Cisco Unified Communications Manager Express システム アドミニストレータ ガイド
XML API の設定
XML API の設定
発行日;2013/04/10 | 英語版ドキュメント(2013/04/03 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 18MB) | フィードバック

目次

XML API の設定

内容

XML API について

XML API の定義

IXI を使用した XML API プロビジョニング

CiscoUnifiedCME 用の XML API

対象読者

前提条件

Cisco Unified CME 用 XML API について

ISexecCLI

ISSaveConfig

ISgetGlobal

ISgetDevice

ISgetDeviceTemplate

ISgetExtension

ISgetExtensionTemplate

ISgetUser

ISgetUserProfile

ISgetUtilityDirectory

ISgetVoiceRegGlobal

ISgetSipDevice

ISgetSipExtension

ISgetSessionServer

ISgetVoiceHuntGroup

ISgetPresenceGlobal

XML API の設定方法

XML トランスポート パラメータの定義

XML アプリケーション パラメータの定義

XML アクセスに対する認証の定義

XML インベント テーブル パラメータの定義

XML インターフェイスのトラブルシューティング

XML API の設定例

XML 転送パラメータ:例

XML アプリケーション パラメータ:例

XML 認証:例

XML イベント テーブル:例

次の作業

その他の参考資料

関連資料

シスコのテクニカル サポート

XML API に関する機能情報

XML API の設定

この章では、Cisco Unified Communications Manager Express(Cisco Unified CME)で使用可能な eXtensible Markup Language(XML)アプリケーション プログラミング インターフェイス(API)のサポートについて説明します。

このモジュールで紹介する機能情報の入手方法

お使いの Cisco Unified CME のバージョンが、このモジュールで説明されている機能の一部をサポートしていないことがあります。 各機能がサポートされているバージョンのリストについては、「XML API に関する機能情報」を参照してください。

XML API について

XML API をイネーブルにするには、次の概念を理解しておく必要があります。

「XML API の定義」

「IXI を使用した XML API プロビジョニング」

「Cisco Unified CME 用の XML API」

XML API の定義

XML API は、外部のネットワーク管理システム(NMS)が Cisco Unified CME 操作を設定およびモニタするための、Cisco Unified CME に対するインターフェイスを提供します。

IXI を使用した XML API プロビジョニング

以前のバージョンの Cisco Unified CME では、XML インターフェイスは、HTTP ポートを使用した設定機能とモニタリング機能を提供していました。XML インターフェイスは HTTP サーバ プロセスで実行され、着信 XML 要求をオンデマンドで同時に解析して処理します。

Cisco Unified CME 4.0 以降のバージョンでは、XML インターフェイスは Cisco IOS XML Infrastructure(IXI)を通して提供されており、パーサー層とトランスポート層がアプリケーションから分離されています。このモジュール化によって拡張性が提供され、将来の XML サポートを開発できるようになります。Cisco Unified CME 4.0 以降のバージョンでは、すべての Cisco Unified CME 機能に XML サポートが提供されています。

Cisco Unified CME 用の XML API

eXtensible Markup Language(XML)アプリケーション プログラミング インターフェイス(API)は、Cisco Unified Communications Manager Express(Cisco Unified CME)8.5 以降のバージョンでサポートされています。

「対象読者」

「前提条件」

「Cisco Unified CME 用の XML API」

「例」

対象読者

このマニュアルは、C++、Java、またはそれらと同等の高級プログラミング言語に関する知識のある読者を対象としています。次の分野での知識または経験も必要です。

TCP/IP プロトコル

Hypertext Transport Protocol

ソケット プログラミング

XML

さらに、このプログラミング ガイドのユーザは、AXL での要求、応答、およびエラーを定義するために使用されている XML スキーマについても確実に把握している必要があります。XML スキーマの詳細については、『 XML Schema Part 0: Primer Second Edition 』を参照してください。

前提条件

Cisco Unified CME:Cisco Unified CME で XML API が設定されていること。設定情報については、『 Cisco Unified CME Administrator Guide 』の「 Configuring the XML API 」の項を参照してください。

Cisco Unified CME 用 XML API について

Cisco Unified CME の XML API サポートは、XML を使用して、Cisco ルータでデータの挿入、取得、更新、および削除を実行するためのメカニズムを提供します。

要求方式は、HTTP POST を使用して Cisco Unified CME アプリケーションおよび Cisco Unified SRST アプリケーションで XML サーバに渡される XML 構造体です。XML サーバはその XML 構造体を受信し、要求を実行します。要求が正常に完了すると、適切な XML 応答が返されます。


) XML バッファ サイズの制限により、単一要求で複数のエンティティに関するクエリーを行うと、失敗する可能性があります。この制限のため、アプリケーションは、そのクエリーに対する粒度を 1 つの要求ごとに 1 つのエンティティに調整する必要があります。


表 144 に、XML API に関する要求方式と応答方式、および各方式の目的とパラメータを示します。

表 144 XML API の方式:要求と応答

説明
要求
パラメータ
応答

システム

コンフィギュレーション コマンドの実行

ISexecCLI

コマンド

ISexecCLIResult

ルータの設定を nvram に保存

ISSaveConfig

--

ISSaveConfigResult

SCCP

GCisco Unified CME または Cisco Unified SRST のシステム ステータスの取得。

ISgetGlobal

--

ISGlobal

IP Phone のステータスの取得

ISgetDevice

次のいずれかの組み合わせ:

ISDevID
ISDevName
ISKeyword:

all

allTag

available

ISDevices

電話テンプレートの設定の取得

ISgetDeviceTemplate

次のいずれかの組み合わせ:

ISDevTemplateID
ISKeyword:

all

allTag

available

ISDeviceTemplates

内線番号の設定の取得

ISgetExtension

次のいずれかの組み合わせ:

ISExtID
ISExtNumber
ISKeyword:

all

allTag

available

ISExtensions

内線番号テンプレートの設定の取得

ISgetExtensionTemplate

次のいずれかの組み合わせ:

ISExtTemplateID
ISKeyword:

all

allTag

available

ISExtensionTemplates

ユーザ情報の取得

ISgetUser

ISuserID

ISuser

ユーザ プロファイル情報の取得

ISgetuserProfile

次のいずれかの組み合わせ:

ISUserProfileID
ISuserID
ISKeyword:

all

allTag

available

ISUserProfiles

ユーティリティ ディレクトリの設定の取得

ISgetUtilityDirectory

--

ISUtilityDirectory

SIP

SIP を実行している Cisco Unified CME のシステム ステータスの取得

ISgetVoiceRegGlobal

--

ISSipGlobal

IP Phone のステータスの取得

ISgetSipDevice

次のいずれかの組み合わせ:

ISPoolID
ISPoolName
ISKeyword:

all

allTag

available

ISSipDevices

内線番号の設定の取得

ISgetSipExtension

次のいずれかの組み合わせ:

ISVoiceRegDNID
ISVoiceRegNumber
ISKeyword:

all

allTag

available

ISSipExtensions

セッション サーバのステータスの取得

ISgetSessionServer

次のいずれかの組み合わせ:

ISSessionServerID
ISSessionServerName
ISKeyword:

all

allTag

available

ISSessionServers

音声ハント グループのステータスの取得

ISgetVoiceHuntGroup

ISVoiceHuntGroupID
ISKeyword:

all

allTag

available

ISVoiceHuntGroups

プレゼンスの設定の取得

ISgetPresenceGlobal

--

ISPresenceGlobal

ISexecCLI

ISexecCLI を使用すると、Cisco ルータ上で Cisco IOS コマンドのリストを実行できます。要求には、実行するコマンドごとに CLI パラメータと Cisco IOS コマンド文字列が含まれている必要があります。

要求:例

<SOAP-ENV:Envelope>

<SOAP-ENV:Body>

<axl>

<request xsi:type="ISexecCLI">

<ISexecCLI>

<CLI>ephone 4</CLI>

<CLI>mac-address 000D.BC80.EB51</CLI>

<CLI>type 7960</CLI>

<CLI>button 1:1</CLI>

</ISexecCLI>

</request>

</axl>

</SOAP-ENV:Body>

</SOAP-ENV:Envelope>

応答:例

次の例で、ISexecCLIResponse の値「0」は、要求が正常に完了した場合の応答です。

<SOAP-ENV:Envelope >

<SOAP-ENV:Body>

<axl >

<response xsi:type="ISexecCLIResponse" >

<ISexecCLIResponse>0</ISexecCLIResponse>

<ISexecCLIError></ISexecCLIError>

</response>

</axl>

</SOAP-ENV:Body>

</SOAP-ENV:Envelope>

次の例は、要求が失敗した場合の応答を示しています。ISexecCLIResponse の値によって、要求が失敗した行番号が識別されます。コマンド リスト内の、それ以降のコマンドは実行されません。リスト内のその前のすべてのコマンドは実行されました。

<SOAP-ENV:Envelope >

<SOAP-ENV:Body>

<axl >

<response xsi:type="ISexecCLIResponse" >

<ISexecCLIResponse>4</ISexecCLIResponse>

<ISexecCLIError> invalid input dn parameter for button 1</ISexecCLIError>

</response>

</axl>

</SOAP-ENV:Body>

</SOAP-ENV:Envelope>

ISSaveConfig

ISSaveConfig は、ルータ上の実行コンフィギュレーションを、同じルータ上のスタートアップ コンフィギュレーションに保存します。

要求:例

<request>

<ISSaveConfig />

</request>

応答:例

次の例は、ISSaveConfig 要求が正常に完了したことを示しています。

<response xsi:type=" ISSaveConfig">

<ISSaveConfigResult>success</ISSaveConfigResult>

</request>

次の例は、要求が失敗した場合の応答を示しています。

<response xsi:type=" ISSaveConfig">

<ISSaveConfigResult>fail</ISSaveConfigResult>

</request>

次の例は、要求が遅延した場合の応答を示しています。一般的には、別のターミナル セッションが Cisco Unified CME に接続されていることが原因です。他のすべてのターミナル セッションが接続解除された後、実行コンフィギュレーションがバックグラウンド プロセスによって後から保存されます。

<response xsi:type=" ISSaveConfig">

<ISSaveConfigResult>delay</ISSaveConfigResult>

</request>

ISgetGlobal

ISgetGlobal を使用すると、Cisco Unified CME システムのシステム コンフィギュレーション情報とステータス情報を取得できます。

要求:例

<request xsi:type="ISgetGlobal">

<ISgetGlobal></ISgetGlobal>

</request>

応答:例

<response>

<ISGlobal>

<ISAddress>10.4.188.90</ISAddress>

<ISMode>ITS</ISMode>

<ISVersion>7.2</ISVersion>

<ISDeviceRegistered>0</ISDeviceRegistered>

<ISPeakDeviceRegistered>1</ISPeakDeviceRegistered>

<ISPeakDeviceRegisteredTime>9470</ISPeakDeviceRegisteredTime>

<ISKeepAliveInterval>30</ISKeepAliveInterval>

<ISConfiguredDevice>32</ISConfiguredDevice>

<ISConfiguredExtension>74</ISConfiguredExtension>

<ISServiceEngine>0.0.0.0</ISServiceEngine>

<ISName>ngm-2800</ISName>

<ISPortNumber>2000</ISPortNumber>

<ISMaxConference>8</ISMaxConference>

<ISMaxRedirect>10</ISMaxRedirect>

<ISMaxEphone>48</ISMaxEphone>

<ISMaxDN>180</ISMaxDN>

<ISVoiceMail>6050</ISVoiceMail>

<ISUrlServices>

<ISUrlService>

<ISUrlType>EPHONE_URL_INFO</ISUrlType>

<ISUrlLink>http://1.4.188.101/localdir</ISUrlLink>

</ISUrlService>

<ISUrlService>

<ISUrlType>EPHONE_URL_DIRECTOREIES</ISUrlType>

<ISUrlLink>http://1.4.188.101/localdir</ISUrlLink>

</ISUrlService>

<ISUrlService>

<ISUrlType>EPHONE_URL_MESSAGES</ISUrlType>

<ISUrlLink>http://1.4.188.101/localdir</ISUrlLink>

</ISUrlService>

<ISUrlService>

<ISUrlType>EPHONE_URL_SERVICES</ISUrlType>

<ISUrlLink>http://1.4.188.101/localdir</ISUrlLink>

</ISUrlService>

<ISUrlService>

<ISUrlType>EPHONE_URL_PROXYSERV</ISUrlType>

<ISUrlLink>http://1.4.188.101/localdir</ISUrlLink>

</ISUrlService>

<ISUrlService>

<ISUrlType>EPHONE_URL_IDLE</ISUrlType>

<ISUrlLink>ttp://1.4.188.101/localdir</ISUrlLink>

</ISUrlService>

<ISUrlService>

<ISUrlType>EPHONE_URL_AUTH</ISUrlType>

<ISUrlLink>http://1.4.188.101/localdir</ISUrlLink>

</ISUrlService>

</ISUrlServices>

<global-after-hours>

<block_list>

<block_item>

<pattern_id>1</pattern_id>

<blocking_pattern>1234</blocking_pattern>

<blocking_option />

</block_item>

<block_item>

<pattern_id>2</pattern_id>

<blocking_pattern>2345</blocking_pattern>

<blocking_option>7-24</blocking_option>

</block_item>

</block_list>

<date_list>

<date_item>

<month>Nov</month>

<day_of_month>12</day_of_month>

<start_time>12:00</start_time>

<stop_time>13:00</stop_time>

</date_item>

</date_list>

<day_list>

<day_item>

<day_of_week>Mon</day_of_week>

<start_time>12:00</start_time>

<stop_time>13:00</stop_time>

</day_item>

</day_list>

<after-hours_login>

<http>true</http>

</after-hours_login>

<override-code>2222</override-code>

<pstn-prefix_list>

<pstn-prefix_item>

<index>1</index>

<pstn-prefix>22</pstn-prefix>

</pstn-prefix_item>

</pstn-prefix_list>

</global-after-hours>

<application_name>calling</application_name>

<auth_credential_list>

<credential_item>

<index>1</index>

<user>test</user>

<password>test</password>

</credential_item>

</auth_credential_list>

<auto>

<assign_list>

<assign_item>

<group_id>1</group_id>

<start_tag>70</start_tag>

<stop_tag>93</stop_tag>

<type>anl</type>

<cfw />

<timeout>0</timeout>

</assign_item>

<assign_item>

<group_id>2</group_id>

<start_tag>1</start_tag>

<stop_tag>20</stop_tag>

<cfw>1234</cfw>

<timeout>80</timeout>

</assign_item>

</assign_list>

</auto>

<auto-reg-ephone>true</auto-reg-ephone>

<bulk-speed-dial_list>

<bulk-speed-dial_item>

<list>1</list>

<url />

</bulk-speed-dial_item>

</bulk-speed-dial_list>

<prefix>123</prefix>

<global-call-forward>

<pattern_list>

<pattern_item>

<index>2</index>

<pattern>.T</pattern>

</pattern_item>

</pattern_list>

<callfwd_system>

<redirecting-expanded>false</redirecting-expanded>

</callfwd_system>

</global-call-forward>

<call-park>

<select>

<no-auto-match>true</no-auto-match>

</select>

<application_system>true</application_system>

<redirect_system>true</redirect_system>

</call-park>

<caller-id>

<block_code>*1</block_code>

<name-only>true</name-only>

</caller-id>

<calling-number>

<initiator>true</initiator>

<local>false</local>

<secondary>false</secondary>

</calling-number>

<cnf-file>

<location>

<TFTP>flash:/its/</TFTP>

<flash>true</flash>

</location>

<option>perphonetype</option>

</cnf-file>

<default_codec>Unknown</default_codec>

<conference>

<hardware>true</hardware>

</conference>

<date-format>mm-dd-yy</date-format>

<device-security-mode>none</device-security-mode>

<dialplan-pattern_list>

<dialplan-pattern_item>

<index>1</index>

<pattern>1234</pattern>

<extension-length>4</extension-length>

<extension-pattern />

<demote>false</demote>

<no-reg>false</no-reg>

</dialplan-pattern_item>

<dialplan-pattern_item>

<index>2</index>

<pattern>1233</pattern>

<extension-length>4</extension-length>

<extension-pattern />

<demote>true</demote>

<no-reg>false</no-reg>

</dialplan-pattern_item>

<dialplan-pattern_item>

<index>3</index>

<pattern>1232</pattern>

<extension-length>4</extension-length>

<extension-pattern>1111</extension-pattern>

<demote>false</demote>

<no-reg>false</no-reg>

</dialplan-pattern_item>

<dialplan-pattern_item>

<index>4</index>

<pattern>1231</pattern>

<extension-length>4</extension-length>

<extension-pattern />

<demote>false</demote>

<no-reg>true</no-reg>

</dialplan-pattern_item>

</dialplan-pattern_list>

<directory>

<entry_list>

<entry_item>

<tag>1</tag>

<number>1234</number>

<name>directory</name>

</entry_item>

</entry_list>

<option>last-name-first</option>

</directory>

<dn-webedit>false</dn-webedit>

<em>

<external>true</external>

<keep-history>true</keep-history>

<logout>12:00 00:-1 -1:-1</logout>

</em>

<ephone-reg>true</ephone-reg>

<extension-assigner>

<tag-type>provision-tag</tag-type>

</extension-assigner>

<fac>

<standard>true</standard>

<custom_list>

<custom_item>

<fac_string>callfwd all</fac_string>

<fac_list>**1</fac_list>

<alias>0</alias>

<alias_map />

</custom_item>

<custom_item>

<fac_string>callfwd cancel</fac_string>

<fac_list>**2</fac_list>

<alias>0</alias>

<alias_map />

</custom_item>

<custom_item>

<fac_string>pickup local</fac_string>

<fac_list>**3</fac_list>

<alias>0</alias>

<alias_map />

</custom_item>

<custom_item>

<fac_string>pickup group</fac_string>

<fac_list>**4</fac_list>

<alias>0</alias>

<alias_map />

</custom_item>

<custom_item>

<fac_string>pickup direct</fac_string>

<fac_list>**5</fac_list>

<alias>0</alias>

<alias_map />

</custom_item>

<custom_item>

<fac_string>park</fac_string>

<fac_list>**6</fac_list>

<alias>0</alias>

<alias_map />

</custom_item>

<custom_item>

<fac_string>dnd</fac_string>

<fac_list>**7</fac_list>

<alias>0</alias>

<alias_map />

</custom_item>

<custom_item>

<fac_string>redial</fac_string>

<fac_list>**8</fac_list>

<alias>0</alias>

<alias_map />

</custom_item>

<custom_item>

<fac_string>voicemail</fac_string>

<fac_list>**9</fac_list>

<alias>0</alias>

<alias_map />

</custom_item>

<custom_item>

<fac_string>ephone-hunt join</fac_string>

<fac_list>*3</fac_list>

<alias>0</alias>

<alias_map />

</custom_item>

<custom_item>

<fac_string>ephone-hunt cancel</fac_string>

<fac_list>#3</fac_list>

<alias>0</alias>

<alias_map />

</custom_item>

<custom_item>

<fac_string>ephone-hunt hlog</fac_string>

<fac_list>*4</fac_list>

<alias>0</alias>

<alias_map />

</custom_item>

<custom_item>

<fac_string>ephone-hunt hlog-phone</fac_string>

<fac_list>*5</fac_list>

<alias>0</alias>

<alias_map />

</custom_item>

<custom_item>

<fac_string>trnsfvm</fac_string>

<fac_list>*6</fac_list>

<alias>0</alias>

<alias_map />

</custom_item>

<custom_item>

<fac_string>dpark-retrieval</fac_string>

<fac_list>*0</fac_list>

<alias>0</alias>

<alias_map />

</custom_item>

<custom_item>

<fac_string>cancel call waiting</fac_string>

<fac_list>*1</fac_list>

<alias>0</alias>

<alias_map />

</custom_item>

</custom_list>

</fac>

<fxo>

<hook-flash>true</hook-flash>

</fxo>

<hunt-group>

<logout>HLog</logout>

<report>

<url_info>

<prefix>tftp://223.255.254.253/ngm/huntgp/2800/data</prefix>

<hg_suffix>

<low>-1</low>

<high>0</high>

</hg_suffix>

</url_info>

<delay>0</delay>

<duration>24</duration>

<internal>

<duration>5</duration>

<hg_suffix>

<low>1</low>

<high>5</high>

</hg_suffix>

</internal>

</report>

</hunt-group>

<internal-call>

<moh-group>-1</moh-group>

</internal-call>

<ip>

<qos>

<dscp_list>

<dscp_item>

<index>0</index>

<af11>media</af11>

</dscp_item>

<dscp_item>

<index>1</index>

<af12>signal</af12>

</dscp_item>

<dscp_item>

<index>2</index>

<af13>video</af13>

</dscp_item>

<dscp_item>

<index>3</index>

<af21>service</af21>

</dscp_item>

<dscp_item>

<index>4</index>

<af22>media</af22>

</dscp_item>

<dscp_item>

<index>5</index>

<af23>media</af23>

</dscp_item>

<dscp_item>

<index>6</index>

<af31>media</af31>

</dscp_item>

<dscp_item>

<index>7</index>

<af32>media</af32>

</dscp_item>

<dscp_item>

<index>8</index>

<af33>media</af33>

</dscp_item>

<dscp_item>

<index>9</index>

<af41>media</af41>

</dscp_item>

<dscp_item>

<index>10</index>

<af42>media</af42>

</dscp_item>

<dscp_item>

<index>11</index>

<af43>media</af43>

</dscp_item>

<dscp_item>

<index>12</index>

<cs1>media</cs1>

</dscp_item>

<dscp_item>

<index>13</index>

<cs2>media</cs2>

</dscp_item>

<dscp_item>

<index>14</index>

<cs3>media</cs3>

</dscp_item>

<dscp_item>

<index>15</index>

<cs4>media</cs4>

</dscp_item>

<dscp_item>

<index>16</index>

<cs5>media</cs5>

</dscp_item>

<dscp_item>

<index>17</index>

<cs6>media</cs6>

</dscp_item>

<dscp_item>

<index>18</index>

<cs7>media</cs7>

</dscp_item>

<dscp_item>

<index>19</index>

<default>media</default>

</dscp_item>

<dscp_item>

<index>20</index>

<ef>media</ef>

</dscp_item>

</dscp_list>

</qos>

<source-address>

<primary>10.4.188.90</primary>

<port>2000</port>

<secondary>1.4.188.90</secondary>

<rehome>0</rehome>

<strict-match>true</strict-match>

</source-address>

</ip>

<keepalive>

<timeout>30</timeout>

<aux_timeout>30</aux_timeout>

</keepalive>

<live-record>999</live-record>

<load_list>

<phone_7914>hehe</phone_7914>

<phone_7915-12>hehe</phone_7915-12>

<phone_7915-24>hehe</phone_7915-24>

<phone_7916-12>hehe</phone_7916-12>

<phone_7916-24>hehe</phone_7916-24>

<phone_12SP>hehe</phone_12SP>

<phone_7902>hehe</phone_7902>

<phone_7906>hehe</phone_7906>

<phone_7910>hehe</phone_7910>

<phone_7911>SCCP11.9-0-1FT6-4DEV</phone_7911>

<phone_7912>hehe</phone_7912>

<phone_7920>hehe</phone_7920>

<phone_7921>hehe</phone_7921>

<phone_7925>hehe</phone_7925>

<phone_7931>hehe</phone_7931>

<phone_7935>hehe</phone_7935>

<phone_7936>hehe</phone_7936>

<phone_7937>hehe</phone_7937>

<phone_7960-7940>P00308000501</phone_7960-7940>

<phone_7941>hehe</phone_7941>

<phone_7941GE>hehe</phone_7941GE>

<phone_7942>hehe</phone_7942>

<phone_7961>SCCP41.8-4-2-38S</phone_7961>

<phone_7962>hehe</phone_7962>

<phone_7965>hehe</phone_7965>

<phone_7970>hehe</phone_7970>

<phone_7971>hehe</phone_7971>

<phone_7975>hehe</phone_7975>

<phone_7985>hehe</phone_7985>

<phone_ata>hehe</phone_ata>

<phone_6921>hehe</phone_6921>

<phone_6941>hehe</phone_6941>

<phone_6961>hehe</phone_6961>

</load_list>

<load-cfg-file_list>

<load-cfg-file_item>

<cfg_file>flash:its/vrf1/XMLDefaultCIPC.cnf.xml</cfg_file>

<alias>cnf.xml</alias>

<sign>false</sign>

</load-cfg-file_item>

</load-cfg-file_list>

<log>

<table>

<max-size>150</max-size>

<retain-timer>15</retain-timer>

</table>

</log>

<login>

<timeout>60</timeout>

<clear>24:0</clear>

</login>

<max-conferences>

<count>8</count>

<gain>-6</gain>

</max-conferences>

<max-dn>

<count>180</count>

<global_preference>0</global_preference>

<no-reg>secondary</no-reg>

</max-dn>

<max-ephones>48</max-ephones>

<max-redirect>10</max-redirect>

<modem>

<passthrough>

<payload-type>100</payload-type>

</passthrough>

<relay_sse>

<payload-type>118</payload-type>

</relay_sse>

<relay_sprt>

<payload-type>120</payload-type>

</relay_sprt>

</modem>

<moh_file>flash:music-on-hold.au</moh_file>

<moh-file-buffer>10000</moh-file-buffer>

<multicast>

<moh_ipaddr>239.10.10.10</moh_ipaddr>

<port>2000</port>

<route_list>

<route_item>

<index>1</index>

<route>10.10.10.10</route>

</route_item>

</route_list>

</multicast>

<mwi-server>

<prefix />

<reg-e164>true</reg-e164>

<relay>true</relay>

</mwi-server>

<network-locale_list>

<network-locale_item>

<index>0</index>

<locale>US</locale>

</network-locale_item>

<network-locale_item>

<index>1</index>

<locale>US</locale>

</network-locale_item>

<network-locale_item>

<index>2</index>

<locale>US</locale>

</network-locale_item>

<network-locale_item>

<index>3</index>

<locale>US</locale>

</network-locale_item>

<network-locale_item>

<index>4</index>

<locale>US</locale>

</network-locale_item>

</network-locale_list>

<night-service>

<option>everyday</option>

<code>*234</code>

<date_list>

<date_item>

<index>1</index>

<month>Jan</month>

<day_of_month>1</day_of_month>

<start_time>12:00</start_time>

<stop_time>14:00</stop_time>

</date_item>

</date_list>

<day_list>

<day_item>

<index>1</index>

<day_of_week>Sun</day_of_week>

<start_time>12:00</start_time>

<stop_time>16:00</stop_time>

</day_item>

<day_item>

<index>2</index>

<day_of_week>Mon</day_of_week>

<start_time>12:00</start_time>

<stop_time>16:00</stop_time>

</day_item>

<day_item>

<index>3</index>

<day_of_week>Tue</day_of_week>

<start_time>12:00</start_time>

<stop_time>16:00</stop_time>

</day_item>

<day_item>

<index>4</index>

<day_of_week>Wed</day_of_week>

<start_time>12:00</start_time>

<stop_time>16:00</stop_time>

</day_item>

<day_item>

<index>5</index>

<day_of_week>Thu</day_of_week>

<start_time>12:00</start_time>

<stop_time>16:00</stop_time>

</day_item>

<day_item>

<index>6</index>

<day_of_week>Fri</day_of_week>

<start_time>12:00</start_time>

<stop_time>16:00</stop_time>

</day_item>

<day_item>

<index>7</index>

<day_of_week>Sat</day_of_week>

<start_time>12:00</start_time>

<stop_time>16:00</stop_time>

</day_item>

</day_list>

<everyday>

<start_time>12:00</start_time>

<stop_time>16:00</stop_time>

</everyday>

<weekday>

<start_time>12:00</start_time>

<stop_time>16:00</stop_time>

</weekday>

<weekend>

<start_time>12:00</start_time>

<stop_time>16:00</stop_time>

</weekend>

</night-service>

<pin>1234</pin>

<pin_override>true</pin_override>

<privacy>true</privacy>

<privacy-on-hold>false</privacy-on-hold>

<protocol>

<mode>dual-stack</mode>

<preference>ipv4</preference>

</protocol>

<sdspfarm>

<conference_options>

<mute-on>124</mute-on>

<mute-off>234</mute-off>

<hardware>false</hardware>

</conference_options>

<units>4</units>

<tag_list>

<tag_item>

<tag>1</tag>

<device>mtp-conf</device>

</tag_item>

</tag_list>

<transcode>

<sessions>4</sessions>

</transcode>

<unregister>

<force>1</force>

</unregister>

</sdspfarm>

<secondary-dialtone>4567</secondary-dialtone>

<secure-signaling>

<trustpoint />

</secure-signaling>

<server-security-mode />

<service>

<local-directory>true</local-directory>

<local-directory_authenticate>false</local-directory_authenticate>

<dss>false</dss>

<dnis>

<overlay>false</overlay>

<dir-lookup>false</dir-lookup>

</dnis>

<directed-pickup>true</directed-pickup>

<directed-pickup_gpickup>false</directed-pickup_gpickup>

<phone_list>

<phone_item>

<index>1</index>

<phone_params>displayOnTime</phone_params>

<phone_text>time.xml</phone_text>

</phone_item>

</phone_list>

</service>

<ssh>

<userid>ngm</userid>

<password>ngm</password>

</ssh>

<standby>

<user>ngm</user>

<password>ngm</password>

</standby>

<system_message>LITTLE TWIN STARS (2800)</system_message>

<tftp-server-credentials>

<trustpoint />

</tftp-server-credentials>

<time-format>12</time-format>

<time-webedit>false</time-webedit>

<time-zone>0</time-zone>

<timeouts>

<busy_timeout>10</busy_timeout>

<interdigit_timeout>10</interdigit_timeout>

<ringing_timeout>180</ringing_timeout>

<transfer-recall_timeout>0</transfer-recall_timeout>

<night-service-bell_timeout>12</night-service-bell_timeout>

</timeouts>

<transfer-digit-collect>new-call</transfer-digit-collect>

<transfer-pattern_list>

<transfer-pattern_item>

<index>1</index>

<pattern>....</pattern>

<blind>false</blind>

</transfer-pattern_item>

<transfer-pattern_item>

<index>2</index>

<pattern>.T</pattern>

<blind>false</blind>

</transfer-pattern_item>

</transfer-pattern_list>

<transfer-system>

<type>full-consult</type>

<dss>false</dss>

</transfer-system>

<trunk_optimization_pre_connect>false</trunk_optimization_pre_connect>

<url_list>

<information>

<url>http://1.4.188.101/localdir</url>

</information>

<directories>

<url>http://1.4.188.101/localdir</url>

</directories>

<messages>

<url>http://1.4.188.101/localdir</url>

</messages>

<services>

<url>http://1.4.188.101/localdir</url>

<name />

</services>

<proxy_server>

<url>http://1.4.188.101/localdir</url>

</proxy_server>

<idle>

<url>http://1.4.188.101/localdir</url>

<idle_timeout>90</idle_timeout>

</idle>

<authentication>

<url>http://1.4.188.101/localdir</url>

<user />

<password />

</authentication>

</url_list>

<user-locale_list>

<user-locale_item>

<index>0</index>

<locale>US</locale>

<package>en</package>

<load />

</user-locale_item>

<user-locale_item>

<index>1</index>

<locale>US</locale>

<package>en</package>

<load />

</user-locale_item>

<user-locale_item>

<index>2</index>

<locale>US</locale>

<package>en</package>

<load />

</user-locale_item>

<user-locale_item>

<index>3</index>

<locale>US</locale>

<package>en</package>

<load />

</user-locale_item>

<user-locale_item>

<index>4</index>

<locale>US</locale>

<package>en</package>

<load />

</user-locale_item>

</user-locale_list>

<video>

<maximum>

<bit-rate>10000000</bit-rate>

</maximum>

</video>

<voicemail>6050</voicemail>

<web>

<system_admin>

<name>Admin</name>

<secret>-1</secret>

<password />

</system_admin>

<customer_admin>

<name>ngm</name>

<secret>5</secret>

<password>$1$.nfD$zn3h3bp/4grULFS87ZHHV/</password>

</customer_admin>

<customize>

<load />

</customize>

</web>

<xml>

<user>cisco</user>

<password>cisco</password>

<level>0</level>

</xml>

</ISGlobal>

</response>

ISgetDevice

ISgetDevice を使用すると、IP Phone の設定情報とステータス情報を取得できます。

要求メッセージで、次のパラメータの任意の組み合わせを使用して、1 つ以上の SCCP 電話機を指定します。

クエリー対象の SCCP 電話機の ephone タグ番号を含む ISDevID。

クエリー対象の SCCP 電話機の MAC アドレスを含む ISDevName。

次のいずれかのオプションを含む ISKeyword:

all:設定済みのすべての SCCP 電話機

allTag:設定済みのすべての SCCP 電話機の ephone タグ番号

available:次に使用可能な設定対象の ephone タグ番号

要求:例

<request xsi:type="ISgetDevice">

<ISgetDevice>

<ISDevID>1</ISDevID>

<ISDevName>SEP0012DA8AC43D</ISDevName>

<ISDevName>allKeyphone</ISDevName>

</ISgetDevice>

</request>

応答:例

<response>
<ISDevices>
<ISDevice>
<ISDevID>1</ISDevID>
<ISDevName>SEP0016C7C7AF9D</ISDevName>
<ISDevType>Others</ISDevType>
<ISconfigDevType>7911</ISconfigDevType>
<ISDevUsername>test</ISDevUsername>
<ISDevLineButtons>
<ISDevLineButton>
<ISDevLineButtonID>1</ISDevLineButtonID>
<ISDevLineButtonMode>MONITOR_RING</ISDevLineButtonMode>
</ISDevLineButton>
</ISDevLineButtons>
<after-hours_exempt>false</after-hours_exempt>
<after-hours_login>
<http>false</http>
</after-hours_login>
<block-blind-xf-fallback>false</block-blind-xf-fallback>
<capf-ip-in-cnf>false</capf-ip-in-cnf>
<codec>
<codec_name>g711ulaw</codec_name>
<dspfarm-assist>false</dspfarm-assist>
</codec>
<adhoc_conference>
<add-mode>
<creator>true</creator>
</add-mode>
<admin>true</admin>
<drop-mode>
<creator>false</creator>
<local>false</local>
</drop-mode>
</adhoc_conference>
<fastdial_list>
<fastdial_item>
<fastdial>1</fastdial>
<fastdial_number>1234</fastdial_number>
<fastdial_name>home LINE</fastdial_name>
</fastdial_item>
</fastdial_list>
<feature-button_list>
<feature-button_item>
<feature-button>1</feature-button>
<feature_type>Dnd</feature_type>
</feature-button_item>
<feature-button_item>
<feature-button>2</feature-button>
<feature_type>Flash</feature_type>
</feature-button_item>
</feature-button_list>
<keep-conference>
<hangup>true</hangup>
<drop-last>false</drop-last>
<endcall>true</endcall>
<local-only>true</local-only>
</keep-conference>
<keypad-normalize>false</keypad-normalize>
<keyphone>false</keyphone>
<mtp>true</mtp>
<multicast-moh>true</multicast-moh>
<night-service_bell>true</night-service_bell>
<privacy />
<privacy-button>false</privacy-button>
<transfer-park>
<blocked>false</blocked>
</transfer-park>
<transfer-pattern>
<blocked>false</blocked>
</transfer-pattern>
<busy-trigger-per-button>0</busy-trigger-per-button>
<emergency-resp_location>0</emergency-resp_location>
<max-calls-per-button>0</max-calls-per-button>
<nte-end-digit-delay>0</nte-end-digit-delay>
<keepalive>
<timeout>30</timeout>
<aux_timeout>30</aux_timeout>
</keepalive>
<lpcor>
<type>none</type>
</lpcor>
<exclude-services>
<em_service>true</em_service>
<directory_service>false</directory_service>
<myphoneapp_service>false</myphoneapp_service>
</exclude-services>
<park>
<reservation-group>park</reservation-group>
</park>
<paging-dn>
<dn>0</dn>
<mode>multicast</mode>
</paging-dn>
<speed-dial_list>
<speed-dial_item>
<index>1</index>
<phone_number>1234</phone_number>
<label>home</label>
</speed-dial_item>
</speed-dial_list>
<ssh>
<userid>ngm</userid>
<password>ngm</password>
</ssh>
<phone_type>
<name>7911</name>
<addon_list>
<addon_item>
<addon>1</addon>
<addon_type>7914</addon_type>
</addon_item>
</addon_list>
</phone_type>
<auto-line>
<mode>normal</mode>
<auto_select_line>0</auto_select_line>
</auto-line>
<blf-speed-dial_list>
<blf-speed-dial_item>
<index>1</index>
<phone_number>1234</phone_number>
<label>blfsd</label>
</blf-speed-dial_item>
<device>true</device>
</blf-speed-dial_list>
<bulk-speed-dial_list>
<bulk-speed-dial_item>
<list>1</list>
<url />
</bulk-speed-dial_item>
</bulk-speed-dial_list>
<capf-auth-str>7777</capf-auth-str>
<description>ephoneOne</description>
<device-security-mode>none</device-security-mode>
<dnd>
<feature-ring>true</feature-ring>
</dnd>
<ephone-template>1</ephone-template>
<headset>
<auto-answer>
<line_list>
<line>1</line>
</line_list>
</auto-answer>
</headset>
<logout-profile>0</logout-profile>
<display_all_missed_calls>true</display_all_missed_calls>
<mwi-line>1</mwi-line>
<offhook-guard-timer>0</offhook-guard-timer>
<phone-ui>
<snr>true</snr>
<speeddial-fastdial>true</speeddial-fastdial>
</phone-ui>
<pin>1234</pin>
<presence>
<call-list>true</call-list>
</presence>
<provision-tag>1</provision-tag>
<username>test</username>
<password>test</password>
<video_enable>true</video_enable>
<vm-device-id>SEP0016C7C7AF9D</vm-device-id>
<ISDevAddr>
<Xipv4Address>0.0.0.0</Xipv4Address>
</ISDevAddr>
<ISPhoneLineList>
<ExtMapStatus>
<LineId>1</LineId>
<ExtId>176</ExtId>
<ExtNumber>6176</ExtNumber>
<ExtStatus>false</ExtStatus>
<LineState>idle</LineState>
</ExtMapStatus>
</ISPhoneLineList>
<ISKeyPhone>false</ISKeyPhone>
<SNRui>true</SNRui>
<ISLogoutProfileID>0</ISLogoutProfileID>
<ISUserProfileID>0</ISUserProfileID>
<ISTapiClientAddr>
<Xipv4Address />
</ISTapiClientAddr>
<ISDevStatus>unregistered</ISDevStatus>
<ISDevLastStatus>deceased</ISDevLastStatus>
<ISDevChangeTime>4040</ISDevChangeTime>
<ISDevKeepAlives>0</ISDevKeepAlives>
<ISDevTapiCStatus />
<ISTapiCLastStatus />
<ISTapiCChangeTime />
<ISTapiCKeepAlive />
<ISDevDND>no</ISDevDND>
</ISDevice>
</ISDevices>
</response>

ISgetDeviceTemplate

ISgetDeviceTemplate を使用すると、IP Phone テンプレートの設定情報とステータス情報を取得できます。

要求メッセージで、次のパラメータの任意の組み合わせを使用して、1 つ以上の電話テンプレートを指定します。

クエリー対象の電話テンプレート タグ番号を含む ISDevTemplateID。

次のいずれかのオプションを含む ISKeyword:

all:設定済みのすべての電話テンプレート

allTag:設定済みのすべての電話テンプレートに対する電話テンプレート タグ番号

available:次に使用可能な設定対象の電話テンプレート タグ番号

要求:例

<request>

<ISgetDeviceTemplate>

<ISgetDevTemplateID>1</ISgetDevTemplateID>

<ISgetDeviceTemplate>

</request>

応答:例

<response>

<ISDeviceTemplates>

<ISDeviceTemplate>

<ISDevTemplateID>1</ISDevTemplateID>

<after-hours>

<block_list>

<block_item>

<pattern_id>1</pattern_id>

<blocking_pattern>1234</blocking_pattern>

<blocking_option>7-24</blocking_option>

</block_item>

</block_list>

<date_list>

<date_item>

<month>Jan</month>

<day_of_month>1</day_of_month>

<start_time>12:00</start_time>

<stop_time>14:00</stop_time>

</date_item>

</date_list>

<day_list>

<day_item>

<day_of_week>Mon</day_of_week>

<start_time>12:00</start_time>

<stop_time>14:00</stop_time>

</day_item>

</day_list>

<exempt>true</exempt>

<after-hours_login>

<http>true</http>

</after-hours_login>

<override-code>1234</override-code>

</after-hours>

<block-blind-xf-fallback>false</block-blind-xf-fallback>

<button-layout_phone_7931>0</button-layout_phone_7931>

<button-layout_list>

<button-layout_item>

<button-layout>1,9</button-layout>

<button-type>line</button-type>

</button-layout_item>

<button-layout_item>

<button-layout>4-5,7</button-layout>

<button-type>speed-dial</button-type>

</button-layout_item>

<button-layout_item>

<button-layout>2-3</button-layout>

<button-type>feature</button-type>

</button-layout_item>

<button-layout_item>

<button-layout>11</button-layout>

<button-type>url</button-type>

</button-layout_item>

</button-layout_list>

<capf-ip-in-cnf>false</capf-ip-in-cnf>

<codec>

<codec_name>g711ulaw</codec_name>

<dspfarm-assist>false</dspfarm-assist>

</codec>

<adhoc_conference>

<add-mode>

<creator>false</creator>

</add-mode>

<admin>false</admin>

<drop-mode>

<creator>false</creator>

<local>false</local>

</drop-mode>

</adhoc_conference>

<fastdial_list>

<fastdial_item>

<fastdial>1</fastdial>

<fastdial_number>1234</fastdial_number>

<fastdial_name>office</fastdial_name>

</fastdial_item>

</fastdial_list>

<feature-button_list>

<feature-button_item>

<feature-button>1</feature-button>

<feature_type>HLog</feature_type>

</feature-button_item>

<feature-button_item>

<feature-button>2</feature-button>

<feature_type>Park</feature_type>

</feature-button_item>

<feature-button_item>

<feature-button>3</feature-button>

<feature_type>Privacy</feature_type>

</feature-button_item>

</feature-button_list>

<url-button_list>

<url-button_item>

<url-button>1</url-button>

<url-button_type>em</url-button_type>

</url-button_item>

<url-button_item>

<url-button>3</url-button>

<url-button_type>myphoneapp</url-button_type>

</url-button_item>

<url-button_item>

<url-button>6</url-button>

<url-button_type>service</url-button_type>

<url-button_url>hello</url-button_url>

<url-button_name>helloworld</url-button_name>

</url-button_item>

</url-button_list>

<features_blocked>Pickup Park GPickup</features_blocked>

<keep-conference>

<hangup>false</hangup>

<drop-last>false</drop-last>

<endcall>false</endcall>

<local-only>false</local-only>

</keep-conference>

<keypad-normalize>false</keypad-normalize>

<keyphone>false</keyphone>

<mlpp>

<indication>true</indication>

<preemption>true</preemption>

<max_priority>-1</max_priority>

</mlpp>

<mtp>false</mtp>

<multicast-moh>true</multicast-moh>

<night-service_bell>false</night-service_bell>

<privacy />

<privacy-button>false</privacy-button>

<phone_service>

<param_list>

<param_item>

<param>displayOnTime</param>

<text>170</text>

</param_item>

</param_list>

</phone_service>

<softkeys>

<alerting_keys />

<connected_keys />

<hold_keys />

<idle_keys />

<remote-in-use_keys>CBarge Newcall</remote-in-use_keys>

<ringing_keys />

<seized_keys />

</softkeys>

<transfer-park>

<blocked>false</blocked>

</transfer-park>

<transfer-pattern>

<blocked>false</blocked>

</transfer-pattern>

<busy-trigger-per-button>0</busy-trigger-per-button>

<emergency-resp_location>0</emergency-resp_location>

<max-calls-per-button>0</max-calls-per-button>

<network_locale>0</network_locale>

<nte-end-digit-delay>0</nte-end-digit-delay>

<transfer_max-length>0</transfer_max-length>

<user_locale>0</user_locale>

<keepalive>

<timeout>30</timeout>

<aux_timeout>30</aux_timeout>

</keepalive>

<lpcor>

<type>none</type>

</lpcor>

<exclude-services>

<em_service>false</em_service>

<directory_service>true</directory_service>

<myphoneapp_service>true</myphoneapp_service>

</exclude-services>

<park>

<reservation-group>1234</reservation-group>

</park>

<paging-dn>

<dn>0</dn>

<mode>multicast</mode>

</paging-dn>

<speed-dial_list>

<speed-dial_item>

<index>1</index>

<phone_number>1234</phone_number>

<label>play</label>

</speed-dial_item>

</speed-dial_list>

<ssh>

<userid>test</userid>

<password>test</password>

</ssh>

<phone_type>

<name>7960</name>

<addon_list>

<addon_item>

<addon>1</addon>

<addon_type>7914</addon_type>

</addon_item>

</addon_list>

</phone_type>

<url_services_list>

<url_services_item>

<services_id>1</services_id>

<url>http</url>

<name>HTTP</name>

</url_services_item>

</url_services_list>

</ISDeviceTemplate>

</ISDeviceTemplates>

</response>

ISgetExtension

ISgetExtension を使用すると、内線番号の設定情報とステータス情報を取得できます。

要求メッセージで、次のパラメータの任意の組み合わせを使用して、1 つ以上の内線番号を指定します。

クエリー対象の内線 ID 番号を含む ISExtID。

クエリー対象の内線番号を含む ISExtNumber。

次のいずれかのオプションを含む ISKeyword:

all:設定済みのすべての内線番号の詳細を表示します

allTag:設定済みのすべての内線 ID 番号のリストを表示します

available:次に使用可能な設定対象の内線 ID 番号

要求:例

<request>

<ISExtension>

<ISVExtID>1</ISExtID>

<ISExtNumber>1</ISExtNumber>

</ISExtension>

</request>

応答:例

<response>

<ISExtensions>

<ISExtension>

<ISExtID>1</ISExtID>

<ISExtNumber>6001</ISExtNumber>

<ISExtSecNumber>6111</ISExtSecNumber>

<ISExtType>normal</ISExtType>

<ISExtStatus>up</ISExtStatus>

<ISExtChangeTime>3122733</ISExtChangeTime>

<ISExtUsage>0</ISExtUsage>

<ISExtHomeAddress>0.0.0.0</ISExtHomeAddress>

<ISExtMultiLines>0</ISExtMultiLines>

<ISExtPortName>EFXS 50/0/1</ISExtPortName>

<ISExtLineMode>DUAL_LINE</ISExtLineMode>

<ISExtCallStatus>IDLE</ISExtCallStatus>

<Mobility>false</Mobility>

<SNRnumber>1111</SNRnumber>

<SNRdelay>10</SNRdelay>

<SNRtimeout>5</SNRtimeout>

<SNRnoanNumber />

<ISAllowWatch>true</ISAllowWatch>

<ISSessionServerIDs>

<ISSessionServerID>1</ISSessionServerID>

</ISSessionServerIDs>

<firstName />

<lastName>ephoneDnOne</lastName>

<callForwardAll>1234</callForwardAll>

<ISDevList>

<ISDeviceID>8</ISDeviceID>

</ISDevList>

<allow>

<watch>true</watch>

</allow>

<call-forward>

<all>

<number>1234</number>

</all>

<busy>

<number>9000</number>

<option>secondary</option>

<dialplan-pattern>false</dialplan-pattern>

</busy>

<max-length>

<number />

</max-length>

<night-service-activated>

<number>2323</number>

</night-service-activated>

<noan>

<number>1234</number>

<timeout>80</timeout>

<dialplan-pattern>true</dialplan-pattern>

<option />

</noan>

</call-forward>

<call-waiting>

<cw_beep>

<accept>true</accept>

<generate>true</generate>

</cw_beep>

<cw_ring>true</cw_ring>

</call-waiting>

<corlist>

<incoming />

<outgoing />

</corlist>

<cti>

<notify>true</notify>

<watch>true</watch>

</cti>

<description>ephoneDnOne</description>

<hold-alert>

<timeout>15</timeout>

<mode>idle</mode>

<ring-silent-dn>true</ring-silent-dn>

</hold-alert>

<huntstop>

<channel>8</channel>

</huntstop>

<moh-group>0</moh-group>

<mwi>

<type>qsig</type>

<mode />

</mwi>

<mwi-type>both</mwi-type>

<pickup-group />

<transfer-recall_timeout>0</transfer-recall_timeout>

<translate>

<called>1</called>

<calling>2</calling>

</translate>

<translation-profile>

<incoming>in</incoming>

<outgoing>out</outgoing>

</translation-profile>

<application>

<name>calling</name>

<out-bound>calling</out-bound>

</application>

<port-caller-id>

<block>false</block>

<local>false</local>

<transfer_passthrough>false</transfer_passthrough>

</port-caller-id>

<conference_dn>

<mode />

<unlocked>false</unlocked>

</conference_dn>

<ephone-dn-template>0</ephone-dn-template>

<ephone-hunt_login>true</ephone-hunt_login>

<feed>

<ip_addr>0.0.0.0</ip_addr>

<port>0</port>

<route>0.0.0.0</route>

<out-call />

</feed>

<fwd-local-calls>true</fwd-local-calls>

<intercom>

<dn-plar />

<barge-in>false</barge-in>

<label />

<no-mute>true</no-mute>

<ptt>false</ptt>

<no-auto-answer>true</no-auto-answer>

</intercom>

<label />

<loopback-dn>

<dn>0</dn>

<auto-con>false</auto-con>

<loopback-codec />

<forward>0</forward>

<prefix />

<retry>0</retry>

<strip>0</strip>

<suffix />

</loopback-dn>

<mailbox-selection>

<last-redirect-num>false</last-redirect-num>

</mailbox-selection>

<moh>

<ip_addr>0.0.0.0</ip_addr>

<port>0</port>

<route>0.0.0.0</route>

<out-call />

</moh>

<name>ephoneDnOne</name>

<night-service_bell>false</night-service_bell>

<telephony_number>

<primary>6001</primary>

<secondary>6111</secondary>

<no-reg>true</no-reg>

<no-reg_option />

</telephony_number>

<paging>

<group />

<ip_addr>0.0.0.0</ip_addr>

<port>0</port>

</paging>

<park-slot>

<directed>false</directed>

<reserved-for />

<reservation-group />

<timeout>0</timeout>

<limit>0</limit>

<notify />

<only>false</only>

<transfer_destination />

<recall>true</recall>

<alternate />

<retry>0</retry>

<retry_limit>0</retry_limit>

</park-slot>

<pickup-call>

<any-group>false</any-group>

</pickup-call>

<dn_preference>

<order>0</order>

<secondary>9</secondary>

</dn_preference>

<queueing-dn>

<mode />

<timeout>180</timeout>

<transfer_number />

</queueing-dn>

<ring>

<type>external</type>

<line>primary</line>

</ring>

<session-server>

<server>1</server>

</session-server>

<snr_info>

<value>1111</value>

<delay>10</delay>

<timeout>5</timeout>

<cfwd-noan />

</snr_info>

<transfer-mode />

<trunk>

<number />

<timeout>3</timeout>

<transfer-timeout>0</transfer-timeout>

<monitor-port />

</trunk>

<whisper-intercom>

<speed-dial />

<label />

</whisper-intercom>

</ISExtension>

</ISExtensions>

</response>

ISgetExtensionTemplate

ISgetExtensionTemplates を使用すると、内線テンプレートの設定情報とステータス情報を取得できます。

要求メッセージで、次のパラメータの任意の組み合わせを使用して、1 つ以上の内線番号を指定します。

クエリー対象の内線テンプレート ID 番号を含む ISExtTemplateID。

次のいずれかのオプションを含む ISKeyword:

all:設定済みのすべての内線テンプレートの詳細を表示します

allTag:設定済みのすべての内線テンプレート ID 番号のリストを表示します

available:次に使用可能な設定対象の内線テンプレート ID 番号

要求:例

<request>

<ISExtensionTemplates>

<ISExtensionTemplateID>1</ISExtensionTemplateID>

</ISgetExtensionTemplate>

</request>

応答:例

<response>

<ISExtensionTemplates>

<ISExtensionTemplate>

<ISExtTemplateID>1</ISExtTemplateID>

<allow>

<watch>false</watch>

</allow>

<call-forward>

<all>

<number>1234</number>

</all>

<busy>

<number>3456</number>

<option>primary</option>

<dialplan-pattern>false</dialplan-pattern>

</busy>

<max-length>

<number>4</number>

</max-length>

<night-service-activated>

<number>7777</number>

</night-service-activated>

<noan>

<number>9999</number>

<timeout>80</timeout>

<dialplan-pattern>false</dialplan-pattern>

<option>secondary</option>

</noan>

</call-forward>

<call-waiting>

<cw_beep>

<accept>true</accept>

<generate>true</generate>

</cw_beep>

<cw_ring>true</cw_ring>

</call-waiting>

<caller-id_blocked>true</caller-id_blocked>

<corlist>

<incoming />

<outgoing />

</corlist>

<cti>

<notify>false</notify>

<watch>false</watch>

</cti>

<description>ephoneDnTemplate</description>

<hold-alert>

<timeout>15</timeout>

<mode>idle</mode>

<ring-silent-dn>true</ring-silent-dn>

</hold-alert>

<huntstop>

<channel>8</channel>

</huntstop>

<moh-group>0</moh-group>

<mwi>

<type>sip</type>

<mode>on-off</mode>

</mwi>

<mwi-type>both</mwi-type>

<pickup-group>1</pickup-group>

<transfer-recall_timeout>400</transfer-recall_timeout>

<translate>

<called>1</called>

<calling>0</calling>

</translate>

<translation-profile>

<incoming>1</incoming>

<outgoing>1</outgoing>

</translation-profile>

</ISExtensionTemplate>

</ISExtensionTemplates>

</response>

ISgetUser

ISgetUser を使用すると、Cisco Unified CME 内の特定ユーザの情報を取得できます。要求は、Cisco Unified CME で設定されたユーザ名を持つ ISuserID パラメータを含んでいる必要があります。要求に有効な ISuserID が含まれる場合、応答には、このユーザの user-name タグ番号(ISuserTag)とタイプが含まれます。

ISuserType の値は、次に示すように、Cisco Unified CME 内でユーザ名がどのように設定されているかに対応しています。

0:INVALID_CME_USER

1:EPHONE_USER

2:LOGOUT_PROFILE_USER

3:USER_PROFILE_USER

要求に無効な ISuserID が含まれる場合、ISuserTag と ISuserType の値はどちらも「0」になります。

要求:例

<request>

<ISgetUser>

<ISuserID>a</ISuserID>

</ISgetUser>

</request>

応答:例

<response>

<ISuser>

<ISuserID>a</ISuserID>

<ISuserType>3</ISuserType>

<ISuserTag>1</ISuserTag>

</ISuser>

</response>

ISgetUserProfile

ISgetUserProfile を使用すると、特定のユーザ プロファイルのステータスと設定情報を取得できます。

次のいずれかの組み合わせを使用します。

特定ユーザのユーザ プロファイル ID を含む ISUserProfileID。

特定ユーザのユーザ ID を含む ISuserID。

次のいずれかのオプションを含む ISKeyword:

all:設定済みのすべてのユーザ プロファイルの詳細を表示します。

allTag:設定済みのすべてのユーザ プロファイル ID のリストを表示します。

available:次に使用可能なユーザ プロファイル。

要求:例

<request>

<ISgetUserProfile>

<ISUserProfileID>1</ISUserProfileID>

</ISgetUserProfile>

</request>

応答:例

<response>

<ISUserProfiles>

<ISUserProfile>

<ISUserProfileID>1</ISUserProfileID>

<ISuserID>a</ISuserID>

<ISpassword>a</ISpassword>

<ISuserPin>12</ISuserPin>

<ISPrivacyButton>no</ISPrivacyButton>

<ISuserMaxIdleTime>0</ISuserMaxIdleTime>

<SpeedDials>

<SpeedDial>

<SpeedDialIndex>1</SpeedDialIndex>

<SpeedDialNumber>901</SpeedDialNumber>

<SpeedDialLabel />

<SpeedDialBLF>no</SpeedDialBLF>

</SpeedDial>

<SpeedDial>

<SpeedDialIndex>2</SpeedDialIndex>

<SpeedDialNumber>902</SpeedDialNumber>

<SpeedDialLabel />

<SpeedDialBLF>no</SpeedDialBLF>

</SpeedDial>

<SpeedDial>

<SpeedDialIndex>3</SpeedDialIndex>

<SpeedDialNumber>2002</SpeedDialNumber>

<SpeedDialLabel>2002Label</SpeedDialLabel>

<SpeedDialBLF>no</SpeedDialBLF>

</SpeedDial>

<SpeedDial>

<SpeedDialIndex>5</SpeedDialIndex>

<SpeedDialNumber>2004</SpeedDialNumber>

<SpeedDialLabel>2004</SpeedDialLabel>

<SpeedDialBLF>yes</SpeedDialBLF>

</SpeedDial>

</SpeedDials>

<UserNumbers>

<UserNumber>

<ISExtNumber>2003</ISExtNumber>

<ISExtMode>NORMAL</ISExtMode>

<ISExtOverlayGroup>0</ISExtOverlayGroup>

<ISExtCombo>no</ISExtCombo>

</UserNumber>

<UserNumber>

<ISExtNumber>201</ISExtNumber>

<ISExtMode>NORMAL</ISExtMode>

<ISExtOverlayGroup>0</ISExtOverlayGroup>

<ISExtCombo>no</ISExtCombo>

</UserNumber>

<UserNumber>

<ISExtNumber>202</ISExtNumber>

<ISExtMode>NORMAL</ISExtMode>

<ISExtOverlayGroup>0</ISExtOverlayGroup>

<ISExtCombo>no</ISExtCombo>

</UserNumber>

</UserNumbers>

<ISuserCurrentPhone>

<CurrentPhoneType>Unknown</CurrentPhoneType>

<CurrentPhoneID>0</CurrentPhoneID>

</ISuserCurrentPhone>

</ISUserProfile>

</ISUserProfiles>

</response>

ISgetUtilityDirectory

ISgetUtilityDirectory を使用すると、ディレクトリ情報に関するステータス情報と設定情報を取得できます。

要求:例

<request>

<ISgetUtilityDirectory>

</ISgetUtilityDirectory>

</request>

応答:例

<response>

<ISUtilityDirectory>

<ISDirectoryEntry>

<ISDirectoryTag>1</ISDirectoryTag>

<ISDirectoryNumber>12345</ISDirectoryNumber>

<firstName>first</firstName>

<lastName>last</lastName>

</ISDirectoryEntry>

<ISDirectoryEntry>

<ISDirectoryTag>2</ISDirectoryTag>

<ISDirectoryNumber>67890</ISDirectoryNumber>

<firstName>first2</firstName>

<lastName>last 2</lastName>

</ISDirectoryEntry>

</ISUtilityDirectory>

</response

ISgetVoiceRegGlobal

ISgetVoiceRegGlobal を使用すると、SIP のグローバル パラメータのステータス情報と設定情報を取得できます。

要求:例

<request>

<ISgetVoiceRegGlobal>

</ISgetVoiceRegGlobal>

</request>

応答:例

<response>

<ISSipGlobal>

<ISAddress>10.10.10.1</ISAddress>

<ISMode>cme</ISMode>

<ISVersion>7.1</ISVersion>

<ISAuthModes>

<ISAuthMode>ood_refer</ISAuthMode>

<ISAuthMode>presence</ISAuthMode>

</ISAuthModes>

<ISPortNumber>5060</ISPortNumber>

<ISMaxPool>10</ISMaxPool>

<ISMaxDN>100</ISMaxDN>

<ISMaxRedirect>5</ISMaxRedirect>

</ISSipGlobal>

</response>

ISgetSipDevice

SIP 電話機の場合は、要求メッセージで次のパラメータの任意の組み合わせを使用して、1 台以上の SIP 電話機を指定します。

クエリー対象の SIP 電話機の音声レジスタ プール タグ番号を含む ISPoolID。

クエリー対象の SIP 電話機の音声レジスタ プール名を含む ISPoolName

次のいずれかのオプションを含む ISKeyword:

all:設定済みのすべての SIP 電話機

allTag:設定済みのすべての SIP 電話機に対する音声レジスタ プール タグ番号

available:次に使用可能な設定対象の電話タグ番号

要求:例

<request>

<ISgetSipDevice>

<ISPoolID>1</ISPoolID>

</ISgetSipDevice>

</request>

応答:例

<response>

<ISSipDevices>

<ISSipDevice>

<ISPoolID>1</ISPoolID>

<ISDevMac>0013.1978.3CA5</ISDevMac>

<ISSessionServerID>0</ISSessionServerID>

<ISDevAddr>

<Xipv4Address>0</Xipv4Address>

</ISDevAddr>

<ISSipPhoneLineList>

<ExtMapStatus>

<LineId>1</LineId>

<ExtId>1</ExtId>

<ExtNumber>901</ExtNumber>

<LineState>idle</LineState>

</ExtMapStatus>

<ExtMapStatus>

<LineId>2</LineId>

<ExtId>2</ExtId>

<ExtNumber>902</ExtNumber>

<LineState>idle</LineState>

</ExtMapStatus>

</ISSipPhoneLineList>

<ISPoolMaxRegistration>42</ISPoolMaxRegistration>

<ISPoolDtmfRelay>rtp-nte</ISPoolDtmfRelay>

<ISDevCodec>g729r8</ISDevCodec>

</ISSipDevice>

</ISSipDevices>

</response>

ISgetSipExtension

ISgetSipExtension を使用すると、内線番号の設定情報とステータス情報を取得できます。

要求メッセージで、次のパラメータの任意の組み合わせを使用して、1 つ以上の内線番号を指定します。

クエリー対象の内線 ID 番号を含む ISVoiceRegDNID。

クエリー対象の内線番号を含む ISVoiceRegNumber。

次のいずれかのオプションを含む ISKeyword:

all:設定済みのすべての内線番号の詳細を表示します

allTag:設定済みのすべての内線 ID 番号のリストを表示します

available:次に使用可能な設定対象の内線 ID 番号

要求:例

<request>

<ISgetSipExtension>

<ISVoiceRegDNID>1</ISVoiceRegDNID>

</ISgetSipExtension>

</request>

応答:例

<response>

<ISSipExtensions>

<ISSipExtension>

<ISVoiceRegDNID>1</ISVoiceRegDNID>

<ISExtNumber>901</ISExtNumber>

<ISSessionServerIDs>

<ISSessionServerID>1</ISSessionServerID>

<ISSessionServerID>2</ISSessionServerID>

</ISSessionServerIDs>

<ISAllowWatch>true</ISAllowWatch>

<firstName>Henry</firstName>

<lastName>Mann</lastName>

<ISSipDevList>

<ISPoolID>1</ISPoolID>

<ISPoolID>2</ISPoolID>

</ISSipDevList>

</ISSipExtension>

</ISSipExtensions>

</response>

ISgetSessionServer

ISgetSessionServer を使用すると、Cisco Unified CME 内のセッション サーバの設定情報を取得できます。

要求メッセージで、次のパラメータの任意の組み合わせを使用して、1 つ以上のセッション サーバを指定します。

セッション サーバ タグ番号を含む ISSessionServerID。

セッション サーバ タグ番号を含む ISSessionserverName。

次のいずれかのキーワードを指定した ISKeyword:

all:設定済みのすべてのセッション サーバ

allTag:設定済みのすべてのセッション サーバのセッション サーバ タグ番号

available:次に使用可能な設定対象のセッション サーバ タグ番号

要求:例

<request>

<ISgetSessionServer>

<ISSessionServerID>1</ISSessionServerID>

</ISgetSessionServer>

</request>

応答:例

<response>

<ISSessionServers>

<ISSessionServer>

<ISSessionServerID>1</ISSessionServerID>

<ISSessionRegisterID>SS1</ISSessionRegisterID>

<ISSessionKeepAlives>60</ISSessionKeepAlives>

</ISSessionServer>

</ISSessionServers>

</response>

ISgetVoiceHuntGroup

ISgetVoiceHuntGroupID を使用すると、音声ハント グループに関するステータス情報と設定情報を取得できます。

要求メッセージで、次のパラメータの任意の組み合わせを使用して、1 つ以上の音声ハント グループを指定します。

音声ハント グループ ID 番号を含む ISVoiceHuntGroupID。

次のいずれかのキーワードを指定した ISKeyword:

all:設定済みのすべての音声ハント グループ

allTag:設定済みのすべての音声ハント グループの音声ハント グループ ID 番号

available:次に使用可能な設定対象の音声ハント グループ ID 番号

要求:例

<request>

<ISgetVoiceHuntGroup>

<ISVoiceHuntGroupID>1</ISVoiceHuntGroupID>

</ISgetVoiceHuntGroup>

</request>

応答:例

<response>

<ISVoiceHuntGroups>

<ISVoiceHuntGroup>

<ISVoiceHuntGroupID>1</ISVoiceHuntGroupID>

<ISVoiceHuntGroupType>longest-idle</ISVoiceHuntGroupType>

<ISVoiceHuntGroupPilotNumber>200</ISVoiceHuntGroupPilotNumber>

<ISVoiceHuntGroupPilotPeerTag>200</ISVoiceHuntGroupPilotPeerTag>

<ISVoiceHuntGroupPilotPreference>0</ISVoiceHuntGroupPilotPreference>

<ISVoiceHuntGroupSecPilotNumber />

<ISVoiceHuntGroupSecPilotPeerTag>-1</ISVoiceHuntGroupSecPilotPeerTag>

<ISVoiceHuntGroupSecPilotPreference>0</ISVoiceHuntGroupSecPilotPreference>

<ISVoiceHuntGroupListSize>2</ISVoiceHuntGroupListSize>

<ISVoiceHuntGroupListNums>

<ISVoiceHuntGroupListNum>201</ISVoiceHuntGroupListNum>

<ISVoiceHuntGroupListNum>202</ISVoiceHuntGroupListNum>

</ISVoiceHuntGroupListNums>

<ISVoiceHuntGroupFinalNum />

<ISVoiceHuntGroupTimeout>180</ISVoiceHuntGroupTimeout>

<ISVoiceHuntGroupHops>2</ISVoiceHuntGroupHops>

</ISVoiceHuntGroup>

</ISVoiceHuntGroups>

</response>

ISgetPresenceGlobal

ISgetPresenceGlobal を使用すると、Cisco Unified CME のプレゼンス エンジンの設定情報とステータスを取得できます。

要求:例

<request>

<ISgetPresenceGlobal />

</request>

応答:例

<response>

<ISPresenceGlobal>

<ISPresenceEnable>true</ISPresenceEnable>

<ISMode>cme</ISMode>

<ISAllowSub>true</ISAllowSub>

<ISAllowWatch>true</ISAllowWatch>

<ISMaxSubAllow>100</ISMaxSubAllow>

<ISSipUaPresenceStatus>false</ISSipUaPresenceStatus>

</ISPresenceGlobal>

</response>

XML API の設定方法

ここでは、次の作業について説明します。

「XML トランスポート パラメータの定義」

「XML アプリケーション パラメータの定義」

「XML アクセスに対する認証の定義」

「XML インベント テーブル パラメータの定義」

「XML インターフェイスのトラブルシューティング」


) 以前は XML インターフェイスで使用された Cisco IOS コマンドの log passwordxmltestxmlschema、およびxmlthread は使用できなくなりました。


XML トランスポート パラメータの定義

XML 転送方式および関連するパラメータを定義するには、次の手順を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. ip http server

4. ixi transport http

5. response size fragment- size

6. request outstanding number

7. request timeout seconds

8. no shutdown

9. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ip http server

 

Router(config)# ip http server

ローカル Cisco Unified CME ルータで、Cisco Web ブラウザのユーザ インターフェイスをイネーブルにします。

ステップ 4

ixi transport http

 

Router(config)# ixi transport http

XML 転送方式を指定し、XML 転送コンフィギュレーション モードを開始します。

http :HTTP 転送。

ステップ 5

response size fragment-size

 

Router(conf-xml-trans)# response size 8

応答バッファ サイズを設定します。

fragment-size :応答バッファ内のフラグメントのサイズ(キロバイト単位)。範囲は、転送タイプとプラットフォームによって制約されます。値の有効な範囲については、CLI のヘルプを参照してください。

ステップ 6

request outstanding number

 

Router(conf-xml-trans)# request outstanding 2

その転送タイプで可能な未処理要求の最大数を設定します。

number :要求の数。範囲は、転送タイプとプラットフォームによって制約されます。値の有効な範囲については、CLI のヘルプを参照してください。

ステップ 7

request timeout seconds

 

Router(conf-xml-trans)# request timeout 30

要求の処理中にタイムアウトするまでの待ち時間を秒数で設定します。

seconds :秒数。範囲は 0 ~ 60 です。

ステップ 8

no shutdown

 

Router(conf-xml-trans)# no shutdown

HTTP 転送をイネーブルにします。

ステップ 9

end

 

Router(config-xml-app)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

XML アプリケーション パラメータの定義

XML アプリケーションとの通信に関する応答タイムアウトを設定して、転送コンフィギュレーション モードの設定を上書きするには、次の手順を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. ixi application cme

4. response timeout { -1 | seconds }

5. no shutdown

6. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ixi application cme

 

Router(config)# ixi application cme

Cisco Unified CME アプリケーションの Cisco IOS XML インフラストラクチャ パラメータを設定するために、XML アプリケーション コンフィギュレーション モードを開始します。

(注) このコマンドは、Cisco Unified CME XML サーバの URL を http://<routerIPaddress>/ios_xml_app/cme として定義します。

ステップ 4

response timeout { -1 | seconds }

 

Router(config-xml-app) response timeout 30

XML アプリケーションに応答するタイムアウトを設定し、IXI 転送レベル タイムアウトを上書きします。

-1 :アプリケーション固有のタイムアウトは指定されません。これがデフォルトです。

seconds :秒単位のタイムアウトの長さ。範囲は 0 ~ 60 です。

ステップ 5

no shutdown

 

Router(conf-xml-app)# no shutdown

アプリケーションとの XML 通信をイネーブルにします。

ステップ 6

end

 

Router(config-xml-app)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

XML アクセスに対する認証の定義

XML アクセスに対してユーザを認証するには、次の手順を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. telephony-service

4. xml user user-name password password privilege-level

5. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

telephony-service

 

Router(config)# telephony-service

telephony-service コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

xml user user-name password password privilege-level

 

Router(config-telephony)# xml user user23 password 3Rs92uzQ 15

承認されたユーザを定義します。

user-name :承認されたユーザ名となる一意の英数字。この文字列の最大長は 19 文字です。

password :アクセスに使用する英数字。この文字列の最大長は 19 文字です。

privilege-level :このユーザに付与される Cisco IOS コマンドへのアクセス権のレベル。同じレベルまたはそれよりも低いレベルのコマンドのみ、XML で実行できます。範囲は 0(最低)~ 15(最高)です。

ステップ 5

end

 

Router(config-telephony)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

XML インベント テーブル パラメータの定義

XML イベント テーブルは、電話機の登録および未登録ステータス、および内線ステータスなど、キャプチャおよびタイムスタンプを設定されたイベントを格納する内部バッファです。テーブル内では、1 つのイベントが 1 行になります。XML テーブル内に格納できるイベント数またはエントリ数の最大値、およびイベントがテーブルから削除されるまでに保持される時間の長さを設定するには、次の作業を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. telephony-service

4. log table max-size number

5. log table retain-timer minutes

6. end

7. show fb-its-log

8. clear telephony-service xml-event-log

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

telephony-service

 

Router(config)#

telephony-service コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

log table max-size number

 

Router(config-telephony)# log table max-size 100

XML イベント テーブル内のエントリ数を設定します。

number :エントリ数。範囲は 0 ~ 1000 です。デフォルトは 150 です。

ステップ 5

log table retain-timer minutes

 

Router(config-telephony)# log table retain-timer 30

削除するまでに、エントリをイベント テーブルに維持する時間を分単位で設定します。

minutes :分単位の数値。範囲は 2 ~ 500 です。デフォルトは 15 です。

ステップ 6

end

 

Router(config-telephony)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

show fb-its-log

 

Router# show fb-its-log

イベント ログを表示します。

ステップ 8

clear telephony-service xml-event-log

 

Router# clear telephony-service xml-event-log

XML イベント ログをクリアします。

XML インターフェイスのトラブルシューティング


ステップ 1 debug cme-xml コマンドを使用して、Cisco Unified CME XML インターフェイスのデバッグ メッセージを表示します。


 

XML API の設定例

この項では、次の例について説明します。

「XML 転送パラメータ:例」

「XML アプリケーション パラメータ:例」

「XML 認証:例」

「XML イベント テーブル:例」

XML 転送パラメータ:例

次の例では、XML 転送方式として HTTP を選択します。

ip http server
ixi transport http
response size 8
request outstanding 2
request timeout 30
no shutdown

XML アプリケーション パラメータ:例

次に、アプリケーション応答タイムアウトを 30 秒に設定する例を示します。

ixi application cme
response timeout 30
no shutdown

XML 認証:例

次の例では、XML 転送方式として HTTP を選択します。これにより、user23 がパスワード 3Rs92uzQ でアクセスを許可され、IP アドレス 192.168.146.72 からの要求を受け付けるアクセス リスト 99 が設定されます。

ixi transport http

ip http server

!

telephony-service

xml user user23 password 3Rs92uzQ 15

XML イベント テーブル:例

次の例では、XML イベント テーブル内の最大エントリ数を 100 に設定し、エントリを維持する時間を 30 分間に設定します。

telephony-service

log table max-size 100

log table retain-timer 30

次の作業

XML API に関する開発者情報については、『 XML Provisioning Guide for Cisco CME/SRST 』を参照してください。

その他の参考資料

次の各項では、Cisco Unified CME 機能に関連するその他の資料について説明します。

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。
・テクニカル サポートを受ける
・ソフトウェアをダウンロードする
・セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける
・ツールおよびリソースへアクセスする
- Product Alert の受信登録
- Field Notice の受信登録
- Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索
・Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する
・トレーニング リソースへアクセスする
・TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html

XML API に関する機能情報

表 145 に、このモジュールで説明した機能、およびバージョンごとの拡張機能を示します。

特定の Cisco Unified CME バージョンをサポートするための適切な Cisco IOS リリースを判断するには、 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/cucme/requirements/guide/33matrix.htm にある『 Cisco Unified CME and Cisco IOS Software Version Compatibility Matrix 』を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator では、特定のソフトウェア リリース、フィーチャ セット、またはプラットフォームをサポートしている Cisco IOS ソフトウェア イメージを確認できます。Cisco Feature Navigator にアクセスするには、 http://www.cisco.com/go/cfn に移動します。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 145 には、特定の機能に対するサポートを導入した Cisco Unified CME のバージョンが示されています。特に明記されていない限り、Cisco Unified CME ソフトウェアの後続のバージョンでもこの機能をサポートします。


 

表 145 XML API に関する機能情報

機能名
Cisco Unified CME
バージョン
機能情報

日付と時刻に基づくコール ブロッキング

4.0

XML API が変更され、現在は Cisco IOS XML インフラストラクチャから提供されています。すべての Cisco Unified CME 機能がサポートされます。 log password xmltest xmlschema 、および xmlthread の各コマンドは使用されなくなりました。

3.0

XML API が導入されました。