Cisco Unified CallManager Express SIP Phones コンフィギュレーション ガイド
Cisco Unified CME(SIP 電話機用)の トラブルシューティング
Cisco Unified CME(SIP 電話機用)のトラブルシューティング
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Cisco Unified CME(SIP 電話機用)のトラブルシューティング

Cisco Unified CME(SIP 電話機用)のトラブルシューティング

First published: October 2005

Cisco Unified CME の SIP 電話機をトラブルシューティングするには、次の作業を実行します。

機能に関する情報の入手

使用している Cisco IOS ソフトウェア リリースが、このマニュアルで説明するすべての機能をサポートしているとは限りません。このマニュアルにある個々の機能のドキュメントへのリンク、およびそれぞれの機能がサポートされるリリースのリストを確認するには、このマニュアルの「Cisco Unified CME(SIP 電話機用)の機能」の項を参照してください。

Cisco IOS 音声機能については、
http://www.cisco.com/en/US/products/ps6441/prod_configuration_guide09186a0080565f8a.html にある「Cisco IOS Voice Configuration Library」全体(ライブラリの前書きと用語集、各種機能に関する資料、およびトラブルシューティングの情報を含む)を参照してください。

プラットフォームおよび Cisco IOS ソフトウェア イメージに関するサポート情報の入手

Cisco Feature Navigator を使用して、プラットフォームおよびソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索します。Cisco Feature Navigator を使用すると、Cisco IOS と Catalyst OS のどのソフトウェア イメージが、特定のソフトウェア リリース、機能セット、およびプラットフォームをサポートしているかを特定できます。Cisco Feature Navigator にアクセスするには、
http://www.cisco.com/go/cfn を参照してください。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

Cisco Unified CME に関するサポート情報の入手

Cisco IOS ソフトウェアと Cisco Unified CME の互換性については、『 Cisco Unified CME and Cisco IOS Software Version Compatibility Matrix
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps4625/products_documentation_roadmap09186a0080189132.html )を参照してください。

Cisco Unified CME の仕様(サポートされる電話機の台数を含む)については、製品のバージョンに応じた『 Cisco Unified CME Firmware, Platforms, Memory, and Voice Products 』マニュアル
http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps4625/products_documentation_roadmap09186a0080189132.html )を参照してください。


ステップ 1 show voice register statistics コマンドを入力して、登録イベントに関連付けられた統計情報を表示します。適切に登録された電話機が ない 場合は、次の手順に従います。

a. Cisco Unified CME(SIP 電話機用)を設定します。

b. デフォルトのルータや TFTP の場所の情報などについて、DHCP 設定を確認します。

c. 必要なファイルに対して tftp-server コマンドが設定されていることを確認します。次に show voice register tftp-bind コマンドを使用して、SIP 電話機が TFTP でアクセスできる設定ファイルを確認します。 debug tftp events コマンドを使用して、登録試行中の SIP 電話機による TFTP ファイル アクセスを監視します。

d. SIP 登録問題をデバッグするには、 debug ccsip コマンドを使用します。

e. 音声登録をデバッグするには、電話機をリセットし、 debug voice register event を入力して SIP 電話機を表示することで登録試行を監視します。 voice register error コマンドを使用して、SIP 電話機による登録イベント中のエラーを監視します。

f. debug ip dhcp コマンドを入力して DHCP 動作を確認します。

ステップ 2 show voice register statistics コマンドを入力して、登録イベントに関連付けられた統計情報を表示します。適切に登録されている電話機が ある 場合は、次の手順に従います。

a. show voice register all コマンドを入力して登録済みの電話機をすべて表示します。SIP 電話機が登録どおりに表示されていることを確認します。

b. 電話機の [設定] 表示を使用して、Cisco IP Phone の IP パラメータの設定を確認します。

c. 電話機をリセットし、 debug voice register event コマンドを入力して Cisco Unified CME の SIP 電話機を表示することで登録試行を監視します。

d. show voice register dn summary コマンドを入力して Cisco IP 電話回線の状態を確認します。

e. 電話機の IP アドレスを確認し、そのアドレスで PING を試行します。

ステップ 3 Cisco Unified CME の 2 台の SIP 電話機間の基本の B2BUA コールをトラブルシューティングするには、 debug ccsip message コマンドを使用してコール フローを表示します。

ステップ 4 B2BUA CFNA をトラブルシューティングするには、 debug ccsip message コマンドおよび debug voip application all コマンドを使用してコール フローを表示します。

ステップ 5 B2BUA コール転送をトラブルシューティングするには、 debug ccsip all コマンドを使用してコール フローを表示します。