Cisco Unified Communications Manager Express 4.3 システム アドミニストレータ ガイド
Extension Assigner を使用した電話 機設定の作成
Extension Assigner を使用した電話機設定の作成
発行日;2012/01/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 11MB) | フィードバック

目次

Extension Assigner を使用した電話機設定の作成

内容

Extension Assigner に関する前提条件

Extension Assigner に関する制約事項

Extension Assigner に関する情報

Extension Assigner の概要

システム管理者のための手順

設置担当者のための手順

このリリースに含まれるファイル

Extension Assigner Synchronization

SCCP:Extension Assigner の設定方法

Extension Assigner の設定

新しい電話機に割り当てる内線番号の特定と設定の計画

Tcl スクリプトのダウンロード

Tcl スクリプトの設定

Extension Assigner アプリケーションにアクセスするための内線番号の指定

Extension Assigner 機能のための provision-tag の設定

Extension Assigner を使用する電話機の一時的な内線番号の設定

設置担当者が電話機に割り当てることができる内線番号の設定

一時的な MAC アドレスによる ephone の設定

設定を自動保存するためのルータの設定

設置担当者への必須情報の提供

Extension Assigner Synchronization の設定

セカンダリ バックアップ ルータの XML インターフェイスの設定

プライマリ ルータでの Extension Assigner Synchronization の設定

Extension Assigner を使用した現場での内線番号の割り当て

新しい内線番号の割り当て

内線番号の割り当て解除

現在の内線番号の再割り当て

Extension Assigner の確認

Extension Assigner の設定例

Extension Assigner:例

Extension Assigner Synchronization:例

その他の資料

関連マニュアル

テクニカル サポート

Extension Assigner の機能情報

Extension Assigner を使用した電話機設定の作成

Revised: January 9, 2008

 

この章では、Cisco Unified Communications Manager Express(Cisco Unified CME)の Extension Assigner 機能について説明します。

この章で説明する機能について

この章で説明している機能は、ご使用のバージョンの Cisco Unified CME でサポートされていない場合があります。この機能がサポートされているバージョンの一覧については、「Extension Assigner の機能情報」を参照してください。

Extension Assigner に関する前提条件

Cisco Unified CME 4.0(3) 以降のバージョン。

Extension Assigner Synchronization に対しては、Cisco Unified CME 4.1(1) 以降のバージョン。

auto-register-phone コマンドを有効にする必要があります(デフォルト)。

DHCP を設定する必要があります。設定については、「ネットワーク パラメータの定義」を参照してください。

Cisco.com の有効なアカウントを持っていること。

TFTP サーバにアクセスして、ファイルをダウンロードできること。

Extension Assigner に関する制約事項

設置する電話機の数が、ルータ シャーシでサポートされている電話機の最大数を超えることはできません。特定のルータおよび Cisco Unified CME バージョンでの電話機の最大数を調べるには、ご使用の Cisco IOS リリースに対応した『 Cisco Unified CME Supported Firmware, Platforms, Memory, and Voice Products 』を参照してください。

この機能は、Cisco Unified CME の SIP エンドポイントではサポートされません。

Extension Assigner Synchronization の場合、自動同期は Cisco Unified CME の Extension Assigner によって行われた設定変更のみに適用されます。

Extension Assigner に関する情報

Extension Assigner を使用するには、次の概念を理解しておく必要があります。

「Extension Assigner の概要」

「このリリースに含まれるファイル」

「Extension Assigner Synchronization」

Extension Assigner の概要

この機能を使用すると、設置担当者がサーバに管理アクセスすることなく、Cisco Unified CME の電話機に内線番号を割り当てることができます。通常は、新しい電話機のインストール時、または故障した電話機の交換時に行います。ただし、設置担当者がこの機能を使用するには、事前にシステム管理者が、特定の内線番号を割り当てられるように Cisco Unified CME を設定しておく必要があります。また、システム管理者は、電話機に内線番号を割り当てるために必要な情報を設置担当者に提供しておく必要もあります。その後は、管理者の介入が必要なくなり、設置担当者が自分で電話機だけにアクセスし、電話機に内線番号を割り当てることができます。

この機能を設定するには、管理者が Cisco ルータで作業を行い、設置担当者が現場で作業を行う必要があります。

システム管理者のための手順

設置担当者が新しい内線番号を電話機に割り当てることができるようにするには、事前に管理者が次の作業を完了しておく必要があります。

1. 新しい電話機に割り当てる内線番号を特定し、設定を計画します。

2. 該当する Tcl スクリプトおよび関連するオーディオ プロンプト ファイルをダウンロードし、正しいディレクトリに格納します。

3. Cisco Unified CME ルータを次のように設定します。

該当する Tcl スクリプトを設定し、ロードします。

設置担当者が内線番号の割り当てのためにコールする内線を指定します。

オプションとして、内線番号の割り当てに使用される内線が自動的にダイヤルされるかどうかを指定します。

設置担当者が内線番号の割り当てのために入力するパスワードを指定します。

Extension assigner 機能を設定します。

一時的な内線番号で ephone-dn を設定します。

設置担当者が電話機に割り当てることができる内線番号で ephone-dn を設定します。

設置担当者が内線番号を割り当てる電話機ごとに、一時的な MAC アドレスで ephone を設定します。

オプションとして、設定を自動的に保存できるようにルータを設定します。

4. 設置担当者に、新しい電話機に内線番号を割り当てるために必要な情報を提供します。

この機能を設定する前に、管理者は、Extension Assigner アプリケーションの動作、および設置担当者が電話機に内線番号を割り当てるために必要とする情報について理解しておく必要があります。

設置担当者に提供する必要のあるその他の情報は、設置担当者が実行する作業に関連します。このような作業には次のものがあります。

Extension Assigner アプリケーションにアクセスするための設定可能な内線番号をダイヤルする。

設定可能なパスワードを入力する。

電話機に割り当てる内線番号を識別するタグを入力する。

したがって、管理者は次のことを決定する必要があります。

Extension Assigner アプリケーションにアクセスするためにダイヤルする必要のある内線番号。

受話器をオフフックにすると、番号が自動的にダイヤルされるかどうか。

Extension Assigner アプリケーションにアクセスするために、設置担当者が入力する必要のあるパスワード。

電話機に割り当てる内線番号の識別に使用するタグ番号のタイプ。

電話機に割り当てる内線番号の識別に使用するタグ番号。

最初の 3 つの決定は簡単ですが、最後の 2 つのタグ番号の決定には、Extension Assigner 機能の動作に関する知識がある程度必要です。

この機能は、Tcl スクリプトとオーディオ ファイルを使用して実装されています。このスクリプトを実行するには、設置担当者は電話機のプラグを接続し、ランダムな内線番号が自動的に割り当てられるのを待って、指定された内線番号をダイヤルします。

電話機が登録され、一時的な内線番号を受け取ると、設置担当者は Extension Assigner にアクセスし、タグ番号を入力できるようになります。このタグ番号は内線番号の識別に使用され、ephone タグまたは同等のプロビジョン タグと呼ばれる新しいタグと一致している必要があります。

ephone および ephone-dn エントリを設定する前に、どのタグを使用するかを決めておく必要があります。

プロビジョン タグを使用する利点は、プライマリ内線番号または電話機のその他の一意の識別子(ジャック番号など)と一致するようにタグを設定できるため、設置担当者の内線番号割り当てが容易になることです。

欠点は、次の例に示すように、ephone エントリごとに追加のキーワードを設定する必要があることです。

ephone 1

provision-tag 9001

mac-address 02EA.EAEA.0001

button 1:1

 

ephone タグを使用すると、必要な設定が少なくなります。ただし、設置担当者は電話機を設定するときに、実際の内線番号ではなく任意のタグ番号を入力することになります。このような制約があるのは、設定できる ephone タグの数がライセンスで制限されているためです。たとえば、ephone タグを使用し、100 ユーザのライセンスを持っている場合、ephone 1 から ephone 100 までしか設定できないため、設置担当者はタグとして 9001 は入力できません。

設定する各 ephone エントリには、一時的な MAC アドレスも含まれている必要があることに注意してください。上記の例に示したように、このアドレスは 02EA.EAEA で始まる必要があり、任意の一意の番号で終わります。この一意の番号は、ephone タグと一致するように設定することを強く推奨します。

ランダムに割り当てられた内線番号に対する ephone エントリを設定する必要はありません。autoassign 機能が、登録時に新規の電話機ごとに ephone エントリを作成します。次に autoassign 機能は、 auto assign コマンドによって指定されたタグ番号の 1 つを持つ、利用可能な ephone-dn がある場合に、ephone-dn エントリを自動的に割り当てます。その結果生成された ephone 設定には、電話機の実際の MAC アドレスと、autoassign 機能用として最初の使用可能な ephone-dn が指定されたボタンが含まれています。

次の例に示すように、一時的な内線番号に対して少なくとも 1 つの ephone-dn を設定し、autoassign 機能が一時的な ephone エントリに割り当てる ephone-dn を指定します。

telephony-service

auto assign 101 to 105

 

ephone-dn 101

number 0001

 

設置担当者が電話機に内線番号を割り当てると、一時的な MAC アドレスが実際の MAC アドレスに置換され、autoregister 機能によって作成された ephone エントリは削除されます。autoassign 機能に対して設定する ephone-dn の数によって、一度にプラグ接続し、自動的に割り当てられる内線番号を取得できる電話機の数が決まります。autoassign に対して 4 つの ephone-dn を定義し、5 台の電話機をプラグ接続した場合、1 台の電話機は、管理者が他の 4 台の電話機のうちの 1 台に内線を割り当て、5 台目の電話機をリセットするまで、一時的な内線番号を取得できません。Extension Assigner を使用してライセンス取得済み電話機を登録するために、max-epshone 値は、Cisco Unified CME 電話機ライセンスによってサポートされるユーザ数および電話機数よりも大きい値に設定できます。

自動的に割り当てられた一時的な内線番号ごとに 1 つの ephone-dn を設定することに加えて、設置担当者が割り当てた内線番号ごとに ephone-dn エントリを設定する必要があります。

設定を完了するには、次の例に示すように、以下の作業を行う必要があります。

電話機に割り当てる内線番号の識別に、ephone 番号とプロビジョン タグ番号のどちらを使用するかを指定します。これは、この機能に用意された新しい extension-assigner tag-type コマンドで機能が有効にされた場合に設定します。

自動的に割り当てられた一時的な内線番号ごとに ephone-dn を設定します。

設置担当者が電話機に割り当てる内線番号ごとに ephone-dn を設定します。

設置担当者が内線番号を割り当てる電話機ごとに、一時的な MAC アドレスで ephone を設定します。オプションとして、この ephone の定義には新しいプロビジョン タグを含めることができます。詳細については、「一時的な MAC アドレスによる ephone の設定」を参照してください。

telephony-service

extension-assigner tag-type provision-tag

auto assign 101 to 105

ephone-dn 1 dual-line

number 6001

ephone-dn 101

number 0001

label Temp-Line-not assigned yet

ephone 1

provision-tag 6001

mac-address 02EA.EAEA.0001

button 1:1

割り当てる内線番号ごとに 2 つの ephone-dn を設定する必要があるので、max-dn 設定値を超えることがあります。Extension Assigner を使用してライセンス取得済み電話機を登録するために、max-dn 値は、ライセンスで許容される数よりも大きい値に設定できます。

max-dn 設定値が十分に大きい場合、max-ephone 設定値によって、同時にプラグ接続できる電話機の数が決まります。たとえば、内線番号を割り当てる電話機の数よりも max-ephone 設定値が 10 大きい場合は、同時に 10 台の電話機をプラグ接続できます。11 台の電話機をプラグ接続する場合は、最初の 10 台の電話機のうちの 1 台に内線番号を割り当て、11 台目の電話機をリセットするまで、1 台の電話機は登録したり一時的な内線番号を取得したりすることができません。

ephone および ephone-dn エントリの設定後は、必要に応じて、設定を自動的に保存するようにルータを設定し、ルータの設定を完了します。ルータの設定が保存されていない場合、ルータが再起動されたときに、設置担当者が行った内線番号の割り当てが失われます。このオプションの手順に代わるものとして、設置担当者がルータに接続し、 write memory コマンドを発行してルータ設定を保存する方法もあります。

システム管理者の最後の作業は、設置担当者が新しい電話機に内線番号を割り当てる必要があるという情報を文書化することです。その文書は、この機能を実装するように Cisco Unified CME を設定するときに、ガイドとして使用することもできます。この情報には次の内容が含まれます。

設置担当者が同時にプラグ接続できる電話機の数

Extension Assigner アプリケーションにアクセスするためにダイヤルする内線番号

受話器をオフフックにすると、番号が自動的にダイヤルされるかどうか

アプリケーションにアクセスするために入力するパスワード

各電話機に内線番号を割り当てるために入力するタグ番号


) この機能は Tcl スクリプトとオーディオ ファイルを使用して実装されているため、スクリプトと関連オーディオ プロンプト ファイルを正しいディレクトリに配置する必要があります。このスクリプトは編集しないでください。該当するスクリプトをロードするように Cisco Unified CME を設定するだけにしてください。


設置担当者のための手順

この機能は Tcl スクリプトとオーディオ プロンプト ファイルを使用して実装され、設置担当者は次の手順を実行することで、新しい Cisco Unified CME 電話機に内線番号を割り当てることができます。システム管理者は、この手順を実行するために必要なすべての情報を設置担当者に提供します。


ステップ 1 指定された数の新しい電話機をプラグ接続します。

ステップ 2 一時的なランダム内線番号が電話機に割り当てられるのを待ちます。

ステップ 3 指定された番号をダイヤルして、Extension Assigner アプリケーションにアクセスします。

ステップ 4 指定されたパスワードを入力します。

ステップ 5 内線番号を識別するタグを入力し、設置担当者が次のいずれかの作業を行えるようにします。

新しい内線番号を電話機に割り当てる。

現在の内線番号を割り当て解除する。

内線番号を再割り当てする。


 

このリリースに含まれるファイル

Extension Assigner 機能用に提供された app-cme-ea-2.0.0.0.tar 以降のアーカイブ ファイルには、readme ファイル、Tcl スクリプト、および複数のオーディオ プロンプト ファイルが含まれています。オーディオ ファイルを英語以外の言語を使用しているファイルに置き換える場合は、ファイルの名前を変更しないでください。Tcl スクリプトの記述には、次に示すリストのファイル名だけが使用されます。

app-cme-ea-2.0.0.0.tcl(スクリプト)

en_cme_tag_assign_phone.au(オーディオ ファイル)

en_cme_tag_assigned_to_phone.au(オーディオ ファイル)

en_cme_tag_assigned_to_phone_idle.au(オーディオ ファイル)

en_cme_tag_assigned_to_phone_inuse.au(オーディオ ファイル)

en_cme_tag_assigned_to_phone_unreg.au(オーディオ ファイル)

en_cme_tag_available.au(オーディオ ファイル)

en_cme_tag_extension.au(オーディオ ファイル)

en_cme_tag_invalid.au(オーディオ ファイル)

en_cme_tag_unassign_phone.au(オーディオ ファイル)

en_cme_tag_action_cancelled.au(オーディオ ファイル)

en_cme_tag_assign_failed.au(オーディオ ファイル)

en_cme_tag_assign_success.au(オーディオ ファイル)

en_cme_tag_contact_admin.au(オーディオ ファイル)

en_cme_tag_disconnect.au(オーディオ ファイル)

en_cme_tag_ephone_tagid.au(オーディオ ファイル)

en_cme_tag_invalid_password.au(オーディオ ファイル)

en_cme_tag_invalidoption.au(オーディオ ファイル)

en_cme_tag_noentry.au(オーディオ ファイル)

en_cme_tag_password.au(オーディオ ファイル)

en_cme_tag_unassign_failed.au(オーディオ ファイル)

en_cme_tag_unassign_success.au(オーディオ ファイル)

en_eight.au(オーディオ ファイル)

en_five.au(オーディオ ファイル)

en_four.au(オーディオ ファイル)

en_nine.au(オーディオ ファイル)

en_one.au(オーディオ ファイル)

en_seven.au(オーディオ ファイル)

en_six.au(オーディオ ファイル)

en_three.au(オーディオ ファイル)

en_two.au(オーディオ ファイル)

en_zero.au(オーディオ ファイル)

readme.txt

Extension Assigner Synchronization

Extension Assigner Synchronization を使用すると、Extension Assigner がプライマリ ルータで ephone mac-address に行った変更が、自動的にセカンダリ バックアップ ルータにも反映されるようになります。同期は、Cisco Unified CME XML インターフェイスを使用して行われます。Cisco Unified CME XML クライアントは、設定変更を ISexecCLI 要求にカプセル化し、HTTP を使用してセカンダリ バックアップ ルータに送信します。セカンダリ バックアップ側のサーバは、着信 XML 要求を処理し、Cisco IOS CLI パーサーを呼び出して更新を実行します。

設定については、「Extension Assigner Synchronization の設定」を参照してください。

SCCP:Extension Assigner の設定方法

この項では、次の作業について取り上げます。

「Extension Assigner の設定」(必須)

「Extension Assigner Synchronization の設定」(オプション)

「Extension Assigner を使用した現場での内線番号の割り当て」(必須)

Extension Assigner の設定

次の作業は、管理者または Extension Assigner の設定担当者が実行します。

「新しい電話機に割り当てる内線番号の特定と設定の計画」

「Tcl スクリプトのダウンロード」

「Tcl スクリプトの設定」

「Extension Assigner アプリケーションにアクセスするための内線番号の指定」

「Extension Assigner 機能のための provision-tag の設定」

「Extension Assigner を使用する電話機の一時的な内線番号の設定」

「設置担当者が電話機に割り当てることができる内線番号の設定」

「一時的な MAC アドレスによる ephone の設定」

「設定を自動保存するためのルータの設定」

「設置担当者への必須情報の提供」

新しい電話機に割り当てる内線番号の特定と設定の計画

各電話機に割り当てる内線番号を特定した後は、次のことを決定する必要があります。

Extension Assigner アプリケーションにアクセスするためにダイヤルする必要のある内線番号。

受話器をオフフックにすると、番号が自動的にダイヤルされるかどうか。

Extension Assigner アプリケーションにアクセスするために、設置担当者が入力する必要のあるパスワード。

電話機に割り当てる内線番号の識別に、ephone-tag と provision-tag 番号のどちらを使用するか。

設定する一時的な内線番号の数。これにより、設定する一時的な ephone-dn および一時的な MAC アドレスの数が決まります。

電話機に割り当てる内線番号の識別に使用するタグ番号。


 

Tcl スクリプトのダウンロード

Extension Assigner 機能用の Tcl スクリプトとオーディオ プロンプト ファイルをダウンロードするには、次の手順を実行します。

Tcl スクリプトの使用方法の詳細については、Cisco IOS リリースに対応した『 Cisco IOS Tcl IVR and Voice XML Application Guide 』を参照してください。


) Tcl スクリプトは編集しないでください。


要約手順

1. 次の URL の Cisco Unified CME ソフトウェア ダウンロード サイトにアクセスします。
http://www.cisco.com/pcgi-bin/tablebuild.pl/ip-iostsp

2. Cisco Unified CME Extension Assigner の tar アーカイブを、TFTP サーバまたは Cisco Unified CME システムのフラッシュ メモリにダウンロードします。

3. enable

4. archive tar /xtract source-url destination-url

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

次の URL の Cisco Unified CME ソフトウェア ダウンロード サイトにアクセスします。
http://www.cisco.com/pcgi-bin/tablebuild.pl/ip-iosts

Cisco Unified CME ソフトウェア ダウンロードにアクセスできます。

ステップ 2

Cisco Unified CME Extension Assigner の tar アーカイブを、Cisco Unified CME ルータからアクセス可能な TFTP サーバにダウンロードします。

Cisco Unified CME Extension Assigner の tar アーカイブが、Cisco Unified CME ルータからアクセス可能な TFTP サーバにダウンロードされます。

この tar アーカイブには、Extension Assigner サービスに必要な Extension Assigner の Tcl スクリプトおよびデフォルト オーディオ ファイルが格納されています。

ステップ 3

enable

 

Router# enable

global 設定モードを開始します。

ステップ 4

archive tar /xtract source-url destination-url

 

Router# archive tar /xtract tftp://192.168.1.1/app-cme-ea-2.0.0.0.tar flash:

アーカイブ ファイル内のファイルを解凍し、Cisco Unified CME ルータからアクセス可能な場所にコピーします。

source-url:Extension Assigner の TAR ファイルのソースがある URL。有効な URL として、TFTP または HTTP サーバ、あるいはフラッシュ メモリを指定できます。

location:Extension Assigner の TAR ファイル(Tcl スクリプトとオーディオ ファイルを含む)の格納先 URL。有効な URL として、TFTP または HTTP サーバ、あるいはフラッシュ メモリを指定できます。

Tcl スクリプトの設定

Extension Aassigner 機能用に Tcl スクリプトを設定およびロードし、設置担当者が Extension Assigner アプリケーションにアクセスするために入力するパスワードを作成するには、次の手順を実行します。

Tcl スクリプトの使用方法の詳細については、Cisco IOS リリースに対応した『 Cisco IOS Tcl IVR and Voice XML Application Guide 』を参照してください。


) パスワードを変更するには、既存の Extension Assigner サービスを削除し、新しいパスワードを定義する新しいサービスを作成する必要があります。


要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. application

4. serviceservice-name location

5. param ea-password password

6. paramspace english index number

7. paramspace english language en

8. paramspace english location location

9. paramspace english prefix en

10. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

application

 

Router(config)# application

application 設定モードを開始し、パッケージとサービスを設定します。

ステップ 4

service service-name location

 

Router(config-app)# service EA tftp://10.1.1.100/app-cme-ea-2.0.0.0.tcl

service parameter 設定モードを開始し、call-queue サービスのパラメータを設定します。

service-name:Extension Assigner サービスの名前。この任意の名前は、設定作業中にサービスの識別に使用されます。

location:Extension Assigner サービスのための Tcl スクリプトの URL。有効な URL として、TFTP または HTTP サーバ、あるいはフラッシュ メモリを指定できます。

ステップ 5

param ea-password password

 

Router(config-app-param)# param ea-password 1234

Extension Assigner アプリケーションにアクセスするために、設置担当者が入力するパスワードを設定します。

password:Extension Assigner アプリケーションにアクセスするために、設置担当者が入力する数値パスワード。長さ:2 ~ 10 桁。

ステップ 6

paramspace english index number

 

Router(config-app-param)# paramspace english index 0

IVR アプリケーションでダイナミック プロンプトに使用されるオーディオ ファイルのカテゴリを定義します。

Extension Assigner では、言語を英語にする必要があります。

number:オーディオ ファイルのカテゴリ グループ(0 ~ 4)。たとえば、日と月を表すオーディオ ファイルはカテゴリ 1、通貨単位を表すオーディオ ファイルはカテゴリ 2、時間単位(秒、分、時)を表すオーディオ ファイルはカテゴリ 3 となります。範囲は 0 ~ 4 で、0 は全カテゴリを意味します。

ステップ 7

paramspace english language en

 

Router(config-app-param)# paramspace english language en

IVR アプリケーションでダイナミック プロンプトに使用されるオーディオ ファイルの言語を定義します。

Extension Assigner では、言語は英語、プレフィックスは en にする必要があります。

ステップ 8

paramspace english location location

 

Router(config-app-param)# paramspace english location tftp://10.1.1.100/app-cme-ea-2.0.0.0.tcl

IVR アプリケーションでダイナミック プロンプトに使用されるオーディオ ファイルの場所を定義します。

Extension Assigner では、言語を英語にする必要があります。

location:Extension Assigner サービスのための Tcl スクリプトの URL。有効な URL として、TFTP または HTTP サーバ、あるいはフラッシュ メモリを指定できます。

ステップ 9

paramspace english prefix en

 

Router(config-app-param)# paramspace english prefix en

IVR アプリケーションでダイナミック プロンプトに使用されるオーディオ ファイルのプレフィックスを定義します。

Extension Assigner では、言語は英語、プレフィックスは en にする必要があります。

ステップ 10

end

 

Router(config-app-param)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

Extension Assigner アプリケーションにアクセスするための内線番号の指定

現場での設置時に、Extension Assigner アプリケーションにアクセスするために設置担当者がダイヤルする必要のある内線番号を指定するには、次の手順を実行します。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. dial-peer voice tag voip

4. serviceservice-name outbound

5. destination-pattern string

6. session target ipv4 :destination -address

7. dtmf-relay h245-alphanumeric

8. codec g711ulaw

9. no vad

10. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

dial-peer voice tag voip

 

Router(config)# dial-peer voice 5999 voip

dial-peer 設定モードを開始します。

tag:このダイヤル ピアを識別するために設定作業中に使用される番号。

ステップ 4

service service-name outbound

 

Router(config-dial-peer)# service EA outbound

ダイヤル ピアで Extension Assigner アプリケーションをロードし、設定します。

service-name:名前は 「Tcl スクリプトの設定」で Extension Assigner の Tcl スクリプトのロードに使用した名前と一致している必要があります。

outbound :Extension Assigner では必須です。

ステップ 5

destination-pattern string

 

Router(config-dial-peer)# destination pattern 5999

ダイヤル ピアのプレフィックスまたは完全な E.164 電話番号(ダイヤル プランによって異なる)を指定します。

string:電話機に内線番号を割り当てるときに設置担当者がコールする番号。

ステップ 6

session target ipv4: destination-address

 

Router(config-dial-peer)# session target ipv4:172.16.200.200

VoIP ダイヤル ピアからのコールを受信するためのネットワーク固有のアドレスを指定します。

destination:このルータ上の Cisco Unified CME インターフェイスの IP アドレス。

ステップ 7

dtmf-relay h245-alphanumeric

 

Router(config-dial-peer)# dtmf-relay h245-alphanumeric

テレフォニー インターフェイスと H.323 ネットワーク間での DTMF トーンのリレー用に、H.245 Alphanumeric 方式を指定します。

ステップ 8

codec codec

 

Router(config-dial-peer)# codec g711ulaw

ダイヤル ピアに対して発話のボイス コーダ レートを指定します。

codec:正しいボイス デコーダ レートを表すオプション。

ステップ 9

no vad

 

Router(config-dial-peer)# no vad

特定のダイヤル ピアを使用するコールに対して Voice Activity Detection(VAD; 音声アクティビティ検出)を無効にします。

Extension Assigner では必須です。

ステップ 10

end

 

Router(config-dial-peer)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

Extension Assigner 機能のための provision-tag の設定

Extension Assigner を修正して provision-tag を使用するには、次の手順を実行します。デフォルトでは、Extension Assigner が有効で、ephone タグが使用されます。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. telephony-service

4. extension-assigner tag-type {ephone-tag | provision-tag}

5. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

telephony-service

 

Router(config)# telephony-service

telephony-service 設定モードを開始します。

ステップ 4

extension-assigner tag-type { ephone-tag | provision-tag }

 

Router(config-telephony)# extension-assigner tag-type provision-tag

Extension Assigner で内線番号の識別に使用するタグ タイプを指定します。

ephone-tag :Extension Assigner が ephone タグを使用して、電話機に割り当てる内線番号を識別するように指定します。設置担当者はこの番号を入力して、内線番号を電話機に割り当てます。

provision-tag :Extension Assigner が provision-tag を使用して、電話機に割り当てる内線番号を識別するように指定します。設置担当者はこの番号を入力して、内線番号を電話機に割り当てます。

ステップ 5

end

 

Router(config-telephony)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

Extension Assigner を使用する電話機の一時的な内線番号の設定

Extension Assigner によって内線番号が割り当てられる電話機の一時的な内線番号として使用する ephone-dsn を作成するには、作成する一時的な番号ごとに次の手順を実行します。


ヒント スクリプトに付属する readme ファイルには、この手順に関するサンプルのエントリが含まれています。これらのエントリは、必要に応じて編集できます。


要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. ephone -dn dn -tag [ dual-line ]

4. number number [ secondary number ] [ no-reg [ both | primary ]]

5. trunk digit-string [ timeout seconds ]

6. name name

7. exit

8. telephony-service

9. auto assign dn-tag to dn-tag

10. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

ephone-dn dn-tag [ dual-line ]

 

Router(config)# ephone-dn 90

ephone-dn 設定モードを開始し、ephone-dn を作成します。オプションで、ephone-dn に二重回線ステータスを割り当てます。


) 一時的な内線番号には、単一回線モードを使用することを推奨します。


ステップ 4

number number [ secondary number] [ no-reg [ both | primary ]]

 

Router(config-ephone-dn)# number 9000

この ephone-dn インスタンスの有効な内線番号を設定します。

ステップ 5

trunk digit-string [ timeout seconds ]

 

Router(config-ephone-dn)# trunk 5999

(オプション)Extension Assigner アプリケーションにアクセスするために自動的にダイヤルされる内線番号を設定します。

digit-string 「Extension Assigner アプリケーションにアクセスするための内線番号の指定」で設定した番号と一致している必要があります。

ステップ 6

name name

 

Router(config-ephone-dn)# name hardware

(オプション)名前をこの ephone-dn インスタンスと関連付けます。この名前は、発信者 ID の表示と、ローカル ディレクトリのリスト表示で使用されます。

directory コマンドで指定された名前の順序に従う必要があります。

ステップ 7

exit

 

Router(config-ephone-dn)# exit

ephone-dn 設定モードを終了します。

ステップ 8

telephony-service

 

Router(config)# telephony-service

telephony-service 設定モードを開始します。

ステップ 9

auto assign dn-tag to dn-tag

 

Router(config-telephony)# auto assign 90 to 99

Cisco Unified CME ルータでのサービスの登録時に、ephone-dn タグを Cisco Unified IP Phone に自動的に割り当てます。

前の手順で設定したタグと一致している必要があります。

ステップ 10

end

 

Router(config-telephony)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

設置担当者が電話機に割り当てることができる内線番号の設定

設置担当者が電話機に割り当てることができる内線番号に対する ephone-dn を作成するには、作成するディレクトリ番号ごとに次の手順を実行します。


ヒント この機能に付属する readme ファイルには、サンプルのエントリが含まれています。これらのエントリは、必要に応じて編集できます。


要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. ephone-dn dn -tag [ dual-line ]

4. number number [ secondary number ] [ no-reg [ both | primary ]]

5. name name

6. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

ephone-dn dn-tag [ dual-line ]

 

Router(config)# ephone-dn 20

ephone-dn 設定モードを開始し、ephone-dn を作成します。オプションで、ephone-dn に二重回線ステータスを割り当てます。


) ephone-dn を二重回線モードから単一回線モードに(またはその逆に)変更するには、ephone-dn を削除してから再作成します。


ステップ 4

number number [ secondary number] [ no-reg [ both | primary ]]

 

Router(config-ephone-dn)# number 20

この ephone-dn インスタンスの有効な内線番号を設定します。

ステップ 5

name name

 

Router(config-ephone-dn)# name hardware

(オプション)名前をこの ephone-dn インスタンスと関連付けます。この名前は、発信者 ID の表示と、ローカル ディレクトリのリスト表示で使用されます。

directory コマンドで指定された名前の順序に従う必要があります。

ステップ 6

end

 

Router(config-ephone-dn)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

一時的な MAC アドレスによる ephone の設定

設置担当者が内線番号を割り当てる Cisco Unified CME 電話機に一時的な MAC アドレスで ephone 設定を作成するには、電話機ごとに次の手順を実行します。

前提条件

autoregister 機能で一時的な内線番号に対して少なくとも 1 つの ephone を自動的に作成するには、内線番号を割り当てる電話機の数より少なくとも 1 つ大きい値で、 max-ephone コマンドを設定する必要があります。


) Extension Assigner を使用してライセンス取得済み電話機を登録するために、max-epshone 値は、Cisco Unified CME ライセンスによってサポートされるユーザ数よりも大きい値に設定できます。


制約事項

max-ephone の設定によって、同時にプラグ接続できる電話機の数が決まります。たとえば、内線番号を割り当てる電話機の数よりも max-ephone 設定値が 10 大きい場合は、同時に 10 台の電話機をプラグ接続できます。11 台の電話機をプラグ接続する場合は、最初の 10 台の電話機のうちの 1 台に内線番号を割り当て、11 台目の電話機をリセットするまで、1 台の電話機は登録したり一時的な内線番号を取得したりすることができません。

Extension Assigner 機能を持つ Cisco VG224 アナログ音声ゲートウェイの場合、最低 24 の一時的な ephone が必要です。


ヒント この機能に付属する readme ファイルには、この手順に対するサンプルのエントリがいくつか含まれています。これらのエントリは、必要に応じて編集できます。


要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. ephone phone-tag

4. provision-tag number

5. mac-address 02EA.EAEA . number

6. type phone-type [ addon 1 module-type [ 2 module-type]]

7. button

8. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

ephone phone-tag

 

Router(config)# ephone 20

ephone 設定モードを開始します。

phone-tag:最大数はバージョンやプラットフォームによって異なります。範囲を表示するには、 ? を入力します。

Extension Assigner が ephone-tag(デフォルト)を使用する場合に、設置担当者が電話機に内線番号を割り当てるために入力する番号。

ステップ 4

provision-tag number

 

Router(config-ephone)# provision-tag 20

(オプション)割り当てる内線番号を識別するために Extension Assigner が使用する、一意のシーケンス番号を作成します。

extension-assigner tag-type コマンドで provision-tag キーワードを設定した場合のみ必要です。

ステップ 5

mac-address 02EA.EAEA. number

 

Router(config-ephone)# mac-address 02EA. EAEA. 0020

この ephone の一時的な MAC アドレス番号を指定します。

Extension Assigner では、MAC アドレスは 02EA.EAEA から始まります。

number :この番号を ephone の番号と同じにすることを強く推奨します。

ステップ 6

type phone-type [ addon 1 module-type [2 module-type]]

 

Router(config-ephone)# type 7960 addon 1 7914

電話機のタイプを指定します。

ステップ 7

button button-number{separator}dn-tag

 

Router(config-ephone)# button 1:1

ボタン番号および回線の特性を内線番号(ephone-dn)と関連付けます。

ボタンの最大数は、電話機タイプによって異なります。


) Cisco Unified IP Phone 7910 には回線ボタンは 1 つしかありませんが、ephone-dn タグを 2 つ割り当てることができます。


ステップ 8

end

 

Router(config-ephone)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

設定を自動保存するためのルータの設定

ルータが再起動されたときに設定を自動的に保存するには、次の手順を実行します。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. kron policy-list list-name

4. cli write

5. exit

6. kron occurrence occurrence-name [ user username ] in [[ numdays: ] numhours: ] nummin {oneshot | recurring}

7. policy-list list-name

8. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

kron policy-list list-name

 

Router(config)# kron policy-list save-config

新規または既存のコマンド スケジューラ ポリシー リストの名前を指定し、kron-policy 設定モードを開始します。

list-name 引数の値が新規の場合は、新規のポリシー リスト構造が作成されます。

list-name 引数の値が既存の場合は、既存のポリシー リスト構造が利用されます。エディタ機能が使用できないため、ポリシー リストは設定された順に実行されます。

ステップ 4

cli write

 

Router(config-kron-policy)# cli write

完全修飾 EXEC コマンドおよび関連構文が、コマンド スケジューラ ポリシー リストのエントリとして追加されるように指定します。

ステップ 5

exit

 

Router(config-kron-policy)# exit

global 設定モードに戻ります。

ステップ 6

kron occurrence occurrence-name [ user username] [[ in numdays:]numhours:]nummin { oneshot | recurring }

 

Router(config)# kron occurrence backup in 30 recurring

コマンド スケジューラの発生に関するスケジュール パラメータを指定し、kron-occurrence 設定モードを開始します。

30 分ごとに設定を保存するようにルータを設定することを推奨します。

occurrence-name:発生構造の名前を指定します。occurrence-name の長さは 1 ~ 31 文字です。occurrence-name が新規である場合は、発生構造が作成されます。occurrence-name が新規でない場合は、既存の発生構造が編集されます。

user:(オプション)特定のユーザの識別に使用されます。

username:ユーザの名前。

in:指定した時間間隔の後に発生することを指定します。発生構造が設定されるとタイマーが始動します。

numdays::(オプション)日数。使用する場合は、数字の後にコロンを追加します。

numhours::(オプション)時間数。使用する場合は、数字の後にコロンを追加します。

nummin::(オプション)分数。

oneshot:1 度だけ発生することを指定します。発生した後、設定が削除されます。

recurring:繰り返し発生することを指定します。

ステップ 7

policy-list list-name

 

Router(config-kron-occurrence)# policy-list save-config

コマンド スケジューラ ポリシー リストを指定します。

ステップ 8

end

 

Router(config-kron-occurrence)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

設置担当者への必須情報の提供

設置担当者が内線番号を新しい電話機に割り当てることができるようにするには、事前に管理者が次の情報を提供しておく必要があります。

設置担当者が同時にプラグ接続できる電話機の数。これは、設定した一時的な MAC アドレスの数によって決まります。

Extension Assigner アプリケーションにアクセスするためにダイヤルする内線番号。

受話器をオフフックにすると、番号が自動的にダイヤルされるかどうか。

アプリケーションにアクセスするために入力するパスワード。

各電話機に内線番号を割り当てるために入力するタグ番号。


 

Extension Assigner Synchronization の設定

この項では、次の作業について取り上げます。

「セカンダリ バックアップ ルータの XML インターフェイスの設定」

「プライマリ ルータでの Extension Assigner Synchronization の設定」

セカンダリ バックアップ ルータの XML インターフェイスの設定

プライマリ ルータからの設定変更情報を受信するために必要な XML インターフェイスをアクティブにするように、セカンダリ バックアップ ルータを設定するには、次の手順を実行します。

前提条件

Cisco IOS XML Infrastructure(IXI)によって提供される XML インターフェイスを設定する必要があります。「XML API の設定」を参照してください。

制約事項

新規ルータまたは交換用ルータの自動同期はサポートされていません。

Extension Assigner の事前設定は、セカンダリ バックアップ ルータ上で手動で行う必要があります。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. telephony-service

4. xml user user-name password password privilege-level

5. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

telephony-service

 

Router(config)# telephony-service

telephony service 設定モードを開始します。

ステップ 4

xml user user-name password password privilege-level

 

Router(config-telephony)# xml user user23

password 3Rs92uzQ 15

権限のあるユーザを定義します。

user-name :権限のあるユーザのユーザ名。

password :アクセスに使用するパスワード。

privilege-level :このユーザに付与する Cisco IOS コマンドへのアクセス レベル。XML を通じて実行できるのは、これと同等またはそれ以下のレベルのコマンドだけになります。値の範囲は 0 ~ 15 です。

ステップ 5

end

 

Router(config-telephony)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

プライマリ ルータでの Extension Assigner Synchronization の設定

セカンダリ バックアップ ルータとの自動同期を有効にするようにプライマリ ルータを設定するには、次の手順を実行します。

前提条件

セカンダリ バックアップ ルータの XML インターフェイスが設定されている必要があります。「セカンダリ バックアップ ルータの XML インターフェイスの設定」を参照してください。

セカンダリ バックアップ ルータの IP アドレスが、telephony-service 設定モードで ip source-address コマンドを使用して設定されている必要があります。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. telephony-service

4. standby username username password password

5. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

telephony-service

 

Router(config)# telephony-service

telephony service 設定モードを開始します。

ステップ 4

standby username username password password

 

Router(config-telephony)# standby username user23 password 3Rs92uzQ

権限のあるユーザを定義します。

セカンダリ バックアップ ルータの XML インターフェイスに対して、以前に定義されたのと同じユーザ名とパスワード。

ステップ 5

end

 

Router(config-telephony)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

Extension Assigner を使用した現場での内線番号の割り当て

次の作業は、設置担当者が使用するサイトで行います。

「新しい内線番号の割り当て」

「内線番号の割り当て解除」

「現在の内線番号の再割り当て」

新しい内線番号の割り当て

電話機の設置当初は、一時的なランダムな内線番号が割り当てられます。Extension Assigner にアクセスし、この電話機に適切な内線番号を割り当てるには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Extension Assigner の使用に必要な情報をシステム管理者から入手します。この情報の一覧については、「設置担当者への必須情報の提供」を参照してください。

ステップ 2 該当する内線番号をダイヤルして、Extension Assigner システムにアクセスします。

ステップ 3 Extension Assigner のパスワードを入力し、 # を押します。

ステップ 4 この電話機の内線番号を表す ID 番号を入力し、 # を押します。

ステップ 5 別の電話機に内線番号を割り当てない場合は、 1 を押して、その内線番号を自分の電話機に割り当てることを確認し、受話器を置きます。電話機をリセットすると、割り当てが完了します。

ステップ 6 その内線番号が、アイドル状態の別の電話機に割り当てられている場合は、次の操作を行います。

a. 2 を押して、他の電話機の内線番号を割り当て解除することを確認します。

b. 受話器を置きます。

c. この手順のステップ 2 以降を繰り返します。

ステップ 7 その内線番号が、使用中の別の電話機に割り当てられている場合は、次のいずれかの操作を行います。

ステップ 5 に戻り、別の内線番号を入力します。

「内線番号の割り当て解除」の手順を実行した後、この手順のステップ 2 以降を繰り返します。


 

内線番号の割り当て解除

新しい内線番号を割り当て後に、間違った番号を割り当てていたり、元のダイヤル プランが変更されていたりすることに気付く場合があります。間違った番号を割り当て解除して、別の電話機で使用できるようにするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Extension Assigner の使用に必要な情報をシステム管理者から入手します。この情報の一覧については、「設置担当者への必須情報の提供」を参照してください。

ステップ 2 該当する内線番号をダイヤルして、Extension Assigner システムにアクセスします。

ステップ 3 Extension Assigner のパスワードを入力し、 # を押します。

ステップ 4 この電話機の内線番号を表す ID 番号を入力し、 # を押します。

ステップ 5 この電話機に現在割り当てられている内線の ID 番号を入力すると、電話機の内線番号を割り当て解除することを確認するために、 2 を押すように求められます。

ステップ 6 受話器を置きます。


 

現在の内線番号の再割り当て

故障した電話機を交換する必要がある場合、または内線番号を再割り当てする場合は、次の手順を実行します。


) 電話機に番号を再割り当てできるのは、次の場合に限られます。

その番号が、別の電話機に割り当てられていない。

その番号が別の電話機に割り当てられていて、その電話機がアイドル状態である。

その番号が別の電話機に割り当てられていて、先に内線番号を割り当て解除する。


 


ステップ 1 Extension Assigner の使用に必要な情報をシステム管理者から入手します。この情報の一覧については、「設置担当者への必須情報の提供」を参照してください。

ステップ 2 該当する内線番号をダイヤルして、Extension Assigner システムにアクセスします。

ステップ 3 Extension Assigner のパスワードを入力し、 # を押します。

ステップ 4 この電話機の内線番号を表す ID 番号を入力し、 # を押します。

ステップ 5 別の電話機に内線番号を割り当てない場合は、 1 を押して、その内線番号を自分の電話機に割り当てることを確認し、受話器を置きます。電話機をリセットすると、再割り当てが完了します。

ステップ 6 その内線番号が、アイドル状態の別の電話機に割り当てられている場合は、次の操作を行います。

a. 2 を押して、他の電話機の内線番号を割り当て解除することを確認します。

b. 受話器を置きます。

c. 「新しい内線番号の割り当て」の手順を実行します。

ステップ 7 その内線番号が、使用中の別の電話機に割り当てられている場合は、次のいずれかの操作を行います。

ステップ 5 に戻り、別の内線番号を入力します。

「内線番号の割り当て解除」および 「新しい内線番号の割り当て」の手順を実行します。


 

Extension Assigner の確認


ステップ 1 debug ephone extension-assigner コマンドを使用して、Extension Assigner アプリケーションによって生成されるステータス メッセージを表示します。

*Jun 9 19:08:10.627: ephone_query: inCallID=47, tag=4, ephone_tag=4
*Jun 9 19:08:10.627: extAssigner_IsEphoneMacPreset: ephone_tag = 4, ipKeyswitch.max_ephones = 96
*Jun 9 19:08:10.627: extAssigner_IsEphoneMacPreset: ephone_ptr->mac_addr_str = 000B46BDE075, MAC_EXT_RESERVED_VALUE = 02EAEAEA0000
*Jun 9 19:08:10.627: SkinnyGetActivePhoneIndexFromCallid: callID = 47
*Jun 9 19:08:10.627: SkinnyGetActivePhoneIndexFromCallid: vdbPtr->physical_interface_type (26); CV_VOICE_EFXS (26)
*Jun 9 19:08:10.627: SkinnyGetActivePhoneIndexFromCallid: vdbPtr->type (6); CC_IF_TELEPHONY (6)
*Jun 9 19:08:10.627: SkinnyGetActivePhoneIndexFromCallid: htsp->sig_type (26); CV_VOICE_EFXS (26)
*Jun 9 19:08:10.627: SkinnyGetActivePhoneIndexFromCallid: dn = 4, chan = 1
*Jun 9 19:08:10.627: ephone_query: EXTASSIGNER_RC_SLOT_ASSIGNED_TO_CALLING_PHONE
*Jun 9 19:08:22.763: ephone_unassign: inCallID=47, tag=4, ephone_tag=4
*Jun 9 19:08:22.763: extAssigner_IsEphoneMacPreset: ephone_tag = 4, ipKeyswitch.max_ephones = 96
*Jun 9 19:08:22.763: extAssigner_IsEphoneMacPreset: ephone_ptr->mac_addr_str = 000B46BDE075, MAC_EXT_RESERVED_VALUE = 02EAEAEA000
*Jun 9 19:08:22.763: is_ephone_auto_assigned: button-1 dn_tag=4
*Jun 9 19:08:22.763: is_ephone_auto_assigned: NO
*Jun 9 19:08:22.763: SkinnyGetActivePhoneIndexFromCallid: callID = 47
*Jun 9 19:08:22.763: SkinnyGetActivePhoneIndexFromCallid: vdbPtr->physical_interface_type (26); CV_VOICE_EFXS (26)
*Jun 9 19:08:22.767: SkinnyGetActivePhoneIndexFromCallid: vdbPtr->type (6); CC_IF_TELEPHONY (6)
*Jun 9 19:08:22.767: SkinnyGetActivePhoneIndexFromCallid: htsp->sig_type (26); CV_VOICE_EFXS (26)
*Jun 9 19:08:22.767: SkinnyGetActivePhoneIndexFromCallid: dn = 4, chan = 1
*Jun 9 19:08:29.795: ephone-4[8]:fStationOnHookMessage: Extension Assigner request restart, cmd=2, new mac=02EAEAEA0004, ephone_tag=4
*Jun 9 19:08:30.063: %IPPHONE-6-UNREGISTER_NORMAL: ephone-4:SEP000B46BDE075 IP:5.5.0.1 Socket:8 DeviceType:Phone has unregistered normally.
*Jun 9 19:08:30.063: ephone-4[8][SEP000B46BDE075]:extAssigner_assign: new mac=02EAEAEA0004, ephone-tag=4
*Jun 9 19:08:30.063: extAssigner_simple_assign: mac=02EAEAEA0004, tag=4
*Jun 9 19:08:30.063: ephone_updateCNF: update cnf_file ephone_tag=4
*Jun 9 19:08:30.063: extAssigner_assign: restart again (mac=02EAEAEA0004) ephone_tag=4
*Jun 9 19:08:30.131: %IPPHONE-6-REG_ALARM: 23: Name=SEP000B46BDE075 Load=8.0(2.0) Last=Reset-Restart
*Jun 9 19:08:30.135: %IPPHONE-6-REGISTER_NEW: ephone-7:SEP000B46BDE075 IP:5.5.0.1 Socket:10 DeviceType:Phone has registered.
*Jun 9 19:08:30.503: %IPPHONE-6-UNREGISTER_NORMAL: ephone-7:SEP000B46BDE075 IP:5.5.0.1 Socket:10 DeviceType:Phone has unregistered normally.
*Jun 9 19:08:43.127: %IPPHONE-6-REG_ALARM: 22: Name=SEP000B46BDE075 Load=8.0(2.0) Last=Reset-Reset
*Jun 9 19:08:43.131: %IPPHONE-6-REGISTER: ephone-7:SEP000B46BDE075 IP:5.5.0.1 Socket:13 DeviceType:Phone has registered.
 

ステップ 2 debug voip application script コマンドを使用して、Assigner アプリケーションの Tcl スクリプトの実行時にサーバによって生成されるステータス メッセージを表示します。

Jun 20 23:17:45.795: //22//TCL :/tcl_PutsObjCmd: TCL: ***** >>> app-cme-ea-2.0.0.0.tcl <<< *****
Jun 20 23:17:45.799: //22//TCL :/tcl_PutsObjCmd: TCL: ***** >>> Cisco CME Extension Assigner Application <<< ****
Jun 20 23:17:45.799: //22//TCL :/tcl_PutsObjCmd: >>> PROMPT: Enter password <<<
Jun 20 23:17:54.559: //22//TCL :/tcl_PutsObjCmd: >>> Collect Password Status = cd_005 <<<
Jun 20 23:17:54.563: //22//TCL :/tcl_PutsObjCmd: >>> INFO: Authentication Successful <<<
Jun 20 23:17:54.563: //22//TCL :/tcl_PutsObjCmd: >>> PROMPT: Please enter the phone tag number followed by the # key. Press * to re-enter the tag number <<<
Jun 20 23:17:59.839: //22//TCL :/tcl_PutsObjCmd: >>> Ephone TAG Digit Collect Status = cd_005 <<<
Jun 20 23:17:59.843: //22//TCL :/tcl_PutsObjCmd: >>> INFO: Phone Query result = 1 <<<
Jun 20 23:17:59.843: //22//TCL :/tcl_PutsObjCmd: >>> PROMPT: Ephone Tag 6 is available <<<
Jun 20 23:17:59.843: //22//TCL :/tcl_PutsObjCmd: >>> PROMPT: To assign extension to Phone, press 1 to confirm, 9 to cancel <<<
Jun 20 23:17:59.851: //22//TCL :/tcl_PutsObjCmd: >>> INFO: ephone 6 is available <<<
Jun 20 23:18:20.375: //22//TCL :/tcl_PutsObjCmd: >>> INFO: TAPS Status = cd_005 <<<
Jun 20 23:18:20.379: //22//TCL :/tcl_PutsObjCmd: >>> PROMPT: Extension assignment is successful <<<
Jun 20 23:18:20.379: //22//TCL :/tcl_PutsObjCmd: >>> INFO: Ephone extension is assigned successfully <<<
Jun 20 23:18:28.975: //22//TCL :/tcl_PutsObjCmd: **** >>> TCL: Closing Cisco CM
 

ステップ 3 debug ephone state コマンドを使用します。『 Cisco IOS Debug Command Reference 』を参照してください。


 

Extension Assigner の設定例

この項では、次の例について説明します。

「Extension Assigner:例」

「Extension Assigner Synchronization:例」

Extension Assigner:例

この例は、次の特性のルータ設定を示しています。

設置担当者が Extension Assigner アプリケーションにアクセスするためにダイヤルする内線番号は 0999 です。

設置担当者が Extension Assigner アプリケーションにアクセスするために入力するパスワードは 1234 です。

auto assign コマンドは、内線番号 0001 ~ 0005 を割り当てるように設定されます。

設置担当者は Extension Assigner を使用して、内線番号 6001 ~ 6005 を割り当てることができます。

Extension Assigner は provision-tag を使用して、電話機に割り当てる ephone 設定と内線番号を識別します。

auto-reg-ephone コマンドは示されていますが、必須です。このコマンドは、デフォルトで有効になっているためです。

kron コマンドは、ルータ設定を自動的に保存するために使用されます。

max-ephone および max-dn の設定の 51 は十分に大きいため、設置担当者は 50 台の電話機に内線を割り当てることができ、1 台ずつプラグ接続できます。設置担当者が 40 台の電話機に内線を割り当てる場合は、11 台の電話機を 1 台ずつプラグ接続できます。例外は、Cisco VG224 Analog Voice ゲートウェイを使用する場合です。Extension Assigner は、Cisco VG224 Analog Voice ゲートウェイごとに、各ポートに 1 台ずつ、24 台の ephone を作成します。

Router# show running-config

version 12.4

no service password-encryption

!

hostname Test-Router

!

boot-start-marker

boot system flash:c2800nm-ipvoice-mz.2006-05-31.GOPED_DEV

boot-end-marker

!

enable password ww

!

no aaa new-model

!

resource policy

!

ip cef

no ip dhcp use vrf connected

!

ip dhcp pool pool21

network 172.21.0.0 255.255.0.0

default-router 172.21.200.200

option 150 ip 172.30.1.60

!

no ip domain lookup

!

application

service EA flash:ea/app-cme-ea-2.0.0.0.tcl

paramspace english index 0

paramspace english language en

param ea-password 1234

paramspace english location flash:ea/

paramspace english prefix en

!

interface GigabitEthernet0/0

no ip address

duplex auto

speed 100

no keepalive

!

interface GigabitEthernet0/0.21

encapsulation dot1Q 21

ip address 172.21.200.200 255.255.0.0

 

ip http server

!

control-plane

!

dial-peer voice 999 voip

service EA out-bound

destination-pattern 0999

session target ipv4:172.21.200.200

dtmf-relay h245-alphanumeric

codec g711ulaw

no vad

!

telephony-service

extension-assigner tag-type provision-tag

max-ephones 51

max-dn 51

ip source-address 172.21.200.200 port 2000

auto-reg-ephone

auto assign 101 to 105

system message Test-CME

create cnf-files version-stamp 7960 Jun 14 2006 05:37:34

!

ephone-dn 1 dual-line

number 6001

!

ephone-dn 2 dual-line

number 6002

!

ephone-dn 3 dual-line

number 6003

!

ephone-dn 4 dual-line

number 6004

!

ephone-dn 5 dual-line

number 6005

!

ephone-dn 101

number 0101

label Temp-Line-not assigned yet

!

ephone-dn 102

number 0102

label Temp-Line-not assigned yet

!

ephone-dn 103

number 0103

label Temp-Line-not assigned yet

!

ephone-dn 104

number 0104

label Temp-Line-not assigned yet

!

ephone-dn 105

number 0105

label Temp-Line-not assigned yet

!

ephone 1

provision-tag 101

mac-address 02EA.EAEA.0001

button 1:1

!

ephone 2

provision-tag 102

mac-address 02EA.EAEA.0002

button 1:2

!

ephone 3

provision-tag 103

mac-address 02EA.EAEA.0003

button 1:3

!

ephone 4

provision-tag 104

mac-address 02EA.EAEA.0004

button 1:4

!

ephone 5

provision-tag 105

mac-address 02EA.EAEA.0005

button 1:5

!

kron occurrence backup in 30 recurring

policy-list writeconfig

!

kron policy-list writeconfig

cli write

!

line con 0

line aux 0

line vty 0 4

logging synchronous

!

no scheduler max-task-time

scheduler allocate 20000 1000

!

end

Extension Assigner Synchronization:例

プライマリ ルータ:例

Extension Assigner は、プライマリ ルータからセカンダリ バックアップ ルータに設定変更情報を送信することを許可されています。

telephony-service

standby username user555 password purplehat

セカンダリ バックアップ ルータ:例

システム コンポーネントが有効で、XML インターフェイスは設定変更情報を受信する準備ができています。

ip http server

ixi transport http

no shutdown

ixi application cme

no shutdown

telephony-service

xml user user555 password purplehat 15

その他の資料

次の項では、Extension Assigner に関連する参照資料を示します。

関連マニュアル

テクニカル サポート

説明
リンク

Cisco Support Web サイトでは、シスコ製品やシスコの技術に関するトラブルシューティングにお役立ていただけるように、マニュアルなどの豊富なオンライン リソースやツールを提供しています。

ご使用の製品に関するセキュリティ情報および技術情報を入手するには、プロダクト アラート ツール(Field Notices からアクセス)などの各種サービス、Cisco Technical Services Newsletter、Really Simple Syndication(RSS)フィードに登録してください。

Cisco Support Web サイトのほとんどのツールにアクセスするには、Cisco.com のユーザ ID とパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/techsupport

Extension Assigner の機能情報

表14 は、この章で説明した機能、およびバージョンごとの機能拡張を示しています。

特定の Cisco Unified CME バージョンをサポートする正確な Cisco IOS リリースについては、「 Cisco Unified CME and Cisco IOS Software Version Compatibility Matrix 」( http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/cucme/requirements/guide/33matrix.htm )を参照してください。

プラットフォームおよびソフトウェア イメージのサポートに関する情報を参照するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator では、特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームをサポートしている Cisco IOS ソフトウェアを確認できます。Cisco Feature Navigator にアクセスするには、 http://www.cisco.com/go/cfn に移動してください。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表14 は、所定の機能に対するサポートが導入された Cisco Unified CME のバージョンを示しています。特に断りのない限り、その機能は以降のバージョンの Cisco Unified CME ソフトウェアでもサポートされます。


 

表14 Extension Assigner の機能情報

機能名
Cisco Unified CME のバージョン
機能情報

Extension Assigner Synchronization

4.1(1)

プライマリ ルータで ephone mac-addresess に行われた変更を、自動的にセカンダリ バックアップ ルータに適用できます。

Extension Assigner

4.0(3)

設置担当者は、サーバにアクセスすることなく、Cisco Unified CME の電話機に内線番号を割り当てることができます。