Cisco Unified Communications Manager Express 4.3 システム アドミニストレータ ガイド
基本的なコールを発信するための 電話機の設定
基本的なコールを発信するための電話機の設定
発行日;2012/01/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 11MB) | フィードバック

目次

基本的なコールを発信するための電話機の設定

内容

基本的なコールを発信するための電話機の設定に関する前提条件

基本的なコールを発信するための電話機の設定に関する制約事項

基本的なコールを発信するための電話機の設定に関する情報

Cisco Unified CME 内の電話機

ディレクトリ番号

単一回線

二重回線

オクトライン

1 つの電話番号または内線番号を持つ 2 つのディレクトリ番号

二重番号

共有

オーバーレイ

共有回線のモニタ モード

電話機のウォッチ モード

PSTN FXO トランク回線

アナログ電話機

SCCP モードの Cisco ATA

SCCP モードの FXS ポート

H.323 モードの FXS ポート

在宅勤務者のリモート電話機

リモート電話機のメディア ターミネーション ポイント

リモート電話機の G.729r8 コーデック

SIP 電話機での数字の収集

KPML 数字の収集

SIP ダイヤル プラン

SIP 電話機のセッション トランスポート プロトコル

Cisco Unified CME 電話機のコーデック

ephone-type の設定

PBX システムに対する電話機の設定方法

SCCP:ディレクトリ番号の作成

前提条件

制約事項

次の作業

SCCP:ephone-type テンプレートの設定

前提条件

制約事項

サポートされる電話機タイプ用の ephone-type パラメータ

SCCP:電話機へのディレクトリ番号の割り当て

前提条件

制約事項

次の作業

SIP:ディレクトリ番号の作成

前提条件

制約事項

SIP:電話機へのディレクトリ番号の割り当て

次の作業

SIP:ダイヤル プランの設定

前提条件

制約事項

次の作業

SIP:ダイヤル プラン設定の検証

SIP:KPML の有効化

前提条件

制約事項

次の作業

SIP:電話機に対するセッション トランスポート プロトコルの選択

前提条件

制約事項

次の作業

SIP:ディレクトリ番号に対する SIP プロキシ登録の無効化

前提条件

制約事項

次の作業

グローバル コーデックの変更

前提条件

制約事項

次の作業

ローカル電話機間のコールに対する個々の電話機のコーデックの設定

前提条件

制約事項

次の作業

キー システムに対する電話機の設定方法

SCCP:単純なキー システムに対するディレクトリ番号の作成

制約事項

SCCP:キー システムのトランク回線の設定

SCCP:単純なキー システム電話機のトランク回線の設定

SCCP:高度なキー システム電話機のトランク回線の設定

SCCP:キー システム用の個々の IP Phone の設定

制約事項

次の作業

Cisco ATA、アナログ電話機サポート、リモート電話機、および Cisco IP Communicator の設定方法

Cisco ATA のサポートの設定

制約事項

次の作業

Cisco ATA のサポートの確認

Cisco ATA のサポートのトラブルシューティング

Cisco ATA でのコール ピックアップとグループ コール ピックアップの使用方法

SCCP:SCCP 制御のアナログ(FXS)ポートでの電話機の設定

前提条件

制約事項

次の作業

SCCP:アナログ電話機のサポートの確認

SCCP:リモート電話機の有効化

前提条件

制約事項

次の作業

SCCP:リモート電話機の確認

SCCP:Cisco IP Communicator のサポートの設定

前提条件

SCCP:Cisco IP Communicator のサポートの確認

SCCP:Cisco IP Communicator のサポートのトラブルシューティング

基本的なコールを発信するための設定例

基本的なコールを発信するための SCCP 電話機の設定:例

基本的なコールを発信するための SIP 電話機の設定:例

SIP 電話機の一括登録の無効化:例

Cisco ATA:例

SCCP アナログ電話機:例

在宅勤務者のリモート電話機:例

関連情報

その他の資料

関連マニュアル

テクニカル サポート

基本的なコールを発信するための電話機の設定に関する機能情報

基本的なコールを発信するための電話機の設定

Revised: April 14, 2008

 

この章では、基本的なコールを発信および受信できるように、Cisco Unified Communications Manager Express(Cisco Unified CME)内の Cisco Unified IP Phone を設定する方法について説明します。


) Cisco Unified Communications Express - QCT を使用して基本的なテレフォニー設定を生成する場合は、設定を変更して電話機を追加する場合を除いて、この章を省略してもかまいません。


この章で説明する機能について

この章で説明している機能の一部は、ご使用のバージョンの Cisco Unified CME でサポートされていない場合があります。それぞれの機能がサポートされているバージョンの一覧については、「基本的なコールを発信するための電話機の設定に関する機能情報」を参照してください。

基本的なコールを発信するための電話機の設定に関する前提条件

Cisco IOS ソフトウェアおよび Cisco Unified CME ソフトウェア(Cisco Unified IP Phone を Cisco Unified CME に接続するための電話機ファームウェア ファイルも含む)を、ルータのフラッシュ メモリにインストールする必要があります。 Cisco Unified CME ソフトウェアのインストールとアップグレードを参照してください。

SIP を実行し、Cisco Unified CME に直接接続されている Cisco Unified IP Phone の場合、ルータに Cisco Unified CME 3.4 以降がインストールされている必要があります。 Cisco Unified CME ソフトウェアのインストールとアップグレードを参照してください。

この項の手順を開始する前に、 ネットワーク パラメータの定義および システム レベル パラメータの設定の手順を完了しておく必要があります。

基本的なコールを発信するための電話機の設定に関する制約事項

パーク スロットおよび会議用内線も含めて、ダイヤル ピアまたは ephone-dn を Cisco Integrated Services Router(ISR; サービス統合型ルータ)音声バンドルに設定する場合は、使用可能な空きメモリの不足を警告する次のメッセージが表示されることがあります。

%DIALPEER_DB-3-ADDPEER_MEM_THRESHOLD: Addition of dial-peers limited by available memory

さらに多くのダイヤル ピアまたは ephone-dn を設定するには、システムの DRAM を増設します。中程度に複雑な設定では、デフォルトの 256 MB DRAM では不足し、512 MB の DRAM が必要になることがあります。メモリの使用率には、ダイヤル ピアの数や、設定されている ephone-dn の他にも多くの要因が関係しています。

基本的なコールを発信するための電話機の設定に関する情報

基本的なコールを発信するように電話機を設定するには、次の概念を理解しておく必要があります。

「Cisco Unified CME 内の電話機」

「ディレクトリ番号」

「共有回線のモニタ モード」

「電話機のウォッチ モード」

「PSTN FXO トランク回線」

「アナログ電話機」

「在宅勤務者のリモート電話機」

「SIP 電話機での数字の収集」

「SIP 電話機のセッション トランスポート プロトコル」

「Cisco Unified CME 電話機のコーデック」

「ephone-type の設定」

Cisco Unified CME 内の電話機

SCCP に対する ephone(Ethernet Phone)、または SIP に対する音声レジスタ プールとは、Cisco Unified CME 内の電話機用のソフトウェア設定です。この電話機は、Cisco Unified IP Phone とアナログ電話機のどちらでもかまいません。LAN 環境でサポートを受けるには、システム内の各物理電話機を Cisco Unified CME ルータ上の ephone または音声レジスタプールとして設定する必要があります。各電話機には、設定時に識別するための固有の タグ (シーケンス番号)が割り当てられます。

ディレクトリ番号

ディレクトリ番号(SCCP では ephone-dn、または SIP では voice-register dn とも呼ばれる)は、音声チャネルを電話機に接続する回線を表す、Cisco Unified CME 内のソフトウェア設定です。ディレクトリ番号には、コール接続を確立するための内線番号または電話番号が 1 つ以上関連付けられます。一般的に 1 つのディレクトリ番号は、一部の例外を除いて、1 つの電話回線に相当します。ディレクトリ番号にはさまざまなタイプがあり、特性も異なります。

各ディレクトリ番号には、設定時に識別するための固有の dn-tag (シーケンス番号)が割り当てられます。ディレクトリ番号は、設定時に電話機の回線ボタンに割り当てられます。

電話機を Cisco Unified CME に登録するときに、SCCP 電話機または SIP 電話機の設定に応じて、1 つの仮想音声ポートと 1 つ以上のダイヤルピアが、各ディレクトリ番号に対して自動的に作成されます。

作成するディレクトリ番号の数は、同時に接続できるコールの数に対応します。これは、各ディレクトリ番号がルータの仮想音声ポートを表すためです。つまり、同じ番号への複数のコールに同時に応答するには、同じ宛先番号パターンを持つ複数のディレクトリ番号が必要になります。

ディレクトリ番号は、Cisco Unified CME システムの基本的な要素です。6 つの異なるタイプのディレクトリ番号を、さまざまなコール カバレッジ状況に合せて、さまざまな方法で組み合せることができます。いずれのタイプも、特定のタイプの制限やコール カバレッジを設定する場合に有用です。たとえば、ディレクトリ番号の数を増やさないで、多数のユーザにサービスを提供する必要がある場合は、共有ディレクトリ番号を使用できます。または、使用可能な内線番号の数に制限がある状況で、多数のコールを同時に接続する必要がある場合は、同じ番号のディレクトリ番号を複数作成できます。重要なことは、各タイプのディレクトリ番号の動作と利点を理解することです。

すべての電話機またはすべてのプロトコルに対して、すべてのタイプのディレクトリ番号を設定できるわけではありません。ディレクトリ番号に関するその他の情報では、SCCP を使用した例を示していますが、SCCP 以外を使用できないという意味ではありません。次の各項で、Cisco Unified CME システムにおけるディレクトリ番号のタイプについて説明します。

「単一回線」

「二重回線」

「オクトライン」

「1 つの電話番号または内線番号を持つ 2 つのディレクトリ番号」

「二重番号」

「共有」

「共有回線のモニタ モード」

「オーバーレイ」

単一回線

単一回線ディレクトリ番号には、次の特性があります。

1 つの電話回線ボタンを使用して、コールを 1 つずつ接続します。単一回線ディレクトリ番号には、1 つの電話番号が関連付けられます。

Cisco Unified CME システムに接続された PSTN 回線と電話機のボタンとが 1 対 1 で対応している場合に使用します。

インターコム、ページング、メッセージ受信のインジケータ(MWI)、ループバック、および保留音(MOH)の供給元に接続された専用線に対して使用します。

コール ウェイティング、コール転送、および会議のような複数回線機能と併用する場合は、電話機の単一回線ディレクトリ番号が複数必要になります。

同じ電話機で二重回線ディレクトリ番号と組み合せることができます。

ディレクトリ番号の設定エントリを初めて作成するときは、システム内の各ディレクトリ番号を二重回線として設定するか、単一回線として設定するかを選択する必要があることに注意してください。後で単一回線から二重回線に変更する場合は、ディレクトリ番号の設定を削除してから再作成する必要があります。

図7 は、Cisco Unified CME 内の SCCP 電話機に対する単一回線ディレクトリ番号を表しています。

図7 単一回線ディレクトリ番号

 

二重回線

二重回線ディレクトリ番号には、次の特性があります。

1 つの音声ポートと 2 つのチャネルがあります。

SCCP を実行している IP Phone ではサポートされますが、SIP を実行している IP Phone ではサポートされません。

1 つの電話回線ボタンを使用して、同時に 2 つのコールを接続できます。二重回線ディレクトリ番号には、コールを別々に接続するためのチャネルが 2 つあります。

番号を 1 つまたは 2 つ(プライマリおよびセカンダリ)関連付けることができます。

コール ウェイティング、コール転送、または会議のような機能に対して 1 つの回線ボタンを使用する必要があるディレクトリ番号に使用します。

インターコム、ページング、メッセージ受信のインジケータ(MWI)、ループバック、および保留音(MOH)の供給元に接続された専用線に対して使用することはできません。

同じ電話機で単一回線ディレクトリ番号と組み合せることができます。

ディレクトリ番号の設定エントリを初めて作成するときは、システム内の各ディレクトリ番号を二重回線として設定するか、単一回線として設定するかを選択する必要があることに注意してください。後で単一回線から二重回線に変更する場合は、ディレクトリ番号の設定を削除してから再作成する必要があります。

図8 は、Cisco Unified CME 内の SCCP 電話機に対する二重回線ディレクトリ番号を表しています。

図8 二重回線ディレクトリ番号

 

オクトライン

オクトライン ディレクトリ番号は、1 つの電話機ボタンで着信と発信の両方に対して、最大 8 つのアクティブ コールをサポートしています。複数の電話機で排他的に共有される二重回線ディレクトリ番号(コールへの応答後、電話機は二重回線ディレクトリ番号の両方のチャネルを占有)とは異なり、オクトライン ディレクトリ番号は、ディレクトリ番号を共有している複数の電話機間でチャネルを分割することができます。すべての電話機は、共有されるオクトライン ディレクトリ番号のアイドル チャネルで、コールを開始または受信できます。

オクトライン ディレクトリ番号では、それぞれのアクティブ コールに対して別の ephone-dn が必要ないため、1 つのオクトライン ディレクトリ番号で複数のコールを処理できます。オクトライン ディレクトリ番号に対する複数の着信コールは、同時に鳴ります。電話機でコールに応答すると、その電話機の呼び出しが止まり、他の着信コールに対してはコール ウェイティング トーンが鳴ります。複数の電話機でオクトライン ディレクトリ番号を共有している場合、電話機ではアクティブ コールが鳴らずに着信コールが鳴り、これらの電話機は着信しているいずれかのコールに応答することができます。アクティブ コール中の電話機では、コールウェイティング トーンが聞こえます。

ある電話機が着信コールに応答すると、応答した電話機は接続状態になります。オクトライン ディレクトリ番号を共有している他の電話機は、remote-in-use 状態になります。

オクトライン ディレクトリ番号で接続していたコールが保留になると、このディレクトリ番号を共有しているいずれかの電話機が、保留されているコールをピックアップできるようになります。電話機のユーザがコールを転送中か、会議の作成中の場合は、コールがロックされて、オクトライン ディレクトリ番号を共有している他の電話機ではコールをピックアップできません。

図9 オクトライン ディレクトリ番号

 

割込みおよびプライバシー機能は、他の電話機がコール情報を参照できるかどうか、また共有しているオクトライン ディレクトリ番号上のコールに参加できるかどうかを制御します。

ディレクトリ番号の回線モードによる機能比較(SCCP 電話機)

表11 は、一般的なディレクトリ番号の機能、および ephone-dn コマンドで定義されている回線モードのタイプに基づいたサポートの一覧を示しています。

 

表11 回線モードによる機能比較(SCCP 電話機)

機能
単一回線
二重回線
オクトライン

割り込み

あり

ビジー トリガー

あり

会議(8 者間)

4 つのディレクトリ番号

1 つのディレクトリ番号

FXO トランクの最適化

あり

あり

ハントストップ チャネル

あり

あり

インターコム

あり

キー システム
(1 つのボタンで 1 コール)

あり

コールの最大数

あり

MWI

あり

オーバーレイ ディレクトリ番号
(c、o、x)

あり

あり

ページング

あり

パーク

あり

プライバシー

あり

1 つの電話番号または内線番号を持つ 2 つのディレクトリ番号

1 つの番号を持つ 2 つのディレクトリ番号には、次の特性があります。

同じ電話番号を持つ 2 つの仮想音声ポートを別々に備えているため、2 つのコールを別々に接続できます。

二重回線(SCCP のみ)または単一回線ディレクトリ番号を使用できます。

同じ電話機の異なるボタンに表示することも、異なる電話機に表示することもできます。

より少ない番号を使用してより多くのコールを接続できるようにする場合に使用します。

図10は、内線 1003 という同じ番号が割り当てられた 2 つのボタンを持つ電話機を示しています。各ボタンには異なるディレクトリ番号(ボタン 1 はディレクトリ番号 13、ボタン 2 はディレクトリ番号 14)が割り当てられています。したがって、ディレクトリ番号が単一回線の場合は 1 つの独立したコールを、ディレクトリ番号が二重回線の場合は 2 つ(合計で 4 つ)のコールを、各ボタンから接続できます。

図11 は、同じ番号のボタンをそれぞれ持つ 2 台の電話機を示しています。ボタンには異なるディレクトリ番号が割り当てられているため、これらのボタンに接続されるコールは互いに独立しています。電話機 4 の電話機ユーザが内線 1003 でコールを発信し、それと同時に電話機 5 の電話機ユーザが内線 1003 で異なるコールを受信できます。

2 つのディレクトリ番号に 1 つの番号が割り当てられた状況は、共有回線とは異なります。共有回線も 2 つのボタンに 1 つの番号が割り当てられていますが、両方のボタンに割り当てられたディレクトリ番号は 1 つだけです。共有ディレクトリ番号では、共有ディレクトリ番号が表示されているボタンすべてに同じコールが接続されます。共有ディレクトリ番号へのコールに 1 台目の電話機で応答して保留にした場合、共有ディレクトリ番号が表示されている 2 台目の電話機でそのコールを取得できます。ただし、2 つのディレクトリ番号に 1 つの番号が割り当てられた場合、コールの接続は、発信や受信に使用された電話機およびボタンにしか示されません。図11 の例では、電話機 4 のユーザがボタン 1 でコールを発信して保留にした場合、そのコールを取得できるのは電話機 4 からだけです。共有回線の詳細については、「共有」を参照してください。

図10図11 の例は、1 つの番号を持つ 2 つのディレクトリ番号を使用して、小規模なハント グループとして機能させる方法を示しています。図10 では、ボタン 1 のディレクトリ番号が使用中または無応答の場合、内線 1003 への着信コールはすべて、ボタン 2 と関連付けられたディレクトリ番号に転送されます。これは、適切な関連コマンドが設定されているためです。同様に、電話機 4 のボタンがビジーの場合、1003 への着信コールは電話機 5 のボタン 1 に転送されます。

図10 1 台の電話機に 1 つの番号を持つ 2 つのディレクトリ番号

 

図11 2 台の電話機に 1 つの番号を持つ 2 つのディレクトリ番号

 

二重番号

二重番号ディレクトリ番号には、次の特性があります。

プライマリ番号とセカンダリ番号という 2 つの電話番号が割り当てられます。

単一回線ディレクトリ番号になっている場合は 1 つのコールだけを接続できます。

二重回線ディレクトリ番号になっている場合は一度に 2 つのコールを接続できます(SCCP のみ)。

複数のディレクトリ番号を使用せずに、同じボタンに 2 つの異なる番号を割り当てる場合に使用します。

図12 は、内線 1006 と内線 1007 の 2 つの番号を持つディレクトリ番号を示しています。

図12 二重番号ディレクトリ

 

共有

共有ディレクトリ番号には、次の特性があります。

回線は 2 台の異なる電話機に表示されますが、同じディレクトリ番号、および内線番号または電話番号を使用します。

コールは 1 つずつ発信できますが、そのコールは両方の電話機に表示されます。

複数の電話機でコールに応答またはコールを取得できるようにする場合に使用します。

これらの電話機は同じディレクトリ番号を共有するため、ディレクトリ番号が 1 台目の電話機でコールに接続された場合、そのディレクトリ番号を 2 台目の電話機で別のコールに使用することはできません。1 台目の電話機でコールが保留になっている場合、そのコールは 2 台目の電話機で取得できます。この操作は、複数の内線番号を持つ単一回線電話機を家庭に配置した場合に似ています。番号が表示されている任意の電話機からコールに応答することも、番号が表示されている保留中の任意の電話機でコールを取得することもできます。

図13 は、SCCP を実行している電話機での共有ディレクトリ番号を示しています。内線 1008 は、電話機 7 と電話機 8 の両方に表示されます。

図13 共有ディレクトリ番号

 

オーバーレイ

オーバーレイ ディレクトリ番号には、次の特性があります。

オーバーレイ セットのメンバーです。オーバーレイ セットには、特定の電話機のボタンにまとめて割り当てられたすべてのディレクトリ番号が含まれています。

オーバーレイ セットの別のメンバーと同じ電話番号または内線番号を割り当てることも、異なる番号を割り当てることもできます。

単一回線または二重回線にすることができますが、同じオーバーレイ セットで単一回線と二重回線を混合することはできません。

複数の電話機で共有できます。

複数の電話機に同じ番号を表示できるため、オーバーレイ ディレクトリ番号のコール カバレッジは共有ディレクトリ番号のものと似ています。2 つのディレクトリ番号を、単純な共有ディレクトリ番号としてではなく、オーバーレイ配置で使用する利点は、1 台目の電話機で特定の番号にコールが接続された場合、共有ディレクトリ番号では別の電話機で同じ番号を使用できなくなるのに対して、オーバーレイ配置では使用できることです。

オーバーレイ ephone-dn を使用したコール カバレッジの設定については、 コール カバレッジ機能の設定を参照してください。

単一ボタンに最大 25 回線をオーバーレイできます。オーバーレイ ディレクトリ番号の通常の使い方では、10 台の電話機で共有するオーバーレイ セットで 10 回線を使用して、「10x10」の共有回線を作成します。この結果、同じ番号に 10 個のコールを同時に接続できるようになります。設定については、「SCCP:単純なキー システムに対するディレクトリ番号の作成」を参照してください。

共有回線のモニタ モード

Cisco CME 3.0 以降のバージョンでは、共有回線のモニタ モードによって、回線が使用中かどうかを示す回線ステータスが表示されます。

回線が使用中の場合は、コールの着信または発信にその回線を使用できません。モニタ回線ランプは、その回線がアイドル コール状態にある場合にだけ消灯します。アイドル状態になるのは、コールの完了後からコールの発信前までです。それ以外のコール状態では、モニタ回線ランプは点灯します。

監視されている回線がアイドル状態の場合は、その回線の回線ボタンを、コール転送のダイレクトステーション選択として使用することもできます。この場合には、通常の回線からコールを転送する受付担当は、転送ボタンを押してから監視対象回線の回線ボタンを押して、監視されている回線の電話番号にコールを転送することができます。

設定については、「SCCP:電話機へのディレクトリ番号の割り当て」を参照してください。

モニタ モードは、共有回線のコンテキストに限定して使用するためのものです。これは、受付担当が、複数ユーザの電話機内線番号に関する使用中ステータス(Busy Lamp Field(BLF; ビジー ランプ フィールド)通知など)を視覚的に監視できるようにするためです。個々の電話機ですべての回線を監視し、受付担当が電話機の使用中ステータスを視覚的に監視できるようにするには、「電話機のウォッチ モード」を参照してください。

短縮ダイヤル ボタンの BLF モニタリング、およびディレクトリのコールリストについては、 プレゼンス サービスの設定を参照してください。

電話機のウォッチ モード

Cisco Unified CME 4.1 以降のバージョンでは、電話機でウォッチ モードに設定されている回線ボタンによって、他の電話機(監視対象の電話機)のすべての回線に対するビジー ランプ フィールド(BLF)通知が提供されます。監視されるのは、監視対象のディレクトリ番号がプライマリ回線になっている電話機です。ウォッチ モードでは、受付担当などの電話機ユーザが、個々の電話機の使用中ステータスを視覚的に監視することができます。監視する側の電話機の回線および回線ボタンは、ステータス表示用のウォッチ モードとしてのみ使用できます。ウォッチ モードに設定されている回線ボタンを使用して、コールを発信または受信することはできません。ウォッチ モードになっている回線ボタンへの着信コールは、呼出音を鳴らさず、発信者 ID およびコールウェイティングの発信者 ID も表示しません。

監視対象の電話機がアイドル状態の場合は、その電話機の回線ボタンを、コール転送のダイレクトステーション選択として使用することもできます。この場合には、通常の回線からコールを転送する電話機ユーザは、転送ボタンを押してから監視対象ディレクトリ番号の回線ボタンを押して、監視対象ディレクトリ番号に関連付けられている電話番号にコールを転送することができます。

設定については、「SCCP:電話機へのディレクトリ番号の割り当て」を参照してください。


) 監視対象ディレクトリ番号が共有回線で、それが関連付けられているどの電話機でも共有回線がアイドル状態でない場合、ウォッチ モードでの回線ボタンのステータスは、監視対象の電話機が使用中であることを示します。

監視対象ディレクトリ番号に基づいて個々の電話機のステータスを監視する際に最適な結果を得るには、ウォッチ モードに設定されているディレクトリ番号を共有回線にしないでください。共有回線を監視して、受付担当が複数ユーザの電話機内線番号の使用中ステータスを視覚的に監視できるようにするには、「共有回線のモニタ モード」を参照してください。


 

短縮ダイヤル ボタンの BLF モニタリング、およびディレクトリのコールリストについては、 プレゼンス サービスの設定を参照してください。

PSTN FXO トランク回線

Cisco CME 3.2 以降のバージョンでは、SCCP を実行している IP Phone で、ボタンを専用 PSTN FXO トランク回線(FXO 回線とも呼ばれる)に割り当てるように設定できます。従業員がプライベート PSTN 番号を必要とする企業では、FXO 回線を使用する場合があります。たとえば、主番号を経由せずに顧客からコールしてもらえるように、営業担当者が特別な番号を必要とする場合があります。ダイレクト番号にコールが着信すると、営業担当者は、発信者が顧客であることを識別できます。営業担当者が不在であれば、顧客はボイスメールを残すことができます。FXO 回線では、PSTN サービス プロバイダーのボイスメールを使用できます。この場合、回線ボタンが押されると、その回線が確保され、ユーザには、ボイスメールが使用可能であることを示すために PSTN が提供する断続的なダイヤル トーンが聞こえます。

FXO 回線は専用回線として動作するため、ユーザは、外線にアクセスするためにプレフィックス(9 や 8 など)をダイヤルする必要はありません。企業内の電話機ユーザにアクセスする場合、FXO 回線ユーザは、企業の PSTN 番号を使用する番号をダイヤルする必要があります。ローカル IP Phone など、非 PSTN の宛先へのコールに対しては、2 つ目のディレクトリ番号をプロビジョニングする必要があります。

FXO 回線で発信または受信されるコールは、Cisco Unified CME サービスの制約を受け、Cisco Unified CME で転送することはできません。ただし、電話機ユーザは、[フラッシュ]ソフトキーを使用して、フックフラッシュ制御の PSTN サービスにアクセスすることができます。

Cisco Unified CME 4.0 では、次の FXO トランク拡張機能が導入され、Cisco Unified CME システムにおいて、SCCP を実行している電話機の PSTN 回線のキースイッチ エミュレーション動作が向上しています。

FXO ポートの監視:FXO ポートの使用中に、ポートの正確なステータスを IP 電話機の回線ボタンに表示できます。コールの継続中は、コールが自動転送または転送された後であっても、FXO ポートの正確なステータスがステータス インジケータ(電話機のモデルに応じて、ランプまたはアイコンのいずれか)に表示されます。複数のトランク ephone-dn を使用して、同じ FXO ポートを複数の電話機によって監視できます。

転送再発信:転送先の電話機が、指定したタイムアウトを過ぎても応答しない場合、コールは転送を起動した電話機に戻され、FXO 回線ボタン上で呼び出しが再開されます。ディレクトリ番号は、二重回線になっている必要があります。

転送先ボタンの最適化:FXO コールが別の電話機の専用内線ボタンに転送され、その電話機が FXO ポート用の共有回線ボタンを備えていた場合は、転送がコミットされてコールが応答されると、接続されたコールは転送先電話機の FXO 回線ボタン上に表示されます。この動作によって、転送先の電話機の専用内線回線は解放されます。ディレクトリ番号は、二重回線になっている必要があります。

二重回線 ephone-dn:FXO 回線のディレクトリ番号を二重回線に設定して、FXO の監視、転送の再発信、および転送先ボタンの最適化の各機能をサポートできるようになりました。

設定については、「SCCP:キー システムのトランク回線の設定」を参照してください。

アナログ電話機

Cisco Unified CME は、SCCP モードまたは H.323 モードの Cisco Analog Telephone Adaptor(ATA)または FXS ポートを使用するアナログ電話機をサポートし、H.323 モードの Cisco ATA または FXS ポート上のファックス装置をサポートします。アナログ電話機またはファックスに使用される FXS ポートは、Cisco Unified CME ルータ上、あるいは Cisco VG224 音声ゲートウェイまたはサービス統合型ルータ(ISR)上にあります。この項では、次のトピックについて取り上げます。

「SCCP モードの Cisco ATA」

「SCCP モードの FXS ポート」

「H.323 モードの FXS ポート」

SCCP モードの Cisco ATA

Cisco IOS Release 12.2(11)T 以降では、SCCP を使用するアナログ電話機を費用有効的にサポートするように Cisco ATA 186 または Cisco ATA 188 を設定できます。各 Cisco ATA では、2 台のアナログ電話機を IP 電話機として機能させることができます。設定については、「Cisco ATA のサポートの設定」を参照してください。

SCCP モードの FXS ポート

Cisco VG224 音声ゲートウェイ、Cisco 2800 シリーズ、および Cisco 3800 シリーズ ISR の FXS ポートは、SCCP の補足機能に対して設定することができます。Cisco Unified CME ルータで制御された Cisco IOS ゲートウェイのアナログ FXS ポートでの SCCP 補足機能の使用については、『 SCCP Controlled Analog (FXS) Ports with Supplementary Features in Cisco IOS Gateways 』を参照してください。

H.323 モードの FXS ポート

SCCP 補足機能を有効にできないプラットフォーム上の FXS ポートは、H.323 モードを使用して、コール ウェイティング、発信者 ID、フックフラッシュ転送、モデム パススルー、ファックス(T.38 ファクス リレー、Cisco ファックス リレー、パススルー)、および PLAR をサポートできます。これらの機能は、Cisco Unified CME の機能としてではなく、Cisco IOS 音声機能としてプロビジョニングされます。Cisco Unified CME を使用する場合は、H.323 モードの FXS ポートにコール ウェイティングまたはフックフラッシュ転送を設定できますが、両方同時には設定できないことに注意してください。

H.323 モードの FXS ポートにアナログ電話機機能を設定する方法の詳細については、次のリンクを参照してください。

Voice Ports Configuration Guide 』の「 Configuring Analog Voice Ports 」の項

Cisco IOS Voice Configuration Library 』の「 Caller ID 」の項

Cisco IOS Fax and Modem Services over IP Application Guide

在宅勤務者のリモート電話機

IP Phone または Cisco IP Communicator のインスタンスは、Wide Area Network(WAN)経由で Cisco Unified CME システムに接続して、Cisco Unified CME ルータから遠く離れたオフィスを持つ在宅勤務者をサポートできます。サポートできるリモート電話機の最大数は、使用可能な帯域幅によって決まります。

IP アドレッシングは、在宅勤務者のリモート電話機設計の最も重要な側面の決定要因です。次の 2 つのシナリオは、最も一般的な設計を示しています。2 番目のシナリオは、中小企業にとって最も一般的です。

リモート サイトの IP Phone とハブ Cisco Unified CME ルータが、グローバルにルーティング可能な IP アドレスを使用する。

リモート サイトの IP Phone がルーティング不能なプライベート IP アドレスで NAT を使用し、ハブ Cisco Unified CME ルータがグローバルにルーティング可能なアドレスを使用する(図14 を参照)。このシナリオでは、次のいずれかの回避策を使用しない限り、音声が一方向になります。

リモート サイトのルータ(たとえば、Cisco 831 イーサネット ブロードバンド ルータ)上にスタティック NAT マッピングを設定し、プライベート アドレスとグローバルにルーティング可能なアドレスの間の変換を行う。このソリューションでは、使用する Cisco Unified CME リソースが少なくてすみますが、WAN 経由の音声が暗号化されません。

リモート サイトのルータ(たとえば、Cisco 831)と Cisco Unified CME ルータの間に IPsec VPN トンネルを設定する。このソリューションでは、Cisco Unified CME ルータを VPN トンネルの終端に使用する場合、このルータ上で拡張 IP サービス以上のイメージが必要になります。WAN 経由の音声は暗号化されます。この方法は、PC 上の Cisco VPN クライアントでも有効で、Cisco IP Communicator をサポートします。

図14 NAT を使用するリモート サイトの IP Phone

 

リモート電話機のメディア ターミネーション ポイント

Media Termination Point(MTP; メディア ターミネーション ポイント)の設定を使用すると、リモート電話機からの Real-Time Transport Protocol(RTP)のメディア パケットが必ず Cisco Unified CME ルータを通過することが保証されます。MTP 機能を使用しない場合、同じ Cisco Unified CME システム内の別の電話機とコールで接続されている電話機は、メディア パケットを通話相手の電話機に直接送信するため、メディア パケットは Cisco Unified CME ルータを通過しません。MTP を使用すると、パケットが強制的に Cisco Unified CME ルータ経由で供給されます。

この設定を使用して、電話機がそのメディア パケットを必ず Cisco Unified CME ルータに送信するようにすると、ルータが MTP またはプロキシのように機能して、パケットを宛先の電話機に転送します。ファイアウォールが存在する場合、RTP パケットを通過させるようにファイアウォールを設定できます。これは、ルータがメディア パケットに、指定された UDP ポートを使用するためです。リモート IP Phone からの RTP パケットはファイアウォールを通過する必要がありますが、このようにして、その RTP パケットを同じシステム上の IP Phone に送信できます。

メディア パケットを Cisco Unified CME に送信する各リモート電話機に対して、MTP を明示的に有効にするには、 mtp コマンドを使用する必要があります。

検討する必要のある 1 つの要素は、システム内でマルチキャストの Music On Hold(MOH; 保留音)を使用するかどうかということです。マルチキャスト パケットは、通常、WAN 経由で到達する電話機に転送できません。マルチキャスト MOH 機能では、電話機で MTP が有効になっているかどうかが確認されます。有効になっている場合、その電話機に MOH は送信されません。WAN がマルチキャスト パケットを転送できるように設定されており、RTP パケットのファイアウォール通過を許可できる場合は、MTP を使用しなくてもかまいません。

設定については、「SCCP:リモート電話機の有効化」を参照してください。

リモート電話機の G.729r8 コーデック

リモート IP Phone で G.729r8 コーデックを選択すると、ネットワークの帯域幅の節約に役立ちます。デフォルトのコーデックは G.711 mu-law です。 dspfarm-assist キーワードを付けずに codec g729r8 コマンドを使用すると、Cisco Unified CME ルータ上の 2 台の電話機間(IP Phone と別の IP Phone の間や、IP Phone と FXS アナログ電話機の間など)のコールだけで、G.729 コーデックの使用が維持されます。 dspfarm-assist キーワードも使用しない限り、 codec g729r8 コマンドは VoIP ダイヤルピア経由で送信されるコールに影響を及ぼしません。

設定については、「SCCP:リモート電話機の有効化」を参照してください。

G.729r8 コーデックを使用した場合の変換動作については、「リモート電話機で G.729r8 を使用する場合の変換」を参照してください。

SIP 電話機での数字の収集

電話機ユーザがダイヤルした数字列は、収集され、定義されているパターンと照合されて、ユーザの入力に対応する宛先へコールが発信されます。Cisco Unified CME 4.1 よりも前は、SIP 電話機ユーザはダイヤル ソフトキーまたは # キーを押すか、コール処理をトリガーするまで数字間タイムアウトを待つ必要がありました。Cisco United CME 4.1 以降では、電話機のモデルに応じて、SIP 電話機に対する数字の収集と照合の 2 つのメソッドがサポートされています。

「KPML 数字の収集」

「SIP ダイヤル プラン」

KPML 数字の収集

Key Press Markup Language(KPML)は、SIP SUBSCRIBE メソッドおよび NOTIFY メソッドを使用して、ユーザの入力を 1 桁ずつレポートします。電話機ユーザがダイヤルした各数字は、そのシグナリング メッセージを Cisco Unified CME に対して生成します。Cisco Unified CME では、ダイヤルされた数字を収集しながら、宛先パターンをダイヤルピアと照合することでパターン認識を実行します。各数字をすぐにリレーするこのプロセスは、SCCP 電話機で使用されているプロセスと似ています。ユーザがダイヤル ソフトキーを押したり、数字が Cisco Unified CME に送信されて処理されるまで、数字間タイムアウトを待つ必要がありません。

KPML は、Cisco Unified IP Phone 7911G、7941G、7941GE、7961G、7961GE、7970G、および 7971GE でサポートされています。設定については、「SIP:KPML の有効化」を参照してください。

SIP ダイヤル プラン

ダイヤル プランとは、ユーザがオフフックにして宛先の番号をダイヤルした後で、数字の収集が完了したタイミングを判断するために SIP 電話機が使用する一連のダイヤル パターンです。ダイヤル プランを使用すると、SIP 電話機でローカルの数字収集を実行し、ユーザ入力を収集しながらダイヤル パターンを認識できます。パターンの認識後は、SIP 電話機が Cisco Unified CME に INVITE メッセージを送信して、ユーザの入力と一致する番号に対してコールを発信します。ユーザが入力したすべての数字は、Cisco Unified CME に対して 1 つのブロックとして渡されます。数字の収集は電話機で行われるため、ダイヤル プランを使用すると、KPML の数字収集に比べてシグナリング メッセージのオーバーヘッドが減少します。

SIP ダイヤル プランでは、ユーザがダイヤル ソフトキーまたは # キーを押したり、発信する INVITE をトリガーするために数字間タイムアウトを待つ必要がありません。管理者は、SIP ダイヤル プランを設定し、そのダイヤル プランを SIP 電話機に関連付けることができます。ダイヤル プランは、電話機の設定ファイル内にダウンロードされます。

SIP ダイヤル プランを設定し、それらを次の SIP 電話機に関連付けることができます。

Cisco Unified IP Phone 7911G、7941G、7941GE、7961G、7961GE、7970G、および 7971GE:これらの電話機はダイヤル プランを使用し、KPML をサポートしています。ダイヤル プランと KPML の両方が有効になっている場合は、ダイヤル プランが優先されます。

一致するダイヤル プランが見つからず、KPML が無効になっている場合は、SIP NOTIFY メッセージが Cisco Unified CME に送信されるまで、ユーザは数字間タイムアウトを待つ必要があります。他の SIP 電話機とは異なり、これらの電話機では、オンフック ダイヤリングが使用されている場合を除いて、ダイヤリングの終了を示すためのダイヤル ソフトキーはありません。この場合、ユーザはいつでもダイヤル ソフトキーを押して、ダイヤルされたすべての数字を Cisco Unified CME に送信できます。

Cisco Unified IP Phone 7905、7912、7940、および 7960:これらの電話機はダイヤル プランを使用しますが、KPML をサポートしていません。これらの電話機に対して SIP ダイヤル プランを設定しない場合、またはダイヤルされた数字がダイヤル プランと一致しない場合、ユーザはダイヤル ソフトキーを押すか、または数字が Cisco Unified CME に送信されるまで、数字間タイムアウトを待つ必要があります。

電話機をリセットすると、電話機は TFTP サーバに設定ファイルを要求します。これにより、電話機のタイプに応じて適切な設定ファイルが作成されます。

Cisco Unified IP Phone 7905 および 7912:ダイヤル プランは設定ファイル内の 1 つのフィールドです。

Cisco Unified IP Phone 7911G、7940、7941G、7941GE、7960、7961G、7961GE、7970G、および 7971GE:ダイヤル プランは、通常の設定ファイルからポイントされる独立した XML ファイルです。

Cisco Unified CME の設定については、「SIP:ダイヤル プランの設定」を参照してください。

SIP 電話機のセッション トランスポート プロトコル

Cisco Unified CME 4.1 以降のバージョンでは、サポートされている SIP 電話機を Cisco Unified CME に接続するためのトランスポート プロトコルとして、TCP を選択できます。以前は UDP のみがサポートされていました。TCP は、音声レジスタ プールで session-transport コマンドを使用するか、または voice register template 設定モードを使用して、個々の SIP 電話機に対して選択できます。設定については、「SIP:電話機に対するセッション トランスポート プロトコルの選択」を参照してください。

Cisco Unified CME 電話機のコーデック

Cisco CME 3.4 では、SIP 電話機の接続およびプロビジョニングのサポートが追加されました。SCCP 電話機の POTS ダイヤルピアのデフォルト コーデックは G.711 で、SIP 電話機の VoIP ダイヤルピアのデフォルト コーデックは G.729 です。Cisco Unified CME 内の SCCP 電話機と SIP 電話機のどちらも、コーデックを変更するよう特に設定されていない場合、同じルータ上の 2 つの電話機間のコールでは、デフォルト コーデックの不一致によってビジー信号が発生します。コーデックの不一致を防止するには、Cisco Unified CME 内で IP Phone ごとにコーデックを指定します。SIP 電話機または SCCP 電話機のいずれかの設定を変更して、すべての電話機のコーデックを確実に一致させる必要があります。SIP 電話機と SCCP 電話機の両方の設定を変更しないでください。設定については、 「ローカル電話機間のコールに対する個々の電話機のコーデックの設定」 を参照してください。

Cisco Unified CME 4.3 では、G.722-64K および Internet Low Bit Rate Codec(iLBC)のサポートが追加されました。これにより、Cisco Unified CME は、新しい Cisco Unified IP Phone、モバイル無線ネットワーク、およびインターネット テレフォニーで使用されているものと同じコーデックを、変換なしでサポートできるようになりました。この機能では、次のものをサポートできます。

Cisco Unified CME 内の iLBC および G.722 対応の SIP IP Phone と SCCP IP Phone

Cisco Unified CME 内の iLBC 対応の SCCP アナログ エンドポイントおよびリモート電話機

G.722 および ILBC の会議のサポート

転送、コール自動転送、MOH、G.722 と iLBC のサポートなどの補足サービス(G.722 とその他のコーデックとの間で変換を必要とする補足サービスを含む)

G.722 および iLBC に対する変換(G.722 から G.711、および G.722 からその他のコーデックへの変換を含む)

G.722 および iLBC コーデックを導入すると、異なる電話機のコーデック機能間、および同じ電話機タイプの異なるファームウェア バージョン間で不一致が生じることがあります。たとえば、H.323 コールが確立されると、ダイヤルピア コーデックに基づいてコーデックがネゴシエートされ、H.323 側でサポートされているコーデックは電話機でサポートされていると仮定されます。G.722 および ILBC コーデックがネットワークに導入された後は、この仮定が成り立たなくなります。電話機が H.323 側のコーデックをサポートしていない場合は、変換が必要です。このような状況で変換を回避するには、G.722 および iLBC コーデックをサポートできない電話機へのコールにこれらのコーデックが使用されないように着信ダイヤルピアを設定します。あるいは、これらの電話機を G.729 または G.711 用に設定します。また、共有ディレクトリ番号を設定する場合は、同じコーデック機能を持つ電話機が、その共有ディレクトリ番号に接続されるようにします。

G.722-64K

G.711 や G.729 などの従来の PSTN テレフォニー コーデックはオーディオ信号を狭いオーディオ帯域でエンコードするので、ナローバンド コーデックに分類されます。これらのコーデックでは、電話コールが独特の「金属性」の音になります。G.722 などのワイドバンド コーデックは優れた音質を提供します。これは、ナローバンドの周波数応答が 300 Hz ~ 3.4 kHz であるのに対して、ワイドバンドの周波数応答が 200 Hz ~ 7 kHz であるためです。64 kbps で、G.722 コーデックは会議向けのパフォーマンスと音楽並みの音質を提供します。

一部の Cisco Unified IP Phone 用のワイドバンド受話器(Cisco Unified IP Phone 7906G、7911G、7941G-GE、7942G、7945G、7961G-GE、7962G、7965G、7975G など)は、ワイドバンド コーデックが提供する高音質を利用し、高忠実度のワイドバンド オーディオによってエンドユーザ環境を強化します。ユーザがワイドバンドをサポートした受話器を使用している場合、電話機のワイドバンド設定を有効にすると、音声感度が向上します。電話機の設定ファイルで該当する VendorConfig パラメータを設定することにより、IP Phone のワイドバンド受話器設定に対する電話機ユーザのアクセス権を設定できます。設定については、 Cisco Unified IP Phone のオプションの変更 を参照してください。

システムがワイドバンド コーデック用に設定されていない場合は、ワイドバンド受話器を使用していても、電話機ユーザが音声感度の向上を認識できないことがあります。

Cisco Unified CME を介したすべてのコールに対して、システムレベルで G.722-64K コーデックを設定できます。設定については、 「グローバル コーデックの変更」 を参照してください。個々の電話機を設定し、ローカル電話機間のコールに対するコーデックの不一致を回避するには、 「ローカル電話機間のコールに対する個々の電話機のコーデックの設定」 を参照してください。

iLBC コーデック

Internet Low Bit Rate Codec(iLBC)を使用すると、ネットワークでフレームが失われた場合に、音声品質の低下が緩和されます。iLBC は、テレフォニーやテレビ会議、ストリーミング オーディオ、アーカイブ、メッセージングなど、リアルタイムの通信に適しています。このコーデックは、インターネット テレフォニー ソフトフォンで広く使用されています。SIP、SCCP、および MGCP の各コール プロトコルは、オーディオ コーデックとして iLBC の使用をサポートしています。iLBC は、G.711 よりは劣るものの、G.729 よりも優れた音質を提供します。iLBC など、ネットワークにおいて標準化されたコーデックの使用をサポートすることによって、エンドツーエンドの IP コールが、変換なしで可能になります。

Cisco Unified CME におけるアナログ エンドポイントなど、個々の SIP または SCCP 電話機を設定し、ローカル電話機間のコールに対するコーデックの不一致を回避するには、 「ローカル電話機間のコールに対する個々の電話機のコーデックの設定」 を参照してください。

ephone-type の設定

Cisco Unified CME 4.3 以降のバージョンでは、Cisco IOS ソフトウェアをアップグレードせずに、新しい電話機タイプを動的に設定に追加できます。新機能が導入されていない新しい電話機モデルを簡単に設定に追加できます(ソフトウェアをアップグレードする必要はありません)。

ephone-type 設定テンプレートは、特定の電話機タイプのデバイス ID、ボタンの数、セキュリティ サポートなど、電話機のタイプによってサポートされている機能を記述したコマンド セットです。テレフォニーサービス、ephone-type テンプレート、および ephone 設定モードでのその他の電話機関連の設定は、ephone-type テンプレートで設定された機能よりも優先させることができます。たとえば、ephone -type テンプレートでは特定の電話機タイプがセキュリティをサポートするように指定し、別の設定ではこの機能を無効にすることができます。ただし、ephone-type テンプレートで、この電話機がセキュリティをサポートしないように指定した場合、他の設定でセキュリティ機能のサポートを有効にすることはできません。

Cisco Unified CME は ephone-type テンプレートを使用して、電話機をプロビジョニングするための XML ファイルを生成します。システム定義の電話機タイプは、ephone-type 設定を使用することなく継続してサポートされます。Cisco Unified CME は、ephone-type をシステム定義の電話機タイプと照合します。電話機タイプまたはデバイス ID で矛盾がある場合は、設定が拒否されます。

設定については、「SCCP:ephone-type テンプレートの設定」を参照してください。

PBX システムに対する電話機の設定方法

この項では、次の作業について取り上げます。

「SCCP:ディレクトリ番号の作成」(必須)

「SCCP:ephone-type テンプレートの設定」(オプション)

「SCCP:電話機へのディレクトリ番号の割り当て」(必須)

「SIP:ディレクトリ番号の作成」(必須)

「SIP:電話機へのディレクトリ番号の割り当て」(必須)

「SIP:ダイヤル プランの設定」(オプション)

「SIP:ダイヤル プラン設定の検証」(オプション)

「SIP:KPML の有効化」(オプション)

「SIP:電話機に対するセッション トランスポート プロトコルの選択」(オプション)

「SIP:ディレクトリ番号に対する SIP プロキシ登録の無効化」(必須)

「グローバル コーデックの変更」

「ローカル電話機間のコールに対する個々の電話機のコーデックの設定」(必須)

SCCP:ディレクトリ番号の作成

Cisco Unified CME で SCCP 電話機、インターコム回線、音声ポート、またはメッセージ受信のインジケータ(MWI)に対してディレクトリ番号を作成するには、作成する各ディレクトリ番号に対して次の手順を実行します。各 ephone-dn が仮想回線、つまり内線になり、これに対してコールを接続できます。ephone-dn の設定はそれぞれ、1 つまたは複数の仮想ダイヤル ピアおよび仮想音声ポートを自動的に作成して、それらのコールの接続を行います。


) ディレクトリ番号を作成し、オーバーレイ セットの中に含まれるように割り当てるには、 SCCP:オーバーレイ ephone-dn の設定を参照してください。


前提条件

電話番号の最大数は、 max-dn コマンドを使用してデフォルトの 0 以外に設定する必要があります。

オクトライン ディレクトリ番号は、Cisco Unified CME 4.3 以降のバージョンでサポートされています。

制約事項

Cisco Unified IP Phone 7931G は SCCP のキーセット電話機であり、キー システムに対して設定される場合は、ディレクトリ番号に対する二重回線オプションをサポートしません。Cisco Unified IP Phone 7931G を設定するには、「キー システムに対する電話機の設定方法」を参照してください。

オクトライン ディレクトリ番号は、Cisco Unified IP Phone 7902、7920、または 7931 ではサポートされません。また、Cisco VG224 または Cisco ATA に接続されたアナログ電話機でもサポートされません。

オクトライン ディレクトリ番号は、ボタン オーバーレイ セットでサポートされません。

オクトライン ディレクトリ番号は、 trunk コマンドをサポートしません。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. ephone-dn dn-tag [ dual-line | octo-line ]

4. number number [ secondary number ] [ no-reg [ both | primary ]]

5. huntstop [ channel number ]

6. name name

7. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

ephone-dn dn-tag [ dual-line | octo-line ]

 

Router(config)# ephone-dn 7 octo-line

ephone-dn 設定モードを開始して、SCCP 電話機に対するディレクトリ番号を作成します。

dual-line :(オプション)ディレクトリ番号ごとに 2 つのコールを有効にします。1 つの ephone-dn でコール ウェイティング、コール転送、会議などの機能をサポートします。

octo-line :(オプション)ディレクトリ番号ごとに 8 つのコールを有効にします。Cisco Unified CME 4.3 以降のバージョンでサポートされています。

電話番号の回線モードを変更するには(二重回線からオクトラインへ、またはその逆)、最初に ephone-dn を削除してから再作成する必要があります。

ステップ 4

number number [ secondary number ] [ no-reg [ both | primary ]]

 

Router(config-ephone-dn)# number 2001

ディレクトリ番号に対する内線番号を設定します。

セカンダリ番号を設定すると、1 つの ephone-dn でコール ウェイティング、コール転送、会議などの機能をサポートできます。

ステップ 5

huntstop [ channel number ]

 

Router(config-ephone-dn)# huntstop channel 4

(オプション)チャネル ハントストップを有効にします。チャネル ハントストップを有効にすると、最初のチャネルが通話中または無応答であっても、コールはディレクトリ番号の次のチャネルをハントしません。

channel number :着信コールの受入れが可能なチャネル数。残りのチャネルは、発信コール、およびコール転送、コール ウェイティング、会議などのために予約されています。値の範囲は 1 ~ 8 です。デフォルトは 8 です。

Number 引数は、オクトライン ディレクトリ番号でのみサポートされています。

ステップ 6

name name

 

Router(config-ephone-dn)# name Smith, John

(オプション)名前をこの電話番号と関連付けます。

名前は、発信者 ID の表示と、ローカル ディレクトリのリスト表示で使用されます。

directory コマンドで指定された名前の順序に従う必要があります。

ステップ 7

end

 

Router(config-ephone-dn)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

共有オクトライン ディレクトリ番号

次の例では、ephone-dn 7 は phone 10 に関連付けられていて、他の電話機では共有されていません。ephone-dn 7 には 2 つのアクティブ コールがあります。 busy-trigger-per-button コマンドは 2 に設定されているため、内線 2001 に対する 3 番目の着信コールはビジー トーンで拒否されるか、通話中のコールの自動転送が設定されている場合は他の宛先へ転送されます。電話機ユーザは、ephone-dn 7 で発信コールを作成することも、コールの転送または電話会議を行うこともできます。これは、 max-calls-per-button コマンドが 3 に設定されていて、ephone-dn 7 で合計 3 つのコールが可能になるためです。

ephone-dn 7 octo-line

number 2001

name Smith, John

huntstop channel 4

!

!

ephone 10

max-calls-per-button 3

busy-trigger-per-button 2

mac-address 00E1.CB13.0395

type 7960

button 1:7

非共有オクトライン ディレクトリ番号

次の例では、ephone-dn 7 は phone 10 と phone 11 で共有されています。ephone-dn 7 には 2 つのアクティブ コールがあります。 busy-trigger-per-button コマンドが 3 に設定されているため、ephone-dn 7 に対する 3 番目の着信コールは phone 11 だけで鳴ります。phone 10 では合計 3 つのコールが可能ですが、 busy-trigger-per-button コマンドが 2 に設定されているため、3 番目の着信コールは拒否されます。ephone 11 の ephone-dn に対する 4 番目の着信コールは、ビジー トーンで拒否されるか、通話中のコールの自動転送が設定されている場合は他の宛先へ転送されます。電話機ユーザは、phone 11 の ephone-dn 7 で発信コールを作成することも、コールの転送または電話会議を行うこともできます。これは、 max-calls-per-button コマンドが 4 に設定されていて、ephone-dn 7 で合計 4 つのコールが可能になるためです。

ephone-dn 7 octo-line

number 2001

name Smith, John

huntstop channel 4

!

!

ephone 10

max-calls-per-button 3

busy-trigger-per-button 2

mac-address 00E1.CB13.0395

type 7960

button 1:7

!

!

!

ephone 11

max-calls-per-button 4

busy-trigger-per-button 3

mac-address 0016.9DEF.1A70

type 7960

button 1:7

次の作業

ディレクトリ番号を作成すると、1 つ以上のディレクトリ番号を Cisco Unified IP Phone に割り当てることができます。「SCCP:電話機へのディレクトリ番号の割り当て」を参照してください。

SCCP:ephone-type テンプレートの設定

ephone-type テンプレートを定義して IP Phone のタイプを追加するには、次の手順を実行します。

前提条件

Cisco Unified CME 4.3 以降のバージョン。

制約事項

ephone-type テンプレートは、システム定義の電話機タイプに対してサポートされていません。システム定義の電話機タイプの一覧については、『 Cisco Unified CME Command Reference 』の type コマンドを参照してください。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. ephone-type phone-type [ addon ]

4. device-id number

5. device-name name

6. num-buttons number

7. max-presentation number

8. addon

9. security

10. phoneload

11. utf8

12. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

ephone-type phone-type [ addon ]

 

Router(config)# ephone-type E61

ephone-type 設定モードを開始して、ephone-type テンプレートを作成します。

phone-type :phone-type のテンプレートを定義する対象となる IP Phone のタイプを識別する一意のラベル。

addon :(オプション)電話機タイプはアドオン モジュールです(Cisco Unified IP Phone 7915 拡張モジュールなど)。

ステップ 4

device-id number

 

Router(config-ephone-type)# device-id 376

電話機タイプに対するデバイス ID を指定します。

デバイス ID は、特定の電話機モデルに対して事前定義されたデバイス ID と一致している必要があります。

このコマンドがデフォルト値の 0 に設定されている場合、ephone-type は無効になります。

サポートされているデバイス ID の一覧については、表12 を参照してください。

ステップ 5

device-name name

 

Router(config-ephone-type)# device-name E61 Mobile Phone

電話機タイプに名前を割り当てます。

ステップ 6

num-buttons number

 

Router(config-ephone-type)# num-buttons 1

電話機タイプでサポートされている回線ボタンの数。

number :値の範囲は 1 ~ 100 です。デフォルトは 0 です。

各電話機タイプでサポートされているボタンの数については、表12 を参照してください。

ステップ 7

max-presentation number

 

Router(config-ephone-type)# max-presentation 1

電話機タイプでサポートされているコール提示回線の数。

number :値の範囲は 1 ~ 100 です。デフォルトは 0 です。

各電話機タイプでサポートされている提示回線の数については、表12 を参照してください。

ステップ 8

addon

 

Router(config-ephone-type)# addon

(オプション)この電話機タイプがアドオン モジュール(Cisco Unified IP Phone 7915 拡張モジュールなど)をサポートしていることを指定します。

ステップ 9

security

 

Router(config-ephone-type)# security

(オプション)この電話機タイプがセキュリティ機能をサポートしていることを指定します。

このコマンドは、デフォルトで有効になっています。

ステップ 10

phoneload

 

Router(config-ephone-type)# phoneload

(オプション)この電話機タイプで load コマンドを設定する必要があることを指定します。

このコマンドは、デフォルトで有効になっています。

ステップ 11

utf8

 

Router(config-ephone-type)# utf8

(オプション)この電話機タイプが UTF8 をサポートしていることを指定します。

このコマンドは、デフォルトで有効になっています。

ステップ 12

end

 

Router(config-ephone-type)# end

特権 EXEC モードに切り替えます。

サポートされる電話機タイプ用の ephone-type パラメータ

表12 に、必要なデバイス ID、および ephone-type テンプレートに追加可能な各電話機タイプでサポートされるボタンの最大数とコール提示回線数の一覧を示します。

 

表12 ephone-type コマンドでサポートされる値

サポートされるデバイス
device-id
num-buttons
max-presentation

Cisco Unified IP Conference Station 7937G

431

1

6

Nokia E61

376

1

1

 

次の例は、ephone-type テンプレートに追加された Nokia E61 を示しています。このテンプレートは、ephone 2 に割り当てられます。

ephone-type E61

device-id 376

device-name E61 Mobile Phone

num-buttons 1

max-presentation 1

no utf8

no phoneload

!

telephony-service

load E61 SCCP61.8-2-2SR2S

max-ephones 100

max-dn 240

ip source-address 15.7.0.1 port 2000

cnf-file location flash:

cnf-file perphone

voicemail 8900

max-conferences 8 gain -6

transfer-system full-consult

create cnf-files version-stamp 7960 Sep 25 2007 21:25:47

!

ephone 2

mac-address 001C.821C.ED23

type E61

button 1:2

SCCP:電話機へのディレクトリ番号の割り当て

この作業では、初期の ephone-dn と ephone の関係、つまり、各電話機に表示する内線番号およびその表示方法をセットアップします。個々の SCCP 電話機の電話機固有のパラメータを作成および修正するには、Cisco Unified CME 内で接続される各 SCCP 電話機に対して、次の手順を実行します。


) ディレクトリ番号を作成し、オーバーレイ セットの中に含まれるように割り当てるには、 SCCP:オーバーレイ ephone-dn の設定を参照してください。


前提条件

button コマンドを使用してウォッチ(w)モードで電話回線を設定するには、Cisco Unified CME 4.1 以降のバージョンが必要です。

button コマンドを使用してモニタ(m)モードで電話回線を設定するには、Cisco CME 3.0 以降のバージョンが必要です。

Cisco Unified CME 4.3 以降のバージョンにユーザ定義の電話機タイプを割り当てるには、事前に ephone-type テンプレートを作成しておく必要があります。「SCCP:ephone-type テンプレートの設定」を参照してください。

制約事項

ウォッチ モードの場合。監視対象のディレクトリ番号が複数の電話機に関連付けられている場合は、ボタン 1 が監視対象のディレクトリ番号になっている電話機、または auto-line コマンドを使用して設定されたボタンが監視対象のディレクトリ番号になり、auto-line が優先されている電話機が、監視対象になります。設定については、 自動回線選択の設定を参照してください。

オクトライン ディレクトリ番号は、Cisco Unified IP Phone 7902、7920、または 7931 ではサポートされません。また、Cisco VG224 または Cisco ATA に接続されたアナログ電話機でもサポートされません。

オクトライン ディレクトリ番号は、ボタン オーバーレイ セットでサポートされません。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. ephone phone-tag

4. mac-address [ mac-address ]

5. type phone-type [ addon 1 module-type [ 2 module-type ]]

6. button button-number { separator } dn-tag [ , dn-tag ...][ button-number { x } overlay-button-number ] [ button-number ...]

7. max-calls-per-button number

8. busy-trigger-per-button number

9. keypad-normalize

10. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

ephone phone-tag

 

Router(config)# ephone 6

ephone 設定モードを開始します。

phone-tag :この ephone を設定作業時に識別する固有のシーケンス番号。ephone の最大数は、プラットフォームおよびバージョンによって異なります。範囲を表示するには、 ? を入力します。

ステップ 4

mac-address [ mac-address ]

 

Router(config-ephone)# mac-address 2946.3f2.311

設定対象の IP Phone の MAC アドレスを指定します。

mac-address :(オプション)Cisco Unified CME 3.0 以降では、電話機を設定する前に電話機を登録する必要はありません。Cisco Unified CME が MAC アドレスを検出し、個々の電話機の MAC アドレスと電話機タイプを、電話機設定に自動的に実装できるためです。ボイスメール ポートではサポートされていません。

ステップ 5

type phone-type [ addon 1 module-type [ 2 module-type ]]

 

Router(config-ephone)# type 7960 addon 1 7914

電話機のタイプを指定します。

Cisco Unified CME 4.0 以降のバージョン:アドオン モジュールを適用できるタイプは 7960 7961 7961GE 、および 7970 のみです。

Cisco CME 3.4 以前のバージョン:アドオン モジュールを適用できるタイプは 7960 のみです。

ステップ 6

button button-number { separator } dn-tag [ , dn-tag ...] [ button-number { x } overlay-button-number ] [ button-number ...]

 

Router(config-ephone)# button 1:10 2:11 3b12 4o13,14,15

ボタン番号および回線の特性を内線番号(ephone-dn)と関連付けます。ボタンの最大数は、電話機タイプによって異なります。


) Cisco Unified IP Phone 7910 には回線ボタンは 1 つしかありませんが、ephone-dn タグを 2 つ割り当てることができます。


ステップ 7

max-calls-per-button number

 

Router(config-ephone)# max-calls-per-button 3

(オプション)この電話機のオクトライン ディレクトリ番号で許可される、着信および発信コールの最大数を設定します。

number :値の範囲は 1 ~ 8 です。デフォルトは 8 です。

このコマンドは、Cisco Unified CME 4.3 以降のバージョンでサポートされています。

このコマンドでは、 busy-trigger-per-button コマンドで設定された値以上の値を設定する必要があります。

このコマンドは ephone-template 設定モードでも設定することが可能で、1 台以上の電話機に適用できます。ephone の設定は、ephone-template の設定よりも優先されます。

ステップ 8

busy-trigger-per-button number

 

Router(config-ephone)# busy-trigger-per-button 2

(オプション)通話中のコールの自動転送またはビジー トーンをトリガーするまでに、この電話機のオクトライン ディレクトリ番号で許可されるコールの最大数を設定します。

number :値の範囲は 1 ~ 8 です。デフォルトは 0(無効)です。

このコマンドは、Cisco Unified CME 4.3 以降のバージョンでサポートされています。

オクトライン ディレクトリ番号で既存の着信および発信コールの数が、このコマンドで設定されたコール数を超えると、そのディレクトリ番号への次の着信コールは、通話中のコールの自動転送の宛先に転送されるか(設定されている場合)、コールが拒否されてビジー トーンが聞こえます。

このコマンドでは、 max-calls-per-button コマンドで設定された値以下の値を設定する必要があります。

このコマンドは ephone-template 設定モードでも設定することが可能で、1 台以上の電話機に適用できます。ephone の設定は、ephone-template の設定よりも優先されます。

ステップ 9

keypad-normalize

 

Router(config-ephone)# keypad-normalize

(オプション)IP Phone からの各キーパッド メッセージの表示を、200 ミリ秒遅延します。

ステップ 10

end

 

Router(config-ephone)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

次の例では、経理部門の内線番号 2225 を ephone 2 のボタン 1 に割り当てます。

ephone-dn 25

number 2225

name Accounting

ephone 2

mac-address 00E1.CB13.0395

type 7960

button 1:25

次の作業

同じ Cisco Unified CME に SIP 電話機 SCCP 電話機を接続している場合は、「ローカル電話機間のコールに対する個々の電話機のコーデックの設定」を参照してください。

Cisco Unified CME 内の電話機で、基本的なコールを発信するための設定が終了すると、接続する電話機の設定ファイルを生成できる状態になります。 SCCP:SCCP 電話機ごとの設定ファイルの作成を参照してください。

SIP:ディレクトリ番号の作成

Cisco Unified CME で SIP 電話機、インターコム回線、音声ポート、またはメッセージ受信のインジケータ(MWI)に対してディレクトリ番号を作成するには、作成する各ディレクトリ番号に対して次の手順を実行します。

前提条件

Cisco CME 3.4 以降のバージョン。

registrar server コマンドが設定されていること。設定については、 VoIP ネットワークでのコールの有効化を参照してください。

ルータでサポートされるディレクトリ番号の最大数は、バージョンとプラットフォームによって異なります。デフォルトよりも多くのディレクトリ番号を設定するには、この手順を実行する前に max-dn (voice register global) コマンドを使用してください。設定については、 SIP:Cisco Unified CME の設定を参照してください。

制約事項

Cisco Unified CME 4.1 以降のバージョンにおける、すべてのコールの自動転送、プレゼンス、およびメッセージ受信のインジケータ(MWI)の各機能では、 number コマンドで dn キーワードを使用して、SIP 電話機にディレクトリ番号を設定しておく必要があります。直接回線番号はサポートされていません。

SIP エンドポイントは、H.323 トランクでサポートされていません。SIP エンドポイントは、SIP トランクのみでサポートされます。

共有回線は、SIP 電話機でサポートされていません。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. voice register dn dn-tag

4. number number

5. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

voice register dn dn-tag

 

Router(config)# voice register dn 17

voice register dn 設定モードを開始して、SIP 電話機、インターコム回線、音声ポート、またはメッセージ受信のインジケータ(MWI)のディレクトリ番号を定義します。

ステップ 4

number number

 

Router(config-register-dn)# number 7001

ディレクトリ番号用の有効な番号を定義します。

ステップ 5

end

 

Router(config-register-dn)# end

設定モードを終了し、特権 EXEC モードを開始します。

SIP:電話機へのディレクトリ番号の割り当て

この作業では、各電話機に表示される内線番号を設定します。個々の SIP 電話機の電話機固有のパラメータを作成および修正するには、Cisco Unified CME 内で接続される各 SIP 電話機に対して、次の手順を実行します。


) ご使用の Cisco Unified CME システムが SCCP 電話機をサポートし、SIP 電話機もサポートしている場合は、SIP 電話機の設定プロファイルを検証するまで、SIP 電話機をネットワークに接続しないでください。


要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. voice register pool pool-tag

4. id mac address

5. type phone-type

6. number tag dn dn-tag

7. username name password string

8. dtmf-relay [ cisco-rtp ] [ rtp-nte ] [ sip-notify ]

9. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

voice register pool pool-tag

 

Router(config)# voice register pool 3

voice register pool 設定モードを開始し、Cisco Unified CME 内の SIP 電話機に対して、電話機固有パラメータを設定します。

ステップ 4

id { network address mask mask | ip address mask mask | mac address }

 

Router(config-register-pool)# id mac 0009.A3D4.1234

ある程度の認証をサポートするため、ローカルで使用可能な個々の SIP 電話機を明示的に識別します。

ステップ 5

type phone-type

 

Router(config-register-pool)# type 7960-7940

設定対象の SIP 電話機に対して電話機タイプを定義します。

ステップ 6

number tag dn dn-tag

 

Router(config-register-pool)# number 1 dn 17

設定対象の SIP 電話機にディレクトリ番号を関連付けます。

dn dn-tag voice register dn コマンドで定義した、SIP 電話機のディレクトリ番号を識別します。

ステップ 7

username user name password string

 

Router(config-register-pool)# username smith password 123zyx

(オプション) authenticate コマンドで認証が有効になっている場合のみ必要です。認証クレデンシャルを作成します。


) このコマンドは、SIP プロキシに登録するのためのものではありません。パスワードは暗号化されません。電話機のすべての回線で同じクレデンシャルが共有されます。


username :ローカル Cisco Unified IP Phone ユーザを識別します。デフォルトは Admin です。

ステップ 8

dtmf-relay {[ cisco-rtp ] [ rtp-nte ] [ sip-notify ]}

 

Router(config-register-pool)# dtmf-relay rtp-nte

(オプション)設定対象の SIP 電話機で DTMF トーンのリレーに使用できる DTMF リレー方式のリストを指定します。


) SIP 電話機は、RFC 2833 で指定されているアウトバンド DTMF リレーを初めからサポートしています。


ステップ 9

end

 

Router(config-register-pool)# end

設定モードを終了し、特権 EXEC モードを開始します。

次の作業

同じ Cisco Unified CME に SIP 電話機と SCCP 電話機を接続している場合は、「ローカル電話機間のコールに対する個々の電話機のコーデックの設定」を参照してください。

SIP 電話機用のセッション トランスポート プロトコルを選択する場合は、「SIP:電話機に対するセッション トランスポート プロトコルの選択」を参照してください。

電話機で基本的なコールを発信するための設定が終了すると、接続する電話機の設定ファイルを生成できる状態になります。 SIP:SIP 電話機ごとの設定プロファイルの作成を参照してください。

SIP:ダイヤル プランの設定

ダイヤル プランを使用すると、ユーザがダイヤルした数字列を SIP 電話機が認識できるようになります。電話機がダイヤル パターンを認識すると、Cisco Unified CME に SKIP INVITE メッセージが自動的に送信され、コールが開始されます。ユーザはダイヤル キーを押したり、数字間タイムアウトを待つ必要がありません。SIP 電話機のダイヤル プランを定義するには、次の手順を実行します。

前提条件

Cisco Unified CME 4.1 以降のバージョン。

Cisco Unified CME で mode cme コマンドを有効にする必要があります。

制約事項

カスタム XML ダイヤル パターン ファイルをフラッシュにダウンロードし、 filename コマンドを使用してダイヤル プランを作成した場合、XML ファイルにエラーが含まれていると、ダイヤル プランが電話機で正常に機能しないことがあります。ダイヤル プランは、 pattern コマンドを使用して作成することを推奨します。

カスタム XML ファイルを使用して、 filename コマンドで作成したダイヤル プランを削除するには、電話機からダイヤル プランを削除して新しい設定プロファイルを作成し、 reset コマンドを使用して電話機をリブートする必要があります。電話機からダイヤル プランを削除した後で、 restart コマンドを使用できるのは、 pattern コマンドを使用してダイヤル プランが作成されている場合のみです。

一致するダイヤル プランが見つからない場合に KPML を使用するには、電話機上でダイヤル プランと KPML の両方が有効になっているときは、ダイヤル プランの最後のパターンと同様に、ワイルドカード文字(.)を 1 つ使用してダイヤル パターンを設定する必要があります。次の例を参考にしてください。

voice register dialplan 10
type 7940-7960-others
pattern 1 66...
pattern 2 91.......
pattern 3 .

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. voice register dialplan dialplan-tag

4. type phone-type

5. pattern tag string [ button button-number ] [ timeout seconds ] [ user { ip | phone }]
または
filename filename

6. exit

7. voice register pool pool-tag

8. dialplan dialplan-tag

9. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

voice register dialplan dialplan-tag

 

Router(config)# voice register dialplan 1

voice register dialplan 設定モードを開始し、SIP 電話機に対してダイヤル プランを定義します。

ステップ 4

type phone-type

 

Router(config-register-dialplan)# type 7905-7912

SIP ダイヤル プランに対する電話機タイプを定義します。

7905-7912 :Cisco Unified IP Phone 7905、7905G、7912、または 7912G。

7940-7960-others :Cisco Unified IP Phone 7911、7940、7940G、7941、7941GE、7960、7960G、7961、7961GE、7970、または 7971。

このコマンドで指定された電話機タイプは、ダイヤル プランを使用する電話機のタイプと一致している必要があります。この電話機タイプが、voice register pool モードの type コマンドで電話機に割り当てられたタイプと一致しない場合、dial-plan 設定ファイルは生成されません。

次のステップで pattern または filename コマンドを使用する前に、このコマンドを入力する必要があります。

ステップ 5

pattern tag string [ button button-number ] [ timeout seconds ] [ user { ip | phone }]

または

filename filename

 

Router(config-register-dialplan)# pattern 1 52...

または

Router(config-register-dialplan)# filename dialsip

SIP ダイヤル プランに対するダイヤル パターンを定義します。

tag :ダイヤル パターンを識別する数値。値の範囲は 1 ~ 24 です。

string :市外局番、プレフィックス、電話番号の先頭の 1 ~ 2 桁などのダイヤル パターンに、ダイヤルされる電話番号の残りの数字を表すためのワイルドカード文字またはドット(.)を付けたもの。

button button-number :(オプション)ダイヤル パターンが適用されるボタン。

timeout seconds :(オプション)ユーザが入力した番号がダイヤルされる前に、システムが待機する時間(秒)。値の範囲は 0 ~ 30 です。番号をすぐにダイヤルする場合は、0 を指定します。このパラメータを使用しない場合は、電話機のデフォルトの数字間タイムアウト値(10 秒)が使用されます。

user :(オプション)ダイヤルした番号に自動的に追加されるタグ。Cisco Unified CME が唯一の SIP コール エージェントである場合は、このキーワードを使用しないでください。

ip :ユーザの IP アドレスを使用します。

phone :ユーザの電話番号を使用します。

このダイヤル プランに含めるパターンごとに、このコマンドを繰り返します。

または

SIP ダイヤル プランで使用するダイヤル パターンが含まれるカスタム XML ファイルを指定します。

カスタム XML ファイルはフラッシュにロードする必要があり、ファイル名に .xml 拡張子を含めることはできません。

filename コマンドは、Cisco Unified IP Phone 7905 と 7912 ではサポートされていません。

ステップ 6

exit

 

Router(config-register-dialplan)# exit

dialplan 設定モードを終了します。

ステップ 7

voice register pool pool-tag

 

Router(config)# voice register pool 4

voice register pool 設定モードを開始し、SIP 電話機の電話機固有のパラメータを設定します。

pool-tag :設定対象の SIP 電話機に固有のシーケンス番号。値の範囲はバージョンやプラットフォームによって異なります。範囲を表示するには、 ? を入力します。 max-pool コマンドを使用すると、この引数の上限を修正できます。

ステップ 8

dialplan dialplan-tag

 

Router(config-register-pool)# dialplan 1

SIP 電話機にダイヤル プランを割り当てます。

dialplan-tag :この SIP 電話機で使用するダイヤル プランを識別する番号。ステップ 3 voice register dialplan コマンドで使用した番号です。値の範囲は 1 ~ 24 です。

ステップ 9

end

 

Router(config-register-global)# end

特権 EXEC モードに切り替えます。

次の例は、SIP 電話機 1 に割り当てられるダイヤル プラン 1 の設定を示しています。

voice register dialplan 1

type 7940-7960-others

pattern 1 2... timeout 10 user ip

pattern 2 1234 user ip button 4

pattern 3 65...

pattern 4 1...!

!

voice register pool 1

id mac 0016.9DEF.1A70

type 7961GE

number 1 dn 1

number 2 dn 2

dialplan 1

dtmf-relay rtp-nte

codec g711ulaw

次の作業

SIP 電話機のパラメータを変更した場合は、新しい設定プロファイルを生成してから電話機を再起動します。 電話機用の設定ファイルの生成を参照してください。

SIP:ダイヤル プラン設定の検証


ステップ 1 show voice register dialplan tag

このコマンドは、特定の SIP ダイヤル プランに対する設定情報を表示します。

Router# show voice register dialplan 1
Dialplan Tag 1
Config:
Type is 7940-7960-others
Pattern 1 is 2..., timeout is 10, user option is ip, button is default
Pattern 2 is 1234, timeout is 0, user option is ip, button is 4
Pattern 3 is 65..., timeout is 0, user option is phone, button is default
Pattern 4 is 1..., timeout is 0, user option is phone, button is default

ステップ 2 show voice register pool tag

このコマンドは、特定の SIP 電話機に割り当てられたダイヤル プランを表示します。

Router# show voice register pool 29
Pool Tag 29
Config:
Mac address is 0012.7F54.EDC6
Number list 1 : DN 29
Proxy Ip address is 0.0.0.0
DTMF Relay is disabled
Call Waiting is enabled
DnD is disabled
keep-conference is enabled
dialplan tag is 1
kpml signal is enabled
service-control mechanism is not supported
.
.
.

ステップ 3 show voice register template tag

このコマンドは、特定のテンプレートに割り当てられたダイヤル プランを表示します。

Router# show voice register template 3
Temp Tag 3
Config:
Attended Transfer is disabled
Blind Transfer is enabled
Semi-attended Transfer is enabled
Conference is enabled
Caller-ID block is disabled
DnD control is enabled
Anonymous call block is disabled
Voicemail is 62000, timeout 15
Dialplan Tag is 1
Transport type is tcp


 

SIP:KPML の有効化

SIP 電話機で KPML の数字収集を有効にするには、次の手順を実行します。

前提条件

Cisco Unified CME 4.1 以降のバージョン。

制約事項

この機能は、Cisco Unified IP Phone 7911G、7941G、7941GE、7961G、7961GE、7970G、および 7971GE でのみサポートされています。

電話機に割り当てられているダイヤル プランは、KPML よりも優先されます。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. voice register pool pool-tag

4. digit collect kpml

5. end

6. show voice register dial-peer

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

voice register pool pool-tag

 

Router(config)# voice register pool 4

voice register pool 設定モードを開始し、SIP 電話機の電話機固有のパラメータを設定します。

pool-tag :設定対象の SIP 電話機に固有のシーケンス番号。値の範囲はバージョンやプラットフォームによって異なります。範囲を表示するには、 ? を入力します。 max-pool コマンドを使用すると、この引数の上限を修正できます。

ステップ 4

digit collect kpml

 

Router(config-register-pool)# digit collect kpml

SIP 電話機に対して KPML の数字収集を有効にします。


) このコマンドは、Cisco Unified CME でサポートされる電話機に対してデフォルトで有効になっています。


ステップ 5

end

 

Router(config-register-pool)# end

特権 EXEC モードに切り替えます。

ステップ 6

show voice register dial-peers

 

Router# show voice register dial-peers

定義された数字収集方法を含む Cisco Unified CME SIP レジスタに関連付けられている、動的に作成された VoIP ダイヤル ピアの詳細を表示します。

次の作業

SIP 電話機のパラメータを変更した場合は、新しい設定プロファイルを生成してから電話機を再起動します。 電話機用の設定ファイルの生成を参照してください。

SIP:電話機に対するセッション トランスポート プロトコルの選択

SIP 電話機のセッション トランスポート プロトコルを、デフォルトの UDP から TCP に変更するには、次の手順を実行します。

前提条件

Cisco Unified CME 4.1 以降のバージョン。

設定が適用される SIP 電話機は、すでに設定されている必要があります。設定については、「SIP:電話機へのディレクトリ番号の割り当て」を参照してください。

制約事項

TCP は、Cisco Unified IP Phone 7905、7912、7940、または 7960 のセッション トランスポート プロトコルとしてサポートされません。このコマンドを使用して、サポートされていない電話機に TCP が割り当てられている場合は、その電話機に対するコールが正常に終了しません。その電話機でコールを発信することはできますが、TCP が割り当てられていても UDP が使用されます。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. voice register pool pool-tag

4. session-transport { tcp | udp }

5. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

voice register pool pool-tag

 

Router(config)# voice register pool 3

voice register pool 設定モードを開始し、Cisco Unified CME 内の SIP 電話機に対して、電話機固有パラメータを設定します。

ステップ 4

session-transport { tcp | udp }

 

Router(config-register-pool)# session-transport tcp

(オプション)Cisco Unified CME に接続するために SIP 電話機が使用するトランスポート層プロトコルを指定します。

このコマンドは voice register template 設定モードでも設定することが可能で、1 台以上の電話機に適用できます。voice register pool の設定は、voice register template の設定よりも優先されます。

ステップ 5

end

 

Router(config-register-pool)# end

設定モードを終了し、特権 EXEC モードを開始します。

次の作業

個々の電話番号に対して SIP プロキシの登録を無効にする場合は、「SIP:ディレクトリ番号に対する SIP プロキシ登録の無効化」を参照してください。

同じ Cisco Unified CME に SIP 電話機と SCCP 電話機を接続している場合は、「ローカル電話機間のコールに対する個々の電話機のコーデックの設定」を参照してください。

電話機で基本的なコールを発信するための設定が終了すると、接続する電話機の設定ファイルを生成できる状態になります。 SIP:SIP 電話機ごとの設定プロファイルの作成を参照してください。

SIP:ディレクトリ番号に対する SIP プロキシ登録の無効化

特定のディレクトリ番号が外部 SIP プロキシ サーバに登録されないようにするには、次の手順を実行します。

前提条件

Cisco Unified CME 3.4 以降のバージョン。

一括登録はシステム レベルで設定されます。設定については、 一括登録の設定を参照してください。

制約事項

voice register dn で登録される電話番号は、Cisco Unified CME に登録された SIP 電話機に属している必要があります。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. voice register dn dn-tag

4. number number

5. no-reg

6. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

voice register dn dn-tag

 

Router(config-register-global)# voice register dn 1

voice register dn 設定モードを開始して、SIP 電話機、インターコム回線、音声ポート、または MWI のディレクトリ番号を定義します。

ステップ 4

number number

 

Router(config-register-dn)# number 4085550152

Cisco Unified CME 内の SIP 電話機に割り当てられるディレクトリ番号に対して、有効な番号を定義します。

ステップ 5

no-reg

 

Router(config-register-dn)# no-reg

設定対象のディレクトリ番号が外部プロキシ サーバに登録されなくなります。

ステップ 6

end

 

Router(config-register-dn)# end

設定モードを終了し、特権 EXEC モードを開始します。

次の作業

Cisco Unified CME システムを介したすべてのコールに対して G.722-64K コーデックを設定する場合は、「グローバル コーデックの変更」を参照してください。

同じ Cisco Unified CME に SIP 電話機と SCCP 電話機を接続している場合は、「ローカル電話機間のコールに対する個々の電話機のコーデックの設定」を参照してください。

システムレベル以外のコーデック、または電話機のネイティブなコーデック以外のコーデックをサポートするように個々の電話機を設定する場合は、「Cisco Unified CME 電話機のコーデック」を参照してください。

電話機で基本的なコールを発信するための設定が終了すると、接続する電話機の設定ファイルを生成できる状態になります。 SIP:SIP 電話機ごとの設定プロファイルの作成を参照してください。

グローバル コーデックの変更

Cisco Unified CME を介したすべてのコールに対して、デフォルト(G.711ulaw)から G722-64 にグローバル コーデックを変更するには、次の手順を実行します。

前提条件

Cisco Unified CME 3.4 以降のバージョンが必要です。

制約事項

G.722-64K コーデックがグローバルに設定されていて、電話機がこのコーデックをサポートしていない場合、フォールバック コーデックは G.711ulaw になります。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. telephony-service

4. codec { g711ulaw | g722r64 }

5. service phone 722CodecSupport { 0 | 1 | 2 }

6. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

telephony-service

 

Router(config)# telephony-service

telephony service 設定モードを開始し、Cisco Unified CME 内の SCCP および SIP 電話機のパラメータを設定します。

ステップ 4

codec { g711ulaw | g722r64 }

 

Router(config-telephony)# codec g722g64

Cisco Unified CME 内の電話機で優先するコーデックを指定します。

デフォルト(G.711ulaw)から G722-64 にコーデックを変更する場合のみ必要です。

codec-type :デフォルトは g711ulaw です。

ステップ 5

service phone 722CodecSupport { 0 | 1 | 2 }

 

Router(config)# service phone 722CodecSupport 2

 

すべての電話機が G.722-64K コーデックを Cisco Unified CME に通知します。

telephony-service 設定モードで codec g722r64 コマンドを設定した場合のみ必要です。

722CodecSupport :デフォルトは 0 です。製造元が設定した電話機のデフォルトであり、有効または無効に相当します。

G.722 対応の SCCP 電話機で G.722-64K コーデックをサポートするには、Cisco の電話機ファームウェア 8.2.1 以降のバージョンが必要です。

G.722 対応の SIP 電話機で G.722-64K コーデックをサポートするには、Cisco の電話機ファームウェア 8.3.1 以降のバージョンが必要です。

SCCP のみ:このコマンドは ephone-template 設定モードでも設定することが可能で、1 台以上の SCCP 電話機に適用できます。

ステップ 6

end

 

Router(config-telephony)# end

 

設定モードを終了し、特権 EXEC モードを開始します。

次の作業

同じ Cisco Unified CME に SIP 電話機と SCCP 電話機を接続している場合は、「ローカル電話機間のコールに対する個々の電話機のコーデックの設定」を参照してください。

システムレベル以外のコーデック、または電話機のネイティブなコーデック以外のコーデックをサポートするように個々の電話機を設定する場合は、「ローカル電話機間のコールに対する個々の電話機のコーデックの設定」を参照してください。

SCCP 電話機で基本的なコールを発信するための設定が終了すると、接続する電話機の設定ファイルを生成できる状態になります。 SCCP:SCCP 電話機ごとの設定ファイルの作成を参照してください。

ローカル電話機間のコールに対する個々の電話機のコーデックの設定

個々の電話機のコーデックを指定して、同じ Cisco Unified CME ルータに接続された各種の電話機間で接続できるようにするには、SCCP 電話機または SIP 電話機ごとに次の手順を実行します。


) 内部接続のダイヤルピアのコーデック値が一致しない場合、コールは失敗します。外部の電話機(同じ Cisco Unified CME 内にない電話機)へのコール(VoIP コールなど)では、コールで使用されるプロトコル(H.323 など)に基づいてコーデックがネゴシエートされます。Cisco Unified CME は、このネゴシエーションに関与しません。


前提条件

Cisco Unified CME 内の SIP 電話機:Cisco Unified CME 3.4 以降のバージョン。

G.722-64K および iLBC コーデック:Cisco Unified CME 4.3 以降のバージョン。

個々の電話機で G.722-64K をサポートするには、SCCP 電話機では Cisco 電話機ファームウェア 8.2.1 以降のバージョン、SIP 電話機では 8.3.1 以降のバージョンが必要です。Cisco 電話機ファームウェアのアップグレードについては、 Cisco Unified CME ソフトウェアのインストールとアップグレードを参照してください。

個々の電話機で iLBC をサポートするには、SCCP 電話機および SIP 電話機で Cisco 電話機ファームウェア 8.3.1 以降のバージョンが必要です。Cisco 電話機ファームウェアのアップグレードについては、 Cisco Unified CME ソフトウェアのインストールとアップグレードを参照してください。

コーデックが適用される Cisco Unified IP Phone は、すでに設定されている必要があります。SIP 電話機の設定については、「SIP:電話機へのディレクトリ番号の割り当て」を参照してください。SCCP 電話機の設定については、「SCCP:電話機へのディレクトリ番号の割り当て」を参照してください。

制約事項

すべての電話機が、すべてのコーデックをサポートしているわけではありません。対象の電話機が特定のコーデックをサポートしているかどうかを確認するには、その電話機のマニュアルを参照してください。

Cisco Unified CME の SIP 電話機および SCCP 電話機では、SIP 電話機または SCCP 電話機のいずれかの設定を変更して、すべての電話機のコーデックを確実に一致させる必要があります。SIP 電話機と SCCP 電話機の両方の設定を変更しないでください。

Cisco ATA-186 および Cisco ATA-188 に対して G.729 コーデックを使用する場合は、Cisco ATA デバイスの 1 つのポートだけを Cisco Unified CME で設定する必要があります。Cisco ATA デバイスの 2 番目のポートにコールが着信した場合、そのコールは切断されます。Cisco ATA の両方のポートを同時に使用する場合は、Cisco Unified CME で G.711 を設定します。

ephone 設定モードで G.722-64K または iLBC コーデックが設定されていて、電話機がそのコーデックをサポートしていない場合、フォールバックはグローバル コーデックまたは G.711ulaw(グローバル コーデックがサポートされていない場合)になります。グローバル コーデックを設定するには、「グローバル コーデックの変更」を参照してください。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. ephone ephone-tag
または
voice register pool-tag

4. codec codec-type

5. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

ephone ephone-tag

または

voice register pool pool-tag

 

Router(config)# telephony-service

ephone 設定モードを開始し、Cisco Unified CME 内の SCCP 電話機に対して、電話機固有パラメータを設定します。

または

voice register pool 設定モードを開始し、Cisco Unified CME 内の SIP 電話機に対して、電話機固有パラメータを設定します。

ステップ 4

codec codec-type

 

Router(config-ephone)# codec g729r8

または

Router(config-register-pool)# codec g711alaw

設定対象の IP Phone に対してダイヤル ピアのコーデックを指定します。

codec-type :コーデックの一覧を表示するには、 ? を入力します。

このコマンドは、 voice-class codec コマンドで以前に選択したコーデック設定よりも優先されます。

このコマンドは、telephony-service 設定モードで codec コマンドで以前に選択したコーデック設定よりも優先されます。

SCCP のみ:このコマンドは ephone-template 設定モードでも設定することが可能で、1 台以上の電話機に適用できます。

ステップ 5

end

 

Router(config-ephone)# end

または

Router(config-register-pool)# end

設定モードを終了し、特権 EXEC モードを開始します。

次の作業

SIP 電話機用のセッション トランスポート プロトコルを選択する場合は、「SIP:電話機に対するセッション トランスポート プロトコルの選択」を参照してください。

SIP 電話機で基本的なコールを発信するための設定が終了すると、接続する電話機の設定ファイルを生成できる状態になります。 SIP:SIP 電話機ごとの設定プロファイルの作成を参照してください。

SCCP 電話機で基本的なコールを発信するための設定が終了すると、接続する電話機の設定ファイルを生成できる状態になります。 SCCP:SCCP 電話機ごとの設定ファイルの作成を参照してください。

キー システムに対する電話機の設定方法

この項では、次の作業について取り上げます。

「SCCP:単純なキー システムに対するディレクトリ番号の作成」(必須)

「SCCP:キー システムのトランク回線の設定」(必須)

「SCCP:キー システム用の個々の IP Phone の設定」(必須)

SCCP:単純なキー システムに対するディレクトリ番号の作成

IP Phone で複数の回線ボタンに同じ番号を関連付けてディレクトリ番号のセットを作成し、キー システムの電話機でコール ウェイティングおよびコール転送のサポートを提供するには、次の手順を実行します。

制約事項

二重回線モードのキー システムにはディレクトリ番号を設定しないでください。電話機は、キー システムの 1 回線ごとに 1 つのボタンという使用モデル用に設計されていますが、このモデルに適合しなくなるためです。

Cisco Unified IP Phone 7931 のプロビジョニング サポートは、Cisco Unified CME 4.0(2) 以降のバージョンでのみ使用できます。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. ephone-dn dn-tag

4. number number [ secondary number ] [ no-reg [ both | primary ]]

5. preference preference-order

6. no huntstop
または
huntstop

7. mwi-type { visual | audio | both }

8. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

ephone-dn dn-tag

 

Router(config)# ephone-dn 11

ephone-dn 設定モードを開始し、ディレクトリ番号を作成します。

ステップ 4

number number [ secondary number ] [ no-reg [ both | primary ]]

 

Router(config-ephone-dn)# number 101

このディレクトリ番号に対する有効な電話番号または内線番号を設定します。

ステップ 5

preference preference-order

 

Router(config-ephone-dn)# preference 1

Cisco Unified IP Phone に関連付けられたディレクトリ番号に、ダイヤルピアの優先順位を設定します。

デフォルトは 0 です。

一連の ephone dn 内の後続のすべてのインスタンスに対して、キー システムの電話機に割り当てられる番号と同じ順番で、優先順位を付けます。つまり、電話番号の最初のインスタンスはデフォルトで優先順位が 0 で、同じ番号の 2 番目のインスタンスに対しては 1 、次のインスタンスに対しては 2 、というように指定する必要があります。このようにすると、IP Phone に同じ番号を持つ複数のボタンを作成できます。

キー システムの電話機で、コール ウェイティングおよびコール転送をサポートするために必要です。

ステップ 6

no huntstop

または

huntstop

 

Router(config-ephone-dn)# no huntstop

または

Router(config-ephone-dn)# huntstop

ディレクトリ番号に対して、コール ハントの動作を明示的に有効にします。

一連の ephone dn 内の最後のインスタンスを 除く すべてのインスタンスに対して、キー システムの電話機に割り当てられる番号と同じ番号を no huntstop で設定します。

IP Phone 上の同じ番号を持つ複数回線のボタンで、コール ハントを可能にする場合に必要です。

または

ディレクトリ番号に対して、コール ハントの動作を無効にします。

一連の ephone dn 内の最後のインスタンスに対して、キー システムの電話機に割り当てられる番号と同じ番号を huntstop コマンドで設定します。

IP Phone 上の同じ番号を持つ複数回線のボタンで、コール ハントを制限する場合に必要です。

ステップ 7

mwi-type { visual | audio | both }

 

Router(config-ephone-dn)# mwi-type audible

受信する MWI 通知のタイプを指定します。

このコマンドは、Cisco Unified IP Phone 7931 および Cisco Unified IP Phone 7911 でのみサポートされています。

このコマンドは、ephone-dn-template 設定モードでも設定できます。ephone-dn 設定モードで設定された値は、ephone-dn-template モードで設定された値よりも優先されます。

ステップ 8

end

 

Router(config-ephone-dn)# end

特権 EXEC モードに切り替えます。

次の例は、IP Phone の最初の 6 つのボタンに割り当てられている、ディレクトリ番号 101 の 6 つのインスタンスに対する設定を示しています。

ephone-dn 10

number 101

no huntstop

ephone-dn 11

number 101

preference 1

no huntstop

ephone-dn 12

number 101

preference 2

no huntstop

ephone-dn 13

number 101

preference 3

no huntstop

ephone-dn 14

number 101

preference 4

no huntstop

ephone-dn 15

number 101

preference 5

ephone 1

mac-address 0001.2345.6789

type 7931

button 1:10 2:11 3:12 4:13 5:14 6:15

SCCP:キー システムのトランク回線の設定

キー システムに対してトランク回線を設定するには、次の手順のうちいずれか 1 つだけを実行します。

FXO ポートのステータスを IP Phone の回線ボタンで直接監視できるようにするだけの場合は、「SCCP:単純なキー システム電話機のトランク回線の設定」を参照してください。

ステータスを直接監視できるようにするとともに、転送先で応答がないときに、転送対象の PSTN FXO 回線コールを自動的に再発信できるようにする場合は、「SCCP:高度なキー システム電話機のトランク回線の設定」を参照してください。

SCCP:単純なキー システム電話機のトランク回線の設定

次の操作を行うには、この項の手順を実行します。

各 FXO 回線に対応するディレクトリ番号を作成します。FXO 回線では、PSTN に直接接続された共有回線または専用回線を電話機に割り当てることができます。

FXO ポートのステータスを IP Phone の回線ボタンで直接監視できるようにします。コールの継続中は、FXO ポートの使用中ステータスが回線ボタンのインジケータ(電話機に応じて、ランプまたはアイコンのいずれか)に表示されます。

前提条件

Private Line Automatic Ringdown(PLAR)off-premise extension(OPX; オフプレミス エクステンション)接続を設定する必要があります。次の例を参考にしてください。

voice-port 1/0/0
connection plar-opx 801 <<----Private number

FXO ポートに対してダイヤル ピアを設定する必要があります。次の例を参考にしてください。

dial-peer voice 111 pots
destination-pattern 811 <<----Trunk-tag
port 1/0/0

制約事項

ディレクトリ番号とトランク回線の組み合せを、コール自動転送、通話中、または無応答に関して設定することはできません。

トランク回線の確保後に入力された番号は表示されません。IP Phone にはトランク タグだけが表示されます。

トランク回線の確保後に入力された番号は、Cisco Unified CME ルータのコール履歴または Call Detail Record(CDR; 呼詳細レコード)に表示されません。トランク回線から発信されたコールについては、トランク タグだけが記録されます。

FXO トランク回線では、[不在]、[転送]、[ピック]、[Gピック]、[パーク]、[折返し]、および[発信]の各ソフトキーはサポートされていません。

FXO トランク回線では、会議開催者の終了制御はサポートされていません。

FXO トランク回線では、オンフック リダイヤルはサポートされていません。電話機ユーザは、FXO トランク回線を明示的に選択してから、リダイヤル ボタンを押す必要があります。

FXO トランク回線では、IP Phone へのコール転送はサポートされていません。ただし、コールの発信側は保留ボタンを押すことで、FXO 回線および IP Phone と会議を行うことができます。その結果、FXO トランク回線と IP Phone は接続されたままになります。会議開催者は、会議に参加できませんが、別の回線でコールを発信できます。

FXO トランク回線では、一括短縮ダイヤルはサポートされていません。

FXO ポートの監視には、次の制約事項があります。

Cisco Unified CME 4.0 よりも前ではサポートされません。

サポートされるのは、アナログの FXO ループスタート ポートとグラウンドスタート ポート、および T1/E1 の FXO CAS ポートだけです。FXS ループスタート ポートとグラウンドスタート ポート、および PRI/BRI の PSTN トランクはサポートされません。

Cisco VG224 または Cisco ATA 180 シリーズのアナログ ポートでは、サポートされません。

T1 CAS DS0 グループは、タイム スロットごとに設定する必要があります(複数のタイム スロットを 1 つの ds0-group に組み込むことはできません)。

転送の再発信と転送先ボタンの最適化がサポートされるのは、Cisco Unified CME 4.0 以降の二重回線ディレクトリ番号だけです。

転送先ボタンの最適化は、コール自動転送、コールパークの再発信、保留コールのコール ピックアップ、およびアラート中コールのコール ピックアップではサポートされません。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. ephone-dn dn-tag

4. number number [ secondary number ] [ no-reg [ both | primary ]]

5. trunk digit-string [ timeout seconds ] monitor-port port

6. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

ephone-dn dn-tag

 

Router(config)# ephone-dn 51

ephone-dn 設定モードを開始し、ディレクトリ番号を作成します。

単純なキー システムのトランク回線を設定する場合は、 dual-line キーワードを使用 しないで 、デフォルトの単一回線モードでこのコマンドを設定します。

ステップ 4

number number [ secondary number ] [ no-reg [ both | primary ]]

 

Router(config-ephone-dn)# number 801

このディレクトリ番号に対する有効な電話番号または内線番号を設定します。

ステップ 5

trunk trunk-tag [ timeout seconds ] monitor-port port

 

Router(config-ephone-dn)# trunk 811 monitor-port 1/0/0

ディレクトリ番号を Foreign Exchange Office(FXO)ポートに関連付けます。

Cisco Unified CME 4.0 よりも前では、 monitor-port キーワードがサポートされていません。

monitor-port キーワードは、Cisco VG224 または Cisco ATA 180 シリーズのアナログ ポートのディレクトリ番号ではサポートされません。

ステップ 6

end

 

Router(config-ephone-dn)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

次の例は、IP Phone の最初の 6 つのボタンに割り当てられている、ディレクトリ番号 101 の 6 つのインスタンスに対する設定、およびボタン 7 ~ 10 に割り当てられている 4 つの PSTN 回線表示を示しています。

ephone-dn 10

number 101

no huntstop

ephone-dn 11

number 101

preference 1

no huntstop

ephone-dn 12

number 101

preference 2

no huntstop

ephone-dn 13

number 101

preference 3

no huntstop

ephone-dn 14

number 101

preference 4

no huntstop

ephone-dn 15

number 101

preference 5

ephone-dn 51

number 801

trunk 811 monitor-port 1/0/0

ephone-dn 52

number 802

trunk 812 monitor-port 1/0/1

ephone-dn 53

number 803

trunk 813 monitor-port 1/0/2

ephone-dn 54

number 804

trunk 814 monitor-port 1/0/3

ephone 1

mac-address 0001.2345.6789

type 7931

button 1:11 2:12 3:13 4:14 5:15 6:16 7:51 8:52 9:53 10:54

voice-port 1/0/0

connection plar opx 801

voice-port 1/0/1

connection plar opx 802

voice-port 1/0/2

connection plar opx 803

voice-port 1/0/3

connection plar opx 804

dial-peer voice 811 pots

destination-pattern 811

port 1/0/0

dial-peer voice 812 pots

destination-pattern 812

port 1/0/1

dial-peer voice 813 pots

destination-pattern 813

port 1/0/2

dial-peer voice 814 pots

destination-pattern 814

port 1/0/3

次の作業

個々の電話機を設定できる状態になりました。また、ボタン番号、回線の特性、および電話番号を電話機のボタンに割り当てることができる状態になりました。「SCCP:キー システム用の個々の IP Phone の設定」を参照してください。

SCCP:高度なキー システム電話機のトランク回線の設定

次の操作を行うには、この項の手順を実行します。

各 FXO 回線に対応するディレクトリ番号を作成します。FXO 回線では、PSTN に直接接続された共有回線または専用回線を電話機に割り当てることができます。

FXO ポートのステータスを IP Phone の回線ボタンで直接監視できるようにします。コールの継続中は、FXO ポートの使用中ステータスが回線ボタンのインジケータ(電話機に応じて、ランプまたはアイコンのいずれか)に表示されます。

指定した秒数が経過しても転送先が応答しない場合は、転送された PSTN FXO 回線コールが自動的に再発信されるようにします。転送先の電話機へのコールは打ち切られ、転送を起動した電話機で再び呼出音が鳴り始めます。

前提条件

Private Line Automatic Ringdown(PLAR)off-premise extension(OPX; オフプレミス エクステンション)接続を設定する必要があります。次の例を参考にしてください。

voice-port 1/0/0
connection plar-opx 801 <<----Private number

FXO ポートに対してダイヤル ピアを設定する必要があります。次の例を参考にしてください。

dial-peer voice 111 pots
destination-pattern 811 <<----Trunk-tag
port 1/0/0

制約事項

ephone-dn とトランク回線の組み合せを、コール自動転送、通話中、または無応答に関して設定することはできません。

トランク回線の確保後に入力された番号は表示されません。IP Phone にはトランク タグだけが表示されます。

トランク回線の確保後に入力された番号は、Cisco Unified CME ルータのコール履歴または Call Detail Record(CDR; 呼詳細レコード)に表示されません。トランク回線から発信されたコールについては、トランク タグだけが記録されます。

FXO トランク回線では、[不在]、[転送]、[ピック]、[Gピック]、[パーク]、[折返し]、および[発信]の各ソフトキーはサポートされていません。

FXO トランク回線では、会議開催者の終了制御はサポートされていません。

FXO トランク回線では、オンフック リダイヤルはサポートされていません。電話機ユーザは、FXO トランク回線を明示的に選択してから、リダイヤル ボタンを押す必要があります。

FXO トランク回線では、IP Phone へのコール転送はサポートされていません。ただし、コールの発信側は保留ボタンを押すことで、FXO 回線および IP Phone と会議を行うことができます。その結果、FXO トランク回線と IP Phone は接続されたままになります。会議開催者は、会議に参加できませんが、別の回線でコールを発信できます。

FXO トランク回線では、一括短縮ダイヤルはサポートされていません。

FXO ポートの監視には、次の制約事項があります。

Cisco Unified CME 4.0 よりも前ではサポートされません。

サポートされるのは、アナログの FXO ループスタート ポートとグラウンドスタート ポート、および T1/E1 の FXO CAS ポートだけです。FXS ループスタート ポートとグラウンドスタート ポート、および PRI/BRI の PSTN トランクはサポートされません。

Cisco VG224 または Cisco ATA 180 シリーズのアナログ ポートでは、サポートされません。

T1 CAS DS0 グループは、タイム スロットごとに設定する必要があります(複数のタイム スロットを 1 つの ds0-group に組み込むことはできません)。

転送の再発信と転送先ボタンの最適化がサポートされるのは、Cisco Unified CME 4.0 以降の二重回線ディレクトリ番号だけです。

転送先ボタンの最適化は、コール自動転送、コールパークの再発信、保留コールのコール ピックアップ、およびアラート中コールのコール ピックアップではサポートされません。

転送の再発信は、Cisco VG224 および Cisco ATA 180 シリーズのアナログ ポートではサポートされません。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. ephone-dn dn-tag dual-line

4. number number [ secondary number ] [ no-reg [ both | primary ]]

5. trunk digit-string [ timeout seconds ] [ transfer-timeout seconds ] [ monitor-port port ]

6. huntstop [ channel ]

7. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

ephone-dn dn-tag dual-line

 

Router(config)# ephone-dn 51 dual-line

ephone-dn 設定モードを開始し、電話番号または内線番号を作成および設定します。

dual-line :高度なキー システム電話機のトランク回線を設定する場合に必要です。二重回線モードでは、コール転送の試行時に打診コールの発信に使用する 2 番目のコール チャネルがディレクトリ番号に対して提供されます。これにより、電話機はコール状態を維持して転送試行の進捗を監視することもできます。また、転送に対して応答がない場合に、元の PSTN 回線ボタンで電話機にコールを戻すこともできます。

ステップ 4

number number [ secondary number ] [ no-reg [ both | primary ]]

 

Router(config-ephone-dn)# number 801

このディレクトリ番号に対する有効な電話番号または内線番号を設定します。

ステップ 5

trunk digit-string [ timeout seconds ] [ transfer-timeout seconds ] [ monitor-port port ]

 

Router(config-ephone-dn)# trunk 811 transfer-timeout 30 monitor-port 1/0/0

このディレクトリ番号を Foreign Exchange Office(FXO)ポートに関連付けます。

transfer-timeout seconds :二重回線の ephone-dn のみ。値の範囲は 5 ~ 60000 です。デフォルトでは無効になっています。

Cisco Unified CME 4.0 よりも前では、 monitor-port キーワードがサポートされていません。

monitor-port キーワードと transfer-timeout キーワードは、Cisco VG224 および Cisco ATA 180 シリーズのアナログ ポートのディレクトリ番号ではサポートされません。

ステップ 6

huntstop [ channel ]

 

Router(config-ephone-dn)# huntstop channel

最初のチャネルが通話中または無応答の場合、このディレクトリ番号の 2 番目のチャネルに対するコール ハントを無効にします。

channel :高度なキー システム電話機のトランク回線を設定する場合に必要です。 ephone-dn コマンドの二重回線モードを設定して作成した 2 番目のチャネルを予約して、コール転送の試行時に打診コールを発信できるようにします。

ステップ 7

end

 

Router(config-ephone-dn)# end

特権 EXEC モードに切り替えます。

次の例は、IP Phone の最初の 6 つのボタンに割り当てられている、ディレクトリ番号 101 の 6 つのインスタンスに対する設定、およびボタン 7 ~ 10 に割り当てられている 4 つの PSTN 回線表示を示しています。これら 4 つの PSTN 回線表示は、コール転送の試行時に打診コールの発信に使用する 2 番目のコール チャネルを提供するために、二重回線として設定されます。この設定により、電話機はコール状態を維持して転送試行の進捗を監視することもできます。また、転送に対して応答がない場合に、元の PSTN 回線ボタンで電話機にコールを戻すこともできます。

ephone-dn 10

number 101

no huntstop

ephone-dn 11

number 101

preference 1

no huntstop

ephone-dn 12

number 101

preference 2

no huntstop

ephone-dn 13

number 101

preference 3

no huntstop

ephone-dn 14

number 101

preference 4

no huntstop

ephone-dn 15

number 101

preference 5

ephone-dn 51 dual-line

number 801

trunk 811 transfer-timeout 30 monitor-port 1/0/0

huntstop channel

ephone-dn 52 dual-line

number 802

trunk 812 transfer-timeout 30 monitor-port 1/0/1

huntstop channel

ephone-dn 53 dual-line

number 803

trunk 813 transfer-timeout 30 monitor-port 1/0/2

huntstop channel

ephone-dn 54 dual-line

number 804

trunk 814 transfer-timeout 30 monitor-port 1/0/3

huntstop channel

ephone 1

mac-address 0001.2345.6789

type 7931

button 1:11 2:12 3:13 4:14 5:15 6:16 7:51 8:52 9:53 10:54

voice-port 1/0/0

connection plar opx 801

voice-port 1/0/1

connection plar opx 802

voice-port 1/0/2

connection plar opx 803

voice-port 1/0/3

connection plar opx 804

dial-peer voice 811 pots

destination-pattern 811

port 1/0/0

dial-peer voice 812 pots

destination-pattern 812

port 1/0/1

dial-peer voice 813 pots

destination-pattern 813

port 1/0/2

dial-peer voice 814 pots

destination-pattern 814

port 1/0/3

SCCP:キー システム用の個々の IP Phone の設定

ボタン番号、回線の特性、およびディレクトリ番号を個々の電話機のボタンに割り当てて、キー システムの電話機として動作するようにするには、次の手順を実行します。

制約事項

Cisco Unified IP Phone 7931G のプロビジョニングは、Cisco Unified CME 4.0(2) 以降のバージョンでのみ使用できます。

Cisco Unified IP Phone 7931G は、ディレクトリ番号ごとに 1 つのコール ウェイティング オーバーレイのみをサポートしています。

Cisco Unified IP Phone 7931G は、二重回線モード用に設定されたディレクトリ番号が含まれたオーバーレイをサポートできません。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. ephone phone-tag

4. mac-address [ mac-address ]

5. type phone-type

6. button button-number { separator } dn-tag [ , dn-tag ...][ button-number { x } overlay-button-number ] [ button-number ...]

7. mwi-line line-number

8. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

ephone phone-tag

 

Router(config)# ephone 1

ephone 設定モードを開始します。

ステップ 4

mac-address [ mac-address ]

 

Router(config-ephone)# mac-address 0001.2345.6789

設定対象の IP Phone の MAC アドレスを指定します。

ステップ 5

type phone-type

 

Router(config-ephone)# type 7931

設定対象の電話機のタイプを指定します。

ステップ 6

button button-number { separator } dn-tag [ , dn-tag ...] [ button-number { x } overlay-button-number ] [ button-number ...]

 

Router(config-ephone)# button 1:11 2:12 3:13 4:14 5:15 6:16 7:51 8:52 9:53 10:54

ボタン番号および回線の特性を ephone-dn と関連付けます。ボタンの最大数は、電話機タイプによって異なります。

ヒント Cisco Unified IP Phone 7931G のボタン レイアウトは下から上へ順に並んでいます。ボタン 1 は配列の右下にあり、ボタン 24 は配列の左上にあります。

ステップ 7

mwi-line line-number

 

Router(config-ephone)# mwi-line 3

MWI 処理を受ける電話回線を選択します。選択した回線にメッセージが着信すると、メッセージ受信のインジケータがアクティブになります。

line-number :値の範囲は 1 ~ 34 です。デフォルトは 1 です。

ステップ 8

end

 

Router(config-ephone)# end

設定モードを終了し、特権 EXEC モードを開始します。

次の作業

同じ Cisco Unified CME に SIP 電話機と SCCP 電話機を接続している場合は、「ローカル電話機間のコールに対する個々の電話機のコーデックの設定」を参照してください。

Cisco Unified IP Phone 7931G に対して固定ボタン レイアウトを選択するには、 SCCP:Cisco Unified IP Phone 7931G のボタン レイアウトの選択を参照してください。

電話機で基本的なコールを発信するための設定が終了すると、接続する電話機の設定ファイルを生成できる状態になります。 SCCP:SCCP 電話機ごとの設定ファイルの作成を参照してください。

Cisco ATA、アナログ電話機サポート、リモート電話機、および Cisco IP Communicator の設定方法

この項では、次の作業について取り上げます。

Cisco ATA

「Cisco ATA のサポートの設定」(必須)

「Cisco ATA のサポートの確認」(オプション)

「Cisco ATA でのコール ピックアップとグループ コール ピックアップの使用方法」(オプション)

アナログ電話機

「SCCP:SCCP 制御のアナログ(FXS)ポートでの電話機の設定」(必須)

「SCCP:アナログ電話機のサポートの確認」(オプション)

リモート電話機

「SCCP:リモート電話機の有効化」(必須)

「SCCP:リモート電話機の確認」(オプション)

Cisco IP Communicator

「SCCP:Cisco IP Communicator のサポートの設定」(必須)

「SCCP:Cisco IP Communicator のサポートの確認」(必須)

「SCCP:Cisco IP Communicator のサポートのトラブルシューティング」(オプション)

Cisco ATA のサポートの設定

Cisco ATA を使用するアナログ電話機を Cisco Unified CME に登録できるようにするには、次の手順を実行します。

制約事項

Cisco Unified CME システムに登録されている Cisco ATA がファックス コールに参加するには、Cisco ATA の ConnectMode パラメータが、ファックス パススルーを実行する Cisco 音声ゲートウェイと同じ RTP ペイロード タイプを使用するように設定されている必要があります。Cisco 音声ゲートウェイは、標準のペイロード タイプ 0/8 を使用します。これを Cisco ATA で選択するには、ConnectMode パラメータのビット 2 を 1 に設定します。詳細については、『 Cisco ATA 186 and Cisco ATA 188 Analog Telephone Adaptor Administrator's Guide for SCCP (version 3.0) 』の「 Parameters and Defaults 」の章を参照してください。

要約手順

1. Cisco ATA をインストールします。

2. Cisco ATA を SCCP 用に設定します。

3. ファームウェアをアップグレードします。

4. Cisco ATA のネットワーク パラメータを設定します。

5. Cisco Unified CME 内のアナログ電話機を設定します。

詳細手順


ステップ 1 Cisco ATA をインストールします。『 Cisco ATA 186 and Cisco ATA 188 Analog Telephone Adaptor Administrator's Guide for SCCP (version 3.0) 』の「Installing the Cisco ATA」の章を参照してください。

ステップ 2 Cisco ATA を設定します。『 Cisco ATA 186 and Cisco ATA 188 Analog Telephone Adaptor Administrator's Guide for SCCP (version 3.0) 』の「Configuring the Cisco ATA for SCCP」の章を参照してください。

ステップ 3 最新の Cisco ATA イメージにアップグレードします。H.323/SIP 用の 2.14 020315a ビルドあるいは MGCP または SCCP 用の 2.14 020415a ビルドに基づく v2.14 または v2.14ms の Cisco ATA 186 イメージを使用している場合は、最新バージョンにアップグレードしてセキュリティ パッチをインストールする必要があります。このパッチは、ユーザがユーザ インターフェイス パスワードをバイパスできるようにする Cisco ATA Web サーバのセキュリティ ホールを修正します。

ファームウェアのアップグレードについては、 Cisco Unified CME ソフトウェアのインストールとアップグレードを参照してください。また、『 Cisco ATA 186 and Cisco ATA 188 Analog Telephone Adaptor Administrator's Guide for SCCP (version 3.0) 』の「 Upgrading the Cisco ATA Signaling Image 」の章の説明に従って、手動の方法を使用することもできます。

ステップ 4 Cisco ATA を設定し、次のパラメータを設定します。

DHCP パラメータを 1 (有効)に設定します。

TFTP パラメータを 1 (有効)に設定します。

TFTPURL パラメータを、Cisco Unified CME を実行するルータの IP アドレスに設定します。

SID0 パラメータをピリオド( . )または Cisco ATA の MAC アドレスに設定します(最初のポートを有効にします)。

2 番目のポートを使用する場合は、SID1 パラメータをピリオド( . )または Cisco ATA の MAC アドレスの変更バージョン(最初の 2 つの 16 進数を削除して、末尾に 01 を付加)に設定します。たとえば、Cisco ATA の MAC アドレスが 00012D01073D の場合は、SID1 を 012D01073D01 に設定します。

Nprintf パラメータを、すべての Cisco ATA デバッグ メッセージの送信先となるホストの IP アドレスおよびポート番号に設定します。ポート番号は、通常、9001 に設定します。

Cisco ATA 186 に対する不正変更や不正アクセスを防止するために、Web ベースの設定を無効にできます。ただし、Web 設定ページを無効にした場合は、TFTP サーバまたは音声設定メニューを使用して、Cisco ATA 186 を設定する必要があります。

ステップ 5 Cisco Unified IP Phone と同じ方法で、Cisco ATA を使用するアナログ電話機を設定します。 type コマンドで、 ata キーワードを使用します。電話機をプロビジョニングする方法については、「SCCP:ディレクトリ番号の作成」を参照してください。


 

次の作業

同じ Cisco Unified CME に SIP 電話機 SCCP 電話機を接続している場合は、「ローカル電話機間のコールに対する個々の電話機のコーデックの設定」を参照してください。

Cisco Unified IP Phone 7931G に対して固定ボタン レイアウトを選択するには、 SCCP:Cisco Unified IP Phone 7931G のボタン レイアウトの選択を参照してください。

電話機で基本的なコールを発信するための設定が終了すると、接続する電話機の設定ファイルを生成できる状態になります。 SCCP:SCCP 電話機ごとの設定ファイルの作成および SIP:SIP 電話機ごとの設定プロファイルの作成を参照してください。

Cisco ATA のサポートの確認

show ephone ata コマンドを使用して、 type ata コマンドによる SCCP 電話機設定を表示します。

次に、MAC アドレス 000F.F758.E70E の Cisco ATA を使用する 2 台のアナログ電話機用に設定された Cisco Unified CME のサンプル出力を示します。

ephone-30 Mac:000F.F758.E70E TCP socket:[2] activeLine:0 REGISTERED in SCCP ver 1 and Server in ver 1

mediaActive:0 offhook:0 ringing:0 reset:0 reset_sent:0 paging 0 debug:0 caps:7

IP:1.4.188.72 15325 ATA Phone keepalive 7 max_line 2 dual-line

button 1: dn 80 number 8080 CH1 IDLE CH2 IDLE

ephone-31 Mac:0FF7.58E7.0E01 TCP socket:[3] activeLine:0 REGISTERED in SCCP ver 1 and Server in ver 1

mediaActive:0 offhook:0 ringing:0 reset:0 reset_sent:0 paging 0 debug:0 caps:3

IP:1.4.188.72 15400 ATA Phone keepalive 7 max_line 2 dual-line

button 1: dn 81 number 8081 CH1 IDLE CH2 IDLE

Cisco ATA のサポートのトラブルシューティング

debug ephone detail コマンドを使用して、Cisco ATA を使用するアナログ電話機の問題を診断します。詳細については、ご使用の Cisco IOS リリースの『 Cisco IOS Debug Command Reference 』を参照してください。

次に、MAC アドレス 000F.F758.E70E の Cisco ATA を使用する 2 台のアナログ電話機に関するサンプル出力を示します。このサンプルは、電話機の登録時に実行されたアクティビティを示しています。

Router# debug ephone detail mac-address 000F.F758.E70E

*Apr 5 02:50:11.966: New Skinny socket accepted [1] (33 active)

*Apr 5 02:50:11.970: sin_family 2, sin_port 15325, in_addr 1.4.188.72

*Apr 5 02:50:11.970: skinny_add_socket 1 1.4.188.72 15325

21:21:49: %IPPHONE-6-REG_ALARM: Name=ATA000FF758E70E Load=ATA030203SCCP051201A.zup Last=Initialized

*Apr 5 02:50:11.974:

Skinny StationAlarmMessage on socket [2] 1.4.188.72 ATA000FF758E70E

*Apr 5 02:50:11.974: severityInformational p1=0 [0x0] p2=0 [0x0]

*Apr 5 02:50:11.974: Name=ATA000FF758E70E Load=ATA030203SCCP051201A.zup Last=Initialized

*Apr 5 02:50:12.066: ephone-(30)[2] StationRegisterMessage (29/31/48) from 1.4.188.72

*Apr 5 02:50:12.066: ephone-(30)[2] Register StationIdentifier DeviceName ATA000FF758E70E

*Apr 5 02:50:12.070: ephone-(30)[2] StationIdentifier Instance 1 deviceType 12

*Apr 5 02:50:12.070: ephone-30[-1]:stationIpAddr 1.4.188.72

*Apr 5 02:50:12.070: ephone-30[-1]:maxStreams 0

*Apr 5 02:50:12.070: ephone-30[-1]:protocol Ver 0x1

*Apr 5 02:50:12.070: ephone-30[-1]:phone-size 5392 dn-size 632

*Apr 5 02:50:12.070: ephone-(30) Allow any Skinny Server IP address 1.4.188.65

*Apr 5 02:50:12.070: ephone-30[-1]:Found entry 29 for 000FF758E70E

*Apr 5 02:50:12.070: ephone-30[-1]:socket change -1 to 2

*Apr 5 02:50:12.070: ephone-30[-1]:FAILED: CLOSED old socket -1

*Apr 5 02:50:12.074: ephone-30[2]:phone ATA000FF758E70E re-associate OK on socket [2]

21:21:49: %IPPHONE-6-REGISTER: ephone-30:ATA000FF758E70E IP:1.4.188.72 Socket:2 DeviceType:Phone has registered.

*Apr 5 02:50:12.074: Phone 29 socket 2

*Apr 5 02:50:12.074: Phone 29 socket 2: Running Bravo ??

*Apr 5 02:50:12.074: Skinny Local IP address = 1.4.188.65 on port 2000

*Apr 5 02:50:12.074: Skinny Phone IP address = 1.4.188.72 15325

*Apr 5 02:50:12.074: ephone-30[2]:Signal protocol ver 8 to phone with ver 1

*Apr 5 02:50:12.074: ephone-30[2]:Date Format M/D/Y

*Apr 5 02:50:12.078: ephone-30[2]:RegisterAck sent to ephone 2: keepalive period 30 use sccp-version 1

*Apr 5 02:50:12.078: ephone-30[2]:CapabilitiesReq sent

*Apr 5 02:50:12.090: ephone-30[2]:VersionReq received

*Apr 5 02:50:12.090: ephone-30[2]:Version String not needed for ATA device. Part of XML file

*Apr 5 02:50:12.090: ephone-30[2]:Version Message sent

*Apr 5 02:50:12.094: ephone-30[2]:CapabilitiesRes received

*Apr 5 02:50:12.098: ephone-30[2]:Caps list 7

G711Ulaw64k 60 ms

G711Alaw64k 60 ms

G729 60 ms

G729AnnexA 60 ms

G729AnnexB 60 ms

G729AnnexAwAnnexB 60 ms

Unrecognized Media Type 257 60 ms

*Apr 5 02:50:12.098: ephone-30[2]:ButtonTemplateReqMessage

*Apr 5 02:50:12.098: ephone-30[2]:StationButtonTemplateReqMessage set max presentation
to 2

*Apr 5 02:50:12.098: ephone-30[2]:CheckAutoReg

*Apr 5 02:50:12.102: ephone-30[2]:AutoReg is disabled

*Apr 5 02:50:12.102: ephone-30[2][ATA000FF758E70E]:Setting 1 lines 4 speed-dials on phone (max_line 2)

*Apr 5 02:50:12.102: ephone-30[2]:First Speed Dial Button location is 2 (0)

*Apr 5 02:50:12.102: ephone-30[2]:Configured 4 speed dial buttons

*Apr 5 02:50:12.102: ephone-30[2]:ButtonTemplate lines=1 speed=4 buttons=5 offset=0

*Apr 5 02:50:12.102: ephone-30[2]:Skinny IP port 16384 set for socket [2]

*Apr 5 02:50:12.126: ephone-30[2]:StationSoftKeyTemplateReqMessage

*Apr 5 02:50:12.126: ephone-30[2]:StationSoftKeyTemplateResMessage

*Apr 5 02:50:12.206: ephone-30[2]:StationSoftKeySetReqMessage

*Apr 5 02:50:12.206: ephone-30[2]:StationSoftKeySetResMessage

*Apr 5 02:50:12.307: ephone-30[2]:StationLineStatReqMessage from ephone line 1

*Apr 5 02:50:12.307: ephone-30[2]:StationLineStatReqMessage ephone line 1 DN 80 = 8080 desc = 8080 label =

*Apr 5 02:50:12.307: ephone-30[2][ATA000FF758E70E]:StationLineStatResMessage sent to ephone (1 of 2)

*Apr 5 02:50:12.427: ephone-30[2]:StationSpeedDialStatReqMessage speed 9

*Apr 5 02:50:12.427: ephone-30[2]:No speed-dial set 9

*Apr 5 02:50:12.427: ephone-30[2]:StationSpeedDialStatMessage sent

*Apr 5 02:50:12.547: ephone-30[2]:StationSpeedDialStatReqMessage speed 8

*Apr 5 02:50:12.547: ephone-30[2]:No speed-dial set 8

*Apr 5 02:50:12.547: ephone-30[2]:StationSpeedDialStatMessage sent

*Apr 5 02:50:12.635: ephone-30[2]:StationSpeedDialStatReqMessage speed 7

*Apr 5 02:50:12.635: ephone-30[2]:No speed-dial set 7

*Apr 5 02:50:12.635: ephone-30[2]:StationSpeedDialStatMessage sent

*Apr 5 02:50:12.707: New Skinny socket accepted [1] (34 active)

*Apr 5 02:50:12.707: sin_family 2, sin_port 15400, in_addr 1.4.188.72

*Apr 5 02:50:12.711: skinny_add_socket 1 1.4.188.72 15400

*Apr 5 02:50:12.711: ephone-30[2]:StationSpeedDialStatReqMessage speed 6

*Apr 5 02:50:12.711: ephone-30[2]:No speed-dial set 6

*Apr 5 02:50:12.715: ephone-30[2]:StationSpeedDialStatMessage sent

21:21:50: %IPPHONE-6-REG_ALARM: Name=ATA0FF758E70E01 Load=ATA030203SCCP051201A.zup Last=Initialized

*Apr 5 02:50:12.715:

Skinny StationAlarmMessage on socket [3] 1.4.188.72 ATA000FF758E70E

*Apr 5 02:50:12.715: severityInformational p1=0 [0x0] p2=0 [0x0]

*Apr 5 02:50:12.715: Name=ATA0FF758E70E01 Load=ATA030203SCCP051201A.zup Last=Initialized

*Apr 5 02:50:12.811: ephone-30[2]:StationSpeedDialStatReqMessage speed 5

*Apr 5 02:50:12.811: ephone-30[2]:No speed-dial set 5

*Apr 5 02:50:12.811: ephone-30[2]:StationSpeedDialStatMessage sent

21:21:50: %IPPHONE-6-REGISTER: ephone-31:ATA0FF758E70E01 IP:1.4.188.72 Socket:3 DeviceType:Phone has registered.

*Apr 5 02:50:12.908: ephone-30[2]:StationSpeedDialStatReqMessage speed 4

*Apr 5 02:50:12.908: ephone-30[2]:No speed-dial set 4

*Apr 5 02:50:12.908: ephone-30[2]:StationSpeedDialStatMessage sent

*Apr 5 02:50:13.008: ephone-30[2]:StationSpeedDialStatReqMessage speed 3

*Apr 5 02:50:13.008: ephone-30[2]:No speed-dial set 3

*Apr 5 02:50:13.008: ephone-30[2]:StationSpeedDialStatMessage sent

*Apr 5 02:50:13.108: ephone-30[2]:StationSpeedDialStatReqMessage speed 2

*Apr 5 02:50:13.108: ephone-30[2]:No speed-dial set 2

*Apr 5 02:50:13.108: ephone-30[2]:StationSpeedDialStatMessage sent

*Apr 5 02:50:13.208: ephone-30[2]:StationSpeedDialStatReqMessage speed 1

*Apr 5 02:50:13.208: ephone-30[2]:No speed-dial set 1

*Apr 5 02:50:13.208: ephone-30[2]:StationSpeedDialStatMessage sent

*Apr 5 02:50:14.626: New Skinny socket accepted [1] (33 active)

*Apr 5 02:50:14.626: sin_family 2, sin_port 15593, in_addr 1.4.188.72

*Apr 5 02:50:14.630: skinny_add_socket 1 1.4.188.72 15593

*Apr 5 02:50:15.628: New Skinny socket accepted [1] (34 active)

*Apr 5 02:50:15.628: sin_family 2, sin_port 15693, in_addr 1.4.188.72

*Apr 5 02:50:15.628: skinny_add_socket 1 1.4.188.72 15693

*Apr 5 02:50:21.538: ephone-30[2]:SkinnyCompleteRegistration

Cisco ATA でのコール ピックアップとグループ コール ピックアップの使用方法

Cisco Unified CME で Cisco ATA を使用する場合の手順は、Cisco Unified Communications Manager で Cisco ATA を使用する場合の手順とほとんど同じです。『 Cisco ATA 186 and Cisco ATA 188 Analog Telephone Adaptor Administrator's Guide for SCCP (version 3.0) 』の「 How to Use Pre-Call and Mid-Call Services 」の章を参照してください。ただし、Cisco Unified CME で Cisco ATA を使用する場合、次に述べるように、コール ピックアップとグループ コール ピックアップの手順が異なります。

コール ピックアップ

Cisco Unified CME で Cisco ATA を使用する場合

最後にパークしたコールをピックアップするには、 **3* を押します。

特定の内線番号のコールをピックアップするには、 **3 を押して、内線番号を入力します。

パーク スロットからコールをピックアップするには、 **3 を押して、パーク スロット番号を入力します。

グループ コール ピックアップ

Cisco Unified CME で Cisco ATA を使用する場合

コール ピックアップ グループ内の電話に応答するには、 **4* を押します。

コール ピックアップ グループ外の電話に応答するには、 **4 とグループ ID 番号を押します。


) ピックアップ グループが 1 つしかないときにコールをピックアップする場合は、**4 の後にグループ ID を入力する必要はありません。


SCCP:SCCP 制御のアナログ(FXS)ポートでの電話機の設定

SCCP 制御のアナログ(FXS)ポートに接続されたアナログ エンドポイントでコールおよび機能をサポートするための Cisco Unified CME の設定は、基本的に Cisco Unified CME 内の SCCP 電話機の設定と同じです。この項では、Cisco VG224 Analog Phone Gateway に接続された電話機に関して特別な意味を持つ手順だけを説明します。

前提条件

Cisco VG224 Analog Phone Gateway でアナログ FXS ポートに接続している電話機:Cisco CME 3.2.2 以降のバージョン。

Cisco サービス統合型ルータ(ISR)音声ゲートウェイのアナログ FXS ポートに接続された電話機:Cisco Unified CME 4.0 以降のバージョン。

Cisco ISR 音声ゲートウェイまたは Cisco VG224 アナログ電話ゲートウェイがインストールされ、動作するよう設定されている必要があります。詳細については、該当するシスコの設定マニュアルを参照してください。

Cisco IOS Release 12.4(11)T よりも前では、SCCP 制御のすべてのアナログ ポートに対して、 timeouts ringing コマンドを infinity に設定する必要があります。Cisco IOS Release 12.4(11)T 以降では、このコマンドのデフォルトが infinity になっています。

Cisco IOS 音声ゲートウェイ上で SCCP が有効になっている必要があります。設定については、『 SCCP Controlled Analog (FXS) Ports with Supplementary Features in Cisco IOS Gateways 』を参照してください。

制約事項

Cisco VG 248 アナログ電話ゲートウェイ上の FXS ポートは、Cisco Unified CME ではサポートされていません。

要約手順

1. Cisco IOS ゲートウェイ上の最大 24 個のアナログ エンドポイントの ephone-dn を設定します。

2. ephone の最大数を設定します。

3. ephone-dn を ephone に割り当てます。

4. 必要に応じて、機能パラメータを設定します。

5. 必要に応じて、機能制限を設定します。

詳細手順


ステップ 1 Cisco IOS ゲートウェイ上の最大 24 個のエンドポイントの ephone-dn を設定します。

ephone-dn コマンドを使用します。

ephone-dn 1 dual-line

number 1000

.

.

.

ephone-dn 24 dual-line

number 1024

ステップ 2 ephone の最大数を設定します。

max ephones コマンドを使用して、Cisco Unified CME ルータに登録するエンドポイント(IP エンドポイントとアナログ エンドポイントの両方を含む)の総数以上の数を設定します。たとえば、6 台の IP Phone と 12 台のアナログ電話機が存在する場合は、 max ephones コマンドを 18 以上に設定します。

ステップ 3 ephone-dn を ephone に割り当てます。

auto assign コマンドを使用すると、電話機が Cisco Unified CME ルータと交信して登録するときに、使用可能な ephone-dn を各電話機に自動的に割り当てることができます。ephone-dn の割り当て順序は保証されないことに注意してください。たとえば、Cisco IOS ゲートウェイのポート 2/0 ~ 2/23 上にアナログ エンドポイントが存在する場合、ポート 2/0 が ephone 1 になるとは限りません。ephone-dn の自動割り当てを有効にするには、次のいずれかのコマンドを使用します。

auto assign 1 to 24 :割り当て対象のアナログ エンドポイントだけが存在する場合、またはすべてのエンドポイントを自動的に割り当てる場合、 type キーワードを使用する必要はありません。

auto assign 1 to 24 type anl :システム内に他の電話機タイプが存在し、アナログ エンドポイントだけを ephone-dn に自動的に割り当てる場合、 type キーワードを使用します。

auto assign コマンドを使用する代わりに、手動で ephone(FXS ポート上のアナログ電話機)に ephone-dn を割り当てることができます。この方法は複雑ですが、特定の ephone に特定の内線番号(ephone-dn)を割り当てる場合は、この方法を使用する必要があります。手動割り当てが複雑な理由は、登録する ephone ごとに固有のデバイス ID が必要となりますが、IP Phone とは異なりアナログ電話機は固有の MAC アドレスを持っていないことにあります。アナログ電話機に固有のデバイス ID を作成するために、自動割り当てプロセスでは特別なアルゴリズムが使用されます。ephone の手動割り当てを行う場合は、手動割り当てを受ける各電話機に、自動割り当てプロセスと同じアルゴリズムを使用する必要があります。

このアルゴリズムでは、Cisco IOS ゲートウェイのすべての FXS ポートに対して 12 桁の一意のデバイス ID を作成するためのベースとして、Cisco IOS ゲートウェイで 12 桁の単一の SCCP ローカル インターフェイス MAC アドレスを使用します。SCCP ローカル インターフェイス MAC アドレスの下 9 桁は 3 桁左にシフトされ、24 個すべてのデバイス ID でそれぞれ上 9 桁として使用されます。残りの 3 桁は、ポートの 2 進表現のスロット番号(3 桁)、サブユニット番号(2 桁)、およびポート番号(7 桁)を 16 進数に変換したものです。次の例は、このアルゴリズムを使用して、1 つのポートに固有のデバイス ID を作成する方法を示しています。

a. Cisco VG224 の SCCP ローカル インターフェイス MAC アドレスは、000C.8638.5EA6 です。

b. FXS ポートのスロット番号は 2(010)、サブユニット番号は 0(00)、ポート番号は 1(0000001)です。これらの 2 進数を 1 列に並べると 0100 0000 0001 になります。ポートおよび ephone の最終的なデバイス ID を作成するために、これを 16 進数に変換すると 401 になります。

c. その結果、このポートの固有のデバイス ID は、C863.85EA.6401 になります。

ポートは単一回線のデバイスを表すので、アナログ ポートに ephone を手動で設定する場合は、ephone に 1 つのボタンだけを割り当てます。 button コマンドでは、「:」(コロン、通常の呼び出し)、「o」(オーバーレイ)、および「c」(コール ウェイティング オーバーレイ)モードを使用できます。


) 手動割り当てを行うすべての ephone に ephone-dn を割り当てた後は、auto assign コマンドを使用して、残りのポートを自動的に割り当てることができます。


ステップ 4 必要に応じて、機能パラメータを設定します。次のリストには、一般的に設定される機能が含まれています。サポートされる機能については、『 SCCP Controlled Analog (FXS) Ports with Supplementary Features in Cisco IOS Gateways 』を参照してください。

コール転送:アナログ エンドポイントからコール転送を使用するには、Cisco Unified CME ルータ上で telephony-service 設定モードの transfer-system コマンドに full-blind または full-consult を設定する必要があります。これは、Cisco CME 3.0 以降のバージョンで推奨される設定ですが、デフォルトではありません。

コール自動転送:コール自動転送の宛先は、ephone-dn 設定モードで call-forward all call-forward busy 、および call-forward noan コマンドを使用して、すべて、通話中、および無応答の状態について ephone-dn ごとに指定します。

コール パーク:コール パーク スロットは、ephone-dn 設定モードで park-slot コマンドを使用して作成します。電話機ユーザに、コールをコール パーク スロットに転送する方法、およびディレクテッド ピックアップを使用してコールを取得する方法を教える必要があります。

コール ピックアップ グループ:内線番号をピックアップ グループに追加するには、ephone-dn 設定モードで pickup-group コマンドを使用します。電話機ユーザに、どの電話機がどのグループに属しているかを知らせる必要があります。

発信者 ID:発信者名は、ephone-dn 設定モードで name コマンドを使用して定義します。発信者番号は、ephone-dn 設定モードで number コマンドを使用して定義します。

短縮ダイヤル:短縮ダイヤルされる番号は、ephone 設定モードで speed-dial コマンドを使用して、関連付ける短縮ダイヤル コードとともに保存します。

ボイスメールへの短縮ダイヤル:ボイスメール番号は、telephony-service 設定モードで voicemail コマンドを使用して定義します。

ステップ 5 必要に応じて、機能制限を設定します。

アナログ電話機にはソフトキーがありませんが、該当する Cisco Unified CME のソフトキー テンプレート コマンドを使用して、転送、会議、パーク、ピックアップ、グループ ピックアップ、すべてのコールの自動転送などの機能を個々の ephone で実行できないようにすることができます。実行できないようにする機能を表すソフトキーを除外してテンプレートを作成し、対象の ephone にそのテンプレートを適用するだけです。ソフトキー テンプレートのカスタマイズについては、 ソフトキーのカスタマイズを参照してください。


 

次の作業

同じ Cisco Unified CME に SIP 電話機 SCCP 電話機を接続している場合は、「ローカル電話機間のコールに対する個々の電話機のコーデックの設定」を参照してください。

Cisco Unified IP Phone 7931G に対して固定ボタン レイアウトを選択するには、 SCCP:Cisco Unified IP Phone 7931G のボタン レイアウトの選択を参照してください。

Cisco Unified CME 内の電話機で、基本的なコールを発信するための設定が終了すると、接続する電話機の設定ファイルを生成できる状態になります。 SCCP:SCCP 電話機ごとの設定ファイルの作成を参照してください。

SCCP:アナログ電話機のサポートの確認

アナログ エンドポイントに関する情報を表示するには、次の show コマンドを使用します。

show ephone anl :アナログ ephone の MAC アドレス、登録ステータス、ephone-dn、および短縮ダイヤル番号を表示します。

show telephony-service ephone-dn :コール自動転送、コール ウェイティング、ピックアップ グループなど、ephone-dn に関する詳細情報を表示します。

show running-config :実行設定の非デフォルト値を表示します。

SCCP:リモート電話機の有効化

IP Phone または Cisco IP Communicator のインスタンスが、WAN を介して Cisco Unified CME システムに接続できるようにするには、次の手順を実行します。

前提条件

すべての音声コールの品質を低下させる可能性のある帯域幅過剰使用を避けるために、在宅勤務者のリモート電話機をサポートする WAN リンクに、Call Admission Control(CAC; コール アドミッション制御)ソリューションまたは Resource Reservation Protocol(RSVP; リソース予約プロトコル)ソリューションを設定する必要があります。

変換に DSP ファームが使用される場合は、DSP ファームを別個に設定する必要があります。 変換リソースの設定を参照してください。

リモート電話機として使用可能な SCCP 電話機は、Cisco Unified CME で設定されます。設定については、「SCCP:ディレクトリ番号の作成」を参照してください。

制約事項

Cisco Unified CME は集中呼処理用に設計されていないため、リモート電話機は、特定の在宅勤務者用のアプリケーション(家庭内オフィスからの作業など)だけでサポートされています。

Cisco Unified CME では、リモート SCCP 電話機に対する CAC はサポートされません。そのため、WAN リンクが加入過多になると、音声品質が低下する場合があります。広帯域データ アプリケーションを WAN 経由で使用すると、リモート IP Phone の音声品質が低下する場合があります。

Cisco Unified CME は、リモート IP Phone からの緊急 911(E911)コールをサポートしていません。WAN 経由で Cisco Unified CME に接続されているリモート電話機を使用する在宅勤務者に対して、E911 緊急サービスにその電話機を使用しないように指示する必要があります。これは、ローカルの Public Safety Answering Point(PSAP)が、その電話機から有効な発信側情報を取得できないためです。

すべてのリモート電話機ユーザにこの問題を認識させることをお勧めします。1 つの方法は、在宅勤務者のすべてのリモート電話機に、リモート IP Phone で 911 緊急コールを発信しないように注意するラベルを貼ることです。リモート ワーカーは、可能な限り、ホテル、オフィス、または自宅のローカルに設定されている電話機(通常の固定電話機)からすべての緊急コールを発信する必要があります。緊急コールにリモート IP Phone を使用する必要がある場合は、応答する PSAP スタッフに、特定のロケーション情報(番地、市区町村、都道府県、国など)を伝える準備をしておく必要があることをリモート ワーカーに知らせます。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. ephone phone-tag

4. mtp

5. codec { g711ulaw | g722r64 | g729r8 [ dspfarm-assist ]}

6. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

ephone phone-tag

 

Router(config)# ephone 36

ephone 設定モードを開始します。

phone-tag :この ephone を設定作業時に識別する固有のシーケンス番号。

ステップ 4

mtp

 

Router(config-ephone)# mtp

メディア パケットを Cisco Unified CME ルータに送信します。

ステップ 5

codec { g711ulaw | g722r64 | g729r8 [ dspfarm-assist ]}

 

Router(config-ephone)# codec g729r8 dspfarm-assist

(オプション)コールの確立に使用する優先コーデックを選択します。

デフォルトは G.711 mu-law コーデックです。

g722r64 キーワードを使用するには、Cisco Unified CME 4.3 以降のバージョンが必要です。

dspfarm-assist :コールで G.711 がネゴシエートされる場合、電話機と Cisco Unified CME ルータの間のセグメントの変換に DSP ファーム リソースを使用しようとします。


) SCCP エンドポイントのタイプが ATA、VG224、または VG248 の場合、dspfarm-assist キーワードは無視されます。


ステップ 6

end

 

Router(config-ephone)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

次の作業

同じ Cisco Unified CME に SIP 電話機 SCCP 電話機を接続している場合は、「ローカル電話機間のコールに対する個々の電話機のコーデックの設定」を参照してください。

Cisco Unified IP Phone 7931G に対して固定ボタン レイアウトを選択するには、 SCCP:Cisco Unified IP Phone 7931G のボタン レイアウトの選択を参照してください。

Cisco Unified CME 内の電話機で、基本的なコールを発信するための設定が終了すると、接続する電話機の設定ファイルを生成できる状態になります。 SCCP:SCCP 電話機ごとの設定ファイルの作成を参照してください。

SCCP:リモート電話機の確認


ステップ 1 show running-config コマンドまたは show telephony-service ephone コマンドを使用して、リモート ephone のパラメータ設定を確認します。


 

SCCP:Cisco IP Communicator のサポートの設定

Cisco IP Communicator のサポートを有効にするには、次の手順を実行します。

前提条件

Cisco Unified CME 4.0 以降のバージョン。

Cisco Unified CME TFTP サーバの IP アドレス。

Cisco IP Communicator 用の PC が設置されている必要があります。ハードウェアおよびプラットフォームの要件については、該当する『 Cisco IP Communicator ユーザ ガイド 』を参照してください。

ユーザのヘッドセットや受話器などの、オーディオ機器が設置されている必要があります。オーディオ機器はいつでも設置できますが、Cisco IP Communicator をインストールおよび起動する前に設置するのが最適です。

Cisco IP Communicator のディレクトリ番号と ephone の設定が、Cisco Unified CME で設定されている必要があります。詳細については、「PBX システムに対する電話機の設定方法」を参照してください。

要約手順

1. ソフトウェアをダウンロードします。

2. Cisco IP Communicator をインストールして起動します。

3. Cisco IP Communicator インターフェイスで、次のような登録および設定の作業を実行します。

a. Cisco Unified CME TFTP サーバの IP アドレスを設定します。

b. low bandwidth パラメータの Optimize を無効にします。

4. Cisco IP Communicator が登録されるまで待ちます。

5. Cisco IP Communicator をテストします。

詳細手順


ステップ 1 http://www.cisco.com/cgi-bin/tablebuild.pl/ip-iostsp のソフトウェア ダウンロード サイトから、Cisco IP Communicator 2.0 以降のバージョンのソフトウェアをダウンロードします。

ステップ 2 PC にソフトウェアをインストールし、Cisco IP Communicator アプリケーションを起動します。詳細については、該当する『 Cisco IP Communicator ユーザ ガイド 』の「Cisco IP Communicator のインストールと起動」の項を参照してください。

ステップ 3 必要に応じて、次のような Cisco IP Communicator の設定および登録の作業を完了します。

a. Cisco Unified CME TFTP サーバの IP アドレスを指定します。

Cisco IP Communicator インターフェイスを右クリックし、 [Preferences] > [Network] > [Use these TFTP servers] を選択します。

フィールドに、Cisco Unified CME TFTP サーバの IP アドレスを入力します。

b. low bandwidth パラメータの Optimize を無効にして、Cisco IP Communicator で G.711 コーデックのサポートを有効にします。


) Cisco IP Communicator で G.711 コーデックのサポートを有効にするには、次の手順が必要です。このコーデックは、Cisco Unified CME のフォールバック コーデックです。ephone 設定モードで codec コマンドを使用して、G.729 または別の高度なコーデックを Cisco IP Communicator の優先コーデックとして設定すると、最適化パラメータが無効になっている状態を解消できます。この設定により、VoIP(SIP や H.323 など)のダイヤルピアは Cisco IP Communicator でサポートされ、帯域幅の不足による音声の問題を防止できるようになります。


Cisco IP Communicator インターフェイスを右クリックし、 [Preferences] > [Audio] を選択します。

low bandwidth の [Optimize] の横にあるチェックボックスをオフにします。

ステップ 4 Cisco IP Communicator アプリケーションが Cisco Unified CME に接続して登録するまで待ちます。

ステップ 5 Cisco IP Communicator をテストします。設定については、「SCCP:Cisco IP Communicator のサポートの確認」を参照してください。


 

SCCP:Cisco IP Communicator のサポートの確認


ステップ 1 show running-config コマンドを使用して、この電話機に関連付けられている ephone-dn および ephone の情報を表示します。

ステップ 2 Cisco IP Communicator が Cisco Unified CME に登録されると、Cisco IP Communicator に、その設定の内線電話番号とソフトキーが表示されます。これらの情報が正しいことを確認します。

ステップ 3 この電話機から内部コールを発信します。また、誰かにこの電話機にコールを発信してもらいます。双方向の音声パスが存在することを確認します。


 

SCCP:Cisco IP Communicator のサポートのトラブルシューティング


ステップ 1 debug ephone detail コマンドを使用して、コールの問題を診断します。詳細については、『 Cisco Unified CME Command Reference 』を参照してください。


 

基本的なコールを発信するための設定例

この項では、Cisco Unified CME に必須の設定に関する例を示します。この設定例には、他の章で説明している追加オプションの一部が含まれています。

「基本的なコールを発信するための SCCP 電話機の設定:例」

「基本的なコールを発信するための SIP 電話機の設定:例」

「SIP 電話機の一括登録の無効化:例」

「Cisco ATA:例」

「SCCP アナログ電話機:例」

「在宅勤務者のリモート電話機:例」

基本的なコールを発信するための SCCP 電話機の設定:例

Router# show running-config

version 12.4

service tcp-keepalives-in

service tcp-keepalives-out

service timestamps debug datetime msec

service timestamps log datetime msec

no service password-encryption

!

hostname CME40

!

boot-start-marker

boot-end-marker

!

logging buffered 2000000 debugging

!

no aaa new-model

!

resource policy

!

clock timezone PST -8

clock summer-time PDT recurring

no network-clock-participate slot 2

voice-card 0

no dspfarm

dsp services dspfarm

!

voice-card 2

dspfarm

!

no ip source-route

ip cef

!

!

!

ip domain name cisco.com

ip multicast-routing

!

!

ftp-server enable

ftp-server topdir flash:

isdn switch-type primary-5ess

!

!

!

voice service voip

allow-connections h323 to sip

allow-connections sip to h323

no supplementary-service h450.2

no supplementary-service h450.3

h323

call start slow

!

!

!

controller T1 2/0/0

framing esf

linecode b8zs

pri-group timeslots 1-24

!

controller T1 2/0/1

framing esf

linecode b8zs

!

!

interface GigabitEthernet0/0

ip address 192.168.1.1 255.255.255.0

ip pim dense-mode

duplex auto

speed auto

media-type rj45

negotiation auto

!

interface Service-Engine1/0

ip unnumbered GigabitEthernet0/0

service-module ip address 192.168.1.2 255.255.255.0

service-module ip default-gateway 192.168.1.1

!

interface Serial2/0/0:23

no ip address

encapsulation hdlc

isdn switch-type primary-5ess

isdn incoming-voice voice

isdn map address ^.* plan unknown type international

no cdp enable

!

!

ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 192.168.1.254

ip route 192.168.1.2 255.255.255.255 Service-Engine1/0

ip route 192.168.2.253 255.255.255.255 10.2.0.1

ip route 192.168.3.254 255.255.255.255 10.2.0.1

!

!

ip http server

ip http authentication local

no ip http secure-server

ip http path flash:

!

!

!

!

tftp-server flash:P00307020300.loads

tftp-server flash:P00307020300.sb2

tftp-server flash:P00307020300.sbn

!

control-plane

!

!

!

voice-port 2/0/0:23

!

!

!

sccp local GigabitEthernet0/0

sccp ccm 192.168.1.1 identifier 1

sccp

!

sccp ccm group 1

associate ccm 1 priority 1

associate profile 1 register MTP0013c49a0cd0

keepalive retries 5

!

dspfarm profile 1 transcode

codec g711ulaw

codec g711alaw

codec g729ar8

codec g729abr8

codec gsmfr

codec g729r8

maximum sessions 90

associate application SCCP

!

!

dial-peer voice 9000 voip

mailbox-selection last-redirect-num

destination-pattern 78..

session protocol sipv2

session target ipv4:192.168.1.2

dtmf-relay sip-notify

codec g711ulaw

no vad

!

dial-peer voice 2 pots

incoming called-number .

direct-inward-dial

port 2/0/0:23

forward-digits all

!

dial-peer voice 1 pots

destination-pattern 9[2-9]......

port 2/0/0:23

forward-digits 8

!

dial-peer voice 3 pots

destination-pattern 91[2-9]..[2-9]......

port 2/0/0:23

forward-digits 12!

!

gateway

timer receive-rtp 1200

!

!

telephony-service

load 7960-7940 P00307020300

max-ephones 100

max-dn 300

ip source-address 192.168.1.1 port 2000

system message CCME 4.0

sdspfarm units 1

sdspfarm transcode sessions 128

sdspfarm tag 1 MTP0013c49a0cd0

voicemail 7800

max-conferences 24 gain -6

call-forward pattern .T

moh music-on-hold.au

multicast moh 239.1.1.1 port 2000

web admin system name admin password sjdfg

transfer-system full-consult

transfer-pattern .T

secondary-dialtone 9

create cnf-files version-stamp Jan 01 2002 00:00:00

!

!

ephone-dn-template 1

!

!

ephone-template 1

keep-conference endcall local-only

codec g729r8 dspfarm-assist

!

!

ephone-template 2

!

!

ephone-dn 1

number 6001

call-forward busy 7800

call-forward noan 7800 timeout 10

!

!

ephone-dn 2

number 6002

call-forward busy 7800

call-forward noan 7800 timeout 10

!

!

ephone-dn 10

number 6013

paging ip 239.1.1.1 port 2000

!

!

ephone-dn 20

number 8000....

mwi on

!

!

ephone-dn 21

number 8001....

mwi off

!

!

!

!

ephone 1

device-security-mode none

username "user1"

mac-address 002D.264E.54FA

codec g729r8 dspfarm-assist

type 7970

button 1:1

!

!

!

ephone 2

device-security-mode none

username "user2"

mac-address 001C.821C.ED23

type 7960

button 1:2

!

!

!

line con 0

stopbits 1

line aux 0

stopbits 1

line 66

no activation-character

no exec

transport preferred none

transport input all

transport output all

line 258

no activation-character

no exec

transport preferred none

transport input all

transport output all

line vty 0 4

exec-timeout 0 0

privilege level 15

password sgpxw

login

!

scheduler allocate 20000 1000

ntp server 192.168.224.18

!

!

end

基本的なコールを発信するための SIP 電話機の設定:例

次に、Cisco Unified CME で動作する SIP 電話機の設定例を示します。

voice service voip

allow-connections sip to sip

sip

registrar server expires max 600 min 60

!

voice class codec 1

codec preference 1 g711ulaw

!

voice hunt-group 1 parallel

final 8000

list 2000,1000,2101

timeout 20

pilot 9000

!

voice hunt-group 2 sequential

final 1000

list 2000,2300

timeout 25

pilot 9100 secondary 9200

!

voice hunt-group 3 peer

final 2300

list 2100,2200,2101,2201

timeout 15

hops 3

pilot 9300

preference 5

!

voice hunt-group 4 longest-idle

final 2000

list 2300,2100,2201,2101,2200

timeout 15

hops 5

pilot 9400 secondary 9444

preference 5 secondary 9

!

voice register global

mode cme

!

external-ring bellcore-dr3

!

voice register dn 1

number 2300

mwi

!

voice register dn 2

number 2200

call-forward b2bua all 1000

call-forward b2bua mailbox 2200

mwi

!

voice register dn 3

number 2201

after-hour exempt

!

voice register dn 4

number 2100

call-forward b2bua busy 2000

mwi

voice register dn 5

number 2101

mwi

voice register dn 76

number 2525

call-forward b2bua unreachable 2300

mwi

!

voice register template 1

!

voice register template 2

no conference enable

voicemail 7788 timeout 5

!

voice register pool 1

id mac 000D.ED22.EDFE

type 7960

number 1 dn 1

template 1

preference 1

no call-waiting

codec g711alaw

!

voice register pool 2

id mac 000D.ED23.CBA0

type 7960

number 1 dn 2

number 2 dn 2

template 1

preference 1

!

dtmf-relay rtp-nte

speed-dial 3 2001

speed-dial 4 2201

!

voice register pool 3

id mac 0030.94C3.053E

type 7960

number 1 dn 3

number 3 dn 3

template 2

!

voice register pool 5

id mac 0012.019B.3FD8

type ATA

number 1 dn 5

preference 1

dtmf-relay rtp-nte

codec g711alaw

!

voice register pool 6

id mac 0012.019B.3E88

type ATA

number 1 dn 6

number 2 dn 7

template 2

dtmf-relay-rtp-nte

call-forward b2bua all 7778

!

voice register pool 7

!

voice register pool 8

id mac 0006.D737.CC42

type 7940

number 1 dn 8

template 2

preference 1

codec g711alaw

!

voice-port 1/0/0

!

voice-port 1/0/1

!

dial-peer voice 100 pots

destination-pattern 2000

port 1/0/0

!

dial-peer voice 101 pots

destination-pattern 2010

port 1/0/1

!

dial-peer voice 1001 voip

preference 1

destination-pattern 1...

session protocol sipv2

session target ipv4:10.15.6.13

codec g711ulaw

!

sip-ua

mwi-server ipv4:1.15.6.200 expires 3600 port 5060 transport udp

!

telephony-service

load 7960-7940 P0S3-07-2-00

max-ephones 24

max-dn 96

ip source-address 10.15.6.112 port 2000

create cnf-files version-stamp Aug 24 2004 00:00:00

max-conferences 8

after-hours block pattern 1 1...

after-hours day Mon 17:00 07:00

SIP 電話機の一括登録の無効化:例

次の例は、パターン「408555..」と一致するすべての電話番号(ただし、一括登録が無効になっているディレクトリ番号 1(番号「4085550101」)を 除く )に対する設定を SIP プロキシ サーバ(IP アドレス 1.5.49.240)に登録できることを示しています。

voice register global

mode cme

bulk 408555....

!

voice register dn 1

number 4085550101

no-reg

sip-ua

registrar ipv4:1.5.49.240

Cisco ATA:例

次の例は、MAC アドレス 000F.F758.E70E の 1 つの Cisco ATA を使用する 2 台のアナログ電話機の設定を示しています。最初のポートに接続されアナログ電話機は、Cisco ATA の MAC アドレスを使用します。2 番目のポートに接続されたアナログ電話機は、Cisco ATA の MAC アドレスの修正版を使用します。この修正版では、先頭の 2 つの 16 進数が削除され、末尾に 01 が付加されます。

telephony-service

conference hardware

load ATA ATA030203SCCP051201A.zup

!

ephone-dn 80 dual-line

number 8080

!

ephone-dn 81 dual-line

number 8081

!

ephone 30

mac-address 000F.F758.E70E

type ata

button 1:80

!

ephone 31

mac-address 0FF7.58E7.0E01

type ata

button 1:81

SCCP アナログ電話機:例

次に示す Cisco Unified CME 設定からの抜粋では、転送タイプが full-blind に設定され、ボイスメール内線番号が 5200 に設定されています。ephone-dn 10 は、内線番号 4443 を持ち、Tommy に割り当てられています。この番号と名前が発信者 ID の表示に使用されます。ephone-dn の下にある description フィールドは、この ephone-dn が Cisco VG224 音声ゲートウェイのポート 1/3 上にあることを示しています。内線番号 4443 が ephone 7 に割り当てられており、ephone 7 は 10 個の短縮ダイヤル番号を持つアナログ電話機タイプです。

CME_Router# show running-config

.

.

.

telephony-service

load 7910 P00403020214

load 7960-7940 P00305000301

load 7905 CP79050101SCCP030530B31

max-ephones 60

max-dn 60

ip source-address 10.8.1.2 port 2000

auto assign 1 to 60

create cnf-files version-stamp 7960 Sep 28 2004 17:23:02

voicemail 5200

mwi relay

mwi expires 99999

max-conferences 8 gain -6

web admin system name cisco password lab

web admin customer name ac2 password cisco

dn-webedit

time-webedit

transfer-system full-blind

transfer-pattern 6...

transfer-pattern 5...

!

!

ephone-dn 10 dual-line

number 4443 secondary 9191114443

pickup-group 5

description vg224-1/3

name tommy

!

ephone 7

mac-address C863.9018.0402

speed-dial 1 4445

speed-dial 2 4445

speed-dial 3 4442

speed-dial 4 4441

speed-dial 5 6666

speed-dial 6 1111

speed-dial 7 1112

speed-dial 8 9191114441

speed-dial 9 9191114442

speed-dial 10 9191114442

type anl

button 1:10

在宅勤務者のリモート電話機:例

次の例は、在宅勤務者のリモート電話機 ephone 270 の設定を示しています。コーデックは G.729r8 に設定されています。 dspfarm-assist キーワードが使用されているため、この電話機からのコールでは、通常は G.711 コーデックに切り替えられる場合でも、DSP リソースを使用して G.729r8 コーデックが保持されることが保証されています。

ephone 270

button 1:36

mtp

codec g729r8 dspfarm-assist

description teleworker remote phone

関連情報

Cisco Unified IP Phone 7931G に対して固定ボタン レイアウトを選択するには、 SCCP:Cisco Unified IP Phone 7931G のボタン レイアウトの選択を参照してください。

Cisco Unified CME 内の電話機で、基本的なコールを発信するための設定が終了すると、ルータに接続する電話機の設定ファイルを生成できる状態になります。 電話機用の設定ファイルの生成を参照してください。

その他の資料

次の項では、Cisco Unified CME の機能に関連する参照資料を示します。

関連マニュアル

テクニカル サポート

説明
リンク

Cisco Support Web サイトでは、シスコ製品やシスコの技術に関するトラブルシューティングにお役立ていただけるように、マニュアルなどの豊富なオンライン リソースやツールを提供しています。

ご使用の製品に関するセキュリティ情報および技術情報を入手するには、プロダクト アラート ツール(Field Notices からアクセス)などの各種サービス、Cisco Technical Services Newsletter、Really Simple Syndication(RSS)フィードに登録してください。

Cisco Support Web サイトのほとんどのツールにアクセスするには、Cisco.com のユーザ ID とパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/techsupport

基本的なコールを発信するための電話機の設定に関する機能情報

表13 は、この章で説明した機能、およびバージョンごとの機能拡張を示しています。

特定の Cisco Unified CME バージョンをサポートする正確な Cisco IOS リリースについては、「 Cisco Unified CME and Cisco IOS Software Version Compatibility Matrix 」( http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/cucme/requirements/guide/33matrix.htm )を参照してください。

プラットフォームおよびソフトウェア イメージのサポートに関する情報を参照するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator では、特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームをサポートしている Cisco IOS ソフトウェアを確認できます。Cisco Feature Navigator にアクセスするには、 http://www.cisco.com/go/cfn に移動してください。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表13 は、所定の機能に対するサポートが導入された Cisco Unified CME のバージョンを示しています。特に断りのない限り、その機能は以降のバージョンの Cisco Unified CME ソフトウェアでもサポートされます。


 

表13 基本的なコール機能の機能情報

機能名
Cisco Unified CME のバージョン
機能情報

ephone-type テンプレート

4.3

Cisco IOS ソフトウェアをアップグレードせずに、新しい電話機タイプを動的に追加するためのサポートが追加されました。

オクトライン ディレクトリ番号

4.3

最大 8 つのアクティブ コールをサポートするオクトライン ディレクトリ番号が追加されました。

Cisco Unified CME での G.722 および iLBC の変換および会議のサポート

4.3

G.722-64K および iLBC コーデックのサポートが追加されました。

SIP 電話機のダイヤル プラン

4.1

SIP 電話機のダイヤル プランが追加されました。

KPML

4.1

SIP 電話機の KPML が追加されました。

セッション トランスポート プロトコル

4.1

SIP 電話機に対するセッション トランスポート プロトコルの選択が追加されました。

ウォッチ モード

4.1

ある電話機でウォッチ モードに設定されている回線ボタンのビジー ランプ フィールド(BLF)通知を、別の電話機(監視対象の電話機)のすべての回線に提供します(この別の電話機では、監視対象のディレクトリ番号がプライマリ回線になっています)。

在宅勤務者のリモート電話機

4.0

在宅勤務者のリモート電話機のサポートが導入されました。

アナログ電話機

4.0

SCCP と Cisco VG224 音声ゲートウェイまたは Cisco ATA を使用するファックス パススルー モードのサポートが導入されました。

Cisco サービス統合型ルータ上の FXS ポートを使用する、SCCP 補足機能付きのアナログ電話機のサポートが導入されました。

3.2.1

Cisco VG224 音声ゲートウェイ上の FXS ポートを使用する、SCCP 補足機能付きのアナログ電話機のサポートが導入されました。

3.0

Cisco ATA 186 および Cisco ATA 188 のサポートが導入されました。

1.0

FXS ポートを使用する H.323 モードでのアナログ電話機のサポートが導入されました。

CiscoIP Communicator

4.0

Cisco IP Communicator のサポートが導入されました。

ダイレクト FXO トランク回線

4.0

Cisco Unified CME システムでの PSTN 回線のキースイッチ エミュレーション動作を改善するために、次のような拡張機能が追加されました。

IP Phone の回線ボタンでの FXO ポートのステータス監視。

指定されたタイムアウトを経過しても転送先の電話機が応答しない場合の転送の再発信。

転送先の電話機の専用内線回線を開放するための転送先ボタンの最適化。

FXO 回線のディレクトリ番号を二重回線に設定して、FXO の監視、転送の再発信、および転送先ボタンの最適化の各機能をサポートできるようになりました。

3.2

ダイレクト FXO トランク回線機能が導入されました。

SIP 電話機

3.4

Cisco CME システムに接続された SIP 電話機のサポートが追加されました。

共有回線のモニタ モード

3.0

回線が使用中かどうかを示す視覚的な回線ステータスを提供します。