Cisco Unified Communications Manager Express 4.3 システム アドミニストレータ ガイド
電話機用の設定ファイルの生成
電話機用の設定ファイルの生成
発行日;2012/01/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 11MB) | フィードバック

目次

電話機用の設定ファイルの生成

内容

設定ファイルに関する情報

Cisco Unified CME 内の電話機の設定ファイル

電話機ごとの設定ファイル

電話機ごとの設定ファイルの作成方法

SCCP:SCCP 電話機ごとの設定ファイルの作成

制約事項

SCCP:SCCP 電話機ごとの設定ファイルの確認

SIP:SIP 電話機ごとの設定プロファイルの作成

前提条件

SIP:SIP 電話機ごとの設定プロファイルの確認

関連情報

その他の資料

関連マニュアル

テクニカル サポート

電話機用の設定ファイルの生成

Revised: March 26, 2007

 

この章では、Cisco Unified Communications Manager Express(Cisco Unified CME)ルータに接続された Cisco Unified IP Phone の設定ファイルを作成する方法について説明します。

設定ファイルに関する情報

Cisco Unified CME 内の電話機の設定ファイルを生成するには、次の概念を理解しておく必要があります。

「Cisco Unified CME 内の電話機の設定ファイル」

「電話機ごとの設定ファイル」

Cisco Unified CME 内の電話機の設定ファイル

電話機が Cisco Unified CME からサービスを要求すると、レジストラがユーザ名(つまり、電話機の電話番号)を確認します。電話機は、TFTP サーバ上(通常は Cisco Unified CME ルータ上)にある、その電話機の設定プロファイルにアクセスし、ファイル内の情報を処理して自分自身を登録し、電話番号を電話機のコンソール ディスプレイに表示します。

設定プロファイルには、特定の Cisco Unified IP Phone に対する登録メッセージを処理するために、レジストラによって許可された MAC アドレス、タイプ、および電話番号が最低限含まれています。

個々の電話機または電話番号のパラメータを作成または修正するときは、必ず新しい電話機設定を作成して、パラメータを正しく反映してください。

デフォルトでは、SCCP を実行しているすべての Cisco Unified IP Phone に対して 1 つの共有 XML 設定ファイルが system:/its/ に格納されています。Cisco Unified CME に直接接続する SIP 電話機の場合は、電話機ごとに別個の設定プロファイルが作成され、system:/cme/sipphone/ に保存されます。

IP Phone はオンラインへの移行時やリブート時に、適切な設定ファイルから自己情報を自動的に取得します。

電話機ファームウェア ファイル用の Cisco ユニバーサル アプリケーション ローダを使用すると、すべてのプロトコルに関する追加の電話機能を含めることができます。これを行うために、ハント アルゴリズムが複数の設定ファイルを検索します。電話機がリセットまたは再起動された後、電話機は、 一致する 設定ファイルで最初に見つかったものに応じて、プロトコルを自動的に選択します。Cisco Unified IP Phone が目的のプロトコル(SCCP または SIP)に関する適切な設定をダウンロードできるようにするためには、電話機を接続またはリブートする に、IP Phone を正しく設定しておく必要があります。ハント アルゴリズムは、次の順序でファイルを検索します。

1. SCCP 電話機の CTLSEP <mac> ファイル:CTLSEP003094C25D2E.tlv など。

2. SCCP 電話機の SEP <mac> ファイル:SEP003094C25D2E.cnf.xml など。

3. SIP 電話機の SIP <mac> ファイル:SIP003094C25D2E.cnf や gk003069C25D2E など。

4. SCCP 電話機の XML デフォルト ファイル:SEPDefault.cnf.xmls など。

5. SIP 電話機の XML デフォルト ファイル:SIPDefault.cnf など。

SCCP の場合は Cisco Unified CME 4.0 以降、SIP の場合は Cisco CME 3.4 以降では、設定ファイルの保管場所として次のいずれかの場所を指定できます。

system(デフォルト):SCCP 電話機の場合は、システム内のすべての電話機に対して 1 つの設定ファイルが作成、保存、および使用されます。SIP 電話機の場合は、電話機ごとに別個の設定プロファイルが作成されます。

フラッシュまたはスロット 0:ルータ上のフラッシュ メモリまたはスロット 0 メモリが保管場所の場合は、電話機タイプまたは個々の電話機ごとに適用される追加の設定ファイル(ユーザ ロケールやネットワーク ロケールなど)を作成できます。

TFTP:保管場所が外部 TFTP サーバの場合は、電話機タイプまたは個々の電話機ごとに適用される追加の設定ファイルを作成できます。このファイルは、ユーザ ロケールおよびネットワーク ロケールが複数ある場合に必要です。

電話機ごとの設定ファイル

SCCP 電話機の設定ファイルをデフォルト以外の場所に保存する場合は、次に示す個々の設定ファイルを SCCP 電話機に対して作成することができます。

電話機タイプごと:電話機タイプごとに別個の設定ファイルを作成し、同じタイプのすべての電話機が同じ設定ファイルを使用するようにします。この方法は、設定ファイルの保管場所が system の場合にはサポートされません。

電話機ごと:電話機ごとに、MAC アドレスによって別個の設定ファイルが作成されます。この方法は、設定ファイルの保管場所が system の場合にはサポートされません。

設定については、「SCCP:電話機ごとの設定ファイルと代替場所の定義」を参照してください。

電話機ごとの設定ファイルの作成方法

この項では、次の作業について取り上げます。

「SCCP:SCCP 電話機ごとの設定ファイルの作成」

「SCCP:SCCP 電話機ごとの設定ファイルの確認」

「SIP:SIP 電話機ごとの設定プロファイルの作成」

「SIP:SIP 電話機ごとの設定プロファイルの確認」

SCCP:SCCP 電話機ごとの設定ファイルの作成

SCCP 電話機に必要な設定プロファイル ファイルを Cisco Unified CME で作成し、システム メモリまたは cnf-file location コマンドで指定された場所に書き込むには、この項の手順を実行します。

制約事項

Cisco Unified IP Phone 7902G、7910、7910G、または 7920、あるいは Cisco Unified IP Conference Station 7935 および 7936 では、外部に保存された電話機ごとの設定ファイルはサポートされません。

TFTP はファイル削除をサポートしません。設定ファイルが更新されると、既存の設定ファイルを同じ名前で上書きします。設定ファイルの場所を変更しても、ファイルは TFTP サーバから削除されません。

生成されるファイル数によっては、フラッシュまたはスロット 0 への設定ファイルの生成に最大 1 分かかることがあります。

Cisco 2600 シリーズ ルータなどの小規模のルータの場合は、設定ファイルの場所を変更した後、または設定ファイルの削除をトリガーするコマンドを入力した後に、 squeeze コマンドを手動で入力してファイルを消去する必要があります。 squeeze コマンドを使用しないと、移動または削除された設定ファイルが使用していたスペースを他のファイルで使用することはできません。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. telephony-service

4. create cnf-files

5. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

telephony-service

 

Router(config)# telephony-service

telephony-service 設定モードを開始します。

ステップ 4

create cnf-files

 

Router(config-telephony)# create cnf-files

IP Phone に必要な XML 設定ファイルを作成します。

ステップ 5

end

 

Router(config-telephony)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

次の例では、設定ファイルの保管場所としてフラッシュ メモリを選択し、生成される設定ファイルのタイプとして電話機ごとを選択します。

telephony-service

cnf-file location flash:

cnf-file perphone

SCCP:SCCP 電話機ごとの設定ファイルの確認

Cisco Unified CME 電話機の設定を確認するには、次の手順を実行します。

要約手順

1. s how telephony-service all

2. show telephony-service tftp-bindings

詳細手順


ステップ 1 show telephony-service all

このコマンドを使用すると、Cisco Unified CME の電話機、電話番号、音声ポート、およびダイヤル ピアに関する設定を確認できます。

Router# show telephony-service all

 

CONFIG (Version=4.0(0))

=====================

Version 4.0(0)

Cisco Unified CallManager Express

For on-line documentation please see:

www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps4625/tsd_products_support_series_home.html

 

ip source-address 10.0.0.1 port 2000

max-ephones 24

max-dn 24

dialplan-pattern 1 408734....

voicemail 11111

transfer-pattern 510734....

keepalive 30

 

ephone-dn 1

number 5001

huntstop

 

ephone-dn 2

number 5002

huntstop

call-forward noan 5001 timeout 8

 

ステップ 2 show telephony-service tftp-bindings

このコマンドを使用して、IP Phone からアクセス可能な現在の設定ファイルを表示します。

Router# show telephony-service tftp-bindings

 

tftp-server system:/its/SEPDEFAULT.cnf

tftp-server system:/its/SEPDEFAULT.cnf alias SEPDefault.cnf

tftp-server system:/its/XMLDefault.cnf.xml alias XMLDefault.cnf.xml

tftp-server system:/its/ATADefault.cnf.xml

tftp-server system:/its/XMLDefault7960.cnf.xml alias SEP00036B54BB15.cnf.xml

tftp-server system:/its/germany/7960-font.xml alias German_Germany/7960-font.xml

tftp-server system:/its/germany/7960-dictionary.xml alias German_Germany/7960-dictionary.xml

tftp-server system:/its/germany/7960-kate.xml alias German_Germany/7960-kate.xml

tftp-server system:/its/germany/SCCP-dictionary.xml alias German_Germany/SCCP-dictionary.xml

tftp-server system:/its/germany/7960-tones.xml alias Germany/7960-tones.xml

 


 

SIP:SIP 電話機ごとの設定プロファイルの作成

SIP 電話機に必要な設定プロファイル ファイルを Cisco Unified CME で作成し、 tftp-path (voice register global) コマンドで指定された場所に書き込むには、この項の手順を実行します。

voice register dn または voice register pool 設定モードでパラメータを作成または修正するときは、必ず新しい設定プロファイルを作成し、パラメータを正しく反映してください。


注意 Cisco Unified CME システムが、SCCP 電話機だけでなく SIP 電話機もサポートしている場合は、電話機の設定プロファイルを確認するまで、SIP 電話機をネットワークに接続しないでください。

前提条件

Cisco Unified CME 3.4 以降のバージョン。

Cisco Unified CME で mode cme コマンドを有効にする必要があります。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. voice register global

4. file text

5. create profile

6. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

voice register global

 

Router(config)# voice register global

voice register global 設定モードを開始し、Cisco Unified CME 内のサポートされるすべての SIP 電話機のパラメータを設定します。

ステップ 4

file text

 

Router(config-register-global)# file text

(オプション)Cisco Unified IP Phone 7905 と 7905G、Cisco Unified IP Phone 7912 と 7912G、Cisco ATA-186、または Cisco ATA-188 用に生成された設定プロファイルの ASCII テキスト ファイルを生成します。

デフォルト:ディスク容量節約のため、バイナリ ファイルが生成されます。

ステップ 5

create profile

 

Router(config-register-global;)# create profile

SIP 電話機に必要な設定プロファイル ファイルを作成し、そのファイルを tftp-path コマンドで指定された場所に書き込みます。

ステップ 6

end

 

Router(config-register-global)# end

設定モードを終了し、特権 EXEC モードを開始します。

SIP:SIP 電話機ごとの設定プロファイルの確認

設定プロファイルを確認するには、次の手順を実行します。Cisco Unified CME に接続される SIP 電話機は、設定が正しい場合に限り、登録することができ、最低でも電話番号が割り当てられます。

要約手順

1. s how voice register tftp-bind

2. show voice register profile

3. more system

詳細手順


ステップ 1 show voice register tftp-bind

このコマンドを使用して、TFTP を使用する SIP 電話機からアクセス可能な設定プロファイルの一覧を表示します。ファイル名には、SIP<mac-address>.cnf のように、各 SIP 電話機の MAC アドレスが含まれています。Cisco Unified CME の SIP 電話機ごとの設定プロファイルが使用可能であることを確認してください。

次に、このコマンドのサンプル出力を示します。

Router(config)# show voice register tftp-bind

 

tftp-server SIPDefault.cnf url system:/cme/sipphone/SIPDefault.cnf

tftp-server syncinfo.xml url system:/cme/sipphone/syncinfo.xml

tftp-server SIP0009B7F7532E.cnf url system:/cme/sipphone/SIP0009B7F7532E.cnf

tftp-server SIP000ED7DF7932.cnf url system:/cme/sipphone/SIP000ED7DF7932.cnf

tftp-server SIP0012D9EDE0AA.cnf url system:/cme/sipphone/SIP0012D9EDE0AA.cnf

tftp-server gk123456789012 url system:/cme/sipphone/gk123456789012

tftp-server gk123456789012.txt url system:/cme/sipphone/gk123456789012.txt

 

ステップ 2 show voice register profile

このコマンドを使用して、特定の音声レジスタ プールに対する ASCII 形式の設定プロファイルの内容を表示します。


) Cisco Unified IP Phone 7905 と 7905G、Cisco Unified IP Phone 7912 と 7912G、Cisco ATA-186、および Cisco ATA-188 の設定プロファイルの ASCII テキスト ファイルを生成するには、file text コマンドを使用します。


次に、このコマンドのサンプル出力を示します。voice register pool 4 の設定プロファイル内の情報を表示しています。

Router# show voice register profile text 4
 
Pool Tag: 4
# txt
AutoLookUp:0
DirectoriesUrl:0
...
CallWaiting:1
CallForwardNumber:0
Conference:1
AttendedTransfer:1
BlindTransfer:1
...
SIPRegOn:1
UseTftp:1
UseLoginID:0
UIPassword:0
NTPIP:0.0.0.0
UID:2468
...
 

ステップ 3 more system

このコマンドを使用して、特定の Cisco Unified IP Phone 7940、Cisco Unified IP Phone 7905G、Cisco Unified IP Phone 7960、または Cisco Unified IP Phone 7960G の設定プロファイルの内容を表示します。

次に、このコマンドのサンプル出力を示します。2 つの SIP 設定プロファイル ファイル内の情報を表示しています。SIPDefault.cnf 設定プロファイルは共有ファイルであり、SIP<MAC アドレス>.cnf は、指定された MAC アドレスを持つ SIP 電話機の SIP 設定プロファイルです。

Router# more system:/cme/sipphone/SIPDefault.cnf
 
image_version: "P0S3-07-4-00";
proxy1_address: "10.1.18.100";
proxy2_address: "";
proxy3_address: "";
proxy4_address: "";
proxy5_address: "";
proxy6_address: "";
proxy1_port: "5060";
proxy2_port: "";
proxy3_port: "";
proxy4_port: "";
proxy5_port: "";
proxy6_port: "";
proxy_register: "1";
time_zone: "EST";
dst_auto_adjust: "1";
dst_start_month: "April";
dst_start_day: "";
dst_start_day_of_week: "Sun";
dst_start_week_of_month: "1";
dst_start_time: "02:00";
dst_stop_month: "October";
dst_stop_day: "";
dst_stop_day_of_week: "Sun";
dst_stop_week_of_month: "8";
dst_stop_time: "02:00";
date_format: "M/D/Y";
time_format_24hr: "0";
local_cfwd_enable: "1";
directory_url: "";
messages_uri: "2000";
services_url: "";
logo_url: "";
stutter_msg_waiting: "0";
sync: "0000200155330856";
telnet_level: "1";
autocomplete: "1";
call_stats: "0";
Domain_Name: "";
dtmf_avt_payload: "101";
dtmf_db_level: "3";
dtmf_inband: "1";
dtmf_outofband: "avt";
dyn_dns_addr_1: "";
dyn_dns_addr_2: "";
dyn_tftp_addr: "";
end_media_port: "32766";
http_proxy_addr: "";
http_proxy_port: "80";
nat_address: "";
nat_enable: "0";
nat_received_processing: "0";
network_media_type: "Auto";
network_port2_type: "Hub/Switch";
outbound_proxy: "";
outbound_proxy_port: "5060";
proxy_backup: "";
proxy_backup_port: "5060";
proxy_emergency: "";
proxy_emergency_port: "5060";
remote_party_id: "0";
sip_invite_retx: "6";
sip_retx: "10";
sntp_mode: "directedbroadcast";
sntp_server: "0.0.0.0";
start_media_port: "16384";
tftp_cfg_dir: "";
timer_invite_expires: "180";
timer_register_delta: "5";
timer_register_expires: "3600";
timer_t1: "500";
timer_t2: "4000";
tos_media: "5";
voip_control_port: "5060";
 
Router# more system:/cme/sipphone/SIP000CCE62BCED.cnf
 
image_version: "P0S3-07-4-00";
user_info: "phone";
line1_name: "1051";
line1_displayname: "";
line1_shortname: "";
line1_authname: "1051";
line1_password: "ww";
line2_name: "";
line2_displayname: "";
line2_shortname: "";
line2_authname: "";
line2_password: "";
auto_answer: "0";
speed_line1: "";
speed_label1: "";
speed_line2: "";
speed_label2: "";
speed_line3: "";
speed_label3: "";
speed_line4: "";
speed_label4: "";
speed_line5: "";
speed_label5: "";
call_hold_ringback: "0";
dnd_control: "0";
anonymous_call_block: "0";
callerid_blocking: "0";
enable_vad: "0";
semi_attended_transfer: "1";
call_waiting: "1";
cfwd_url: "";
cnf_join_enable: "1";
phone_label: "";
preferred_codec: "g711ulaw";


 

関連情報

Cisco Unified CME ルータに接続される Cisco Unified IP Phone の設定ファイルを作成すると、設定対象の電話機にファイルをダウンロードできる状態になります。 電話機のリセットと再起動を参照してください。

その他の資料

次の項では、Cisco Unified CME の機能に関連する参照資料を示します。

関連マニュアル

テクニカル サポート

説明
リンク

Cisco Support Web サイトでは、シスコ製品やシスコの技術に関するトラブルシューティングにお役立ていただけるように、マニュアルなどの豊富なオンライン リソースやツールを提供しています。Cisco Support Web サイトのほとんどのツールにアクセスするには、Cisco.com のユーザ ID とパスワードが必要です。サービス契約が有効で、ユーザ ID またはパスワードを取得していない場合は、Cisco.com で登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/techsupport