Cisco CallManager 機能およびサービス ガイド Release 3.3(3)
Cisco CallManager エクステン ション モビリティ
Cisco CallManager エクステンション モビリティ
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco CallManager エクステンション モビリティ

Cisco CallManager エクステンション モビリティの導入

Cisco CallManager エクステンション モビリティの概要

デバイス プロファイル

ユーザのデバイス プロファイル

自動生成されたデバイス プロファイル

デバイス プロファイルの要約

ログインおよびログアウトの動作

ログインのコール フロー

ログアウトのコール フロー

Cisco CallManager エクステンション モビリティのシステム要件

インタラクションおよび制限事項

インタラクション

同じサーバ上で動作する CiscoCallManager サービス

Bulk Administration Tool

Cisco IP Manager Assistant

Attendant Console

制限事項

初めて Cisco CallManager エクステンション モビリティをインストールする

CiscoCallManager エクステンション モビリティの CiscoCallManager 3.3(3) へのアップグレード

CiscoCallManager エクステンション モビリティの設定

設定のガイドライン

設定の例 1

設定の例 2

Cisco CallManager エクステンション モビリティの設定チェックリスト

Cisco Tomcat Service の起動

Cisco CallManager エクステンション モビリティ サービスの追加

サービス パラメータの設定

ユーザのデバイス プロファイルの作成

ユーザにユーザ デバイス プロファイルを関連付ける

Cisco CallManager エクステンション モビリティに Cisco IP Phone を登録する

Cisco CallManager エクステンション モビリティのユーザに情報を提供する

Cisco CallManager エクステンション モビリティ

Cisco CallManager エクステンション モビリティ機能を使用すると、ユーザは別の Cisco IP Phone から、ユーザの IP Phone の設定(回線の表示、サービス、および短縮ダイヤルなど)に一時的にアクセスできます。

Cisco CallManager エクステンション モビリティを使用すると、各社員にオフィス スペースを割り当てる代わりに、複数の社員がオフィス スペースを交代で共有できます。この方法は、営業所およびコンサルティング会社など、社員が日常的に同じ場所で勤務しなかったり、日によって営業時間が異なったりする環境で役立ちます。

Cisco CallManager 3.1 から、Cisco Customer Response Application (Cisco CRA) 2.2 Engine 上で動作する Cisco CallManager エクステンション モビリティが導入されています。Cisco CallManager 3.3(2) 以降では、Cisco CallManager エクステンション モビリティのアプリケーションおよび Cisco CallManager の Cisco CallManager エクステンション モビリティ サービスが、エクステンション モビリティの機能を提供します。この機能を利用すると Cisco CRA Engine は不要です。


) Cisco CallManager 3.1 および Cisco CallManager 3.2 のCisco CallManager エクステンション モビリティ機能については、『Cisco CallManager Extended Services Administrator's Guide』を参照してください。


Cisco CallManager 3.3(3) の Cisco CallManager エクステンション モビリティは、次の機能を提供します。

1 つの Cisco IP Phone サービス(Cisco CallManager エクステンション モビリティ サービス)がログイン サービスおよびログアウト サービスの両方の機能を実行する。

サービス パラメータの設定がクラスタ全体に適用される。

ユーザ ログイン用のユーザ ID を、英数字だけでなく数字でも指定できる。ユーザ ID は、従来どおり大文字と小文字が区別されています。

複数のデバイス プロファイルを持つユーザは、Cisco IP Phone へのログイン時に使用するプロファイルを選択できる。

この章では、Cisco CallManager エクステンション モビリティの次の項目について説明します。

「Cisco CallManager エクステンション モビリティの導入」

「Cisco CallManager エクステンション モビリティのシステム要件」

「インタラクションおよび制限事項」

「初めて Cisco CallManager エクステンション モビリティをインストールする」

「Cisco CallManager エクステンション モビリティの Cisco CallManager 3.3(3) へのアップグレード」

「Cisco CallManager エクステンション モビリティの設定」

「Cisco CallManager エクステンション モビリティのユーザに情報を提供する」

Cisco CallManager エクステンション モビリティの問題解決に関する情報は、「Cisco CallManager エクステンション モビリティのトラブルシューティング」を参照してください。

Cisco CallManager エクステンション モビリティの導入

この節では、機能の設定およびトラブルシューティングができるように、Cisco CallManager エクステンション モビリティの理解を深めます。

「Cisco CallManager エクステンション モビリティの概要」

「デバイス プロファイル」

「ログインおよびログアウトの動作」

「ログインのコール フロー」

「ログアウトのコール フロー」

Cisco CallManager エクステンション モビリティの概要

Cisco CallManager エクステンション モビリティ(XML ベースの認証機能)は、Cisco CallManager エクステンション モビリティ アプリケーションおよびCisco CallManager エクステンション モビリティ サービスで構成されています。この機能は、Cisco IP Manager Assistant(IPMA)および CDR Analysis and Reporting(CAR)などの他の Cisco CallManager サービスと同様に、Cisco Tomcat サービスを使用します。

Cisco CallManager 3.3(3) には、Cisco CallManager エクステンション モビリティが自動的にインストールされます。インストール後、CallManager Administration で Cisco CallManager エクステンション モビリティを設定します。System Parameters ページで、システム内での機能の動作を定義できます。たとえば、電話機での持続時間の制限を指定し、すべてのユーザの自動ログアウト タイムを有効にできます。

Cisco CallManager エクステンション モビリティ機能は、1 つの Cisco CallManager クラスタ内の電話機でのみ動作します。

Cisco CallManager エクステンション モビリティがサポートする処理(ログインおよびログアウト)の最大数は 1 時間あたり 2000 です。

ユーザは、Cisco IP 7960 Phone または Cisco IP 7940 Phone の Services ボタンを押して Cisco CallManager エクステンション モビリティにアクセスし、Cisco CallManager UserID および Personal Identification Number(PIN)のフォームにログイン情報を入力します。ユーザに複数のデバイス プロファイルがある場合は、Cisco CallManager エクステンション モビリティで使用するデバイス プロファイルの選択を求めるプロンプトが電話機に表示されます。

ユーザがログインすると、Cisco CallManager エクステンション モビリティ アプリケーションはユーザ認証用の XML-over-HTTP 要求を受け取り、Cisco IP Telephony Directory に対する情報を確認します(図 1-1 を参照してください)。認証の際、個別のユーザ デバイス プロファイル情報を利用して、電話機が自動的に再設定されます。

ユーザは、Services ボタンを押し、ログアウトを選択してログアウトします。ユーザが自分でログアウトしない場合は、サービス パラメータを設定しておくと、システムが自動的にユーザをログアウトします。また、電話機を使用する次のユーザが、直前のユーザをログアウトさせることができます。ログアウト後、Cisco CallManager はオリジナルのユーザ プロファイルを電話機に送信し、電話機を再起動します。

図 1-1 Cisco CallManager エクステンション モビリティ

 

デバイス プロファイル

デバイス プロファイルは、特定のデバイスの属性を定義します。デバイス プロファイルには、電話機のテンプレート(唯一の必須フィールド)、ユーザ ロケール、および登録されているサービスなどの情報が含まれます。

ただし、デバイス プロファイルは物理的な電話機に関連付けることができません。デバイス プロファイルは、物理的な電話機のテンプレートとして表示できます。デバイス プロファイルには、MAC アドレスやディレクトリ URL など明示的にデバイスに関係するプロパティを除く、すべてのデバイス プロパティが含まれています。

デバイス プロファイルがデバイスにロードされると、そのデバイスはデバイス プロファイルの属性を取得します。

ユーザのデバイス プロファイル

システム管理者として、各ユーザのデバイス プロファイルを設定します。ユーザは、Cisco CallManager User Options Web ページを使用して、このプロファイルにアクセスしたり、サービスの追加などの変更を行うことができます。

ユーザのデバイス プロファイルをユーザに割り当てると、電話機がユーザのログイン時にそのデバイス プロファイルの属性を取得します。

Cisco CallManager Administration ページでは、ユーザのデバイス プロファイルを追加、変更、および削除できます。


) Cisco CallManager 3.3(3) には、Cisco IP Phone 7960 ベースのユーザのデバイス プロファイルだけを追加できます。


自動生成されたデバイス プロファイル

自動生成されたデバイス プロファイルは、特殊なデバイス プロファイルです。Cisco CallManager エクステンション モビリティ用に電話機を設定し、Phone Configuration ウィンドウで Use Current Settings を選択すると生成されます。自動生成されたデバイス プロファイルは、生成後に特定の電話機に関連付けられ、ログアウト デバイス プロファイルになります。


) ユーザ デバイス プロファイルではなく、自動生成されたデバイス プロファイルを使用するように Cisco CallManager エクステンション モビリティを設定することを強くお勧めします。


自動生成されたデバイス プロファイルをユーザに関連付けることはできません。自動生成されたデバイス プロファイルは、ログインしているユーザが存在しない場合に限り、デバイスにロードできます。このデバイス プロファイルは修正できますが、削除はできません。

自動生成されたデバイス プロファイルに対する修正は、Phone Updating により上書きされることがあります。

デバイス プロファイルの要約

Cisco IP Phone の Cisco CallManager エクステンション モビリティを有効にすると、電話機は次のようなデバイス プロファイルを使用します。

ユーザがログインすると、デバイスはそのユーザのユーザ デバイス プロファイルを使用する。

ログインしているユーザが存在しない場合、電話機はログアウト デバイス プロファイルを使用する。

関連項目

「Cisco CallManager エクステンション モビリティの概要」

「ログインおよびログアウトの動作」

「ユーザのデバイス プロファイルの作成」

ログインおよびログアウトの動作

この項では、ユーザの視点からログインおよびログアウトの動作について説明します。ユーザからの質問への回答や問題の対処に、この情報を活用してください。


ヒント この情報は、『Cisco IP Phone 7960/7940 シリーズ ユーザ ガイド』と併せてユーザに提供し、ユーザが利用できるようにします。


作業日の始めに電話機にログインするよう、ユーザに指示することをお勧めします。これを実行すると、ユーザ デバイス プロファイルをユーザの電話機に確実にロードできます。ユーザが Cisco CallManager User Options ウィンドウでプロファイルを変更した場合は、ユーザが再度ログインしたときに変更が適用されます。すでにユーザがログインしている場合は変更が適用されません。

ログイン ユーザまたはプロファイルに関連付けられたユーザ ロケールがロケールまたはデバイスと異なる場合、正常にログインした後、電話機は再起動後にリセットされます。これは、電話機の設定ファイルが再構築されるためです。プロファイルとデバイス間で一致しないアドオン モジュールは同じ動作をする場合があります。

制限時間を設定すると、Cisco CallManager エクステンション モビリティが、クラスタ全体で一定時間を過ぎたユーザを自動的にログアウトすることができます。

Enforce Maximum Login Time で True を選択し、ログインの最長時間を指定して最長ログイン時間を設定します。

Auto Logout を有効にします。

「サービス パラメータの設定」を参照してください。

サービス パラメータを設定して複数のログインを許可できます。複数のログインを許可しないように設定した場合、Cisco CallManager エクステンション モビリティは 1 回につき 1 つのデバイスだけログインをサポートします。ユーザがログアウトしない限り、その他のログインは失敗します。

Auto Logout が無効で、ユーザが電話機からのログアウトを忘れた場合は、システム管理者がそのユーザをログアウトできます。また、次のユーザがログインする時に、そのユーザをログアウトできます。

Cisco CallManager エクステンション モビリティ機能が設定されている Cisco IP Phone からログアウトしたユーザは、ログインしない限りその電話機からのコールまたはボイスメールを確認できません。Messages ボタンまたはタッチトーン キー パッドのいずれかのキーを押した後にビジー音が聞こえる場合は、電話機を使用する前にログインする必要があります。

ユーザはオフフックの電話機にログインできます。ただし、Cisco IP Phone はオンフックになるまでユーザの設定を受け入れません。ログイン後にオンフックになると、電話機に「Resetting...」メッセージが表示され、ユーザの電話設定をその電話機で使用できるようになります。

ユーザの Cisco CallManager エクステンション モビリティ プロファイルには、呼び出し音タイプ、コントラストの設定、および音量の設定は保持されません。これらの設定は Cisco IP Phone で直接行います。

この機能は 1 つの Cisco CallManager クラスタ内でのみ動作します。

関連項目

「デバイス プロファイル」

「ログインのコール フロー」

ログインのコール フロー

この項では、Cisco CallManager エクステンション モビリティのログインのイベント フローを、システムの側から説明します。コール フローを理解すると、機能に問題が発生した場合のトラブルシューティングに役立ちます。

1. ユーザは Cisco IP Phone の Services ボタンを押し、ログインを要求します。この操作がCisco CallManager エクステンション モビリティ アプリケーションの URL を呼び出します。

2. 電話機は、フォーマットした XML/HTTP クエリーを Cisco CallManager エクステンション モビリティ サービスに送信し、その電話機の状態を判断します。サービスが XML 形式で「No one logged in.」と応答します。

3. アプリケーションがユーザにユーザ ID および PIN の入力を求めます。ユーザがユーザ ID および PIN を入力し、Submit ソフト キーを押します。

4. 電話機が HTTP 要求を実行し、アプリケーションがユーザ ID および PIN の認証を試みます。

5. ユーザ ID および PIN が認証されない場合は、電話機に「Authentication Error.」と表示されます。

ユーザ ID および PIN が認証された場合は、アプリケーションが Cisco IP Telephony Directory をクエリーして、ユーザに関連付けられているデバイス プロファイルのリストを取得します。

6. ディレクトリが応答し、ユーザのデバイス プロファイル(複数)が表示されます。リストに複数のエントリがある場合、電話機にはユーザが選択できるデバイス プロファイルが表示されます。

7. ユーザがこのリストからエントリを選択すると(またはリストにエントリが 1 つだけの場合)、アプリケーションはサービス用に XML を生成します。

8. アプリケーションは、サービスの URL を決定し、この URL に、生成された XML ログイン要求を HTTP 経由で送信します。


) Cisco CallManager エクステンション モビリティは、最初のインスタンスだけ Cisco IP Telephony Directory 内の URL を検索します。URL は、静的変数として保存されます。


9. サービスが、要求に対して定義済みの XML 形式で Success(または Failure)メッセージで応答します。

10. アプリケーションが正しい通知をデバイスに返します。電話機に「Login Successful」が表示されます。電話機がユーザのデバイス プロファイルで再起動します。

関連項目

「ログインおよびログアウトの動作」

「ログアウトのコール フロー」

「Cisco CallManager エクステンション モビリティのトラブルシューティング」

ログアウトのコール フロー

この項では、Cisco CallManager エクステンション モビリティのログアウトのイベント フローを、システムの側から説明します。コール フローを理解すると、Cisco CallManager エクステンション モビリティ機能で問題が発生した場合のトラブルシューティングに役立ちます。

1. ユーザは Cisco IP Phone の Services ボタンを押し、ログアウトを要求します。この操作は、Cisco CallManager エクステンション モビリティ アプリケーションの URL を呼び出します。

2. アプリケーションが XML を生成し、Cisco CallManager エクステンション モビリティ サービスに現在のデバイスの状態をクエリーします。

3. サービスがアプリケーションに現在のデバイスの状態を返します(たとえば、「<userID> がログインしました。」)。

4. アプリケーションは、ユーザにログアウトの確認をします。

5. ユーザが Yes ソフトキーを押してログアウトを確定すると、アプリケーションはログアウト操作として XML を生成します。

6. アプリケーションは、サービスの URL を検索し、生成された XML を HTTP 経由で URL へ送信します。

7. サービスが、アプリケーションの要求に対して Success メッセージまたは Failure メッセージを XML 形式で応答します。

8. アプリケーションは受け取った XML を解析し、XML 応答メッセージを作成します。

9. XML が適合する通知としてデバイスに返され、電話機に「Logout successful」と表示されます。

10. 電話機が再起動し、オリジナルのユーザ プロファイルをロードします。

関連項目

「ログインのコール フロー」

「Cisco CallManager エクステンション モビリティのトラブルシューティング」

Cisco CallManager エクステンション モビリティのシステム要件

このバージョンの Cisco CallManager エクステンション モビリティが動作するには、次のソフトウェア コンポーネントが必要です。

Cisco CallManager 3.3(3)


) Cisco CallManager 3.1 から、Cisco Customer Response Application (Cisco CRA) 2.2 Engine 上で動作する Cisco CallManager エクステンション モビリティが導入されています。Cisco CallManager 3.3(2) 以降では、Cisco CallManager エクステンション モビリティのアプリケーションおよび Cisco CallManager の Cisco CallManager エクステンション モビリティ サービスが、エクステンション モビリティの機能を提供します。この機能を利用すると Cisco CRA Engine は不要です。


Microsoft Windows 2000

次の電話機は、Cisco CallManager エクステンション モビリティをサポートしています。

Cisco IP Phone 7960

Cisco IP Phone 7940


) Cisco IP Phone 7960 および 7940 は、Cisco 7914 拡張モジュールを使用している場合でもCisco CallManager エクステンション モビリティを実行可能です。


Cisco CallManager 3.3(2) 以降を使用すると、Cisco CallManager がインストールされているサーバと同じサーバに Cisco CallManager エクステンション モビリティが自動的にインストールされます。追加のサーバは不要です。Cisco CallManager エクステンション モビリティは、Cisco CallManager クラスタ内のどのサーバでも実行できます。

関連項目

「Cisco CallManager エクステンション モビリティの導入」

「インタラクションおよび制限事項」

「初めて Cisco CallManager エクステンション モビリティをインストールする」

インタラクションおよび制限事項

この節では、Cisco CallManager エクステンション モビリティがほかの Cisco CallManager サービスと相互に通信する方法、および Cisco CallManager エクステンション モビリティの制約事項について説明します。

インタラクション

次の項では、Cisco CallManager エクステンション モビリティが Cisco CallManager アプリケーションと通信する方法について説明しています。

「同じサーバ上で動作する Cisco CallManager サービス」

「Bulk Administration Tool」

「Cisco IP Manager Assistant」

「Attendant Console」

同じサーバ上で動作する Cisco CallManager サービス

Cisco CallManager エクステンション モビリティは、同じ Cisco CallManager サーバで、Cisco IP Manager Assistant(IPMA)および CDR Analysis and Reporting(CAR)とともに実行できます。

これらのサービスは Cisco Tomcat Service を使用します。Cisco CallManager サービスまたはサービスの一部を有効化するには、Cisco Tomcat Service の起動と停止が必要な場合があります。たとえば、Cisco CallManager エクステンション モビリティ トレース ファイルを有効化するには、Cisco Tomcat Service を再起動します。IPMA を有効化する場合も、Cisco Tomcat Service を再起動します。


注意 Cisco Tomcat Service を再起動すると、Cisco Tomcat Service を使用するほかのサービスが無効になります。これらのサービスに対する影響を小さくするため、利用者が少ない時間帯に Cisco Tomcat Service を再起動することをお勧めします。また、Cisco Tomcat Service を再起動する前に、システムのバックアップを取ることもお勧めします。

Bulk Administration Tool

Bulk Administration Tool(BAT)を使用すると、一度に複数の Cisco CallManager エクステンション モビリティのユーザ デバイス プロファイルを追加および削除できます。詳細については、『 Cisco CallManager Bulk Administration Tool ユーザ ガイド 』を参照してください。

関連項目

「ユーザにユーザ デバイス プロファイルを関連付ける」

Cisco IP Manager Assistant

Cisco CallManager エクステンション モビリティ機能を使用するマネージャは、同時に Cisco IP Manager Assistant(IPMA)を使用できます。マネージャは、Cisco CallManager エクステンション モビリティを使用して Cisco IP Phone にログインし、Cisco IPMA サービスを選択します。IPMA サービスが起動すると、マネージャはアシスタントおよびすべての IPMA 機能(コール フィルタリングおよびサイレントなど)にアクセスできます。

Cisco IPMA の詳細については、「 Cisco IP Manager Assistant 」の章を参照してください。

Attendant Console

Cisco CallManager エクステンション モビリティは、Attendant Console と併用できません。

制限事項

次の制約事項は、Cisco CallManager エクステンション モビリティに適用されます。

Cisco CallManagerエクステンション モビリティ機能は、1 つの
Cisco CallManager クラスタ内の電話機でのみ動作します。

ユーザがユーザ ID を入力するときに表示される文字は、現在の電話機のロケールによって異なります。たとえば、電話機が English ロケールを使用している場合(電話機のログアウト プロファイルに基づく)、ユーザ ID には英字のみを入力できます。

ログイン ユーザまたはプロファイルに関連付けられたユーザ ロケールがロケールまたはデバイスと異なる場合、正常にログインした後、電話機は再起動後にリセットされます。これは、電話機の設定ファイルが再構築されるためです。プロファイルとデバイス間で一致しないアドオン モジュールは同じ動作をする場合があります。

Cisco CallManager エクステンション モビリティ機能がログインするには、物理的な Cisco IP Phone が必要です。Cisco CallManager エクステンション モビリティで設定されているオフィスの電話機のユーザは、自分の電話機にリモートでログインできません。

初めて Cisco CallManager エクステンション モビリティをインストールする

Cisco CallManager 3.3(3) をインストールすると、Cisco CallManager エクステンション モビリティは、Cisco CallManager クラスタ内にあるどのサーバにも自動的にインストールされます。Cisco CallManager のインストールの詳細については、Cisco CallManager のマニュアルを参照してください。

Cisco CallManager 3.3(3) をインストールする場合は、クラスタ内の各サーバに Cisco IP Telephony Locale Installer もインストールする必要があります。Locale Installer をインストールすると、ユーザ Web ページおよび電話機のディスプレイで、最新の翻訳されたテキストを利用できます。詳細については、『Cisco IP Telephony Locale Installer の使用方法』を参照してください。

Cisco CallManager 3.3(3) および Cisco IP Telephony Locale Installer をインストールした後、「Cisco CallManager エクステンション モビリティの設定」に記載されている手順を実行します。

関連項目

「Cisco CallManager エクステンション モビリティのシステム要件」

「インタラクションおよび制限事項」

「Cisco CallManager エクステンション モビリティの設定」

Cisco CallManager エクステンション モビリティの Cisco CallManager 3.3(3) へのアップグレード

始める前に

Cisco CallManager エクステンション モビリティをアップグレードする前に、次の項目を実行します。

1. Cisco CallManager 3.3(3) にシステムをアップグレードするすべての手順を完了します。

2. クラスタ内の各サーバに Cisco IP Telephony Locale Installer をインストールしたことを確認します。Locale Installer をインストールすると、ユーザ Web ページおよび電話機のディスプレイで、最新の翻訳されたテキストを利用できます。詳細については、『Cisco IP Telephony Locale Installer の使用方法』を参照してください。

Cisco CallManager 3.1 または 3.2 で設定した Cisco CallManager エクステンション モビリティがある場合、次の手順に従って、Cisco CallManager 3.3(3) を実行するための既存の Login Service および Logout Service を更新します。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration で Feature > Cisco IP Phone Services を選択します。

ステップ 2 Cisco IP Phone Services リストから Login Service を選択し、 Update をクリックします。

ステップ 3 Cisco IP Phone Services リストから Logout Service を選択し、 Update をクリックします。


) ユーザが Services ボタンを押すと、Login Service および Logout Service の既存名がそのまま電話機に表示されます。名前を変更するには(たとえば、「エクステンション モビリティ サービス」に変更)、Login Service および Logout Service を削除し、サービスの新しい名前を追加します。次に Update をクリックします。


ステップ 4 Service URL フィールドに、Cisco CallManager サーバの IP アドレスを入力します。

http://<IPAddressofCallManager>/emapp/EMAppServlet?device=#DEVICENAME#

IPAddressofCallManager は Cisco CallManager エクステンション モビリティがインストールされている Cisco CallManager の IP アドレスです。


注意 URL は大文字と小文字が区別されるため、記述されているとおり正確に入力してください。

ステップ 5 Cisco IP Phone Services Configuration ウィンドウで、 Update Subscriptions をクリックしてサービスの変更を適用し、すべてのユーザ登録を再設定します。


) サービスの URL を変更、電話機のサービス パラメータを削除、または 電話機のサービス パラメータ名を変更した場合は、登録を更新する必要があります。


ステップ 6 Cisco CallManager 3.3(3) では、サービス パラメータの設定がクラスタ全体に適用されるため、Cisco CallManager 3.1 または 3.2 で Cisco CallManager エクステンション モビリティ用に変更した設定の再入力が必要な場合があります。「サービス パラメータの設定」を参照してください。


 

これで Cisco CallManager エクステンション モビリティが Cisco CallManager 3.3(3) で動作するようになります。

関連項目

「Cisco CallManager エクステンション モビリティのユーザに情報を提供する」

「Cisco CallManager エクステンション モビリティのトラブルシューティング」

Cisco CallManager エクステンション モビリティの設定

機能を設定する前に、「設定のガイドライン」を参照してください。デバイス プロファイルの役割については、「デバイス プロファイル」を参照してください。設定チェックリストに示されている順に、設定手順を実行します。

「設定のガイドライン」

「設定の例 1」

「設定の例 2」

「Cisco CallManager エクステンション モビリティの設定チェックリスト」

設定のガイドライン

Cisco CallManager エクステンション モビリティを配置する際に起こる不具合を避けるために、必ず設定のガイドラインに従ってください。

Cisco CallManager クラスタ内のすべての電話機で Cisco CallManager エクステンション モビリティを有効化するには、これらの電話機をユーザが制御できないようにします。

このシナリオでは、ユーザが Cisco CallManager User Options Web ページにアクセスしてサービスを変更する場合、必ず Select a device to configure ドロップダウン リストから Device Profiles を選択する必要があります。ユーザは、個人の電話機の制御も設定の変更もできません。

管理者は、Cisco CallManager Administration を使用して電話機のサービスを変更できます。変更後、メイン ウィンドウ(ポップアップ メニューではない)で更新する場合は、電話機をリセットして変更内容を有効にする必要があります。この操作を行うと、新しいスナップショットが確実にログアウト プロファイルとして保存されます。


) Enterprise パラメータ「Synchronization between Auto Device Profile and Phone Configuration」が True に設定されている場合は、自動生成されたデバイス プロファイルは自動的に更新されます。メイン ウィンドウで更新する必要はありません。


特定のユーザがデバイス(たとえば、オフィスの電話機)を制御する場合、ほかのユーザがそのデバイスにログインできないようにします。


注意 ユーザが割り当てられている電話機に、ほかのユーザによるアクセスを許可すると、Cisco CallManager エクステンション モビリティ機能が正常に動作しない場合があります。

関連項目

「設定の例 1」

「設定の例 2」

「Cisco CallManager エクステンション モビリティの設定チェックリスト」

設定の例 1

代表的な Cisco CallManager エクステンション モビリティのシナリオは、次のとおりです。

従業員はすべて Cisco CallManager エクステンション モビリティのユーザである。

すべてのユーザにデバイス プロファイルがある。

ユーザは個人の電話機を制御できず、電話機の設定も変更できない。

ユーザは電話機を使用する前にログインする必要がある。

ユーザは、ロビーの電話機、会議室の電話機、および個室の電話機など共用を目的とする共通デバイスにアクセスできる。

ユーザが Cisco CallManager User Options Web ページにアクセスしてサービスまたは短縮ダイヤルを変更する場合、デバイス プロファイルは「Select a device to configure」ドロップダウン メニューでのみ選択できる。この操作により、どの Cisco IP Phone にログインしても、ユーザがサービスに対して行った変更が適用されます。

設定の例 2

もう一つの代表的な Cisco CallManager エクステンション モビリティのシナリオは、次のとおりです。

各ユーザには割り当てられた電話機がある。

各ユーザには、どのデバイスにログインしても適用されるデバイス プロファイルがある。

各ユーザは、ロビーの電話機、会議室の電話機、および個室の電話機など共用に設定されている共通デバイスにアクセスできる。

このシナリオでは、ほかの人の割り当てられている電話機を使用できません。

関連項目

「設定の例 1」

「Cisco CallManager エクステンション モビリティの設定チェックリスト」

Cisco CallManager エクステンション モビリティの設定チェックリスト

表 1-1 に示す手順に従って、Cisco CallManager エクステンション モビリティを設定します。

 

表 1-1 Cisco CallManager エクステンション モビリティの設定チェックリスト

設定手順
関連手順と関連項目

ステップ 1

Cisco CallManager Serviceability ツールの Service Activation を使用して、

a. Cisco CallManager エクステンション モビリティ サービスを実行しているサーバを選択します。

b. Cisco CallManager エクステンション モビリティ サービスを有効にします。

『Cisco CallManager Serviceability アドミニストレーション ガイド』

ステップ 2

Cisco CallManager エクステンション モビリティ を管理する NT サービスである Cisco Tomcat Service を起動します。

「Cisco Tomcat Service の起動」

ステップ 3

Cisco CallManager エクステンション モビリティ サービスを追加します。

「Cisco CallManager エクステンション モビリティ サービスの追加」

ステップ 4

管理パラメータを設定します。

最長ログイン時間を定義する。

複数ログインの動作について、ユーザが同時に複数のデバイスにログインすることを許可するかどうかを定義する。

Cisco CallManager エクステンション モビリティのデバッグ トレースを有効化する。

「サービス パラメータの設定」

ステップ 5

ユーザのデバイス プロファイルを作成します。

「ユーザのデバイス プロファイルの作成」

ステップ 6

ユーザにユーザ デバイス プロファイルを関連付けます。

「ユーザにユーザ デバイス プロファイルを関連付ける」

ステップ 7

Cisco IP Phone を設定しサービスを登録します。

Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「Cisco IP Phone の設定」

「Cisco CallManager エクステンション モビリティに Cisco IP Phone を登録する」

Cisco Tomcat Service の起動

Cisco CallManager エクステンション モビリティ は、Cisco Tomcat という名前の NT サービスとして管理されます。 Cisco CallManager エクステンション モビリティ サービスを起動または停止するには、 Start > Programs > Administrative Tools > Services から Cisco Tomcat と呼ばれる NT サービスの「起動」または「停止」を選択します。

関連項目

「Cisco CallManager エクステンション モビリティの設定チェックリスト」

「Cisco CallManager エクステンション モビリティ サービスの追加」

Cisco CallManager エクステンション モビリティ サービスの追加

Cisco CallManager エクステンション モビリティ サービスを追加するには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration で Feature > Cisco IP Phone Services を選択します。

ステップ 2 Service Name フィールドに、サービスの名前を入力します。

この名前は、ユーザが Services ボタンを押したときに電話機に表示されます。「Extension Mobility」のように分かりやすい名前を入力します。

ステップ 3 Service URL フィールドに、Cisco CallManager サーバの IP アドレスを入力します。

http://<IPAddressofCallManager>/emapp/EMAppServlet?device=#DEVICENAME#

IPAddressofCallManager は Cisco CallManager エクステンション モビリティがインストールされている Cisco CallManager の IP アドレスです。


注意 URL は大文字と小文字が区別されるため、記述されているとおり正確に入力してください。

ステップ 4 Character Set ドロップダウン メニューから、電話機に表示される言語を選択します。

ステップ 5 Insert をクリックし、次に Update をクリックします。


 

関連項目

「Cisco CallManager エクステンション モビリティの設定チェックリスト」

「Cisco Tomcat Service の起動」

「サービス パラメータの設定」

サービス パラメータの設定

Cisco CallManager 3.3(2) 以降では、サービス パラメータの設定はクラスタ全体に適用されます。

Cisco CallManager エクステンション モビリティのサービス パラメータを設定するには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration で、 Service > Service Parameters を選択します。

Service Parameters Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 ドロップダウン メニューから Cisco CallManager エクステンション モビリティ サービスを実行しているサーバを選択します。

ステップ 3 Services ドロップダウン メニューから、 Cisco Extension Mobility Logout を選択します。

新しい Service Parameters Configuration ページが表示されます。

ステップ 4 Login Service Enabled フィールドで、 True を選択し、ユーザ ログイン サービスを有効化します。False を選択すると、ユーザ ログイン サービスは無効になります。

デフォルト値は True に設定されています。

ステップ 5 Enforce Maximum Login Time で、 True を選択し、クラスタ全体のログインの最長時間を指定します。この時間を超えると、システムは自動的にデバイスをログアウトします。

False を選択すると、クラスタ全体のログインの最長時間が存在しないことになります。

デフォルト値は False に設定されています。


ヒント 自動ログアウトを設定するには、ステップ 5True を選択し、ステップ 6 でシステムの最長ログイン時間を指定する必要があります。この設定を行うと、Cisco CallManager はすべてのログインに対して自動ログアウトを行います。

ステップ 6 ステップ 5 で Maximum Login Time フィールドに True を指定した場合は、最長ログイン時間を時:分の形式で 0:01 ~ 168:00(1 分~ 1 週間)の範囲に設定します。

デフォルト値は 8:00(8 時間)に設定されています。

ステップ 7 Multi Login Behavior フィールドで、次のいずれかの応答を選択します。

Multiple Logins Allowed:1 人のユーザが同時に複数のデバイスにログインできます。

Multiple Logins Not Allowed:1人のユーザが一度ログインに成功すると、2 台目以降のログイン試行に失敗します。

Auto Logout:1人のユーザが 2 台目のデバイスにログインすると、Cisco CallManager は、最初にユーザがログインしたデバイスから自動的にユーザをログアウトします。

デフォルト値は Multiple Logins Not Allowed に設定されています。

ステップ 8 Debug Traces On フィールドは、デフォルト値の False のままにしておきます。

デバッグ トレースがサーバ上の余分な要求を認識するため、Cisco CallManager エクステンション モビリティ アプリケーション デバッグ トレースを、使用する必要があるときのみ、有効にすることをおすすめします。デバッグ トレースの使用後、値を False にリセットします。

この設定を変更したときは必ず Cisco Tomcat Service を再起動する必要があります(たとえば、この設定を True に変更、および再び False にリセットした場合)。


注意 Cisco Tomcat Service を再起動すると、Cisco IP Manager Assistant(IPMA)や CDR Analysis and Reporting(CAR)など、Cisco Tomcat Service を使用するその他のサービスが中断されます。これらのサービスに対する影響を小さくするために、利用者が少ない時間帯に Cisco Tomcat Service を再起動することをお勧めします。

ステップ 9 Alphanumeric Userid フィールドで True を選択して、ユーザ ID に英数字を使用できるようにします。False を選択すると、ユーザ ID に使用できる文字は数字だけになります。

デフォルト値は False に設定されています。

この設定を変更する場合は、Cisco Tomcat サービスを再起動する必要があります。


) Alphanumeric UserID パラメータはシステム全体に適用されます。すべてのユーザは英数字のユーザ ID または数字のユーザ ID を持つ必要があります。2 種類のユーザ ID を一緒に使用することはできません。


ステップ 10 7940 Phone Template for EM Login ドロップダウン メニューからCisco IP Phone 7940 にログインする際に使用する、目的の Cisco IP Phone 7940 Phone Template 名を選択します。

デフォルト値は Standard 7940 に設定されています。

ステップ 11 Update をクリックします。


 

関連項目

「Cisco CallManager エクステンション モビリティの設定チェックリスト」

「Cisco CallManager エクステンション モビリティ サービスの追加」

「ユーザのデバイス プロファイルの作成」

ユーザのデバイス プロファイルの作成

デバイス プロファイルには、名前、説明、電話機のテンプレート、アドオン モジュール、電話番号、登録サービス、および短縮ダイヤルの情報といった属性が含まれています。


) 手順を進める前に、デバイス プロファイル名および電話機のボタン テンプレート(複数)が設定されていることを確認してください。『Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド』を参照してください。


Cisco CallManager エクステンション モビリティの新規ユーザ用にデバイス プロファイルを追加する場合は、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration で、 Device > Device Settings > Device Profile を選択します。

ページが更新され、Find and List Device Profiles ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 右上隅にある Add a New User Device Profile リンクをクリックします。

User Device Profile Configuration ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 User Device Profile Name フィールドに、任意のデバイス プロファイル名を入力します。プロファイル名には、特定のユーザ デバイス プロファイルを表すテキストを自由に設定できます。

ステップ 4 Phone Button Template フィールドで、ドロップダウン リストを使用して Standard 7960 を選択します。

ステップ 5 このデバイス プロファイルには、アドオン モジュールのドロップダウン リストから選択することで、1 つまたは 2 つの Cisco IP Phone 7914 拡張モジュールを設定できます。


) 電話機ボタンのテンプレート フィールドの隣にある View ボタン リストのリンクを選択すると、電話機ボタンのリストをいつでも表示できます。ポップアップ ウィンドウが表示され、特定の拡張モジュールの電話機ボタンが表示されます。


ステップ 6 Insert をクリックします

Directory Number Configuration ページが表示されます。

ステップ 7 Directory Number フィールドに電話番号を入力し、 Insert をクリックします。

ステップ 8 次のプロンプトが表示されます。
The Directory Number has been assigned to the current device.Click OK to return to the current device.

OK をクリックします。

ステップ 9 ページが更新され、このデバイス プロファイルの User Device Profile Configuration ウィンドウが表示されます。

User Device Profile Configuration ウィンドウで、 Update service を選択します。

ステップ 10 サービスを更新するには、「Cisco CallManager エクステンション モビリティ サービスの追加」で追加したサービスを選択します。

ステップ 11 Continue をクリックします。

ステップ 12 Subscribe をクリックします。


 

関連項目

「Cisco CallManager エクステンション モビリティの設定チェックリスト」

「サービス パラメータの設定」

「ユーザにユーザ デバイス プロファイルを関連付ける」

ユーザにユーザ デバイス プロファイルを関連付ける

物理的なデバイスに関連付けるときと同じ方法で、ユーザ デバイス プロファイルをユーザに関連付けます。


ヒント Bulk Administration Tool(BAT)を使用すると、一度に複数の Cisco CallManager エクステンション モビリティのユーザ デバイス プロファイルを追加および削除できます。詳細については、『Cisco CallManager Bulk Administration Tool ユーザ ガイド』を参照してください


ユーザ デバイス プロファイルを、Cisco CallManager エクステンション モビリティのユーザに関連付けるには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration で、 User > Add a New User を選択します。

ステップ 2 [ユーザの設定]ウィンドウで、名前(jean など)、姓(brody など)およびユーザ ID(jbrody など)を入力します。


ヒント Cisco CallManager 3.3(2) 以降では、ユーザ ログイン用のユーザ ID を、英数字だけでなく数字でも指定できます。ユーザ ID は、従来どおり大文字と小文字が区別されます。

ステップ 3 [ユーザ パスワード]フィールドと[パスワードの確認]フィールドに、任意のパスワードを入力します。

ステップ 4 [PIN]フィールドに、任意の Personal Identification Number(PIN)を数字で入力します。PIN 番号を確認します。

ステップ 5 変更を保存し、ユーザを追加するには、 [挿入] をクリックします。

ステップ 6 左のペインで、 [エクステンション モビリティ] を選択します。

ステップ 7 [プロファイルの選択] をクリックして、「ユーザのデバイス プロファイルの作成」で作成したプロファイルを表示します。

ステップ 8 スクロールし、デバイス プロファイルの隣にあるボックスをクリックして適切なプロファイルを選択します。


) 最初に選択したプロファイルがデフォルトのプロファイルになります。


ステップ 9 [選択の更新] をクリックします。


 

関連項目

「Cisco CallManager エクステンション モビリティに Cisco IP Phone を登録する」

Cisco CallManager エクステンション モビリティに Cisco IP Phone を登録する

始める前に

電話機を Cisco CallManager エクステンション モビリティ に登録する前に、Cisco CallManager で Cisco IP Phone 7960 および 7940 を設定する必要があります。電話機の設定については、『 Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド 』の「Cisco IP Phone の設定」の項を参照してください。

デバイス プロファイルについては、「デバイス プロファイル」を参照してください。

Cisco CallManager エクステンション モビリティ 機能に登録するには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 Cisco CallManager Administration で、 Device > Phone を選択します。

ステップ 2 Phone Configuration ウィンドウで、 Subscribe/Unsubscribe Services リンクをクリックします。

ステップ 3 ドロップダウン リストから、「Cisco CallManager エクステンション モビリティ サービスの追加」で追加したサービス名(たとえば、エクステンション モビリティ)を選択します。


) 半角カタカナ名のサービス名を選択するには、Character Set で、Japanese(Hankaku-katakana)を選択してください。


ステップ 4 Continue をクリックします。

ステップ 5 Subscribe をクリックします。ウィンドウを閉じます。

ステップ 6 Cisco CallManager Phone Configuration で、ウィンドウの下までスクロールします。 Enable Extension Mobility Feature チェックボックスをオンにします。

ステップ 7 Log Out Profile フィールドで、 Use Current Device Settings を選択します。

この操作は、自動生成されたデバイス プロファイルをデフォルトのデバイス プロファイルとして作成します。ログアウトが実行されると、現在の設定(ユーザ デバイス プロファイル)が、自動生成されたデバイス プロファイル(デフォルトのデバイス プロファイル)に置き換わります。


) デフォルトのデバイス プロファイルには、自動生成されたデバイス プロファイルを使用し、ユーザ デバイス プロファイルを割り当てないことを強くお勧めします。


ステップ 8 その他のフィールドには、デバイスのログイン ステータスに関する現在のデバイス情報が表示されます(Log in UserID、Log In Time、Log Out Time)。

ステップ 9 Update をクリックします。


 

これで Cisco CallManager エクステンション モビリティ の設定が完了しました。

関連項目

「Cisco CallManager エクステンション モビリティの設定チェックリスト」

「ユーザにユーザ デバイス プロファイルを関連付ける」

「Cisco CallManager エクステンション モビリティのユーザに情報を提供する」

Cisco CallManager エクステンション モビリティのユーザに情報を提供する

Cisco CallManager エクステンション モビリティのシステムを設定した後、電話機のユーザに次の情報を提供します。

Cisco CallManager エクステンション モビリティ機能に付けた名前(たとえば、エクステンション モビリティ)を含む、機能通知のアベイラビリティ。

ユーザのパスワード、ユーザ ID、および PIN。

ユーザが、ユーザ パスワードおよび PIN を変更する Cisco CallManager User Options Web ページの URL。

Cisco CallManager エクステンション モビリティの概要およびログイン、ログアウト、機能のトラブルシューティングの手順が記載されている『 Cisco IP Phone 7960/7940 シリーズ ユーザ ガイド 』。

「サービス パラメータの設定」で定義した、ログインおよびログアウト動作の機能説明。