tomcat と呼ばれる NT サービスを開始または停止します。

Cisco IP Phone サービス設定

Cisco IPMA サービスを新しい Cisco IP Phone サービスとして追加します。Cisco IPMA サービスの名前、説明、および URL を設定します。名前と説明を入力する際は、マネージャの Cisco IP Phone に表示される言語と同じ言語を使用する必要があります。詳細については、『Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド』の「Cisco IP Phone サービスの設定」を参照してください。

URL を次の形式で入力します。
http://<server-ipaddress>/ma/servlet/MAService?cmd=doPhoneService&Name=#DEVICENAME#

例を示します。
http://123.45.67.89/ma/servlet/MAService?cmd=doPhoneService&Name=#DEVICENAME#

設定のヒント

Cisco IP Phone サービスに冗長性を持たせるには、IP アドレスではなくホスト名を使用する Cisco IP Phone サービスを作成します。電話機のソフトキー機能とフィルタリング機能は、電話機サービスと同様に、必要に応じて自動的にフェールオーバーします。

マネージャおよびアシスタントの電話機の設定

各 IPMA マネージャおよびアシスタントにデバイスを設定する必要があります。設定を始める前に、次のタスクを実行します。

Cisco IPMA を使用するマネージャ用およびアシスタント用の Cisco IP Phone Model 7960 を追加する。電話機を追加するには、次のいずれかの方法を実行します。

電話機を手動で追加する( Device > Add a New Device

自動登録

BAT

Cisco CallManager Administration( Feature > Cisco IP Phone Services )を使用して、Cisco IPMA サービスを Cisco IP Phone サービスとして追加する。

Cisco CallManager Administration( Device > Device Settings > Phone Button Template )を使用して、アシスタントごとに、少なくとも 5 回線を持つ Cisco IP Phone Model 7914 テンプレートを追加する。

タスクの実行後、次の項で説明されている手順に従って電話機を設定します。

「マネージャの電話機」

「アシスタントの電話機」

「マネージャおよびアシスタント以外のユーザの電話機」

マネージャの電話機

この項では、マネージャの電話機を設定するための IPMA の要件およびヒントについて説明します。

マネージャの電話機の設定

次の設定値で、マネージャの Cisco IP Phone を設定します。

Standard IPMA Manager ソフトキー テンプレート([ソクテンソウ]ソフトキーと[VM テンソウ]ソフトキーが含まれている必要があります)

プライマリ回線

プライマリ回線のボイスメール プロファイル

スピーカフォン オプションまたはヘッドセット オプションを使用した自動応答をサポートするための、着信インターコム回線

インターコム発信先の短縮ダイヤル

Cisco IP Phone Service および Cisco IPMA への登録

ユーザ ロケールの設定

マネージャを設定するとき[ユーザの設定]ウィンドウの[自動設定]チェックボックスを選択しておくと、設定の一部を自動化できます。[自動設定]は、マネージャ デバイスまたはデバイス プロファイルの次の項目を設定します。

ソフトキー テンプレート

IPMA phone サービスへの登録

IPMA が制御する選択された回線およびインターコム回線用のコール検索スペースおよびパーティション

インターコム回線用のスピーカフォンを使用した自動応答


) コール検索スペースおよびパーティションの設定は、共通回線のすべてのインスタンスに適用されます。


マネージャの電話機を自動設定する前に、IPMA Device Configuration Defaults セクションで Cisco IPMA サービス パラメータを設定する必要があります。このパラメータには、マネージャ回線で使用するパーティションおよびコール検索スペースとして情報を指定します。パラメータを手動で入力、または Cisco IPMA Configuration Wizard を使用してパラメータを読み込むこともできます。パラメータの詳細については、「Cisco IPMA のサービス パラメータの設定」を参照してください。Cisco IPMA Configuration Wizard の詳細については、「Cisco IPMA Configuration Wizard」を参照してください。

適切なサービス パラメータを入力後、[ユーザの設定]ウィンドウの[ 自動設定] チェックボックスを選択して、 [更新] をクリックすると、マネージャの電話機を自動設定できます。手順については、「マネージャの設定とアシスタントの割り当て」を参照してください。

マネージャの設定のヒント

マネージャのプライマリ電話番号には Call Forward All Calls を設定しない。Call Forward All Calls が設定されている場合、マネージャは、アシスタントのプロキシ電話番号にルーティングされるコールを代行受信できないためです。

プライマリ回線(IPMA が制御する回線)を設定して、電話番号を割り当てる。これらの回線には、Manager パーティションと CSS-I-E コール検索スペースを使用します。

着信インターコム回線を設定して、電話番号を割り当てる。Everyone パーティションと CSS-M-E コール検索スペースを使用します。

アシスタントの電話機

この項では、アシスタントの電話機を設定するための IPMA の要件およびヒントについて説明します。

アシスタントの電話機の設定

次の設定値で、アシスタントの Cisco IP Phone を設定します。

Standard IPMA Assistant ソフトキー テンプレート([ソクテンソウ]ソフトキーと[VM テンソウ]ソフトキーが含まれている必要があります)

デフォルトの 14 ボタン拡張モジュール

プライマリ回線

設定済みの各マネージャ用のプロキシ回線

スピーカフォン オプションまたはヘッドセット オプションを使用した自動応答をサポートするための、着信インターコム回線

設定済み各マネージャの着信インターコム回線に対する短縮ダイヤル

ユーザ ロケールの設定

アシスタントを設定するとき、[ユーザの設定]ウィンドウの[自動設定]チェックボックスを選択しておくと、設定の一部を自動化できます。[自動設定]は、アシスタント デバイスまたはデバイス プロファイルの次の項目を設定します。

ソフトキー テンプレート

既存のプロキシ回線およびインターコム回線用のコール検索スペースおよびパーティション

インターコム回線用のスピーカフォンを使用した自動応答

プロキシ回線の自動生成(選択されている場合)


) コール検索スペースおよびパーティションの設定は、共通回線のすべてのインスタンスに適用されます。


アシスタントの電話機を自動設定する前に、IPMA Device Configuration Defaults セクション で Cisco IPMA サービス パラメータを設定する必要があります。これらのパラメータには、アシスタントのプロキシ回線およびインターコム回線で使用するパーティションおよびコール検索スペースとして情報を指定します。パラメータを手動で入力、または Cisco IPMA Configuration Wizard を使用してパラメータを読み込むこともできます。パラメータの詳細については、「Cisco IPMA のサービス パラメータの設定」を参照してください。Cisco IPMA Configuration Wizard の詳細については、「Cisco IPMA Configuration Wizard」を参照してください。

適切なサービス パラメータを入力後、[ユーザの設定]ウィンドウの[ 自動設定] チェックボックスを選択すると、アシスタントの電話機を自動設定できます。手順については、「アシスタントのプロキシ回線と着信インターコム回線を設定する」を参照してください。

自動設定を使用すると、アシスタントの電話機で自動的にプロキシ回線を作成できます(コール検索スペースの情報とパーティション情報が必要です)。自動生成されたプロキシの番号は Proxy Directory Number Range サービス パラメータおよび Proxy Directory Number Prefix サービス パラメータに入力した値から生成されます。詳細については 「Cisco IPMA のサービス パラメータの設定」を参照してください。

アシスタントを設定すると、自動生成された番号が[ユーザの設定]ウィンドウの[プロキシ回線]ドロップダウン リストにアシスタント デバイスの回線とともに表示されます。アシスタントの電話機の既存の回線の前に「Line」と表示されます。システムがアシスタントの電話機にプロキシ回線を追加するまで、自動生成された各番号の前に「Auto」と表示されます。自動生成された番号を選択した場合、可能であればシステムは Model 7914 拡張モジュールにプロキシ回線を追加します。選択していない場合、システムはデバイスにプロキシ回線を追加します。システムは Cisco IPMA サービス パラメータの設定に基づいて、プロキシ回線およびインターコム回線のコール検索スペースおよびパーティションを設定します。手順については、「アシスタントのプロキシ回線と着信インターコム回線を設定する」 を参照してください。

アシスタントの設定のヒント

着信インターコム回線を設定して、電話番号を割り当てる。Everyone パーティションと CSS-M-E コール検索スペースを使用します。

プロキシ回線を設定して、アシスタントが担当するマネージャごとに電話番号を割り当てる。Everyone パーティションと CSS-M-E コール検索スペースを使用します。

マネージャおよびアシスタント以外のユーザの電話機

マネージャおよびアシスタントのデバイスの設定に加えて、Cisco CallManager クラスタ内のその他すべてのユーザも設定します。適切に設定することで、マネージャおよびアシスタントが、クラスタ内のその他すべてのユーザとの間でコールを発着信できるようになります。

マネージャおよびアシスタント以外のユーザの設定のヒント

マネージャおよびアシスタント以外のユーザ全員に対して、Everyone パーティションを使用する。

マネージャおよびアシスタント以外のユーザ全員に対して、CSS-I-E コール検索スペースを使用する。

自動登録を使用する場合、次のタスクを実行します。

Device Pool Configuration ウィンドウ( System > Device Pool )の Calling Search Space for Auto-registration フィールドで、CSS-I-E を選択します。

Cisco CallManager Configuration ウィンドウ( System > Cisco CallManager )の Partition フィールドで、Everyone を選択します。

BAT を使用する場合、Cisco IPMA Configuration Wizard が作成した Everyone テンプレートを使用して、Everyone パーティションおよび CSS-I-E コール検索スペースで電話機を追加できます。

マネージャおよびアシスタントの設定

Cisco CallManager の[ユーザの設定]ウィンドウで、Cisco IPMA 機能を使用するマネージャおよびアシスタントの設定値を設定します。このウィンドウでは、次の機能を実行します。

マネージャおよびアシスタントのデバイスを選択する。

必要に応じて、マネージャまたはアシスタントのデバイスを自動生成する。

プライマリ回線、およびインターコム機能用の着信インターコム回線を設定する。図 2-5 では、マネージャのインターコム回線の内線は 3102 です。この回線は、アシスタントからのインターコム コールを受信します。Assistant Console には、回線 1(1102)と回線 2(1103)が表示されています。アシスタントは、これらの回線に応答します(図 2-7 を参照)。

マネージャのアシスタントを設定する(図 2-6 を参照)。

アシスタントの電話機に、マネージャごとにプロキシ回線を設定する(図 2-6 および図 2-7 を参照)。図 2-6 では、アシスタントの回線 4 と回線 5 は、マネージャの回線 1102 と回線 1103 からのコールを受信します。図 2-7 は、このマネージャ用のプロキシ回線を示しています。Assistant Console にある[自分の回線]領域には、アシスタントの回線 4 と回線 5(マネージャの回線 1102 と回線 1103)が表示されています。

[ユーザの設定]ウィンドウの表示で使用する言語を選択する。

図 2-5 マネージャに関する Cisco IPMA 設定

 

図 2-6 アシスタントに関する Cisco IPMA 設定

 

図 2-7 アシスタントの Cisco IPMA コンソール

 

次の項では、マネージャとアシスタントの設定について詳しく説明します。

「マネージャの設定とアシスタントの割り当て」

「マネージャの設定の変更」

「マネージャの設定の変更」

「アシスタントのプロキシ回線と着信インターコム回線を設定する」

「アシスタントの設定の変更」

マネージャの設定とアシスタントの割り当て

Cisco IPMA マネージャを設定し、マネージャにアシスタントを割り当てるには、次の手順に従います。新しいユーザの設定については、『 Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「新規ユーザの追加」を参照してください。


ヒント アシスタントの Cisco IPMA 情報を設定する前に、Cisco IPMA マネージャの情報を設定してください。

手順


ステップ 1 IPMA マネージャを設定し、既存のユーザにアシスタントを割り当てるには、 User > Global Directory を選択します。

ステップ 2 IPMA マネージャにするユーザを検索するには、 [検索] ボタンをクリックするか、フィールドにユーザ名を入力して[ 検索] ボタンをクリックします。

ステップ 3 選択されたマネージャのユーザ情報を表示するには、ユーザ名をクリックします。

User Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 マネージャの IPMA 情報を設定するには、[アプリケーション プロファイル]リスト ボックスの Cisco IPMA をクリックします。

ステップ 5 このユーザの IPMA 設定を初めて実行する場合は、User Configuration ウィンドウにメッセージが表示され、マネージャの設定を続行するか、このユーザがマネージャでない場合はキャンセルするように求められます。 [続行] ボタンをクリックします。

User Configuration ウィンドウが再表示され、デバイス名、デバイス プロファイル、IPMA が制御する回線、インターコム回線などの Manager Configuration 情報が示されます。


ヒント 既存アシスタントの設定情報を表示するには、[割り当てられたアシスタント]リストにあるアシスタント名をクリックします。アシスタントの IPMA 設定情報が表示されます。マネージャ設定情報に戻るには、Assistant Configuration ウィンドウの[割り当てられたマネージャ]リストにあるマネージャ名をクリックします。

ステップ 6 マネージャにアシスタントを割り当てるには、[ アシスタントの追加/削除 ]リンクをクリックします。

Assign Assistants ウィンドウが表示されます。

ステップ 7 アシスタントを検索するには、 [検索] ボタンをクリックするか、検索フィールドにアシスタントの名前を入力します。

割り当て可能なアシスタントのリストが、ウィンドウ内に表示されます。

ステップ 8 マネージャに割り当てるアシスタントの名前の隣にあるチェックボックスをオンにします。

1 人のマネージャに対して、アシスタントを最大 5 人まで割り当てることができます。

ステップ 9 設定を保存してアシスタントの割り当てをさらに続行するには、 [更新] ボタンをクリックします。割り当てを終了して IPMA マネージャ設定ウィンドウに戻るには、 [更新して閉じる] ボタンをクリックします。

User Configuration ウィンドウにマネージャの設定が表示され、設定したアシスタントが[割り当てられたアシスタント]リストに表示されます。

ステップ 10 [デバイス名/プロファイル]選択ボックスで、マネージャに関連付けるデバイス名またはデバイス プロファイルを選択します。エクステンション モビリティでは、デバイス プロファイルが利用されます。Cisco IPMA とともに Cisco CallManager エクステンション モビリティを使用する方法については、「エクステンション モビリティ」を参照してください。


) マネージャが在宅勤務をする場合は、デバイス プロファイルを選択します。デバイス プロファイルを選択した場合、マネージャは IPMA にアクセスする前に、エクステンション モビリティを使用して電話機にログオンする必要があります。


ステップ 11 必要に応じて、[インターコム回線]選択ボックスで、マネージャのインターコム回線表示を選択します。

ステップ 12 Available Lines 選択ボックスで、Cisco IPMA で制御する回線を選択して、右矢印をクリックします。[選択されている回線]選択ボックスに回線が表示されます。IPMA が制御する回線を 5 回線まで設定します。

[選択されている回線]選択ボックスと Cisco IPMA コントロールから回線を削除する場合は、左矢印をクリックします。

ステップ 13 ソフトキー テンプレートを自動的に設定するには、IPMA が制御する選択された回線およびインターコム回線用の IPMA phone サービス、コール検索スペースおよびパーティション、および IPMA サービス パラメータに基づいたマネージャの電話機用のインターコム回線用スピーカフォンを使用した自動応答を登録して、 [自動設定] チェックボックスをオンにします。


) コール検索スペースおよびパーティションの設定は、共通回線のすべてのインスタンスに適用されます。


ステップ 14 [更新] ボタンをクリックします。

更新した内容は、すぐに適用されます。

[自動設定]チェックボックスをオンにして、サービス パラメータが無効な場合、エラー メッセージが表示されます。

自動設定に成功すると、マネージャ デバイスがリセットされます。デバイス プロファイルを設定した場合、マネージャはログアウトしてからデバイスにログインして、設定を適用する必要があります。


 


) 名前、ユーザ ロケール、PIN など、IPMA 以外のユーザ設定が変更された場合、その変更は、ユーザ(マネージャまたはアシスタント)が Cisco IPMA からログアウトし、もう一度ログインするまで適用されません。


関連項目

「マネージャの設定の変更」

「アシスタントのプロキシ回線と着信インターコム回線を設定する」

「アシスタントの設定の変更」

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「ユーザの追加」

マネージャの設定の変更

管理者は、Cisco CallManager Administration の User Configuration ウィンドウを使用して、マネージャの Cisco IPMA 情報を更新および削除できます。

関連項目

「マネージャの設定とアシスタントの割り当て」

「マネージャの Cisco IPMA 情報を削除する」

「マネージャの Cisco IPMA 設定を更新する」

マネージャの Cisco IPMA 情報を削除する

マネージャの Cisco IPMA 情報を削除するには、次の手順に従います。マネージャの IPMA 以外の情報の削除については、『 Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「ユーザの追加」を参照してください。

手順


ステップ 1 IPMA 情報を削除するマネージャを検索するには、Cisco CallManager Administration で、 User > Global Directory を選択します。

ステップ 2 User Configuration ウィンドウで、 [検索] ボタンをクリックするか、マネージャの名前を入力して[ 検索] ボタンをクリックします。

User Configuration ウィンドウに、設定済みのユーザのリストが表示されます。

ステップ 3 Cisco IPMA 情報を削除するマネージャを選択します。

ステップ 4 [アプリケーション プロファイル]リストの Cisco IPMA をクリックします。

User Configuration ウィンドウが再表示され、IPMA マネージャの設定情報が表示されます。

ステップ 5 [削除] ボタンをクリックします。

更新した内容は、すぐに適用されます。


 

関連項目

「マネージャの設定とアシスタントの割り当て」

「マネージャの Cisco IPMA 設定を更新する」

マネージャの Cisco IPMA 設定を更新する

マネージャの Cisco IPMA 情報を更新するには、次の手順に従います。マネージャの IPMA 以外の情報の更新については、『 Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「ユーザの追加」を参照してください。

手順


ステップ 1 IPMA 情報を更新するマネージャを検索するには、Cisco CallManager Administration で、 User > Global Directory を選択します。

ステップ 2 User Configuration ウィンドウで、 [検索] ボタンをクリックするか、マネージャの名前を入力して[ 検索] ボタンをクリックします。

User Configuration ウィンドウに、設定済みのユーザのリストが表示されます。

ステップ 3 [アプリケーション プロファイル]ボックスの Cisco IPMA をクリックします。

User Configuration ウィンドウが再表示され、IPMA マネージャの設定情報が表示されます。

ステップ 4 デバイス名、IPMA が制御する回線、インターコム回線表示など、変更する情報を更新します。


[自動設定]チェックボックスがオンの場合、システムがソフトキー テンプレートを自動的に設定して、IPMA が制御する選択された回線およびインターコム回線用の IPMA phone サービス、コール検索スペースおよびパーティション、および IPMA サービス パラメータに基づいたマネージャの電話機用のインターコム回線用スピーカフォンを使用した自動応答を登録します。


ステップ 5 [更新] ボタンをクリックします。

更新した内容は、すぐに適用されます。


 


) 名前、ユーザ ロケール、PIN など、IPMA 以外のユーザ設定が変更された場合、その変更は、ユーザ(マネージャまたはアシスタント)が Cisco IPMA からログアウトし、もう一度ログインするまで実施されません。


関連項目

「マネージャの設定とアシスタントの割り当て」

「マネージャの Cisco IPMA 情報を削除する」

アシスタントのプロキシ回線と着信インターコム回線を設定する

次の項目を設定するには、User Configuration ウィンドウの Cisco IPMA Assistant Configuration を使用します。

アシスタントの電話機のデバイス名。

アシスタントがマネージャ宛のコールの応答に使用するインターコム回線。

マネージャ、マネージャ名、およびマネージャの回線に関連付けられている、アシスタントの電話機のプロキシ回線。たとえば、アシスタントの電話回線 3 を、マネージャ Mary Smith の電話回線 2 への応答に使用します。

プロキシ回線には、アシスタントの Cisco IP Phone に表示される電話回線を指定します。Cisco IPMA は、マネージャ(たとえば、manager1 など)宛のコールを、プロキシ回線を使用して管理します。コール ルーティング ソフトウェアが、manager1 がコールを受信できないため、コールをアシスタントに送信することを決定した場合、コールはアシスタントの Cisco IP Phone 上に設定された、manager1 用のプロキシ回線にルーティングされます。

プロキシ回線として機能するアシスタントの電話機で回線を手動で設定したり、自動設定を使用して電話番号の生成およびアシスタントの電話機に回線を追加できます。

アシスタントの IPMA 情報を表示する場合、システムは IPMA サービス パラメータのエントリに基づいて Proxy Directory Number Range セクションおよび Proxy Directory Prefix セクションに電話番号を生成します。サービス パラメータの詳細については、「Cisco IPMA のサービス パラメータの設定」を参照してください。

アシスタントのプロキシ回線表示と着信インターコム回線表示を設定するには、次の手順に従います。新しいユーザの設定については、『 Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「ユーザの追加」を参照してください。


ヒント アシスタントの Cisco IPMA 情報を設定する前に、Cisco IPMA マネージャの情報を設定し、マネージャにアシスタントを割り当てる必要があります。「マネージャの設定とアシスタントの割り当て」を参照してください。

始める前に

アシスタントの電話機でプロキシ回線を自動設定する場合、Proxy Directory Number Range セクションおよび Proxy Directory Number Prefix セクションの IPMA サービス パラメータを設定します。

手順


ステップ 1 アシスタントに対して IPMA を設定し、プロキシ回線と着信インターコム回線を割り当てるには、 User > Global Directory を選択します。

ステップ 2 アシスタントにするユーザを検索するには、 [検索] ボタンをクリックするか、フィールドにユーザ名を入力して[ 検索] ボタンをクリックします。

ステップ 3 ユーザ情報を表示するには、ユーザ名をクリックします。

User Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 アシスタントの IPMA 情報を設定するには、[アプリケーション プロファイル]リストの Cisco IPMA をクリックします。

ステップ 5 このユーザがマネージャにアシスタントとして割り当てられていない場合は、User Configuration ウィンドウにメッセージが表示され、マネージャの設定を続行するか、このユーザがマネージャでない場合はキャンセルするように求められます。 [キャンセル] ボタンをクリックします。

ステップ 6 [デバイス名]選択ボックスで、アシスタントに関連付けるデバイス名を選択します。

ステップ 7 [インターコム回線]選択ボックスで、アシスタントの着信インターコム回線表示を選択します。


ヒント 既存マネージャの設定情報を表示するには、[割り当てられたマネージャ]リストにあるマネージャ名をクリックします。マネージャの IPMA 設定情報が表示されます。アシスタント設定情報に戻るには、マネージャ設定ウィンドウの[割り当てられたアシスタント]リストにあるアシスタント名をクリックします。

ステップ 8 [対応しているプロキシ回線へのマネージャの割り当て]領域にある選択ボックスを使用して、マネージャの回線番号をアシスタントの回線番号に割り当て、関連付けを行います。

ステップ 9 [プロキシ回線]選択ボックスで、アシスタントの回線を選択します。自動生成されたプロキシ回線の前に「Auto」と表示されます。Cisco CallManager を使用して、アシスタントの電話機で自動生成されたプロキシ回線を作成する場合、自動生成されたプロキシ回線を選択して、 [自動設定] チェックボックスがオンになっていることを確認します。


) [自動設定]チェックボックスがオンの場合、Cisco IPMA サービス パラメータの設定に基づき、既存のプロキシ回線およびインターコム回線用のコール検索スペースおよびパーティションと同様に、システムが自動的にソフトキー テンプレートを設定します。また、システムはインターコム回線用のスピーカフォンを使用した自動応答を設定します。


ステップ 10 [マネージャ名]選択ボックスで、このプロキシ回線を適用するマネージャを選択します。

ステップ 11 [マネージャの回線]選択ボックスで、このプロキシ回線を適用するマネージャの回線を選択します。

ステップ 12 [更新] ボタンをクリックします。

更新した内容は、すぐに適用されます。自動登録を選択している場合、アシスタント デバイスは自動的にリセットされます。


 

関連項目

「マネージャの設定とアシスタントの割り当て」

アシスタントの設定の変更

管理者は、Cisco CallManager Administration の User Configuration ウィンドウを使用して、アシスタントの Cisco IPMA 情報を更新および削除できます。

関連項目

「マネージャの設定とアシスタントの割り当て」

「アシスタントのプロキシ回線と着信インターコム回線を設定する」

「アシスタントの Cisco IPMA 情報を削除する」

「アシスタントの Cisco IPMA 設定を更新する」

アシスタントの Cisco IPMA 情報を削除する

アシスタントの Cisco IPMA 情報を削除するには、次の手順に従います。アシスタントの IPMA 以外の情報の削除については、『 Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「ユーザの追加」を参照してください。

手順


ステップ 1 IPMA 情報を削除するアシスタントを検索するには、Cisco CallManager Administration で、 User > Global Directory を選択します。

ステップ 2 User Configuration ウィンドウで、 [検索] ボタンをクリックするか、アシスタントのユーザ名を入力して[ 検索] ボタンをクリックします。

User Configuration ウィンドウに、設定済みのユーザのリストが表示されます。

ステップ 3 [アプリケーション プロファイル]リストの Cisco IPMA をクリックします。

User Configuration ウィンドウが再表示され、アシスタントの設定情報が表示されます。

ステップ 4 [削除] ボタンをクリックします。

更新した内容は、すぐに適用されます。


 


) 名前、ユーザ ロケール、PIN など、IPMA 以外のユーザ設定が変更された場合、その変更は、ユーザ(マネージャまたはアシスタント)が Cisco IPMA からログアウトし、もう一度ログインするまで実施されません。


関連項目

「マネージャの設定とアシスタントの割り当て」

「アシスタントのプロキシ回線と着信インターコム回線を設定する」

「マネージャの Cisco IPMA 設定を更新する」

アシスタントの Cisco IPMA 設定を更新する

アシスタントの Cisco IPMA 情報を更新するには、次の手順に従います。アシスタントの IPMA 以外の情報の更新については、『 Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「ユーザの追加 」を参照してください。

手順


ステップ 1 IPMA 情報を更新するアシスタントを検索するには、Cisco CallManager Administration で、 User > Global Directory を選択します。

ステップ 2 User Configuration ウィンドウで、 [検索] ボタンをクリックするか、アシスタントのユーザ名を入力して[ 検索] ボタンをクリックします。

User Configuration ウィンドウに、設定済みのユーザのリストが表示されます。

ステップ 3 [アプリケーション プロファイル]リストの Cisco IPMA をクリックします。

User Configuration ウィンドウが再表示され、アシスタントの設定情報が表示されます。

ステップ 4 デバイス名、インターコム回線、マネージャ関連付け情報など、変更対象の情報を更新します。


) 自動設定の実行中、システムは必要に応じて自動的に IPMA サービス パラメータの設定に基づいて既存のプロキシ回線およびインターコム回線用のソフトキー テンプレート、コール検索スペースおよびパーティションを設定します。また、インターコム回線用のスピーカフォンの自動応答を設定し、自動生成されたプロキシ回線を作成します。 自動設定を使用しない場合は、[自動設定]チェックボックスをオフにします。


ステップ 5 [更新] ボタンをクリックします。

更新した内容は、すぐに適用されます。


 


) 名前、ユーザ ロケール、PIN など、IPMA 以外のユーザ設定が変更された場合、その変更は、ユーザ(マネージャまたはアシスタント)が Cisco IPMA からログアウトし、もう一度ログインするまで実施されません。


関連項目

「マネージャの設定とアシスタントの割り当て」

「アシスタントのプロキシ回線と着信インターコム回線を設定する」

「アシスタントの Cisco IPMA 情報を削除する」

ダイヤル規則の設定

管理者は、ダイヤル規則設定を使用して、ダイヤル規則の優先順位を追加およびソートできます。Cisco IPMA のダイヤル規則は、アシスタントがダイヤルする電話番号から自動的に数字を除去したり、電話番号に数字を追加したりします。たとえば、7 桁の電話番号の先頭に、外線発信用の数字 9 を自動的に追加します。

アシスタントは、Assistant Console からディレクトリ検索を実行できます。ディレクトリ エントリは、Assistant Console の[マイコール]パネルにドラッグ アンド ドロップできます。ドロップすると、エントリに含まれている番号宛にコールが発信されます。ダイヤル規則は、エントリに含まれている番号に対して、コールの発信前に適用されます。

ダイヤル規則の設定については、次の項で説明します。

「ダイヤル規則設定の設計」

「ダイヤル規則設定のエラー チェック」

「ダイヤル規則の追加」

「ダイヤル規則の変更」

ダイヤル規則設定の設計

Dial Rules Configuration ウィンドウには、次のセクションが含まれています。

Dial Rule Creation:4 つの空白フィールドと Insert ボタンがあります。規則には、少なくとも 1 つの処理方法を指定する必要があります。ダイヤル規則は、Dial Rules List の一番下に追加されます。ダイヤル規則の位置を変更するには、上矢印と下矢印を使用します。

条件:数字文字列の最初の部分または番号の長さ、またはその両方に基づいて、電話番号を区別します。区別のための数字文字列は、100 文字まで指定できます。ダイヤルされた番号に規則が適用されるのは、この条件をすべて満たした場合だけです。

処理:ダイヤルされた番号の先頭部分から数字を削除するか、先頭部分に数字を追加します。または、追加と削除の両方を実行します。

Dial Rules List:規則が優先順位に従って一覧表示されます。規則の優先順位リストでは、上から下に向かって優先順位が下がり、規則はこの順序に従って適用されます。番号が規則の条件を満たしている場合は、その規則が適用され、以降の規則は一切考慮されません。規則については、内容の変更、優先順位の変更、および削除を行うことができます。

次に、ダイヤル規則を作成する際の、ダイヤル規則の条件と処理の例を示します。

条件

phone number begins with(このフィールドは空白になっています):この条件は、アシスタントがダイヤルした番号の、先頭からの 1 つ以上の数字を表します。たとえば、アシスタントが 1、1500、または 1500555 のいずれかをダイヤルした場合は、すべて電話番号 15005556262 に一致します。

number of digits is(このフィールドは空白になっています):この条件は、アシスタントがダイヤルした電話番号の桁数を表します。たとえば、ダイヤル番号が 915005556262 である場合、桁数は 12 になります。

処理

Remove blank digits from the beginning:Cisco IPMA は、ダイヤルされた番号の先頭部分から、この桁数分の数字を削除します。たとえば 4 を指定した場合、ダイヤルされた番号が 15005556262 であるときは、1500 が削除され、5556262 が残されます。

prefix it with(このフィールドは空白になっています):Cisco IPMA は、指定された桁数分の数字を削除した後で、ダイヤルされた番号の先頭部分にこの番号文字列を追加します。たとえば 9 が指定されている場合は、ダイヤルされた番号の先頭部分に、外線であることを指定する 9 を追加します。

ダイヤル規則設定のエラー チェック

Cisco IPMA のダイヤル規則については、Dial Rules Configuration ウィンドウの Dial Rule Creation セクションで、次の項目に違反していないかどうかがチェックされます。

phone number begins with フィールドは、数字と +、*、# だけをサポートする。フィールドの長さは、100 文字を超えることはできない。

number of digits is フィールドは、数字だけをサポートする。このフィールドの値は、パターン フィールドで指定したパターンの長さ未満にすることはできない。

remove digits フィールドは、数字だけをサポートする。このフィールドの値は、number of digits is フィールドの値を超えることはできない。

prefix it with フィールドは、数字と +、*、# だけをサポートする。フィールドの長さは、100 文字を超えることはできない。

ダイヤル規則は、互いに重複していない。

ダイヤル規則の remove digits フィールドと prefix it with フィールドを両方とも空白にすることはできない。

ダイヤル規則の追加

アシスタントに Cisco IPMA ダイヤル規則を追加するには、次の手順に従います。ダイヤル規則の設計とエラー チェックについては、「ダイヤル規則設定のエラー チェック」および 「ダイヤル規則設定の設計」を参照してください。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration で、 Route Plan > Application Dial Rules を選択します。

Dial Rules Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 phone number begins with フィールドに、数字または +、*、# を入力します。または、空白のままにします。

ステップ 3 number of digits is フィールドに数字を入力します。または、空白のままにします。

ステップ 4 remove digits フィールドに数字を入力します。または、空白のままにします。適切なダイヤル規則を適用します(「ダイヤル規則設定の設計」を参照)。

ステップ 5 prefix it with フィールドに、数字または +、*、# を入力します。または、空白のままにします。適切なダイヤル規則を適用します(「ダイヤル規則設定の設計」を参照)。

ステップ 6 Insert ボタンをクリックします。

規則を有効にするには、Cisco Tomcat サービスを停止して、もう一度起動します。詳細については、『 Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド』を参照してください。


 

ダイヤル規則の変更

管理者は、Dial Rules Configuration ウィンドウで、ダイヤル規則の更新、削除、および優先順位の変更を行うことができます。

関連項目

「ダイヤル規則の設定」

「ダイヤル規則の追加」

「ダイヤル規則の更新」

「ダイヤル規則の削除」

「ダイヤル規則の優先順位の変更」

ダイヤル規則の更新

ダイヤル規則を更新するには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration で、 Route Plan > Application Dial Rules を選択します。

ステップ 2 Dial Rules リストで、更新する規則を選択し、内容を更新します。

ステップ 3 Update ボタンをクリックします。

更新内容を有効にするには、Cisco Tomcat サービスを停止して、もう一度起動します。詳細については、『 Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド』を参照してください。


 

ダイヤル規則の削除

ダイヤル規則を削除するには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration で、 Route Plan > Application Dial Rules を選択します。

ステップ 2 Dial Rules リストで、削除する規則の隣にあるチェックボックスをオンにします。複数の規則を一度に削除できます。

ステップ 3 Delete Selected ボタンをクリックします。

削除を適用するには、Cisco Tomcat サービスを停止して、もう一度起動します。詳細については、『 Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド』を参照してください。


 

ダイヤル規則の優先順位の変更

ダイヤル規則の優先順位を変更するには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration で、 Route Plan > Application Dial Rules を選択します。

ステップ 2 Dial Rules リストで、順位を変更する規則を選択します。

ステップ 3 上矢印と下矢印を使用して、規則を Dial Rules リスト内で上または下に移動します。

ステップ 4 Update ボタンをクリックします。

移動を適用するには、Cisco Tomcat サービスを停止して、もう一度起動します。詳細については、『 Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド』を参照してください。


 

社内ディレクトリを使用するための LDAPConfig.ini ファイルの設定

Cisco CallManager には、アシスタントが Assistant Console からアクセスするためのデフォルト ディレクトリが用意されています。アシスタントが社内ディレクトリにアクセスする(Cisco CallManager インタークラスタにアクセスする)必要がある場合は、LDAPConfig.ini ファイルの内容を更新して、プライマリ IPMA サーバとバックアップ IPMA サーバに保存する必要があります。

社内ディレクトリにアクセスするための LDAPConfig.ini ファイルを設定するには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 LDAPConfig.ini ファイルにアクセスするには、次のディレクトリに移動します。

C:\Program Files\Cisco\MA\LDAPConfig.ini

ステップ 2 ファイルを開き、 表 2-2 で説明するフィールドを編集します。

社内ディレクトリにアクセスするには、LDAPConfig.ini ファイルの次のフィールドを更新する必要があります。

COMMON_NAME

DEPARTMENT

SEARCH_CN

LDAP_URL

SEARCH_BASE


 

 

表 2-2 LDAPConfig.ini の設定項目

フィールド
説明
ディレクトリ属性

FIRST_NAME=

デフォルトは givenname。ディレクトリ スキーマに定義される名属性です。

MIDDLE_INITIALS=

デフォルトは middleinitial。ディレクトリ スキーマに定義されるミドル ネーム属性です。

LAST_NAME=

デフォルトは sn。ディレクトリ スキーマに定義される姓属性です。

COMMON_NAME=

デフォルトは cn。ディレクトリ スキーマに定義される通常名(ニックネーム)属性です。このフィールドは、ユーザがニックネームを使用してディレクトリを検索できるようにする場合に設定します。たとえば、Robert の代わりに Bob で検索できます。

TELEPHONE_NUMBER=

デフォルトは telephonenumber。ディレクトリ スキーマに定義される電話番号属性です。

USERID=

デフォルトは uid。ディレクトリ スキーマに定義されるユーザ ID 属性です。

DEPARTMENT=

デフォルトは departmentnumber。ディレクトリ スキーマに定義される部署番号または部署名の属性です。このフィールドは、ユーザが部署名または部署番号を使用してディレクトリを検索できるようにする場合に設定します。

接続の詳細

MAX_DIR_CONNECTION=

デフォルトは 2。IPMA ソフトウェアは、デフォルトではディレクトリ検索用に 2 つのアクティブなディレクトリ接続を維持します。3 つ以上の接続が必要になる場合は、この数値を増やします。

INITIAL_DIR_
CONNECTION=

デフォルトは 2。

SEARCHSIZE=

デフォルトは 25。この制限値は変更しないでください。

MAX_TIME_LIMIT=

デフォルトは 0 秒。検索結果を返します(タイム リミットなし)。

SEARCH_CN=

デフォルトは true。ユーザが通常名(ニックネーム)を使用してディレクトリを検索できるようにする場合は、true に設定します。ニックネームとして指定されるのは、COMMON_NAME フィールドに入力する値です。

MANAGER_DN=

ディレクトリに対する匿名検索を許可するには、このフィールドを空白のままにします。匿名検索を許可しない場合は、このフィールド内に、たとえば cn=CCM SysUser,ou=Users,o=<company.com> などの設定値を指定してください。

MANAGER_PASSWORD=

定義した MANAGER_DN のパスワードを指定します。

LDAP_URL=

社内ディレクトリの URL アドレスとポート番号を必ず入力します。URL アドレスの形式は、ldap://ldap.<company.com:port#> とします。

SEARCH_BASE=

デフォルトのユーザ検索ベースは、ou=active,ou=employees,ou=people,
o=<company.com>。

Cisco IPMA のマネージャおよびアシスタントへの情報提供

URL にアクセスして、Cisco IPMA の Assistant Console アプリケーションをインストールします。管理者は、「Assistant Console アプリケーションのインストール」に示す URL をアシスタントに通知します。


) Assistant Console アプリケーションのインストール プログラムでは、Netscape 4.7 と Netscape 6.7、および Internet Explorer 5.5 と Internet Explorer 6 をサポートしています。


Assistant Console アプリケーションのインストール

インストールを開始するには、次の URL にアクセスします。

http://<IPMA サーバ>/ma/Install/IPMAConsoleInstall.jsp

変数の意味は、次のとおりです。

IPMA サーバ には、IPMA サービスを実行しているサーバの IP アドレスを指定します。


ヒント インストーラは、適切なローカリゼーション パックが添付されている場合、URL に適切なパラメータを含めることでローカライズできます。たとえばフランス語を使用する場合には、URL の末尾に ?locale=french_france というパラメータを付加します。

Cisco IPMA の Assistant Console インストール パッケージは、
C:\Program Files\Cisco\MA\Tomcat\webapps\ma\Install\Package ディレクトリにあります。このインストール パッケージには、インストールを制御するためのスクリプト ファイル installscript.txt が含まれています。Cisco IPMA の Assistant Console のインストール動作を変更するには、管理者がこのスクリプト ファイルの内容を変更します。


) Microsoft Internet Explorer バージョン 6 を実行する Windows XP コンピュータに Assistant Console アプリケーションをインストールするには、事前に Windows XP Service Pack 1 とともに Microsoft Java Virtual Machine(JVM)をインストールしておく必要があります。詳細については、「機能とサービスのトラブルシューティング」を参照してください。


スクリプト ファイルのパラメータ

次のパラメータを変更できます。

ShowTrace:デフォルトは false。このパラメータを true に設定すると、インストールの詳細な進捗状況が、スクロール ログとして管理者に提示されます。このログを利用して、インストールに関する問題をデバッグできます。ここで提示されるトレースは、インストール時にクライアント コンピュータに作成される InstallLog.txt ファイルにも書き込まれます。

ShowDialog:デフォルトは false。これは、管理者が変更する可能性が最も高いパラメータです。このパラメータが false に設定されていると、インストール ダイアログが表示されません。インストール ダイアログを表示するようにすると、管理者は、Cisco IPMA Assistant Console のインストール先ディレクトリを選択できるようになります。また、デスクトップ ショートカットとスタート メニュー ショートカットを作成するかどうかを選択できるようになります。

DefaultInstallPath:Assistant Console ソフトウェアのインストール先となるディレクトリのパス。デフォルトは C:\Program Files\Cisco\IPMA Assistant Console\ です。

CreateDesktopShortcut:デフォルトは true。ShowDialog が false である場合は、このパラメータによって、Assistant Console のデスクトップにショートカットを作成するかどうかが決まります。ShowDialog が true である場合は、このパラメータによって、インストール ダイアログの Desktop Shortcut オプションのデフォルト状態が決まります。

CreateStartMenuShortcut:デフォルトは true。ShowDialog が false である場合は、このパラメータによって、Start メニュー( Start > Programs > Cisco IPMA > IPMA Assistant Console )にショートカットを作成するかどうかが決まります。ShowDialog が true である場合は、このパラメータによって、インストール ダイアログの Start menu shortcut オプションのデフォルト状態が決まります。

マネージャの設定

マネージャは、次の URL を使用して、Manager Configuration ウィンドウで機能の個人用設定をカスタマイズできます。

http://<IPMA サーバ>/ma/desktop/maLogin.jsp

変数の意味は、次のとおりです。

IPMA サーバ には、Cisco IPMA サービスを実行しているサーバの IP アドレスを指定します。


) Manager Configuration では、Internet Explorer 5.5 以降のみをサポートしています。


管理者は、この URL をマネージャに通知する必要があります。

Cisco IPMA のトラブルシューティング

Cisco IPMA には、管理者用のトラブルシューティング ツールが用意されています。ツールには、Cisco CallManager Serviceability の一部であるパフォーマンス カウンタとパフォーマンス アラームが含まれています。パフォーマンス カウンタとパフォーマンス アラームの詳細については、『 Cisco CallManager Serviceability System Guide 』と『 Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド』を参照してください。

トラブルシューティング ツール、エラー メッセージ、および Cisco IPMA を障害から復旧させる方法については、「機能とサービスのトラブルシューティング」を参照してください。

その他の情報

関連項目

Cisco CallManager システム ガイド 』の「ソフトキー テンプレート」

その他のシスコ マニュアル

Cisco IP Manager Assistant ユーザ ガイド

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド

Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド

Cisco CallManager Serviceability System Guide

Cisco CallManager Bulk Administration Tool ユーザ ガイド

Troubleshooting Guide for Cisco CallManager