Cisco Unified Communications Manager Express 4.3 システム アドミニストレータ ガイド
発信者 ID のブロックの設定
発信者 ID のブロックの設定
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 11MB) | フィードバック

目次

発信者 ID のブロックの設定

内容

発信者 ID のブロックに関する制約事項

発信者 ID のブロックに関する情報

発信コールに関する発信者 ID のブロック

発信者 ID のブロックの設定方法

SCCP:すべての発信コールに対する発信者 ID のブロック

制約事項

SCCP:ディレクトリ番号からの発信者 ID のブロック

発信者 ID のブロックの確認

発信者 ID のブロックの設定例

発信者 ID のブロック コード:例

SCCP:あるディレクトリ番号からの発信コールに対する発信者 ID のブロック:例

その他の資料

関連マニュアル

テクニカル サポート

発信者 ID のブロックに関する機能情報

発信者 ID のブロックの設定

Revised: January 3, 2008

 

この章では、Cisco Unified Communications Manager Express(Cisco Unified CME)の発信者 ID(CLID)のブロック機能について説明します。

この章で説明する機能について

この章で説明している機能の一部は、ご使用のバージョンの Cisco Unified CME でサポートされていない場合があります。それぞれの機能がサポートされているバージョンの一覧については、「発信者 ID のブロックに関する機能情報」を参照してください。

発信者 ID のブロックに関する制約事項

発信コールに対する発信者 ID のブロックは、Foreign Exchange Office(FXO)ポートを介して行われる PSTN コールには適用されません。FXO 接続の加入者線の発信者 ID 機能は、PSTN サービス プロバイダーによって制御されます。場合によっては、そのプロバイダーの発信者電話番号非通知サービスに加入する必要があります。

発信者 ID のブロックに関する情報

発信者 ID のブロックを有効にするには、次の概念を理解しておく必要があります。

「発信コールに関する発信者 ID のブロック」

発信コールに関する発信者 ID のブロック

特定の ephone-dn から発信したコールについて、発信者 ID の表示をブロックできます。また、特定のダイヤル ピアからの発信コールについては、名前または番号を選択してブロックすることもできます。

特定の ephone-dn からの発信コールについて、発信者 ID 情報の表示をコールごとにブロックできるため、ユーザは必要に応じてプライバシーを守ることができます。システム管理者は、発信者 ID のブロック用コードを Cisco Unified CME で定義します。ユーザは、着信側の電話機に番号を表示させたくない場合、電話をかける前にそのコードをダイヤルします。この場合も発信者 ID は送信されますが、プレゼンテーション パラメータが「restricted」に設定されるので、発信者 ID は表示されません。

特定の内線番号からのローカル コールについて CLID 表示をブロックすると、遠端ゲートウェイ デバイスに対して、この ephone-dn から受信したコールの発信側情報の表示をブロックするように指示します。

または、CLID 情報のローカル表示を可能にし、発信 VoIP コールの CLID 名または番号を個別にブロックすることができます。この設定の利点は、内部コールの発信者 ID の表示はブロックせずに、VoIP に発信する外部コールの発信者 ID の表示をブロックできるということです。この機能は、ISDN 上で発信される PSTN コールについても使用できます。

発信者 ID のブロックの設定方法

この項では、次の作業について取り上げます。

「SCCP:すべての発信コールに対する発信者 ID のブロック」(オプション)

「SCCP:ディレクトリ番号からの発信者 ID のブロック」(オプション)

「発信者 ID のブロックの確認」(オプション)

SCCP:すべての発信コールに対する発信者 ID のブロック

特定のダイヤル ピアからの発信 VoIP コールに関して、CLID の名前または番号をブロックするには、次の手順を実行します。

制約事項

この設定に関係なく、ローカル コールに対しては発信者 ID が表示されます。特定のディレクトリ番号からのすべての発信コールについて、発信者 ID の表示をブロックするには、 caller-id block コマンドを使用します。「SCCP:ディレクトリ番号からの発信者 ID のブロック」または 「発信者 ID のブロックの確認」を参照してください。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. dial-peer voice tag [ pots | voip ]

4. clid strip

5. clid strip name

6. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

dial-peer voice tag [ pots | voip ]

 

Router(config)# dial-peer voice 3 voip

dial-peer 設定モードを開始します。


) POTS インターフェイスが ISDN の場合は、POTS ダイヤルピアに対する発信者 ID のブロックを設定できます。この機能は、FXO/CAS 回線では使用できません。


ステップ 4

clid strip

 

Router(config-dial-peer)# clid strip

(オプション)VoIP コールで送信される CLID 情報から発信側の番号を削除します。

ステップ 5

clid strip name

 

Router(config-dial-peer)# clid strip name

(オプション)VoIP コールで送信される CLID 情報から発信側の名前を削除します。

ステップ 6

end

 

Router(config-dial-peer)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

SCCP:ディレクトリ番号からの発信者 ID のブロック

特定のディレクトリ番号からの選択された発信コールについて、発信者 ID の表示をブロックしたり、あるディレクトリ番号からのすべてのコールについて、発信者 ID の表示をブロックするために電話機ユーザがダイヤルするコードを定義するには、次の手順を実行します。

要約手順

1. enable

2. configure terminal

3. telephony-service

4. caller-id block code code-string

5. exit

6. ephone-dn dn-tag

7. caller-id block

8. end

詳細手順

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードを有効にします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

global 設定モードを開始します。

ステップ 3

telephony-service

 

Router(config)# telephony-service

telephony-service 設定モードを開始します。

ステップ 4

caller-id block code code-string

 

Router(config-telephony)# caller-id block code *1234

(オプション)電話をかける前にユーザが入力して発信者 ID を表示しないようにするためのコードを定義します。

code-string :最大 16 桁の文字列。最初の文字はアスタリスク(*)にする必要があります。

ステップ 5

exit

 

Router(config-telephony)# exit

telephony-service 設定モードを終了します。

ステップ 6

ephone-dn dn-tag

 

Router(config)# ephone-dn 3

ephone-dn 設定モードを開始します。

ステップ 7

caller-id block

 

Router(config-ephone-dn)# caller-id block

(オプション)このディレクトリ番号からのすべての発信コールについて、発信者 ID 情報の表示をブロックします。

このコマンドは ephone-dn-template 設定モードでも設定することが可能で、1 つ以上のディレクトリ番号に適用できます。ephone-dn での設定は、ephone-dn-template での設定よりも優先されます。

ステップ 8

end

 

Router(config-dial-peer)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

発信者 ID のブロックの確認


ステップ 1 show running-config コマンドを使用して、発信者 ID のブロック パラメータを表示します。このパラメータは、出力の telephony-service、ephone-dn、または dial-peer 部分に表示されます。

Router# show running-config
 
dial-peer voice 450002 voip
translation-profile outgoing 457-456
destination-pattern 457
session target ipv4:10.43.31.81
dtmf-relay h245-alphanumeric
codec g711ulaw
no vad
clid strip
!
telephony-service
fxo hook-flash
load 7960-7940 P00305000600
load 7914 S00103020002
max-ephones 100
max-dn 500
ip source-address 10.115.34.131 port 2000
max-redirect 20
no service directed-pickup
timeouts ringing 10
system message XYZ Company
voicemail 7189
max-conferences 8 gain -6
moh music-on-hold.au
caller-id block code *1234
web admin system name cisco password cisco
dn-webedit
time-webedit
transfer-system full-consult
transfer-pattern 92......
transfer-pattern 91..........
transfer-pattern 93......
transfer-pattern 94......
transfer-pattern 95......
transfer-pattern 96......
transfer-pattern 97......
transfer-pattern 98......
transfer-pattern .T
secondary-dialtone 9
after-hours block pattern 1 91900 7-24
after-hours block pattern 2 9976 7-24
!
create cnf-files version-stamp 7960 Jul 13 2004 03:39:28
!
ephone-dn 2 dual-line
number 126
preference 1
call-forward busy 500
caller-id block


 

発信者 ID のブロックの設定例

この項では、次の例について説明します。

「発信者 ID のブロック コード:例」

「SCCP:あるディレクトリ番号からの発信コールに対する発信者 ID のブロック:例」

「その他の資料」

発信者 ID のブロック コード:例

次の例では、発信コールの発信者 ID をブロックするために電話機ユーザが入力するコードとして *1234 を定義します。

telephony-service
caller-id block code *1234

SCCP:あるディレクトリ番号からの発信コールに対する発信者 ID のブロック:例

次の例では、タグ 3 を持つ ephone-dn に対して CLID のブロッキングを設定します。

ephone-dn 3

number 2345

caller-id block

次の例では、VoIP コールの CLID の名前および番号の表示はブロックしますが、内部コールの CLID の表示はブロックしません。

ephone-dn 3

number 2345

dial-peer voice 2 voip

clid strip

clid strip name

その他の資料

次の項では、Cisco Unified CME の機能に関連する参照資料を示します。

関連マニュアル

テクニカル サポート

説明
リンク

Cisco Support Web サイトでは、シスコ製品やシスコの技術に関するトラブルシューティングにお役立ていただけるように、マニュアルなどの豊富なオンライン リソースやツールを提供しています。Cisco Support Web サイトのほとんどのツールにアクセスするには、Cisco.com のユーザ ID とパスワードが必要です。サービス契約が有効で、ユーザ ID またはパスワードを取得していない場合は、Cisco.com で登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/techsupport

発信者 ID のブロックに関する機能情報

表39 は、この章で説明した機能、およびバージョンごとの機能拡張を示しています。

特定の Cisco Unified CME バージョンをサポートする正確な Cisco IOS リリースについては、「 Cisco Unified CME and Cisco IOS Software Version Compatibility Matrix 」( http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/cucme/requirements/guide/33matrix.htm )を参照してください。

プラットフォームおよびソフトウェア イメージのサポートに関する情報を参照するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator では、特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームをサポートしている Cisco IOS ソフトウェアを確認できます。Cisco Feature Navigator にアクセスするには、 http://www.cisco.com/go/cfn に移動してください。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表39 は、所定の機能に対するサポートが導入された Cisco Unified CME のバージョンを示しています。特に断りのない限り、その機能は以降のバージョンの Cisco Unified CME ソフトウェアでもサポートされます。


 

表39 発信者 ID のブロックに関する機能情報

機能名
Cisco Unified CME のバージョン
機能情報

発信者 ID のブロック

3.0

ローカル コールごとの発信者 ID のブロックが導入されました。

1.0

発信コールに対する発信者 ID のブロックが導入されました。