Cisco Unified Communications Manager Express 4.3 システム アドミニストレータ ガイド
拡張 911 サービスの設定
拡張 911 サービスの設定
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 11MB) | フィードバック

目次

拡張 911 サービスの設定

内容

拡張 911 サービスに関する前提条件

拡張 911 サービスに関する制約事項

拡張 911 サービスに関する情報

拡張 911 サービスの概要

E911 サービスのコール処理

携帯電話に関する注意事項

拡張 911 サービスの実装の計画

既存の Cisco Unified CME 機能との相互作用

ELIN の複数の用途

番号変換

コール転送

コール自動転送

コール ブロッキング機能

コール ウェイティング

3 者間会議

ダイヤルピア ロータリー

ダイヤル プラン パターン

発信者 ID のブロック

共有回線

拡張 911 サービスの設定方法

緊急応答ロケーションの設定

前提条件

緊急応答ゾーンにおけるロケーションの設定

前提条件

拡張 911 サービス用の発信ダイヤル ピアの設定

緊急コール用のダイヤル ピアの設定

緊急応答ゾーン用のダイヤル ピアの設定

PSAP からのコールバック用のダイヤル ピアの設定

電話機への ERL の割り当て

前提条件

電話機の IP サブネットに対する ERL の割り当て

SIP 電話機への ERL の割り当て

SCCP 電話機への ERL の割り当て

ダイヤル ピアへの ERL の割り当て

設定のカスタマイズ

2 つの ELIN に対する address コマンドの使用

コールの詳細レコードの有効化

RADIUS アカウンティング サーバの出力

syslog サーバの出力

show call history voice コマンドの出力

E911 設定の確認

拡張 911 サービスのトラブルシューティング

エラー メッセージ

拡張 911 サービスの設定例

Cisco Unified CME 4.2 での拡張 911 サービス:例

Cisco Unified CME 4.1(SRST フォールバック モード)での拡張 911 サービス:例

その他の資料

関連マニュアル

テクニカル サポート

拡張 911 サービスに関する機能情報

拡張 911 サービスの設定

Revised: December 17, 2007

 

この章では、Cisco Unified Communications Manager Express(Cisco Unified CME)の拡張 911 サービスの機能について説明します。

この章で説明する機能について

この章で説明している機能の一部は、ご使用のバージョンの Cisco Unified CME でサポートされていない場合があります。それぞれの機能がサポートされているバージョンの一覧については、「拡張 911 サービスに関する機能情報」を参照してください。

拡張 911 サービスに関する前提条件

SCCP 電話機または SIP 電話機が、Cisco Unified CME に登録されている必要があります。

Cisco Unified CME から、911 サービス プロバイダーのそれぞれの Public Safety Answering Point(PSAP)に対して、少なくとも 1 つの CAMA または ISDN トランクを設定する必要があります。

顧客の音声ネットワークごとに、拡張 911 ネットワークが設計されている必要があります。

Cisco Unified CME に、FXS、FXO、SIP、または H.323 トランク インターフェイスが設定されている必要があります。

Cisco Unified CME

Cisco Unified CME 4.2 以降のバージョン。

SRST フォールバック モードの Cisco Unified CME

SRST フォールバック モードで設定された Cisco Unified CME 4.1 以降のバージョン。 SRST フォールバック サポートの設定を参照してください。


) ephone-dn、音声レジスタ プール、および音声レジスタ dn の設定については、 基本的なコールを発信するための電話機の設定を参照してください。


拡張 911 サービスに関する制約事項

Cisco Unified CME の拡張 911 サービスは、Cisco Emergency Responder と連携しません。

Cisco Unified CME をリブートすると、最後に 911 をコールした電話機の情報が失われます。

Cisco Emergency Responder は、リモートの Cisco Unified IP Phone が SRST フォールバック モードの場合、緊急コールの履歴テーブルに加えられた更新にアクセスできません。このため、IP Phone が Cisco Unified Communications Manager へ再登録された後で PSAP がコールバックしても、Cisco Emergency Responder にはこれらのコールの履歴を入手できません。その結果、これらのコールは元の 911 の発信者にルーティングされません。これらのコールは、対応する ELIN に対して Cisco Emergency Responder で設定されたデフォルトの宛先にルーティングされます。

Cisco Unified Wireless 7920 および 7921 IP Phone では、発信者の場所が、システム管理者が設定した静的な情報のみで特定されます。詳細については、「携帯電話に関する注意事項」を参照してください。

911 の発信者の内線番号は、Emergency Response Location(ERL; 緊急応答ロケーション)ごとに 2 つの Emergency Location Identification Number(ELIN; 緊急ロケーション識別番号)にのみ変換されます。詳細については、「拡張 911 サービスの概要」を参照してください。

複数の目的で ELIN を使用すると、既存の Cisco Unified CME の機能との間に予想外の相互作用が生じることがあります。このような ELIN の複数の用途としては、実際の電話番号(ephone-dn、音声レジスタ dn、または FXS の宛先パターン)、コール ピックアップ番号、またはエイリアスの再ルーティング番号として使用するための ELIN の設定などがあります。詳細については、「ELIN の複数の用途」を参照してください。

拡張 911 サービスの設定によっては、既存の Cisco Unified CME の機能との相互作用により、予想外の動作をすることがあります。拡張 911 サービスと既存の Cisco Unified CME の機能との間の相互作用の詳細な説明については、「既存の Cisco Unified CME 機能との相互作用」を参照してください。

拡張 911 サービスに関する情報

拡張 911 サービスを設定するには、次の概念を理解しておく必要があります。

「拡張 911 サービスの概要」

「E911 サービスのコール処理」

「携帯電話に関する注意事項」

「拡張 911 サービスの実装の計画」

「既存の Cisco Unified CME 機能との相互作用」

拡張 911 サービスの概要

拡張 911 サービスを使用すると、911 オペレータは次のことを実行できます。

発信番号に基づいて、911 発信者の場所をすぐに特定する。

切断された場合に、911 発信者にコールバックする。

この機能が導入される前は、Cisco Unified CME では 911 に対する発信コールのみがサポートされていました。911 の基本機能により、コールは単純に Public Safety Answering Point(PSAP)にルーティングされていました。PSAP の 911 オペレータは、救急車サービス、消防署、または警察署から対応チームを出動させる前に、発信者に口頭で緊急情報と場所を確認する必要がありました。対象としている管轄地区に基づいて、別の PSAP にコールをルーティングすることもできませんでした。

拡張 911 サービスでは、911 コールは発信者の場所に基づいて、最も近い PSAP に選択的にルーティングされます。また、発信者の電話番号と住所が、PSAP の端末に自動的に表示されます。このため PSAP は、発信者が場所を伝えられない場合でも、緊急の支援を早急に派遣することができます。また、発信者がすぐに切断してしまった場合でも、PSAP では 911 発信者への連絡に必要な情報を確保できます。

拡張 911 サービスを使用するには、Cisco Unified CME でサポートされるすべての電話機を処理するために必要な管轄地域ごとに、Emergency Response Location(ERL; 緊急応答ロケーション)を定義する必要があります。ERL の地理的な仕様は、現地の法律で規定されます。たとえば、ERL はエリア内で 700 平方フィート以下にする必要がある場合は、ビルのフロアごとに 1 つの ERL の定義が必要になることがあります。ERL は既知の特定の場所を定義するため、この情報は PSAP のデータベースにアップロードされます。911 の司令室はこの情報を使用して、緊急対応チームがすばやく発信者の位置を確認できるようにします。

911 発信者に対してどの ERL が割り当てられているかを確認するため、PSAP は発信者の一意の電話番号を使用します。この番号は Emergency Location Identification Number(ELIN; 緊急ロケーション識別番号)とも呼ばれます。拡張 911 サービスを使用するためには、あらかじめ各 ERL の ELIN と番地のリストを PSAP に提供しておく必要があります。この情報は、PSAP の Automatic Location Identification(ALI; 自動ロケーション識別)データベースに保存されます。通常は、電話システムをインストールするときに、この情報を PSAP に提供します。

ALI データベースの住所情報を使用することで、PSAP は発信者の場所を特定できます。また、ELIN を使用して、一定の時間制限内に 911 発信者にコールバックすることもできます。この制限は最終発信者テーブルに適用されます。このテーブルは、911 発信者の ELIN を PSAP に提供します。最終発信者テーブルに時間制限が指定されていない場合、デフォルトの有効期限は 3 時間になります。

コール情報を一時的な最終発信者テーブルに保存する以外に、永続的なコールの詳細レコードを設定することもできます。RADIUS アカウンティング、syslog サービス、または Cisco IOS の show コマンドで、これらのレコードの属性を参照できます。

各 ERL に対して設定する ELIN の数は、0、1、または 2 から選択できます。2 つの ELIN を設定すると、システムでラウンドロビン アルゴリズムを使用して、PSAP にどの ELIN を送信するかが選択されます。ERL に対して ELIN が定義されていない場合、PSAP は元の発信番号を参照します。Cisco Unified CME がダイヤルイン番号を使用している場合、または内線を ELIN に変換済みのもう 1 つの Cisco 音声ゲートウェイからのコールである場合は、ELIN を定義しなくてもかまいません。

オプションとして、911 発信者の IP Phone のアドレスが、どのゾーン内の場所の IP サブネットとも一致しない場合に、PSAP が使用可能なデフォルトの ELIN を定義します。このデフォルトの ELIN としては、いずれかの ERL にすでに定義されている既存の ELIN、または一意の ELIN を使用することができます。デフォルトの ELIN が定義されず、911 発信者の IP アドレスが、どの ERL の IP サブネットとも一致しない場合は、デフォルトの ELIN が定義されていないこと、および元の ANI がそのまま保持されていることを示す syslog メッセージが発行されます。

有効期限切れ、またはシステムの再起動によって、最終発信者テーブルでコールバック情報が失われた場合に使用する、指定コールバック番号を定義することもできます。発信者の ELIN またはデフォルトの ELIN で、何らかの理由によって PSAP が 911 発信者に到達できない場合は、この指定コールバック番号を使用できます。最終発信者テーブルのデータに有効期限を指定し、すべての緊急コールを通知する syslog メッセージを有効にすることで、システムをさらにカスタマイズすることができます。

大規模な環境の場合は、特定の ERL からのコールが特定の PSAP にルーティングされるよう、オプションで指定することができます。これは、各ゾーン内の ERL リストが示された、緊急応答ゾーンを設定することで実現されます。ERL のリストにはロケーションのランク付けも含まれ、複数の PSAP が存在する場合は、このランク付けによって ERL 検索の順序が制御されます。システムのすべての 911 コールが 1 つの PSAP にルーティングされる場合は、緊急応答ゾーンを設定する必要がありません。

1 つ以上の ERL を 1 つのゾーンにグループ化できますが、このグループは 1 つの PSAP でサービスされるエリアに相当します。緊急コールが発信されると、設定済みの緊急応答ゾーンを使用することで、任意の順序で ERL のサブネットを検索できます。ERL は、適切な使用順序でランク付けできます。

ゾーンを使用して、911 コールを複数の PSAP へ選択的にルーティングすることもできます。一意のロケーションを持つ 1 つのゾーンを作成し、各ゾーンを別の発信ダイヤル ピアへ割り当てて、選択的なルーティングを設定できます。この場合、ゾーンでは発信者の ERL に基づいてルーティングが行われます。緊急コールが発信されると、コールされた番号と一致する各ダイヤル ピアはロケーションのリストを使用して、発信元の電話機の IP アドレスと一致する IP サブネットを検索します。ERL と ELIN が見つかると、ダイヤル ピアのインターフェイスを使用してコールがルーティングされます。ERL または ELIN が見つからない場合は、その次に一致したダイヤル ピアがゾーンをチェックします。


) 発信者の IP アドレスが、ダイヤルピア ゾーンのどのロケーションとも一致しない場合は、一致した最後のダイヤル ピアを使用してルーティングが行われ、デフォルトの ELIN が使用されます。


同じゾーンの中でロケーション タグを重複しないようにします。ただし、複数のゾーンに同じロケーション タグを定義することはできます。同じゾーンの中で、ロケーションの優先順位を重複して指定できますが、既存のロケーションの優先順位が順に次の番号に繰り下がります。たとえば「ロケーション 36 優先順位 5」の後に「ロケーション 19 優先順位 5」を定義した場合、ロケーション 19 の優先順位は 5 で、ロケーション 36 の優先順位は 6 になります。また、2 つのロケーションに優先順位 100 が割り当てられている場合、最初のロケーションの優先順位が 101 に下がるのではなく、最初のロケーションが、最初の非優先ロケーションになります。

図47 は、911 サービスの設定例を示しています。この例では、電話機システムは、複数のビルの複数のフロアからのコールを処理しています。5 つの ERL が定義されており、ERL ごとに 1 つの ELIN が定義されています。PSAP は ELIN を使用して、ALI データベースで発信者の物理的な住所を検索します。ビル 2 はサンフランシスコの PSAP に近く、ビル 40 はサンノゼの PSAP の近くにあります。したがって、この場合は 2 つの緊急応答ゾーンを設定し、911 コールが、発信者に最も近い PSAP に確実にルーティングされるようにすることをお勧めします。この例では、ビル 2 のすべての ERL が含まれる緊急応答ゾーンと、ビル 40 の ERL が含まれるもう 1 つのゾーンを設定することができます。緊急応答ゾーンを設定しない場合、911 コールは発信ダイヤル ピアに対して設定された宛先番号との一致に基づいてルーティングされます。

図47 Cisco Unified CME に対する拡張 911 の実装

 

E911 サービスのコール処理

Cisco Unified CME で 911 コールを受け取った場合、最初のコール処理は他のコールと同じです。Cisco Unified CME は着信番号を取得し、その着信番号にコールをルーティングするために使用可能なダイヤル ピアを検索します。

拡張 911 機能では、発信ダイヤル ピアの宛先が PSAP かどうかも分析されます。発信ダイヤル ピアが emergency response zone コマンドで設定されている場合は、このコールで拡張 911 の処理が必要であることがシステムに通知されます。発信ダイヤル ピアが emergency response zone コマンドで設定されていない場合は、拡張 911 の機能が有効にならず、発信者の番号は ELIN に変換されません。

拡張 911 機能が有効になっている場合、拡張 911 処理の最初のステップは、発信者にどの ERL が割り当てられているかを判断することです。発信者の ERL を判断するには、次の 2 つの方法があります。

明示的な割り当て:911 コールが、ERL 割り当てを持つ着信ダイヤル ピアに到着した場合、この ERL は発信者のロケーションとして自動的に使用されます。

暗黙的な割り当て:911 コールが IP Phone から到着した場合、その IP アドレスが割り出され、拡張 911 は ERL で設定された IP サブネットの 1 つで、発信者の電話機の IP アドレスを検索します。ERL は、自身のタグ番号に従って順序付けされたリストとして保存され、各サブネットは、リストされた順序で発信者の IP アドレスと比較されます。

発信者の ERL が特定されると、発信者の番号がその ERL の ELIN に変換されます。コールに対して ERL が暗黙的または明示的に割り当てられていない場合は、IP Phone に対するデフォルトの ERL を定義できます。このデフォルトの ERL は、VoIP トランクや FXS/FXO トランクの電話機など、IP Phone 以外のエンドポイントに適用されません。

コールに対する ELIN が特定されると、次の情報が最終発信者テーブルに保存されます。

発信者の ELIN

発信者の元の内線番号

コールが発信された時刻

最終発信者テーブルには、各 ERL からの最後の緊急発信者に関する、これらの情報が含まれています。コールが発信されてから指定された有効期限が経過すると、発信者の情報はテーブルから消去されます。時間制限が指定されていない場合、デフォルトの有効時間は 3 時間です。

911 コールの情報が最終発信者テーブルに保存されると、システムでは、発信者の ERL が含まれた緊急応答ゾーンが設定されているかどうかが判断されます。ERL で緊急応答ゾーンが設定されていない場合は、すべての ERL が順次に検索されて発信者の IP アドレスと照合され、911 コールが適切な PSAP にルーティングされます。ゾーンに ERL が含まれている場合、911 コールは、そのゾーンに関連付けられた PSAP にルーティングされます。

911 コールが適切な PSAP にルーティングされると、拡張 911 の処理が完了します。その後、コール処理は通常のコールと同様に行われますが、発信設定要求に対して、元の発信側番号が ELIN に置き換えられる点だけが異なります。

図48 は、911 コールに対する処理手順を要約しています。

図48 911 コールの処理

 

ルータがリブートされた場合、またはコールが生成されてから一定の有効期限(デフォルトでは 3 時間)が経過した場合、911 オペレータは最終発信者テーブルの中でコールに関する情報を見つけられなくなります。このような場合、911 オペレータにリオーダー トーンが聞こえます。911 オペレータにこのトーンが聞こえないようにするには、「設定のカスタマイズ」で説明されているように、デフォルトのコールバックを設定します。または、ダイヤル ピアでコール自動転送番号を設定し、企業のオペレータまたは代表番号に転送されるようにします。

911 のコールバック機能は、最終発信者を内線番号で追跡するため、有効期限内のある 911 コールと 911 コールバックの間で ephone-dn の設定を変更すると、PSAP は最後の 911 発信者に正しく接続できないことがあります。

短期間に同じ ERL 内の複数の電話機から 2 つのコールが発信された場合は、最終発信者テーブルにおける最初の発信者の情報は、2 番目の発信者の情報で上書きされます。このテーブルには、1 つの ERL につき 1 人の発信者に関する情報のみが含まれるため、911 オペレータには、最初の発信者への連絡に必要な情報を入手できなくなります。

ほとんどの場合、Cisco Emergency Responder が設定されていると、Cisco Emergency Responder と同じ ELIN と ERL のデータを使用して拡張 911 サービスを設定する必要があります。

携帯電話に関する注意事項

最初のサイトから削除された電話機から発信した緊急コールに対しては、地域保安当局が応答しないことがあります。IP Phone が最初に設定されたサイトから削除されている場合は、その IP Phone を使用して緊急コールを発信しないでください。携帯電話ユーザに対しては、次のようなポリシーへの同意を求めるようにしてください。

在宅勤務者、リモート オフィス、および移動中のユーザは、ローカルに設定されたホテル、オフィス、または自宅の電話機(通常の固定電話機)から緊急コールを発信する必要があります。これらのユーザが、設定されたサイトから離れていても緊急コールで IP Phone を使用する必要がある場合は、応答する保安当局またはセキュリティ処理センターの担当者に対して、自分の場所(国、市区町村、都道府県、番地など)に関する情報を伝えられるようにする必要があります。

このポリシーに同意した場合、その携帯電話ユーザは次の内容を承認することになります。

この注意事項を理解していること。

設定されたサイトから離れている場合に、緊急コールでリモート IP Phone を使用しないよう注意することに同意する。

このポリシーに応じない、または拒否した場合は、その携帯電話ユーザは、自身に割り当てられているすべてのリモート IP Phone が切断されること、およびこれらのサービスに対する今後の要求はすべて実現されないことを理解している、ということを承認したと見なされます。

拡張 911 サービスの実装の計画

Cisco Unified CME に対して拡張 911 サービスを設定する前に、次の手順を実行します。


ステップ 1 Cisco Unified CME のサービスの対象となるサイト、および各サイトにサービスを提供する PSAP のリストを作成します。

各 PSAP に接続するには、CAMA/PRI インターフェイスを使用する必要があります。 表44 は、収集する必要のある情報の例を示しています。

.

表44 サイトおよび PSAP のリスト

ビルの名前と住所
対応する PSAP
コールがルーティングされるインターフェイス

ビル 2, 201 Maple Street, San Francisco

San Francisco, CA

ポート 1/0:D

ビル 40, 801 Main Street, San Jose

San Jose, CA

ポート 1/1:D

ステップ 2 地域法を使用し、設定の必要な ERL の番号を特定します。

National Emergency Number Association(NENA)のモデル法に従って、緊急対応チームが発信者の場所をすばやく見つけられるような場所の明細を作成します。 表45 に例を示します。

 

表45 ERL の計算

ビル
床面積(平方フィート)
フロア数
必要な ERL の数

ビル 2

200,000

3

3

ビル 40

7000

2

1

ステップ 3 (オプション)各 ERL に対して 1 つまたは 2 つの ELIN を割り当てます。

電話サービスのプロバイダーに連絡、ELIN として指定される電話番号を要求する必要があります。

ステップ 4 (オプション)911 発信者が、発信者に最も近い PSAP にルーティングされるように、各 ERL を 1 つの緊急応答ゾーンに割り当てます。 voice emergency response zone コマンドを使用します。

ステップ 5 emergency response zone コマンドを使用して、911 発信者に対して 1 つ以上のダイヤル ピアを設定します。

複数の宛先パターンに対して、複数のダイヤル ピアの設定が必要になることがあります。

ステップ 6 emergency response callback コマンドを使用して、PSAP の 911 コールバックに対して 1 つ以上のダイヤル ピアを設定します。

ステップ 7 ERL を電話機に割り当てるために使用する方法を決定します。

次の方法から選択できます。

同じサブネット上の電話機グループに対して、各電話機の IP アドレスが含まれる ERL に 1 つの IP サブネットを作成できます。各 ERL は 1 つまたは 2 つの一意の IP サブネットを持つことができます。この方法は、設定が最も簡単です。 表46 に例を示します。

 

表46 ERL、説明、IP サブネット、および ELIN の定義

ERL 番号
説明
IP アドレスの割り当て
ELIN

1

ビル 2、1 階

10.5.124.xxx

408 555-0142

2

ビル 2、2 階

10.7.xxx.xxx

408 555-0143

3 & 4

ビル 2、3 階

10.8.xxx.xxx および
10.9.xxx.xxx

408 555-0144 および
408 555-0145

ephone-template または voice register template 設定モードを使用して、電話機のグループに 1 つの ERL を明示的に割り当てることができます。同じ機能セットを複数の SCCP 電話機または SIP 電話機に適用する場合は、電話機ごとに ERL を割り当てる代わりに、これらのテンプレートを使用すると時間を節約できます。

ERL を電話機ごとに個別に割り当てることができます。使用している電話機のタイプによって、次の 3 つの方法のいずれかを使用できます。電話機の次の設定に対して、ERL を割り当てることができます。

ダイヤルピアの設定

ephone の設定(SCCP 電話機)

音声レジスタ プールの設定(SIP 電話機)

表47 は、それぞれのオプションの例を示しています。

 

表47 電話機ごとの ERL の明示的な割り当て

電話機の設定
ERL

dial-peer voice 213 pots

3

dial-peer voice 214 voip

4

ephone 100

3

voice register pool 1

2

ステップ 8 (オプション)911 発信者の IP Phone のアドレスが、どのゾーン内の場所の IP サブネットとも一致しない場合に、PSAP に送信するデフォルトの ELIN を定義します。

ステップ 9 (オプション)有効期限切れ、またはシステムの再起動によって、最終発信者テーブルでコールバック情報が削除された場合に使用する、指定コールバック番号を定義します。

ステップ 10 (オプション)最終発信者テーブルのデータに関する有効期限を、デフォルトの 3 時間から変更します。

ステップ 11 (オプション)RADIUS アカウンティングまたは syslog サービスで、コールの詳細レコードを永続的に記録できるようにします。

既存の Cisco Unified CME 機能との相互作用

拡張 911 サービスは、Cisco Unified CME のいくつかの機能と相互に作用します。次の各機能との相互作用については、以降の項でそれぞれ説明しています。


) ご使用の Cisco Unified CME のバージョンで、一部の機能がサポートされていないことがあります。


「ELIN の複数の用途」

「番号変換」

「コール転送」

「コール自動転送」

「コール ブロッキング機能」

「コール ウェイティング」

「3 者間会議」

「ダイヤルピア ロータリー」

「ダイヤル プラン パターン」

「発信者 ID のブロック」

「共有回線」

ELIN の複数の用途


注意 既存の Cisco Unified CME 機能と予想外の相互作用が生じる可能性があるため、他の目的で ELIN を使用しないことをお勧めします。

他の目的で ELIN を使用する例としては、実際の電話番号(ephone-dn、音声レジスタ dn、または FXS の宛先パターン)、コール ピックアップ番号、またはエイリアスの再ルーティング番号として使用するための ELIN の設定などがあります。

ELIN を実際の電話番号として使用すると、その番号にコールされたときに問題が発生します。911 コールが発信され、最終発信者テーブルで最後の発信者情報の有効期限が終了していない場合、外部の発信者は実際の電話ではなく、最後の 911 発信者に接続されます。ELIN で使用している電話番号は、実際の電話機と共有しないことをお勧めします。

ELIN と実際の電話番号で同じ番号を使用しても、発信 911 コールには影響がありません。

番号変換

拡張 911 の機能では、発信 911 コール中に発信側番号が ELIN に変換され、911 のコールバック中に(PSAP が 911 発信者にコールバックしたときに)、着信番号が最後の発信者の内線番号に変換されます。番号変換で他の方法を使用すると、拡張 911 ソフトウェアで行う次のような変換と競合する可能性があります。

dialplan-pattern:telephony-service で設定された内線番号に、プレフィックス パターンを付加します。

num-expansion:内線番号を完全な E.164 番号に拡張します。

着信番号と発信番号の音声ポート変換

ダイヤル ピアに対する発信番号の変換

ダイヤル ピアに対する変換プロファイル

ダイヤル ピア、音声ポート、POTS 音声サービス、トランク グループ、トランク グループ メンバー、音声ソースグループ、call-manager-fallback、および ephone-dn に対して行われる音声変換プロファイル

ephone-dn の変換

音声レジスタ dn の発信変換

これらの変換機能を設定すると、これらの機能によって ELIN のパターンの一部のパターンが変換された場合に、拡張 911 の機能に影響を与えます。発信 911 コールに関しては、これらの機能によって拡張 911 ELIN が別の番号に変換され、ALI データベースで検索できない番号が PSAP に提供されることがあります。拡張 911 のコールバック処理の前に 911 コールバック番号(ELIN)が変換された場合、拡張 911 の機能では、最後の発信者の履歴を検索できません。

コール転送

Cisco Unified CME 環境で、ある電話機が、別の ERL 内の別の電話機が含まれている PSAP に対して準在席転送または打診転送を実行すると、PSAP は誤った ELIN を使用します。PSAP は、転送先ではなく、転送元の ELIN を参照します。

911 コールバック(PSAP によって 911 発信者に返されたコール)、または PSAP で作成された変換には影響を与えません。

正当な理由がある場合、911 の発信者は PSAP を別の通話相手に転送することができます。正当な理由がない場合は、911 発信者を常に PSAP に接続したままにすることをお勧めします。

コール自動転送

IP Phone ユーザが、コールを PSAP へ自動転送するために設定された別の電話機をコールしても、影響はありません。

コールの自動転送が有効になっている電話機を使用している 911 発信者に対して、PSAP がコールバックすると、PSAP は元の 911 発信者ではない通話相手にリダイレクトされます。

コール ブロッキング機能

システム管理者が 911 コールの例外を作成しない場合は、After-Hours コール ブロッキングなどの機能によって、発信 911 コールがブロックされることがあります。

電話機にブロッキング機能(サイレントなど)が設定されている場合は、911 コールバックが 911 発信者に到達しません。

コール ウェイティング

PSAP との 911 コールが確立されると、コール ウェイティングによってコールを中断できるようになります。911 発信者は、オペレータを保留にすることができます。保留にすることは禁止されていませんが、コールが終了するまで、911 発信者を PASP に接続したままにしておくことを推奨します。

3 者間会議

911 発信者は、PSAP と通話中に 3 者間会議を有効にできますが、コールが終了するまで、911 発信者を PSAP に接続したままにしておくことをお勧めします。

ダイヤルピア ロータリー

911 発信者がダイヤル式電話を使用している場合は、拡張 911 コールとして処理されるコールに対して emergency response zone コマンドを使用して、各ダイヤル ピアを設定する必要があります。ダイヤル式電話を使用していない場合は、拡張 911 機能に対して設定されていないダイヤル ピアで受け取ったコールが、通常のコールとして処理され、ELIN 変換は行われません。

同じ宛先パターンを持つ 2 つのダイヤル ピアが別の PSAP にルーティングされるよう設定しないでください。発信者の番号は、2 つの異なる ELIN に変換されません。また、2 つのダイヤル ピアは異なる PSAP にルーティングされません。ただし、別の宛先パターンを持つダイヤル ピアを設定している場合(9911 と 95105558911 など)は、コールを異なる PSAP にルーティングすることができます。サービス プロバイダーで特定の着信番号が必要な場合に、2 番目のダイヤル ピアに対する 95105558911 を 9911 へ変換するには、番号変換機能を使用するか、プレフィックス/自動転送の数字の追加が必要になることがあります。


注意 emergency response zone コマンドと emergency response callback コマンドの両方を使用して、同じダイヤル ピアを設定しないでください。

ダイヤル プラン パターン

ダイヤル プラン パターンでは、発信者の元の内線番号を、完全な E.164 番号に拡張します。911 発信者に対する ERL が見つかると、拡張された番号が ELIN に変換されます。

911 コールバックの場合は、着信番号が 911 発信者の拡張番号に変換されます。

発信者 ID のブロック

ephone または voice-port の設定に対して、発信者 ID ブロッキングを設定すると、遠端デバイスに発信側の情報が表示されなくなります。PSAP は ELIN(発信側の情報)を受け取る必要があるため、拡張 911 コールが発信されると、この機能は無効になります。

発信者 ID ブロッキング機能は、コールバックに影響を与えません。

共有回線

共有回線機能を使用すると、複数の電話機で共通の電話番号を共有できます。共有回線で着信コールを受け取ると、それぞれの電話機で呼出音が鳴ります。コールに応答した最初のユーザのみが、発信者に接続されます。

共有回線機能は、発信 911 コールに影響を与えません。

911 コールバックの場合は、電話番号を共有しているすべての電話機で呼出音が鳴ります。したがって、911 コールを発信していないユーザが電話に応答し、PSAP に接続されてしまうことがあります。そうなると、PSAP が 911 発信者と通話する必要がある場合に混乱が生じます。

拡張 911 サービスの設定方法

この項では、次の作業について取り上げます。

「緊急応答ロケーションの設定」(必須)

「緊急応答ゾーンにおけるロケーションの設定」(必須)

「拡張 911 サービス用の発信ダイヤル ピアの設定」(必須)

「PSAP からのコールバック用のダイヤル ピアの設定」(必須)

「電話機への ERL の割り当て」(必須)

「設定のカスタマイズ」(オプション)

「2 つの ELIN に対する address コマンドの使用」(オプション)

「コールの詳細レコードの有効化」(オプション)

「E911 設定の確認」(オプション)

「拡張 911 サービスのトラブルシューティング」(オプション)

緊急応答ロケーションの設定

ERL を作成するには、この手順を実行します。ERL はエリアを定義して、緊急チームが発信者をすばやく見つけられるようにするものです。

ERL には 0、1、または 2 つの ELIN を定義できます。1 つの ELIN が定義されていると、この ERL からコールされる電話機では必ずこの ELIN が使用されます。2 つの ELIN が定義されている場合、システムは、この ERL からコールされる電話機に対して、それぞれの ELIN を交互に使用します。ELIN が定義されていない場合は、電話機でこの ERL を使用しても、発信コールで着信番号が変換されません。PSAP は、これらの 911 コールに対して元の発信番号を参照します。

複数の ERL が作成された場合、拡張 911 ソフトウェアは ERL のタグ番号を使用して、使用する ELIN を判断します。拡張 911 ソフトウェアは、ERL でタグ 1 から 2147483647 を順に検索します。発信者の IP アドレスが含まれるサブネット マスクを持つ最初の ERL が、ELIN 変換で使用されます。

前提条件

Cisco Unified CME 4.1 以降のバージョン。

address コマンドおよび name コマンドが、Cisco Unified CME 4.2 以降のバージョンでサポートされている必要があります。

「拡張 911 サービスの実装の計画」の説明に従って、911 の設定が計画されている必要があります。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. voice emergency response location tag

4. elin [ 1 | 2 ] E.164-number

5. address address

6. name name

7. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

voice emergency response location tag

 

Router(config)# voice emergency response location 4

emergency response location 設定モードを開始し、ERL のパラメータを定義します。

ステップ 4

elin [ 1 | 2 ] E.164-number

 

Router(cfg-emrgncy-resp-location)# elin 1 4085550100

(オプション)発信者の内線番号を置き換える E.164 PSTN 番号となる、ELIN を指定します。

この番号は PSAP の端末に表示され、PSAP が ALI データベースに照会して発信者を特定するために使用されます。PSAP がコールバックするときも使用されます。オプションで elin 2 コマンドを使用すると、2 番目の ELIN を定義できます。ERL に対して ELIN が定義されていない場合、PSAP は元の発信番号を参照します。

ステップ 5

address address

 

Router(cfg-emrgncy-resp-location)# address I,604,5550100, ,184 ,Main St,Kansas City,KS,1,

(オプション)自動ロケーション識別(ALI)データベースに発信者の住所をアップロードするために使用する、カンマ区切り文字列を定義します。

この文字列は、サービス プロバイダーが必要とするレコード形式に従っている必要があります。文字列の最大長は 247 文字です。

住所は E911 ERL 設定の一部として保存されます。 show voice emergency addresses コマンドと組み合せて使用すると、住所情報をテキスト ファイルに保存できます。

このコマンドは、Cisco Unified CME 4.2 以降のバージョンでサポートされています。

ステップ 6

name name

 

Router(cfg-emrgncy-resp-location)# name Bldg C, Floor 2

(オプション)ERL を特定または記述するために内部で使用する 30 文字の文字列を定義します。

このコマンドは、Cisco Unified CME 4.2 以降のバージョンでサポートされています。

ステップ 7

end

 

Router(cfg-emrgncy-resp-location)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

緊急応答ゾーンにおけるロケーションの設定

緊急応答ゾーンの設定では、ロケーション タグを使用して、ゾーン内のロケーションのリストが作成されます。ゾーンの設定ではロケーションのランク付けが可能で、このランクによって、複数の PSAP がある場合に ERL を検索する順序が制御されます。システム上のすべての 911 コールが 1 つの PSAP にルーティングされる場合は、 zone コマンドが使用されません。

前提条件

Cisco Unified CME 4.2 以降のバージョン。

「緊急応答ロケーションの設定」の説明に従って ERL が定義されている必要があります。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. voice emergency response zone tag

4. location location-tag [ priority number ]

5. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

voice emergency response zone tag

 

Router(config)# voice emergency response zone 10

voice emergency response zone 設定モードを開始し、緊急応答ゾーンのパラメータを定義します。

tag :値の範囲は 1 ~ 100 です。

ステップ 4

location location-tag [ priority number ]

 

Router(cfg-emrgncy-resp-zone)# location 8 priority 2

各ロケーション タグは、 voice emergency response location コマンドを使用して作成されたロケーション タグに対応している必要があります。

number :(オプション)ゾーン リスト内のロケーションをランク付けします。値の範囲は 1 ~ 100 で、優先順位が最も高いのは 1 です。

ゾーンに含まれるロケーションごとに、このコマンドを繰り返します。

ステップ 5

end

 

Router(cfg-emrgncy-resp-zone)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

拡張 911 サービス用の発信ダイヤル ピアの設定

「拡張 911 サービスの実装の計画」で説明したように、911 設定を計画したときに緊急応答ゾーンを設定することに決定したかどうかによって、次の手順のいずれかを使用します。

ゾーンを使用しない場合は、「緊急コール用のダイヤル ピアの設定」を参照してください。

ゾーンを使用する場合は、「緊急応答ゾーン用のダイヤル ピアの設定」を参照してください。

緊急コール用のダイヤル ピアの設定

PSAP への緊急コール用のダイヤル ピアを作成するには、次の手順を実行します。通常、このダイヤル ピアの宛先パターンは 911 の変形(9911 など)になります。このダイヤル ピアでは、CAMA または PRI ネットワーク インターフェイス カードのポート番号が使用されます。新しい emergency response zone コマンドは、このダイヤル ピアが、ELIN へのすべての発信コールの発信番号を変換することを指定します。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. dial-peer voice number pots

4. destination-pattern n 911

5. prefix number

6. emergency response zone

7. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

dial-peer voice number pots

 

Router(config)# dial-peer voice 911 pots

個々のダイヤル ピアに対するパラメータを定義するため、dial-peer 設定モードを開始します。

ステップ 4

destination-pattern n 911

 

Router(config-dial-peer)# destination-pattern 9911

ダイヤルされた番号をテレフォニー デバイスと照合します。このコマンドに含まれる番号は、E.164 または専用ダイヤリング プランの電話番号です。拡張 911 サービスの場合、通常、番号は 911 の変形になります。

ステップ 5

prefix number

 

Router(config-dial-peer)# prefix 911

(オプション)システムがテレフォニー インターフェイスに文字列を渡す前に、ダイヤル文字列の前に自動的に追加するプレフィックスを含めます。拡張 911 サービスの場合、通常、ダイヤル文字列は 911 の変形になります。

ステップ 6

emergency response zone

 

Router(config-dial-peer)# emergency response zone

システムで定義されているすべての ERL を PSAP にルーティングするために使用されるよう、このダイヤル ピアを定義します。

ステップ 7

end

 

Router(config-dial-peer)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

緊急応答ゾーン用のダイヤル ピアの設定

ダイヤル ピアに複数のゾーンを割り当てると、ERL に基づいて 911 コールを選択的にルーティングできます。 emergency response zone コマンドは、911 コールをルーティングするダイヤル ピア、および使用する音声インターフェイスを識別します。ダイヤル ピアにルーティングできるのは、このゾーンで定義された ERL のみです。同じ緊急番号をダイヤリングした発信者は、ERL のゾーンに基づいて別の音声インターフェイスにルーティングされます。

前提条件

Cisco Unified CME 4.2 以降のバージョン。

次の説明に従って、ERL および緊急応答ゾーンが定義されている必要があます。

「緊急応答ロケーションの設定」

「緊急応答ゾーンにおけるロケーションの設定」

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. dial-peer voice number pots

4. destination-pattern n 911

5. prefix number

6. emergency response zone tag

7. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

dial-peer voice number pots

 

Router(config)# dial-peer voice 911 pots

個々のダイヤル ピアに対するパラメータを定義するため、dial-peer 設定モードを開始します。

ステップ 4

destination-pattern n 911

 

Router(config-dial-peer)# destination-pattern 9911

ダイヤルされた番号をテレフォニー デバイスと照合します。このコマンドに含まれる番号は、E.164 または専用ダイヤリング プランの電話番号です。911 サービスの場合、通常、番号は 911 の変形になります。

ステップ 5

prefix number

 

Router(config-dial-peer)# prefix 911

(オプション)システムがテレフォニー インターフェイスに文字列を渡す前に、ダイヤル文字列の前に自動的に追加するプレフィックスを含めます。E911 サービスの場合、通常、ダイヤル文字列は 911 の変形になります。

ステップ 6

emergency response zone tag

 

Router(config-dial-peer)# emergency response zone 10

ゾーンに対して定義されている ERL のルーティングに使用されるよう、このダイヤル ピアを定義します。

tag :設定されている既存のゾーンを示します。値の範囲は 1 ~ 100 です。

ステップ 7

end

 

Router(config-dial-peer)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

PSAP からのコールバック用のダイヤル ピアの設定

PSAP からの 911 コールバック用のダイヤル ピアを作成するには、次の手順を実行します。このダイヤル ピアを使用すると、PSAP が ELIN を使用してコールバックを作成できます。このダイヤル ピアと一致するコールが着信すると、 emergency response callback コマンドは、ELIN を最後に使用した発信者を検索するようシステムに指示し、着信コールの宛先番号が最後の発信者の内線番号に変換されます。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. dial-peer voice number pots

4. incoming called-number number

5. direct-inward-dial

6. emergency response callback

7. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

dial-peer voice number pots

 

Router(config)# dial-peer voice 100 pots

個々のダイヤル ピアに対するパラメータを定義するため、dial-peer 設定モードを開始します。

ステップ 4

incoming called-number number

 

Router(config-dial-peer)# incoming called-number 4085550100

(オプション)着信番号に基づいて着信ダイヤル ピアを選択し、最後の発信者を識別します。この番号が ELIN です。

ステップ 5

direct-inward-dial

 

Router(config-dial-peer)# direct-inward-dial

(オプション)着信番号に対して、Direct Inward Dialing(DID; ダイヤルイン)方式のコール処理を有効にします。詳細については、『 Cisco Voice, Video, and Fax Configuration Guide 』の「 Configuring Voice Ports 」の章を参照してください。

ステップ 6

emergency response callback

 

Router(config-dial-peer)# emergency response callback

ダイヤル ピアを ELIN ダイヤル ピアとして識別します。

ステップ 7

end

 

Router(config-dial-peer)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

電話機への ERL の割り当て

電話機ごとに 1 つの ERL を指定する必要があります。ERL を電話機に関連付けるには、使用している電話機のタイプに応じて、「拡張 911 サービスの実装の計画」ステップ 7 の説明に従って次のいずれかのタスクを使用します。

各電話機の IP アドレスが含まれた ERL に IP サブネットを作成するには、各 ERL を設定して、どの電話機が ERL に含まれているかを指定することも必要です。「電話機の IP サブネットに対する ERL の割り当て」を参照してください。オプションとして、異なるサブネットを 2 つまで指定できます。

ERL を SIP 電話機に割り当てるには、音声レジスタ プールの設定で ERL を指定する必要があります。「SIP 電話機への ERL の割り当て」を参照してください。

ERL を SCCP 電話機に割り当てるには、ephone の設定で ERL を指定する必要があります。「SCCP 電話機への ERL の割り当て」を参照してください。

ERL を電話機のダイヤル ピアに割り当てるには、ダイヤルピアの設定で ERL を指定する必要があります。「ダイヤル ピアへの ERL の割り当て」を参照してください。

前提条件

「緊急応答ロケーションの設定」の説明に従って、ERL および緊急応答ゾーンを定義します。

電話機の IP サブネットに対する ERL の割り当て

電話機のグループが同じサブネットにある場合は、この手順を使用します。1 つの ERL を、1 つまたは 2 つの固有の IP サブネットに関連付けるように設定できます。これは、特定のサブネット内のすべての IP Phone が、この ERL で定義された ELIN を使用することを表します。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. voice emergency response location tag

4. subnet [ 1 | 2 ] IPaddress-mask

5. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

voice emergency response location tag

 

Router(config)# voice emergency response location 4

emergency response location 設定モードを開始し、ERL のパラメータを定義します。

ステップ 4

subnet [ 1 | 2 ] IPaddress-mask

 

Router(cfg-emrgncy-resp-location)# subnet 1 192.168.0.0 255.255.0.0

このロケーションに含まれる IP Phone のグループを定義します。最大 2 つの異なるサブネットを作成できます。

すべての IP Phone を 1 つの ERL に含めるには、subnet 1 0.0.0.0 0.0.0.0 コマンドを使用してデフォルトのサブネットを設定します。このサブネットは、VoIP トランクや FXS/FXO トランクの電話機など、IP Phone 以外のエンドポイントには適用されません。

ステップ 5

end

 

Router(cfg-emrgncy-resp-location)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

SIP 電話機への ERL の割り当て

電話機の IP アドレスを使用して、ERL に対して定義されたサブネットと照合する代わりに、特定の ERL を SIP 電話機に割り当てる場合は、次の手順を実行します。詳細については、「拡張 911 サービスの実装の計画」ステップ 7 を参照してください。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. voice register pool tag

4. emergency response location tag

5. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

voice register pool tag

 

Router(config)# voice register pool 8

voice register pool モードを開始し、音声レジスタ プールごとにパラメータを定義します。

ステップ 4

emergency response location tag

 

Router(config-register-pool)# emergency response location 12

ERL のタグを使用して、電話機の音声レジスタ プールに ERL を割り当てます。

tag :値の範囲は 1 ~ 2147483647 です。

ERL のタグが設定済みのタグではない場合、電話機は ERL に関連付けされず、ERL サブネット全体の検索では、電話機の IP アドレスがデフォルトで使用されます。

このコマンドは voice register template 設定モードでも設定することが可能で、1 台以上の電話機に適用できます。voice register pool の設定は、voice register template の設定よりも優先されます。

ステップ 5

end

 

Router(config-register-pool)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

SCCP 電話機への ERL の割り当て

ERL を IP サブネットに関連付けるように設定する代わりに、ERL を SCCP 電話機に割り当てる場合は、次の手順を実行します。詳細については、「拡張 911 サービスの実装の計画」ステップ 7 を参照してください。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. ephone tag

4. emergency response location tag

5. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

ephone tag

 

Router(config)# ephone 224

ephone 設定モードを開始し、電話機ごとにパラメータを定義します。

ステップ 4

emergency response location tag

 

Router(config-ephone)# emergency response location 12

ERL のタグを使用して、電話機の ephone 設定に ERL を割り当てます。

tag :値の範囲は 1 ~ 2147483647 です。

ERL のタグが設定済みのタグではない場合、電話機は ERL に関連付けされず、ERL サブネット全体の検索では、電話機の IP アドレスがデフォルトで使用されます。

このコマンドは ephone-template 設定モードでも設定することが可能で、1 台以上の電話機に適用できます。ephone の設定は、ephone-template の設定よりも優先されます。

ステップ 5

end

 

Router(config-ephone)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

ダイヤル ピアへの ERL の割り当て

FXS/FXO または VoIP ダイヤル ピアに ERL を割り当てるには、この手順を実行します。これらのインターフェイスには IP アドレスが関連付けられていないため、ERL を IP サブネットに関連付けるよう設定するのではなく、この手順を使用する必要があります。詳細については、「拡張 911 サービスの実装の計画」ステップ 7 を参照してください。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. dial-peer voice tag type

4. emergency response location tag

5. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

dial-peer voice tag type

 

Router(config)# dial-peer voice 100 pots

個々のダイヤル ピアに対するパラメータを定義するため、dial-peer 設定モードを開始します。

ステップ 4

emergency response location tag

 

Router(config-dial-peer)# emergency response location 12

ERL のタグを使用して、電話機のダイヤル ピア設定に ERL を割り当てます。タグは、1 ~ 2147483647 の範囲の整数です。ERL のタグが設定済みのタグではない場合、変換は行われず、拡張 911 の情報が最終緊急発信者テーブルに保存されません。

ステップ 5

end

 

Router(config-dial-peer)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

設定のカスタマイズ

E911 の設定では、次の内容をカスタマイズすることができます。

Elin :デフォルトの ELIN。発信者の IP Phone アドレスが、どのゾーンのロケーション内のサブネットとも一致しない場合は、デフォルトの ELIN を使用して元の ANI を置換します。デフォルトの ELIN は、ERL に対して定義済みの既存の ELIN でも、一意の ELIN でもかまいません。デフォルトの ELIN が定義されず、911 発信者の IP アドレスと一致しない場合、PSAP はコールバックのために ANI を参照します。syslog メッセージが送信され、デフォルトの ELIN が要求されます。PSAP は発信者のロケーション情報を使用できません。

Expiry :911 オペレータからコールバックがあった場合に、911 コールが ELIN に関連付けられる時間(分)。コールバック期限のデフォルトは 3 時間ですが、2 分~ 48 時間の間で変更できます。このタイマーは、911 コールが PSAP へ発信されると開始されます。PSAP は ELIN にコールバックし、この有効期限内に最後の発信者に到達します。

Callback: 911 コールバックが、最終発信者テーブルで最後の 911 発信者を見つけられない場合に、連絡するデフォルトの電話番号。ルータのリブート後、または有効期限が切れてからコールバックが発生すると、この状態になることがあります。

Logging :緊急コールが発生するたびに、syslog 情報メッセージがコンソールに表示されます。サードパーティのアプリケーションが、電子メールまたはページを社内の緊急管理者へ送信するには、このようなメッセージが必要です。これはデフォルトの機能であり、 no logging コマンドを使用して無効にできます。次に、syslog の通知メッセージの例を示します。

%E911-5-EMERGENCY_CALL_PLACED: calling #[4085550100] called
#[911] ELIN [4085550199]

前提条件

Cisco Unified CME 4.2 以降のバージョン。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. voice emergency response settings

4. expiry time

5. callback number

6. logging

7. elin number

8. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

voice emergency response settings

 

Router(config)# voice emergency response settings

voice emergency response 設定モードを開始し、E911 コールに対してカスタマイズできる設定を定義します。

ステップ 4

expiry time

 

Router(cfg-emrgncy-resp-settings)# expiry 300

(オプション)各 ELIN に対する緊急発信者の履歴情報を、最終発信者テーブルに保存しておく期間(分)を定義します。この期間は、2 ~ 2880 分間の整数です。デフォルト値は 180 分間です。

ステップ 5

callback number

 

Router(cfg-emrgncy-resp-settings)# callback 7500

(オプション)911 コールバックが、ELIN に関連付けられている最後の発信者を見つけられない場合の、E.164 コールバック番号(会社のオペレータやメインのヘルプ デスクなど)を定義します。

ステップ 6

logging

 

Router(cfg-emrgncy-resp-settings)# no logging

(オプション)すべての緊急コールで syslog メッセージが通知されるようにします。ポケットベルまたは電子メールの通知を社内のサポート メンバーに送信するため、syslog メッセージを追跡することもできます。デフォルトでは、ロギングが無効になっています。ロギングを無効にするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ステップ 7

elin number

 

Router(cfg-emrgncy-resp-settings)# elin 4085550100

どの ERL にも、対象の 911 発信者の IP Phone アドレスと一致するサブネット マスクがない場合に、デフォルトの ELIN として使用する E.164 番号を指定します。

ステップ 8

end

 

Router (cfg-emrgncy-resp-settings)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

2 つの ELIN に対する address コマンドの使用

2 つの ELIN が定義されている ERL では、 address フィールドを 1 つだけ使用して、ALI データベース内で各 ELIN が 2 つのアドレス エントリを持つようにすることはできません。特定の電話番号を入力するのではなく、1 つのキー フレーズを入力して各 ELIN を表してください。 show voice emergency address コマンドを使用すると、キー フレーズが ELIN 情報で置き換えられて、2 行のアドレスが生成されます。

式を定義するには、キーワード elin (文脈非依存)を使用し、それに続いて期間、使用する ELIN の開始位置を指定し、さらに別の期間、最後に ELIN の終了位置を指定します。次の例を参考にしてください。

address I,ELIN.1.3,ELIN.4.7,678 ,Alder Drive ,Milpitas ,CA,95035

この例では、I の後に続く、 address の 2 番目のパラメータは、各 ELIN の 1 ~ 3 桁目です。3 番目のパラメータは、各 ELIN の 4 ~ 7 桁目です。 show voice emergency address コマンドを入力すると、出力では次のようにキー フレーズが置き換えられます。

I,408,5550101,678,Alder Drive ,Milpitas ,CA,95035

I,408,5550190,678,Alder Drive ,Milpitas ,CA,95035

コールの詳細レコードの有効化

内部のポリシー、または外部の規定に従うために、次の情報が含まれた 911 コールの履歴データの保存が必要になることがあります。

元の発信者の内線番号

ELIN 情報

ERL 情報(整数のタグおよびテキスト名)

元の発信者の電話機の IP アドレス

これらの属性は、RADIUS アカウンティング サーバと syslog サーバの出力で確認できます。また、 show call history voice コマンドを使用して確認することもできます。


) これらの詳細を表示するには、RADIUS サーバまたは syslog サーバを有効にする必要があります。RADIUS または syslog サーバのマニュアルを参照してください。


RADIUS アカウンティング サーバの出力

RADIUS アカウンティングでは、緊急コール情報が feature-vsa レコードの中にあります。フィールドを次に示します。

EMR:緊急コール

CGN:元の発信番号

ELIN:緊急の回線識別番号。変換済みの番号

CDN:着信番号

ERL:緊急応答ロケーションのタグ番号

ERLN:緊急応答ロケーションの名前。ERI が存在する場合は、ERI に対して入力された名前

CIP:発信者の IP アドレス。暗黙的な ERL 割り当てに対してはゼロ以外

ETAG:ERL タグ。明示的な ERL 割り当てに対してはゼロ以外

次に、RADIUS サーバの出力例を示します。

*Jul 18 15:37:43.691: RADIUS: Cisco AVpair [1] 202 "feature-vsa=fn:EMR

,ft:07/18/2007 15:37:32.227,frs:0,fid:6,fcid:A2444CAF347B11DC8822F63A1B4078DE,

legID:57EC,cgn:6045550101,elin:6045550199,cdn:911,erl:2,erln:Fisco,cip:1.5.6.200,etag:0"

syslog サーバの出力

ゲートウェイ アカウンティングが syslog サーバに向けられると、VOIP_FEAT_HISTORY システム メッセージが表示されます。feature-vsa パラメータは、RADIUS アカウンティングの説明と同じです。

次に、syslog サーバの出力例を示します。

*Jul 18 15:37:43.675: %VOIPAAA-5-VOIP_FEAT_HISTORY: FEAT_VSA=fn:EMR,ft:07/18/2007

15:37:32.227,frs:0,fid:6,fcid:A2444CAF347B11DC8822F63A1B4078DE,legID:57EC,cgn:6045550199,

elin:6045550100,cdn:911,erl:2,erln:ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ123,cip:1.5.6.200,etag:0,

bguid:A23F6AD7347B11DC881DF63A1B4078DE

show call history voice コマンドの出力

show call active voice コマンドと show call history voice コマンドを使用して、ゲートウェイの緊急コール情報を表示します。緊急コール情報の一部は、既存のフィールドにあります。元の発信者の番号は OriginalCallingNumber にあります。ELIN は TranslatedCallingNumber にあります。新しい 4 つのフィールドとして、ERL、ERL 名、発信側の電話機の IP アドレス、および明示的な ERL 割り当てがあります。これらのフィールドは、ELIN の変換が行われる場合のみ表示されます。たとえば、ELIN が定義されていない ERL からの 911 コールでは、 show call コマンドを使用しても、これらの 4 つの緊急のフィールドは表示されません。発信側の電話機と一致する ERL がなく、デフォルトの ELIN が使用されない場合は、ERL フィールドに No Match と表示されます。

次に、 show call history voice コマンドを使用した場合の出力例を示します。

EmergencyResponseLocation=3 (Cisco Systems 3)

ERLAssignment=3

DeviceIPAddress=1.5.6.202

E911 設定の確認

E911 の設定または使用を表示するために、新しく show コマンドが導入されました。

発信 911 コールで行われた変換を確認するには、 show voice emergency callers コマンドを使用します。このコマンドでは、発信された番号、使用された ELIN、および各 911 コールの時間がリスト表示されます。この履歴は、コールが発信されてから 3 時間だけ有効になります。有効期限を過ぎたコールは、この出力に表示されません。

router# show voice emergency callers
 
EMERGENCY CALLS CALL BACK TABLE
ELIN | CALLER | TIME
6045550100 | 6045550150 | Oct 12 2006 03:59:43
6045550110 | 8155550124 | Oct 12 2006 04:05:21
 

IP アドレス、サブネット マスク、および各 ERL の ELIN を表示するには、 show voice emergency コマンドを使用します。

Router# show voice emergency
 
EMERGENCY RESPONSE LOCATIONS
ERL | ELIN 1 | ELIN2 | SUBNET 1 | SUBNET 2
1 | 6045550101 | | 10.0.0.0 | 255.0.0.0
2 | 6045550102 | 6045550106 | 192.168.0.0 | 255.255.0.0
3 | | 6045550107 | 172.16.0.0 | 255.255.0.0
4 | 6045550103 | | 192.168.0.0 | 255.255.0.0
5 | 6045550105 | | 209.165.200.224 | 255.0.0.0
6 6045550198 | | 6045550109 | 209.165.201.0 | 255.255.255.224
 

各 ERL のアドレス情報を表示するには、 show voice emergency addresses コマンドを使用します。

Router# show voice emergency addresses
 
3850 Zanker Rd, San Jose,604,5550101
225 W Tasman Dr, San Jose,604,5550102
275 W Tasman Dr, San Jose,604,5550103
518 Bellew Dr,Milpitas,604,5550104
400 Tasman Dr,San Jose,604,5550105
3675 Cisco Way,San Jose,604,5550106
 

すべての ERL 情報を表示するには、 show voice emergency all コマンドを使用します。

Router# show voice emergency all
 
VOICE EMERGENCY RESPONSE SETTINGS
Callback Number: 6045550103
Emergency Line ID Number: 6045550155
Expiry: 2 minutes
Logging Enabled
 
EMERGENCY RESPONSE LOCATION 1
Name: Cisco Systems 1
Address: 3850 Zanker Rd, San Jose,elin.1.3,elin.4.10
IP Address 1: 209.165.200.226 IP mask 1: 255.255.255.254
IP Address 2: 209.165.202.129 IP mask 2: 255.255.0.0
Emergency Line ID 1: 6045550180
Emergency Line ID 2:
Last Caller: 6045550188 [Jan 30 2007 16:05.52 PM]
Next ELIN For Emergency Call: 6045550166
 
EMERGENCY RESPONSE LOCATION 3
Name: Cisco Systems 3
Address: 225 W Tasman Dr, San Jose,elin.1.3,elin.4.10
IP Address 1: 209.165.202.133 IP mask 1: 255.255.0.0
IP Address 2: 209.165.202.130 IP mask 2: 255.0.0.0
Emergency Line ID 1:
Emergency Line ID 2: 6045550150
Last Caller:
Next ELIN For Emergency Call: 6045550151
 

各ゾーンのロケーションのリストを優先順に表示するには、 show voice emergency zone コマンドを使用します。

Router# show voice emergency zone
 
EMERGENCY RESPONSE ZONES
zone 90
location 4
location 5
location 6
location 7
location 2147483647
zone 100
location 1 priority 1
location 2 priority 2
location 3 priority 3

拡張 911 サービスのトラブルシューティング


ステップ 1 debug voice application error コマンドと debug voice application callsetup コマンドを使用します。これらのコマンドは、デフォルトのセッションまたは TCL アプリケーションを使用して発信されたコールに対する既存のコマンドです。

次の例は、911 に対してコールが発信された場合のデバッグ出力を示しています。

Router# debug voice application error

Router# debug voice application callsetup

Nov 10 23:49:05.855: //emrgncy_resp_xlate_callingNum: InDialPeer[20001], OutDialPeer[911] callingNum[6046692003]

Nov 10 23:49:05.855: //ER_HistTbl_Find_CallHistory: 6046699100

Nov 10 23:49:05.855: //59//Dest:/DestProcessEmergencyCall: Emergency Call detected: Using ELIN 6046699100

次の例は、PSAP が緊急発信者に対してコールバックした場合のデバッグ出力を示しています。

Router# debug voice application error

Router# debug voice application callsetup

Nov 10 23:49:37.279: //emrgncy_resp_xlate_calledNum: calledNum[6046699100], dpeerTag[6046699]

Nov 10 23:49:37.279: //ER_HistTbl_Find_CallHistory: 6046699100

Nov 10 23:49:37.279: //HasERHistoryExpired: elapsedTime[10 minutes]

Nov 10 23:49:37.279: //67//Dest:/DestProcessEmergencyCallback: Emergency Response Callback: Forward to 6046692003.

Nov 10 23:49:37.279: //67//Dest:/DestCaptureCallForward: forwarded to 6046692003 reason 1

 


 

エラー メッセージ

拡張 911 機能では、新しいシステム エラー メッセージが導入されました。リブート、エントリの期限切れ、ソフトウェア エラーなどの理由で、保存されていた履歴が失われ、911 コールバックが最後の 911 発信者にルーティングできない場合に、次のエラー メッセージが表示されます。

%E911_NO_CALLER: Unable to contact last 911 caller.

拡張 911 サービスの設定例

この項では、次の例について説明します。

「Cisco Unified CME 4.2 での拡張 911 サービス:例」

「Cisco Unified CME 4.1(SRST フォールバック モード)での拡張 911 サービス:例」

Cisco Unified CME 4.2 での拡張 911 サービス:例

緊急応答の設定は次のとおりです。

一致する ELIN が見つからなかった場合のデフォルトの ELIN:604 555-0120

最終発信者テーブルにおける情報の有効期限:180 分

PSAP オペレータが 911 発信者にコールバックする必要があるが、コールバック履歴の有効期限が切れている場合のコールバック番号:604 555-0199

ゾーン 1 にはロケーション 1、2、3 および 4 があり、各ロケーションに対して名前、アドレス、および ELIN が定義されています。4 つのロケーションのそれぞれに、優先順位が割り当てられています。この例では、ロケーション 4 に最も高い優先順位が割り当てられているため、911 発信者の電話機に割り当てられている ELIN を特定するため、最初にロケーション 4 で IP サブネットと一致するものが検索されます。ダイヤル ピアは、911 コールを PSAP にルーティングするように設定されています(音声ポート 1/0/0)。コールバックのダイヤル ピアも設定されています。

!

voice emergency response settings

elin 6045550120

expiry 180

callback 6045550199

 

voice emergency response location 1

name Bldg C, Floor 1

address I,604,5550135, ,184 ,Main St,Kansas City,KS,1,

elin 1 6045550125

subnet 1 172.16.0.0 255.255.0.0

!

voice emergency response location 2

name Bldg C, Floor 2

address I,elin.1.3,elin.4.7, ,184 ,Main St,Kansas City,KS,2,

elin 1 6045550126

elin 2 6045550127

subnet 1 192.168.0.0 255.255.0.0

!

voice emergency response location 3

name Bldg C, Floor 3

address I,604,5550138, ,184 ,Main St,Kansas City,KS,3,

elin 2 6045550128

subnet 1 209.165.200.225 255.255.0.0

subnet 2 209.165.200.240 255.255.0.0

!

voice emergency response location 4

name Bldg D

address I,604,5550139, ,192 ,Main St,Kansas City,KS,

elin 1 6045550129

subnet 1 209.165.200.231 255.255.0.0

!

voice emergency response zone 1

location 4 priority 1

location 3 priority 2

location 2 priority 3

location 1 priority 4

!

dial-peer voice 911 pots

description Public Safety Answering Point

emergency response zone 1

destination-pattern 911

port 1/0/0

!

dial-peer voice 6045550 voip

emergency response callback

destination-pattern 6045550...

session target loopback:rtp

codec g711ulaw

!

dial-peer voice 1222 pots

emergency response location 4

destination-pattern 6045550130

port 1/0/1

!

dial-peer voice 5550144 voip

emergency response callback

session target ipv4:1.5.6.10

incoming called-number 604555....

codec g711ulaw

!

Cisco Unified CME 4.1(SRST フォールバック モード)での拡張 911 サービス:例

この例では、次の項目に対して ERL を割り当てるよう、拡張 911 サービスが設定されています。

10.20.20.0 IP サブネット

2 つのダイヤル ピア

ephone

SIP 電話機

Router#show running-config

 

Building configuration...

 

Current configuration : 7557 bytes

!

version 12.4

service timestamps debug datetime msec

service timestamps log datetime msec

no service password-encryption

!

hostname rm-uut3-2821

!

boot-start-marker

boot-end-marker

!

no logging console

!

no aaa new-model

network-clock-participate wic 1

network-clock-participate wic 2

no network-clock-participate wic 3

!

!

!

ip cef

no ip dhcp use vrf connected

!

ip dhcp pool sccp-7912-phone1

host 10.20.20.122 255.255.0.0

client-identifier 0100.1200.3482.cd

default-router 10.20.20.3

option 150 ip 10.21.20.218

!

ip dhcp pool sccp-7960-phone2

host 10.20.20.123 255.255.0.0

client-identifier 0100.131a.a67d.cf

default-router 10.20.20.3

option 150 ip 10.21.20.218

dns-server 10.20.20.3

!

ip dhcp pool sip-phone1

host 10.20.20.121 255.255.0.0

client-identifier 0100.15f9.b38b.a6

default-router 10.20.20.3

option 150 ip 10.21.20.218

!

ip dhcp pool sccp-7960-phone1

host 10.20.20.124 255.255.0.0

client-identifier 0100.14f2.37e0.00

default-router 10.20.20.3

option 150 ip 10.21.20.218

dns-server 10.20.20.3

!

!

no ip domain lookup

ip host rm-uut3-c2821 10.20.20.3

ip host RescuMe01 10.21.20.218

multilink bundle-name authenticated

!

isdn switch-type basic-net3

!

!

voice service voip

allow-connections h323 to h323

allow-connections h323 to sip

allow-connections sip to h323

allow-connections sip to sip

supplementary-service h450.12

sip

registrar server

!

!

voice register global

system message RM-SIP-SRST

max-dn 192

max-pool 48

!

voice register dn 1

number 32101

!

voice register dn 185

number 38301

!

voice register dn 190

number 38201

!

voice register dn 191

number 38202

!

voice register dn 192

number 38204

!

voice register pool 1

id mac DCC0.2222.0001

number 1 dn 1

emergency response location 2100

!

voice register pool 45

id mac 0015.F9B3.8BA6

number 1 dn 185

!

voice emergency response location 1

elin 1 22222

subnet 1 10.20.20.0 255.255.255.0

!

voice emergency response location 2

elin 1 21111

elin 2 21112

!

!

voice-card 0

no dspfarm

!

!

archive

log config

hidekeys

!

!

controller T1 0/1/0

framing esf

linecode b8zs

pri-group timeslots 8,24

!

controller T1 0/1/1

framing esf

linecode b8zs

pri-group timeslots 2,24

!

controller T1 0/2/0

framing esf

clock source internal

linecode b8zs

ds0-group 1 timeslots 2 type e&m-immediate-start

!

controller T1 0/2/1

framing esf

linecode b8zs

pri-group timeslots 2,24

!

!

translation-rule 5

Rule 0 ^37103 1

!

!

translation-rule 6

Rule 6 ^2 911

!

!

interface GigabitEthernet0/0

ip address 31.20.0.3 255.255.0.0

duplex auto

speed auto

!

interface GigabitEthernet0/1

ip address 10.20.20.3 255.255.0.0

duplex auto

speed auto

!

interface Serial0/1/0:23

no ip address

encapsulation hdlc

isdn switch-type primary-5ess

isdn incoming-voice voice

no cdp enable

!

interface Serial0/1/1:23

no ip address

encapsulation hdlc

isdn switch-type primary-net5

isdn incoming-voice voice

no cdp enable

!

interface Serial0/2/1:23

no ip address

encapsulation hdlc

isdn switch-type primary-net5

isdn incoming-voice voice

no cdp enable

!

interface BRI0/3/0

no ip address

isdn switch-type basic-5ess

isdn twait-disable

isdn point-to-point-setup

isdn autodetect

isdn incoming-voice voice

no keepalive

!

interface BRI0/3/1

no ip address

isdn switch-type basic-5ess

isdn point-to-point-setup

!

!

ip http server

!

!

voice-port 0/0/0

!

voice-port 0/0/1

!

voice-port 0/1/0:23

!

voice-port 0/2/0:1

!

voice-port 0/1/1:23

!

voice-port 0/2/1:23

!

voice-port 0/3/0

!

voice-port 0/3/1

!

!

dial-peer voice 2002 pots

shutdown

destination-pattern 2....

port 0/2/0:1

forward-digits all

!

dial-peer voice 2005 pots

description for-cme2-408-pri

emergency response location 2000

shutdown

incoming called-number 911

direct-inward-dial

port 0/2/1:23

forward-digits all

!

dial-peer voice 2004 voip

description for-cme2-408-thru-ip

emergency response location 2000

shutdown

session target loopback:rtp

incoming called-number 911

!

dial-peer voice 1052 pots

description 911callbackto-cme2-3

shutdown

incoming called-number .....

direct-inward-dial

port 0/1/1:23

forward-digits all

!

dial-peer voice 1013 pots

description for-analog

destination-pattern 39101

port 0/0/0

forward-digits all

!

dial-peer voice 1014 pots

description for-analog-2

destination-pattern 39201

port 0/0/1

forward-digits all

!

dial-peer voice 3111 pots

emergency response Zone

destination-pattern 9....

port 0/1/0:23

forward-digits all

!

dial-peer voice 3121 pots

emergency response callback

incoming called-number 2....

direct-inward-dial

port 0/1/0:23

forward-digits all

!

!

telephony-service

srst mode auto-provision none

load 7960-7940 P00307020200

load 7970 TERM70.7-0-1-0s

load 7912 CP7912060101SCCP050429B.sbin

max-ephones 50

max-dn 190

ip source-address 10.20.20.3 port 2000

system message RM-SCCP-CME-SRST

max-conferences 8 gain -6

moh flash:music-on-hold.au

multicast moh 236.1.1.1 port 3000

transfer-system full-consult

transfer-pattern .....

transfer-pattern 911

!

!

ephone-dn 1 dual-line

number 31101

!

!

ephone-dn 2 dual-line

number 31201

!

!

ephone-dn 3 dual-line

number 31301

!

!

ephone-dn 100 dual-line

number 37101 secondary 37111

name 7960-sccp-1

!

!

ephone-dn 101 dual-line

number 37102

!

!

ephone-dn 102 dual-line

number 37103

!

!

ephone-dn 105

number 37201

!

!

ephone-dn 106 dual-line

number 37101

!

!

ephone-dn 107 dual-line

number 37302

!

!

ephone-dn 108 dual-line

number 37303

!

!

ephone-dn 110 dual-line

number 37401

!

!

ephone-dn 111 dual-line

number 37402

!

!

ephone 1

mac-address DCC0.1111.0001

type 7960

button 1:1

!

!

ephone 2

mac-address DCC0.1111.0002

type 7960

button 1:2

!

!

ephone 3

mac-address DCC0.1111.0003

type 7970

button 1:3

!

!

ephone 40

mac-address 0013.1AA6.7DCF

type 7960

button 1:100 2:101 3:102

!

!

ephone 41

mac-address 0012.0034.82CD

type 7912

button 1:105

!

!

ephone 42

mac-address 0014.F237.E000

emergency response location 2

type 7940

button 1:107 2:108

!

!

ephone 43

mac-address 000F.90B0.BE0B

type 7960

button 1:110 2:111

!

!

line con 0

exec-timeout 0 0

line aux 0

line vty 0 4

login

!

scheduler allocate 20000 1000

!

end

その他の資料

次の項では、拡張 911 サービスに関連する参照資料を示します。

関連マニュアル

テクニカル サポート

説明
リンク

Cisco Support Web サイトでは、シスコ製品やシスコの技術に関するトラブルシューティングにお役立ていただけるように、マニュアルなどの豊富なオンライン リソースやツールを提供しています。Cisco Support Web サイトのほとんどのツールにアクセスするには、Cisco.com のユーザ ID とパスワードが必要です。サービス契約が有効で、ユーザ ID またはパスワードを取得していない場合は、Cisco.com で登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/techsupport

拡張 911 サービスに関する機能情報

表48 は、バージョンごとの拡張 911 サービスの機能拡張を示しています。

特定の Cisco Unified CME バージョンをサポートする正確な Cisco IOS リリースについては、「 Cisco Unified CME and Cisco IOS Software Version Compatibility Matrix 」( http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/cucme/requirements/guide/33matrix.htm )を参照してください。

プラットフォームおよびソフトウェア イメージのサポートに関する情報を参照するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator では、特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームをサポートしている Cisco IOS ソフトウェアを確認できます。Cisco Feature Navigator にアクセスするには、 http://www.cisco.com/go/cfn に移動してください。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表48 は、所定の機能に対するサポートが導入された Cisco Unified CME のバージョンを示しています。特に断りのない限り、その機能は以降のバージョンの Cisco Unified CME ソフトウェアでもサポートされます。


 

表48 拡張 911 サービスに関する機能情報

機能名
Cisco Unified CME のバージョン
機能情報

Cisco Unified CME 用の拡張 911 サービス

4.2

ERL にゾーンを割り当てて、発信者に最も近い PSAP にルーティングされるようになりました。

デフォルトの ELIN を定義したり、911 発信者にコールバックが届かない場合に、指定された番号を識別する最終発信者テーブルのデータに有効期限を指定したり、すべての緊急コールを通知する syslog メッセージを有効にすることで、E911 をカスタマイズできるようになりました。

E911 ロケーション情報が拡張され、名前と住所が含まれるようになりました。

テンプレートを使用して、電話機グループに ERL を割り当てます。

新しい永続的なコール詳細レコードが追加されました。

拡張 911 サービス

4.1

SRST フォールバック モードの Cisco Unified CME 用の拡張 911 サービスが導入されました。