Cisco Unified Communications Manager Express 4.3 システム アドミニストレータ ガイド
短縮ダイヤルの設定
短縮ダイヤルの設定
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 11MB) | フィードバック

目次

短縮ダイヤルの設定

内容

短縮ダイヤルに関する情報

短縮ダイヤルの要約

短縮ダイヤル ボタンと固定短縮ダイヤル

短縮ダイヤル番号の一括ロード

短縮ダイヤルのモニタ回線ボタン

DSS(ダイレクト ステーション選択)サービス

短縮ダイヤルおよび高速ダイヤルの電話機ユーザ インターフェイス

短縮ダイヤルの設定方法

ローカル短縮ダイヤル メニューの有効化

前提条件

制約事項

SCCP:DSS サービスの有効化

前提条件

SCCP:個人用短縮ダイヤル メニューの有効化

制約事項

SCCP:短縮ダイヤル ボタンと固定短縮ダイヤルの定義

制約事項

SCCP:短縮ダイヤルの一括ロードの有効化

前提条件

制約事項

SCCP:一括短縮ダイヤル パラメータの確認

SCCP:短縮ダイヤルおよび高速ダイヤルのユーザ インターフェイスの有効化

前提条件

制約事項

次の作業

SIP:短縮ダイヤル ボタンの定義

前提条件

制約事項

SIP:個人用短縮ダイヤル メニューの設定

前提条件

制約事項

短縮ダイヤルの設定例

ローカル短縮ダイヤル メニューの有効化:例

個人用短縮ダイヤル メニュー:例

短縮ダイヤル ボタンと固定短縮ダイヤル:例

短縮ダイヤルの一括ロード:例

短縮ダイヤルと高速ダイヤルのユーザ インターフェイス:例

関連情報

その他の資料

関連マニュアル

テクニカル サポート

短縮ダイヤルに関する機能情報

短縮ダイヤルの設定

Revised: April 14, 2008

 

この章では、Cisco Unified Communications Manager Express(Cisco Unified CME)で利用可能な短縮ダイヤルのサポートについて説明します。

この章で説明する機能について

この章で説明している機能の一部は、ご使用のバージョンの Cisco Unified CME でサポートされていない場合があります。それぞれの機能がサポートされているバージョンの一覧については、「短縮ダイヤルに関する機能情報」を参照してください。

短縮ダイヤルに関する情報

短縮ダイヤルを有効にするには、次の概念を理解しておく必要があります。

「短縮ダイヤルの要約」

「短縮ダイヤル ボタンと固定短縮ダイヤル」

「短縮ダイヤル番号の一括ロード」

「短縮ダイヤルのモニタ回線ボタン」

「DSS(ダイレクト ステーション選択)サービス」

「短縮ダイヤルおよび高速ダイヤルの電話機ユーザ インターフェイス」

短縮ダイヤルの要約

短縮ダイヤルを使用すると、電話機ユーザはリストから番号をすばやくダイヤルすることができます。 表63 に、短縮ダイヤルのさまざまなタイプの要約を示します。

 

表63 短縮ダイヤルのタイプ

短縮ダイヤルのタイプ
使用できる番号の数
説明
設定方法

ローカル短縮ダイヤル メニュー

頻繁にコールされる番号のシステムレベルのリストで、すべての電話機でプログラムすることができます。

最大 32 個の番号を定義できます。

管理者が、Cisco Unified CME ルータのフラッシュ メモリにある XML ファイル speeddial.xml を使用して番号を設定します。

ユーザは IP Phone の[ディレクトリ]>[ローカル短縮ダイヤル]メニューから起動します。

「ローカル短縮ダイヤル メニューの有効化」

個人用短縮ダイヤル メニュー

短縮ダイヤル エントリは、特定の IP Phone のローカル エントリとなります。

1 台の電話機につき最大 24 個の番号を定義できます。

ユーザは IP Phone の[ディレクトリ] >[ローカルサービス]> [Personal Speed Dials] メニューから起動します。

「SCCP:個人用短縮ダイヤル メニューの有効化」

「SIP:個人用短縮ダイヤル メニューの設定」

短縮ダイヤル ボタンと固定短縮ダイヤル

電話機ごとに最大 99 個の短縮ダイヤル コードを設定できます。

IP Phone の場合、最初に設定されたエントリは、未使用の回線ボタンを占有し、ユーザがこの回線ボタンのいずれかを押したときに起動されます。それ以降のエントリは、電話機ユーザが短縮ダイヤル コード(タグ)をダイヤルし、[短縮]ソフトキーを押したときに起動されます。

アナログ電話機ユーザが短縮ダイヤルを起動するには、アスタリスクと、目的のエントリの短縮ダイヤル コード(タグ)番号を入力します。

「SCCP:短縮ダイヤル ボタンと固定短縮ダイヤルの定義」

「SIP:短縮ダイヤル ボタンの定義」

短縮ダイヤル番号の一括ロード

多数の短縮ダイヤル番号のリストを含むテキスト ファイルを最大 10 個作成し、電話機ユーザによってアクセスされるフラッシュ、スロット、または TFTP ロケーションにロードすることができます。10 個のファイルに、合計で最大 10,000 個の番号を保管できます。

電話機ユーザは次のシーケンスをダイヤルします。

prefix-code list-id index [ extension-digits ]

「SCCP:短縮ダイヤルの一括ロードの有効化」

短縮ダイヤルのモニタ回線ボタン

短縮ダイヤル エントリは、特定の IP Phone のローカル エントリとなります。

電話機のモニタ回線と同じ数だけの番号を設定できます。

モニタ回線として設定された IP Phone のボタンを使用して、監視されている回線の番号を短縮ダイヤルすることができます。

追加設定は必要ありません。

Direct Station Select(DSS; ダイレクト ステーション選択)サービス

短縮ダイヤル回線またはモニタ回線のボタンが設定されているすべての電話機。

1 つの短縮ダイヤル回線またはモニタ回線ボタンを押すことで、電話機ユーザがコールをすばやく転送できます。

「SCCP:DSS サービスの有効化」

短縮ダイヤル ボタンと固定短縮ダイヤル

Cisco Unified CME システムでは、電話機ごとに、最大 33 個のローカル短縮ダイヤル番号(コード 1 ~ 33)、最大 99 個のシステムレベルの短縮ダイヤル番号(コード 1 ~ 99)、またはその両方の組み合せを設定できます。ローカルとシステムレベルの短縮ダイヤル番号の両方を同じ短縮ダイヤル コード(タグ)でプログラムした場合は、ローカル番号が優先されます。一般的に、コード 1 ~ 33 は電話機ごとのローカル短縮ダイヤル番号用に予約し、コード 34 ~ 99 はシステムレベルの短縮ダイヤル番号に使用します。この方法を使用すると、衝突しなくなります。

IP Phone では、短縮ダイヤル エントリが未使用の回線ボタンに割り当てられます。その後、すべての回線ボタンが使用されると、後続のエントリは追加されますが、回線ボタンには割り当てられません。短縮ダイヤル エントリは、電話機の物理的なボタン レイアウトとは関連していません。エントリは、短縮ダイヤル タグの順序で割り当てられます。

ローカル短縮ダイヤル コードを作成する場合は、番号を電話機から変更できないようにロックすることができます。IP Phone に、電話番号を持たない空のローカル短縮ダイヤル コードを作成することもできます。このような空の短縮ダイヤル コードは、電話機ユーザが変更して電話番号を追加することができます。

短縮ダイヤルのエントリに対する変更は、タイマーによる遅延の後、ルータの Nonvolatile Random-Access Memory(NVRAM; 不揮発性 RAM)の設定に保存されます。

設定については、「SCCP:短縮ダイヤル ボタンと固定短縮ダイヤルの定義」を参照してください。

短縮ダイヤル番号の一括ロード

Cisco Unified CME 4.0 以降のバージョンでは、多数の短縮ダイヤル番号のリストを含むテキスト ファイルを最大 10 個作成し、電話機ユーザによってアクセスされるフラッシュ、スロット、または TFTP ロケーションにロードすることができます。10 個のファイルに、合計で最大 10,000 個の番号を保管できます。番号は、IP Phone および SCCP 対応のアナログ電話機からダイヤルするのに適した形式で各リストに保管されます。

最大 10 個の一括短縮ダイヤル リストを作成できます。これらのリストは、社内ディレクトリ リスト、地域リスト、またはローカル リストなどに指定できます。リスト内の短縮ダイヤル番号は、システムレベル(すべての ephone で使用可能)または個人用(指定された 1 つ以上の ephone で使用可能)のどちらかに指定できます。各リストには、短縮ダイヤル リストの固有の ID 番号(sd-id)である 0 ~ 9 の番号が割り当てられます。

短縮ダイヤル リストの ID 番号のうち、グローバル短縮ダイヤル リストに使用されていないものは、個々の電話機に関連付けられた個人用カスタム リストを識別するのに使用できます。

一括短縮ダイヤル リストには、短縮ダイヤル コードと、それに関連してダイヤルされる電話番号のエントリを含めます。短縮ダイヤル リストでは、エントリごとに行を分ける必要があります。各エントリでは、フィールドごとにカンマ(,)で区切ります。セミコロン(;)で始まる行は、コメントとして処理されます。各エントリの形式を次の行に示します。

index , digits ,[ name ],[ hide ],[ append ]

表64 は、一括短縮ダイヤル リストのエントリのフィールドを説明しています。

 

表64 一括短縮ダイヤル リストのエントリ

フィールド
説明

index

このインデックス エントリを一意に識別する、先頭をゼロで埋めた番号。最大長は 4 桁です。すべてのインデックス エントリは同じ長さにする必要があります。

digits

ダイヤルされる電話番号。完全な E.164 番号を表します。1 秒のポーズを表すには、カンマ(,)を使用します。

name

(オプション)名前を識別する英数字の文字列で、最大 30 文字まで指定できます。

hide

(オプション)ダイヤル番号の表示をブロックするには、 hide を入力します。

append

(オプション)この番号をダイヤルするときに別の数字を付加できるようにするには、 append を入力します。

次に、一括短縮ダイヤル リストの例を示します。

01,5550140,voicemail,hide,append

90,914085550153,Cisco extension,hide,append

11,9911,emergency,hide,

91,9911,emergency,hide,

08,110,Paging,,append

リスト内の短縮ダイヤル エントリに対してコールを発信するには、電話機ユーザが最初にプレフィックスをダイヤルし、続けてリスト ID 番号、コールする一括短縮ダイヤル リストのエントリのインデックスの順にダイヤルする必要があります。

設定については、「SCCP:短縮ダイヤルの一括ロードの有効化」を参照してください。

短縮ダイヤルのモニタ回線ボタン

Cisco CME 3.2 以降のバージョンでは、モニタ回線ボタンを使用すると、モニタ回線の番号を短縮ダイヤルできます。モニタ回線とは、2 人のユーザが共有する回線です。共有回線でコールを一度に発信および受信できるのは一方のユーザだけです。このとき、もう一方のユーザは、自分の回線がモニタ モードになるため、回線が使用中であることを識別できます。短縮ダイヤルは、モニタ回線のランプが消灯しているときに使用できます。消灯状態は、回線が使用されていないことを示しています。たとえば、マネージャと会話しようとするアシスタントは、消灯しているモニタ回線ボタンを押して、マネージャの番号を短縮ダイヤルすることができます。

モニタ回線ランプは、その回線がアイドル コール状態にある場合にだけ消灯します。アイドル状態になるのは、コールの完了後からコールの発信前までです。それ以外のコール状態では、モニタ回線ランプは点灯します。

次の例は、モニタ回線の設定を示しています。内線 2311 はマネージャの回線で、ephone 1 はマネージャの電話機です。マネージャのアシスタントが、内線 2311 を ephone 2 のボタン 2 で監視します。マネージャが回線を使用すると、アシスタントの電話機のランプが点灯します。ランプが点灯していない場合、アシスタントはボタン 2 を押して、マネージャの番号を短縮ダイヤルすることができます。

ephone-dn 11

number 2311

ephone-dn 22

number 2322

ephone 1

button 1:11

ephone 2

button 1:22 2m11

監視されている回線がアイドル コール状態の場合は、電話機ユーザが、監視されている共有回線の番号を短縮ダイヤルできるようにするための追加設定は必要ありません。

DSS(ダイレクト ステーション選択)サービス

Cisco Unified CME 4.0(2) 以降のバージョンでは、ダイレクト ステーション選択(DSS)サービス機能を使用すると、電話機ユーザは短縮ダイヤル回線ボタンを 1 回押すことで、コールが接続状態のときに着信コールを転送できます。この機能は、短縮ダイヤルまたは短縮ダイヤル回線ボタンに対してモニタ回線ボタンが設定されている、すべての電話機でサポートされています。

DSS サービスが有効になっていると、シミュレートした転送キー イベントを、システムが必要に応じて自動的に生成し、電話機ユーザが転送ボタンを押す必要がなくなります。

このサービスを無効にすると、すべての IP Phone で短縮ダイヤル回線ボタンの動作が変化し、接続されたコールの途中で短縮ダイヤル ボタンを押したユーザは、コールを転送することなく、短縮ダイヤルの番号をコールすることになります。DSS サービスが無効になっている場合、電話機ユーザは最初に転送ボタンを押し、次にモニタまたは短縮ダイヤル回線ボタンを押して、着信コールを転送します。

設定については、「ローカル短縮ダイヤル メニューの有効化」を参照してください。

短縮ダイヤルおよび高速ダイヤルの電話機ユーザ インターフェイス

Cisco Unified CME 4.3 以降のバージョンでは、IP Phone ユーザは、自分の短縮ダイヤルおよび高速ダイヤル設定を電話機で直接設定できます。サービス機能ボタンに用意されたメニューを使用すると、電話機上で短縮ダイヤルおよび高速ダイヤルの設定を追加したり変更できます。エクステンション モビリティ ユーザは、ログイン後に自分のユーザ プロファイルで短縮ダイヤル設定を追加または変更できます。高速ダイヤル設定はエクステンション モビリティの電話機から設定できず、ログアウト プロファイルも電話機から設定できません。

以前は、電話機に対して短縮ダイヤルおよび高速ダイヤルを設定する場合に、Cisco Unified CME、または Web ベースの GUI を使用する必要がありました。この機能により、電話機ユーザは自分の短縮ダイヤルおよび高速ダイヤルを、自分の電話機から直接設定できるようになります。

短縮ダイヤルおよび高速ダイヤルのユーザ インターフェイスは、ディスプレイを持つすべての電話機で、デフォルトで使用できます。Cisco Unified CME で、電話機ユーザがインターフェイスにアクセスしないように、個々の電話機でこの機能を無効にすることができます。電話機の短縮ダイヤルまたは高速ダイヤルの設定が ephone-template で設定されている場合、電話機からの設定は特定の電話機のみに適用され、ephone-template の設定は変更されません。

設定については、「SCCP:短縮ダイヤルおよび高速ダイヤルのユーザ インターフェイスの有効化」を参照してください。

電話機ユーザ インターフェイスを使用して、電話機ユーザが短縮ダイヤルおよび高速ダイヤル ボタンを設定する方法については、Cisco Unified CME に関する Cisco Unified IP Phone のマニュアル を参照してください。

短縮ダイヤルの設定方法

この項では、次の作業について取り上げます。

「ローカル短縮ダイヤル メニューの有効化」

「SCCP:DSS サービスの有効化」

「SCCP:個人用短縮ダイヤル メニューの有効化」

「SCCP:短縮ダイヤル ボタンと固定短縮ダイヤルの定義」

「SCCP:短縮ダイヤルの一括ロードの有効化」

「SCCP:一括短縮ダイヤル パラメータの確認」

「SCCP:短縮ダイヤルおよび高速ダイヤルのユーザ インターフェイスの有効化」

「SIP:短縮ダイヤル ボタンの定義」

「SIP:個人用短縮ダイヤル メニューの設定」

ローカル短縮ダイヤル メニューの有効化

Cisco Unified CME で、すべての電話機(SCCP および SIP)に対してローカル短縮ダイヤル メニューを有効にするには、次の手順を実行します。

前提条件

speeddial.xml という XML ファイルを作成し、Cisco Unified CME ルータの TFTP サーバ アプリケーションにコピーしておく必要があります。speeddial.xml の内容は、シスコが指定したディレクトリ DTD の定義に従った有効なものにする必要があります。「ローカル短縮ダイヤル メニューの有効化:例」、および『 Cisco Unified IP Phone Services Application Development Notes 』を参照してください。

制約事項

エントリで名前やテンプレート番号が不足しているなど、speed dial XML ファイルに含まれた情報が不完全な場合に、ローカル短縮ダイヤルのディレクトリ オプションが電話機で使用されていると、ファイル内で不足しているエントリの後にリストされた情報がすべて表示されなくなります。

Cisco Unified CME 4.1 よりも前は、SIP 電話機でローカル短縮ダイヤル メニューがサポートされていませんでした。

Cisco CME 3.3 よりも前は、アナログ電話機で使用できる短縮ダイヤルの番号が 9 個に制限されていました。

要約手順

1. enable

2. copy tftp flash

3. configure terminal

4. ip http server

5. ip http path flash:

6. exit

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

copy tftp flash

 

Router# copy tftp flash

Address or name of remote host []? 172.24.59.11

Source filename []? speeddial.xml

Destination filename [speeddial.xml]?

Accessing tftp://172.24.59.11/speeddial.xml...

Erase flash:before copying? [confirm]n

Loading speeddial.xml from 172.24.59.11 (via

FastEthernet0/0):!

[OK - 329 bytes]

Verifying checksum... OK (0xF5DB)

329 bytes copied in 0.044 secs (7477 bytes/sec)

TFTP サーバからルータのフラッシュ メモリにファイルをコピーします。

最初のプロンプトで、リモート ホストの IP アドレスまたは DNS 名を入力します。

両方のファイル名プロンプトで speeddial.xml と入力します。

フラッシュの消去を求めるプロンプトで、 no を入力します。

ステップ 3

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 4

ip http server

 

Router(config)# ip http server

ルータの Cisco Web ブラウザ ユーザ インターフェイスを有効にします。

ステップ 5

ip http path flash:

 

Router(config)# ip http path flash:

基本 HTTP パスをフラッシュ メモリに設定します。

ステップ 6

exit

 

Router(config)# exit

特権 EXEC モードに戻ります。

SCCP:DSS サービスの有効化

短縮ダイヤルに対するモニタ回線ボタン、または短縮ダイヤル回線が設定されているすべての SCCP 電話機で DSS サービスを有効にするには、次の手順を実行します。

前提条件

Cisco Unified CME 4.0(2) 以降のバージョン

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. telephony-service

4. service dss

5. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

telephony-service

 

Router(config)# telephony-service

telephony-service 設定モードを開始します。

ステップ 4

service dss

 

Router(config-telephony)# service dss

Cisco Unified CME で、すべての電話機ユーザに対して DSS(ダイレクト ステーション選択)サービスをグローバルに設定します。

ステップ 5

end

 

Router(config-telephony)# end

設定モードを終了し、特権 EXEC モードを開始します。

SCCP:個人用短縮ダイヤル メニューの有効化

個人用短縮ダイヤル メニューを有効にするには、次の手順を実行します。

制約事項

個人用短縮ダイヤル メニューを使用できるのは、Cisco Unified IP Phone 7940、7960、7960G、7970G、および 7971G-GE のみです。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. ephone phone-tag

4. fastdial dial-tag number name name-string

5. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

ephone phone-tag

 

Router(config)# ephone 1

ephone 設定モードを開始します。

phone-tag :個人用短縮ダイヤル番号をプログラムする電話機の固有の番号。

ステップ 4

fastdial dial-tag number name name-string

 

Router(config-ephone)# fastdial 1 5552 name Sales

この電話機に個人用短縮ダイヤル番号のエントリを作成します。

dial-tag:設定時にこのエントリを識別する固有の ID。値の範囲は 1 ~ 24 です。

number:ダイヤルする電話番号または内線番号。

name name-string:個人用短縮ダイヤル メニューに表示されるラベル。英数字の文字列で、最大 24 文字まで指定できます。個人用短縮ダイヤルは、XML 要求を通じて処理されます。そのため、HTTP に対して特別な意味を持つ文字は使用できません(たとえば、ampersand (&)、percent sign (%)、semicolon (;)、山カッコ(< >)、および縦棒(||)など)。

ステップ 5

end

 

Router(config-ephone)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

SCCP:短縮ダイヤル ボタンと固定短縮ダイヤルの定義

短縮ダイヤル ボタンと固定短縮ダイヤル コードを定義するには、設定対象の短縮ダイヤル定義ごとに、次の手順を実行します。

制約事項

[短縮]ソフトキーを使用したオンフック固定短縮ダイヤルがサポートされるのは、次の電話機のみです。

Cisco Unified IP Phone 7905G

Cisco Unified IP Phone 7912G

Cisco Unified IP Phone 7920G

Cisco Unified IP Phone 7970G

Cisco Unified IP Phone 7971G-GE

システムレベルの短縮ダイヤル コードは、電話機ユーザが電話機で変更できません。

Cisco CME 3.3 よりも前は、アナログ電話機で使用できる短縮ダイヤルの番号が 9 個に制限されていました。

Cisco CME 3.3 よりも前は、使用可能な物理電話機ボタンの数を超える短縮ダイヤル エントリが、IP Phone で無視されました。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. ephone phone-tag

4. speed-dial speed-tag digit-string [ label label-text ]

5. exit

6. telephony-service

7. directory entry {directory-tag number name name | clear }

8. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

ephone phone-tag

 

Router(config)# ephone 55

ephone 設定モードを開始します。

phone-tag :短縮ダイヤル機能を追加する電話機を識別する固有のシーケンス番号。

ステップ 4

speed-dial speed-tag digit-string [ label label-text ]

 

Router(config-ephone)# speed-dial 1 +5001 label “Head Office”

固有の短縮ダイヤル ID、ダイヤルする数字列、ボタンの横に表示するオプションのラベルを定義します。

speed-tag :短縮ダイヤル定義の ID。値の範囲は 1 ~ 33 です。

ステップ 5

restart

 

Router(config-ephone)# restart

この ephone の高速リブートを実行します。更新情報を取得するために DHCP または TFTP サーバには連携しません。

ステップ 6

exit

 

Router(config-ephone)# exit

設定モードを終了し、設定モード階層の中で次に高いモードを開始します。

ステップ 7

telephony-service

 

Router(config)# telephony-service

telephony-service 設定モードを開始します。

ステップ 8

directory entry {{directory-tag number name name} | clear }

 

Router(config-telephony)# directory entry 45 8185550143 name Corp Acctg

システムレベルのディレクトリおよび短縮ダイヤル定義を追加します。

directory-tag :このエントリを一意に識別するための数字列。値の範囲は 1 ~ 99 です。

speed-dial コマンドを使用して、同じタグ 1 ~ 33 が電話機レベルで設定され、このコマンドを使用してシステムレベルでも設定されている場合は、ローカル定義が優先されます。この衝突を避けるため、システムレベルの短縮ダイヤル番号には 34 ~ 99 のコードだけを使用することをお勧めします。

ステップ 9

end

 

Router(config-telephony)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

SCCP:短縮ダイヤルの一括ロードの有効化

短縮ダイヤル番号の一括ロードを有効にするには、次の手順を実行します。

前提条件

Cisco Unified CME 4.0 以降のバージョン。

リストを含む一括短縮ダイヤル テキスト ファイルは、Cisco Unified CME ルータからアクセス可能な場所(フラッシュ、スロット、または TFTP ロケーション)で使用可能な状態になっている必要があります。

制約事項

一括短縮ダイヤルは、FXO トランク回線でサポートされません。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. telephony-service

4. bulk-speed-dial list list-id location

5. bulk-speed-dial prefix prefix-code

6. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

telephony-service

 

Router(config)# telephony-service

telephony-service 設定モードを開始します。

ステップ 4

bulk-speed-dial list list-id location

 

Router(config-telephony)# bulk-speed-dial list 6 flash:sd_dept_0_1_8.txt

一括短縮ダイヤル リストの場所を指定します。

list-id :使用するリストを識別する数字。値の範囲は 0 ~ 9 です。

location :一括短縮ダイヤル テキスト ファイルの URL 形式の場所。有効な保管場所は、TFTP、スロット 0/1、およびフラッシュ メモリです。

特定の電話機に対しては、このコマンドを ephone-dn-template 設定モードでも設定できます。

ステップ 5

bulk-speed-dial prefix prefix-code

 

Router(config-telephony)# bulk-speed-dial prefix #7

電話機ユーザが一括短縮ダイヤル リストから短縮ダイヤル番号にアクセスするときにダイヤルする、プレフィックス コードを設定します。

prefix-code :短縮ダイヤル用の 1 ~ 2 文字のアクセス コード。有効な文字は、0 ~ 9、アスタリスク(*)、およびシャープ記号(#)です。デフォルトは # です。

ステップ 6

end

 

Router(config-telephony)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

SCCP:一括短縮ダイヤル パラメータの確認

 


 

show telephony-service bulk-speed-dial

このコマンドを使用して、短縮ダイヤル リストの情報を表示します。

Router# show telephony-service bulk-speed-dial summary

List-id Entries Size Reference url

0 40 3840 Global tftp://192.168.254.254/phonedirs/uut.csv

1 20 1920 Global phoneBook.csv

8 15 1440 Global tftp://192.168.254.254/phonedirs/big.txt

9 20 1920 Global tftp://192.168.254.254/phonedirs/phoneBook.csv

6 24879 2388384 ephone-2 tftp://192.168.254.254/phonedirs/big.txt1

7 20 1920 ephone-2 phoneBook.csv

6 24879 2388384 ephone-3 big.txt1

7 20 1920 ephone-3 phoneBook.csv

4 Global List(s) 4 Local List(s)


 

SCCP:短縮ダイヤルおよび高速ダイヤルのユーザ インターフェイスの有効化

電話機ユーザが自分の電話機のメニューから短縮ダイヤルおよび高速ダイヤルの番号を設定できるようにするには、次の手順を実行します。この機能は、デフォルトで有効になっています。この作業を実行する必要があるのは、この機能が電話機で無効されている場合のみです。

前提条件

Cisco Unified CME 4.3 以降のリリース。

サービス URL が設定されている必要があります。「SCCP:機能ボタンに対する URL のプロビジョニング」を参照してください。

制約事項

エクステンション モビリティ ユーザは、自分の電話機から(個人用短縮ダイヤルに対して)高速ダイヤルを設定できません。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. ephone phone-tag

4. phone-ui speeddial-fastdial

5. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

ephone phone-tag

 

Router(config)# ephone 12

ephone 設定モードを開始します。

phone-tag :設定作業時にこの ephone を識別する固有の番号。

ステップ 4

phone-ui speeddial-fastdial

 

Router(config-ephone)# phone-ui speeddial-fastdial

電話機ユーザが、自分の電話機から短縮ダイヤルおよび高速ダイヤルの番号を設定できるようにします。

このコマンドは、デフォルトで有効になっています。

ステップ 5

end

 

Router(config-ephone)# end

特権 EXEC モードに切り替えます。

次の作業

UI を使用して、電話機ユーザが短縮ダイヤルおよび高速ダイヤル ボタンを設定する方法については、Cisco Unified CME に関する Cisco Unified IP Phone のマニュアルを参照してください。

SIP:短縮ダイヤル ボタンの定義

Cisco SIP IP Phone に対して短縮ダイヤル ボタンを定義するには、次の手順を実行します。

前提条件

Cisco CME 3.4 以降のバージョン。

制約事項

Cisco Unified IP Phone 7960 や 7940 など一部の SIP IP Phone では、短縮ダイヤルを有効に設定できません。これらの電話機のユーザは、Cisco Unified IP Phone のユーザ インターフェイスを使用して、短縮ダイヤル番号を手動で設定する必要があります。

Cisco Unified IP Phone では、短縮ダイヤルの定義は、実際の内線番号に割り当てられていない、使用可能なボタンに割り当てられます。短縮ダイヤル定義は、その ID 番号順に割り当てられます。

Cisco ATA デバイスを備えている電話機は、使用できる短縮ダイヤル番号の数が 9 個までに制限されています。電話機のユーザ インターフェイスを使用して、短縮ダイヤルの番号をプログラムすることはできません。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. voice register pool pool-tag

4. speed-dial speed-tag digit-string [ label label-text ]

5. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

voice register pool pool-tag

 

Router(config)# voice register pool 23

voice register pool 設定モードを開始して、指定した SIP 電話機にパラメータを設定します。

ステップ 4

speed-dial speed-tag digit-string [ label label-text ]

 

router(config-register-pool)# speed-dial 2 +5001 label “Head Office”

Cisco Unified CME で、SIP 電話機、またはアナログ アダプタ(ATA)を使用するアナログ電話機に対して、短縮ダイヤルの定義を作成します。

speed-tag :設定時に短縮ダイヤル定義を識別する固有のシーケンス番号。値の範囲は 1 ~ 5 です。

ステップ 5

end

 

Router(config-register-pool)# end

設定モードを終了し、特権 EXEC モードを開始します。

次の例は、短縮ダイヤルのボタン 2 で本社の内線 5001 にダイヤルし、電話機ユーザが電話機で設定を変更できないように設定をロックしています。

Router(config)# voice register pool 23

Router(config-register-pool)# speed-dial 2 +5001 label "Head Office"

SIP:個人用短縮ダイヤル メニューの設定

SIP 電話機に最大 24 個の個人用短縮ダイヤル番号を定義するには、次の手順を実行します。

前提条件

Cisco Unified CME 4.1 以降のバージョン。

制約事項

Cisco Unified IP Phone 7941G、7941GE、7961G、7961GE、7970G、および 7971GE:個人用短縮ダイヤル番号は、Cisco Unified CME でこの手順を使用した場合のみ作成できます。

Cisco Unified IP Phone 7905、7912、7940、および 7960:短縮ダイヤル番号は、ユーザが電話機で直接作成することのみが可能で、Cisco Unified CME では作成できません。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. voice register pool pool-tag

4. fastdial dial-tag number [ name name-string ]

5. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

voice register pool pool-tag

 

Router(config-register-pool)# voice register pool 1

voice register pool 設定モードを開始し、SIP 電話機の電話機固有のパラメータを設定します。

pool-tag :設定対象の SIP 電話機に固有のシーケンス番号。値の範囲はバージョンやプラットフォームによって異なります。範囲を表示するには、 ? を入力します。 max-pool コマンドを使用すると、この引数の上限を修正できます。

ステップ 4

fastdial dial-tag number [ name name-string ]

 

Router(config-register-pool)# fastdial 1 5552 name Sales

この SIP 電話機に個人用短縮ダイヤル番号を作成します。

dial-tag:設定時にこのエントリを識別する固有の番号。値の範囲は 1 ~ 24 です。

number:ダイヤルする電話番号または内線番号。

name name-string:(オプション)個人用短縮ダイヤル メニューに表示されるラベル。英数字の文字列で、最大 24 文字まで指定できます。個人用短縮ダイヤルは、XML 要求を通じて処理されます。そのため、HTTP に対して特別な意味を持つ文字は使用できません(たとえば、ampersand (&)、percent sign (%)、semicolon (;)、山カッコ(< >)、および縦棒(||)など)。

この電話機で作成する個人用短縮ダイヤル番号ごとに、このコマンドを繰り返します。

ステップ 5

end

 

Router(config-register-pool)# end

特権 EXEC モードに切り替えます。

短縮ダイヤルの設定例

この項では、次の例について説明します。

「ローカル短縮ダイヤル メニューの有効化:例」

「個人用短縮ダイヤル メニュー:例」

「短縮ダイヤル ボタンと固定短縮ダイヤル:例」

「短縮ダイヤルの一括ロード:例」

「短縮ダイヤルと高速ダイヤルのユーザ インターフェイス:例」

ローカル短縮ダイヤル メニューの有効化:例

次のコマンドでは、Cisco Web ブラウザを有効にして、HTTP パスをフラッシュ メモリに設定し、フラッシュ メモリ内の speeddial.xml ファイルに IP Phone がアクセスできるようにします。

ip http server

ip http path flash:

次の XML ファイル(speeddial.xml)は、ユーザが IP Phone でディレクトリ ボタンを押した後に表示される 3 つの短縮ダイヤル番号を定義します。

<CiscoIPPhoneDirectory>
<Title>Local Speed Dial</Title>
<Prompt>Record 1 to 1 of 1 </Prompt>
<DirectoryEntry>
<Name>Security</Name>
<Telephone>71111</Telephone>
</DirectoryEntry>
<DirectoryEntry>
<Name>Marketing</Name>
<Telephone>71234</Telephone>
</DirectoryEntry>
<DirectoryEntry>
<Name>Tech Support</Name>
<Telephone>71432</Telephone>
</DirectoryEntry>
</CiscoIPPhoneDirectory>

個人用短縮ダイヤル メニュー:例

次の例では、1 つの IP Phone に対して 3 つの個人用短縮ダイヤル リストを持つディレクトリを作成します。

ephone 1

fastdial 1 5489 name Marketing

fastdial 2 12125550155 name NY Sales

fastdial 3 12135550112 name LA Sales

短縮ダイヤル ボタンと固定短縮ダイヤル:例

次の例では、ロックされている 2 つの短縮ダイヤル番号を定義し、そのラベルが ephone 1 の短縮ダイヤル ボタンの横に表示されるようにします。この短縮ダイヤル定義は、内線番号がすべて割り当てられた後で、次に位置する空のボタンに割り当てられます。たとえば、Cisco Unified IP Phone 7960 および 7960G で 2 つの内線番号が割り当てられている場合、これらの短縮ダイヤル定義は 3 番目と 4 番目のボタンに表示されます。

この例では、また、 directory entry コマンドを使用して 2 つのシステムレベルの短縮ダイヤル番号も定義しています。1 つはローカル内線番号で、もう 1 つは 10 桁の電話番号です。

ephone 1

mac-address 1234.5678.ABCD

button 1:24 2:25

speed-dial 1 +5002 label Receptionist

speed-dial 2 +5001 label Security

telephony-service

directory entry 34 5003 name Accounting

directory entry 45 8185550143 name Corp Acctg

短縮ダイヤルの一括ロード:例

次の例では、一括短縮ダイヤルのデフォルトのプレフィックスを #7 に変更し、グローバルな一括短縮ダイヤル リスト番号 6 をすべての電話機に対して有効にします。また、個人用の一括短縮ダイヤル リストを ephone 25 に対して有効にします。

telephony-service

bulk-speed-dial list 6 flash:sd_dept_01_1_87.txt

bulk-speed-dial prefix #7

ephone-dn 3

number 2555

ephone-dn 4

number 2557

ephone 25

button 1:3 2:4

bulk-speed-dial list 7 flash:lmi_sd_list_08_24_95.txt

短縮ダイヤルと高速ダイヤルのユーザ インターフェイス:例

次の例は、短縮ダイヤルおよび高速ダイヤルの設定が、電話機 12 で無効になっていることを示しています。

ephone 12

no phone-ui speeddial-fastdial

ephone-template 5

mac-address 000F.9054.31BD

type 7960

button 1:10 2:7

関連情報

電話機ごとに短縮ダイヤル設定の作成または変更が終了したら、変更した設定をダウンロードするために、電話機を再起動する必要があります。 電話機のリセットと再起動を参照してください。

DSS コール転送

モニタ回線ボタンにおける短縮ダイヤル(ダイレクト ステーション選択(DSS)におけるコール転送とも呼ばれる)を使用すると、監視されている回線ボタンを使用して、その内線番号を短縮ダイヤルすることができます。DSS 転送中に打診できるようにする場合は、 コール転送とコール自動転送の設定を参照してください。

その他の資料

次の項では、Cisco Unified CME の機能に関連する参照資料を示します。

関連マニュアル

テクニカル サポート

説明
リンク

Cisco Support Web サイトでは、シスコ製品やシスコの技術に関するトラブルシューティングにお役立ていただけるように、マニュアルなどの豊富なオンライン リソースやツールを提供しています。Cisco Support Web サイトのほとんどのツールにアクセスするには、Cisco.com のユーザ ID とパスワードが必要です。サービス契約が有効で、ユーザ ID またはパスワードを取得していない場合は、Cisco.com で登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/techsupport

短縮ダイヤルに関する機能情報

表65 は、この章で説明した機能、およびバージョンごとの機能拡張を示しています。

特定の Cisco Unified CME バージョンをサポートする正確な Cisco IOS リリースについては、「 Cisco Unified Communications Manager Express and Cisco IOS Software Version Compatibility Matrix 」( http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/cucme/requirements/guide/33matrix.htm )を参照してください。

プラットフォームおよびソフトウェア イメージのサポートに関する情報を参照するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator では、特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームをサポートしている Cisco IOS ソフトウェアを確認できます。Cisco Feature Navigator にアクセスするには、 http://www.cisco.com/go/cfn に移動してください。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表65 は、所定の機能に対するサポートが導入された Cisco Unified CME のバージョンを示しています。特に断りのない限り、その機能は以降のバージョンの Cisco Unified CME ソフトウェアでもサポートされます。


 

表65 短縮ダイヤルに関する機能情報

機能名
Cisco Unified CME のバージョン
機能情報

短縮ダイヤル

4.3

SCCP 電話機に、短縮ダイヤルおよび高速ダイヤルをプログラミングするためのユーザ インターフェイスが追加されました。

4.1

Cisco Unified CME 内の SIP 電話機に対して、ローカルおよび個人用短縮ダイヤル メニューのサポートが追加されました。

4.0(2)

DSS サービスのサポートが追加され、電話機ユーザは 1 つの短縮ダイヤル回線またはモニタ回線ボタンを押すことで、コールをすばやく転送できるようになりました。

4.0

Cisco Unified CME 内の SCCP 電話機に対して、一括短縮ダイヤル リストのサポートが追加されました。

3.4

Cisco Unified CME 内の SIP 電話機の、短縮ダイヤル ボタンのサポートが追加されました。

3.0

Cisco Unified CME 内の SCCP 電話機からの、個人用短縮ダイヤルのサポートが追加されました。

作成可能な短縮ダイヤル定義の数が、4 から 33 に増えました。

電話機で短縮ダイヤル番号をプログラムする機能が導入されました。

短縮ダイヤル番号をロックする機能が導入されました。

1.0

speed-dial コマンドを使用した短縮ダイヤルが導入されました。