Cisco SIP IP Phone アドミニストレータ ガイド
用語集
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

 


A
AAA
認証、許可、会計(Authentication, Authorization, and Accounting)。AAA は、Cisco ルータやアクセス サーバ上にアクセス制御を設定する際の主な枠組みを提供する、1 組のネットワーク セキュリティ サービス。
ANI
自動番号識別(automatic number identification)。

B
BTXML
Basic telephony extensible markup language。

 


C
CAS
チャネル連携シグナリング(Channel-associated signaling)。
CCAPI
コール制御アプリケーション プログラミング インターフェイス(Call control applications programming interface)。
CLI
コマンドライン インターフェイス(Command-line interface)。
CO
セントラル オフィス(Central office)。
CPE
顧客宅内機器(customer premises equipment)。電話会社が提供し、顧客サイトに設置して、電話会社の電話網に接続される終端機器。端末装置、電話機、モデムなど。
CSM
コール スイッチング モジュール(Call switching module)。

 


D
ダイヤルピア
(dial peer)
アドレス可能なコールのエンドポイント。Voice over IP(VoIP)では、ダイヤルピアには POTS と VoIP の 2 つのタイプがある。
DNS
ドメイン ネーム システム(Domain Name System)。H.323 ID、URL、または E メール ID を IP アドレスに変換するのに使用される。DNS を使用して、リモート ゲートキーパーを見つけたり、生の IP アドレスを管理ドメインのホスト名に逆マップすることもできる。
DNIS
着信番号情報サービス(着信番号)(Dialed number identification service(the called number))。
DSP
デジタル信号プロセッサ(Digital signal processor)。
DTMF
デュアルトーン複数周波数(Dual tone multifrequency)。

 


E
E.164
国際公共電気通信番号計画。電話番号の問題を取り扱う ITU-T によって設定された標準。
E&M
送受信 RBS シグナリング(Ear and mouth RBS signaling)。
エンドポイント(endpoint)
SIP 端末またはゲートウェイ。エンドポイントは、コールの発着信ができ、また、情報ストリームの生成や終了もできる。

 


G
ゲートウェイ(gateway)
ゲートウェイは、プロトコルを変換することにより、SIP または H.323 の端末が、他のプロトコルに準拠して設定された端末と通信できるようにする。ゲートウェイでは、回線交換されたコールがエンコードされ、IP パケットに再パッケージされる。

 


H
H.323
パケット ベースのビデオ、音声、データ会議を規定した、国際電気通信連合(International
Telecommunication Union)(ITU-T)の標準。H.323 は包括的な標準として、会議システムのアーキテクチャを示し、実際のプロトコルを定義するために、他の標準(H.245、H.225.0、Q.931)を総合的に参照している。
H.323 RAS
登録、許可、および状況(registration, admission, and status)。RAS シグナリング機能は、VoIP ゲートウェイとゲートキーパー間で、登録、許可、帯域幅変更、状況報告、切り離しの手順を実行する。

 


I
IVR
対話式音声自動応答(Interactive voice response)。誰かがダイヤルインすると、IVR は、個人識別番号(PIN)などを要求するプロンプトで応答する。

 


L
LEC
地域の電話会社(Local exchange carrier)。
ロケーション サーバ(location server)
SIP リダイレクト サーバまたはプロキシ サーバは、ロケーション サービスを使用して、発信者の位置に関する情報を入手する。ロケーション サービスは、ロケーション サーバによって提供される。

 


M
MF
複数周波数トーンは、6 つの周波数から成り、0 ~ 9 の数字と KP/ST シグナルを表すための、2 つの周波数の組み合せを 15 種類提供する。
マルチキャスト(multicast)
1 つの送信元から多数の宛先にプロトコル データ ユニット(PDU)を伝送するプロセス。このプロセスの実際のメカニズム(たとえば、IP マルチキャスト、マルチ ユニキャストなど)は、LAN テクノロジーによって異なる。
マルチポイント ユニキャスト(multipoint-unicast)
エンドポイントが、メディア ストリームの複数のコピーを、異なる複数のエンドポイントに送信する、PDU 伝送のプロセス。マルチキャストをサポートしないネットワークでは、これが必要である。

 


N
ノード(node)
RAS を使用してゲートキーパーと通信する H.323 エンティティ。たとえば、端末、プロキシ、ゲートウェイなどのエンドポイント。

 


P
PDU
ブリッジが接続情報を転送するのに使用するプロトコル データ ユニット。
POTS
一般電話サービス(plain old telephone service)。標準単一回線電話機、電話回線、および PSTN へのアクセスを提供する基本電話サービス。
プロキシ サーバ(proxy server)
他のクライアントに代わって要求を行うために、サーバとクライアントの両方として働く中間プログラム。要求は、内部で対処されることも、(変換した後で)他のサーバに渡されることもある。プロキシは、要求メッセージを解釈し、必要な場合は、それを書き直して転送する。
PSTN
公衆交換電話網(public switched telephone network)。PSTN は、地域の電話会社を表す。

 


R
リダイレクト サーバ(redirect server)
リダイレクト サーバは、SIP 要求を受け入れ、そのアドレスをゼロ個または 1 個以上の新規アドレスにマップし、それらのアドレスをクライアントに戻す。独自の SIP 要求を開始したり、コールを受信したりすることはない。
登録サーバ(registrar)
登録サーバは、登録要求を受け入れるサーバである。登録サーバは通常、プロキシ サーバやリダイレクト サーバと同じ場所に置かれ、ロケーション サービスを提供することもできる。
RAS
登録、許可、および状況報告プロトコル。このプロトコルは、エンドポイントとゲートキーパー間で管理機能を実行するために使用される。
RBS
損失ビット シグナリング(Robbed-bit signaling)。

 


S
SIP
セッション開始プロトコル(Session Initiation Protocol)。H.323 の代替として、IETF MMUSIC(米国技術特別調査委員会音楽部会)によって開発されたプロトコル。SIP 機能は、IETF RFC 2543(1999 年 3 月発行)に準拠している。
SIP には、IP ネットワークを介した音声、およびマルチメディア コールの確立をシグナリングするためのプラットフォームが装備されている。
SPI
サービス提供者インターフェイス(Service provider interface)。

 


T
TDM
時分割多重方式(Time-division multiplexing)。事前に割り当てられたタイムスロットに基づいて、複数のチャネルからの情報を、単一配線上の帯域幅に割り当てることができる技法。その端末に送信データがあるかどうかに関係なく、各チャネルに帯域幅が割り当てられる。

 


U
ユーザ エージェント(user agent)
UAS を参照。
UAC
ユーザ エージェント クライアント(User agent client)。ユーザ エージェント クライアントは、SIP 要求を開始するクライアント アプリケーションである。
UAS
ユーザ エージェント サーバ(またはユーザ エージェント)(User agent server(または user agent))。ユーザ エージェント サーバは、SIP 要求を受信したときにユーザに連絡し、ユーザに代わって応答を戻す、サーバ アプリケーションである。応答は、要求の受諾、拒否、転送のいずれかである。

 


V
VoIP
Voice over IP。POTS と同様の機能性、信頼性、音声品質を維持しながら、通常の電話方式の音声を IP ベースのインターネットを介して伝送する機能。VoIP は、包括的な用語であり、通常は、IP 音声トラフィックに対する Cisco 社の標準ベース(たとえば、H.323)のアプローチを表す。