Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド Release 3.3(3)
Global Directory の検索
Global Directory の検索
発行日;2012/01/10 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Global Directory の検索

基本検索の使用方法

詳細検索の使用方法

Global Directory の検索

Cisco CallManager の Global Directory には、Cisco CallManager ディレクトリ内のすべてのユーザの情報が含まれています。Cisco CallManager は、Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)を使用して、ユーザ情報を含んでいるディレクトリと情報を交換します。シスコは、Cisco CallManager でこの組み込みディレクトリをサポートしています。その主な目的は、デバイスとユーザとの関連を維持することです。

基本検索または詳細検索のどちらかを使用して、システム管理者は Global Directory にアクセスすることができます。

新規ユーザの追加と設定の詳細については、「新規ユーザの追加」を参照してください。

次のトピックでは、Global Directory の検索について説明します。

「基本検索の使用方法」

「詳細検索の使用方法」

Cisco CallManager システム ガイド 』の 「Global Directory 検索のヒント

基本検索の使用方法

基本検索ユーティリティは、検索条件として入力された文字列と、名、姓、およびユーザID の各フィールドと一致しているかを検索します。たとえば、検索フィールドに「li」と入力した場合、検索結果には、その文字列と一致する名、姓、またはユーザ ID を持つユーザが示されます。2 つ以上の文字列をスペースで区切って入力すると、各文字列が 3 つの検索フィールドのいずれかと一致しているかどうかを検索します。


ヒント Cisco CallManager による検索フィールドの使用方法の詳細については、『Cisco CallManager システム ガイド』の「基本検索」を参照してください。


Global Directory の基本検索エンジンの使用手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 User > Global Directory の順に選択します。

[ユーザ情報 基本検索]ウィンドウが表示されます。


[ページの表示]ドロップダウン リスト ボックスで別の言語を選択すると、[ユーザの設定]ウィンドウの言語を一時的に変更できます。ただし、この言語の変更は、現在の Web セッションにしか適用されません。次にログインしたときには、[ユーザの設定]ウィンドウはデフォルトの言語で表示されます。


ステップ 2 [ユーザ検索]フィールドに検索対象のユーザの名、姓、ユーザ ID、またはそれらの情報の一部を入力し、 [検索] をクリックします。

ステップ 3 その結果表示される名前一致リストから、必要な名前を選択して、そのユーザについての固有情報を入手します。


 

次の手順

このユーザ情報を変更するには、該当するフィールドを更新し(「ユーザの設定値」を参照)、 [更新] をクリックします。

このユーザとデバイスとの割り当てを表示または変更する場合の詳細については、「ユーザとデバイスとの関連付け」を参照してください。

関連項目

「ユーザの追加」

「ユーザとデバイスとの関連付け」

「詳細検索の使用方法」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Global Directory 検索のヒント

詳細検索の使用方法

詳細検索ユーティリティを使用すると、4 つの検索フィールドと内蔵の Boolean ロジックを使用して検索条件を入力することで、複雑な検索を実行することができます。1 つのフィールドに 2 つ以上の名前または文字列をスペースで区切って入力すると、指定した条件のいずれかと一致するものが検索されます。たとえば、「john jerry」と入力すると、検索エンジンは、名が John または Jerry であるユーザすべてを返します。1 つの文字列を 2 つ以上の検索フィールドに入力すると、両方の条件と一致するものが検索されます。たとえば、名に「Ling」、姓に「Chu」と入力すると、名前が Ling Chu というユーザが検索エンジンから返されます。


ヒント Cisco CallManager による検索フィールドの使用方法の詳細については、『Cisco CallManager システム ガイド』の「詳細検索」を参照してください。


Global Directory 詳細検索エンジンを使用する手順は、次のとおりです。

手順


ステップ 1 User > Global Directory の順に選択します。

ステップ 2 [詳細検索] をクリックします。

[ユーザ情報 詳細検索]ウィンドウが表示されます。


[ページの表示]ドロップダウン リスト ボックスで別の言語を選択すると、[ユーザの設定]ウィンドウの言語を一時的に変更できます。ただし、この言語の変更は、現在の Web セッションにしか適用されません。次にログインしたときには、[ユーザの設定]ウィンドウはデフォルトの言語で表示されます。


ステップ 3 該当するフィールドに、検索対象のユーザの名、姓、ユーザ ID、または部署名の検索条件を入力します。

ステップ 4 [検索] をクリックします。


) 検索結果を絞り込む場合は、[検索の絞り込み]をクリックします。絞込み検索では、絞り込む検索条件を入力してから、[検索]をクリックするか、[リセット]をクリックして、直前の検索条件をフィールドに取り込むことができます。入力したすべての検索条件をフィールドから削除するには、[クリア]をクリックします。


ステップ 5 希望するユーザが検索リストに表示されたときは、そのユーザ ID または名前をクリックして、[ユーザの設定]ウィンドウを表示します。


 

次の手順

このユーザ情報を変更するには、該当するフィールドを更新し(表 49-1を参照)、 [更新] をクリックします。

このユーザとデバイスとの割り当てを表示または変更する場合の詳細については、「ユーザとデバイスとの関連付け」を参照してください。

関連項目

「ユーザの追加」

「ユーザとデバイスとの関連付け」

「基本検索の使用方法」

Cisco CallManager システム ガイド 』の「 Global Directory 検索のヒント