Cisco Unified Serviceability アドミニストレーション ガイド for Cisco Unified Communications Manager Business Edition Release 6.0(1)
サービスの概要
サービスの概要
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 915KB) | フィードバック

目次

サービスの概要

機能サービス

Database and Admin Services

Performance and Monitoring Services

CM Services

CTI Services

CDR Services

Security Services

Directory Services

Voice Quality Reporter Services

ネットワーク サービス

Performance and Monitoring Services

Backup and Restore Services

System Services

Platform Services

DB Services

SOAP Services

CM Services

CDR Services

Admin Services

Service Activation

Control Center

サービスの設定チェックリスト

参考情報

サービスの概要

Cisco Unified Serviceability のサービス管理では、Tomcat Java Webserver に関連付けられている機能サービス、ネットワーク サービス、および servlet を操作します。機能サービスは、Serviceability Reports Archive などのアプリケーション機能を使用可能にするもので、ネットワーク サービスは、システムが機能するために必要なものです。

サービスまたは servlet に異常が発生した場合は、アラーム モニタにアラームが書き込まれます。アラーム情報を確認してから、サービスのトレースを実行できます。[Trace Configuration] ウィンドウでは、サービスと servlet は別々のトレース レベルに表示されます。

この章では、サービスと servlet、Service Activation、および Control Center について説明します。次の項で構成されています。

「機能サービス」

「ネットワーク サービス」

「Service Activation」

「Control Center」

「サービスの設定チェックリスト」

「参考情報」

機能サービス

Cisco Unified Serviceability では、機能サービスのアクティブ化、開始、および停止が可能です。アクティブ化は、サービスをオンにして開始します。[Service Activation] ウィンドウでサービスをアクティブにした後で、[Control Center - Feature Services] ウィンドウでサービスを開始する必要はありません。何らかの理由でサービスが開始しない場合は、[Control Center - Features Services] ウィンドウでサービスを開始する必要があります。

Cisco Unified CMBE のインストール後に、機能サービスが自動的にアクティブになることはありません。機能サービスとは、Serviceability Reports Archive などの Cisco Unified Communications Manager または Cisco Unity Connection の機能を使用する場合に必要な関連サービスです。機能サービスをアクティブにした後で、関連付けられたサービス パラメータを変更するには、Cisco Unified
Communications Manager の管理ページを使用します。

Cisco Unified Serviceability の [Service Activation] ウィンドウでは、機能サービスは次のグループに分類されています。

「Database and Admin Services」

「Performance and Monitoring Services」

「CM Services」

「CTI Services」

「CDR Services」

「Security Services」

「Directory Services」

「Voice Quality Reporter Services」

Cisco Unified Serviceability の [Control Center - Feature Services] ウィンドウでは、サービスは、[Service Activation] ウィンドウ内のグループと同じグループに分類されています。


ヒント サービス アクティベーションに関する推奨事項については、「Service Activation」および「機能サービスのアクティブ化と非アクティブ化」を参照してください。


Database and Admin Services

この項では、Database and Admin Services について説明します。

Cisco AXL Web Service

Cisco AXL Web Service では、データベース エントリを変更し、AXL を使用するクライアントベースのアプリケーションからストアド プロシージャを実行することができます。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity Connection をサポートします。

Cisco Bulk Provisioning Service

Cisco Unified Communications Manager 一括管理ツール(BAT)を使用して電話機とユーザを管理する場合は、このサービスをアクティブにする必要があります。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Cisco TAPS Service

Cisco TAPS Service は、Cisco Unified Communications Manager Auto-Register Phone Tool をサポートします。このツールを使用すると、ユーザは、Interactive Voice Response(IVR; 自動音声応答)プロンプトに応答して、自動登録された電話機にカスタマイズ済みの設定をアップロードすることができます。

このツールのダミー MAC アドレスを作成する場合は、同じサーバで Cisco Bulk Provisioning Service がアクティブになっていることを確認します。


ヒント Cisco Unified Communications Manager Auto-Register Phone Tool は、Cisco Customer Response Solutions(CRS)を利用します。ツールを実行する前に、CRS のマニュアルに記載されているとおりに CRS サーバが設定されて動作していることを確認してください。


このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Performance and Monitoring Services

この項では、Performance Monitoring Services について説明します。

Cisco Serviceability Reporter

Cisco Serviceability Reporter サービスは、「Serviceability Reports Archive の概要」に記載されている日次レポートを生成します。

Reporter は、ログに記録された情報に基づいて、レポートを 1 日に 1 回生成します。Reporter によって生成されたレポートには、Cisco Unified Serviceability の [Tools] メニューからアクセスできます。各要約レポートには、その特定レポートの統計情報を表すさまざまなグラフが表示されます。サービスをアクティブにしてからレポートが生成されるまで、最大 24 時間かかる場合があります。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity Connection をサポートします。

Cisco CallManager SNMP Service

このサービスは CISCO-CCM-MIB を実装しており、Cisco Unified Communications Manager で利用可能なプロビジョニング情報と統計情報への SNMP アクセスを提供します。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

CM Services

この項では、CM Services について説明します。

Cisco CallManager

Cisco CallManager サービスは、Cisco Unified Communications Manager に、ソフトウェア専用のコール処理機能、シグナリング機能、およびコール制御機能を提供します。

次のサービスを使用するには、Cisco CallManager サービスをアクティブにする必要があります。

「Cisco CTIManager」

「CDR Services」

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Cisco TFTP

Cisco Trivial File Transfer Protocol(TFTP)は、FTP の簡易版である TFTP に準拠したファイルを作成および提供します。Cisco TFTP は、組み込みコンポーネント実行可能ファイル、呼出音ファイル、およびデバイス設定ファイルを提供します。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Cisco Messaging Interface

Cisco Messaging Interface を使用すると、Simplified Message Desk Interface(SMDI)準拠の外部ボイス メッセージ システムを Cisco Unified Communications Manager と接続できます。SMDI は、着信コールのインテリジェントな処理に必要な情報を電話システムがボイス メッセージ システムに提供する方法を定義します。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Cisco Unified Mobile Voice Access Service

Cisco Unified Voice Access Service は、Cisco Unified Mobility 内のモバイル ボイス アクセス機能を開始します。モバイル ボイス アクセスは Integrated Voice Response(IVR)システムで、このサービスを使用すると、Cisco Unified Mobility ユーザは次の作業を実行できます。

デスクの電話機からコールを発信する場合と同じように、携帯電話からコールを発信する

Cisco Unified Mobility をオンにする

Cisco Unified Mobility をオフにする

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Cisco IP Voice Media Streaming App

Cisco IP Voice Media Streaming Application サービスは、Cisco Unified Communications Manager に、MTP、会議、Music On Hold(MOH; 保留音)、およびアナンシエータを使用するための音声メディア ストリーミング機能を提供します。Cisco IP Voice Media Streaming Application は、Cisco Unified Communications Manager からのメッセージを IP 音声メディア ストリーミング ドライバにリレーします。その後、このドライバが RTP ストリーミングを処理します。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Cisco CTIManager

Cisco CTI Manager には、アプリケーションとのインターフェイスとなる CTI コンポーネントが含まれています。このサービスを使用すると、アプリケーションが、電話機および仮想デバイスをモニタおよび制御して、コール制御機能を実行できるようになります。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Cisco Extension Mobility

このサービスは、Cisco Extension Mobility 機能をサポートし、この機能のログインおよび自動ログアウト機能を実行します。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Cisco Dialed Number Analyzer

Cisco Dialed Number Analyzer サービスは、Cisco Unified Communications Manager Dialed Number Analyzer をサポートします。このアプリケーションをアクティブにすると、大量のリソースが消費されます。そのため、このサービスをアクティブにするのは、コール処理の中断が最少となるオフピーク時に限定してください。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Cisco DHCP Monitor Service

Cisco DHCP Monitor Service は、データベース テーブルにおける IP Phone の IP アドレス変更をモニタします。変更が検出されると、このサービスは /etc./dhcpd.conf ファイルを変更し、DHCPD デーモンを再起動します。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

CTI Services

この項では、CTI Services について説明します。

Cisco CallManager Attendant Console Server

Cisco CallManager Attendant Console Server サービスは、Cisco Unified Communications Manager Attendant Console クライアントとパイロット ポイントに、中央集中型のサービスを提供します。Attendant Console クライアントの場合、このサービスは、コール制御機能、Cisco Unified Communications Manager ドメイン内のアクセス可能な回線の回線状態情報、およびディレクトリ情報のキャッシングを提供します。パイロット ポイントの場合、このサービスは、ハント グループにリストされている電話番号への自動リダイレクションを提供します。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Cisco IP Manager Assistant

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager Assistant をサポートします。サービスをアクティブにすると、Cisco Unified Communications Manager Assistant を使用するマネージャとそのアシスタントは、より効率的に協力して作業できます。Cisco Unified Communications Manager Assistant は、プロキシ回線サポートと共有回線サポートの 2 つの動作モードをサポートします。

この機能は、コール ルーティング サービス、マネージャ用の電話機能の拡張、および主にアシスタントが使用するデスクトップ インターフェイスから構成されています。

サービスは、マネージャへのコールを代行受信し、事前に設定されたコール フィルタに基づいて、選択されたアシスタント、マネージャ、またはその他のターゲットにルーティングします。マネージャはコール ルーティングを動的に変更できます。たとえば、電話機のソフトキーを押すことで、すべてのコールをアシスタントにルーティングするように指示したり、それらのコールのステータスを受信したりできます。

Cisco Unified Communications Manager ユーザには、マネージャとアシスタントがいます。ルーティング サービスは、マネージャ コールを代行受信し、適切にルーティングします。アシスタント ユーザは、マネージャの代わりにコールを処理します。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Cisco WebDialer Web Service

Cisco WebDialer は Cisco Unified Communications Manager とともに使用されるもので、このサービスを使用すると、Cisco Unified IP Phone ユーザは Web およびデスクトップ アプリケーションからコールを発信できます。たとえば、Cisco WebDialer は、会社のディレクトリでハイパーリンクされた電話番号を使用することで、ユーザが Web ページから相手の電話番号をクリックしてコールを発信できるようにします。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

CDR Services

この項では、CDR Services について説明します。

Cisco SOAP - CDRonDemand Service

Cisco SOAP - CDRonDemand Service は、SOAP/HTTPS ベースのサービスです。このサービスは、ユーザ指定の時間間隔(最大 1 時間)に基づいて、CDR ファイル名のリストの SOAP 要求を受信し、要求で指定された期間に適合するファイル名のリストを返します。また、ファイル名と転送方式(sftp/ftp、サーバ名、ログイン情報、ディレクトリ)が指定された、特定の CDR/CMR ファイルの配信要求も受信します。

HTTPS/SOAP インターフェイスを介して CDR データにアクセスするサードパーティ課金アプリケーションを使用する場合は、このサービスをアクティブにします。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Cisco CAR Scheduler

Cisco CAR Scheduler サービスを使用すると、レポート生成や CAR データベースへの CDR ファイルのロードなど、CAR 関連のタスクをスケジュールできます。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Cisco CAR Web Service

Cisco CAR Web Service は CAR 用のユーザ インターフェイスをロードします。CAR とは、CDR データを使用して CSV または PDF レポートを生成する Web ベースのレポート作成アプリケーションです。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Security Services

この項では、Security Services について説明します。

Cisco CTL Provider

Cisco CTL Provider サービスは、ローカル システム アカウント特権で動作し、クライアント側プラグインの Cisco CTL Provider Utility と連携して、サーバのクラスタ全体のセキュリティ モードをノンセキュアから混合モードに変更します。セキュリティ モードをノンセキュアからセキュアに変更するには、Cisco CTL Client をインストールして設定し、このサービスをアクティブにする必要があります。

このサービスをアクティブにすると、Cisco CTL Provider サービスは CTL ポートをデフォルトの 2444 に戻します。ポートを変更する場合は、『 Cisco Unified Communications Manager セキュリティ ガイド 』を参照してください。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Cisco Certificate Authority Proxy Function (CAPF)

Cisco Certificate Authority Proxy Function(CAPF)サービスは、CAPF アプリケーションと連携し、設定に応じて次のタスクを実行できます。

サポート対象の Cisco Unified IP Phone モデルに対してローカルで有効な証明書を発行する

SCEP を使用して、サポート対象の Cisco Unified IP Phone モデルの代わりにサードパーティ認証局に証明書を要求する

電話機の既存の証明書をアップグレードする

トラブルシューティングのために電話機の証明書を取得する

ローカルで有効な証明書を電話機から削除する

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Directory Services

この項では、Directory Services について説明します。

Cisco DirSync

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager Business Edition ではサポートされません。このサービスは Cisco Unified Serviceability に表示されますが、アクティブ化に関する設定は保存されません。そのため、サービスをアクティブにしようとすると、[Service Activation] ウィンドウに、Cisco Unified Communications Manager Business Edition ではこのサービスをアクティブにできないことを示すメッセージが表示されます。

Voice Quality Reporter Services

この項では、Voice Quality Reporter Services について説明します。

Cisco Extended Functions

Cisco Extended Functions サービスは、Quality Report Tool(QRT)を含む Cisco Unified Communications Manager 音声品質機能をサポートします。個々の機能の詳細については、『 Cisco Unified Communications Manager システム ガイド 』および『 Cisco Unified IP Phone アドミニストレーション ガイド for Cisco Unified Communications Manager 』を参照してください。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

ネットワーク サービス

ネットワーク サービスは自動的にインストールされるもので、このサービスには、データベース サービスやプラットフォーム サービスなど、Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity Connection が機能するために必要なサービスが含まれています。これらのサービスは基本機能に必要であるため、[Service Activation] ウィンドウでアクティブにすることはできません。トラブルシューティングなどの場合は、必要に応じて、[Control Center - Network Services] ウィンドウでネットワーク サービスを停止してから開始(または再開)できます。

Cisco Unified CMBE をインストールすると、ネットワーク サービスは、[Control Center - Network Services] ウィンドウで指定されたとおりに自動的に開始します。Cisco Unified Serviceability の [Control Center - Network Services] ウィンドウでは、サービスは次のグループに分類されています。

「Performance and Monitoring Services」

「Backup and Restore Services」

「System Services」

「Platform Services」

「DB Services」

「SOAP Services」

「CM Services」

「CDR Services」

「Admin Services」

Performance and Monitoring Services

この項では、Performance and Monitoring Services について説明します。

Cisco CallManager Serviceability RTMT

Cisco CallManager Serviceability RTMT servlet は、Cisco Unified Communications Manager Real-Time Monitoring Tool(RTMT)をサポートします。RTMT を使用すると、トレースの収集と表示、パフォーマンス モニタリング オブジェクトの表示、アラートの操作、およびデバイス、システム パフォーマンス、CTI アプリケーションなどのモニタリングを行うことができます。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity Connection をサポートします。

Cisco RTMT Reporter Servlet

Cisco RTMT Reporter servlet を使用すると、RTMT のレポートを公開できます。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity Connection をサポートします。

Cisco Log Partition Monitoring Tool

Cisco Log Partition Monitoring Tool サービスは、Log Partition Monitoring 機能をサポートします。この機能は、設定済みのしきい値とポーリング間隔を使用して、特定のサーバにおけるログ パーティションのディスク使用率をモニタします。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity Connection をサポートします。

Cisco Tomcat Stats Servlet

Cisco Tomcat Stats Servlet を使用すると、RTMT またはコマンドライン インターフェイスを使用して Tomcat perfmon カウンタをモニタできます。このサービスによって CPU 時間などのリソースが大量に消費される場合を除き、このサービスは停止しないでください。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity Connection をサポートします。

Cisco RIS Data Collector

Real-time Information Server(RIS)は、デバイスの登録状況、パフォーマンス カウンタの統計情報、および生成された重大なアラームなど、リアルタイムの情報を保持します。Cisco RIS Data Collector サービスは、Cisco Unified Communications Manager Real-Time Monitoring Tool(RTMT)や SOAP アプリケーションなどのアプリケーションにインターフェイスを提供し、RIS サーバに格納されている情報を取得します。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity Connection をサポートします。

Cisco AMC Service

この Alert Manager and Collector サービスは Cisco Unified Communications Manager Real-Time Monitoring Tool(RTMT)に対して使用されるもので、このサービスを使用すると、サーバに存在するリアルタイムの情報を RTMT で取得できます。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity Connection をサポートします。

Backup and Restore Services

この項では、Backup and Restore Services について説明します。

Cisco DRF Master

Cisco DRF Master Agent サービスは、DRF Master Agent をサポートします。DRF Master Agent は、Disaster Recovery Systemのグラフィカル ユーザ インターフェイス(GUI)またはコマンドライン インターフェイス(CLI)と連携し、必要に応じて、バックアップのスケジューリング、復元の実行、依存関係の表示、ジョブ ステータスの確認、およびジョブの取り消しを行います。また、Cisco DRF Master Agent は、バックアップおよび復元プロセス用のストレージ メディアを提供します。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity Connection をサポートします。

Cisco DRF Local

Cisco DRF Local サービスは、Cisco DRF Local Agent をサポートします。Cisco DRF Local Agent は DRF Master Agent の主要部分として動作します。コンポーネントは、Cisco DRF Local Agent に登録して、障害復旧フレームワークを使用します。Cisco DRF Local Agent は、Cisco DRF Master Agent から受信したコマンドを実行します。また、Cisco DRF Local Agent は、ステータス、ログ、およびコマンド結果を Cisco DRF Master Agent に送信します。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity Connection をサポートします。

System Services

この項では、System Services について説明します。

Cisco CallManager Serviceability

Cisco CallManager Serviceability サービスは、問題のトラブルシューティングとサービスの管理を行うための Web アプリケーションおよびインターフェイスである Cisco Unified Serviceability をサポートします。このサービスは自動的にインストールされるもので、このサービスを使用すると、Cisco Unified Serviceability の GUI にアクセスできます。このサービスを停止すると、サーバをブラウズするときに Cisco Unified Serviceability の GUI にアクセスできなくなります。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity Connection をサポートします。

Cisco CDP

Cisco CDP は、音声アプリケーションを他のネットワーク管理アプリケーションにアドバタイズします。その結果、SNMP や CiscoWorks2000 などのネットワーク管理アプリケーションが、音声アプリケーションに対してネットワーク管理タスクを実行できるようになります。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Cisco Trace Collection Servlet

Cisco Trace Collection Servlet は、Cisco Trace Collection Service と連携して、トレース収集をサポートします。このサービスを使用すると、ユーザは RTMT を使用してトレースを表示できます。このサービスをサーバで停止すると、そのサーバではトレースの収集と表示ができなくなります。

RTMT で SysLog Viewer と Trace and Log Central が機能するには、サーバで Cisco Trace Collection Servlet と Cisco Trace Collection Service が動作している必要があります。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity Connection をサポートします。

Cisco Trace Collection Service

Cisco Trace Collection Service は、Cisco Trace Collection Servlet と連携して、トレース収集をサポートします。このサービスを使用すると、ユーザは RTMT クライアントを使用してトレースを表示できます。このサービスをサーバで停止すると、そのサーバではトレースの収集と表示ができなくなります。

RTMT で SysLog Viewer と Trace and Log Central が機能するには、サーバで Cisco Trace Collection Servlet と Cisco Trace Collection Service が動作している必要があります。


ヒント 初期化にかかる時間を短縮する必要がある場合は、Cisco Trace Collection Servlet を再起動する前に、Cisco Trace Collection Service を再起動することをお勧めします。


このサービスは、Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity Connection をサポートします。

Platform Services

この項では、Platform Services について説明します。

A Cisco DB

A Cisco DB サービスは、Progres データベース エンジンをサポートします。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity Connection をサポートします。

Cisco Tomcat

Cisco Tomcat サービスは Web サーバをサポートします。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity Connection をサポートします。

SNMP Master Agent

このサービスは、エージェント プロトコル エンジンとして動作し、SNMP 要求に関連する認証、認可、アクセス制御、およびプライバシー機能を提供します。


ヒント Cisco Unified Serviceability で SNMP 設定を実行した場合は、[Control Center - Network Features] ウィンドウで SNMP Master Agent サービスを再起動する必要があります。


このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

MIB2 Agent

このサービスは、RFC 1213 で定義されている変数への SNMP アクセスを提供し、システム、インターフェイス、および IP などの変数を読み書きします。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Host Resources Agent

このサービスは、ストレージ リソース、プロセス テーブル、デバイス情報、およびインストール済みソフトウェア ベースなどのホスト情報への SNMP アクセスを提供します。また、HOST-RESOURCES-MIB を実装しています。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Native Agent Adaptor

このサービスはベンダー MIB をサポートします。このサービスを使用すると、SNMP 要求を、システムで動作する別の SNMP エージェントに転送できます。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

System Application Agent

このサービスは、システムにインストールされ実行されているアプリケーションへの SNMP アクセスを提供します。また、SYSAPPL-MIB を実装しています。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Cisco CDP Agent

このサービスは、Cisco Discovery Protocol を使用して、Cisco Unified Communications Manager ノード上のネットワーク接続情報への SNMP アクセスを提供します。また、CISCO-CDP-MIB を実装しています。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Cisco Syslog Agent

このサービスは、各種の Cisco Unified Communications Manager コンポーネントによって生成される syslog メッセージの収集をサポートします。また、CISCO-SYSLOG-MIB を実装しています。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。


注意 SNMP サービスを停止すると、ネットワーク管理システムが Cisco Unified Communications Manager ネットワークをモニタしなくなるため、データが失われる場合があります。テクニカル サポート チームから指示を受けた場合を除き、このサービスは停止しないでください。

Cisco Electronic Notification

このサービスは、Cisco Unified オペレーティング システムの管理ページと連携します。したがって、ソフトウェア アップデートに関する電子メールを送信できます。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity Connection をサポートします。

Cisco Certificate Expiry Monitor

このサービスは、システムによって生成された証明書の期限切れ状況を定期的に確認し、有効期限が近づくと通知を送信します。このサービスを使用する証明書の管理は、Cisco Unified オペレーティング システムの管理ページで行います。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity Connection をサポートします。

A Cisco DB Replicator

このサービスは Cisco Unified Serviceability に表示されますが、Cisco Unified Communications Manager Business Edition ではサポートされません。

Cisco License Manager

Cisco License Manager は、お客様が購入して使用している Cisco Unified Communications Manager 関連のライセンスを追跡します。このサービスは、ライセンスのチェックインとチェックアウトを制御し、Cisco Unified Communications Manager 関連のライセンスの発行と再要求を担当します。Cisco Unified Communications Manager の場合、Cisco License Manager は、Cisco Unified Communications Manager アプリケーションのほか、IP Phone ユニット ライセンスの数を管理します。電話機の台数がライセンス数を超えた場合、サービスはアラームを発行します。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。


ヒント Cisco Unity Connection ライセンスの発行については、『Cisco Unified Communications Manager システム ガイド』を参照してください。


DB Services

この項では、DB Services について説明します。

Cisco Database Layer Monitor

Cisco Database Layer Monitor サービスは、データベース レイヤの各種機能をモニタします。このサービスは、変更通知とモニタリングを担当します。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity Connection をサポートします。

SOAP Services

この項では、SOAP Services について説明します。

Cisco SOAP-Real-Time Service API

Cisco SOAP-Real-Time Service API を使用すると、デバイスおよび CTI アプリケーションに関するリアルタイムの情報を収集できます。また、このサービスは、サービスのアクティブ化、開始、および停止を行うための API も提供します。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity Connection をサポートします。

Cisco SOAP-Performance Monitoring API

Cisco SOAP-Performance Monitoring API サービスを使用すると、SOAP API を介して各種アプリケーションのパフォーマンス モニタリング カウンタを使用できます。たとえば、サービスごとのメモリ情報、CPU 使用率、およびパフォーマンス モニタリング カウンタなどをモニタできます。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity Connection をサポートします。

Cisco SOAP-Log Collection API

Cisco SOAP-Log Collection API サービスを使用すると、ログ ファイルを収集することや、リモート SFTP サーバ上のログ ファイルの収集をスケジュールすることができます。収集可能なログ ファイルの例には、syslog、コア ダンプ ファイル、および Cisco アプリケーション トレース ファイルなどがあります。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager と Cisco Unity Connection をサポートします。

CM Services

この項では、CM Services について説明します。

Cisco CallManager Personal Directory

Cisco CallManager Personal Directory サービスは Cisco Personal Directory をサポートします。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Cisco Extension Mobility Application

Cisco Extension Mobility Application サービスを使用すると、Cisco Extension Mobility 機能に関する電話機設定の期間制限などのログイン設定を定義できます。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Cisco CallManager Cisco IP Phone Service

Cisco CallManager Cisco IP Phone Service は、Cisco Unified Communications Manager の管理ページで設定された Cisco Unified IP Phone サービス用のサービス URL を初期化します。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

CDR Services

この項では、CDR Services について説明します。

Cisco CDR Repository Manager

このサービスは、Cisco CDR Agent サービスから取得された生成済みの CDR を保持および移動します。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Cisco CDR Agent

Cisco CDR Agent サービスは、Cisco Unified Communications Manager によって生成された CDR ファイルおよび CMR ファイルを、ローカル ホストから CDR リポジトリ ノードに転送します。CDR リポジトリ ノードでは、CDR Repository Manager サービスが SFTP 接続上で動作しています。

このサービスを機能させるには、ノードで Cisco CallManager サービスをアクティブにし、サービスが動作していることを確認します。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Admin Services

この項では、Admin Services について説明します。

Cisco CallManager Admin

Cisco CallManager Admin サービスは、Cisco Unified Communications Manager の設定を行うための Web アプリケーションおよびインターフェイスである Cisco Unified Communications Manager の管理ページをサポートします。Cisco Unified Communications Manager をインストールすると、このサービスは自動的に開始し、GUI へのアクセスを可能にします。このサービスを停止すると、サーバをブラウズするときに Cisco Unified Communications Manager の管理ページの GUI にアクセスできなくなります。

このサービスは、Cisco Unified Communications Manager をサポートします。

Service Activation

Cisco Unified Serviceability の [Service Activation] ウィンドウでは、複数の機能サービスをアクティブまたは非アクティブにすることや、アクティブにするデフォルト サービスを選択することができます。Cisco Unified Serviceability は、機能サービスを自動モードでアクティブにし、サービスの依存関係を確認します。特定の機能サービスをアクティブにするように選択すると、Cisco Unified Serviceability により、そのサービスに依存して動作するサービスが他にあればすべて選択するように要求されます。[Set Default] ボタンをクリックすると、Cisco Unified Serviceability は、サーバで実行する必要があるサービスを選択します。サービスは、アクティブにすると自動的に開始します。サービスの開始と停止は、Control Center で行います。

Control Center

Cisco Unified Serviceability の Control Center では、サービスの状況を表示することや、サービスを 1 つずつ開始および停止することができます。Cisco Unified Serviceability には、これらのタスクを実行するための 2 つの [Control Center] ウィンドウが用意されています。ネットワーク サービスを開始、停止、および再起動するには、[Control Center - Network Services] ウィンドウにアクセスします。機能サービスを開始、停止、および再起動するには、[Control Center - Feature Services] ウィンドウにアクセスします。


ヒント [Control Center] ウィンドウと [Service Activation] ウィンドウに移動するには、[Related Links] ドロップダウン リスト ボックスと [Go] ボタンを使用します。



注意 サービスを停止すると、そのサービスが制御しているすべてのデバイスに対するコール処理も停止します。サービスを停止した場合、IP Phone から別の IP Phone へのコールは維持され、IP Phone から Media Gateway Control Protocol(MGCP)ゲートウェイに対して進行中のコールも維持されます。ただし、その他のタイプのコールはドロップされます。

サービスの設定チェックリスト

表9-1 は、サービスの操作手順を示しています。

 

表9-1 サービスの設定チェックリスト

設定手順
手順と関連項目

ステップ 1

実行する機能サービスをアクティブにします。

「機能サービス」

「機能サービスのアクティブ化と非アクティブ化」

ステップ 2

適切なサービス パラメータを設定します。

Cisco Unified Serviceability のサービスに関するサービス パラメータはすべて Cisco Unified Communications Manager の管理ページに表示されます。

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド

ステップ 3

必要に応じて、Cisco Unified Serviceability トレース ツールを使用して、問題のトラブルシューティングを行います。

「トレースの設定」

Cisco Unified Communications Manager Real-Time Monitoring Tool アドミニストレーション ガイド

参考情報

関連項目

「Control Center」

「機能サービス」

「ネットワーク サービス」

その他のシスコのマニュアル

Cisco Unified Communications Manager システム ガイド

Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド

Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイド

Cisco Unified Communications Manager セキュリティ ガイド

Cisco Unified Communications Manager トラブルシューティング ガイド

Cisco Unity Connection サービスアビリティ アドミニストレーション ガイド