Cisco Unified Communications Manager Express System アドミニストレータ ガイド
コール カバレッジ機能の設定
コール カバレッジ機能の設定
発行日;2012/09/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 11MB) | フィードバック

目次

コール カバレッジ機能の設定

内容

コール カバレッジ機能について

コール カバレッジの概要

コール ハント

コール ピックアップ

コール待機

SCCP 電話機用のコール待機ビープ音

SCCP 電話機用のコール待機呼び出し音

コール待機のキャンセル

ビジー サブスクライバのコールバック

ハント グループ

ephone ハント グループと音声ハント グループの比較

シーケンシャル ハント グループ

ピア ハント グループ

最長アイドル ハント グループ

パラレル ハント グループ(コール ブラスト)

ハント グループ エージェントのアベイラビリティ オプション

動的ハント グループのメンバーシップ

エージェント ステータス制御

自動エージェント ステータス受信不可

ナイト サービス

オーバーレイ ephone-dn

共有回線のオーバーレイ

オーバーレイ ephone-dn に対するコール待機

オーバーレイ ephone-dn に対するコールの同じ電話機の他のボタンへの拡張

コール カバレッジ機能の設定方法

SCCP:コール ハントの設定

次の作業

SCCP:コール ハントの確認

SIP:コール ハントの設定

次の作業

コール ピックアップのイネーブル化

前提条件

制約事項

SCCP:コール待機インジケータ トーンの設定

制約事項

SCCP:コール待機インジケータ トーンの確認

SCCP:コール待機のキャンセルの設定

前提条件

制約事項

SIP:コール待機のイネーブル化

前提条件

SCCP:ephone ハント グループの設定

前提条件

制約事項

SCCP:ephone ハント グループの確認

音声ハント グループの設定

前提条件

制約事項

音声ハント グループに関するコール統計情報の収集のイネーブル化

前提条件

制約事項

SCCP:ナイト サービスの設定

制約事項

SCCP:ナイト サービスの確認

SCCP:オーバーレイ ephone-dn の設定

制約事項

SCCP:オーバーレイ ephone-dn の確認

コール カバレッジ機能の設定例

コール ハント:例

ephone-dn ダイヤルピアのプリファレンス:例

ハントストップのディセーブル化:例

チャネル ハントストップ:例

SIP コール ハント:例

コール ピックアップ:例

コール待機ビープ音:例

コール待機呼び出し音:例

ハント グループ:例

シーケンシャル ephone ハント グループ:例

ピア ephone ハント グループ:例

最長アイドル ephone ハント グループ:例

from-ring オプションを使用した最長アイドル ephone ハント グループ:例

シーケンシャル ハント グループ:例

ログアウト画面:例

動的メンバーシップ:例

エージェント ステータス制御:例

自動エージェント受信不可:例

音声ハント グループからのコール統計情報:例

ナイト サービス:例

オーバーレイ ephone-dn の例

オーバーレイ ephone-dn:例

デュアル ライン ephone-dn のオーバーレイ:例

共有回線でオーバーレイされた ephone-dn:例

コール待機のあるオーバーレイ ephone-dn:例

ロールオーバー ボタンのあるオーバーレイ ephone-dn:例

オーバーレイ ephone-dn の着信ディレクトリ名の表示:例

オーバーレイ ephone-dn の着信 ephone-dn 名の表示:例

次の作業

その他の参考資料

関連資料

シスコのテクニカル サポート

コール カバレッジ機能の機能情報

コール カバレッジ機能の設定

この章では、Cisco Unified Communications Manager Express(Cisco Unified CME)での着信コールに適切で柔軟なカバレッジを提供するために使用できる機能について説明します。

このモジュールで紹介する機能情報の入手方法

お使いの Cisco Unified CME のバージョンが、このモジュールで説明されている機能の一部をサポートしていないことがあります。 各機能がサポートされているバージョンのリストについては、「コール カバレッジの機能情報」を参照してください。

コール カバレッジ機能について

コール カバレッジ機能を設定するには、次の概念を理解しておく必要があります。

「コール カバレッジの概要」

「コール ハント」

「コール ピックアップ」

「コール待機」

「ビジー サブスクライバのコールバック」

「ハント グループ」

「ナイト サービス」

「オーバーレイ ephone-dn」

コール カバレッジの概要

コール カバレッジ機能を使用すると、Cisco Unified CME へのすべての着信コールに対して、その着信番号が話中である場合や、応答がない場合であっても、誰かが必ず応答するようになります。

ハント グループなどの一部の単一ダイヤル番号コール カバレッジ機能は、電話機エージェントのプールにつながる単一の内線番号に着信コールを送信することができます。一方、コール ハント、コール待機、コール自動転送などの他の機能を使用すると、ダイヤルされた番号が使用不可の場合に接続の可能性が得られるため、コールが応答される可能性が高まります。

コール ピックアップ、ナイト サービス、オーバーレイ ディレクトリ番号などの複数のダイヤル番号コール カバレッジ機能を使用すると、さまざまな方法で 1 人のユーザが複数の番号で着信コールに応答できるようになります。

すべてのコール カバレッジ機能は、他のコール カバレッジ機能、共有回線、およびセカンダリ番号と組み合わせて、ニーズに最も適したコール カバレッジ プランを設計できます。

表 64 に、コール カバレッジ機能の概要を示します。

 

表 64 コール カバレッジ機能の概要

機能
説明
設定方法

コール自動転送

コールは指定した番号に自動的に転送されます。話中、無応答時に加え、すべてのコール、あるいはナイト サービス時間のみに転送することができます。

話中または無応答時に内線番号 3555 にコールが転送されるよう、内線番号 3444 を設定します。

「SCCP:ディレクトリ番号に対するコール自動転送のイネーブル化」

または

「SIP:SIP-to-SIP 電話機コール自動転送の設定」

コール ハント

コールが応答されるまで、あるいはハントが停止されるまで、システムによって自動的にディレクトリ番号の一致するグループから使用可能なディレクトリ番号が検索されます。

3 つの ephone-dn が同じ内線番号 755 を持ちます。1 つはマネージャの電話機で、もう 1 つはアシスタントの電話機です。プリファレンスとハントストップを使用することで、コールは最初に必ずマネージャの電話機につながり、マネージャがそのコールに応答できない場合は、最初のアシスタントの電話機が呼び出され、そのアシスタントも応答できない場合は、2 番めのアシスタントの電話機が呼び出されます。

「SCCP:コール ハントの設定」

または

「SIP:コール ハントの設定」

コール ピックアップ

無人電話機へのコールに対して、ソフトキーを使用したり、短縮コードをダイヤルしたりして、他の電話機ユーザが応答することができます。

内線番号 201 と 202 の両方を、ピックアップ グループ 22 にします。コールを 201 で受信しましたが、そこには応答する人がいません。202 にいるエージェントが [G ピック(GPickUp)] ソフトキーを押して、そのコールに応答します。

「コール ピックアップのイネーブル化」

コール待機

話中の番号へのコールが電話機ユーザに表示されるため、ユーザはそのコールに応答したり、転送したりすることができます。

コール待機ビープ音が聞こえましたが、内線番号 564 は会話中の状態です。電話機の画面に内線番号 568 からのコールであることが表示され、電話機ユーザはそのコールをボイスメールに送ることにしました。

「SCCP:コール待機インジケータ トーンの設定」

または

「SIP:コール待機のイネーブル化」

Cisco CME B-ACD

パイロット番号へのコールは対話型アプリケーションによって自動的に応答されます。このアプリケーションは、ハント グループ用のキューにコールを送信する前に、発信者に選択メニューを示します。

DID 番号 555-0125 は XYZ 社のパイロット番号です。このパイロット番号にコールが着信すると選択メニューが流れます。要件が販売に関する場合は 1 を押し、サービスに関する場合は 2 を押すことができます。また、3 を押してメッセージを残すこともできます。発信者が選択を行うと、コールは適切に転送されます。

Cisco Unified CME B-ACD and Tcl Call-Handling Applications 』を参照してください。

ハント グループ

コールは、応答されるか最後の番号に送信されるまで、エージェントのプールを通って転送されます。

内線番号 200 は販売部門のパイロット番号です。内線番号 213、214、および 215 はハント グループの販売エージェントに属しています。内線番号 200 へのコールを受信すると、誰かが応答するまで、コールはエージェントのリスト内を進んでいきます。すべてのエージェントが話中か、応答しない場合、コールはボイスメールに送られます。

「SCCP:ephone ハント グループの設定」

または

「音声ハント グループの設定」

ナイト サービス

特定の時間に無人状態になる ephone-dn へのコールに、コール ピックアップを使用して他の電話機で応答できます。

内線番号 7544 は現金出納係のデスクですが、現金出納係の勤務時間は午後 3 時までです。午後 4 時 30 分にコールを受信し、 サービス マネージャの電話機に通知されました。サービス マネージャはコール ピックアップを使用して、そのコールに応答します。

「SCCP:ナイト サービスの設定」

オーバーレイ ephone-dn

複数の番号へのコールを単一のエージェントまたは複数のエージェントが応答できます。

内線番号 451、452、および 453 はすべて電話機にボタン 1 に表示されています。これらのどの番号に掛かったコールも、ボタン 1 から応答できます。

「SCCP:オーバーレイ ephone-dn の設定」

コール ハント

コール ハントにより、複数のディレクトリ番号を使用して、単一の着信者番号用のカバレッジを提供できます。これは、同じ番号を複数のプライマリまたはセカンダリ ephone-dn に割り当てるか、ディレクトリ番号に関連付けられた番号でワイルドカードを使用して行います。

コールは、ダイヤルされた番号と、ダイヤルピアに関連付けられた宛先パターンの間の照合に基づいてルーティングされます。宛先パターンでワイルドカードを使用することで、複数のダイヤルピアを特定の着信番号と照合できます。コール ハントとは、コールが応答されるまで、着信者番号と一致するダイヤルピア内を検索する機能です。コール ハントはプリファレンスという技術を使用して、ダイヤルピアが着信コールと照合される順序を制御し、ハントストップという技術を使用して、ピアを照合するための検索を終了するタイミングを決定します。

Cisco Unified CME では、着信コールは、ユーザがディレクトリ番号を定義すると自動的に作成される仮想ダイヤルピア内を検索します。これらの仮想ダイヤルピアは直接設定することはできません。仮想ダイヤルピア用のコール ハントを制御するには、ディレクトリ番号を設定する必要があります。

チャネル ハントストップを使用すると、デュアルライン ディレクトリ番号の 2 つのチャネルに対する検索を停止できます。チャネル ハントストップは、最初のチャネルが話中であるか、応答しない場合に、ハントからの着信コールを 2 番めのチャネルに保持します。これにより、2 番めのチャネルに対して、コール転送、コール待機、または 3 者間会議を行えるようになります。

ハントストップは、hunt-on-busy 状態の場合に、話中の電話機から、catch-all デフォルト宛先を使用してセットアップされたダイヤルピアにコールがリダイレクトされないようにします。

設定の詳細については、「SCCP:コール ハントの設定」または「SIP:コール ハントの設定」を参照してください。

コール ピックアップ

コール ピックアップを使用すると、電話機ユーザは別の電話機を呼び出しているコールに応答できます。Cisco Unified CME 7.1 では、SIP 電話機用のコール ピックアップ機能が導入されました。SCCP 電話機と SIP 電話機は、次の 3 つのタイプのコール ピックアップをサポートしています。

ダイレクト コール ピックアップ:明示的に呼び出している内線のコール ピックアップ。すべてのローカル電話機ユーザは、ソフトキーを押して内線番号をダイヤルすることで、別の電話機を呼び出しているコールをピックアップできます。電話機ユーザは、ピックアップ グループに属していなくても、この方法を使用できます。設定に応じて、ユーザは [G ピック(GPickUp)] または [ピック(PickUp)] のどちらのソフトキーを押します。

異なるグループのグループ ピックアップ:明示的にグループが呼び出している内線のコール ピックアップ。電話機ユーザは [G ピック(GPickUp)] ソフトキーを押し、ピックアップ グループ番号をダイヤルすることで、すべてのピックアップ グループの呼び出し中の電話機に応答できます。Cisco Unified CME システムに定義されているピックアップ グループが 1 つのみである場合、電話機ユーザは単に [G ピック(GPickUp)] ソフトキーを押すだけで、コールをピックアップできます。電話機ユーザは、ピックアップ グループに属していなくても、この方法を使用できます。

ローカル グループ ピックアップ:ローカル グループが呼び出している内線のコール ピックアップ。電話機ユーザは、ある電話機と自分の電話機が同じピックアップ グループである場合、ソフトキーを押した後にアスタリスク(*)を押すことで、その別の電話機を呼び出しているコールをピックアップできます。設定に応じて、ユーザは [G ピック(GPickUp)] または [ピック(PickUp)] のどちらのソフトキーを押します。

Cisco Unified CME での設定に応じて、SCCP 電話機と SIP 電話機のさまざまなコール ピックアップ機能にアクセスするために、特定のソフトキーが使用されます。詳細については、『 Cisco Unified CME Command Reference 』の service directed-pickup コマンドを参照してください。

各ディレクトリ番号を 1 つのピックアップ グループのみに割り当てることができます。また、ディレクトリ番号には、ローカル グループ ピックアップを使用するように設定されたピックアップ グループが必要です。単一のピックアップ グループに割り当てることができるディレクトリ番号の数に制限はありません。また、Cisco Unified CME システムに定義できるピックアップ グループの数にも制限はありません。

複数のコールが同じ番号を呼び出している場合、コールは受信された順序でピックアップされます。つまり、最も長い時間呼び出しを行っているコールが、内線番号からピックアップされる最初のコールになります。リモート コール ピックアップはサポートされていません。

コール ピックアップ機能は、Cisco Unified CME を介するすべての電話機に対してグローバルにイネーブルにできます。[ピック(PickUp)] と [G ピック(GpickUp)] ソフトキーは、サポートされる SCCP 電話機と SIP 電話機にデフォルトで表示され、電話機テンプレートを使用して修正できます。設定については、「コール ピックアップのイネーブル化」を参照してください。

図 41 に、4 つのコール ピックアップシナリオを示します。

図 41 コール ピックアップ

 

コール待機

コール待機を使用すると、電話機ユーザは別のコールに出ているときに着信コールを受信した場合にアラートが表示されるようにできます。別の通話者が電話機ユーザに電話を掛けようとすると、その電話機ユーザにはコール待機トーンが流れ、IP Phone の場合は電話機の画面にコールしている通話者の情報が表示されます。

ソフトキーを持つ IP Phone へのコール待機コールには、[応答(Answer)] ソフトキーを使用して応答できます。Cisco Unified CME システムで制御されているアナログ電話機へのコール待機コールには、フックフラッシュを使用して応答できます。電話機ユーザがコール待機コールに応答すると、元のコールは自動的に保留状態になります。電話機ユーザがコール待機通知に応答しなかった場合、コールはその内線番号に対して call-forward noan コマンドで指定したとおりに転送されます。

SCCP を実行している IP Phone の場合、単一回線の ephone-dn を待機しているコールには、2 つのコールを処理するための 2 つの ephone-dn が必要になります。デュアルライン ephone-dn でのコール待機では、ephone-dn の 2 つのチャネルが 2 つのコールを処理するため、必要な ephone-dn は 1 つだけです。音声コール待機インジケータは、コール待機ビープ音またはコール待機呼び出し音のいずれかにすることができます。設定については、「SCCP:コール待機インジケータ トーンの設定」を参照してください。

SIP 電話機の場合、音声レジスタ プールを設定すると、コール待機は自動的にイネーブルになります。Cisco Unified CME に直接接続されている SIP 電話機の場合、コール待機は電話機レベルでディセーブルにできます。設定については、「SIP:コール待機のイネーブル化」を参照してください。

オーバーレイ ephone-dn を使用したコール待機の詳細については、「オーバーレイ ephone-dn」を参照してください。

SCCP 電話機用のコール待機ビープ音

コール待機ビープ音は、デフォルトでイネーブルになります。ディレクトリ番号から生成されて、受け入れられたコール待機ビープ音をディセーブルにできます。ビープ音の生成がディセーブルになると、そのディレクトリ番号への着信コールによってコール待機ビープ音が生成されなくなります。ビープ音の受け入れがディセーブルになっている場合、アクティブ コールに対してディレクトリ番号を使用しているときに、電話機ユーザにはビープ音が聞こえなくなります。

表 65 に、ある ephone-dn が、別の発信者に接続されている別の ephone-dn を呼び出している場合に発生するビープ音の動作を示します。

 

表 65 コール待機ビープ音の動作

ephone-dn 1 の設定
ephone-dn 2 の設定
DN のアクティブ コール
DN への着信コール
想定される結果
動作

--

no call-waiting beep

DN 1

DN 2

ビープ音なし

no call-waiting beep

--

DN 1

DN 2

ビープ音なし

--

no call-waiting beep generate

DN 1

DN 2

ビープ音なし

--

no call-waiting beep accept

DN 1

DN 2

ビープ音あり

--

no call-waiting beep accept
no call-waiting beep generate

DN 1

DN 2

ビープ音なし

no call-waiting beep

--

DN 1

DN 1

ビープ音なし

no call-waiting beep generate

--

DN 1

DN 1

ビープ音なし

no call-waiting beep accept

--

DN 1

DN 1

ビープ音なし

no call-waiting beep accept no call-waiting beep generate

--

DN 1

DN 1

ビープ音なし

no call-waiting beep generate

--

DN 1

DN 2

ビープ音あり

no call-waiting beep accept

--

DN 1

DN 2

ビープ音なし

--

no call-waiting beep

DN 1

DN 1

ビープ音あり

SCCP 電話機用のコール待機呼び出し音

ハンドセットからの標準のコール待機ビープ音の代わりに、コール待機通知用の短い呼び出し音を使用できます。デフォルトでは、ディレクトリ番号はコール待機などのコール中断を受け入れ、通知用のビープ音を発生します。

呼び出し音を使用するには、ディレクトリ番号がコール待機インジケータ トーンを受け入れる必要があります。設定の詳細については、「SCCP:コール待機インジケータ トーンの設定」または「SIP:コール待機のイネーブル化」を参照してください。

コール待機のキャンセル

コール待機のキャンセル(CCW)を使用すると、SCCP 電話機ユーザは自分が発信したコールのコール待機をディセーブルにできます。ユーザは CCW をアクティブ化して、コール待機のキャンセル用のソフトキー([待機オフ(CW Off)])を押すか、機能アクセス コード(FAC)をダイヤルすることで、コール待機をディセーブルにします。コール待機はそのコールの間、非アクティブになります。つまり、そのユーザにコールしている相手には通常の話中での処理が行われ、ユーザのアクティブなコールを中断するコール待機トーンは流れません。ユーザがコールから切断されると、CCW は自動的に非アクティブになります。CCW は、デュアルラインとオクトラインを含む、コール待機機能をサポートするすべての回線でサポートされます。

この機能は、SCCP IP Phone と SCCP アナログ電話機の場合、Cisco Unified CME 8.0 以降のバージョンでサポートされています。SIP 電話機ではサポートされていません。

設定については、「SCCP:コール待機のキャンセルの設定」を参照してください。

ビジー サブスクライバのコールバック

この機能を使用すると、着信者番号を利用可能な場合、内線番号にダイヤルして話中だった発信者が、システムからのコールバックを要求できます。発信者は、応答のない内線番号に対してコールバックを要求することもできます。システムは、コールされた電話機が次に使用された後に、発信者に通知します。

特定の内線番号に対して保留を要求するコールバックは 1 つのみですが、発信者は異なる番号に対して複数のコールバックを開始できます。発信者が、すでに保留中のコールバック要求のある番号に対してコールバック要求を行おうとすると、その発信者に速いビジー音が流れます。着信者番号でコール自動転送がイネーブルになっている場合、最終的な宛先番号に対してコールバック要求が行われます。

この機能を使用するために設定する必要はありません。保留中のコールバック要求のある電話機のリストを表示するには、 show ephone-dn callback コマンドを使用します。

ハント グループ

ハント グループを使用すると、特定の番号(パイロット番号)への着信コールを、定義済みの内線番号グループに振り向けられます。

着信コールは、設定で定義されているとおりに、パイロット番号から最初の内線番号にリダイレクトされます。最初の番号が話中か応答しない場合、コールはリスト内の次の電話機にリダイレクトされます。話中または応答がない場合、コールが応答されるか、最後の番号として定義された番号にコールが到達するまで、コールはリスト内の番号を順番にリダイレクトされます。

あるディレクトリ番号からリスト内の次のディレクトリ番号にリダイレクトすることは、 ホップ とも呼ばれます。ハント グループの内外両方で、特定のピア、または最長アイドル ハント グループに対してリダイレクトの最大数を設定したり、Cisco Unified CME システムで許可されているリダイレクトの最大数に対してリダイレクトの最大数を設定したりできます。コールが応答されずに、最大数のホップまたはリダイレクトが行われると、コールはドロップされます。

Cisco Unified CME 9.0 以降のバージョンでは、コール統計情報のサポートが音声ハント グループに追加されています。すべての ephone と音声ハント グループの統計情報をファイルに書き込むために、 ephone-hunt statistics write-all コマンドが拡張され、名前が hunt-group statistics write-all コマンドに変更されました。該当する場合は、TFTP 統計情報レポートは ephone と音声ハント グループ統計情報の両方で構成されます。

show telephony-service all コマンドも拡張されて、統計情報収集がオンに設定されている ephone と音声ハント グループの総数が表示されます。

音声ハント グループ設定モードでの statistics collect コマンドが導入され、音声ハント グループのコール統計情報の収集を行えるようになりました。

音声ハント グループからコール統計情報を表示するための show voice hunt-group statistics コマンドが導入されています。

ephone ハント グループの統計情報表示の詳細については、『 Cisco Unified CME B-ACD and Tcl Call-Handling Applications 』を参照してください。

ハント グループには、4 つのタイプがあります。各タイプは異なる方法を使用して、下記で説明するように、パイロット番号に連続したコールが行われた場合に最初に呼び出す番号を決定します。

シーケンシャル ハント グループ:番号は常に、ハント グループを定義するときにリストされた順番の左から右の順に呼び出されます。リスト内の最初の番号は、常に、パイロット番号がコールされたときに試行される最初の番号になります。ホップの最大数は、シーケンシャル ハント グループのパラメータとして設定できません。図 42 に例を図示します。

ピア ハント グループ:最初に呼び出される番号は、そのパイロット番号が前回コールされたときに最後に呼び出されたディレクトリ番号の右側の番号です。 呼び出しは、ハント グループ指定で設定したホップの数だけ、左から右へ循環して行われます。図 43 に例を図示します。

最長アイドル ハント グループ:コールが最初につながるのは、ハント グループを定義したときに指定されたホップ数の中で、アイドル状態が最も長かった番号です。最長アイドル時間は、電話機が登録された、再登録された、またはオンフック状態になった最後の時刻からの時間で決まります。図 44 に例を図示します。

パラレル ハント グループ(コール ブラスト):コールによって、ハント グループ内のすべてのメンバが同時に呼び出されます。

ハント グループ チェーンは任意の長さで設定できますが、チェーンに到達することができるホップの実際の数は、 max-redirect コマンド設定で決まります。次の例では、発信者が最後の番号 5000 に到達するには、最大リダイレクト数に 15 以上を設定する必要があります。これよりも小さい数値が設定されていると、コールは切断されます。

ephone-hunt 1 sequential

pilot 8000

list 8001, 8002, 8003, 8004

final 9000

ephone-hunt 2 sequential

pilot 9000

list 9001, 9002, 9003, 9004

final 7000

ephone-hunt 3 sequential

pilot 7000

list 7001, 7002, 7003, 7004

final 5000

Cisco Unified CME 4.3 以降のバージョンは、次の音声ハント グループ機能をサポートします。

パラレル音声ハント グループへのコール自動転送(コール ブラスト)

音声ハント グループへのコール転送

音声ハント グループのメンバは、SIP 電話機、SCCP 電話機、FXS アナログ電話、DS0 グループ、PRI グループ、または SIP トランクが可能です。

ephone ハント グループと音声ハント グループの比較

SIP 電話機は音声ハント グループをサポートします。SCCP 電話機は ephone ハント グループをサポートし、Cisco Unified CME 4.3 以降のバージョンでは、SCCP 電話機も音声ハント グループをサポートします。 表 66 に、ephone ハント グループと音声ハント グループの比較を示します。

 

表 66 ephone ハント グループと音声ハント グループの機能の比較

機能
ephone ハント
音声ハント グループ

サポートされるエンドポイント

SCCP のみ

SIP、SCCP、PSTN、および FXS

パラレル ハント グループ(コール ブラスト)

なし(代替方法については、「共有回線のオーバーレイ」を参照)

Yes

ハント統計情報のサポート

Yes

No

B-ACD のサポート

Yes

No

現在のコールおよびログイン/ログアウトなどの機能

Yes

No

シーケンシャル ハント グループ

シーケンシャル ハント グループでは、内線番号は常にハント グループが定義されたときにリストされた順番で左から右に向かって呼び出されます。リスト内の最初の番号は、常に、パイロット番号がコールされたときに試行される最初の番号になります。ホップの最大数は、シーケンシャル ハント グループのパラメータとして設定できません。

図 42 シーケンシャル ハント グループ

 

ピア ハント グループ

ピア ハント グループでは、内線番号はラウンドロビン方式で順番に呼び出されます。最初に呼び出される内線番号は、リスト内で、そのパイロット番号が前回コールされたときに呼び出された最後の内線番号の右側にある番号です。呼び出しは、ハント グループを定義するときに指定したホップの数だけ、左から右へ循環して行われます。

図 43 に、ピア ハント グループを示します。

図 43 ピア ハント グループ

 

最長アイドル ハント グループ

最長アイドル ハント グループでは、コールを受信する次の内線番号の選択に使用するアルゴリズムは、オンフックのタイムスタンプの比較に基づきます。次のコールがハント グループに着信すると、オンフックのタイムスタンプ値が最小の内線番号が選択されます。

デフォルトの動作では、内線番号のオンフック タイムスタンプ値はエージェントがコールに応答した場合にのみ更新されます。Cisco Unified CME 4.0 以降のバージョンでは、コールによって内線番号が呼び出されたとき、およびエージェントがコールに応答したときにも、オンフックのタイムスタンプが更新されるように指定できます。

図 44 に、最長アイドル ハント グループを示します。

図 44 最長アイドル ハント グループ

 

パラレル ハント グループ(コール ブラスト)

パラレル ハント グループでは、コールによって同時に複数の電話機が呼び出されます。パラレル ハント グループを使用することで、1 つのコールを複数の宛先に分岐できるため、これはアプリケーション レベルの分岐とも呼ばれます。Cisco Unified CME 4.3 よりも前のバージョンでは、SIP 電話機のみがパラレル ハント グループをサポートしています。Cisco Unified CME 4.3 以降のバージョンでは、SCCP 電話機も音声ハント グループをサポートします。

共有回線に ephone-dn オーバーレイ機能を使用することで、SCCP 電話機でパラレル ハント グループに類似する機能を使用できます。「共有回線のオーバーレイ」を参照してください。

次のパラレル ハント グループの例では、発信者が内線番号 1000、内線番号 1001、1002、と順にダイヤルすると、同時に呼び出しが行われます。応答する最初の内線番号が接続されます。いずれの内線番号も応答しない場合、コールは内線番号 2000 に転送されます。これは、ボイスメール サービス用の内線番号です。

voice hunt-group 4 parallel

pilot 1000

list 1001, 1002, 1003, 1004

final 2000

timeout 20

パラレル ハント グループがサポートできる呼び出しコールの数は、SIP 電話機でコール待機がイネーブルになっているかによって異なります。

コール待機がイネーブルの場合(デフォルト)、パラレル ハント グループは、特定の SIP 電話機モデルでサポートされているコール待機コールの制限まで、複数のコールをサポートします。ただし、エージェントがすでにコールを処理しているときに、多数のコールを待機中にしたくない場合、パラレル ハント グループを使用して、コール待機を無制限に使用しないほうがよい場合もあります。

コール待機がディセーブルになっている場合、パラレル ハント グループは、呼び出し中の状態のコールを同時に 1 つのみサポートします。(ハント グループ内の電話機の 1 つによって)コールが応答されると、2 番めのコールが許可されます。2 番め以降のコールは、ハント グループ内のアイドル電話機のみを呼び出し、最初のコールに応答した話中の電話機をバイパスします(この電話機は最初のコールに接続されているため)。2 番めのコールが応答されると、3 番めのコールが許可され、パラレル ハント グループ内のすべての電話機が話中になるまで、同様の処理が続けられます。少なくとも 1 台の電話機がアイドル状態またはオンフック状態に戻るまで、ハント グループは追加コールを受け入れません。

同じパラレル ハント グループ内の 2 台以上の電話機が同じコールに応答しようとした場合は、1 台の電話機のみがそのコールに接続できます。接続できなかった電話機が後続のコールを受信するには、オンフック状態に戻る必要があります。電話機がオンフック状態になる前に到着したコールは、電話機に表示されません。たとえば、Phone 1 が元のコールに応答した後、Phone 2 がオンフックに戻る前に 2 番めのコールが到着すると、2 番めのコールは Phone 2 をバイパスします(Phone 2 がオフフック状態であるため)。

電話機がアイドルまたはオンフック状態に戻っても、応答を待機している次のコールと自動的には再同期されません。たとえば、前のシナリオでは、Phone 2 がオンフックになったときに、2 番めのコールがまだ Phone 3 を呼び出し続けている場合、2 番めのコールが到着したときに Phone 2 はオフフックであったため、Phone 2 は呼び出されません。

設定については、「音声ハント グループの設定」を参照してください。

ハント グループ エージェントのアベイラビリティ オプション

3 つのオプションを使用することで、ハント グループ エージェントはハント グループに動的に参加したり、脱退することができます。また、コールを受信しない受信不可状態を一時的に設定することもできるため、柔軟性が高まります。

表 67 に、次のエージェント アベイラビリティ機能の比較を示します。

「動的ハント グループのメンバーシップ」

「エージェント ステータス制御」

「自動エージェント ステータス受信不可」

 

表 67 ハント グループ エージェントのアベイラビリティ機能の比較

比較要素
動的メンバーシップ
エージェント ステータス制御
自動エージェント ステータス受信不可
目的

承認されたエージェントがハント グループに参加したり、グループから脱退したりできるようにします。

エージェントが手動でトグル動作をアクティブ化して、一時的に受信不可状態にすることができます。この状態では、ハント グループ コールはエージェントの電話機をバイパスします。

エージェントの電話機によって、指定された数のハント グループ コールが応答されなかった後、エージェントの電話機を自動的に受信不可状態にします。

エージェント A は、午前 8 時にハント グループに参加し、 午後 1 時までコールに応答した後、ハント グループから脱退します。エージェント A がハント グループのメンバである間、エージェント A はハント グループ用に設定された番号リストにあるワイルドカード スロットの 1 つを占有しています。午後 1 時に、エージェント B は、エージェント A がグループを脱退したときに放棄したもとの同じワイルドカード スロットを使用して、ハント グループに参加します。

エージェント A は、午前 10 時に休憩を取り、 休憩中は電話機を受信不可状態にします。休憩から戻ると、エージェント A は電話機を受信可状態に戻し、すぐにハント グループのコールをもう一度受信し始めます。エージェント A は、受信不可ステータスになっている間、自分のワイルドカード スロットを保持します。

エージェント B は、電話機を手動で受信不可ステータスにする前に、突然呼ばれて席を立ちました。ハント グループのコールがエージェント B の電話機で応答されなかった後、その電話機は自動的に受信不可ステータスになり、その後のハント グループのコールには提示されなくなります。エージェント B が戻り、自分の電話機を受信可ステータスに戻します。

ハント グループ スロットのアベイラビリティ

ハント グループに参加しているエージェントは、ハント グループ リスト内のワイルドカード スロットを占有します。グループを脱退したエージェントはスロットを放棄し、他のエージェントがそのスロットを使用できるようになります。

受信不可状態になったエージェントは、ハント グループのスロットを放棄しません。エージェントが受信不可ステータスであるかどうかに関係なく、エージェントはスロットを占有し続けます。

受信不可になったエージェントは、ハント グループのスロットを放棄しません。エージェントが受信不可ステータスであるかどうかに関係なく、エージェントはスロットを占有し続けます。

エージェントのアクティブ化方法

承認されたエージェントは機能アクセス コード(FAC)を使用してハント グループに参加し、別の FAC を使用してハント グループから脱退します。

エージェントは [ハント(HLog)] ソフトキーを使用して、受信可と受信不可の間でエージェントのステータスを切り替えます。FAC がイネーブルになっている場合、エージェントは HLog ephone FAC または HLog ephone-dn FAC を使用して、受信可と受信不可を切り替えることもできます。

[ハント(HLog)] ソフトキーがイネーブルではない場合、[サイレント(DND)] ソフトキーを使用して、エージェントを受信不可ステータスにし、エージェントがすべてのコールを受信しないようにすることができます。

auto logout コマンドで設定されたハント グループのメンバであるエージェントが指定した数のコールに応答しない場合、エージェントの電話機は自動的に受信不可ステータスに変わります。エージェントは [ハント(HLog)] ソフトキーまたは FAC を使用して受信可ステータスに戻ります。

[ハント(HLog)] ソフトキーまたは FAC が設定でイネーブルになっていない場合、エージェントは [サイレント(DND)] ソフトキーを使用して受信可ステータスに戻ります。

設定

システム管理者は、 list コマンドを使用して、最大 20 個のワイルドカード スロットをハント グループに設定し、 ephone-hunt login コマンドを使用して特定のディレクトリ番号がこれらのワイルドカード スロットを使用するように許可します。

「SCCP:ephone ハント グループの設定」を参照してください。

システム管理者は、 HLog キーワードを hunt-group logout コマンドで使用して、[ハント(HLog)] ソフトキーが電話機に表示されるようにし、 fac コマンドを使用して、標準の FAC をイネーブルにするか、カスタム FAC を作成します。

「SCCP:ephone ハント グループの設定」を参照してください。

システム管理者は auto logout コマンドを使用して、ハント グループに対して自動エージェント ステータス受信不可をイネーブルにします。

この機能は、デフォルトではディセーブルになっています。

「SCCP:ephone ハント グループの設定」を参照してください。

オプションのカスタマイズ

システム管理者は、エージェントがハント グループに参加したり、グループから脱退したりするために使用できるカスタム FAC を作成できます。

システム管理者は softkeys コマンドを使用して、個々の電話機での [ハント(HLog)] ソフトキーの表示位置を変更したり、非表示にしたりできます。

システム管理者は auto logout コマンドを使用して、エージェントのステータスが受信不可に変更される条件となるコールの無応答数を指定できます。また、この機能が動的ハント グループ、または静的ハント グループ、あるいはそれらの両方のいずれに適用されるのかを指定できます。

システム管理者は hunt-group logout コマンドを使用して、受信不可ステータスへの自動変更も DND モードの電話機に設定されるかどうかを指定できます。

動的ハント グループのメンバーシップ

ハント グループを使用すると、着信コールに応答する内線番号のプールをセットアップできます。最大 20 個のワイルドカード スロットをハント グループの内線番号リストに追加して、動的グループ メンバーシップを行えるようにします。これにより、認可された電話機ユーザは、空いているワイルドカード スロットを使用できるときは必ずハント グループに参加できるようになり、いつでも自由に脱退できるようになります。グループに参加している各電話機ユーザは、1 つのスロットを占有します。スロットを使用できない場合、ユーザがグループに参加しようとすると、ビジー信号が流れます。

ハント グループで動的メンバーシップを使用できるようにするには、次の 3 つのステップを実行します。

1. ephone ハント コンフィギュレーション モードで list コマンドを使用し、ハント グループに最大 20 個のワイルドカード スロットを指定します。

2. ハント グループに動的に参加したり、脱退したりできるようにする必要のある各ディレクトリ番号ごとに、 ephone-hunt login コマンドを使用します。デフォルトで、ディレクトリ番号はハント グループへの参加が許可されていないため、ハント グループにログインできるようにするディレクトリ番号ごとに、この動作を明示的に許可する必要があります。

3. fac standard コマンドを使用して標準の FAC をイネーブルにするか、 fac custom コマンドを使用してカスタム FAC を定義します。エージェントが FAC を使用してハント グループに参加したり、脱退したりできるようにするには、FAC をイネーブルにする必要があります。

ハント グループに動的に参加するには、電話機ユーザは標準 FAC またはカスタム FAC にダイヤルしてハント グループに参加します。ハント グループに参加するための標準 FAC は *3 です。動的メンバーシップを行える複数のハント グループがすでに作成されている場合、電話機ユーザはハント グループのパイロット番号もダイヤルする必要があります。たとえば、ハント グループが定義された後に、電話機ユーザが *38000 をダイヤルして、販売ハント グループに参加したとします。

ephone-hunt 24 sequential

pilot 8000

list 8001, 8002, *, *

description Sales Group

final 9000

ephone-hunt 25 sequential

pilot 7000

list 7001, 7002, *, *

description Service Group

final 9000

ハント グループを脱退するには、電話機ユーザは標準 FAC またはカスタム FAC をダイヤルしてハント グループを脱退します。ハント グループを脱退するための標準 FAC は #3 です。「ソフトキーのカスタマイズ」を参照してください。


) 動的メンバーシップ機能は、エージェント ステータス制御機能や自動エージェント ステータス受信不可機能とは異なります。表 67 に、機能の比較を示します。


エージェント ステータス制御

エージェント ステータス制御機能を使用すると、ephone ハント グループ エージェントは電話機が受信可ステータスまたは受信不可ステータスのいずれであるかを制御できます。受信可ステータスの電話機は、ハント グループからのコールを受信できます。受信不可ステータスの電話機は、ハント グループからのコールをブロックします。エージェントは、短時間の休憩中、またはハント グループのコールを受信したくない他の一時的な中断中に、受信不可ステータスを使用する必要があります。

電話機を受信不可ステータスにしたエージェントは、ハント グループ リスト内のスロットを放棄しません。

エージェントは [ハント(HLog)] ソフトキーまたは [サイレント(DND)] ソフトキーを使用して、電話機を受信不可ステータスにします。[ハント(HLog)] ソフトキーを使用して電話機を受信不可ステータスにすると、ハント グループのコールは受信しませんが、他のコールは受信します。[サイレント(DND)] ソフトキーを使用すると、電話機は受信可ステータスに戻されるまで、すべてのコールを受信しなくなります。[ハント(HLog)] および [サイレント(DND)] の各ソフトキーを使用して、機能を切り替えることができます。電話機が受信可ステータスである場合にキーを押すと、電話機は受信不可ステータスになり、その反対にも切り替えることができます。

デフォルトで [サイレント(DND)] ソフトキーは電話機に表示されていますが、[ハント(HLog)] ソフトキーは hunt-group logout コマンドを使用して設定でイネーブルにする必要があります。次のオプションを使用できます。

HLog:[ハント(HLog)] ソフトキーと [サイレント(DND)] ソフトキーの両方を、アイドル、捕捉、および接続されたコールの各ステータスの電話機でイネーブルにします。[ハント(HLog)] ソフトキーを押すと、電話機は受信可ステータスから受信不可ステータスに変わるか、受信不可ステータスから受信可ステータスに変わります。電話機が受信不可ステータスである場合、ハント グループからのコールは受信しませんが、ハント グループを通さずに着信するコール(内線番号を直接ダイヤルしたコール)は受信できます。必要であれば、電話機へのすべてのコールをブロックする [サイレント(DND)] ソフトキーを使用することもできます。

DND:電話機で、[サイレント(DND)] ソフトキーのみをイネーブルにします。[サイレント(DND)] ソフトキーでも、電話機が受信可ステータスから受信不可ステータスに変化したり、受信不可ステータスから受信可ステータスに変化しますが、電話機はハント グループの外部からのコールを含めて、すべての着信コールを受信しなくなります。

ソフトキーの表示がない電話機では、FAC を使用してステータスを受信可から受信不可に切り替えたり、受信可に戻すことがきます。FAC の標準セットをイネーブルにしたり、カスタム FAC を作成したりする場合は、 fac コマンドを使用する必要があります。ディレクトリ番号(内線番号)レベルで受信不可ステータスを切り替える標準 FAC は *4 で、ephone レベル(電話機のすべてのディレクトリ番号)で受信不可ステータスを切り替える標準 FAC は *5 です。「次の作業」を参照してください。


) エージェント ステータス制御機能は、動的メンバーシップ機能や自動エージェント ステータス受信不可機能とは異なります。表 67 に、機能の比較を示します。


自動エージェント ステータス受信不可

Cisco Unified CME 4.0 よりも前のバージョンでは、この機能は自動ハント グループ ログアウトと呼ばれていました。ハント グループに対して auto logout コマンドがイネーブルであった場合、 timeout コマンドで指定された時間制限内にそのハント グループのコールに電話機の回線が応答しなかった場合、電話機は DND モードになります。

Cisco Unified CME 4.0 以降のバージョンでは、この機能の名前と動作は変更されましたが、Cisco IOS コマンドは同じです。 auto logout コマンドで、ディレクトリ番号のエージェント ステータスが自動的に受信不可に変更される条件となる、ハント グループ コールに対する無応答数を指定できるようになりました。自動エージェント ステータス受信不可を動的ハント グループ メンバ( list コマンドでワイルドカード スロットを使用してログインするメンバ)に限定するか、静的ハント グループ メンバ( list コマンドで明示的に指定されるメンバ)に限定することができます。あるいは、この動作をすべてのハント グループ メンバに適用することができます。

関連コマンド hunt-group logout は、受信不可ステータスに自動的に変更される電話機が DND モードにもなる必要があるかどうかを指定します。受信不可ステータスの電話機はハント グループからのコールを受け入れませんが、内線番号を直接ダイヤルしたコールは受け入れます。DND モードの電話機は、すべてのコールを受け入れません。 hunt-group logout コマンドを使用しなかった場合、受信不可ステータスに自動的に設定される電話機は、デフォルトで DND モードにも設定されます。

受信不可ステータスに自動的に設定される電話機のエージェントは、ハント グループ リスト内のスロットを放棄しません。


) 自動エージェント ステータス受信不可機能は、動的メンバーシップ機能やエージェント ステータス制御機能とは異なります。表 67 に、機能の比較を示します。


ナイト サービス

ナイト サービス機能を使用すると、「ナイト サービス」時間として指定した時間内に無人になる内線番号に対してカバレッジを提供できます。ナイト サービス時間内は、ナイト サービス ディレクトリ番号またはナイト サービス回線と呼ばれる指定された内線番号へのコールは、「バースト」という特別な呼び出しを受信するように指定されたナイト サービス電話機に、その特別な呼び出しを送信します。ナイト サービス電話機の電話機ユーザは、コール ピックアップ機能を使用して、ナイト サービス ディレクトリ番号からの着信コールに応答できます。

たとえば、ナイト サービス機能により、残業している従業員は、無人の受付係用電話機に行われたコールを代行受信して、応答することができます。この機能は、Cisco Unified CME システムへの公衆電話交換網(PSTN)接続でダイヤルイン(DID)がサポートされていないため、着信するすべての PSTN コールを受付係が転送する必要のあるサイトで便利です。ナイト サービスとして指定されている時間内に、無人の受付係用電話機にコールが到着すると、呼び出しバーストによって、指定した電話機セットに着信コールの通知が行われます。どのナイト サービス電話機の電話機ユーザも、コール ピックアップ機能を使用してコールを代行受信できます。コールが応答されるか、中断されるまで、ナイト サービス コール通知は 12 秒ごとに送信されます。

ユーザはナイト サービス コードを入力して、ナイト サービスに割り当てられている回線を持つどの電話機からも、手動でナイト サービス処理をオフおよびオンに手動で切り替えられます。Cisco CME 3.3 よりも前のバージョンでは、ナイト サービス コードを使用すると、そのコードが入力された電話機のディレクトリ番号からのみ、ナイト サービスをオンまたはオフに切り替えられます。Cisco CME 3.3 以降のバージョンでは、ナイト サービス ディレクトリ番号を持つすべての電話機で、ナイト サービス コードを使用して、ナイト サービス ディレクトリ番号を持つすべての電話機に対してナイト サービスをオンまたはオフに切り替えられます。

図 45 に、ナイト サービスを示します。

図 45 ナイト サービス

 

オーバーレイ ephone-dn

オーバーレイ ephone-dn は、1 台の電話機で同じボタンを共有するディレクトリ番号です。オーバーレイ ephone-dn を使用すると、着信コールを受信し、進行中のコールを行うことができます。1 つの電話機ボタンには、最大で 25 個の ephone-dn を割り当てることができます。これらには、同じ内線番号を指定することも、異なる番号を指定することもできます。同じ ephone-dn を複数の電話機に表示することも、複数の電話機に同じセットのオーバーレイ ephone-dn を指定することもできます。

オーバーレイ ephone-dn が着信コールによって使用される順番は、コール ハント コマンドの preference および huntstop で決定できます。たとえば、ephone-dn 1 から ephone-dn 4 までに同じ内線番号 1001 を設定します。3 台の電話機は button 1o1,2,3,4 コマンドを使用して設定されます。1001 へのコールが行われると、プリファレンスが最も高い ephone-dn の呼び出し音が鳴り、オンフック状態のすべての電話機に発信者 ID が表示されます。最初のコールがアクティブの間に、1001 への別の着信コールが行われると(およびプリファレンスが最も高い最初の ephone-dn が no huntstop コマンドを使用して設定されている場合)、2 番めのコールはプリファレンスが次に高い ephone-dn ロール オーバーされ、それ以降も同様に処理されます。詳細については、「コール ハント」を参照してください。

ephone-dn オーバーレイの ephone-dn で異なる番号が使用されると、着信コールはプリファレンスが最も高い ephone-dn に送られます。プリファレンスを設定していない場合は、 dial-peer hunt コマンド設定を使用して、着信コールにどの ephone-dn を使用するかが決定されます。 dial-peer hunt コマンドのデフォルト設定では、着信者番号と一致する ephone-dn がランダムに選択されます。


ephone-dn の検索を続行または停止するには、個々の ephone-dn に関して、no huntstop コマンドと huntstop コマンドをそれぞれ使用する必要があります。ハントストップ設定は、テレフォニー サービス モードで ephone-dn コマンドによって影響を受けるダイヤルピアにのみ適用されます。グローバル設定モードで設定されたダイヤルピアは、グローバル設定のハントストップ設定に従います。


図 46 に、2 つのディレクトリ番号を持ち、2 台の電話機で共有されている 1 つの番号を持つオーバーレイ セットを示します。ephone-dn 17 にはデフォルトのプリファレンス値 0 が設定されているため、内線番号 1001 への最初のコールを受信します。電話機 9 の電話機ユーザはそのコールに応答します。内線番号 1001 への 2 番めの着信コールはディレクトリ番号 18 を使用して電話機 10 で応答できます。

図 46 オーバーレイ ephone-dn(単純なケース)

 

コールが ephone-dn で応答されると、その ephone-dn は、ephone-dn をオーバーレイ モードで共有している他の電話機に使用できなくなります。たとえば、内線番号 1001 が電話機 1 によって応答されると、内線番号 1001 の発信者 ID が電話機 1 に表示され、電話機 2 と電話機 3 の画面からは削除されます。内線番号 1001(ephone-dn 17)へのコールに関連するすべてのアクションが電話機 1 にのみ表示されます。電話機 1 によって内線番号 1001 が保留状態になると、他の電話機は単純な共有回線ピックアップを使用して保留状態のコールをピックアップできなくなります。また、他の 4 つのいずれの電話機も、使用中である場合はその ephone-dn からコールを発信できません。電話機ユーザがボタン 1 を押すと、 button コマンドでリストされた、次に使用可能な ephone-dn に接続されます。たとえば、電話機 1 と電話機 2 が ephone-dn 1 と ephone-dn 2 をそれぞれ使用している場合、電話機 3 は発信コール用に ephone-dn 3 をピックアップする必要があります。

ephone-dn オーバーレイ セットに関連付けられた ephone-dn よりも多くの電話機がある場合、いくつかの電話機で、それらのオーバーレイ セット内のすべての ephone-dn が他の電話機によって使用される可能性があります。たとえば、5 台の電話機に button 1o1, 2, 3 コマンドで設定された 1 つの回線ボタンがある場合、オーバーレイ セット内の 3 台すべての ephone-dn が使用中になっている場合があります。このような場合、他の 2 台の電話機はオーバーレイ セット内の ephone-dn を使用できません。オーバーレイ セット内のすべての ephone-dn が使用されている場合、このオーバーレイ セットを持つ電話機には、対応する回線ボタンに対して、リモート回線が使用中であることを示すアイコン(電話機の絵の上に点滅する X が描かれているアイコン)が示されます。オーバーレイ セット内で少なくとも 1 つの ephone-dn が使用できるようになると(ある ephone-dn がアイドル状態か呼び出し状態になると)、電話機の画面は使用可能な ephone-dn(アイドル状態または呼び出し状態)のステータスを示す画面に戻ります。

共有回線のオーバーレイ

デュアル ライン ephone-dn もオーバーレイを使用できます。コンフィギュレーション パラメータは単一回線の ephone-dn の場合と同じですが、 huntstop channel コマンドを使用して、ハントから ephone-dn の 2 番めのチャネルへのコールを保持する必要がある点のみ異なります。

発信コールに使用できる回線を電話機に確保し、残りの共有ラインのオーバーレイ セットに使用可能なアイドル回線がない場合でも、電話機ユーザがデュアル トーンを確実に取得できるようにするには、共有回線のオーバーレイ セットにあるプライマリ ephone-dn が電話機に対して一意になっている必要があります。一意の ephone-dn を使用すると、電話機によって行われた発信コールに固有の発信者パーティ ID を設定し、コールを受けたユーザが、具体的にどの電話機が呼び出しを行っているのかがわかるようにできます。

次の例は、単純な共有回線のオーバーレイ セットの設定を示しています。電話機ごとに設定されたプライマリ ephone-dn は固有ですが、残りの ephone-dn 10、11、および 12 は両方の電話機のオーバーレイ セットで共有されます。

ephone 1

mac-address 1111.1111.1111

button 1o1,10,11,12

!

ephone 2

mac-address 2222.2222.2222

button 1o2,10,11,12

複雑なディレクトリ番号設定では、オーバーレイ ディレクトリ番号が、同じ電話機の共有ディレクトリ番号およびプレーン デュアル ライン ディレクトリ番号と混合されます。図 47 に、2 人のアシスタントを持つマネージャの例を示します。マネージャの電話機には、同じ番号 2001 がボタン 1 とボタン 2 に表示されます。内線番号 2001 の 2 つのライン アピアランスは 2 つの単一回線ディレクトリ番号を使用するため、マネージャはこの番号で同時に 2 つのアクティブなコールを各ボタンで 1 つずつ使用できます。ディレクトリ番号がセットアップされるため、ボタン 1 が先に呼び出され、2 番めのコールが着信すると、ボタン 2 が呼び出されます。各アシスタントは個人のディレクトリ番号を持ち、マネージャのディレクトリ番号も共有しています。アシスタント 1 の場合は 1 つのボタンにオーバーレイ セットの 3 つすべてのディレクトリ番号が設定されていますが、アシスタント 2 の場合はオーバーレイ セットに、1 つめのボタンが専用回線用に設定され、2 つめのボタンがマネージャの両方の回線に設定されています。コールの順序は、次のようになります。

1. 着信コールが、ボタン 1(ディレクトリ番号 20)の内線番号 2001 でマネージャによって応答されます。

2. 2 番めのコールが 2001 を呼び出し、マネージャの電話機(ディレクトリ番号 21)の 2 番めのボタンにロール オーバーします。これは、両方のアシスタントの電話機も呼び出し、ディレクトリ番号 21 で、共有ディレクトリ番号になっています。

3. アシスタント 2 がコールに応答します。これは共有オーバーレイ回線です(1 つのディレクトリ番号 21 が 3 台の電話機で共有され、それらの中の 2 台でこのディレクトリ番号がオーバーレイ セットに含まれています)。これはマネージャの電話機のボタン 2 と共有されているため、アシスタント 2 がコールに応答すると、マネージャはそれを確認できます。

4. アシスタント 1 はディレクトリ番号 22 で発信コールを行います。アシスタント 1 の電話機にオーバーレイ セットの追加ディレクトリ番号があるため、ボタンを使用できます。

この時点で、マネージャはディレクトリ番号 20 で会話し、アシスタント 1 はディレクトリ番号 22 で会話し、アシスタント 2 はディレクトリ番号 21 で会話しています。

図 47 オーバーレイ ephone-dn(複雑なケース)

 

設定については、「SCCP:オーバーレイ ephone-dn の設定」を参照してください。

オーバーレイ ephone-dn に対するコール待機

コール待機を使用すると、電話機ユーザは、電話で会話しているときに別の人が自分にコールしていることを知ることができます。電話機ユーザには、別の相手が自分と通話しようとしていることを知らせるコール待機トーンが流れます。ソフトキーを持つ IP 電話機へのコールには、[応答(Answer)] ソフトキーを使用して応答できます。アナログ電話機へのコールは、フックフラッシュを使用して応答します。電話機ユーザがコール待機コールに応答すると、元のコールは自動的に保留状態になります。無応答時コール転送が設定されている場合、電話機ユーザがコール待機コールを無視すると、発信者は転送されます。

Cisco CME 3.2.1 以降のバージョンでは、オーバーレイ ephone-dn にコール待機を使用できます。コール待機のあるオーバーレイ ephone-dn とコール待機のないオーバーレイ ephone-dn の違いは、コール待機のあるオーバーレイ ephone-dn は button コマンドで c キーワードを使用するのに対し、コール待機のないオーバーレイ ephone-dn は o キーワードを使用する点です。設定については、「SCCP:オーバーレイ ephone-dn の設定」を参照してください。

コール待機のあるオーバーレイ ephone-dn と、コール待機のないオーバーレイ ephone-dn の動作は、次の点を除いて同じです。

コール待機のあるオーバーレイ ephone-dn に含まれている番号にコールすると、非アクティブな電話機が呼び出され、他の通話者に接続されているアクティブな電話機でコール待機通知音が鳴ります。デフォルトの音はビープ音ですが、呼び出し音を使用するように ephone-dn を設定できます。(「SCCP:コール待機インジケータ トーンの設定」を参照)。視覚的なコール待機通知には、ハンドセット インジケータ ライトの点滅や、発信者 ID の表示などがあります。

たとえば、4 台中 3 台の電話機が、コール待機のある同じオーバーレイ ephone-dn の番号へのコールに接続している場合に別のコールが着信すると、1 台の非アクティブな電話機が呼び出され、3 台のアクティブな電話機は聴覚的および視覚的なコール待機通知を発生します。

Cisco Unified CME 4.0 以降のバージョンでは、Cisco Unified IP Phone 7940G、7941G、7941G-GE、7960G、7961G、7961G-GE、7970G、および 7971G-GE に、最大 6 つの待機コールを表示できます。他のすべての電話機と、Cisco Unified CME の以前のバージョンでは、オーバーレイ ephone-dn セット内の番号への 2 つのコールにアナウンスできます。後続のコールは、2 つの元のコールのいずれかが終了するまで、順番に待機する必要があります。順番を待っている発信者には、リングバック音が流されます。

たとえば、Cisco Unified IP Phone 7910(最大 2 つのコール待機コール)には、コール待機のある ephone-dn のセットで設定されたボタンがあります( button 1c1,2,3,4 )。ephone-dn 1 へのコールが応答されます。ephone-dn 2 へのコールによってコール待機通知が生成されます。ephone-dn 3 と ephone-dn 4 へのコールは順番に待機し、2 つの元のコールのいずれかが終了するまで、電話機ユーザには表示されないままになります。ephone-dn 1 へのコールが終了すると、電話機ユーザは ephone-dn 2 にコールした人と通話できるようになります。ephone-dn 3 へのコールによってコール待機通知が発生しますが、ephone-dn 4 へのコールは順番を待機します。(Cisco Unified IP Phone 7960 は 6 つのコール待機をサポートします)。コール待機用に設定された電話機は、コールを転送しているときや、電話会議をホスティングしているときは、コール待機通知を生成しません。

オーバーレイ ephone-dn で無応答時コール転送が設定されている場合、無応答タイムアウトが期限切れになるまで無応答であった ephone-dn へのコールは、設定済みの宛先に転送されます。無応答時コール転送が設定されていない場合、着信コールにはコールが応答されるまでリングバック音が流されます。

複数の電話機が、同じセットのオーバーレイ ephone-dn を使用できます。この場合、コール待機の動作は少し異なります。次の例は、2 台の電話機で共有されているオーバーレイ ephone-dn のコール待機を表しています。

ephone 1

button 1c1,2,3,4

!

ephone 2

button 1c1,2,3,4

1. ephone-dn 1 へのコールで ephone 1 と ephone 2 が呼び出されます。ephone 1 が応答し、そのコールは ephone 2 に表示されなくなります。

2. ephone-dn 2 へのコールで、コール待機通知が ephone 1 に発行され、phone 2 が呼び出されて応答します。2 番めのコールは ephone 1 に表示されなくなります。

3. ephone-dn 3 へのコールで、コール待機通知が ephone 1 と ephone 2 に発行されます。ephone 1 は ephone-dn 1 へのコールを保留し、ephone-dn 3 へのコールに応答します。ephone-dn 3 へのコールが ephone 2 に表示されなくなります。

4. ephone-dn 4 へのコールで、ephone 2 にコール待機通知が発行されます。ephone-dn 1 と ephone-dn 3 へのコールを処理することで 2 つのコールという最大値を満たしたため、ephone 1 でコールは表示されなくなります。(前述のとおり、6 つのコール待機コールを処理できる電話機のコール最大値は 6 です)。


) ephone-dn はデフォルトで、コール待機などのコール中断を受け入れます。コール待機が機能するためには、デフォルトでアクティブにする必要があります。詳細については、「SCCP:コール待機インジケータ トーンの設定」を参照してください。


オーバーレイ ephone-dn に対するコールの同じ電話機の他のボタンへの拡張

オーバーレイ ephone-dn のある電話機は、 button コマンドに x キーワードを指定して使用し、1 つ以上の追加ボタンをオーバーフロー コールの受信専用にすることができます。オーバーレイ ボタンが話中の場合、オーバーレイ セットの他のいずれかの ephone-dn は、オーバーフローを受信するように設定されている各電話機で最初に使用可能なオーバーフロー ボタンを呼び出します。この機能は、 button コマンドと o キーワードを使用して設定されたオーバーレイ ephone-dn に対してののみ機能します。 button コマンドと c キーワードを使用して設定されたオーバーレイ ephone-dn や、オーバーレイされていない他のタイプの ephone-dn ではサポートされていません。

button コマンドを c キーワード付きで使用すると、1 つのボタンに複数のコールが設定されますが(ボタンは、コール待機のある複数の ephone-dn によってオーバーレイされます)、 button コマンドを o キーワードと x キーワード付きで使用すると、1 つのボタンには 1 つのコールが設定され、複数のボタンに複数のコールが設定されます。

たとえば、 button コマンドと o キーワードを使用して、10 個の番号が割り当てられたオーバーレイ ボタンを ephone に設定できます。電話機の次の 2 つのボタンは、 button コマンドと x キーワードを使用して設定します。これらのボタンは、最初のボタンが使用中の場合に、最初のボタンのオーバーレイ内線番号への追加コールを受信するために予約されています。

ephone 276

button 1o24,25,26,27,28,29,30,31,32,33 2x1 3x1

設定については、「SCCP:オーバーレイ ephone-dn の設定」を参照してください。

コール カバレッジ機能の設定方法

ここでは、次の手順について説明します。

コール ハント

「SCCP:コール ハントの設定」(必須)

「SCCP:コール ハントの確認」(任意)

「SIP:コール ハントの設定」(必須)

コール ピックアップ

「コール ピックアップのイネーブル化」(必須)

コール待機

「SCCP:コール待機インジケータ トーンの設定」(任意)

「SCCP:コール待機のキャンセルの設定」(任意)

「SIP:コール待機のイネーブル化」(必須)

ハント グループ

「SCCP:ephone ハント グループの設定」(必須)

「SCCP:ephone ハント グループの確認」(任意)

「音声ハント グループの設定」(必須)

「音声ハント グループに関するコール統計情報の収集のイネーブル化」(任意)

ナイト サービス

「SCCP:ナイト サービスの設定」(必須)

「SCCP:ナイト サービスの確認」(任意)

オーバーレイ ephone-dn

「SCCP:オーバーレイ ephone-dn の設定」(必須)

「SCCP:オーバーレイ ephone-dn の確認」(任意)

SCCP:コール ハントの設定

単一の着信者番号用のコール カバレッジを提供するディレクトリ番号のグループを設定するには、グループ内のディレクトリ番号ごとに、次の手順を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. ephone-dn dn-tag [ dual-line ]

4. number number [ secondary number ] [ no-reg [ both | primary ]]

5. preference preference-order [ secondary secondary-order ]

6. no huntstop
または
huntstop

7. huntstop channel

8. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ephone-dn dn-tag [ dual-line ]

 

Router(config)# ephone-dn 20 dual-line

ディレクトリ番号を設定するために、ephone-dn コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

number number [ secondary number ] [ no-reg [ both | primary ]]

 

Router(config-ephone-dn)# number 101

電話番号または内線番号をディレクトリ番号に関連付けます。

同じ番号を複数のプライマリまたはセカンダリ ephone-dn に割り当てて、仮想ダイヤルピアのグループを作成します。着信する着信者番号は、このグループを使用して検索する必要があります。

ステップ 5

preference preference-order [ secondary secondary-order ]

 

Router(config-ephone-dn)# preference 2

ephone-dn のプリファレンスを設定します。

デフォルト:0。

同じ番号を持つ後続の ephone-dn には、プリファレンスの順序値を増やしながら設定します。つまり、最初のディレクトリ番号のプリファレンスはデフォルトの 0 となり、同じ番号を持つ 2 番めの ephone-dn にはプリファレンス 1 を指定する必要があり、次の ephone-dn にはプリファレンス 2 を指定する必要があります。この作業を順番に続けます。

secondary secondary-order :(任意)ephone-dn のセカンダリ番号のプリファレンス値。デフォルトは 9 です。

ステップ 6

no huntstop

または

huntstop

 

Router(config-ephone-dn)# no huntstop

または

Router(config-ephone-dn)# huntstop

ディレクトリ番号に対して、コール ハントの動作を明示的にイネーブルにします。

同じ番号を持つ ephone-dn のセット内で、最後の ephone-dn を 除く 、すべての ephone-dn に no huntstop を設定します。

同じ番号を持つ ephone-dn のセット内の最後の ephone-dn に対して、 huntstop コマンドを設定します。

ステップ 7

huntstop channel

 

Router(config-ephone-dn)# huntstop channel

(任意)チャネル ハントストップを有効にします。チャネル ハントストップにより、最初のチャネルが通話中か応答しない場合に、コールはディレクトリ番号の次のチャネルをハントしなくなります。

コール ハントに使用されるデュアル ライン ephone-dn に必要です。

ステップ 8

end

 

Router(config-ephone-dn)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

次の作業

ハント グループの統計情報を収集する場合は、『 Cisco Unified CME B-ACD and Tcl Call-Handling Applications 』を参照してください。

SCCP:コール ハントの確認

コール ハントの設定を確認するには、次の手順を実行します。

手順の概要

1. show running-config

2. show telephony-service ephone-dn

3. show telephony-service all
または
show telephony-service dial-peer

手順の詳細


ステップ 1 show running-config

このコマンドによって設定が表示されます。プリファレンスとハントストップ情報は、出力の ephone-dn の部分にリストされます。

Router# show running-config

ephone-dn 2 dual-line

number 126

description FrontDesk

name Receptionist

preference 1

call-forward busy 500

huntstop channel

no huntstop

ステップ 2 show telephony-service ephone-dn

このコマンドによって、ephone-dn のプリファレンスとハントストップ設定の情報が表示されます。

Router# show telephony-service ephone-dn

ephone-dn 243

number 1233

preference 1

huntstop

ステップ 3 show telephony-service all
または
show telephony-service dial-peer

これらのコマンドによって、ephone-dn ダイヤルピアのプリファレンスとハントストップの設定が表示されます。

Router# show telephony-service dial-peer

!

dial-peer voice 20026 pots

destination-pattern 5002

huntstop

call-forward noan 5001 timeout 45

port 50/0/2


 

SIP:コール ハントの設定

コール ハント機能を設定して、hunt-on-busy 状態の場合に、話中の電話機から、catch-all デフォルト宛先を使用してセットアップされたダイヤルピアにコールがリダイレクトされないようにするには、次の手順を実行します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. voice register dn dn-tag

4. number number

5. preference preference-order

6. huntstop

7. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

voice register dn dn-tag

 

Router(config)# voice register dn 1

voice register dn コンフィギュレーション モードを開始して、SIP 電話機のディレクトリ番号、インターコム回線、音声ポート、または MWI を定義します。

ステップ 4

number number

 

Router(config-register-dn)# number 5001

電話番号ディレクトリ番号に関連付けます。

同じ番号を複数のディレクトリ番号に割り当てて、仮想ダイヤルピアのグループを作成します。着信する着信者番号は、このグループを使用して検索する必要があります。

ステップ 5

preference preference-order

 

Router(config-register-dn)# preference 4

ディレクトリ番号に関連付けられた番号用に作成された VoIP ダイヤルピアの照合に使用するプリファレンスの順序を作成し、着信コールのハント方法を確立します。

デフォルトは 0 です。これが最も高いプリファレンスです。

ステップ 6

huntstop

 

Router(config-register-dn)# huntstop

SIP 電話機の内線番号に対して、コール ハントの動作をディセーブルにします。

ステップ 7

end

 

Router(config-register-dn)# end

コンフィギュレーション モードを終了して、特権 EXEC モードを開始します。

次の作業

ハント グループの統計情報を収集する場合は、『 Cisco Unified CME B-ACD and Tcl Call-Handling Applications 』を参照してください。

コール ピックアップのイネーブル化

SCCP 電話機または SIP 電話機でコール ピックアップ機能をイネーブルにするには、次の手順を実行します。

前提条件

SIP 電話機では、Cisco Unified CME 7.1 以降のバージョンが必要。

サポートされる SCCP 電話機および SIP 電話機には、デフォルトで [ピック(PickUp)] および [G ピック(GPickUp)] ソフトキーが表示されます。以前にディセーブルにした場合は、 softkeys idle コマンドを使用してこれらのソフトキーをイネーブルにする必要があります。

制約事項

[ピック(PickUp)] および [G ピック(GpickUp)] ソフトキーをサポートしていない SIP 電話機は、機能アクセス コード(FAC)を使用してこれらの機能にアクセスする必要があります。

同じ内線番号を持つ異なるディレクトリ番号は、同じピックアップ設定にする必要があります。

ディレクトリ番号は、1 つのピックアップ グループにのみ割り当てることができます。

ピックアップ グループ番号の長さは異なってもかまいませんが、先頭の複数の数字は一意にする必要があります。たとえば、グループ番号 17 を設定した場合、グループ番号 177 を設定することはできません。そうしないと、ユーザが 177 の最後の数字の 7 を入力する前に、常にグループ 17 のピックアップが開始されてしまいます。

H.323 トランクからのコールは、SIP 電話機ではサポートされません。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. telephony-service

4. service directed-pickup [ gpickup ]

5. fac { standard | custom pickup { direct | group | local } custom-fac }

6. exit

7. ephone-dn dn-tag [ dual-line | octo-line ]
または
voice register dn dn-tag

8. pickup-group group-number

9. pickup-call any-group

10. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

telephony-service

 

Router(config)# telephony-service

telephony-service コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

service directed-pickup [ gpickup ]

 

Router(config-telephony)# service directed-pickup gpickup

ダイレクト コール ピックアップをイネーブルにして、[G ピック(GPickUp)] および [ピック(PickUp)] ソフトキーの機能を修正します。

gpickup :(任意)[G ピック(GPickUp)] ソフトキーを使用できるようにして、ダイレクト コール ピックアップを SCCP 電話機で実行します。このキーワードは、Cisco Unified CME 7.1 以降のバージョンでサポートされています。

このコマンドによって、SCCP 電話機や SIP 電話機でさまざまなコール ピックアップ機能にアクセスするために使用される特定のソフトキーが決定されます。詳細については、『 Cisco Unified CME Command Reference 』の service directed-pickup コマンドを参照してください。

ステップ 5

fac { standard | custom pickup { direct | group | local } custom-fac }

 

Router(config-telephony)# fac custom pickup group #35

SCCP 電話機と SIP 電話機で、標準 FAC をイネーブルにするか、カスタム FAC またはピックアップ機能のエイリアスを作成します。

standard :すべての電話機に対して、標準 FAC をイネーブルにします。パーク取得の標準 FAC は **10 です。

custom :機能のカスタム FAC を作成します。

custom-fac :IP Phone またはアナログ電話機でキーパッドを使用してダイヤルするユーザ定義のコード。カスタム FAC には、0 ~ 9 の数字と * および # を含めて、最大 256 文字を指定できます。

ステップ 6

exit

 

Router(config-telephony)# exit

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

ephone-dn dn-tag [ dual-line | octo-line ]

または

voice register dn dn-tag

 

Router(config)# ephone-dn 20 dual-line

または

Router(config)# voice register dn 20

directory number コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 8

pickup-group group-number

 

Router(config-ephone-dn)# pickup-group 30

または

Router(config-register-dn)# pickup-group 30

ピックアップ グループを作成して、ディレクトリ番号をグループに割り当てます。

group-number :最大 32 文字までの文字列。グループ番号の長さは異なってもかまいませんが、先頭の複数の数字は一意にする必要があります。たとえば、グループ番号 17 がある場合、グループ番号 177 を使用することはできません。

このコマンドは、ephone-dn テンプレート コンフィギュレーション モードで設定して、1 つ以上の ephone-dn に適用できます。ephone-dn の設定には、テンプレート コンフィギュレーションを使用したプライオリティが含まれています。

ステップ 9

pickup-call any-group

 

Router(config-ephone-dn)# pickup-call any-group

または

Router(config-register-dn)# pickup-call any-group

[G ピック(GPickUp)] ソフトキーとアスタリスク(*)を押すことで、電話機ユーザが、ピックアップ グループに属しているすべての内線番号で呼び出し中のコールをピックアップできるようにします。

呼び出し中の内線番号は、 pickup-group コマンドを使用してピックアップ グループで設定されている必要があります。

このコマンドが設定されていない場合、ユーザは [G ピック(GPickUp)] ソフトキーを押して、ピックアップ グループ番号をダイヤルすることで、他のグループのコールをピックアップできます。

ステップ 10

end

 

Router(config-ephone-dn)# end

または

Router(config-register-dn)# end

コンフィギュレーション モードを終了します。

次の例は、 service directed-pickup gpickup コマンドでイネーブルになるグループ ピックアップ機能とローカル グループ ピックアップ機能を示しています。電話機 5 の内線番号 1005 と電話機 6 の内線番号 1006 は、ピックアップ グループ 1 に割り当てられています。

telephony-service

load 7960-7940 P00308000500

load E61 SCCP61.8-2-2SR2S

max-ephones 100

max-dn 240

ip source-address 15.7.0.1 port 2000

service directed-pickup gpickup

cnf-file location flash:

cnf-file perphone

voicemail 8900

max-conferences 8 gain -6

call-park system application

transfer-system full-consult

fac standard

create cnf-files version-stamp 7960 Sep 25 2007 21:25:47

!

!

!

ephone-dn 5

number 1005

pickup-group 1

!

!

ephone-dn 6

number 1006

pickup-group 1

!

!

ephone 5

mac-address 0001.2345.6789

type 7962

button 1:5

!

!

!

ephone 6

mac-address 000F.F758.E70E

type 7962

button 1:6

SCCP:コール待機インジケータ トーンの設定

SCCP 電話機に、音声コール待機インジケータのタイプを指定するには、次の手順を実行します。デフォルトでは、ディレクトリ番号はコール待機などのコール中断を受け入れ、ピープ音を発生します。標準のコール待機ビープの代わりに、コール待機に呼び出し音を使用できます。

制約事項

コール待機呼び出し音のオプションは、ephone-dn が no call-waiting beep accept コマンドで設定されている場合には、サポートされません。

サイレント呼び出しを行えるようにボタンを設定すると、そのボタンに関連付けられた ephone-dn がコール待機ビープ音またはコール待機呼び出し音を生成するように設定されているかどうかに関係なく、コール待機ビープ音またはコール待機呼び出し音は流れなくなります。サイレント呼び出しを行えるようにボタンを設定するには、「SCCP:電話機へのディレクトリ番号の割り当て」を参照してください。

Cisco Unified IP Phone 7902G、Cisco Unified IP Phone 7905G、Cisco Unified IP Phone 7912G、Cisco ATA-186、および Cisco ATA-188 では、コール待機ビープ音の音量を Cisco Unified CME から調整できません。

コール待機呼び出し音のオプションは、Cisco Unified IP Phone 7902G、Cisco Unified IP Phone 7905G、または Cisco Unified IP Phone 7912G ではサポートされていません。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. ephone-dn dn-tag [ dual-line ]

4. call-waiting beep [ accept | generate ]

5. call-waiting ring

6. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ephone-dn dn-tag [ dual-line ]

 

Router(config)# ephone-dn 20 dual-line

ephone-dn コンフィギュレーション モードを開始し、ephone-dn を作成し、任意でデュアルライン ステータスを割り当てます。

ステップ 4

call-waiting beep [ accept | generate ]

 

Router(config-ephone-dn)# no call-waiting beep accept

ephone-dn をイネーブルにして、コール待機ビープ音を生成または受け入れます。

デフォルトでは、ディレクトリ番号はコール待機ビープ音の受け入れと生成の両方を行います。

別の ephone-dn がコール待機ビープ音を受け入れるように設定されている場合(デフォルト)にのみ、ビープ音は流れます。

ステップ 5

call-waiting ring

 

Router(config-ephone-dn)# call-waiting ring

(任意)ephone-dn が、コール待機通知用に呼び出しインジケータを使用できるようにします。

このコマンドを使用するために、 no call-waiting beep accept コマンドを使用してコール待機ビープ音をディセーブルにしないでください。

ステップ 6

end

 

Router(config-ephone-dn)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

SCCP:コール待機インジケータ トーンの確認


ステップ 1 show running-config コマンドを使用して、設定を確認します。コール待機設定は、出力の ephone-dn の部分にリストされます。 no call-waiting beep generate コマンドと no call-waiting beep accept コマンドが設定されている場合、 show running-config コマンドの出力に no call-waiting beep コマンドが表示されます。

Router# show running-config

!

ephone-dn 3 dual-line

number 126

name Accounting

preference 2 secondary 9

huntstop

huntstop channel

call-waiting beep

!

ステップ 2 show telephony-service ephone-dn コマンドを使用して、コール待機設定の情報を表示します。

Router# show telephony-service ephone-dn

ephone-dn 1 dual-line

number 126 secondary 1261

preference 0 secondary 9

no huntstop

huntstop channel

call-forward busy 500 secondary

call-forward noan 500 timeout 10

call-waiting beep


 

SCCP:コール待機のキャンセルの設定

[待機オフ(CWOff)] ソフトキーまたは FAC を使用して電話機ユーザがコール待機をキャンセルできるようにするには、次の手順を実行します。

前提条件

標準 FAC とカスタム FAC の詳細については、「機能アクセス コードの設定」を参照してください。

制約事項

コール待機は、コールを行う前に [待機オフ(CWOff)] ソフトキーを押すか、FAC を使用してディセーブルにする必要があります。コール中にアクティブ化または非アクティブ化することはできません。

[待機オフ(CWOff)] ソフトキーは、コール転送を開始しているときには使用できません。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. ephone-template template-tag

4. softkeys seized {[ CallBack ] [ Cfwdall ] [ CWOff ] [ Endcall ] [ Gpickup ] [ HLog ] [ MeetMe ] [ Pickup ] [ Redial ]}

5. exit

6. ephone phone-tag

7. ephone-template template-tag

8. exit

9. telephony-service

10. fac { standard | custom ccw custom-fac }

11. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ephone-template template-tag

 

Router(config)# ephone-template 5

ephone テンプレート コンフィギュレーション モードを開始して、ephone テンプレートを作成します。

template-tag :ephone テンプレートの固有識別子。範囲:1 ~ 20。

ステップ 4

softkeys seized {[ CallBack ] [ Cfwdall ] [ CWOff ] [ Endcall ] [ Gpickup ] [ HLog ] [ MeetMe ] [ Pickup ] [ Redial ]}

 

Router(config-ephone-template)# softkeys seized CWOff Cfwdall Endcall Redial

(任意)補足されたコール状態のときに IP Phone に表示されるソフトキーの順序とタイプを変更します。

いずれのキーワードも任意の順序で入力できます。

デフォルトでは、すべてのソフトキーがアルファベット順に表示されます。

明示的に定義されていないソフトキーはディセーブルになります。

ステップ 5

exit

 

Router(config-ephone-template)# exit

ephone テンプレート コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 6

ephone phone-tag

 

Router(config)# ephone 12

ephone コンフィギュレーション モードを開始します。

phone-tag :設定タスク中にこの ephone を識別する一意の番号。

ステップ 7

ephone-template template-tag

 

Router(config-ephone)# ephone-template 5

ephone テンプレートを電話機に適用します。

template-tagステップ 3 で作成した ephone テンプレートの固有識別子。

ステップ 8

exit

 

Router(config-ephone)# exit

ephone コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 9

telephony-service

 

Router(config)# telephony-service

telephony-service コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 10

fac { standard | custom ccw custom-fac }

 

Router(config-telephony)# fac custom ccw **8

標準 FAC をイネーブルにするか、カスタム FAC またはエイリアスを作成します。

standard :すべての電話機に対して、標準 FAC をイネーブルにします。コール待機のキャンセルの標準 FAC は *1 です。

custom :FAC タイプのカスタム FAC を作成します。

custom-fac :IP Phone またはアナログ電話機のキーパッドを使用してダイヤルする、ユーザ定義のコード。カスタム FAC は最大で 256 文字の長さにすることができ、0 ~ 9 の数字と、* および # を使用できます。

ステップ 11

end

 

Router(config-telephony)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

次の例は、ephone テンプレート 5 で捕捉されたコール状態に応じて [待機オフ(CWOff)] ソフトキーの順序が修正され、ephone 12 に割り当てられる設定を示しています。コール待機のキャンセルのカスタム FAC は **8 に設定されています。

telephony-service

max-ephones 100

max-dn 240

voicemail 8900

max-conferences 8 gain -6

transfer-system full-consult

fac custom cancel call waiting **8

!

!

ephone-template 5

softkeys seized CWOff Cfwdall Endcall Redial

!

!

ephone 12

ephone-template 5

mac-address 000F.9054.31BD

type 7960

button 1:10 2:7

SIP:コール待機のイネーブル化

個々の SIP 電話機でコール待機をイネーブルにするには、次の手順を実行します。

前提条件

Cisco Unified CME 3.4 以降のバージョン。

mode cme コマンドが Cisco Unified CME で設定されていること。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. voice register pool pool-tag

4. call-waiting

5. exit

6. voice register global

7. hold-alert timeout

8. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

voice register pool pool-tag

 

Router(config)# voice register pool 3

Cisco Unified CME で、音声レジスタ プール コンフィギュレーション モードを開始して、SIP 電話機に電話機固有のパラメータを設定します。

ステップ 4

call-waiting

 

Router(config-register-pool)# call-waiting

設定対象の SIP 電話機にコール待機を設定します。

(注) この手順は、コマンドがディセーブルになっていた場合に、コマンドをイネーブルにする方法を示すために含まれています。

デフォルト:有効。

ステップ 5

exit

 

Router(config-register-pool)# exit

音声レジスタ プール コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 6

voice register global

 

Router(config)# voice register global

音声レジスタ グローバル コンフィギュレーション モードを開始して、Cisco Unified CME でサポートされるすべての SIP 電話機に対してパラメータを設定します。

ステップ 7

hold-alert timeout

 

Router(config-register-global)# hold-alert 30

SIP 電話機でコールが保留中である場合の音声アラート通知を設定します。デフォルトは無効です。

timeout :音声アラート通知を繰り返す時間間隔(秒単位)。範囲:15 ~ 300。

ステップ 8

end

 

Router(config-register-global)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

SCCP:ephone ハント グループの設定

ハント グループとオプションのエージェント アベイラビリティ パラメータを定義するには、次の手順を実行します。

前提条件

ハント グループに含まれているディレクトリ番号が、Cisco Unified CME で設定されていること。設定については、「SCCP:ディレクトリ番号の作成」を参照してください。

制約事項

[ハント(HLog)] ソフトキーは、画面のある電話機でのみ使用できます。Cisco Unified IP Phones 7902、7905、および 7912、Cisco IP Communicator、および Cisco VG224 では使用できません。

共有 ephone-dn は、エージェント ステータス制御機能または自動エージェント機能を使用できません。

ハント グループのメンバであるディレクトリ番号が called-name 画面に設定されている場合、次の制限が適用されます。

少なくとも 1 つのワイルドカード文字を使用して、プライマリまたはセカンダリのパイロット番号を定義する必要があります。

list コマンドの電話番号には、ワイルドカード文字を使用できません。

ハント グループ メンバ(ディレクトリ番号)に対してすべてのコールの転送または話中のコール転送が設定されている場合、ハント グループはそれを無視します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. ephone-hunt hunt-tag { longest-idle | peer | sequential }

4. pilot number [ secondary number ]

5. list number [ , number ...]

6. final final-number

7. hops number

8. timeout seconds [ , seconds ...]

9. max-timeout seconds

10. preference preference-order [ secondary secondary-order ]

11. no-reg [ both | pilot ]

12. fwd-final { orig-phone | final }

13. forward local-calls

14. secondary start [ current | next | agent-position ]

15. present-call { idle-phone | onhook-phone }

16. from-ring

17. description text-string

18. display-logout text-string

19. exit

20. telephony-service

21. max-redirect number

22. hunt-group logout { DND | HLog }

23. exit

24. ephone-dn dn-tag

25. ephone-hunt login

26. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ephone-hunt hunt-tag { longest-idle | peer | sequential }

 

Router(config)# ephone-hunt 23 peer

ephone ハント コンフィギュレーション モードを開始して、ephone ハント グループを定義します。

hunt-tag :設定作業中に、このハント グループを識別する固有のシーケンス番号。範囲:1 ~ 100。

Cisco CME 3.3 以降:範囲:1 ~ 10

longest-idle :ephone ハント グループが定義されたときに指定されたホップ数に応じて、最も長い時間アイドルであった ephone-dn にコールが送られます。最長アイドルは、電話機が登録された、再登録された、またはオンフック状態になった最後の時刻からの時間で決まります。

peer :呼び出される最初の ephone-dn は、パイロット番号が前回コールされたときに呼び出された最後の ephone-dn の右側の番号です。呼び出しは、ephone ハント グループを定義したときに指定したホップの数だけ、左から右へ循環して行われます。

sequential :ephone-dn は、ハント グループを定義するときにリストされた順番の左から右の順に呼び出されます。

ステップ 4

pilot number [ secondary number ]

 

Router(config-ephone-hunt)# pilot 5601

パイロット番号を定義します。このパイロット番号をダイヤルすると、発信者はハント グループに転送されます。

number :最大 27 文字の E.164 番号。ダイヤルプラン パターンをパイロット番号に適用できます。

secondary :(任意)ephone ハント グループ用の追加パイロット番号を定義します。

ステップ 5

list number [ , number ...]

 

Router(config-ephone-hunt)# list 5001, 5002, 5017, 5028

ephone ハント グループが着信コールをリダイレクトする先の番号のリストを定義します(2 ~ 20)。

number :最大 27 文字の E.164 番号。ephone-dn に割り当てられたプライマリ番号またはセカンダリ番号。

ステップ 6

final final-number

 

Router(config-ephone-hunt)# final 6000

ephone ハント グループ内の最後の番号を定義します。この最後の番号よりも後の番号へはリダイレクトされなくなります。ephone-dn プライマリ番号またはセカンダリ番号、ボイスメールのパイロット番号、別のハント グループのパイロット番号、あるいは FXS 番号にすることができます。

(注) 最後の番号が別のハント グループのパイロット番号として定義されている場合、最初のハント グループのパイロット番号は別のどのハント グループにおいても、最後の番号として設定できません。

(注) このコマンドは、Cisco Unified CME B-ACD サービスに含まれる ephone ハント グループでは使用されません。これらのグループの最終宛先は、B-ACD サービスによって決定されます。

ステップ 7

hops number

 

Router(config-ephone-hunt)# hops 7

(任意。ピアおよび最長アイドル ハント グループのみ)コールが最後の番号に進むまでのホップ数を設定します。

number :コールが最後の ephone-dn に進むまでのホップ数。範囲は 2 ~ 20 ですが、この値は list コマンドで指定された内線番号の数以下にする必要があります。デフォルトでは、ハント グループ メンバの数に自動的に調整されます。

ステップ 8

timeout seconds [ , seconds ...]

 

Router(config-ephone-hunt)# timeout 7, 10, 15

(任意)無応答のコールが、何秒後にハント グループ リスト内の次の番号にリダイレクトされるかを設定します。

seconds :秒数。範囲:3 ~ 60000。カンマで区切って複数のエントリを作成できます。エントリ数は、 list コマンドでの ephone-dn の数と一致する必要があります。複数の値を入力した場合、それぞれの値は、対応する ephone-dn を呼び出す秒数を表しています。この期間が過ぎると、コールはリスト内の次の番号に自動転送されます。値を 1 つだけ入力した場合、その値は各 ephone-dn の無応答期間として使用されます。

このコマンドを使用しない場合、デフォルトは timeouts ringing コマンドで設定した秒数となり、デフォルトで 180 秒です。デフォルトの 180 秒では長すぎる場合があります。

ステップ 9

max-timeout seconds

 

Router(config-ephone-hunt)# max-timeout 25

(任意)ephone ハント リスト内のすべての ephone-dn に対して、無応答期間の最大組み合わせタイムアウトを設定します。このタイムアウトが期限切れになると、コールはハント サイクルが完了したかどうかに関係なく、最終宛先に進みます。

seconds :秒数。範囲は 3 ~ 60000 です。

このコマンドを使用しなかった場合、デフォルトでは組み合わせタイムアウト制限は設定されません。

ステップ 10

preference preference-order [ secondary secondary-order ]

 

Router(config-ephone-hunt)# preference 1

(任意)ハント グループのパイロット番号に関連付けられた ephone-dn のプリファレンスの順序を設定します。

preference-order :数値の範囲については、CLI のヘルプを参照してください。0 が最も高いプリファレンスです。デフォルトは 0 です。

secondary secondary-order :(任意)セカンダリ パイロット番号のプリファレンスの順序。数値の範囲については、CLI のヘルプを参照してください。0 が最も高いプリファレンスです。デフォルトは 7 です。

ステップ 11

no-reg [ both | pilot ]

 

Router(config-ephone-hunt)# no-reg

(任意)ハント グループのパイロット番号が H.323 ゲートキーパーに登録されないようにします。このコマンドを使用しなかった場合、デフォルトではパイロット番号が H.323 ゲートキーパーに登録されます。

both :(任意)プライマリとセカンダリの両方のパイロット番号が登録されません。

pilot :(任意)プライマリ パイロット番号のみが登録されません。

Cisco CME 3.1 以降のバージョンでは、 both キーワードまたは pilot キーワードのいずれも設定せずにこのコマンドを使用すると、セカンダリ番号のみが登録されません。

ステップ 12

fwd-final { orig-phone | final }

 

Router(config-ephone-hunt)# fwd-final orig-phone

(任意)ローカル内線番号によって ephone ハント グループに転送されたコールの場合、ハント グループで応答されないコールの最終宛先を決定します。

final final コマンドで指定された ephone-dn 番号にコールを転送します。

orig-phone :コールをハント グループに転送した電話機のプライマリ ディレクトリ番号にコールを転送します。

ステップ 13

forward local-calls

 

Router(config-ephone-hunt)# no forward local-calls

(任意。シーケンシャル ハント グループのみ)ローカル コール(Cisco Unified CME システムの ephone-dn からのコール)が、ハント グループの最初のリスト メンバを過ぎた後に転送されないように指定します。最初のメンバが話中である場合、内部発信者にビジー音が流れます。最初の番号が応答しない場合、内部発信者にはリングバック音が流れます。

ステップ 14

secondary start [ current | next | list-position ]

 

Router(config-ephone-hunt)# secondary start next

(任意)ハント グループ メンバの電話機によってパークされたコールの場合、コールがパークからセカンダリ パイロット番号に再度呼び出されるか、パークから、コールをセカンダリ パイロット番号に転送する ephone-dn に転送されると、(このコマンドで指定されたように)ハント グループ内の別のエントリ ポイントに戻されます。

current :コールをパークした ephone-dn。

next :ハント グループ リスト内で、コールをパークした ephone-dn の後に続く ephone-dn。

list-position list コマンドで指定されたリスト内の指定された位置にある ephone-dn。範囲は 1 ~ 10 です。

ステップ 15

present-call { idle-phone | onhook-phone }

 

Router(config-ephone-hunt)# present-call idle-phone

(任意)指定に従って、アイドルまたはオンフック状態のメンバ電話機に対してのみ、ephone ハント グループのコールを表示します。

idle-phone :ephone ハント グループからのコールは、電話機のすべての回線がアイドル状態である場合のみ、ephone に表示されます。このオプションは、 button m コマンドを使用して電話機に設定されたモニタ対象回線を無視します。

onhook-phone :ephone ハント グループからのコールは、電話機がオンフック状態である場合のみ、ephone に表示されます。このキーワードが設定されると、ハント グループと関連しない呼び出し中または保留状態のコールによって、ephone ハント グループからのコールが表示されなくなることはありません。

ステップ 16

from-ring

 

Router(config-ephone-hunt)# from-ring

(任意)コールによって内線番号が呼び出されるときと、コールが応答されるときに、オンフックのタイムスタンプが記録されるように指定します。デフォルトでは、オンフックのタイムスタンプはコールが応答されたときにのみ記録されます。

ステップ 17

description text-string

 

Router(config-ephone-hunt)# description Marketing Hunt Group

(任意)設定出力に表示されるテキストを定義します。

ステップ 18

display-logout text-string

 

Router(config-ephone-hunt)# display-logout Night Service

(任意)すべてのハント グループのメンバが受信不可ステータスである場合に、そのハント グループのメンバである IP Phone に表示されるテキストを定義します。この文字列を使用して、すべてのメンバがコールに応答できない場合に、コールがどこに送信されるかをハント グループ メンバに伝えることができます。

ステップ 19

exit

 

Router(config-ephone-hunt)# exit

ephone-hunt コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 20

telephony-service

 

Router(config)# telephony-service

telephony-service コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 21

max-red irect number

 

Router(config-telephony)# max-redirect 8

(任意)Cisco Unified CME システム内で、コールをリダイレクトできる回数を設定します。

number :範囲は 5 ~ 20 です。デフォルトは 10 です。

(注) ホップ数が 10 よりも多い場合は、このコマンドが必要です。

ステップ 22

hunt-group logout { DND | HLog }

 

Router(config-telephony)# hunt-group logout HLog

(任意)エージェント受信不可ステータスが、電話機の ephone ハント グループ内線番号にのみ適用されるのか(HLog モード)、電話機のすべての内線番号に適用されるのか(DND モード)を指定します。エージェント受信不可ステータスは、[ハント(HLog)] ソフトキーまたは FAC を使用してアクティブ化するか、 auto logout コマンドに指定されているコール数が応答されなかった後に、自動的にアクティブ化することができます。

このコマンドを使用しなかった場合のデフォルトは DND です。

DND :電話機がエージェント受信不可ステータスになると、電話機のすべての ephone-dn はコールを受け入れなくなります。

HLog :[ハント(HLog)] ソフトキーの表示をイネーブルにします。電話機がエージェント受信不可ステータスになると、ephone ハント グループに割り当てられた ephone-dn のみがコールを受け入れなくなります。

ステップ 23

exit

 

Router(config-telephony)# exit

telephony-service コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 24

ephone-dn dn-tag

 

Router(config)# ephone-dn 29

(任意)ephone-dn コンフィギュレーション モードを開始します。

dn-tag :ephone ハント グループに対する参加および脱退を許可された ephone-dn のタグ番号。

ステップ 25

ephone-hunt login

 

Router(config-ephone-dn)# ephone-hunt login

(任意)この ephone-dn が ephone ハント グループに対して参加および脱退できるようにします(動的メンバーシップ)。

ステップ 26

end

 

Router(config-ephone-dn)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

SCCP:ephone ハント グループの確認


ステップ 1 show running-config コマンドを使用して、設定を確認します。ephone ハント グループ パラメータは、出力の ephone-hunt 部分にリストされます。

Router# show running-config

ephone-hunt 1 longest-idle

pilot 500

list 502, 503, *

max-timeout 30

timeout 10, 10, 10

hops 2

from-ring

fwd-final orig-phone

!

!

ephone-hunt 2 sequential

pilot 600

list 621, *, 623

final 5255348

max-timeout 10

timeout 20, 20, 20

fwd-final orig-phone

!

!

ephone-hunt 77 longest-idle

from-ring

pilot 100

list 101, *, 102

!

ステップ 2 ephone ハント グループの動的メンバーシップを確認するには、 show running-config コマンドを使用します。出力の ephone-hunt 部分を見て、少なくとも 1 つのワイルドカード スロットが設定されていることを確認します。ephone-dn セクションを見て、特定の ephone-dn に ephone ハント グループへの参加が許可されているかどうかを確認します。telephony-service セクションを見て、FAC がイネーブルになっているかどうかを確認します。

Router# show running-config

ephone-hunt 1 longest-idle

pilot 500

list 502, 503, *

max-timeout 30

timeout 10, 10, 10

hops 2

from-ring

fwd-final orig-phone

!

!

ephone-dn 2 dual-line

number 126

preference 1

call-forward busy 500

ephone-hunt login

!

telephony-service

fac custom alias 5 *5 to *35000

fac custom ephone-hunt cancel #5

ステップ 3 ダイヤルピア タグ番号、ハント グループ エージェントのステータス、およびオンフックのタイムスタンプなど、ハント グループに関する詳細情報については、 show ephone-hunt コマンドを使用します。このコマンドによって、動的に参加した ephone-dn の中で、コマンドの実行時にグループのメンバであるすべての ephone-dn のダイヤルピア タグ番号も表示されます。

Router# show ephone-hunt

Group 1
type: peer
pilot number: 450, peer-tag 20123
list of numbers:
451, aux-number A450A0900, # peers 5, logout 0, down 1
peer-tag dn-tag rna login/logout up/down
[20122 42 0 login up ]
[20121 41 0 login up ]
[20120 40 0 login up ]
[20119 30 0 login up ]
[20118 29 0 login down]
452, aux-number A450A0901, # peers 4, logout 0, down 0
peer-tag dn-tag rna login/logout up/down
[20127 45 0 login up ]
[20126 44 0 login up ]
[20125 43 0 login up ]
[20124 31 0 login up ]
453, aux-number A450A0902, # peers 4, logout 0, down 0
peer-tag dn-tag rna login/logout up/down
[20131 48 0 login up ]
[20130 47 0 login up ]
[20129 46 0 login up ]
[20128 32 0 login up ]
477, aux-number A450A0903, # peers 1, logout 0, down 0
peer-tag dn-tag rna login/logout up/down
[20132 499 0 login up ]
preference: 0
preference (sec): 7
timeout: 3, 3, 3, 3
max timeout : 10
hops: 4
next-to-pick: 1
E.164 register: yes
auto logout: no
stat collect: no
Group 2
type: sequential
pilot number: 601, peer-tag 20098
list of numbers:
123, aux-number A601A0200, # peers 1, logout 0, down 0
peer-tag dn-tag rna login/logout up/down
[20097 56 0 login up ]
622, aux-number A601A0201, # peers 3, logout 0, down 0
peer-tag dn-tag rna login/logout up/down
[20101 112 0 login up ]
[20100 111 0 login up ]
[20099 110 0 login up ]
623, aux-number A601A0202, # peers 3, logout 0, down 0
peer-tag dn-tag rna login/logout up/down
[20104 122 0 login up ]
[20103 121 0 login up ]
[20102 120 0 login up ]
*, aux-number A601A0203, # peers 1, logout 0, down 1
peer-tag dn-tag rna login/logout up/down
[20105 0 0 - down]
*, aux-number A601A0204, # peers 1, logout 0, down 1
peer-tag dn-tag rna login/logout up/down
[20106 0 0 - down]
final number: 5255348
preference: 0
preference (sec): 9
timeout: 5, 5, 5, 5, 5
max timeout : 40
fwd-final: orig-phone
E.164 register: yes
auto logout: no
stat collect: no
Group 3
type: longest-idle
pilot number: 100, peer-tag 20142
list of numbers:
101, aux-number A100A9700, # peers 3, logout 0, down 3
on-hook time stamp 7616, off-hook agents=0
peer-tag dn-tag rna login/logout up/down
[20141 132 0 login down]
[20140 131 0 login down]
[20139 130 0 login down]
*, aux-number A100A9701, # peers 1, logout 0, down 1
on-hook time stamp 7616, off-hook agents=0
peer-tag dn-tag rna login/logout up/down
[20143 0 0 - down]
102, aux-number A100A9702, # peers 2, logout 0, down 2
on-hook time stamp 7616, off-hook agents=0
peer-tag dn-tag rna login/logout up/down
[20145 142 0 login down]
[20144 141 0 login down]
all agents down!
preference: 0
preference (sec): 7
timeout: 100, 100, 100
hops: 0
E.164 register: yes
auto logout: no
stat collect: no


 

音声ハント グループの設定

特定の番号(パイロット番号)のコールを Cisco Unified SCCP IP Phone と SIP IP Phone の定義されたグループのディレクトリ番号にリダイレクトするには、次の手順を実行します。

前提条件

SIP 電話機の場合は、Cisco Unified CME 3.4 以降のバージョン。

SCCP 電話機、FXS アナログ電話機、DS0 グループ、PRI グループ、または SIP トランクを音声ハント グループに含めるには、Cisco Unified CME 4.3 以降のバージョンが必要。

コールを音声ハント グループに転送するには、Cisco Unified CME 4.3 以降のバージョンが必要。

ハント グループに含まれているディレクトリ番号が、Cisco Unified CME で設定されていること。設定については、「基本的なコール発信のための電話機の設定」を参照してください。

制約事項

Cisco Unified CME 4.3 よりも前のバージョンでは、音声ハント グループへの転送がサポートされていません。

Cisco Unified CME 4.3 以降のバージョンでは、コール自動転送はパラレル ハント グループ(ブラスト ハント グループ)に対してのみサポートされています。

SIP と H.323 との間のコールはサポートされていません。

ハント グループ メンバ(ディレクトリ番号)に対してすべてのコールの転送または話中のコール転送が設定されている場合、ハント グループはそれを無視します。

補足サービスでは、発信者 ID の更新はサポートされていません。

音声ハント グループは、max-redirect による制限の影響を受けます。

パイロット ダイヤルピアは、音声ハント グループと ephone ハント グループに同時に使用することはできません。

音声ハント グループは、 dialplan-pattern コマンドを使用したパイロット番号の内線番号をサポートしません。外線電話機でパイロット番号をダイヤルできるようにするには、完全修飾 E.164 番号を使用して、セカンダリ パイロット番号を設定する必要があります。

コール待機がイネーブルの場合(デフォルト)、パラレル ハント グループは、特定の SIP 電話機モデルでサポートされているコール待機コールの制限まで、複数のコールをサポートします。コール待機がディセーブルになっている場合、パラレル ハント グループは、呼び出し中の状態のコールを同時に 1 つのみサポートします。接続できなかった電話機が他のコールを受信するには、オンフック状態に戻る必要があります。

FXO ポートに関連付けられた電話番号は、パラレル ハント グループでサポートされていません。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. voice hunt-group hunt-tag [ longest-idle | parallel | peer | sequential ]

4. pilot number [ secondary number ]

5. list number

6. final number

7. preference preference-order [ secondary secondary-order ]

8. hops number

9. timeout seconds

10. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

voice hunt-group hunt-tag [ longest-idle | parallel | peer | sequential ]

 

Router(config)# voice hunt-group 1 longest-idle

音声ハント グループ コンフィギュレーション モードを開始して、ハント グループを定義します。

hunt-tag :設定するハント グループの一意のシーケンス番号。範囲は 1 ~ 100 です。

longest idle :最も長い時間アイドル状態であったディレクトリ番号にコールを送るようにするハント グループ。

parallel :コールが同時に複数の電話機を呼び出すようにするハント グループ。

peer :リストから、最初のディレクトリ番号がラウンドロビン方式で選択されるようにするハント グループ。

sequential :ディレクトリ番号がリストされている順序で左から右に呼び出されるようにするハント グループ。

ハント グループのタイプを変更するには、最初にこのコマンドの no 形式を使用して既存のハント グループを削除してから、グループを再作成します。

ステップ 4

pilot number [ secondary number ]

 

Router(config-voice-hunt-group)# pilot number 8100

音声ハント グループに到達するために発信者がダイヤルする電話番号を定義します。

number :E.164 電話番号を示す最大 16 文字の文字列。

インターコム番号のように、電話番号が Cisco Unified CME ルータによってのみダイヤルされ、電話機のキーパッドからはダイヤルされない場合、電話番号にはアルファベット文字を使用することができます。

secondary number :(任意)キーワードと引数の組み合わせによって、音声ハント グループの追加パイロット番号として続く番号を定義します。

セカンダリ番号にはワイルドカードを使用できます。ワイルドカードはピリオド(.)で、入力されたすべての数字と一致します。

ステップ 5

list number

 

Router(config-voice-hunt-group)# list 8000, 8010, 8020, 8030

音声ハント グループのメンバとなる内線番号のリストを作成します。ルータ コンフィギュレーションからリストを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

number :メンバとして音声ハント グループに追加される内線番号のリスト。複数の内線番号はカンマで区切ります。

ハント グループ リスト内で、すべての内線番号を同時に追加または削除します。既存のリストで、単一の番号を追加または削除することはできません。

ハント グループ リストには 2 ~ 10 の内線番号が必要で、各番号はプライマリ番号またはセカンダリ番号になっている必要があります。

リスト内のいずれの番号も、パラレル ハント グループのパイロット番号にすることはできません。

ステップ 6

final number

 

Router(config-voice-hunt-group)# final 8888

音声ハント グループの最後の内線番号を定義します。

あるハント グループの最後の番号が別のハント グループのパイロット番号として設定されている場合、最初のハント グループのパイロット番号は、他のどのハント グループにおいても、最後の番号として設定できません。

ステップ 7

preference preference-order [ secondary secondary-order ]

 

Router(config-voice-hunt-group)# preference 6

音声ハント グループのパイロット番号と関連付けられているディレクトリ番号に、プリファレンスの順序を設定します。

(注) パラレル ハント グループのパイロット番号は、システム内で一意にすることを推奨します。複数のパラレルがある場合、またはダイヤルピアと完全に一致するものがある場合、パラレル ハント グループは機能しない場合があります。たとえば、パイロット番号が「8000」で、「8..」と一致する別のダイヤルピアが存在する場合などです。複数の一致を避けられない場合は、他のダイヤルピアに低いプリファレンスを割り当てることで、パラレル ハント グループに最も高いプライオリティを設定して実行します。8 が最も低いプリファレンス値です。デフォルトで、パラレル ハント グループによって作成されるダイヤルピアのプリファレンスは 0 です。

preference-order :範囲は 0 ~ 8 です。0 は最も高いプリファレンス、8 は最も低いプリファレンスです。デフォルトは 0 です。

secondary secondary-order: (任意)セカンダリ パイロット番号のプリファレンスの順序を設定するために、キーワードと引数の組み合わせが使用されます。範囲は 1 ~ 8 です。0 は最も高いプリファレンス、8 は最も低いプリファレンスです。デフォルトは 7 です。

ステップ 8

hops number

 

Router(config-voice-hunt-group)# hops 2

ピアまたは最長アイドル音声ハント グループのみの設定用です。コールが最後の番号に進む前に、ピアまたは最長アイドル音声ハント グループ内の次の番号にホップできる回数を定義します。

number :ホップの数。範囲は 2 から 10 です。この値は、 list コマンドで指定された内線番号の数以下にする必要があります。

デフォルトは、 list コマンドで定義された宛先の数と同じです。

ステップ 9

timeout seconds

 

Router(config-voice-hunt-group)# timeout 100

コールに応答がない場合に、何秒後に音声ハント グループ リスト内の次のディレクトリ番号にリダイレクトされるかを定義します。

デフォルト:180 秒。

ステップ 10

end

 

Router(config-voice-hunt-group)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

音声ハント グループに関するコール統計情報の収集のイネーブル化

音声ハント グループに関するコール統計情報の収集をイネーブルにするには、次の手順を実行します。

前提条件

Cisco Unified CME 9.0 以降のバージョン。

制約事項

リモート SCCP の音声ハント グループ エージェントに関する、保留および保留解除統計情報は更新されません。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. voice hunt-group hunt-tag { longest-idle | parallel | peer | sequential }

4. statistics collect

5. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

voice hunt-group hunt-tag { longest-idle | parallel | peer | sequential }

 

Router(config)# voice hunt-group 60 longest-idle

音声ハント グループ コンフィギュレーション モードを開始します。

hunt-tag :ハント グループを識別する一意のシーケンス番号。範囲:1 ~ 100。

longest-idle :最も長い時間アイドル状態であったディレクトリ番号にコールを送るようにするハント グループ。

parallel :コールが同時に複数の電話機を呼び出すようにするハント グループ。

peer :リストから、呼び出される最初の内線番号をラウンドロビン方式で選択するようにするハント グループ。呼び出しは、ハント グループを定義するときに指定したホップの数だけ、左から右へ循環して行われます。ラウンドロビン方式の選択では、ハント グループが最後に呼び出されたときに応答された番号の左側にある番号から開始します。

sequential :ハント グループが定義されたときにリストされた順序で左から右に向かって内線番号が呼び出されるようにするハント グループ。

ステップ 4

statistics collect

 

Router(config-voice-hunt-group)# statistics collect

音声ハント グループのコール統計情報の収集をイネーブルにします。

ステップ 5

end

 

Router(config-voice-hunt-group)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

SCCP:ナイト サービスの設定

この手順では、ナイト サービス時間、オプションのナイト サービス コード、通知プロセスを開始する ephone-dn、通知を受け取る ephone を定義します。

制約事項

ナイト サービス通知は、Cisco Integrated Services Router(ISR)または Cisco VG224 Analog Phone Gateway の FXP ポートに接続されているアナログ エンドポイントではサポートされていません。

Cisco Unified CME 4.0 以降のバージョンでは、 s キーワードを button コマンドで使用して電話機に設定されたサイレント呼び出しは、ナイト サービス機能と組み合わせて使用すると抑制されます。サイレント呼び出しはオーバーライドされ、電話機は指定されたナイト サービス時間内に呼び出し音が鳴ります。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. telephony-service

4. night-service day day start-time stop-time

5. night-service date month date start-time stop-time

6. night-service everyday start-time stop-time

7. night-service weekday start-time stop-time

8. night-service weekend start-time stop-time

9. night-service code digit-string

10. timeouts night-service-bell seconds

11. exit

12. ephone-dn dn-tag

13. night-service bell

14. exit

15. ephone phone-tag

16. night-service bell

17. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

telephony-service

 

Router(config)# telephony-service

telephony-service コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

night-service day day start-time stop-time

 

Router(config-telephony)# night-service day mon 19:00 07:00

ナイト サービスがアクティブになる反復期間を曜日に関連付けて定義します。

day :曜日の省略形。有効な曜日の省略形は、 sun mon tue wed thu fri sat です。

start-time stop-time :ナイト サービスの開始時刻と終了時刻。HH:MM 形式の 24 時間制で指定します。停止時刻が開始時刻よりも早い時刻になっている場合、停止時刻は開始時刻の翌日になります。たとえば、「mon 19:00 07:00」は「月曜日の午後 7 時から火曜日の午前 7 時まで」を意味します。

ステップ 5

night-service date month date start-time stop-time

 

Router(config-telephony)# night-service date jan 1 00:00 00:00

ナイト サービスがアクティブになる反復期間を月と日に関連付けて定義します。

month :月の省略形。有効な月の省略形は、 jan feb mar apr may jun jul aug sep oct nov dec です。

date :日付。範囲は 1 ~ 31 です。

start-time stop-time :ナイト サービスの開始時刻と終了時刻。HH:MM 形式の 24 時間制で指定します。停止時刻は開始時刻よりも遅くする必要があります。値 24:00 は無効です。停止時刻に 00:00 を入力すると、23:59 に変更されます。開始時刻と停止時刻の両方に 00:00 を入力した場合、指定した日付の 24 時間全体でコールがブロックされます。

ステップ 6

night-service everyday start-time stop-time

 

Router(config-telephony)# night-service everyday 1200 1300

ナイト サービスの反復期間が毎日有効になるように定義します。

start-time stop-time :ナイト サービスの開始時刻と終了時刻。HH:MM 形式の 24 時間制で指定します。停止時刻が開始時刻よりも早い時刻になっている場合、停止時刻は開始時刻の翌日になります。たとえば、「19:00 07:00」は、「午後 7 時から翌朝の午前 7 時まで」を意味します。値 24:00 は無効です。停止時刻に 00:00 を入力すると、23:59 に変更されます。開始時刻と停止時刻の両方に 00:00 を入力した場合、ナイト サービス機能は 24 時間全体にわたってアクティブ化されます。

ステップ 7

night-service weekday start-time stop-time

 

Router(config-telephony)# night-service weekday 1700 0700

ナイト サービスの反復期間がすべての平日に有効になるように定義します。

start-time stop-time :ナイト サービスの開始時刻と終了時刻。HH:MM 形式の 24 時間制で指定します。停止時刻が開始時刻よりも早い時刻になっている場合、停止時刻は開始時刻の翌日になります。たとえば、「19:00 07:00」は、「午後 7 時から翌朝の午前 7 時まで」を意味します。値 24:00 は無効です。停止時刻に 00:00 を入力すると、23:59 に変更されます。開始時刻と停止時刻の両方に 00:00 を入力した場合、ナイト サービス機能は 24 時間全体にわたってアクティブ化されます。

ステップ 8

night-service weekend start-time stop-time

 

Router(config-telephony)# night-service weekend 00:00 00:00

ナイト サービスの反復期間が毎週末(土曜日と日曜日)に有効になるように定義します。

start-time stop-time :ナイト サービスの開始時刻と終了時刻。HH:MM 形式の 24 時間制で指定します。停止時刻が開始時刻よりも早い時刻になっている場合、停止時刻は開始時刻の翌日になります。たとえば、「19:00 07:00」は、「午後 7 時から翌朝の午前 7 時まで」を意味します。値 24:00 は無効です。停止時刻に 00:00 を入力すると、23:59 に変更されます。開始時刻と停止時刻の両方に 00:00 を入力した場合、ナイト サービス機能は 24 時間全体にわたってアクティブ化されます。

ステップ 9

n ight-service code digit-string

 

Router(config-telephony)# night-service code *6483

いずれかのナイト サービス回線(ephone-dn)からダイヤルできるコードを指定して、システムでナイト サービスに関連付けられているすべての回線に対して、ナイト サービスのオンおよびオフを切り替えます。

digit-string :最大 16 のキーパッド番号の文字列。コードは、アスタリスク(*)で始める必要があります。

ステップ 10

timeouts night-service-bell seconds

 

Router(config-telephony)# timeouts night-service-bell 15

ナイト サービス通知の頻度を定義します。

seconds :範囲:4 ~ 30。デフォルト:12。

ステップ 11

exit

 

Router(config-telephony)# exit

telephony-service コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 12

ephone-dn dn-tag

 

Router(config)# ephone-dn 55

ephone-dn コンフィギュレーション モードを開始して、ナイト サービス処理を受ける ephone-dn を定義します。

ステップ 13

night-service bell

 

Router(config-ephone-dn)# night-service bell

この ephone-dn にナイト サービス処理のマークを付けます。

ステップ 14

exit

 

Router(config-ephone-dn)# exit

ephone-dn コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 15

ephone phone-tag

 

Router(config)# ephone 12

ephone コンフィギュレーション モードを開始します。

phone-tag :着信コールがナイト サービス期間内にナイト サービス ephone-dn によって受け取られると通知を受ける電話機の一意のシーケンス番号。

ステップ 16

night-service bell

 

Router(config-ephone)# night-service bell

ナイト サービス時間内にナイト サービスの対象としてマークを付けられた ephone-dn で着信コールが受信されたときにナイト サービス ベル通知を受け取るように、この電話機にマークを付けます。

ナイト サービス通知は、Cisco ISR または Cisco VG224 の SCCP FXS ポートに接続されているアナログ エンドポイントではサポートされていません。

ステップ 17

end

 

Router(config-ephone)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

SCCP:ナイト サービスの確認


ステップ 1 show running-config コマンドを使用して、ナイト サービス パラメータを確認します。これらは、出力の telephony-service 部分にリストされています。または、 show telephony-service コマンドを使用して、同じパラメータを表示することもできます。

Router# show running-config

telephony-service

fxo hook-flash

load 7910 P00403020214

load 7960-7940 P00303020214

max-ephones 48

max-dn 288

ip source-address 10.50.50.1 port 2000

application segway0

caller-id block code *321

create cnf-files version-stamp 7960 Mar 07 2003 11:19:18

voicemail 79000

max-conferences 8

call-forward pattern .....

moh minuet.wav

date-format yy-mm-dd

transfer-system full-consult

transfer-pattern .....

secondary-dialtone 9

night-service code *1234

night-service day Tue 00:00 23:00

night-service day Wed 01:00 23:59

!

!

Router# show telephony-service

CONFIG (Version=4.0(0))

=====================

Version 4.0(0)

Cisco Unified CallManager Express

For on-line documentation please see:

www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/tsd_products_support_category_home.html

ip source-address 10.103.3.201 port 2000

load 7910 P00403020214

load 7961 TERM41.7-0-1-1

load 7961GE TERM41.7-0-1-1

load 7960-7940 P00307020300

max-ephones 100

max-dn 500

max-conferences 8 gain -6

dspfarm units 2

dspfarm transcode sessions 4

dspfarm 1 MTP00059a3d7441

dspfarm 2

hunt-group report delay 1 hours

Number of hunt-group configured: 14

hunt-group logout DND

max-redirect 20

voicemail 7189

cnf-file location: system:

cnf-file option: PER-PHONE-TYPE

network-locale[0] US (This is the default network locale for this box)

user-locale[0] US (This is the default user locale for this box)

moh flash:music-on-hold.au

time-format 12

date-format mm-dd-yy

timezone 0 Greenwich Standard Time

secondary-dialtone 9

call-forward pattern .T

transfer-pattern 92......

transfer-pattern 91..........

transfer-pattern .T

after-hours block pattern 1 91900 7-24

after-hours block pattern 2 9976 7-24

after-hours block pattern 4 91...976.... 7-24

night-service date Jan 1 00:00 23:59

night-service day Mon 17:00 07:00

night-service day Wed 17:00 07:00

keepalive 30

timeout interdigit 10

timeout busy 10

timeout ringing 100

caller-id name-only: enable

system message XYZ Company

web admin system name xyz password xxxx

web admin customer name Customer

edit DN through Web: enabled.

edit TIME through web: enabled.

Log (table parameters):

max-size: 150

retain-timer: 15

create cnf-files version-stamp Jan 01 2002 00:00:00

transfer-system full-consult

multicast moh 239.10.10.1 port 2000

fxo hook-flash

local directory service: enabled.

ステップ 2 show running-config コマンドを使用して、正しい ephone-dn と ephone が night-service bell コマンドを使用して設定されていることを確認します。 show telephony-service ephone-dn コマンドと show telephony-service ephone コマンドを使用して、これらのパラメータを表示することもできます。

Router# show running-config

ephone-dn 24 dual-line

number 2548

description FrontDesk

night-service bell

ephone 1

mac-address 110F.80C0.FE0B

type 7960 addon 1 7914

no dnd feature-ring

keep-conference

button 1f40 2f41 3f42 4:30

button 7m20 8m21 9m22 10m23

button 11m24 12m25 13m26

night-service bell


 

SCCP:オーバーレイ ephone-dn の設定

ephone-dn を作成するために、 o キーワードまたは c キーワードを button コマンドで使用して、複数の ephone-dn を単一の電話機ボタンに割り当てるには、次の手順を実行します。

制約事項

button コマンドで o キーワードを使用して ephone-dn オーバーレイを設定すると、コール待機はディセーブルになります。コール定義をイネーブルにするには、 button コマンドで c キーワードを使用して ephone-dn オーバーレイを設定する必要があります。

button コマンドの o キーワードでオーバーレイ ボタンを設定した場合、 x キーワードを button コマンドで使用した場合の、別の電話機ボタンに対するオーバーレイ コールのロールオーバーは、カバレッジの拡張についてのみ機能します。 button コマンドで c キーワードを使用したコール待機のあるオーバーレイ ボタンは、オーバーレイのロールオーバーの対象になりません。

Cisco Unified CME 4.0(3) では、Cisco Unified IP Phone 7931G が、デュアル ライン モード用に設定されている ephone-dn を含むオーバーレイをサポートできません。

発信コールに使用できる回線を電話機に確保し、残りの共有ラインのオーバーレイ セットに使用可能なアイドル回線がない場合でも、電話機ユーザがデュアル トーンを確実に取得できるようにするには、共有回線のオーバーレイ セットの各電話機にあるプライマリ ephone-dn が電話機に対して固有の ephone-dn になっている必要があります。この方法で固有の ephone-dn を使用して、電話機によって行われた発信コールに固有の発信者パーティ ID を設定し、コールを受けたユーザが、具体的にどの電話機が呼び出しを行っているのかがわかるようにできます。

オクトライン ディレクトリ番号はボタン オーバーレイ セットではサポートされていません。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. ephone-dn dn-tag [ dual-line ]

4. number number

5. preference preference-order

6. no huntstop
または
huntstop

7. huntstop channel

8. call-forward noan

9. call-forward busy

10. exit

11. ephone phone-tag

12. mac-address mac-address

13. button button-number { o | c } dn-tag , dn-tag [, dn-tag ...] button-number { x } overlay-button-number

14. end

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

ephone-dn phone-tag [ dual-line ]

 

Router(config)# ephone-dn 10 dual-line

ephone-dn コンフィギュレーション モードを開始し、Cisco Unified IP Phone 回線用の内線番号(ephone-dn)を作成します。

共有回線オーバーレイ セットの場合、電話機のプライマリ ephone-dn は、電話機に対して固有の ephone-dn にする必要があります。

ステップ 4

number number

 

Router(config-ephone-dn)# number 1001

電話番号または内線番号を ephone-dn に関連付けます。

ステップ 5

preference preference-order

 

Router(config-ephone-dn)# preference 1

ephone-dn のダイヤルピア プリファレンスの順序を設定します。

preference-order :内線番号(ephone-dn)に関連付けられたプライマリ番号のプリファレンスの順序。数値オプションの範囲を表示するには、 ? と入力します。0 が最も高いプリファレンスです。デフォルト:0。

ステップ 6

no huntstop

または

huntstop

 

Router(config-ephone-dn)# no huntstop

または

 

Router(config-ephone-dn)# huntstop

ディレクトリ番号に対して、コール ハントの動作を明示的にイネーブルにします。

最後のインスタンスを除く、オーバーレイ セットのすべての ephone-dn にこのコマンドを設定します。

IP Phone の同じ回線ボタン上の複数の番号にわたって、コール ハントを行えるようにするために必要です。

または

ディレクトリ番号に対して、コール ハントの動作をディセーブルにします。

このコマンドを、オーバーレイ セット内の最後の ephone-dn に設定します。

オーバーレイ セットへのコール ハントを制限するために必要です。

ステップ 7

huntstop channel

 

Router(config-ephone-dn)# huntstop channel

対象はオーバーレイ セット内のデュアル ライン ephone-dn のみです。最初のチャネルが話中か応答しない場合に、ハントからの着信コールを 2 番めのチャネルに保持します。

たとえば、コール転送の試行中または会議用に行われるコンサルト コールなどの発信コール用に、2 番めのチャネルを予約します。

ステップ 8

call-forward noan

 

Router(config-ephone-dn)# call-forward noan

(任意)着信中の無応答コールをオーバーレイ セットの次の回線に転送します。

オーバーレイ セット内のすべての ephone-dn にこのコマンドを設定します。

ステップ 9

call-forward busy

 

Router(config-ephone-dn)# call-forward busy

(任意)回線が話中の場合に、着信コールを転送します。

このコマンドは、オーバーレイ セット内の最後の ephone-dn のみに設定します。

ステップ 10

exit

 

Router(config-ephone-dn)# exit

ephone-dn コンフィギュレーション モードを終了します

ステップ 11

ephone phone-tag

 

Router(config)# ephone 4

ephone コンフィギュレーション モードを開始します。

phone-tag :オーバーレイ セットの追加先になる電話機を識別する一意のシーケンス番号。

ステップ 12

mac-address mac-address

 

Router(config-ephone)# mac-address 1234.5678.abcd

登録する電話機の MAC アドレスを指定します。

ステップ 13

button button-number { o | c } dn-tag , dn-tag [, dn-tag ...] button-number { x } overlay-button-number

 

Router(config-ephone)# button 1o15,16,17,18,19 2c20,21,22 3x1 4x1

単一のボタンにオーバーレイされた ephone-dn のセットを作成します。

o :オーバーレイ ボタン。複数の ephone-dn がこのボタンを共有します。最大 25 個の ephone-dn をカンマで区切って単一のボタンに指定できます。

c :コール待機のあるオーバーレイ ボタン。複数の ephone-dn がこのボタンを共有します。最大 25 個の ephone-dn をカンマで区切って単一のボタンに指定できます。

x o キーワードを使用して定義されたオーバーレイ ボタンのロールオーバー ボタンを作成するセパレータ。このコマンドに指定されたオーバーレイ ボタンがアクティブ コールによって占有されると、その ephone-dn の 1 つへの 2 番めのコールがこのボタンに表示されます。

dn-tag :ephone-dn をこのオーバーレイ セットに追加するために ephone-dn コマンドで以前に定義された固有識別子。

overlay-button-number :このボタンにオーバーフローするオーバーレイ ボタンの番号。このボタンは、 c キーワードではなく、 o キーワードを使用して定義される必要があります。

コマンドを参照してください。

ステップ 14

end

 

Router(config-ephone)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

SCCP:オーバーレイ ephone-dn の確認


ステップ 1 show running-config コマンドまたは show telephony-service ephone コマンドを使用して、ボタンの割り当てを表示します。

Router# show running-config

ephone 5

description Cashier1

mac-address 0117.FBC6.1985

type 7960

button 1o4,5,6,200,201,202,203,204,205,206 2x1 3x1

ステップ 2 show ephone overlay コマンドを使用して、登録されたオーバーレイ ephone-dn の設定と現在のステータスを表示します。

Router# show ephone overlay

ephone-1 Mac:0007.0EA6.353A TCP socket:[1] activeLine:0 REGISTERED

mediaActive:0 offhook:0 ringing:0 reset:0 reset_sent:0 paging 0 debug:0

IP:10.2.225.205 52486 Telecaster 7960 keepalive 2771 max_line 6

button 1: dn 11 number 60011 CH1 IDLE overlay

button 2: dn 17 number 60017 CH1 IDLE overlay

button 3: dn 24 number 60024 CH1 IDLE overlay

button 4: dn 30 number 60030 CH1 IDLE overlay

button 5: dn 36 number 60036 CH1 IDLE CH2 IDLE overlay

button 6: dn 39 number 60039 CH1 IDLE CH2 IDLE overlay

overlay 1: 11(60011) 12(60012) 13(60013) 14(60014) 15(60015) 16(60016)

overlay 2: 17(60017) 18(60018) 19(60019) 20(60020) 21(60021) 22(60022)

overlay 3: 23(60023) 24(60024) 25(60025) 26(60026) 27(60027) 28(60028)

overlay 4: 29(60029) 30(60030) 31(60031) 32(60032) 33(60033) 34(60034)

overlay 5: 35(60035) 36(60036) 37(60037)

overlay 6: 38(60038) 39(60039) 40(60040)

ステップ 3 show dialplan number コマンドを使用して、特定の電話番号のすべての番号解決を表示します。これにより、希望しない宛先にコールが送られるかどうかを検出できます。このコマンドは、番号をダイヤルしても目的の電話機が鳴らない場合のトラブルシューティングに便利です。


 

コール カバレッジ機能の設定例

ここでは、次の設定例を示します。

「コール ハント:例」

「コール ピックアップ:例」

「コール待機ビープ音:例」

「コール待機呼び出し音:例」

「ハント グループ:例」

「ナイト サービス:例」

「オーバーレイ ephone-dn の例」

ephone-dn ダイヤルピアのプリファレンス:例

次の例では、ephone-dn 3 のプライマリ番号に対してプリファレンス番号 2 を設定します。

ephone-dn 3

number 3001

preference 2

ハントストップのディセーブル化:例

次の例は、ハントストップを行わず、ハントストップが明示的にディセーブルにされているインスタンスを示しています。この例では、ephone 4 が 2 つの回線を使用して設定され、どちらも同じ内線番号 5001 を持っています。このようにすると、最初の回線が使用中の場合に、2 番めの回線が内線番号 5001 にコール待機通知を提供できるようになります。最初の回線(ephone-dn 1)に no huntstop を設定すると、ephone-dn 1 が話中の場合に、同じ電話機の 2 番めの回線(ephone-dn 2)で着信コールがハントできるようになります。

ephone-dn 2 には内線番号 6000 へのコール自動転送セットがあり、これは Foreign Exchange Station(FXS)音声ポートに接続された、ローカルで接続されている応答マシンに対応します。内線番号 6000 の一般電話サービス(POTS)ダイヤルピアは、それ以上のハントを防止するよう、ダイヤルピア ハントストップ属性も明示的に設定されています。

ephone-dn 1

number 5001

no huntstop

preference 1

call-forward noan 6000

ephone-dn 2

number 5001

preference 2

call-forward busy 6000

call-forward noan 6000

ephone 4

button 1:1 2:2

mac-address 0030.94c3.8724

dial-peer voice 6000 pots

destination-pattern 6000

huntstop port 1/0/0

description answering-machine

チャネル ハントストップ:例

次は、 huntstop channel の使用例です。コールはいずれの ephone-dn の 2 番めのチャネルでもハントされないが、ephone-dn 10、ephone-dn 11、ephone-dn 12 の順序で各 ephone-dn のチャネル 1 からコールがハントされる、デュアル ライン ephone-dn コンフィギュレーションを示しています。

ephone-dn 10 dual-line

number 1001

no huntstop

huntstop channel

ephone-dn 11 dual-line

number 1001

no huntstop

huntstop channel

preference 1

ephone-dn 12 dual-line

number 1001

no huntstop

huntstop channel

preference 2

SIP コール ハント:例

次の例は、ハントストップが必要となる典型的なコンフィギュレーションを示しています。 huntstop コマンドがイネーブルされ、内線番号 5001 が話中の場合に、内線番号 5001 へのコールが、5...(3 つのピリオドはワイルドカードとして使用されています)のオンネット H.323 ダイヤルピアにルーティングされないようになっています。

voice register dn 1

number 5001

huntstop

voice register pool 4

number 1 dn 1

id-mac 0030.94c3.8724

dial-peer voice 5000 voip

destination-pattern 5...

session target ipv4:192.168.17.225

session protocol sipv2

コール ピックアップ:

次の例では、55 という ephone-dn タグを持つ回線をピックアップ グループ 2345 に割り当てています。

ephone-dn 55

number 2555

pickup-group 2345

次の例は、ダイレクト コール ピックアップをグローバルにディセーブルにし、[ピック(PickUp)] ソフトキーのアクションを変更して、ダイレクト コール ピックアップではなく、ローカル グループ コール ピックアップを実行しています。

telephony-service

no service directed-pickup

コール待機ビープ音:例

次の例では、ephone-dn 10 はビープの受け入れと生成のいずれも行わず、ephone-dn 11 はビープを受け入れず、ephone-dn 12 はビープを生成しません。

ephone-dn 10

no call-waiting beep

number 4410

ephone-dn 11

no call-waiting beep accept

number 4411

ephone-dn 12

no call-waiting beep generate

number 4412

コール待機呼び出し音:例

次の例では、短い呼び出し音によって、コールが内線番号 5533 を待機していることが示されるように指定しています。

ephone-dn 20

number 5533

call-waiting ring

シーケンシャル ephone ハント グループ:例

次の例では、パイロット番号 5600 と最後の番号 6000、およびパイロット番号に応答する電話機のリスト内にある 3 つの番号を使用して、シーケンシャル ephone ハント グループを定義しています。

ephone-hunt 2 sequential

pilot 5600

list 5621, *, 5623

final 6000

max-timeout 10

timeout 20, 20, 20

fwd-final orig-phone

ピア ephone ハント グループ:例

次の例では、パイロット番号 450、最後の番号 500、およびリスト内の 4 つの番号を使用して、ピア ephone ハント グループ 10 を定義しています。コールが 4 回リダイレクトされると(4 回ホップが行われると)、最後の番号にリダイレクトされます。

ephone-hunt 10 peer

pilot 450

list 451, 452, 453, 477

final 500

max-timeout 10

timeout 3, 3, 3, 3

最長アイドル ephone ハント グループ:例

次の例は、パイロット番号 7501 と、リスト内の 11 個の番号を使用して、最長アイドル ephone ハント グループ 1 を定義しています。コールが 5 回リダイレクトされると、最後の番号にリダイレクトされます。

ephone-hunt 1 longest-idle

pilot 7501

list 7001, 7002, 7023, 7028, 7045, 7062, 7067, 7072, 7079, 7085, 7099

final 8000

preference 1

hops 5

timeout 20

no-reg

from-ring オプションを使用した最長アイドル ephone ハント グループ:例

次の例は、パイロット番号 7501、最後の番号 8000、およびリスト内の 11 個の番号を使用して、最長アイドル ephone ハント グループ 1 を定義しています。 from-ring コマンドが使用されているため、コールによって内線番号が呼び出されるときと、コールが応答されるときに、オンフックのタイムスタンプが記録されます。コールが 6 回リダイレクトされると(6 回ホップが行われると)、最後の番号 8000 にリダイレクトされます。ホップ数(6 回)は、システムで許可されているデフォルトのリダイレクト回数(5 回)よりも多いため、 max-redirect コマンドを使用してリダイレクト回数を増やします。

ephone-hunt 1 longest-idle

pilot 7501

list 7001, 7002, 7023, 7028, 7045, 7062, 7067, 7072, 7079, 7085, 7099

final 8000

from-ring

preference 1

hops 6

timeout 20

telephony-service

max-redirect 8

シーケンシャル ハント グループ:例

次のパラレル ハント グループの例では、複数の発信者が内線番号 1000 をダイヤルすると、内線番号 1001、1002、1003、および 1004 が同時に呼び出されます。応答する最初の内線番号が接続されます。60 秒以内にいずれの内線番号も応答しない場合、コールはボイスメールの番号である内線番号 2000 に転送されます。

voice hunt-group 4 parallel

final 2000

list 1001,1002,1003,1004

timeout 60

pilot 1000

preference 1 secondary 9

!

!

ephone-dn 1 octo-line

number 1001

!

ephone-dn 2

number 1002

!

ephone-dn 3 dual-line

number 1003

!

ephone-dn 4

number 1004

!

!

ephone 1

max-calls-per-button 4

mac-address 02EA.EAEA.0001

button 1:1

!

!

ephone 2

mac-address 001C.821C.ED23

button 1:2

!

!

ephone 3

mac-address 002D.264E.54FA

button 1:3

!

!

ephone 4

mac-address 0030.94C3.053E

button 1:4

ログアウト画面:例

次の例では、説明が「Marketing Hunt Group」に設定されています。この情報は、設定出力に表示され、このハント グループからコールを受信する IP Phone の画面にも表示されます。画面レイアウト メッセージは「Night Service」に設定されており、これは、すべてのメンバがログアウトしたときに、ハント グループのメンバである IP Phone に表示されます。

ephone-hunt 17 sequential

pilot 3000

list 3011, 3021, 3031

timeout 10

final 7600

description Marketing Hunt Group

display-logout Night Service

動的メンバーシップ:例

次の例では、4 つの ephone-dn と 1 つのハント グループを作成しています。このグループには最初の ephone-dn と 2 つのワイルドカード スロットが含まれています。最後の 3 つの ephone-dn は、グループ ハントの動的メンバーシップがイネーブルになっています。ワイルドカード スロットのいずれかが使用可能である場合は常に、それぞれがハント グループに参加したり、グループから脱退したりすることができます。標準 FAC がイネーブルであり、エージェントは標準 FAC を使用してハント グループに参加したり(*3)、グループから脱退したり(#3)します。また、 fac コマンドを使用して、必要に応じてこれらのアクションのカスタム FAC を作成することもできます。

ephone-dn 22

number 4566

ephone-dn 24

number 4568

ephone-hunt login

ephone-dn 25

number 4569

ephone-hunt login

ephone-dn 26

number 4570

ephone-hunt login

ephone-hunt 1 peer

list 4566,*,*

timeout 10

final 7777

telephony-service

fac standard

エージェント ステータス制御:例

次の例では、ピア ephone ハント グループをセットアップしています。また、ephone テンプレート 7 を使用して設定されている電話機にある、ソフトキーの外観と順序も決定します。これらの電話機では、アイドル状態になるか、回線を捕捉したか、またはコールに接続されたときに、[ハント(HLog)] キーを使用できるようになります。ソフトキーのない電話機は、標準 HLog コードを使用して受信可ステータスと受信不可ステータスの切り替えを行うことができます。

ephone-hunt 10 peer

pilot 450

list 451, 452, 453, 477

final 500

timeout 45

telephony-service

hunt-group logout HLog

fac standard

ephone-template 7

softkeys connected Endcall Hold Transfer HLog

softkeys idle Newcall Redial Pickup Cfwdall HLog

softkeys seized Endcall Redial Pickup Cfwdall HLog

自動エージェント受信不可:例

次の例では、動的および静的の両方のハント グループ メンバ(デフォルト)の 1 つのハント グループのコールに応答しなかった後(デフォルト)、受信不可にステータスが自動的に変更されるようにします。また、自動的に受信不可ステータスに設定される電話機は、今後のハント グループのコールに対してのみブロックされる必要があるということと、それらの内線番号を直接ダイヤルして行われたコールは受信できる必要があるということも指定します。

ephone-hunt 3 peer

pilot 4200

list 1001, 1002, 1003

timeout 10

auto logout

final 4500

telephony-service

hunt-group logout HLog

次の例では、ハント グループ リスト内のワイルドカード スロットを使用してハント グループに動的にログインするすべての ephone-dn に対して 2 つのハント グループのコールが応答されなかった後、受信不可にステータスが自動的に変更されるようにします。2 つのハント グループのコールに応答しない場合に受信不可ステータスに自動的に切り替えられる電話機は、DND ステータス(直接ダイヤルされたコールも受け入れないステータス)にも切り替えられます。

ephone-hunt 3 peer

pilot 4200

list 1001, 1002, *

timeout 10

auto logout 2 dynamic

final 4500

telephony-service

hunt-group logout DND

音声ハント グループからのコール統計情報:例

次に、 show voice hunt-group statistics コマンドの出力例を示します。出力には、音声ハント グループ番号への直接コールと、キューや B-ACD からのコールが含まれます。

Router# show voice hunt-group 1 statistics last 1 h
Wed 04:00 - 05:00
Max Agents: 3
Min Agents: 3
Total Calls: 9
Answered Calls: 7
Abandoned Calls: 2
Average Time to Answer (secs): 6
Longest Time to Answer (secs): 13
Average Time in Call (secs): 75
Longest Time in Call (secs): 161
Average Time before Abandon (secs): 8
Calls on Hold: 2
Average Time in Hold (secs): 16
Longest Time in Hold (secs): 21
Per agent statistics:
Agent: 5012
From Direct Call:
Total Calls Answered: 3
Average Time in Call (secs): 70
Longest Time in Call (secs): 150
Totals Calls on Hold: 1
Average Hold Time (secs): 21
Longest Hold Time (secs): 21
From Queue:
Total Calls Answered: 3
Average Time in Call (secs): 55
Longest Time in Call (secs): 78
Total Calls on Hold: 2
Average Hold Time (secs): 19
Longest Hold Time (secs): 26
Agent: 5013
From Direct Call:
Total Calls Answered: 3
Average Time in Call (secs): 51
Longest Time in Call (secs): 118
Totals Calls on Hold: 1
Average Hold Time (secs): 11
Longest Hold Time (secs): 11
From Queue:
Total Calls Answered: 1
Average Time in Call (secs): 4
Longest Time in Call (secs): 4
Agent: 5014
From Direct Call:
Total Calls Answered: 1
Average Time in Call (secs): 161
Longest Time in Call (secs): 161
From Queue:
Total Calls Answered: 1
Average Time in Call (secs): 658
Longest Time in Call (secs): 658
Queue related statistics:
Total calls presented to the queue: 5
Calls handoff to IOS: 5
Number of calls in the queue: 0
Average time to handoff (secs): 2
Longest time to handoff (secs): 3
Number of abandoned calls: 0
Average time before abandon (secs): 0
Calls forwarded to voice mail: 0
Calls answered by voice mail: 0
Number of error calls: 0
 

ナイト サービス:

次の例は、月曜日から金曜日までは午前 8 時以前と午後 5 時以降、土曜日には午前 8 時以前と午後 1 時以降、日曜日にはすべての時間にナイト サービスを提供します。内線番号 1000 は、ナイト サービス用の内線番号として指定されています。ナイト サービス時間内に内線番号 1000 にコールが着信すると、内線番号 1000 が呼び出され、ナイト サービス電話として指定されている電話機にナイト サービス通知が送られます。この例では、ナイト サービス電話機は、ephone 14 と ephone 15 です。ナイト サービス通知は、電話機を 1 回鳴らして、「ナイト サービス 1000(Night Service 1000)」を表示することで行われます。ナイト サービスの切り替えコード *6483(*NITE)が設定され、これによって、電話機ユーザはナイト サービスの時間内にナイト サービス状況をアクティブまたは非アクティブに設定できます。

telephony-service

night-service day mon 17:00 08:00

night-service day tue 17:00 08:00

night-service day wed 17:00 08:00

night-service day thu 17:00 08:00

night-service day fri 17:00 08:00

night-service day sat 13:00 12:00

night-service day sun 12:00 08:00

night-service code *6483

!

ephone-dn 1

number 1000

night-service bell

!

ephone-dn 2

number 1001

night-service bell

!

ephone-dn 10

number 2222

!

ephone-dn 11

number 3333

!

ephone 5

mac-address 1111.2222.0001

button 1:1 2:2

!

ephone 14

mac-address 1111.2222.0002

button 1:10

night-service bell

!

ephone 15

mac-address 1111.2222.0003

button 1:11

night-service bell

オーバーレイ ephone-dn:例

次の例は、3 台の IP Phone 全体で共有されている 3 つの回線(ephone-dn)を作成して、同じ電話番号への 3 つの同時コールを処理します。内線番号 1001 を持つ共有回線の 3 つのインスタンスが、3 台の各電話機にある単一のボタンにオーバーレイされます。一般的なコール フローは、次のようになります。最初のコールが ephone 1(最高のプライオリティ)に送られ、3 台すべての電話機のボタン 1 が呼び出されます(ハント ストップはオフ)。コールは、ephone 1 で応答されます。内線番号 1001 への 2 番めのコールは ephone-dn 2 でハントし、2 つの残りの ephone 11 および ephone 12 で呼び出します。2 番めのコールは、ephone 12 によって応答されます。内線番号 1001 への 3 番めの同時コールは ephone-dn 3 でハントし、ephone 11 で呼び出しを行います。この呼び出しは応答されます。 no huntstop コマンドを使用して、最初の 2 つの ephone-dn に対するハントを行えるようにし、 huntstop コマンドを使用して、最後の ephone-dn でコール ハント動作が停止するようにします。 preference コマンドを使用して、ephone-dn ごとに異なるプリファレンスを作成します。

ephone-dn 1

number 1001

no huntstop

preference 0

ephone-dn 2

number 1001

no huntstop

preference 1

ephone-dn 3

number 1001

huntstop

preference 2

ephone 10

button 1o1,2,3

ephone 11

button 1o1,2,3

ephone 12

button 1o1,2,3

デュアル ライン ephone-dn のオーバーレイ:例

次の例は、デュアル ライン ephone-dn をオーバーレイする方法を示しています。 huntstop コマンドと preference コマンド以外に、 huntstop channel コマンドを使用して、コールが、ephone-dn の 2 番めのチャネルにハントされないようにします。この例では、5 つの異なる ephone のボタン 1 で、5 つの ephone-dn がオーバーレイされます。これにより、同じ番号への 5 つの別個のコールが同時に接続され、各電話機の 1 つのボタンのみを占有します。

ephone-dn 10 dual-line

number 1001

no huntstop

huntstop channel

preference 0

ephone-dn 11 dual-line

number 1001

no huntstop

huntstop channel

preference 1

ephone-dn 12 dual-line

number 1001

no huntstop

huntstop channel

preference 2

ephone-dn 13 dual-line

number 1001

preference 3

no huntstop

huntstop channel

ephone-dn 14 dual-line

number 1001

preference 4

huntstop

huntstop channel

ephone 33

mac 00e4.5377.2a33

button 1o10,11,12,13,14

ephone 34

mac 9c33.0033.4d34

button 1o10,11,12,13,14

ephone 35

mac 1100.8c11.3865

button 1o10,11,12,13,14

ephone 36

mac 0111.9c87.3586

button 1o10,11,12,13,14

ephone 37

mac 01a4.8222.3911

button 1o10,11,12,13,14

共有回線でオーバーレイされた ephone-dn:例

次の例は、単純な共有回線オーバーレイ コンフィギュレーションでのプライマリ dn としての固有 ephone-dn を示しています。オーバーレイ セット内の最後の ephone-dn である ephone-dn 12 を除くすべての ephone-dn に対して no huntstop コマンドが設定されています。これらの ephone-dn はデュアル ライン dn であるため、 huntstop-channel コマンドは 2 番めのチャネルが、発信コールと会議用に必ず確保されたままになるようにも設定されます。

ephone-dn 1 dual-line

number 101

huntstop-channel

!

ephone-dn 2 dual-line

number 102

huntstop-channel

!

ephone-dn 10 dual-line

number 201

no huntstop

huntstop-channel

!

ephone-dn 11 dual-line

number 201

no huntstop

huntstop-channel

!

ephone-dn 12 dual-line

number 201

huntstop-channel

!

!The following ephone configuration includes (unique) ephone-dn 1 as the primary line in a shared-line overlay

 

ephone 1

mac-address 1111.1111.1111

button 1o1,10,11,12

!

!The next ephone configuration includes (unique) ephone-dn 2 as the primary line in another shared-line overlay

!

ephone 2

mac-address 2222.2222.2222

button 1o2,10,11,12

コール待機のあるオーバーレイ ephone-dn:例

次の例では、ephone 1 から ephone 3 までのボタン 1 は、番号 1111 を共有するコール待機のあるオーバーレイ ephone-dn の同じセットを使用します。このボタンは、各 ephone の固有(非共有)ephone-dn 番号へのコールも受け入れます。ephone-dn 10 と ephone-dn 11 が話中の場合、コールは ephone-dn 12 に送られます。ephone-dn 12 が話中の場合、コールはボイスメールに送られます。

ephone-dn 1 dual-line

number 1001

ephone-dn 2 dual-line

number 1001

ephone-dn 3 dual-line

number 1001

ephone-dn 10 dual-line

number 1111

no huntstop

huntstop channel

call-forward noan 7000 timeout 30

ephone-dn 11 dual-line

number 1111

preference 1

no huntstop

huntstop channel

call-forward noan 7000 timeout 30

ephone-dn 12 dual-line

number 1111

preference 2

huntstop channel

call-forward noan 7000 timeout 30

call-forward busy 7000

ephone 1

button 1c1,10,11,12

ephone 2

button 1c2,10,11,12

ephone 3

button 1c3,10,11,12

ロールオーバー ボタンのあるオーバーレイ ephone-dn:例

次の例は、3 台の ephone と 9 つの共有回線(ephone-dn 20 から 28)に「3x3」共有回線セットアップを設定しています。各 ephone には、その 3 つのボタンごとに固有の ephone-dn があります(ephone 1 では ephone-dn 11 から 13、ephone 2 では ephone-dn 14 から 16、ephone 3 では ephone-dn 17 から 19)。残りの ephone-dn は 3 台の電話機で共有されます。3 つのボタンを持つ 3 台の電話機を使用して、9 つのコールを行えます。オーバーフロー ボタンによって、着信コールが各電話機で最初に使用可能なボタンを呼び出せるようになります。

ephone-dn 11

number 2011

ephone-dn 12

number 2012

ephone-dn 13

number 2013

ephone-dn 14

number 2014

.

.

.

ephone-dn 28

number 2028

ephone 1

button 1o11,12,13,20,21,22,23,24,25,26,27,28 2x1 3x1

ephone 2

button 1o14,15,16,20,21,22,23,24,25,26,27,28 2x1 3x1

ephone 3

button 1o17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28 2x1 3x1

オーバーレイ ephone-dn の着信ディレクトリ名の表示:例

次の例は、オーバーレイ ephone-dn セットに含まれる着信 ephone-dn のディレクトリ名の表示を表しています。設定については、 ディレクトリ サービスの設定を参照してください。

このオーバーレイ ephone-dn のコンフィギュレーションでは、ephone-dn の 2 番めの番号でワイルドカードが使用されています。ワイルドカードを使用すると、ダイヤルされた番号に従って表示を制御できます。この例は、1 つのボタンで 9 名の医師へのコールを受け付ける 3 台の IP Phone を使用する医療応答サービスの場合です。5550101 へのコールで電話機 1 ~電話機 3 のボタン 1 が呼び出されると、「doctor1」が 3 台すべての電話機に表示されます。

telephony-service

service dnis dir-lookup

directory entry 1 5550101 name doctor1

directory entry 2 5550102 name doctor2

directory entry 3 5550103 name doctor3

directory entry 4 5550110 name doctor4

directory entry 5 5550111 name doctor5

directory entry 6 5550112 name doctor6

directory entry 7 5550120 name doctor7

directory entry 8 5550121 name doctor8

directory entry 9 5550122 name doctor9

ephone-dn 1

number 5500 secondary 555000.

ephone-dn 2

number 5501 secondary 555001.

ephone-dn 3

number 5502 secondary 555002.

ephone 1

button 1o1,2,3

mac-address 1111.1111.1111

ephone 2

button 1o1,2,3

mac-address 2222.2222.2222

ephone 3

button 1o1,2,3

mac-address 3333.3333.3333

次の例は、2 台の電話機と 4 名の医師による医療応答サービスのハント グループの設定を示しています。各電話機に 2 つのボタンがあり、各ボタンに 2 名の医師の番号が割り当てられています。患者が 5550341 にコールすると、Cisco Unified CME はハント グループのパイロット セカンダリ番号(555....)と照合し、2 台の電話機のいずれかのボタン 1 を呼び出して、「doctor1」を表示します。ハント グループの動作の詳細については、「ハント グループ」を参照してください。ワイルドカードはセカンダリ番号でのみ使用され、プライマリ番号では使用できないことに注意してください。

telephony-service

service dnis dir-lookup

max-redirect 20

directory entry 1 5550341 name doctor1

directory entry 2 5550772 name doctor1

directory entry 3 5550263 name doctor3

directory entry 4 5550150 name doctor4

ephone-dn 1

number 1001

ephone-dn 2

number 1002

ephone-dn 3

number 1003

ephone-dn 4

number 104

ephone 1

button 1o1,2

button 2o3,4

mac-address 1111.1111.1111

ephone 2

button 1o1,2

button 2o3,4

mac-address 2222.2222.2222

ephone-hunt 1 peer

pilot 5100 secondary 555....

list 1001, 1002, 1003, 1004

final number 5556000

hops 5

preference 1

timeout 20

no-reg

オーバーレイ ephone-dn の着信 ephone-dn 名の表示:例

次の例は、 name コマンドを使用して着信 ephone-dn に割り当てられた名前の表示を示しています。この機能の設定については、「ディレクトリ サービスの設定」を参照してください。

この例では、3 つの異なるカタログに対する 3 つの共有 800 番をピックアップするように割り当てられたボタン 1 が 3 台の電話機にあります。

電話機のデフォルト表示は、オーバーレイ セットにリストされる最初の ephone-dn の番号です(18005550100)。最初の ephone-dn(18005550100)にコールがあると、発信者 ID(たとえば、4085550123)がすべての電話機に表示されます。電話機 1 のユーザがコールに応答します。発信者 ID(4085550123)は電話機 1 に表示されたままで、電話機 2 および電話機 3 の表示はデフォルト表示(18005550100)に戻ります。2 番めの ephone-dn(18005550101)へのコールがあります。電話機 2 および電話機 3 のデフォルト表示は着信側 ephone-dn の名前(catalog1)と番号(18005550101)に置き換わります。

telephony-service

service dnis overlay

ephone-dn 1

number 18005550100

ephone-dn 2

name catalog1

number 18005550101

ephone-dn 3

name catalog2

number 18005550102

ephone-dn 4

name catalog3

number 18005550103

ephone 1

button 1o1,2,3,4

ephone 2

button 1o1,2,3,4

ephone 3

button 1o1,2,3,4

次の作業

ダイヤルピア コールハントおよびハント グループ

ephone-dn ダイヤルピア以外のダイヤルピアは、ハント グループまたはロータリー グループとして直接設定できます。この場合、複数のダイヤルピアが着信コールを照合できます。(これらは Cisco Unified CME ephone ハント グループと同じではありません)。詳細は、『 Dial Peer Configuration on Voice Gateway Routers 』の「 Dial Peers Features and Configuration 」の章にある「Hunt Groups」の項を参照してください。

Called-Name 表示

この機能を使用すると、着信コールに対して、着信者の番号ではなく、名前が表示されるように指定できます。この機能は、ephone-dn オーバーレイ セット内の単一回線ボタンに表示される、複数の ephone-dn のコールに応答するエージェントにとって非常に便利です。詳細については、「ディレクトリ サービスの設定」を参照してください。

ソフトキー制御

hunt-group logout コマンドを HLog キーワード付きで使用すると、アイドル、接続、および捕捉の各コール ステータスの間に、[ハント(HLog)] ソフトキーが電話機に表示されます。[ハント(HLog)] ソフトキーは、受信可ステータスから受信不可ステータス、または受信不可ステータスから受信可ステータスにエージェントを切り替えるために使用します。1 台以上の電話機で [ハント(HLog)] ソフトキーを移動または削除するには、該当する softkeys コマンドを含む ephone テンプレートを作成および適用します。

詳細については、「ソフトキーのカスタマイズ」を参照してください。

機能アクセス コード(FAC)

動的メンバーシップによって、承認された ephone のエージェントは、標準またはカスタムの機能アクセス コード(FAC)をイネーブルにした後、FAC を使用してハント グループに参加したり、グループから脱退したりすることができます。

Cisco Unified CME 4.0 以降のバージョンでは、標準またはカスタムの機能アクセス コード(FAC)がシステムでイネーブルになっている場合、ソフトキーの代わりに、FAC を使用してコール ピックアップをアクティブ化できます。コール ピックアップの標準 FAC を次に示します。

ピックアップ グループ:FAC とピックアップ グループ番号をダイヤルして、自分のものとは異なるピックアップ グループ内で呼び出しているコールをピックアップします。標準 FAC は **4 です。

ピックアップ ローカル:FAC をダイヤルして、自分のピックアップ グループ内で呼び出しているコールをピックアップします。標準 FAC は **3 です。

ピックアップ ダイレクト:FAC と内線番号をダイヤルして、すべての内線番号で呼び出しているコールをピックアップします。標準 FAC は **5 です。

FAC の詳細については、「機能アクセス コードの設定」を参照してください。

ピックアップ ソフトキー使用の制御

グループ ピックアップ([G ピック(GPickUp)])またはローカル ピックアップ([ピック(Pickup)])ソフトキーの機能を、キーの表示は削除せずにブロックするには、 features blocked コマンドを含む ephone テンプレートを作成および適用します。詳細については、「コール ブロッキングの設定」を参照してください。

1 台以上の電話機からグループ ピックアップ([G ピック(GPickUp)])またはローカル ピックアップ([ピック(Pickup)])ソフトキーを削除するには、該当する softkeys コマンドを含む ephone テンプレートを作成および適用します。詳細については、「ソフトキーのカスタマイズ」を参照してください。

ephone-dn テンプレート

ephone-hunt login コマンドでは、ephone-dn が ephone ハント グループに動的に参加および脱退することが承認されます。これは、1 つ以上の個々の ephone-dn に適用される ephone-dn テンプレートに含めることができます。詳細については、「テンプレートの作成」を参照してください。

ephone ハント グループの統計情報レポート

複数の異なるタイプの統計情報を使用すると、現在の ephone ハント グループがコール カバレッジのニーズを満たしているかどうかを追跡するために役立ちます。これらの統計情報は、画面上に表示することも、ファイルに書き込むこともできます。

詳細については、『 Cisco Unified CME B-ACD and Tcl Call-Handling Applications 』の「 Cisco Unified CME Basic Automatic Call Distribution and Auto-Attendant Service 」の章を参照してください。

音声ハント グループの統計情報レポート

hunt-group statistics write-all コマンドでは、すべての ephone と音声ハント グループの統計情報がファイルに書き込まれます。

statistics collect コマンドでは、音声ハント グループのコール統計情報を収集できます。

show telephony-service all コマンドでは、統計情報収集がオンに設定されている ephone と音声ハント グループの総数が表示されます。

show voice hunt-group statistics コマンドでは、音声ハント グループからのコール統計情報が表示されます。

詳細については、『 Cisco Unified Communications Manager Express Command Reference 』を参照してください。

サイレント

サイレント(DND)機能は、HLog 機能の代わりに使用し、着信コールによって電話機で呼び出し音が鳴ることを防止できます。違いは、HLog ではハント グループのコールのみによる呼び出しが防止されるのに対して、DND はすべてのコールによる呼び出しが防止されます。詳細については、「サイレントの設定」を参照してください。

ナイト サービス中の自動コール転送

ナイト サービス中に、ephone-dn ですべてのコールが転送されるようにするには、 call-forward night-service コマンドを使用します。詳細については、「SCCP:ディレクトリ番号に対するコール自動転送のイネーブル化」を参照してください。

ephone テンプレート

night-service bell コマンドは、ナイト サービス ephone-dn として設定されている ephone-dn でコールが受信されたときに、電話機がナイト サービス通知を受け取ることを指定します。このコマンドは、1 つ以上の個々の ephone に適用される ephone テンプレートに含めることができます。

詳細については、「テンプレートの作成」を参照してください。

その他の参考資料

次の各項では、Cisco Unified CME 機能に関連するその他の資料について説明します。

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。
・テクニカル サポートを受ける
・ソフトウェアをダウンロードする
・セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける
・ツールおよびリソースへアクセスする
- Product Alert の受信登録
- Field Notice の受信登録
- Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索
・Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する
・トレーニング リソースへアクセスする
・TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html

コール カバレッジ機能の機能情報

表 68 に、このモジュールで説明した機能、およびバージョンごとの拡張機能を示します。

特定の Cisco Unified CME バージョンをサポートするための適切な Cisco IOS リリースを判断するには、 http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/cucme/requirements/guide/33matrix.htm にある『 Cisco Unified Communications Manager Express and Cisco IOS Software Version Compatibility Matrix 』を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator では、特定のソフトウェア リリース、フィーチャ セット、またはプラットフォームをサポートしている Cisco IOS ソフトウェア イメージを確認できます。Cisco Feature Navigator にアクセスするには、 http://www.cisco.com/go/cfn に移動します。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 68 には、特定の機能に対するサポートを導入した Cisco Unified CME のバージョンが示されています。特に明記されていない限り、Cisco Unified CME ソフトウェアの後続のバージョンでもこの機能をサポートします。


 

表 68 コール カバレッジの機能情報

機能名
Cisco Unified CME のバージョン
変更箇所

コール ハント

3.4

Cisco Unified CME に直接接続された SIP IP 電話機でコール ハント機能を設定するためのサポートが追加されました。

3.0

セカンダリ番号のプリファレンスが導入されました。

チャネル ハントストップが導入されました。

1.0

ephone-dn ダイヤルピアのプリファレンスが導入されました。

ハントストップが導入されました。

コール ピックアップ

7.1

SIP 電話機に対するコール ピックアップが追加されました。

4.0

ダイレクト コール ピックアップをグローバルにディセーブルにする機能が導入されました。

コール ピックアップの機能アクセス コードが導入されました。

個々の電話機でコール ピックアップをブロックする機能が導入されました。

3.2

個々の電話機でソフトキーを削除または再配置する機能が導入されました。

3.0

コール ピックアップ グループが導入されました。

コール待機

8.0

コール待機のキャンセル機能が追加されました。

3.4

Cisco Unified CME に直接接続された SIP 電話機にコール待機を設定するためのサポートが追加されました。

ビジー サブスクライバのコールバック

3.0

ビジー サブスクライバのコールバックが導入されました。

ハント グループ

7.0/4.3

次のサポートが追加されました

音声ハント グループの SCCP 電話機

パラレル音声ハント グループ(ブラスト ハント グループ)へのコール自動転送

音声ハント グループへのコール転送

音声ハント グループのメンバは、SCCP 電話機、FXS アナログ電話、DS0 グループ、PRI グループ、SIP 電話機、または SIP トランクが可能です

ハント グループ

4.0

SCCP を実行している IP Phone に、次のサポートが追加されました。

システム内のハント グループ最大数が 20 から 100 に増加されました。また、ハント グループ内のエージェントの最大数が 10 から 20 に増加されました。

ホップの最大数は、エージェントの数に自動的に調整されます。

電話機の画面と設定出力に説明を追加して、呼び出し音と応答されたコールに関連付けられた情報をハント グループに提供できます。

すべてのエージェントが受信不可ステータスの場合に、コンフィギュレーション メッセージをエージェントの電話機に表示して、転送されるコールや他の有益な情報を宛先に提供できます。

リスト内の ephone-dn ごとに無応答タイムアウトを個別に設定し、すべての ephone-dn に累積無応答タイムアウトを設定できます。

自動ログアウトが開始される基準が、指定したタイムアウトを超過した場合から、指定したコール数を超過した場合に変更されました。この機能の名前が、自動ログアウトから自動エージェント ステータス受信不可に変更されました。

動的ハント グループのメンバーシップが導入されました。ワイルドカード スロットを使用できる場合は常に、エージェントはハント グループに参加および脱退できます。

[ハント(HLog)] ソフトキーまたは機能アクセス コード(FAC)を使用したエージェント ステータス制御が導入されました。エージェントは、回線を受信不可状態にして、グループでスロットを放棄せずに、ハント グループのコールを一時的にブロックできます。

アイドルまたはオンフック状態ではないエージェントの電話機から、コールをブロックできます。

ハント グループによって応答されないコールを、それをハント グループに転送した通話者に戻すことができます。

ハント グループ エージェントによってパークされたコールを、別のエントリ ポイントに戻すことができます。

(シーケンシャル ハント グループのみ)ハント グループへのローカル コールを制限して、実行中の初期エージェントよりも先へ、コールが転送されないようにできます。

(最長アイドル ハント グループのみ)新しいコマンド from-ring は、コールがエージェントを呼び出したとき、およびエージェントがコールに応答したときに、オンフックのタイムスタンプを更新するように指定します。

3.4

Cisco Unified CME に直接接続されている SIP 電話機にハント グループを設定するためのサポートが追加されました。

3.2.1

システム上の最大ハント グループ数が 20 に増加されました。

自動ログアウト機能が導入されました。

3.2

最長アイドル ハント グループが導入されました。

3.1

セカンダリ パイロット番号が導入されました。

3.0

ピアおよびシーケンシャル ephone ハント グループが導入されました。

ナイト サービス

4.0

night-service everyday night-service weekday 、および night-service weekend コマンドが導入されました。

3.3

ナイト サービス コードの動作が変更されました。以前は、ナイト サービス コードを電話機で使用して、その電話機の ephone-dn に対するナイト サービスをイネーブルまたはディセーブルにしていました。現在は、ナイト サービス コードを電話機で使用して、すべてのナイト サービス ephone-dn に対するナイト サービスをイネーブルまたはディセーブルにします。

3.0

ナイト サービスが導入されました。

オーバーレイ ephone-dn

4.0

button コマンドと o または c キーワードを使用してオーバーレイできる ephone-dn の数が、10 から 25 に増加されました。

オーバーレイ ephone-dn のコールを同じ電話機の他のボタン(ロールオーバー ボタン)に拡張する機能が導入されました。ロールオーバー ボタンは x キーワードを button コマンドで使用して作成します。

Cisco Unified IP Phone 7940G、7941G、7941G-GE、7960G、7961G、7961G-GE、7970G、および 7971G-GE の各電話機タイプに関して、コール待機が設定されているオーバーレイ ephone-dn について表示できる待機コールの数が 6 つに増加されました。

3.2.1

オーバーレイ ephone-dn のコール待機が導入され、 button コマンドに c キーワードが追加されました。

3.0

オーバーレイ ephone-dn が導入され、 button コマンドに o キーワードが追加されました。

音声ハント グループの機能拡張

9.0

hunt-group statistics write-all コマンドを使用して、すべての ephone および音声ハント グループ コール統計情報をファイルに書き込むことができます。