Cisco Unified Communications Manager Express 4.3 システム アドミニストレータ ガイド
機能アクセス コードの設定
機能アクセス コードの設定
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 11MB) | フィードバック

目次

機能アクセス コードの設定

内容

機能アクセス コードに関する情報

機能アクセス コード

機能アクセス コードの設定方法

SCCP:機能アクセス コードの有効化

機能アクセス コードの確認

機能アクセス コードの設定例

FAC:例

その他の資料

関連マニュアル

テクニカル サポート

機能アクセス コードに関する機能情報

機能アクセス コードの設定

Revised: April 14, 2008

 

この章では、Cisco Unified Communications Manager Express(Cisco Unified CME)の機能アクセス コードのサポートについて説明します。

この章で説明する機能について

この章で説明している機能の一部は、ご使用のバージョンの Cisco Unified CME でサポートされていない場合があります。それぞれの機能がサポートされているバージョンの一覧については、「機能アクセス コードに関する機能情報」を参照してください。

機能アクセス コードに関する情報

機能アクセス コードを有効にするには、次の概念を理解しておく必要があります。

「機能アクセス コード」

機能アクセス コード

Feature Access Code(FAC; 機能アクセス コード)は、電話機のキーパッドからダイヤルすることで特定の機能が起動される、特殊な文字パターンです。たとえば、電話機ユーザが **1 を押してから 2345 を押すと、すべての着信コールを内線番号 2345 に自動転送できます。

通常、FAC で機能を起動するには、アナログ電話機上でキーパッドを使用して短い数字シーケンスをダイヤルします。IP Phone のユーザは、ソフトキーを選択することで同じ機能を起動できます。Cisco Unified CME 4.0 以降では、アナログ電話機で使用するものと同じ FAC を IP Phone で使用できます。したがって、電話機ユーザは電話機タイプが何であるかにかかわらず、同じ方法で特定の機能を選択したり、有効または無効にしたりできます。

FAC は、IP Phone では明示的に有効にするまで無効になっています。Cisco Unified CME に登録されているすべての SCCP 電話機で、標準的な FAC をすべて使用可能にすることができます。また、カスタム FAC を定義することや、個々の FAC を 1 つ以上一括して有効にするエイリアスを定義することもできます。

どの FAC も、入力できるのは受話器をオフフックにした直後だけです(コール パーク FAC は除く)。コール パーク FAC は、コール パーク スロットへの転送と見なされるため、入力できるのは[転送]ソフトキー(IP Phone)またはフックフラッシュ(アナログ電話機)を使用して転送を開始した後だけです。

表50 に、定義済みの標準 FAC のリストを示します。

 

表50 標準 FAC

標準 FAC
説明

**1 とオプション内線番号

すべてのコールを自動転送します。

**2

すべてのコールの自動転送をキャンセルします。

**3

ローカル グループをピックアップします。

**4 とグループ番号

指定するピックアップ グループに着信しているコールをピックアップします。指定するピックアップ グループは、すでに Cisco Unified CME に設定されている必要があります。

**5 と内線番号

直接内線番号をピックアップします。

**6 とオプションのパーク スロット番号

コールに応対している電話機ユーザが[転送]ソフトキーを押すか(IP Phone)、フックフラッシュを使用して(アナログ電話機)、次にこの FAC をダイヤルした場合、コールをパークします。ターゲット パーク スロットは、すでに Cisco Unified CME に設定されている必要があります。

**7

サイレント。

**8

リダイヤル。

**9

ボイスメール番号をダイヤルします。

*3 とハント グループのパイロット番号

ephone ハント グループに参加します。メンバーシップを動的に変更できるハント グループを複数作成した場合は、参加先のハント グループをパイロット番号で指定します。

*4

ハント グループ ログアウト機能を有効または無効にして、ハント グループ エージェントがオフフックになっているときの内線番号の受信可/受信不可ステータスを切り替えます。

*5

電話機レベルでハント グループ ログアウトを有効または無効にして、ephone ハント グループに所属している個々の電話機のすべての内線番号について、電話機がアイドルになっているときの受信可/受信不可ステータスを切り替えます。

*6

ボイスメール番号をダイヤルします。

#3

ephone ハント グループを脱退します。電話番号または内線番号は、ハント グループの動的メンバーとしてすでに設定されている必要があります。

機能アクセス コードの設定方法

この項では、次の作業について取り上げます。

「SCCP:機能アクセス コードの有効化」

「機能アクセス コードの確認」

SCCP:機能アクセス コードの有効化

標準 FAC を有効にする場合およびカスタム FAC を作成する場合は、次の手順を実行します。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. telephony-service

4. fac { standard | custom { alias alias-tag custom-fac to existing-fac [ extra-digits ]} | feature custom-fac }}

5. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

telephony-service

 

Router(config)# telephony-service

telephony-service 設定モードを開始します。

ステップ 4

fac { standard | custom { alias alias-tag custom-fac to existing-fac [ extra-digits ]} | feature custom-fac }}

 

Router(config-telephony)# fac custom callfwd *#5

標準 FAC を有効にします。または、カスタム FAC やエイリアスを作成します。

standard :標準 FAC をすべての電話機で使用可能にします。

custom :特定の FAC タイプに対してカスタム FAC を作成します。

alias :既存の FAC(または既存の FAC と追加の数字)と同じ働きをするカスタム FAC を作成します。

alias-tag :このエイリアスを識別する固有の番号。値の範囲は 0 ~ 9 です。

custom-fac :IP Phone またはアナログ電話機のキーパッドを使用してダイヤルするユーザ定義のコード。カスタム FAC は最大 256 文字で、0 ~ 9 の数字、*、および # を含めることができます。

to :カスタム FAC を指定されたターゲットにマップします。

existing-fac :設定対象のカスタム FAC を電話機ユーザがダイヤルしたときに、自動的にダイヤルされる設定済みのカスタム FAC。

extra-digits :(オプション)設定対象のカスタム FAC を電話機ユーザがダイヤルしたときに、自動的にダイヤルされる追加の数字。

feature :特定の機能を指定するための定義済み英字列。リストを表示するには、 ? を入力します。

ステップ 5

end

 

Router(config-telephony)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

機能アクセス コードの確認

FAC の設定を確認するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 show telephony-service fac

このコマンドは、Cisco Unified CME ルータに設定されている FAC のリストを表示します。次の例は、標準の FAC が有効になっている場合の出力を示しています。

Router# show telephony-service fac

telephony-service fac standard

callfwd all **1

callfwd cancel **2

pickup local **3

pickup group **4

pickup direct **5

park **6

dnd **7

redial **8

voicemail **9

ephone-hunt join *3

ephone-hunt cancel #3

ephone-hunt hlog *4

ephone-hunt hlog-phone *5

trnsfvm *6

次の例は、カスタム FAC が設定されている場合の出力を示しています。

Router# show telephony-service fac

telephony-service fac custom

callfwd all #45

alias 0 #1 to **4121

alias 1 #2 to **4122

alias 4 #4 to **4124


 

機能アクセス コードの設定例

この項では、次の設定例について説明します。

「FAC:例」

FAC:例

次の例は、標準 FAC をすべての電話機で使用可能にする方法を示しています。

Router# telephony-service

Router(config-telephony)# fac standard

fac standard is set!

Router(config-telephony)#

次の例は、すべてのコールの自動転送機能の標準 FAC をカスタム FAC(#45)に変更する方法を示しています。次に、2 つ目のカスタム FAC を #45 と内線番号(1111)にマップするエイリアスを作成しています。このカスタム FAC(#44)を使用すると、電話機ユーザは #44 を押せばすべてのコールを内線番号 1111 に自動転送できるようになり、追加の数字(内線番号)をダイヤルする必要がなくなります。

Router# telephony-service

Router(config-telephony)# fac custom callfwd all #45

fac callfwd all code has been configured to #45

Router(config-telephony)# fac custom alias 0 #44 to #451111

fac alias0 code has been configurated to #44!

alias0 map code has been configurated to #451111!

次の例は、グループ 123 のグループ ピックアップのためのエイリアスを定義する方法を示しています。このエイリアスは、グループ ピックアップのための標準 FAC(**4)をダイヤル文字列 #4 に置き換えて、グループ番号(123)をダイヤル パターンに追加します。このカスタム FAC を使用すると、電話機ユーザは標準 FAC である **4 とグループ番号 123 をダイヤルする代わりに、#4 をダイヤルすればグループ 123 に着信しているコールをピックアップできます。

Router# telephony-service

Router(config-telephony)# fac custom alias 5 #4 to **4123

その他の資料

次の項では、Cisco Unified CME の機能に関連する参照資料を示します。

関連マニュアル

テクニカル サポート

説明
リンク

Cisco Support Web サイトでは、シスコ製品やシスコの技術に関するトラブルシューティングにお役立ていただけるように、マニュアルなどの豊富なオンライン リソースやツールを提供しています。Cisco Support Web サイトのほとんどのツールにアクセスするには、Cisco.com のユーザ ID とパスワードが必要です。サービス契約が有効で、ユーザ ID またはパスワードを取得していない場合は、Cisco.com で登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/techsupport

機能アクセス コードに関する機能情報

表51 は、この章で説明した機能、およびバージョンごとの機能拡張を示しています。

特定の Cisco Unified CME バージョンをサポートする正確な Cisco IOS リリースについては、「 Cisco Unified CME and Cisco IOS Software Version Compatibility Matrix 」( http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps4625/products_documentation_roadmap09186a0080189132.html )を参照してください。

プラットフォームおよびソフトウェア イメージのサポートに関する情報を参照するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator では、特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームをサポートしている Cisco IOS ソフトウェアを確認できます。Cisco Feature Navigator にアクセスするには、 http://www.cisco.com/go/cfn に移動してください。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表51 は、所定の機能に対するサポートが導入された Cisco Unified CME のバージョンを示しています。特に断りのない限り、その機能は以降のバージョンの Cisco Unified CME ソフトウェアでもサポートされます。


 

表51 機能アクセス コードに関する機能情報

機能名
Cisco Unified CME のバージョン
機能情報

ボイスメールへの転送

4.3

ボイスメールへの転送用の FAC が追加されました。

機能アクセス コード(FAC)

4.0

FAC が導入されました。