Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド Release 3.3(3)
Dependency Records
Dependency Records
発行日;2012/01/10 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Dependency Records

Dependency Records へのアクセス

Dependency Records ボタン

Dependency Records

この付録では、Cisco CallManager Administration 内の Dependency Records のウィンドウについて説明します。 このウィンドウを使用すると、データベース内のどのレコードが特定のレコードを使用するかを判別できます。 たとえば、どのデバイス(CTI ルート ポイントや電話機など)が特定のコール検索スペースを使用するかを判別できます。

Cisco CallManager からレコードを削除する必要がある場合、Dependency Records を使用すると、削除するレコードと関連付けられたレコードを表示することができます。次に、関連付けられたレコードを、別のレコードと関連付けるように再設定できます。

この付録の構成は、次のとおりです。

「Dependency Records へのアクセス」

「Dependency Records ボタン」

Dependency Records へのアクセス

Cisco CallManager の設定ウィンドウから Dependency Records にアクセスするには、 Dependency Records リンクをクリックします。 Dependency Records--Summary ウィンドウが表示されます。 このウィンドウには、Cisco CallManager の設定ウィンドウに表示されたレコードを使用するレコードの数とタイプが表示されます。

たとえば、Device Pool Configuration ウィンドウに Default デバイス プールが表示されている場合、Dependency Records リンクをクリックすると、Dependency Records--Summary ウィンドウに、そのデバイス プールを使用するレコードがすべて表示されます(図 A-1を参照)。

図 A-1 Dependency Records--Summary の例

 

Dependency Records の詳細情報を表示するには、詳細情報の対象となるレコードをクリックします(たとえば、トランク レコードをクリックします)。Dependency Records--Detail ウィンドウが表示されます(図 A-2を参照)。

図 A-2 Dependency Records--Detail の例

 

Summary ウィンドウに戻るには、ウィンドウの上部にある Back to Summary リンクをクリックします。

レコードの設定ウィンドウを表示するには、レコードをクリックします。 そのレコードの設定ウィンドウが表示されます。 たとえば、図 A-2に示されている name23 トランク レコードをクリックすると、Trunk Configuration ウィンドウに、name23 トランクに関する情報が表示されます。

Dependency Records ボタン

Dependency Records - Summary ウィンドウには、次の 3 つのボタンが表示されます。

Refresh :ウィンドウを現在の情報で更新する。

Close :ウィンドウを閉じる。ただし、Dependency Records リンクをクリックした Cisco CallManager の設定ウィンドウには戻らない。

Close and Go Back :ウィンドウを閉じ、Dependency Records リンクをクリックした Cisco CallManager の設定ウィンドウに戻る。