Cisco CallManager アドミニストレーション ガイド Release 3.3(3)
概要
概要
発行日;2012/01/09 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

概要

主な機能と利点

Cisco CallManager Administration の参照

参考情報

概要

Cisco CallManager は、企業内の通話を処理するソフトウェア ベースのコンポーネントです。この Cisco CallManager コンポーネントは、Cisco AVVID(Architecture for Voice, Video and Integrated Data)アーキテクチャに準拠する企業向けのソリューションとして、特に、Cisco IP テレフォニーのサービスを提供します。Cisco IP Telephony Applications Server は、Cisco CallManager のコール処理、サービス、およびアプリケーションに対して可用性の高いサーバ プラットフォームを提供します。

Cisco CallManager システムは、企業のテレフォニー機能をパケット テレフォニー デバイスまで拡張して、たとえば、IP Phone、メディア処理デバイス、Voice-over-IP(VoIP)ゲートウェイ、マルチメディア アプリケーションなどを提供します。その他にも、統合メッセージング、マルチメディア会議、コラボレーション連絡センター、対話型マルチメディア応答システムなどで使用されるデータ、音声、ビデオの各サービスでは、オープン型の Cisco CallManager テレフォニー API を利用してサービス間の情報を交換することが可能になります。

Cisco CallManager は、Cisco 統合テレフォニー アプリケーションおよびサードパーティ アプリケーションに対して、シグナリングとコール制御のサービスを提供します。主な機能は、次のとおりです。

コール処理

シグナリングとデバイス制御

ダイヤル プランの管理

電話機能の管理

ディレクトリ サービス

Operations, administration, management, and provisioning(OAM&P; 操作、アドミニストレーション、管理、およびプロビジョニング)

Cisco SoftPhone、Cisco IP Interactive Voice Response(IP IVR)、Cisco Personal Assistant、Cisco CallManager Attendant Console などの外部音声処理アプリケーションに対するプログラミング インターフェイス

主な機能と利点

Cisco CallManager システムには、音声会議と WebAttendant 機能を利用するのに必要な一連の統合音声アプリケーションが組み込まれています。音声アプリケーションが組み込まれているため、音声処理用に特別のハードウェアは必要ありません。保留、任意転送、自動転送、会議、複数回線通話、自動ルート選択、スピード ダイヤル、前回かけた番号のリダイヤルなどの補助的な拡張サービスが、IP Phone とゲートウェイに付加されます。Cisco CallManager はソフトウェア アプリケーションなので、実稼働環境で機能を拡張するには、サーバ プラットフォーム上でソフトウェアをアップグレードするだけで済み、高価なハードウェアのアップグレード費用が不要になります。

Cisco CallManager は、すべての Cisco IP Phone、ゲートウェイ、アプリケーションと IP ネットワーク全体に配備が可能なため、分散型のバーチャル テレフォニ ネットワークを構築することができます。このアーキテクチャにより、システムのアベイラビリティとスケーラビリティが向上します。コール アドミッション制御により、帯域幅に制約のある WAN リンク内での音声 QoS が保証され、WAN 帯域幅が十分でないときには別の公衆電話交換網(PSTN)にコールが自動転送されます。

Cisco CallManager のコンフィギュレーション データベースへのインターフェイスは通常の Web ブラウザを使用しているので、リモート デバイスとリモート システムの設定機能も提供しています。ユーザおよび管理者は、このインターフェイスを使用して HTML ベースのオンライン ヘルプにアクセスすることができます。

Cisco CallManager Administration の参照

Cisco CallManager Administration プログラムには、Web サーバや Cisco CallManager プログラムがインストールされているマシンとは別の PC からアクセスすることを推奨します。


注意 Web ブラウザは、リソース消費型アプリケーションであるため、システムのメモリと CPU サイクルを大量に消費する場合があります。Web ブラウザが Cisco CallManager に必要なリソースまで消費すると、コール処理に悪影響を与えます。Web サーバや Cisco CallManager と同じマシンでブラウザを使用すると、ダイヤル トーンの遅延やコールの終了を引き起こす可能性があります。

Cisco CallManager Administration プログラムは、次の Microsoft Windows オペレーティング システム ブラウザをサポートしています。

Netscape Communicator 4.X

Microsoft Internet Explorer 5 または 6

ネットワーク内の任意のユーザ PC から、Cisco CallManager Administration を実行しているサーバを参照し、管理特権でログインします。


) 多数のユーザが同時に Cisco CallManager Administration にログインすると、Web ページのパフォーマンスが低下する場合があります。同時にログインするユーザおよび管理者の数は制限してください。


手順

次の手順に従って、サーバを参照します。


ステップ 1 適当な Microsoft Windows オペレーティング システム ブラウザを起動します。

ステップ 2 Web ブラウザのアドレスバーに次の URL を入力します。

http://< CCM-server-name >/CCMAdmin/main.asp

ただし、< CCM-server-name > はサーバの名前または IP アドレスです。

ステップ 3 割り当てられた管理特権でログインします。


 

参考情報

Cisco CallManager システム ガイド

Cisco IP テレフォニー ネットワーク デザイン ガイド

Cisco CallManager インストレーション ガイド

Cisco CallManager アップグレード手順